close
1.

Book

Book
石原敦, 飽本一裕共著
Published: 東京 : 日新出版, 2002.4  vi, 166p ; 21cm
Series: 実用理工学入門講座
Holdings: loading…
2.

Book

Book
Peter Buhler
Published: Saint Petersburg : Yanus, c2002  173 p. ; 24 cm
Holdings: loading…
3.

Book

Scientific
Book

Book
Scientific
Book
川嵜智佑著
Published: 東京 : 共立出版, 2006.2  vi, 266p ; 27cm
Holdings: loading…
Table of Contents: Read more
第1章熱力学の基本的概念 1
   1.1序論 1
   1.2単位 4
   1.3系 5
   1.4相 6
   1.5成分 6
   1.6状態と性質 8
   1.7モル分率 9
   1.8示量変数と示強変数 10
   1.9同次関数 11
   1.10部分モル量 12
   1.11部分モル体積の性質 12
   1.12熱力学第0法則と温度 15
   1.13熱力学第1法則 16
   1.14エンタルピー 17
   1.15熱容量 18
   1.16実在過程と可逆過程 20
   1.17エンタロピー 21
   1.18熱平衡 22
   1.19エントロピーと熱 22
   1.20化学ポテンシャル 24
   1.21熱力学関数 26
   1.22Legendre変換 28
   1.23Gibbs-Duhemの関係式 28
   1.24相反定理(Maxwellの関係式) 29
   1.25Gibbsの相律 29
   1.26凝縮系の相律 32
   1.27Goldschmidtの鉱物学的相律 32
   1.28化学反応と化学平衡 34
   1.29Hessの法則 37
   1.30熱力学関数の温度依存性 37
   1.31熱力学関数の圧力依存性 39
   1.32熱力学関数の温度圧力依存性 40
   1.33相平衡図の解析 42
   1.34熱力学第3法則 45
第2章活動度,標準状態,平衡定数 47
   2.1序論 47
   2.2絶対活動度 47
   2.3相対活動度 48
   2.4標準状態をTK,1barとした場合の活動度 49
   2.5フイガシティ 50
   2.6標準状態をTK,Pbarとした場合の活動度 51
   2.7標準状態を298K,1barとした場合の活動度 52
   2.8Van'tHoffの式 53
   2.9標準状態をTK,1barとした場合のAl2SiO5鉱物の相境界 54
   2.10標準状態をTK,Pbarとした場合のAl2SiO5鉱物の相境界 56
   2.11平衡定数 56
   2.12石英-コーサイト転移 58
   2.13カンラン石-斜方輝石間のFe2+-Mg2+交換反応の平衡定数 61
   2.14カンラン石-スピネル間のFe2+-Mg2+交換反応の平衡定数 64
第3章理想溶液 67
   3.1序論 67
   3.2固溶体の組成 68
   3.3部分モル量の性質 69
   3.4Duhem-Margulesの関係式 72
   3.5Boltzmannの原理 73
   3.6理想気体の混合エントロピー 73
   3.7理想溶液の混合エントロピー 75
   3.8理想溶液の自由エネルギー 77
   3.9Vegardの経験則 78
   3.10理想溶液の化学ポテンシャルと活動度 80
   3.11理想溶液とRaoultの法則 83
   3.12Henryの法則 84
   3.13石英とルチルの間のTi-Si分配 86
   3.14Nernstの分配法則 88
   3.15Nernstの分配法則に従う溶液の相図 90
   3.16部分溶融 92
   3.17分別結晶化作用 93
   3.18帯域溶融 94
   3.19固相と液相の自由エネルギー曲線と相図 96
   3.20固相線と液相線の計算 101
   3.21共融系の相図 104
   3.22気相平衡 105
   3.23Mg2(Si,Ge)O4カンラン石-スピネル転移 108
第4章非理想溶液 111
   4.1序論 111
   4.2剰余関数 111
   4.3過剰体積 112
   4.4剰余関数の多項式展開 114
   4.5対称型固溶体 114
   4.6正則溶液 114
   4.72相分離 116
   4.8(Ca,Fe)FeSiO4カンラン石 120
   4.9対称型3成分系正則溶液 123
   4.10非対称型正則溶液 130
   4.11(Ca,Mg)MgSiO4カンラン石 136
   4.123成分系非対称型正則溶液 141
   4.13灰長石の分解反応と(Mg,Ca)3Al2Si3O12ザクロ石の熱力学的性質 144
   4.14酸化還元反応とFeSiO3成分の活動度 149
   4.15正則溶液間の元素分配 150
   4.16カンラン石-ザクロ石間のFe2+-Mg2+交換反応 155
   4.17カンラン石-斜方輝石間のFe2+-Mg2+交換反応 158
   4.18カンラン石とCaに富む単斜輝石間のFe2+-Mg2+交換反応 161
   4.19元素分配反応の解析と最小2乗法の応用 165
第5章多席固溶体 171
   5.1序論 171
   5.2CaMgSi2O6-Mg2Si2O6輝石類の相関係 174
   5.3相反溶液 178
   5.4CaMgSi2O6-Ca2Si2O6輝石 183
   5.5理想多席固溶体 184
   5.6理想多席固溶体と単一席固溶体間の元素交換平衡 190
   5.7結晶内交換平衡を行う非理想多席固溶体 193
   5.8MgO-Al2O3-SiO2斜方輝石 195
   5.8.1ザクロ石と共存する斜方輝石へのAl2O3固溶反応 197
   5.8.2スピネルと共存する斜方輝石へのAl2O3固溶反応 200
   5.9FeO-MgO-SiO2-Al2O3斜方輝石 201
   5.10カンラン石-斜方輝石-ザクロ石地質温度計圧力計 206
   5.11(Ca,Fe,Mg)2SiO4カンラン石 213
   5.12CaO-FeO-MgO-SiO2単斜輝石 223
   5.13CaO-FeO-MgO-SiO2系カンラン石と単斜輝石の平衡 227
   5.14CaO-FeO-MgO-SiO2系カンラン石と単斜輝石の平衡(近似解) 234
   あとがき 239
   参考書 241
   付録A定数と記号 243
   付録B引用文献 245
   索引 261
第1章熱力学の基本的概念 1
   1.1序論 1
   1.2単位 4
4.

