close
1.

図書

図書
宮野健次郎, 古澤明著
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2008.3  iv, 160p ; 21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
ジョン・グリビン著 ; 松浦俊輔訳
出版情報: 東京 : 青土社, 2014.3  303, viip, 図版4枚 ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
量子猫での計算
第1部 : チューリングとそのマシン
フォン・ノイマンとそのマシン
第2部 : ファインマンと量子
ベルともつれた網
第3部 : ドイッチュとマルチバース
チューリングの後継たちと量子マシン
不協和の量子
量子猫での計算
第1部 : チューリングとそのマシン
フォン・ノイマンとそのマシン
概要: 日々進歩し確実に実用に向かっている量子コンピュータ。チューリングやフォン・ノイマンの古典的コンピュータから、ファインマンやベルによる量子力学の展開を経て、ドイッチュの多世界を軸に、試行錯誤によって学習する機械、侵入不可能なパソコンやスマート フォン、超光速通信やテレポーテーションの可能性までを、わかりやすく網羅的に解説する。 続きを見る
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
細谷暁夫著
出版情報: 東京 : サイエンス社, 1999.12  v, 151p ; 26cm
シリーズ名: 臨時別冊・数理科学 ; . SGCライブラリ||SGC ライブラリ ; 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 量子計算機とは何か 1
   1.1 古典計算機のモデル-テューリングマシン 1
   1.2 テューリングマシンの動作 2
   1.3 量子テューリングマシン(quantum Turing machine) 7
   1.3.1 ビットの重ね合わせ-キュービット(qubit) 7
   1.3.2 量子並列計算(quantum parallel computation) 9
   1.4 量子力学の公理と量子計算 9
   1.5 量子計算機の歴史 11
第2章 量子論理ゲート 13
   2.1 古典計算機における論理ゲート 13
   2.2 量子計算機における論理ゲート 15
   2.3 エンタングルド状態(絡まった状態:entangled state) 19
   2.4 量子複製不可能定理(no cloning theorem) 20
第3章 万能量子ティーリングマシン(universal quantum Turing machine) 23
   3.1 ユニタリー変換の構成 23
   3.2 量子計算のやさしい例 28
   3.3 制御が2つ以上かかる場合 30
   3.4 論理演算 31
   3.5 1+1をしてみよう 33
   3.6 量子計算を通常の計算機でシミュレーションすること 34
第4章 量子計算の実験 35
   4.1 はじめに 35
   4.2 コヒーレント振動の量子力学の復習 36
   4.3 マッハ.ツェンダー干渉系 39
   4.4 1ビット重ね合わせを制御する実験 40
   4.5 制御NOTゲートの実験-イオントラップを用いたもの 42
   4.6 シラク.ツォラーの提案した量子計算機の実験 44
   4.7 キャビティーQEDを用いる方法(cavity QED) 47
   4.8 量子ドット(quantum dot)を用いる提案 48
   4.9 観測(observation)、測定(measurement)ということ 50
第5章 NMR計算機 51
   5.1 密度演算子(ensity operator) 51
   5.2 NMR計算の操作 55
   5.2.1 キュービットの区別 55
   5.2.2 キュービットの操作 55
   5.2.3 2キュービットの操作 55
   5.3 2ビットの例 58
   5.4 NMR量子計算の限界 58
第6章 量子計算機はなぜ速いか 59
   6.1 フーリエ変換の例 59
   6.2 量子計算はなぜ速いのか-テンソル積と量子並列 61
第7章 因数分解 63
   7.1 数論的準備 63
   7.2 ショアのアルゴリズムの主要部 65
   7.3 数論的な注 67
   7.4 練分数を用いたアルゴリズムの緻密化 68
第8章 離散対数関数に対するショアのアルゴリズム 74
   8.1 離散対数問題 74
   8.2 アルゴリズム 75
第9章 グローバーのアルゴリズム 77
   9.1 グローバーによるアルゴリズム 77
   9.2 グローバーのアルゴリズムの直観的な説明 79
   9.3 グローバーによるアルゴリズム局所的であること 80
   9.4 量子勘定(quantum clunting) 83
   9.5 グローバーによるアルゴリズムの最適性 86
   9.5.1 考え方 86
   9.5.2 下限の厳密な計画 86
第10章 ドイチ.ジョサの問題 89
   10.1 問題について 89
   10.2 アルゴリズム 90
第11章 群論的アプローチ 92
   11.1 群論的アプローチの考え方 92
   11.2 サイモンのアルゴリズム 94
第12章 計算の複雑さと量子計算機 97
   12.1 古典計算の複雑さ 97
   12.2 量子計算の複雑さ 98
第13章 量子誤り訂正(quantum error correction) 100
   13.1 古典訂正コード 101
   13.2 量子訂正コード(7ビットの例) 104
   13.3 量子訂正コード(一般論) 107
   13.4 量子訂正コード-5ビット 109
   13.5 量子誤り訂正のまとめ 111
   13.6 量子ハミング限界 111
   13.7 量子訂正コードの作り方 112
まとめ 113
付録A スピン 114
   A.1 回転演算子と角運動量 114
   A.2 角運動量演算子のユニタリー表現としてのスピン 116
   A.3 スピン状態 117
   A.4 シュテリン.ゲルラッハの実験と量子計算 117
   A.4.1 重ね合わせ状態のつくり方 118
   A.4.2 シュテルン.ゲルラッハの実験と観測 119
付録B デコヒーレンス 122
   B.1 環境系と相互作用のモデル 122
   B.2 密度行列 123
   B.3 部分跡を取った後の密度行列の非対角成分 124
   B.4 デコヒーレンスの頻度 126
   B.5 エラーの頻度 126
付録C ベルの不等式の破れ 128
付録D もっともエンタングルドした状態 130
付録E 暗号と量子テレポテーション 134
   E.1 RSAの公開鍵暗号システム 134
   E.2 ラビンによる素数判定のアルゴリズム 135
   E.3 量子テレポテーション 136
付録F ハミルトニアンの方法 139
おしまいに 141
謝辞 143
教科書について 144
参考文献 146
索引 149
第1章 量子計算機とは何か 1
   1.1 古典計算機のモデル-テューリングマシン 1
   1.2 テューリングマシンの動作 2
4.

