close
1.

図書

図書
大木道則 [ほか] 編集
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1989.10  xii, 2755p ; 23cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
Peter Atkins, Julio de Paula [著] ; 千原秀昭, 稲葉章訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2016.2  xxiii, 573p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
気体の性質
熱力学第一法則
熱力学第一法則の応用
熱力学第二法則
純物質の相平衡
混合物の性質
化学平衡の原理
溶液の化学平衡
電気化学
反応速度〔ほか〕
気体の性質
熱力学第一法則
熱力学第一法則の応用
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Peter Atkins, Julio de Paula著 ; 千原秀昭, 中村亘男訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2009  2冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第Ⅰ部 平衡
1. 気体の性質 3
   完全気体 3
   1・1 気体の状態 3
   1・2 気体の諸法則 7
   Ⅰ1・1 インパクト:環境科学気体の諸法則と天候 11
   実在気体 14
   1・3 分子間相互作用 14
   1・4 ファンデルワールスの式 17
   1・5 対応状態の原理 21
   チェックリスト 22
   参考書 23
   文章問題 23
   演習 23
   問題 25
2. 第一法則 28
   基本的な概念 28
   2・1 仕事,熟,エネルギー 29
   2・2 内部エネルギー 31
   2・3 膨張の仕事 34
   2・4 熱のやりとり 38
   2・5 エンタルピー 41
   Ⅰ2・1インパクト:生化学と材料科学 示差走査熱量計測定 46
   2・6 断熱変化 47
   熱化学 49
   2・7 標準エンタルピー変化 49
   Ⅰ2・2 インパクト:生物学 食品とエネルギーの貯蔵 53
   2・8 標準生成エンタルピー 55
   2・9 反応エンタルピーの温度依存性 56
   状態関数と完全微分 58
   2・10 完全微分と不完全微分 58
   2・11 内部エネルギーの変化 59
   2・12 ジュール-トムソン効果 63
   チェックリスト 66
   参考書 67
   補遺2・1 断熱過程 68
   補遺2・2 二つの熱容量の間の関係式 68
   文章問題 69
   演習 69
   問題 72
3. 第二法則 77
   自発変化の方向 78
   3・1 エネルギーの散逸 78
   3・2 エントロピー 79
   Ⅰ3・1インパクト:工業技術 冷凍 86
   3・3 いろいろな過程のエントロピー変化 88
   3・4 熱力学第三法則 93
   系に注目する 96
   3・5 ヘルムホルツエネルギーとギブズエネルギー 96
   3・6 標準反応ギブズエネルギー 102
   第一法則と第二法則の結合 104
   3・7 基本式 105
   3・8 内部エネルギーの性質 105
   3・9 ギブズエネルギーの性質 107
   チェックリスト 111
   参考書 112
   補遺3・1 ボルンの式 112
   補遺3・2 実在気体:フガシティー 113
   文章問題 114
   演習 115
   問題 117
4. 純物質の物理的な変態 121
   相図 121
   4・1 相の安定性 121
   4・2 相境界 122
   Ⅰ4・1 インパクト:化学工業技術 超臨界流体 123
   4・3 相国の典型例3種 124
   相の安定性と相転移 126
   4・4 平衡の熱力学的な基準 126
   4・5 安定性のいろいろな条件への依存性 127
   4・6 相境界の位置 130
   4・7 エーレンフェストによる相転移の分類 133
   チェックリスト 135
   参考書 136
   文章問題 136
   演習 136
   問題 137
5. 単純な混合物 140
   混合物の熱力学的な記述 140
   5・1 部分モル量 140
   5・2 混合の熱力学 145
   5・3 液体の化学ポテンシャル 147
   Ⅰ5・1 インパクト:生物学 気体の溶解度と呼吸 151
   溶液の性質 152
   5・4 混合液体 152
   5・5 束一的性質 155