Book

Book
川村康文著
Published: 東京 : ソフトバンククリエイティブ, 2010.7  349p ; 21cm
Series: 確実に身につく基礎物理学 ; 上
Holdings: loading…
5.

Book

Book
Michael J. Moran, Howard N. Shapiro
Published: Hoboken, N.J. : John Wiley, c2010  iii, 112 p. ; 26 cm
Holdings: loading…
6.

Book

Scientific
Book

Book
Scientific
Book
阿部龍蔵著
Published: 東京 : サイエンス社, 2007.11  v, 151p ; 21cm
Series: ライブラリはじめて学ぶ物理学 ; 4
Holdings: loading…
Table of Contents: Read more
第1章 温度 1
   1.1 温度の定義 2
   1.2 高温の例 4
   1.3 低温の例 6
   1.4 熱平衡 8
   1.5 各種の温度計 10
   演習問題 14
第2章 熱現象 15
   2.1 熱と熱量 16
   2.2 熱容量と比熱 18
   2.3 熱の働き 22
   2.4 気体の熱膨張と状態図 24
   2.5 熱の移動 28
   演習問題 30
第3章 熱と仕事 31
   3.1 熱と仕事との関係 32
   3.2 火の歴史 34
   3.3 熱の仕事当量 38
   3.4 状態方程式 40
   演習問題 44
第4章 熱力学第一法則 45
   4.1 内部エネルギー 46
   4.2 熱力学第一法則 48
   4.3 理想気体の性質 50
   4.4 断熱変化 52
   4.5 熱機関 54
   4.6 カルノーサイクル 56
   演習問題 58
第5章 熱力学第二法則 59
   5.1 可逆過程と不可逆過程 60
   5.2 クラウジウスの原理とトムソンの原理 62
   5.3 可逆サイクルと不可逆サイクル 64
   5.4 クラウジウスの不等式 66
   5.5 エントロピー 68
   5.6 エントロピー増大則 70
   演習問題 72
第6章 分子の熱運動 73
   6.1 気体分子の熱運動 74
   6.2 理想気体の内部エネルギー 76
   6.3 運動の自由度と比熱比 78
   6.4 物質の三態 80
   6.5 固体の内部エネルギー 82
   演習問題 84
第7章 波動 85
   7.1 波動の基礎概念 86
   7.2 波を表す方程式 88
   7.3 波の性質 90
   7.4 音波 94
   7.5 ドップラー効果 96
   7.6 定常波 98
   演習問題 102
第8章 光 103
   8.1 光線 104
   8.2 レンズ 106
   8.3 レンズの公式 108
   8.4 光学器械 112
   演習問題 114
第9章 光と電磁波 115
   9.1 電磁波の分類 116
   9.2 光の分散 118
   9.3 光の干渉と回折 120
   9.4 薄膜による干渉 124
   9.5 偏波と偏光 126
   演習問題 128
演習問題略解 129
索引 148
コラム
   低温の実現 7
   ごみの処理 13
   アインシュタイン模型とデバイ模型 21
   インバー 23
   火の功罪 37
   臨界圧縮因子 43
   カルノーサイクルの意味 57
   ビデオの威力 61
   エントロピー増大則と国歌 71
