close
1.

図書

図書
岡部拓也著
出版情報: 東京 : 丸善, 2002.5  ix, 234p ; 21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
石原敦, 飽本一裕共著
出版情報: 東京 : 日新出版, 2002.4  vi, 166p ; 21cm
シリーズ名: 実用理工学入門講座
所蔵情報: loading…
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会著
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , [東京] : 丸善 (発売), 2002.6  177p ; 30cm
シリーズ名: JSMEテキストシリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 概論 1
   1・1 熱力学の意義 1
   1・2 熱の授受と熱力学 2
   1・3 熱力学の歴史的背景 3
   1・4 本書の使用法 5
第2章 基本概念と熱力学第0法則 7
   2・1 系・物質・エネルギー 7
   2・1・1 系 7
   2・1・2 閉じた系と開いた系 7
   2・1・3 エネルギーの形態 8
   2・1・4 エネルギーの巨視的形態と微視的形態 8
   2・1・5 内部エネルギー 9
   2・2 熱力学の微視的理解 9
   2・2・1 質点系の内部エネルギー 9
   2・2・2 分子運動と物質の状態・相変化 10
   2・3 温度と熱平衡(熱力学第0法則) 12
   2・3・1 熱平衡(熱力学第0法則)12
   2・3・2 温度 13
   2・4 熱量と比熱 13
   2・5 状態量 14
   2・6 単位系と単位 14
   2・6・1 SI 14
   2・6・2 SI以外の単位系と単位 16
第3章 熱力学第1法則 19
   3・1 熱と仕事 19
   3・1・1 熱 19
   3・1・2 仕事 19
   3・2 閉じた系の熱力学第1法則 20
   3・3 熱力学的平衡と準静的過程 23
   3・3・1 熱力学的平衡 23
   3・3・2 準静的過程 23
   3・3・3 可逆過程と不可逆過程 24
   3・4 準静的過程における閉じた系の熱力学第1法則 25
   3・4・1 熱力学第1法則 25
   3・4・2 準静的過程におけるサイクルの正味仕事 25
   3・4・1 定積比熱と定圧比熱 26
   3・5 開いた系の熱力学第1法則 27
   3・5・1 定常流動系と質量保存則 27
   3・5・2 流動仕事とエンタルピー 27
   3・5・3 定常流動系のエネルギー保存則 28
   3・5・4 各種機械における定常流動系 29
   3・6 理想気体における熱力学第1法則 32
   3・6・1 理想気体と内部エネルギー 32
   3・6・2 理想気体の比熱 33
   3・6・3 理想気体の準静的過程 35
   3・6・4 理想気体の混合 39
第4章 熱力学第2法則 43
   4・1 熱を仕事に変換する効率:カルノーの功績 43
   4・1・1 熱効率に限界はあるか? 43
   4・1・2 カルノーの考えたこと 44
   4・2 熱機関のモデル化 46
   4・2・1 サイクル 46
   4・2・2 可逆過程と不可逆過程 48
   4・2・3 内部可逆過程 49
   4・3 カルノーサイクルの性質 50
   4・4 閉じた系の第2法則 53
   4・4・1 1つの熱源と作用するサイクル : 第2法則の言葉による表現 54
   4・4・2 2つの熱源と作用するサイクル 55
   4・4・3 n個の熱源と作用するサイクル 55
   4・5 エントロピー 56
   4・5・1 状態量としてのエントロピーの定義 56
   4・5・2 閉じた系のエントロピーバランス(不可逆過程におけるエントロピー生成) 58
   4・5・3 開いた系のエントロピーバランス : 開いた系の第2法則 60
   4・5・4 第2法則とエントロピーおよびエントロピー生成のまとめ 60
   4・6 エントロピーの利用 61
   4・6・1 エントロピー変化の式 : TdSの関係式 61
   4・6・2 理想気体のエントロピー変化 62
   4・6・3 液体,固体のエントロピー変化 63
   4・6・4 蒸気表によるエントロピー変化の計算 63
   4・6・5 エントロピー生成の計算 64
   4・6・6 エントロピーを含んだ線図,グラフィカルなエントロピーの利用 67
第5章 エネルギー有効利用とエクセルギー 69
   5・1 エクセルギー解析の必要性 69
   5・1・1 第2法則からエクセルギーヘ 69
   5・2 仕事を発生する潜在能力 : 最大仕事の考え方 70