   Ⅰ5・2 インパクト:生物学 生理学と生化学における浸透現象 160
   活量 162
   5・6 溶媒の活量 162
   5・7 溶質の活量 163
   5・8 正則溶液の活量 166
   5・9 溶液中のイオンの活量 167
   チェックリスト 171
   参考書 171
   補遺5・1 イオン溶液のデバイ-ヒユッケル理論 172
   文章問題 174
   演習 174
   問題 176
6. 相図 180
   相,成分,自由度 180
   6・1 定義 180
   6・2 相律 182
   2 成分系 185
   6・3 蒸気圧図 185
   6・4 温度-組成図 188
   6・5 液体-液体の相図 190
   6・6 液体-固体の相図 194
   Ⅰ6・1 インパクト:材料科学 液晶 196
   Ⅰ6・2 インパクト:材料科学 超高純度と制御された不純物 198
   チェックリスト 199
   参考書 199
   文章問題 199
   演習 200
   問題 203
7. 化学平衡 206
   自発的な化学反応 206
   7・1 ギブズエネルギーの極小 206
   7・2 平衡状態 208
   外部条件に対する平衡の応答 215
   7・3 平衡に対する圧力の影響 216
   7・4 平衡の温度による変化 217
   Ⅰ7・1 インパクト:工業技術 金属酸化物からの金属の抽出 221
   平衡電気化学 222
   7・5 半反応と電極 222
   7・6 電池の種類 224
   7・7 起電力 225
   7・8 標準電位 228
   7・9 標準電位の応用 231
   Ⅰ7・2 インパクト:生化学 生体細胞内でのエネルギー変換 231
   チェックリスト 240
   参考書 241
   文章問題 241
   演習 242
   問題 243
第Ⅱ部 構造
8. 量子論:序論と原理 251
   量子力学の起原 251
   8・1 古典物理学の破綻 252
   8・2 波と粒子の二重性 258
   Ⅰ8・1インパクト:生物学 電子顕微鏡法 261
   微視的な系の力学 262
   8・3 シュレーディンガー方程式 262
   8・4 波動関数のボルンの解釈 264
   量子力学的原理 268
   8・5 波動関数に含まれる情報 268
   8・6 不確定性原理 278
   8・7 量子力学の基本原理 281
   チェックリスト 281
   参考書 282
   文章問題 282
   演習 282
   問題 284
9. 量子論:手法と応用 286
   並進運動 286
   9・1 箱の中の粒子 287
   9・2 二次元および多次元における運動 293
   9・3 トンネル現象 296
   Ⅰ9・1 インパクト:ナノサイエンス 走査ブロープ顕微鏡 298
   振動運動 300
   9・4 エネルギー準位 300
   9・5 波動関数 301
   回転運動 307
   9・6 二次元の回転:環上の粒子 307
   9・7 三次元の回転:球面上の粒子 310
   Ⅰ9・2 インパクト:ナノサイエンス 量子ドット 316
   9・8 スピン 318
   近似の手法 320
   9・9 時間に依存しない摂動論 320
   9・10 時間に依存する摂動論 322
   チェックリスト 323
   参考書 323
   補遺9・1 デイラックの表記法 324
   補遺9・2 才英動論 324
   文章問題 326
   演習 326
   問題 327
10. 原子構造と原子スペクトル 331
   水素型原子の構造とスペクトル 331
   10・1 水素型原子の構造 332
   10・2 原子オービタルとそのエネルギー 337
   10・3 分光学的遷移と選択律 346
   多電子原子の構造 348
   10・4 オービタル近似 348
   10・5 つじつまの合う場のオービタル 358
   複雑な原子のスペクトル 359
   Ⅰ10・1 インパクト:宇宙物理学 星の分光学 359
   10・6 量子欠損とイオン化極限 360
   10・7 一重項状態と三重項状態 361
   10・8 スピン-軌道カップリング 362
   10・9 項の記号と選択律 366
   チェックリスト 371
   参考書 372
   補遺10・1 運動の分離 373
   文章問題 373
   演習 374
   問題 375
11. 分子構造 378
   ボルン-オッペンハイマー近似 379
   原子価結合法 379
   11・1 等核二原子分子 379
   11・2 多原子分子 381
   分子軌道法 385
   11・3 水素分子イオン 386
   11・4 等核二原子分子 390
   11・5 異核二原子分子 397
   Ⅰ11・1 インパクト:生化学 02,N2,NOの生化学的反応性 404