   時間平均と集団平均 83
   格子力学とソリトン 101
   目とカメラ 107
   詩人野口雨情と作曲家中山晋平 123
第1章 温度 1
   1.1 温度の定義 2
   1.2 高温の例 4
7.

Book

Scientific
Book

Book
Scientific
Book
内藤健著
Published: 東京 : シュプリンガー・ジャパン, 2006.8  v, 251p, 図版[8]p ; 19cm
Holdings: loading…
Table of Contents: Read more
第0章 前奏 1
第1章 生命 14
   1.1 生命の美しさ 15
   1.2 バイオクロスワードパズル 25
   1.3 キラリティーではわからない 31
   1.4 クロスワードの鍵 32
   1.5 水の中で塩基は生きる 35
   1.6 DNA・RNA生成を加速するもの 39
   1.7 RNAの複雑なクローバー構造 47
   1.8 コドンとアミノ酸 52
   1.9 繰り返し配列 54
   1.10 回文配列とRNA干渉 57
   1.11 無駄の役割 59
   1.12 本能とは何か 64
   1.13 MaleとFemale 65
   1.14 細胞 66
   1.15 わずかな差異の重要性 68
   1.16 平均値とばらつき 70
   1.17 まとめ 71
   1.18 補足 72
   1.19 問題 73
第2章 機械 74
   2.1 世界最高のサイボーグ 76
   2.2 グランドツーリングルネッサンス構造 78
   2.3 生命からつくられるタイヤ 82
   2.4 ソフトグランドビークル構想 : Soft Ground Vehicle(SGV) 83
   2.5 人工心臓とエンジン 87
   2.6 エンジン熱力学 90
   2.7 エンジン流体力学 98
   2.8 燃料と燃料電池と生命 102
   2.9 テンセングリティー 104
   2.10 まとめ 107
   2.11 補足 108
   2.12 問題 109
第3章 力学 110
   3.1 巨視的と微視的 112
   3.2 熱流体力学 114
   3.3 近似 129
   3.4 数値解析 136
   3.5 まとめ 138
   3.6 問題 140
第4章 深遠 141
   4.1 バイオダイナミクス -軟体力学- 142
   4.2 五種類の塩基の必然性 169
   4.3 非対称性の起源 170
   4.4 フィボナッチ数列・L-システム・RNA 174
   4.5 進化の瞬間 176
   4.6 イントロン・ジャンクの機能 189
   4.7 脳 193
   4.8 まとめ 199
   4.9 補足 200
第5章 融和 202
   5.1 好熱菌によるバイオマス燃料生成の可能性 204
   5.2 バイオマス燃料による紛争緩和 206
   5.3 多様性 207
   5.4 「ここちよさ」の研究 208
第6章 未来 210
   6.1 航空宇宙と生命起源 211
   6.2 C-CEV(Computational CEV)構想 213
   6.3 上杉謙信に学ぶ 215
   6.4 徳川家康に学ぶ 218
   6.5 三国志に学ぶ 221
   6.6 未来の車 222
   6.7 未来の生命 224
参考サイト・文献 225
余韻 237
著作権について 241
謝辞 246
索引 249
第0章 前奏 1
第1章 生命 14
   1.1 生命の美しさ 15
8.

