close
1.

図書

図書
廣瀬通孝著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.5  xii, 226p ; 19cm
シリーズ名: 双書科学/技術のゆくえ
所蔵情報: loading…
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
佐々木毅, 金泰昌編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2002.6  ix, 346p ; 22cm
シリーズ名: 公共哲学 / 佐々木毅, 金泰昌編 ; 9
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに (宇井 純) i
発題I コモンズと地球環境(石 弘之) 1
   1.「環境」という考えの歴史的変遷 1
   2.自然保護の時代 2
   3.環境の時代 3
   4.エコロジーの時代 5
   5.環境と公共性 6
   6.環境革命の背景 7
   7.環境保護の理論モデル 9
   8.コモンズについて 10
   9.人類を主体とする共存性へ 12
   発題Iを受けての討論 14
発題II 地球温暖化と倫理 (宇沢 弘文) 33
   1.コモンズの管理 33
   2.社会的共通資本 36
   3.スミス,ミル,ヴェブレン 37
   4.地球温暖化防止京都会議議定書の問題点 40
   5.比例的炭素税 43
   6.地球温暖化問題への取り組み 44
   発題IIを受けての討論 46
発題III 将来世代から見た資源・環境の公共性 (原田 憲一) 59
   はじめに 59
   1.生態系成立の基盤 60
   2.生命の循環と物質循環 63
   3.有限な資源 67
   4.将来世代・環境問題・技術 69
   5.西洋近代科学の問題点 72
   おわりに 76
   発題IIIを受けての討論 76
総合討論I コーディネーター:(金 泰昌) 97
   管理型公共性と市民型公共性
   下水道やごみ処理のケース
   家屋保存のケース
   森林生態系保護地域と歴史的景観保存地区のケース
   宇宙は資源か聖域か
   聖なるものとしてのコモンズと将来世代
   将来世代に違反する犯罪
発題IV"公害"と公共性 (宇井 純) 113
   はじめに 113
   1.「公益を害するもの」 114
   2.絶対的損失 116
   3."公害"と公共性 117
   4.拝金思想の幤害 118
   おわりに:工業の農業化 121
   発題IV を受けての討論 121
発題V オゾン層の破壞と地球 (近藤 豊) 135
   はじめに 135
   1.オゾンの形成と破壞のメカニズム 136
   2.オゾンの変動のメカニズム 139
   3.地球環境問題のモデルとしてのフロン規制 143
   4.地球温暖化問題 145
   5.人間活動による地球へのインパクト 148
   6.地球環境問題と科学者の課題 154
発題VI 環境法と公私問題 (森嶌 昭夫) 167
   はじめに 167
   1.権利体系としての法:環境法を中心に 168
   2.環境権と市民参加 174
   3.地球環境問題と地球益 178
   4.グラスルーツによる監視 179
   発題VIを受けての討論 180
総合討論II コーディネーター:(金 泰昌) 193
   司法の役割・市民の役割
   環境問題へのアプローチ
   環境問題に取り組むローカル性
   美学的公共性
   日本の環境問題の特異性
   「公害」の犯罪性
   バイオ・リージョナリズム
   エコロジカルな公共性と公私
   自然環境・エコロジー公共性
   環境問題と国際政治と国家
   公共性の法的枠組み
   公・私・共
   東西にみる自然観
   「人鬼相争の機械空間」と「天地生生の時空間」
発題VII 環境倫理と公私問題 (鬼頭 秀一) 221
   はじめに 221
   1.環境倫理における公私問題の諸相 227
   2.環境倫理概念の転換の中で 231
   3.開発と環境保護の狭間の中における環境倫理の意味 233
   4.レファレンスとしての環境の倫理 238
   発題VIIを受けての討論 241
発題VIII 地球環境・生命倫理・公私問題 (米本 昌平) 255
   はじめに 255
   1.地球環境問題と国際政治 256
   2.冷戦解体後の科学技術政策 260
   3.生命倫理と国家 261
   4.「内なる自然」のポリティックス 265
   発題VIIIを受けての討論 260
発題IX 環境的公共性の理念形成 (桑子 敏雄) 283
   1.「価値構造」から身体論・空間論へ 283
   2.言説的行為の空間と身体的行為の空間 286
   3.思想的資源から 289
   4.「履歴をもつ空間での身体の配置」 293
   5.環境的公共性 295
   発題IXを受けての討論 299
発展協議 コーディネーター:(金 泰昌) 309
   環境技術の実践例
   柳川と水俣から
   痛みの身体論
   「共に痛む」
   理境哲学の可能性
   コンパッション
   「時空間の履歴」と「所持」
   地球環境と公共哲学
   「市民の科学」へ
おわりに (金 泰昌) 335
はじめに (宇井 純) i
発題I コモンズと地球環境(石 弘之) 1
   1.「環境」という考えの歴史的変遷 1
3.