図書

図書
細谷暁夫著
出版情報: 東京 : サイエンス社, 2009.9  vi, 151p ; 26cm
シリーズ名: 臨時別冊・数理科学 ; . SGCライブラリ||SGC ライブラリ ; 69
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
大矢雅則著
出版情報: 東京 : 丸善, 1999.5  viii, 146p ; 21cm
シリーズ名: パリティ物理学コース / 牧二郎 [ほか] 編 ; . クローズアップ||クローズ アップ
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
西野哲朗, 岡本龍明, 三原孝志共著
出版情報: 東京 : 近代科学社, 2015.10  x, 196p ; 22cm
シリーズ名: ナチュラルコンピューティング・シリーズ / 萩谷昌己, 横森貴編 ; 第6巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 量子計算とは : 量子デジタル計算
量子計算のモデル ほか
第2章 量子アナログ計算 : Turing機械
計算量 ほか
第3章 量子デジタル計算 : 量子デジタル計算とは
量子デジタル計算機の実現研究 ほか
第4章 量子もつれ情報伝達 : 量子もつれ
基礎的な操作 ほか
第5章 量子公開鍵暗号 : 量子計算機の暗号へのインパクト
量子暗号の意義と問題点 ほか
第1章 量子計算とは : 量子デジタル計算
量子計算のモデル ほか
第2章 量子アナログ計算 : Turing機械
概要: 量子コンピュータは実現したのか!?市場投入されたマシンは、いったい何物?何ができる??我々の社会システムを陰で支えるRSA公開鍵暗号—この方式がもたらす安全性は、我々が日々使うコンピュータの“弱点”を突くことで成り立っている。この弱点を原理 上持たない「量子コンピュータ」が市場投入され、各国政府機関等での検証が始まった。このマシンを量子計算理論の観点から解説しつつ、次世代の量子通信・暗号方式についても紹介する。 続きを見る
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
竹内繁樹著
出版情報: 東京 : 講談社, 2005.2  269p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1469
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
プロローグ 5
第1章 量子計算でできること 12
   1.1 コンピュータに解ける問題、解けない問題 12
   最近のコンピュータの計算能力 12
   コンピュータに「計算不可能な」問題とは? 13
   旅行の荷造りは「解けない」問題? 16
   ほかにもある「解けない問題」 18
   1.2 スーパーコンピュータにも解けない因数分解 20
   因数分解は難しい? 20
   秘密の鍵を伝える 20
   1.3 量子の力で超高速計算 24
   因数分解は量子コンピュータで簡単に解ける 24
   量子コンピュータには得意な問題がある 26
第2章 「量子」とはなにか 28
   2.1 量子計算はなぜ「量子」計算? 28
   2.2 光は粒? それとも波? 29
   光とは何か 29
   光の粒子説 30
   波の性質 31
   波と位相 33
   光の波動説 34
   光はほんとうに波? 36
   2.3 アインシュタインの光量子 38
   光電効果の発見 38
   アインシュタインと光量子仮説 40
   光のエネルギーには最小の単位がある 41
   光量子で光電効果もすっきり説明 42
   2.4 結局、光とは? 44
   光のエネルギーには基本単位がある 44
   光子に気がつかなかった理由 45
   2.5 波の性質を持つ粒子 46
   水素原子のなぞ 46
   電子波と電子顕微鏡 48
   物質も波の性質を持つ? 49
   再び「量子」とは 52
第3章 量子の不思議 53
   3.1 量子力学は難しい? 53
   MIB(メン・イン・ブラック)と量子力学 53
   どうしても必要な量子力学のエッセンス 55
   3.2 不確定な関係 56
   光の偏光と偏光フィルタ 56
   光の偏光を区別する「偏光ビームスプリッタ」 58
   光子の偏光 60
   3.3 光と干渉 63
   光を分ける半透鏡 63
   干渉計の出力 64
   経路の長さが等しいとき 66
   干渉計と位相差 67
   3.4 光子・確率波・重ね合わせ状態 68
   半透鏡は光子を弾くのだろうか? 68
   光子を干渉計に入射すると? 69
   光子と確率波 71
   重ね合わせ状態 73
   重ね合わせ状態を「壊す」 73
   光を当てずにものを見る? 76
   3.5 まとめ 78
第4章 「量子」を使った計算機 79
   4.1 量子コンピュータの誕生 79