   多原子分子系の分子オービタル 406
   11・6 ヒユッケル近似 406
   11・7 計算化学 412
   11・8 分子の性質の予測 416
   チェックリスト 419
   参考書 420
   文章問題 420
   演習 420
   問題 421
12. 分子の対称 426
   物体の対称要素 426
   12・1 対称操作と対象要素 427
   12・2 分子の対称による分類 428
   12・3 対称から直接導かれる結果 433
   分子軌道法と分光学への応用 435
   12・4 指標表と対称の記号づけ 435
   12・5 積分の消滅とオービタルの重なり 442
   12・6 積分の消滅と選択律 447
   チェックリスト 449
   参考書 449
   文章問題 449
   演習 450
   問題 451
付録
   付録1 量,単位,表示の変換 A1
   付録2 数学的な取扱い A5
   付録3 物理学の基本概念 A22
データ部 A33
索引 A59
13. 分子分光学1:回転スペクトルと振動スペクトル 455
   分光学の一般的性質 456
   13・1 実験技術 457
   13・2 スペクトル線の強度 457
   13・3 線幅 461
   Ⅰ13・1 インパクト:宇宙物理学星間空間の回転および振動の分光学 464
   純回転スペクトル 465
   13・4 慣性モーメント 466
   13・5 回転エネルギー準位 468
   13・6 回転遷移 472
   13・7 回転ラマンスペクトル 475
   13・8 核統計と回転状態 477
   二原子分子の振動 479
   13・9 分子振動 479
   13・10 選択律 480
   13・11 非調和性 481
   13・12 振動回転スペクトル 483
   13・13 二原子分子の振動ラマンスペクトル 486
   多原子分子の振動 487
   13・14 基準振動 487
   13・15 多原子分子の赤外吸収スペクトル 489
   Ⅰ13・2 インパクト:環境科学 地球温暖化 490
   13・16 多原子分子の振動ラマンスペクトル 491
   Ⅰ13・3 インパクト生化学 振動顕微鏡法 493
   13・17 対称性から見た分子振動 494
   チェックリスト 497
   参考書 498
   補遺13・1 分光計 498
   補遺13・2 回転分光法と振動分光法の選択律 502
   文章問題 505
   演習 505
   問題 507
14. 分子分光学2:電子遷移 511
   電子遷移の特性 511
   14・1 二原子分子の電子スペクトル 512
   14・2 多原子分子の電子スペクトル 518
   Ⅰ14・1 インパクト:生化学 視覚 521
   電子励起状態がたどる道 524
   14・3 蛍光とりん光 524
   Ⅰ14・2 インパクト:生化学 蛍光顕微鏡法 526
   14・4 解離と前期解離 527
   レーザー 527
   14・5 レーザー作用の一般原理 527
   14・6 レーザーの化学への応用 532
   チェックリスト 538
   参考書 538
   補遺14・1 実用的なレーザーの例 539
   文章問題 541
   演習 542
   問題 543
15. 分子分光学3:磁気共鳴 548
   磁場が電子や原子核に及ぼす効果 548
   15・1 磁場中の電子のエネルギー 549
   15・2 磁場中の原子核のエネルギー 550
   15・3 磁気共鳴分光法 551
   核磁気共鳴 552
   15・4 NMR分光計 552
   15・5 化学シフト 553
   15・6 微細構造 559
   15・7 コンホメーション転換と交換過程 568
   パルス法NMR 569
   15・8 磁化ベクトル 569
   15・9 スピン緩和 572
   Ⅰ15・1 インパクト:医学 磁気共鳴イメージング 576
   15・10 スピンデカップリング 578
   15・11 核オーバーハウザー効果 578
   15・12 二次元NMR 580
   15・13 固体NMR 586
   電子スピン共鳴 587
   15・14 EPR分光計 587
   15・15 g値 588
   15・16 超微細構造 589
   Ⅰ15・2 インパクト:生化学 スピンプローブ 592
   チェックリスト 593
   参考書 594
   補遺15・1 FID曲線のフーリエ変換
   文章問題 594
   演習 595
   問題 596
16. 統計熱力学1:概念 600
   分子状態の分布 601
   16・1 配置と重み 601
   16・2 分子分配関数 604
   Ⅰ16・1 インパクト:生化学 ポリペプチドのヘリックス-コイル転移 611
