close
1.

図書

図書
デイヴィッド・ライアン [著] ; 田島泰彦, 小笠原みどり訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2011.9  xiv, 341, 21p ; 20cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
ジュリアン・アサンジ他著 ; 松田和也訳
出版情報: 東京 : 青土社, 2013.7  228p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序 : 暗号的武装への呼びかけ
ディスカッション参加者
ウィキリークスとその関係者を迫害しようとする試みについて
ディスカッション / 拡大コミュニケーション対拡大監視
サイバー空間の軍事化
人間の法によって完全監視と闘う
民間企業によるスパイ
物理法則によって完全監視と闘う
インターネットと政治
インターネットと経済
検閲
弱者のためのプライバシー、強者のための透明性
オペラハウスの鼠
序 : 暗号的武装への呼びかけ
ディスカッション参加者
ウィキリークスとその関係者を迫害しようとする試みについて
概要: われわれの世界はゆっくりとグローバルな全体主義的完全監視社会に向かおうとしている。政府や一部の大企業は自らの活動を隠匿しながら、一方でユーザーを監視し、その検索履歴を搾取し会話内容を盗聴する。それに対する唯一の防御は、自分で自分のプライバシ ーを守るために踏み出すところにあるのだ。政治からも商業からも自由なインターネット世界をつくるために、最前線で闘い続けるジュリアン・アサンジと3人の情報技術者が繰り広げる、荒々しくも鋭いディスカッションの記録。 続きを見る
3.

図書

図書
デイヴィッド・ライアン著 ; 田畑暁生訳
出版情報: 東京 : 青土社, 2010.10  213, 43p ; 20cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
岡嶋裕史著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2014.11  191p ; 20cm
シリーズ名: 新潮選書
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : アカウントと人格
第2章 : 増殖するデータ
第3章 : 監視されてもいい
第4章 : 情報革命の次の潮流
第5章 : 被監視者が監視者になる時代
第6章 : 私たちは「危うさ」をどれだけわかっているのか
第1章 : アカウントと人格
第2章 : 増殖するデータ
第3章 : 監視されてもいい
概要: あなたのクラウド・データは見知らぬ国に保管されている!ビッグデータはいいこと尽くめじゃない。電話番号、スケジュール、写真、ドキュメントなど、クラウドに委ねることが当たり前となった時代、膨大なデータを誰がどう管理・活用しているか知っているだろ うか?無料、便利さと引き換えに少しずつ侵食される個人の情報。プライバシーを脅かす「新たな監視社会」に警鐘を鳴らす。 続きを見る
5.

図書

図書
エドワード・スノーデン [ほか] 著
出版情報: 東京 : 集英社, 2017.4  200, 2p ; 18cm
シリーズ名: 集英社新書 ; 0876A
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 スノーデン 日本への警告 : 愛国者としての私
NSAの活動への疑念
メルケル首相の携帯電話をも盗聴していた監視の実態
無差別・網羅的な新しい監視 ほか
第2章 信教の自由・プライバシーと監視社会—テロ対策を改めて考える : スノーデン・リークが明らかにしたアメリカ政府による監視の全体像
ムスリムに対する監視
新しい科学技術の利用
日本におけるムスリムに対する監視の概要 ほか
第1章 スノーデン 日本への警告 : 愛国者としての私
NSAの活動への疑念
メルケル首相の携帯電話をも盗聴していた監視の実態
概要: 世界を震撼させた元情報局員がわかりやすく解説する超監視社会の脅威。本書では、日本人に向け、今起きている深刻な事態や権力を監視するための方途をスノーデンが明快に解説。後半はスノーデンの顧問弁護士やムスリム違法捜査を追及する弁護士、公安事件に詳 しいジャーナリストら、日米の精鋭が、議論を多角的に深める。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