Book

Scientific
Book

Book
Scientific
Book
高城敏美編
Published: 吹田 : 大阪大学出版会, 2008.7  vi, 234p ; 21cm
Series: 大阪大学新世紀レクチャー
Holdings: loading…
Table of Contents: Read more
第1章 熱力学の基礎事項 1
   1.1 熱力学とは 1
   1.2 系 3
   1.3 動作流体と状態量 4
   1.4 熱力学における状態変化 5
   1.4.1 平衡 6
   1.4.2 準静的過程と非静的過程 6
   1.4.3 可逆過程と不可逆過程 7
   1.5 サイクル 8
   1.6 単位と記号 9
第2章 熱力学の第1法則 13
   2.1 エネルギーの形態 13
   2.1.1 熱 13
   2.1.2 仕事 14
   2.1.3 運動エネルギーと位置エネルギー 15
   2.1.4 化学エネルギー,その他のエネルギー 16
   2.2 熱と仕事の関係 16
   2.3 系が保有するエネルギーと内部エネルギー 17
   2.4 熱力学の第1法則(エネルギー保存則) 19
   2.5 閉じた系におけるエネルギー保存式 20
   2.6 定常流動系(開いた系)のエネルギー保存式 22
   2.7 非定常流動系(開いた系)のエネルギー保存式 29
第3章 理想気体 33
   3.1 理想気体とその状態式 33
   3.2 理想気体の比熱,内部エネルギーおよびエンタルピー 35
   3.3 気体分子運動論 37
   3.4 理想気体の状態変化 40
   3.4.1 等圧変化 41
   3.4.2 等積変化 42
   3.4.3 等温変化 43
   3.4.4 断熱変化 44
   3.4.5 ポリトロープ変化 45
   3.4.6 絞り変化 47
   3.5 混合気体 47
   3.5.1 混合気体の性質 47
   3.5.2 閉じた系の気体の混合 51
   3.5.3 開いた系の気体の混合 52
第4章 熱力学の第2法則 55
   4.1 自然現象の変化の方向と熱力学の第2法則 55
   4.2 サイクル 57
   4.3 カルノーサイクル 60
   4.4 カルノーの定理 62
   4.5 エントロピー 64
   4.5.1 クラウジウスの積分とエントロピーの導入 64
   4.5.2 不可逆過程におけるエントロピーの変化 66
   4.5.3 エントロピーの性質 67
   4.5.4 エントロピーの計算 68
   4.6 温度-エントロピー線図 74
第5章 エクセルギー 77
   5.1 エネルギーの質的評価とエクセルギー 77
   5.2 閉じた系のエクセルギー 79
   5.3 開いた系のエクセルギー 81
   5.4 最大仕事と最小仕事 84
   5.5 エクセルギーの損失 85
   5.6 エクセルギー効率 87
第6章 蒸気 91
   6.1 蒸気の性質 91
   6.2 蒸気表および蒸気線図 94
   6.2.1 蒸気表 94
   6.2.2 蒸気線図 95
   6.3 蒸気の状態変化 97
   6.3.1 等圧変化 97
   6.3.2 等積変化 98
   6.3.3 等温変化 99
   6.3.4 可逆断熱変化 100
   6.3.5 絞り変化 101
第7章 熱力学の一般関係式 105
   7.1 基礎的関係式 105
   7.2 Maxwellの関係式 106
   7.3 比熱に関する関係式 108
   7.4 内部エネルギー,エンタルピーおよびエントロピーに関する関係式 110
   7.5 ジュール・トムソン効果 111
   7.6 クラペイロン・クラウジウスの式 113
   7.7 相律 115
   7.8 状態式 115
   7.8.1 ファン・デル・ワールスの式 115
   7.8.2 実用状態式 118
第8章 燃焼 119
   8.1 燃焼過程 119
   8.2 化合物の反応熱,標準生成エンタルピーおよび標準生成エントロピー 121
   8.3 化学平衡 125