   内部エネルギーとエントロピー 613
   16・3 内部エネルギー 614
   16・4 統計エントロピー 616
   カノニカル分配関数 618
   16・5 カノニカル・アンサンブル 618
   16・6 分配関数に含まれる熱力学的情報 619
   16・7 独立な分子 620
   チェックリスト 623
   参考書 623
   補遺16・1 ボルツマン分布 623
   補遺16・2 ボルツマンの式 624
   補遺16・3 零度よりも低い温度 625
   文章問題 627
   演習 627
   問題 628
17. 統計熱力学2:応用 631
   基本の関係式 631
   17・1 熱力学関数 631
   17・2 分子分配関数 633
   統計熱力学の応用 641
   17・3 平均エネルギー 641
   17・4 熱容量 642
   17・5 状態方程式 644
   17・6 液体における分子間相互作用 646
   17・7 残余エントロピー 650
   17・8 平衡定数 651
   チェックリスト 657
   参考書 657
   文章問題 658
   演習 658
   問題 659
18. 分子間相互作用 662
   電気的性質 662
   18・1 電気双極子モーメント 662
   18・2 分極率 666
   18・3 比誘電率 669
   分子間相互作用 671
   18・4 双極子間の相互作用 671
   18・5 反発相互作用と全相互作用 680
   Ⅰ18・1インパクト:医学 分子認識と医薬設計 681
   気体と液体 683
   18・6 気体における分子間相互作用 684
   18・7 液体-気体の界面 685
   18・8 凝縮 689
   チェックリスト 690
   参考書 691
   補遺18・1 双極子-双極子相互作用 691
   補遺18・2 分子線の基本原理 691
   文章問題 693
   演習 693
   問題 694
19. 材料1:高分子と分子集団 697
   19・1 平均モル質量 698
   19・2 質量スペクトル法 700
   19・3 レーザー光散乱 702
   19・4 超遠心法 706
   19・5 電気泳動 709
   Ⅰ19・1 インパクト 生化学 ゲノミクスとプロテオミクスにおけるゲル電気泳動 709
   19・6 粘度 711
   構造と動力学 713
   19・7 種々の段階の構造 713
   19・8 ランダムコイル 714
   19・9 合成高分子の構造と安定性 719
   Ⅰ19・2 インパクト科学技術 伝導性高分子 721
   19・10 タンパク質の構造 721
   19・11 核酸の構造 727
   19・12 タンパク質と核酸の安定性 728
   自己組織化 729
   19・13 コロイド 730
   19・14 ミセルと生体膜 733
   19・15 表面薄膜 736
   Ⅰ19・3 インパクト:ナノサイエンス 自己組織化した単分子膜によるナノ成型加工 739
   チェックリスト 740
   参考書 741
   補遺19・1 レイリー比 741
   文章問題 742
   演習 742
   問題 743
20. 材料2:固体 748
   結晶格子 748
   20・1 格子と単位胞 748
   20・2 格子面の同定 751
   20・3 構造の研究 753
   Ⅰ20・1 インパクト:生化学 生体高分子のX線結晶学 762
   20・4 中性子回折と電子回折 765
   結晶構造 767
   20・5 金属性固体 767
   20・6 イオン性固体 769
   20・7 分子性固体と共有結合ネットワーク 772
   固体の性質 774
   20・8 力学的性質 774
   20・9 電気的性質 776
   Ⅰ20・2 インパクト:ナノサイエンス ナノワイヤー 780
   20・10 光学的性質 781
   20・11 磁気的性質 787
   20・12 超伝導体 790
   チェックリスト 792
   参考書 793
   文章問題 793
   演習 794
   問題 796
第Ⅲ部 変化
21. 分子運動
   気体の分子運動 804
   21・1気体の運動論モデル 804
   Ⅰ21・1 インパクト:宇宙物理学 完全気体のボールのような太陽 811
   21・2 壁や表面との衝突 811
   21・3 流出速度 812
   21・4 完全気体の輸送物性 813
   液体中の分子運動 817
   21・5 実験結果 817
   21・6 電解質溶液の伝導率 818
   21・7 イオンの移動度 821
   21・8 伝導率とイオンーイオン相互作用 825
   Ⅰ21・2 インパクト : 生化学 イオンチャンネルとイオンポンプ 826