   量子コンピュータの生みの親ドイチュ 79
   計算機も物理法則にしたがう 80
   ファインマンと量子コンピュータ 81
   重ね合わせ状態を用いた超並列処理 83
   4.2 現在のコンピュータのしくみ:ビットと論理回路 85
   ビットとは? 85
   2進法とビット 86
   モールス符号とデジタルカメラ 87
   ビットと演算 91
   コンピュ一夕の構成 91
   2倍する具体的な手順 92
   プログラム言語 95
   論理ゲート 96
   論理回路の例 99
   4.3 量子ビットと量子コンピュータ 101
   量子ビット 101
   3次元で表される量子ビット 103
   量子ビットの数式による表記方法 106
   量子コンピュータの構成 109
   4.4 量子ゲートと量子論理回路 112
   量子ゲート 112
   回転ゲート 113
   アダマールゲート 115
   制御ノットゲート 116
   量子もつれ合い 119
   可逆と不可逆 120
   足し算用の量子回路 121
   重ね合わせの計算結果を生かすには? 125
第5章 量子アルゴリズム 128
   5.1 アルゴリズムと量子コンピュータ 128
   アルゴリズム、プログラム、論理回路 128
   量子コンピュータにプログラム言語はまだない 129
   量子コンピュータのアルゴリズム 130
   5.2 ドイチュ‐ジョサのアルゴリズム 132
   ドイチュ‐ジョサの問題 132
   ふつうのコンピュータで解こうとすると…… 134
   ドイチュ‐ジョサの量子アルゴリズム 136
   ドイチュ‐ジョサのアルゴリズムの中身 139
   5.3 データベース検索のアルゴリズム 146
   データ検索には時間がかかる 146
   グローバーのアルゴリズム 148
   グローバーの量子回路の中身 151
   5.4 ショアのアルゴリズム 154
   量子コンピュータで難所を突破! 154
   準備1 ユークリッドの互除法 157
   準備2 因数分解の手順 159
   「γを求める方法」を求めて 161
   フーリエ変換 163
   量子フーリエ変換 167
   ショアのアルゴリズムの中身 171
   5.5 量子アルゴリズムと今後の展開 177
第6章 実現にむけた挑戦 178
   6.1 量子コンピュータを作るには? 178
   ビットとその担い手 178
   量子ビットと担い手 181
   量子コンピュータ実現の必要条件 183
   6.2 光の粒で量子計算 184
   光子の特徴 184
   回転ゲートは半透鏡で 186
   光子に対する制御ノットは究極の光デバイス 188
   カリフォルニア工科大学の実験 189
   私たちの挑戦1 ― ミクロな球を用いた量子位相ゲート 191
   私たちの挑戦2 ― 半透鏡も量子位相ゲートに 193
   光子を用いた量子アルゴりズム実験 195
   6.3 分子中の核スピンを用いた量子計算 199
   スピン 199
   スピンと量子化 200
   スピンと量子ビット 202
   核スピン 203
   核スピンを用いた量子コンピュータ 204
   6.4 固体・集積化への路 211
   量子集積回路を目指して 211
   シリコン量子コンピュ一夕 212
   超伝導量子ビット 216
   6.5 デコヒーレンス 218
   「重ね合わせ状態の破壊」あるいは「デコヒーレンス」 218
   2つの状態間の位相差 219
   原因は、追跡不可能な位相差のゆらぎ 220
   量子計算に立ちはだかる壁、デコヒーレンス 221
   6.6 デコヒーレンスに立ち向かう:量子誤り訂正符号 222
   古典誤り訂正符号 223
   量子誤り訂正符号 225
第7章 量子コンピュータの周辺に広がる世界と量子暗号 228
   7.1 情報化社会と秘密通信 229
   くらしに関わるセキュリティ 229
   通信と盗聴 230
   乱数列を用いた絶対安全な暗号化 232
   光子を用いて乱数列を共有する 233
   7.2 量子暗号と量子鍵配布 235
   発明のきっかけ 235
   量子鍵配布のしくみ1 送信者 237
   量子鍵配布のしくみ2 受信者 239
   量子鍵配布のしくみ3 鍵の共有 243
   秘密鍵を使った絶対安全な通信 245
   7.3 全知全能?の盗聴者VS.量子暗号 248
   盗聴者ができること 248
   最適な盗聴方法と、ビット反転 249
   盗聴者を検出する! 253
   量子暗号システムと現状 254
   7.4 量子情報科学の今後 257
   量子暗号の現状と今後 257
   理論面での展開と量子情報科学 258
エピローグ 259
参考図書 264
さくいん 265
プロローグ 5
第1章 量子計算でできること 12
   1.1 コンピュータに解ける問題、解けない問題 12
8.