図書

図書
津田一郎著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.3  vii, 178p ; 19cm
シリーズ名: 双書科学/技術のゆくえ
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
佐々木毅, 金泰昌編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2002.4  xi, 397p ; 22cm
シリーズ名: 公共哲学 / 佐々木毅, 金泰昌編 ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに(今田 高俊) i
発題I NPOと新しい公共性(長谷川公一) 1
   1.パブリックの観念の変化 1
   2.21世紀の三イメージ 3
   3.社会秩序の四象限 5
   4.フリーライダー問題 7
   5.マクロ的な背景 8
   6.古い公共性と新しい公共性 11
   7.日本のNPOの課題 14
   発題Iを受けての討論 17
総合討論I(コーディネーター:今田 高俊) 29
   「新しい公共性」と中間集団
   ニュー・プロフェッショナル・オーガニゼーション
   プロフェッショントエキスパート
   NGO・NPOとプロフェッショナリズム
   媒介集団と公共性
   NPOのアカウンタビリティ
   NPOの可能性
   発展協議I(コーディネーター:金 泰昌) 51
   「新しい公共性」のために
   NPOを評価する
   公共哲学のプロトタイプ
   日本発の公共哲学を
   日本のボランティア活動のルーツ
発題II 少子高齢化と支え合う福祉社会(金子 勇) 65
   はじめに 65
   1.内圧としての少子社会 65
   2.高齢社会と高齢者 75
   3.「公私問題」のための補助線 79
   4.支え合う福祉社会 82
   5.支援学と「私・互・共・公・商」 86
   発題IIを受けての討論 90
発題III 家族と世代から見た公共性(今田 高俊) 111
   1.家族の受難と世代への視点 111
   2.家族のゲゼルシャフト化 113
   3.世代継承を考え直す 121
   4.世代サイクルと公共性 126
   おありに 130
   発題IIIを受けての討論 131
総合論論II(コーディネーター:今田 高俊) 145
   官民公私論のローカル展開
   少子高齢化社会・家族・公共性
   一人NGOと共同・共和
   家族は中間集団か
   世代継承性と「新しい公共性」
   他者体験・公共体験
   私的空間としての家族の公共性
   中間集団の可能性
   家族と中間集団
   世代・世代生成・公共性
発題IV きびしい拘束下で多様性を生きる社会(塩原 勉) 169
   1.21世紀のキーワード 169
   2.開放性・異質性・多様性 171
   3.社会結合の強度 172
   4.社会結合の形態のシフト:重心移行 174
   5.二つの課題 175
   6.そのための重要な論点 176
   発題IVを受けての討論 180
発題V ボランタリー・セクターと社会システムの変革(佐藤 慶幸) 193
   はじめに:図表の説明 193
   1.歴史的考察:アメリカ合衆国のおけるボランタリーあるいはNPOセクター 197
   2.「社会経済」の復権:アソシェーションとしての非営利協同経済 206
   3.アソシエーションの原理 212
   4.官僚制からアソシエーションへの回帰:スウェーデンの事例 216
   5.将来への展望:日本社会の可能性 219
   発題Vを受けての討論 224
発題VI ボランタリーな行為と社会秩序(鳥越 皓之) 231
   はじめに 231
   1.ボランタリーな行為と公共性 232
   2.ボランタリーな行為 235
   3.国民国家を超えるボランタリーセクターの成立と意味 241
   発題VIを受けての討論 245
総合討論III(コーディネーター:今田 高俊) 259
   ケア・エンパワーメント・サポート
   ボランティア活動と国家
   ホモ・ボルンタス
   グローカルな視点
   「作法」ということ
   「同の論理」の問題性
   社会的交換の互酬性
発題VII NPOが開く公共性(安立 清史) 293
   福祉NPOの展開と課題
   はじめに 293
   1.福祉NPOの展開 293
   2.NPOが開く公共性:AARP(全米退職者協会)の事例から 295
   3.NPOの可能性と課題 302
   4.NPOは社会を変える 304
   発題VIIを受けての討論 307
総合討論IV(コーディネーター:金 泰昌) 321
   ボランティア組織と透明性
   ニュー・プロフェッショナル・オーガコゼーション
   NPOと公共性と市場経済
   ボランティア経済の可能性
   市場の原理とボランタリーの原理
発展協議II(コーディネーター:金 泰昌) 333
   「永遠の仕切り直し」を超えて
   ボランティア行為の目的
   ボランタリーと自他関係
   ケアの問題
   自律・他律・互律
   世間・社会・アソシエーション
   市民社会とボランタリー・アソシエーション
   人間の位相
   ボランタリーへの視点
   生協の事例
   人間観
   公共民・公共民組織・公共意識
   ボランティアと日本の風土
   ボランティアと他者意識
おわりに(金 泰昌) 375
はじめに(今田 高俊) i
発題I NPOと新しい公共性(長谷川公一) 1
   1.パブリックの観念の変化 1
5.