   拡散 829
   21・9 熱力学的な見方 829
   21・10 拡散方程式 833
   Ⅰ21・3 インパクト:生化学 生体膜を通る非電解質の輸送 835
   21・11 拡散の確率 837
   21・12 統計的な見方 838
   チェックリスト 839
   参考書 840
   補遺21・1 完全気体の輸送物性 840
   文草間題 842
   演習 843
   問題 845
22. 化学反応速度 849
   実験的な化学反応速度論 849
   22・1 実験法 850
   22・2 反応速度 852
   22・3 積分形速度式 857
   22・4 平衡に近い反応 862
   22・5 反応速度の温度依存性 865
   速度式の解釈 868
   22・6 素反応 868
   22・7 逐次素反応 869
   Ⅰ22・1 インパクト:生化学 ポリペプチドのヘリックス-コイル転移の速度 876
   22・8 1分子反応 878
   チェックリスト 881
   参考書 882
   補遺22・1 1分子反応のRRKモデル 882
   文章問題 883
   演習 884
   問題 885
23. 複雑な反応の速度 890
   連鎖反応 890
   23・1 連鎖反応の速度式 890
   23・2 爆発 893
   重合の速度論 895
   23・3 ステップ重合 895
   23・4 連鎖重合 897
   均一系触媒作用 899
   23・5 均一系触媒作用の特徴 899
   23・6 酵素 900
   光化学 906
   23・7 光物理過程と光化学過程の速度 906
   Ⅰ23・1 インパクト:環境科学 成層圏のオゾンの化学 914
   Ⅰ23・2 インパクト:生化学 植物の光合成における光の取込み 917
   23・8 複雑な光化学過程 920
   Ⅰ23・3 インパクト:医学 光線力学療法 922
   チェックリスト 923
   参考書 923
   補遺23・1 共鳴エネルギー移動のフェルスター理論 924
   文章問題 924
   演習 925
   問題 926
24. 反応の分子動力学 931
   反応性の出会い 931
   24・1 衝突理論 931
   24・2 拡散律速の反応 937
   24・3 物質収支の方程式 940
   遷移状態理論 942
   24・4 アイリングの式 942
   24・5 熱力学的な見方 944
   分子衝突の動力学 947
   24・6 反応性の衝突 947
   24・7 ポテンシャルエネルギー面 948
   24・8 実験と計算の結果 950
   24・9 超高速レーザー法による反応動力学の研究 953
   均一系における電子移動 956
   24・10 電子移動過程の速度 956
   24・11 電子移動過程の理論 958
   24・12 実験結果 960
   Ⅰ24・1 インパクト:生化学 タンパク質内およびタンパク質間の電子移動 961
   チェックリスト 964
   参考書 964
   補遺24・1 電子移動の活性化ギブズエネルギーとマーカスの交差式 965
   文章問題 966
   演 習 966
   問 題 967
25. 固体表面の過程 971
   固体表面の成長と構造 971
   25・1 表面の成長 972
   25・2 表面の組成 973
   吸着度 979
   25・3 物理吸着と化学吸着 979
   25・4 吸着等温式 980
   25・5 表面過程の速度 985
   Ⅰ25・1インパクト:生化学 バイオセンサー解析 989
   不均一系触媒作用 990
   25・6 不均一系触媒作用の機構 990
   25・7 表面における触媒作用 992
   Ⅰ25・2 インパクト科学技術 化学工業における触媒作用の例 994
   電極における諸過程 997
   25・8 電極-溶液界面 997
   25・9 電荷移動速度 999
   25・10 ボルタンメトリー 1005
   25・11 電気分解 1010
   25・12 作動中のガルバニ電池 1011
   Ⅰ25・3 インパクト:科学技術 燃料電池 1013
   25・13 腐食 1014
   Ⅰ25・4 インパクト:科学技術 材料の腐食からの保護 1016
   チェックリスト 1017
   参考書 1018
   補遺25・1 電極電位とガルバニ電位の間の関係 1018
   文章問題 1019
   演習 1019
   問題 1022
データ部 1027
演習aの解答 1041
演習bの解答 1047
問題の解答 1053
索引 1065
第Ⅰ部 平衡
1. 気体の性質 3
   完全気体 3
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