図書

図書
竹内薫著 ; 丸山篤史構成
出版情報: 東京 : PHP研究所, 2015.6  301p ; 18cm
シリーズ名: PHP新書 ; 987
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : そもそも、「計算する」ってどういうこと?
第2章 : コンピューターとはなんだ?
第3章 : コンピューターは、中で何をやっているのか?
第4章 : 量子ってなんだろう?
第5章 : 暗号—その華麗なる歴史
第6章 : 量子コンピューターって、なんだ?
第1章 : そもそも、「計算する」ってどういうこと?
第2章 : コンピューターとはなんだ?
第3章 : コンピューターは、中で何をやっているのか?
概要: 量子力学の原理を使って複数の計算を同時に行い、スパコンを圧倒的に凌ぐ計算能力を持つ量子コンピューター。少し前まで「実現はするのは百年後」と目されていたが、2011年、カナダのD‐Wave社が突然、量子コンピューターの発売を発表。当初はその真 偽が疑問視されていたが、2013年にGoogle,NASAが導入を決定。この快挙、実は日本人が開発した「量子アニーリング」方式の賜であった。暗号を軽々と解き、航空機のバグを即座に見つけ、今後社会をがらりと変えていく夢の計算機。量子コンピューターの凄さを、文系も楽しめるように基礎の基礎から解説する。 続きを見る
9.

図書

図書
赤間世紀著 ; 第二I/O編集部編
出版情報: 東京 : 工学社, 2010.4  175p ; 21cm
シリーズ名: I/O books
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
中山茂著
出版情報: 東京 : カットシステム, 2016.10  xi, 331p, 図版 [4] p ; 24cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめてのIBMの5量子ビット実験
パウリゲートの量子実験
アダマールゲートの量子実験
位相シフトゲートの量子実験
制御NOTゲートの量子実験
トフォリゲートの量子実験
ドイチ・ジョザ問題の量子実験
ベルンシュタイン・ヴァジラニ問題の量子実験
サイモン問題の量子実験
量子フーリエ変換の量子実験
位相・固有値・位数推定問題の量子実験
ショアの素因数分解問題の量子実験
グローバーの探索問題の量子実験
量子非局所性の量子実験
量子通信の量子実験
量子エラーとスタビライザー測定
量子誤り訂正の量子実験
はじめてのIBMの5量子ビット実験
パウリゲートの量子実験
アダマールゲートの量子実験
概要: IBMから提供される無料の量子計算プラットフォームを体験する!大学での講義を想定した豊富な例題、演習、実験で理解を深める。16の量子実験を通して、量子アルゴリズムを学び、量子シミュレーションで実行する。
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