図書

図書
ウェンディ・バーナビー著 ; 楡井浩一訳
出版情報: 東京 : 日本放送出版協会, 2002.4  235, xviip ; 20cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
渡辺千仭編
出版情報: 東京 : 日科技連出版社, 2001.11  vii, 284p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに iii
第I部 技術革新の計量分析の基礎 1
第1章 技術革新論の系譜 2
   1.1 技術革新論の今日的意義 2
   1.2 技術革新論の概念 3
   1.3 技術革新論の発展 5
第2章 技術革新の計量分析 7
   2.1 成長モデル 7
   2.2 生産性・競争力 7
   2.3 技術革新の計量分析の基本 15
第3章 技術革新の発展分析 25
   3.1 技術の普及 25
   3.2 学習効果 30
   3.3 技術のスピルオーバー 34
   3.4 研究開発投資のリターン 40
   3.5 産業技術政策・技術経営戦略 51
参考文献 60
第II部 国民経済分析に基づいたデータの構築 65
第1章 データ構築の目的 66
   1.1 データ構築の意義 66
   1.2 データ構築の基本フレーム 66
第2章 データ構築 72
   2.1 基本分析データ 72
   2.2 発展分析データ 78
第3章 基本的な計量分析 91
   3.1 成長における労働・資本・技術進歩の計測 91
   3.2 潜在成長率 95
   3.3 生産要素の代替・補完 100
   3.4 情報化の経済への影響 105
参考文献 117
第III部 実際的計量分析事例 119
第1章 技術の伝播に関する実証分析 120
   1.1 はじめに 120
   1.2 分析手法 121
   1.3 分析結果とその評価 128
   1.4 結論 135
第2章 学習効果に関する実証分析 136
   2.1 はじめに 136
   2.2 分析の枠組み 138
   2.3 太陽電池開発への業際的な広範な取り組み 140
   2.4 学習効果と企業間の技術スピルオーバー 146
   2.5 研究開発・市場拡大・学習・価格低下の間の好循環サイクル 154
   2.6 結論 157
第3章 スピルオーバー技術に関する実証分析 158
   3.1 はじめに 158
   3.2 実証分析 159
   3.3 分析結果とその評価 163
   3.4 結論 172
第4章 研究開発投資のリターンに関する実証分析 174
   4.1 はじめに 174
   4.2 分析手法 181
   4.3 分析結果とその評価 189
   4.4 結論 203
第5章 産業技術政策に関する実証分析 205
   5.1 はじめに 205
   5.2 政府主導研究開発コンソーシアムのシステム評価 207
   5.3 分析手法 211
   5.4 分析結果 216
   5.5 結論 227
参考文献 230
付録 235
   データ構築に関する補足 235
   データ一覧 248
索引 281
はじめに iii
第I部 技術革新の計量分析の基礎 1
第1章 技術革新論の系譜 2
7.

図書

図書
矢原一郎著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.1  xxiii, 207p ; 19cm
シリーズ名: 双書科学/技術のゆくえ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
神話と科学
生物の論理
生物を作り上げるプログラム
免疫の論理
合目的性の世界
分子シャペロン
神話と科学
生物の論理
生物を作り上げるプログラム
8.