   5・2・1 最大仕事 70
   5・2・2 周囲がエクセルギー(エネルギー変換)に与える影響 72
   a. 体積変化によるエクセルギー 72
   b. 熱のエクセルギー 73
   c. 化学エクセルギー 74
   d. エクセルギー計算のための標準周囲状態 74
   5・2・3 エクセルギーの基礎まとめ 75
   5・2・4 エクセルギー効率 75
   5・3 様々な系のエクセルギー 77
   5・3・1 熱源の熱を利用する系 77
   5・2・2 閉じた系(非流動過程) 77
   5・3・3 定常流動系 80
   5・3・4 物質移動のある開いた系 81
   5・4 自由エネルギー 81
   5・4・1 ギブス自由エネルギー 81
   5・4・2 ヘルムホルツ自由エネルギー 83
   5・4・3 平衡条件と自由エネルギー(化学反応の進む方向) 84
   5・5 エクセルギー損失 85
   5・5・1 不可逆過程とエクセルギー損失 85
第6章 熱力学の一般関係式 89
   6・1 熱力学の一般関係式 89
   6・2 エネルギー式から導かれる一般関係式 91
   6・3 比熱に関する一般関係式 93
   6・4 内部エネルギーとエンタルピーの一般関係式 96
   6・5 ジュール・トムソン効果 97
   6・6 相平衡とクラペイロン・クラウジウスの式 99
第7章 化学反応と燃焼 103
   7・1 化学反応・燃焼と環境問題 102
   7・2 化学反応とエネルギー変換 105
   7・2・1 反応熱と標準生成エンタルピー 105
   7・2・2 化学反応のギブス自由エネルギーー変化 107
   7・2・3 標準生成ギブス自由エネルギーとエネルギー変換 109
   7・3 化学平衡 111
   7・3・1 反応速度 111
   7・3・2 反応速度と化学平衡 112
   7・3・3 化学平衡の条件 112
   7・3・4 平衡定数 113
   7・3・5 化学平衡に及ぼす圧力と温度の影響 115
   7・3・6 一般的な場合の平衡組成の求め方 117
   7・3・7 平衡定数の諸注意 119
   7・4 燃焼 119
   7・4・1 燃料 120
   7・4・2 燃焼の形態 120
   7・4・3 燃焼の反応機構 120
   7・4・4 空燃比,燃空比,空気比,当量比 122
   7・4・5 燃焼のエネルギーバランス 123
   7・4・6 理論火炎温度 124
   7・4・7 燃焼とエネルギー変換 127
第8章 ガスサイクル 131
   8・1 熱機関とサイクル 131
   8・2 ピストンエンジンのサイクル 134
   8・2・1 オットーサイクル 134
   8・2・2 ディーゼルサイクル 136
   8・2・3 サバテサイクル 137
   8・2・4 ピストンエンジンの燃焼解析 138
   8・2・5 スターリングサイクル 138
   8・3 ガスタービンエンジンのサイクル 139
   8・3・1 ブレイトンサイクル 140
   8・3・2 ブレイトン再生サイクル 141
   8・3・3 エリクソンサイクル 142
   8・3・4 ジェットエンジンのサイクル 142
   8・4 ガス冷凍サイクル 142
第9章 蒸気サイクル 147
   9・1 蒸気の状態変化 147
   9・1・1 相平衡と状態変化 147
   9・1・2 湿り蒸気の性質 148
   9・2 相平衡とクラペイロン・クラウジウスの式 149
   9・2・1 相平衡の条件 149
   9・2・2 多成分混合物質の二相平衡 150
   9・2・3 クラペイロン・クラウジウスの式 151
   9・3 実在気体の状態方程式 152
   9・3・1 ファン・デル・ワールスの式 152
   9・3・2 実用状態方程式 154
   9・4 蒸気原動機サイクル 154
   9・4・1 ランキンサイクル 155
   9・4・2 再熱サイクル 157
   9・4・3 再生サイクル 158
   9・4・4 複合サイクル 159
第10章 冷凍サイクルと空気調和 163
   10・1 冷凍の発生 163
   10・1・1 可逆断熱膨張 163
   10・1・2 絞り膨張 163
   10・2 動作係数 164
   10・3 各種冷凍サイクル 165
   10・3・1 逆カルノーサイクル 165
   10・3・2 蒸気圧縮式冷凍サイクル 165
   10・3・3 吸収冷凍サイクル 168
   10・3・4 空気冷凍サイクル 170
   10・3・5 液化サイクル 170
   10・4 空気調和 171
   10・4・1 湿り空気の性質 171
   10・4・2 湿り空気線図 173
第1章 概論 1
   1・1 熱力学の意義 1
   1・2 熱の授受と熱力学 2
4.