   8.3.1 平衡の条件と平衡定数(その1) 125
   8.3.2 平衡の条件と平衡定数(その2) 126
   8.3.3 平衡濃度と温度 128
   8.4 燃焼におけるエクセルギー 131
   8.4.1 燃料のエクセルギー 131
   8.4.2 燃焼ガスのエクセルギー 133
   8.4.3 エクセルギー損失の低減 134
第9章 燃料電池 137
   9.1 電池構造と作動原理 137
   9.2 燃料電池の分類 140
   9.3 燃料電池とエクセルギー 142
   9.3.1 化学反応のエクセルギー 142
   9.3.2 燃料電池のエクセルギー 143
   9.4 燃料電池の熱効率 144
   9.4.1 理論熱効率 144
   9.4.2 実際の熱効率 146
第10章ガス動力サイクル 149
   10.1 ピストンエンジンのサイクル 149
   10.1.1 オットーサイクル 150
   10.1.2 ディーゼルサイクル 152
   10.1.3 サバテサイクル 154
   10.1.4 スターリングサイクル 155
   10.2 ガスタービンサイクル 157
   10.2.1 ブレイトンサイクル 157
   10.2.2 タービンおよび圧縮機の不可逆損失の影響 159
   10.2.3 再生ガスタービンサイクル 161
   10.2.4 再生再熱中間冷却ガスタービンサイクル 162
   10.2.5 エリクソンサイクル 164
   10.2.6 ジェットエンジンサイクル 165
第11章蒸気動力サイクル 169
   11.1 ランキンサイクル 169
   11.2 再熱ランキンサイクル 172
   11.3 再生ランキンサイクル 173
   11.3.1 混合給水加熱型再生サイクル 173
   11.3.2 表面給水加熱器型再生サイクル 175
   11.4 再熱再生ランキンサイクル 176
   11.5 コンバインドサイクル 177
   11.6 コジェネレーション 179
第12章冷凍サイクルと空気調和 181
   12.1 冷凍の原理 181
   12.2 冷凍サイクル 182
   12.2.1 蒸気圧縮冷凍サイクル 182
   12.2.2 吸収冷凍サイクル 184
   12.2.3 空気冷凍サイクル 186
   12.2.4 ガスの液化サイクル 187
   12.3 空気調和 188
   12.3.1 湿り空気の性質 188
   12.3.2 湿り空気の諸量 191
   12.3.3 湿り空気の状態変化 192
第13章気体の流動 197
   131 流動の基礎方程式 197
   13.1.1 質量保存の式 197
   13.1.2 運動量保存の式 197
   13.1.3 エネルギー保存の式 199
   13.2.1 全状態量 199
   13.2.2 音速 200
   13.2.3 衝撃波 201
   13.3 ノズルとディフューザ 204
   13.4 ノズル内の流れ 206
   13.4.1 先細ノズル内の等エントロピー流れ 206
   13.4.2 先細末広ノズル内の等エントロピー流れ 210
   13.5 摩擦のあるノズル内流れ 211
演習問題解答 215
付表 225
教科書・参考書 229
索引 231
第1章 熱力学の基礎事項 1
   1.1 熱力学とは 1
   1.2 系 3
9.

Book

Book
渡部一郎著
Published: 東京 : 共立出版, 1975.11  146p ; 20cm
Series: 機械工学講座 ; 17
Holdings: loading…
10.

Book

Book
Irving M.Klotz著 ; 島田章訳
Published: 東京 : 共立出版, 1970.3  4, 2, 106, 4p ; 22cm
Series: モダンバイオロジーシリーズ ; 12
Holdings: loading…
The copy of document and a request of loan are performed.
 Order Photocopies and Interlibrary Loan