図書

図書
David E. Newton, Neil Schlager, Kelle Sisung, editors
出版情報: Detroit : UXL, c2001  2 v. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Reader's Guide
Advisory Board
Chronology
Words to Know
Life Science / Volume 1:
Chapter Contents
Overview
Essays
Johann Blumenbach and the Classification of Human Races
Advances in Cell Theory
Birth of the Agricultural Sciences
Gregor Mendel Discovers the Basic Laws of Heredity
Thomas Malthus and the Study of Population
Charles Darwin's Theory of Evolution
Social Darwinism
Louis Pasteur and the Germ Theory
The Popularization of Science
Neanderthals and the Search for Human Ancestors
Biographies
John James Laforest Audubon
Spencer Fullerton Baird
Ernst Haeckel
Thomas Henry Huxley
Ida Henrietta Hyde
Matthew Fontaine Maury
Lorenz Oken
Alfred Russel Wallace
Brief Biographies
Research and Activity Ideas
For More Information
Medicine / Chapter 2:
The Development of New Systems of Alternative Medicine
Advances in Surgical Techniques
The Battle against Tuberculosis
Nineteenth Century Biological Theories about Race
Medical Beliefs about Women
Establishment of Schools for Individuals with Special Needs
Nineteenth-Century Advances in Dentistry
Advances in the Treatment of Mental Illness
Developments in Military Medicine
The Rise of Tropical Medicine
Creation of the Public Health System
Koch's Postulates Are Used to Identify Diseases
Clara Barton
William Beaumont
Elizabeth Blackwell
Paul Ehrlich
Sigmund Freud
Shibasaburo Kitasato
Charles Louis Alphonse Laveran
Florence Nightingale
William Osler
Philippe Pinel
Wilhelm Konrad Roentgen
Ignaz Phillip Semmelweis
For more Information
Index
Mathematics / Volume 2:
Early Attempts to Formulate a Mathematical Theory of Electricity
Developments in Mathematics Education
Advances in the Mathematics of Logic
The Rise of Probability Theory
Charles Babbage
George Boole
Augustin-Louis Cauchy
Jean-Baptiste Joseph Fourier
Evariste Galois
Carl Friedrich Gauss
Sophie Germain
Felix Klein
Pierre-Simon Laplace
Nikolai Ivanovich Lobachevsky
Jules-Henri Poincare
Physical Science / Chapter 4:
Development of the Concept of Energy
Nineteenth-Century Advances in Electromagnetic Theory
Finding Order among the Elements: The Periodic Table
Lord Rayleigh's Theory of Sound
Discovery of Radioactivity
Discovery of the Inert Gases
Heinrich Hertz Discovers Radio Waves
Charles Lyell Popularizes the Principle of Uniformitarianism
Developments in Electrochemistry
Discovery of Ice Ages
Jean Louis Rodolphe Agassiz
Friedrich Wilhelm Bessel
Marie Curie
John Dalton
Michael Faraday
Joseph Louis Gay-Lussac
Josiah Willard Gibbs
Joseph Henry
Caroline Lucretia Herschel
Charles Lyell
James Clerk Maxwell
Technology and Invention / Chapter 5:
The Horseless Carriage: Invention of the First Automobiles
Revolutions in the Publishing Industry
Instant Messaging: The Invention of the Telegraph
Alexander Graham Bell Invents the Telephone
Capturing Life on Screen: The Invention of Motion Pictures
Electricity Powers the Nineteenth Century
The Steam-Powered Locomotive Transforms Transportation
The Mechanization of Textile Weaving
Progress in Food Preservation
Advances in the Chemistry of Explosives
Charles Goodyear Invents the Process of Vulcanization
Nicolas Appert
Alexander Graham Bell
Karl Friedrich Benz
Henry Bessemer
Augusta Ada Byron, Countess of Lovelace
Thomas Alva Edison
Margaret E. Knight
Cyrus Hall McCormick
Norbert Rillieux
Isaac Merrit Singer
Reader's Guide
Advisory Board
Chronology
9.

図書

図書
ケヴィン・デイヴィーズ著 ; 中村友子訳
出版情報: 東京 : 日本経済新聞社, 2001.7  390p ; 20cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
舩橋晴俊編
出版情報: 東京 : 有斐閣, 2001.7  xiii, 271p ; 22cm
シリーズ名: 講座環境社会学 / 飯島伸子 [ほか] 編 ; 第2巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
環境問題解決過程の社会学的解明 / 舩橋晴俊 [執筆]
公害の社会史 : 足尾鉱毒事件を中心として / 菅井益郎 [執筆]
公害被害者の生活経験と被害者運動 : 新潟水俣病の事例より / 堀田恭子 [執筆]
地域開発と地域環境問題 : 沖縄の地域開発の展開と環境問題 / 鵜飼照喜 [執筆]
河川行政と環境問題 : 行政による「公共性の独占」とその対抗運動 / 田中滋 [執筆]
公共事業をめぐる対話のメカニズム : 長良川河口堰問題を事例として / 足立重和 [執筆]
地域環境問題をめぐる"状況の定義のズレ"と"社会的コンテクスト" : 滋賀県における石けん運動をもとに / 脇田健一 [執筆]
日常生活と環境問題 : リサイクルの日米比較 / 谷口吉光 [執筆]
産業廃棄物問題 : 香川県豊島事件の教訓 / 藤川賢 [執筆]
環境問題解決過程の社会学的解明 / 舩橋晴俊 [執筆]
公害の社会史 : 足尾鉱毒事件を中心として / 菅井益郎 [執筆]
公害被害者の生活経験と被害者運動 : 新潟水俣病の事例より / 堀田恭子 [執筆]
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