図書

図書
渡辺啓著
出版情報: 東京 : サイエンス社, 2002.9  viii, 181p ; 21cm
シリーズ名: サイエンスライブラリ化学 ; 4
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
Peter Buhler
出版情報: Saint Petersburg : Yanus, c2002  173 p. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
D. ハリディ, R. レスニック, J. ウォーカー共著 ; 野崎光昭監訳
出版情報: 東京 : 培風館, 2002.10  vi, 199p ; 26cm
シリーズ名: 物理学の基礎 / D.ハリディ, R.レスニック, J.ウォーカー共著 ; 2
所蔵情報: loading…
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Masaru Ishida
出版情報: New York : Nova Science Publishers, c2002  xiii, 148 p. ; 26 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
Nomenclature
Part I Systematic Framing of Thermodynamics 1
   Chapter 1 Thermodynamics for Creation of a New Process 3
   1.1 What Does Thermodynamics Offer You? 3
   1.2 Targets of Thermodynamics 4
   1.3 Thermodynamics as Basic Science 4
   Chapter 2 Thermodynamics of a Substance 7
   2.1 Thermodynamics Comprises Three Kinds of Thermodynamics 7
   2.2 What is Substance? 8
   2.3 Energy H and Entropy S of a Substance 9
   Chapter 3 Thermodynamics of a Process 13
   3.1 What is a Process? 13
   3.2 Energy Change ΔH and Entropy Change ΔS 13
   3.3 Intermediary Energy 16
   3.4 Common Processes without Specification of Substances 19
   Chapter 4 Thermodynamics of a System 23
   4.1 What is a System in Thermodynamics ? 23
   4.2 The First and Second Laws of Thermodynamics 25
   4.3 Interpretation of the First and Second Laws by ‘Water Model' 27
   Chapter 5 The First-Step Applications of Thermodynamics 33
   5.1 Relationship between Energy Change ΔH and Heat of Reaction Qr 33
   5.2 Calculation of ΔH for a Reaction as Combination of ΔH for Other Reactions 35
   5.3 Thermodynamic Analysis of Exothermic and Endothermic Reactions 36
   5.4 Thermodynamic Analysis of Electrolysis 40
   5.5 Thermodynamic Analysis of a Loop 43
Part II Properties of Substances and Chemical Equilibrium 51
   Chapter 6 Equations for Thermodynamics of Substances 53
   6.1 Differential Forms of Energy h and Entropy s for 1 mol of Pure Substance 53
   6.2 Calculation of Energy H and Entropy S for Gas 54
   6.3 Calculation of Energy H and Entropy S for Liquid 59
   6.4 Calculation of Energy H and Entropy S for Solid 60
   6.5 Calculation of H and S for Substances with Multiple Phases 60
   Chapter 7 Chemical Equilibrium 61
   7.1 Limit for Proceeding of a Process 61
   7.2 Equilibrium Condition for a Gas-Phase Reaction 62
   7.3 Equilibrium Condition for a Reaction with Multiple Phases 67
   7.4 The Second-Step Applications - Applications of Equilibrium Constant Kp - 68
   7.5 The Second-Step Applications - Application of Temperature Dependence of Kp - 75
Part III Application of Thermodynamics to System Synthesis 83
   Chapter 8 Introduction to Exergy Change and Graphical Presentation by Vectors 85
   8.1 Exergy Change Δε 85
   8.2 Thermodynamics on a Two-Dimensional Space 87
   8.3 Energy Level, A 89
   8.4 Heat Source, Heat Sink, Work Source and Work Sink 93
   8.5 Classification of Processes and System Synthesis on the Thermodynamic Compass 96
   8.6 Exergy Loss 100
   8.7 Representation of Processes on the Thermodynamic Compass 103
   Chapter 9 Process System Synthesis - The Third-Step Applications - 117
   9.1 Equilibrium Viewpoint 117
   9.2 Energy Transformation Viewpoint - Selection of Coupled Process - 119
   9.3 Energy Transformation Viewpoint - Decomposition of Coupled Process - 122
   9.4 Energy Transformation Viewpoint - Decomposition of a Target Process - 123
   Chapter 10 Toward Wider Applications 127
   10.1 Chemical Cells and Fuel Cells 127
   10.2 Behavior of Real Gas and Real Liquid 132
   10.3 Partial Molar Quantities and Chemical Potential μ 133
   10.4 Synthesis of an Entire System 133
   10.5 Relationship to the Previous Thermodynamics 133
   10.6 Characteristic Features of this Book - Closing Remarks - 138
Appendix 139
Index 145
Preface
Nomenclature
Part I Systematic Framing of Thermodynamics 1
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
原田義也著
出版情報: 東京 : 裳華房, 2002.4  vi, 257p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 序論
   1.1 熱力学 1
   1.2 状態量 4
   1.3 温度 5
   1.4 理想気体 9
   1.5 気体分子運動論 13
   1.6 実在気体 19
   1.7 気体の液化 20
   問題 23
2 熱力学第一法則
   2.1 状態量の性質 25
   2.2 仕事と熱 29
   2.3 熱力学第一法則 31
   2.4 準静的過程 35
   2.5 エンタルピー 38
   2.6 熱容量 40
   2.7 Jouleの法則 42
   2.8 気体の熱容量 46
   2.9 相変化に伴う熱量 48
   2.10 反応熱 51
   2.11 反応熱の温度依存性 57
   2.12 理想気体の断熱変化 59
   問題 61
3 熱力学第二法則
   3.1 Carnotサイクル 63
   3.2 熱力学第二法則 66
   3.3 可逆過程と不可逆過程 71
   3.4 熱機関の効率 76
   3.5 熱力学的温度 80
   3.6 Clausiusの式 84
   3.7 エントロピー 88
   3.8 エントロピーの計算 91
   3.9 エントロピーの分子論的意味 98
   3.10 熱力学第三法則 102
   3.11 標準エントロピー 104
   問題 106
4 自由エネルギーと化学平衡
   4.1 自由エネルギー 109
   4.2 平衡条件 113
   4.3 熱力学の関係式 114
   4.4 開いた系 119
   4.5 化学ポテンシャルの性質 122
   4.6 理想気体の化学ポテンシャル 124
   4.7 質量作用の法則 128
   4.8 標準生成Gibbsエネルギー 134
   4.9 平衡定数の温度変化 138
   4.10 熱力学と平衡定数 141
   問題 147
5 相平衡と溶液
   5.1 相律 150
   5.2 二成分系の相平衡 152
   5.3 Clapeyron-Clausiusの式 157
   5.4 理想気体 161
   5.5 Raoultの法則 164
   5.6 部分モル量 168
   5.7 希薄溶液 171
   5.8 Henryの法則 174
   5.9 沸点上昇と凝固点降下 175
   5.10 浸透圧 180
   5.11 活量 183
   問題 191
6 電解質溶液と電池
   6.1 電解質溶液の電離 193
   6.2 電解質溶液の電気伝導 195
   6.3 弱電解質溶液 201
   6.4 強電解質溶液 205
   6.5 電池とその起電力 208
   6.6 半電池 212
   6.7 電池の起電力とGibbsエネルギー 214
   6.8 標準電極電位 218
   6.9 起電力測定の応用 222
   問題 229
7 付録
   7.1 多変数関数の微分 232
   7.2 状態量の微分 236
   7.3 電気化学ポテンシャル 239
   7.4 電池の起電力 244
問題解答 246
索引 254
1 序論
   1.1 熱力学 1
   1.2 状態量 4
9.

図書

図書
齋藤孝基, 濱口和洋, 平田宏一共著
出版情報: 東京 : オーム社, 2002.3  x, 233p ; 21cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
香山滉一郎著
出版情報: 東京 : アグネ技術センター, 2002.4  3, 2, 197p ; 26cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