close
1.

図書

図書
山中信彦著
出版情報: 東京 : 明石書店, 2011.3  308p ; 19cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
川口良, 角田史幸著
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 2010.2  6, 207p ; 19cm
シリーズ名: 歴史文化ライブラリー ; 290
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
NHKアナウンス室編
出版情報: 東京 : NHK出版, 2013.5  379p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
誤読 : &
誤用ワースト110
間違いやすい表現116
政治・経済でよく使われる日本語98
事件報道でよく使われる日本語69
間違いやすい地名・名所・名産品39
スポーツでよく使われる日本語28
気象・暦でよく使われる日本語103
医療・人体に関する日本語57
仕事・職業に関する日本語135
風習・年中行事に関する日本語146〔ほか〕
誤読 : &
誤用ワースト110
間違いやすい表現116
概要: 「一段落」「他人事」「奇しくも」「施行」「施策」「神々しい」「3階」「乱高下」「法の下の平等」「身を粉にして」「首長」「紅葉狩り」「素読」「上意下達」...「たぶん、こんな読み方だったはず」—その思い込みが間違いを起こす。難読の漢字、誤用・ 誤読しがちなことば3300語を収載! 続きを見る
4.

図書

図書
武田徹著
出版情報: 東京 : 晶文社, 2016.11  291p ; 19cm
シリーズ名: 犀の教室
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : 日本語は批評やジャーナリズムの道具となりえるか
2 : 命題がたてられない—森有正の日本語論
3 : 論理的なのか、非文法的なのか—本多勝一の日本語論
4 : 「である」ことと「する」こと—佐野眞一、丸山真男、荻生徂徠
5 : 国語とジャーナリズム
6 : 無署名性言語システムの呪縛—玉木明のジャーナリズム言語論
7 : 中立公正の理念とジャーナリズムの産業化—大宅壮一と清水幾太郎
8 : 「うち」の外へ、日本語の外へ—片岡義男の日本語論
1 : 日本語は批評やジャーナリズムの道具となりえるか
2 : 命題がたてられない—森有正の日本語論
3 : 論理的なのか、非文法的なのか—本多勝一の日本語論
概要: 学生時代から思考の元のところで、ずっと気になっていた日本語の構造とジャーナリズムの問題。日本語はジャーナリズムに適した言葉なのか?日本語の構造については、森有正、丸山真男、本多勝一、大宅壮一、清水幾太郎、佐野眞一、片岡義男など、多くの論者が 挑んできた。明治期の新聞がどのように口語体になったか。言語学者、文法学者は日本語をどのように考えてきたのか。戦後、大本営発表のような報道を繰り返さないために、新聞はどのような文体を選んだか。何を伝えるかではなく、どのように伝えるか、日本語から考えるジャーナリズム論にして、日本文化論。 続きを見る
5.

図書

図書
池澤夏樹編
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2016.8  524p ; 20cm
シリーズ名: 日本文学全集 / 池澤夏樹編 ; 30
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : 古代の文体
2 : 漢詩と漢文
3 : 仏教の文体
4 : キリスト教の文体
5 : 琉球語
6 : アイヌ語
7 : 音韻と表記
8 : 現代語の語彙と文体
9 : 政治の言葉
10 : 日本語の性格
1 : 古代の文体
2 : 漢詩と漢文
3 : 仏教の文体
概要: 日本全土の地理的な広がりを背景に生まれた、日本語・漢語・アイヌ語・琉球語といった多種多様な「日本語」のサンプルと論を、古代から現代まで、時代を超えて収録。古代に生まれた祝詞から、仏教やキリスト教の言葉、琉歌、いろはうた、辞書の言葉、また「ハ ムレット」や「マタイによる福音書」の翻訳比較、日本国憲法などを手がかりに、「日本語」そのものの成り立ちと性質を明らかにする。祝詞「六月晦大祓」(池澤夏樹・訳)、「ハムレット第三幕第一場」(岡田利規・訳)、「終戦の詔書」(高橋源一郎・訳)は新訳で収録。かつてない視点による画期的アンソロジー。 続きを見る
6.

図書

図書
高橋秀実著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2015.11  268p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
いま
うそ
えー
きく
ちょっと
ちがう
っていうか
なに
意見
リスク
社会
普通
適当
論理的
存在
才能
出世
景気
健康
秘密
つかれ
つまらない
スッキリ
すみません
すき
こころ
しあわせ
バカ
日本
いま
うそ
概要: 「普通」って何?「ちょっと」って何?読めば読むほど、日本語がわからなくなる。
7.

図書

図書
倉本美津留編著
出版情報: 東京 : 朝日出版社, 2015.12  369p ; 18cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
大げさ表現語
お得読み漢字
お言葉・御の字
両立熟語
言葉の漫才師
並べ術
ビジュアル言葉
同音言葉多入り短文
日英ことわざ・慣用句オモシロ比較
おかしな名前つけられて
言葉の街角
淋しい森林
勢い書き順
ややこしい!言葉
ピラミッド漢字
漢字の新しい覚え方
比喩表現の夕べ
外国の偉人に漢字の名前を〔ほか〕
大げさ表現語
お得読み漢字
お言葉・御の字
概要: 当たり前の日本語こそ宝の山である。NHK Eテレ『シャキーン!』などを手がける放送作家が編み出した—「日本語の面白さ」に出会える発想のヒント満載の画期的辞典!
8.

図書

図書
沖ななも著
出版情報: 東京 : 北冬舎, 2013.8  217p ; 20cm
シリーズ名: 熾叢書 ; no. 59
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
島津暢之著
出版情報: 東京 : 宝島社, 2015.7  221p ; 18cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 注意したい言い間違い・書き間違い : 不要な言葉を加えてしまう間違い
足したら変になった間違い ほか
第2章 意味の取り違え・勘違い : 似た意味の言葉と混同した失敗
気を付けたい初歩的な失敗 ほか
第3章 言葉の結びつき・使い方の誤り : 前の名詞を取り違える誤用
もう一工夫が必要な誤用 ほか
第4章 漢字の読み間違い・書き間違い : 基本的な言葉の読み間違い
やや難しい言葉の読み間違い ほか
第5章 こんな言葉遣いも知っておこう : すっかりなじんだ新用法
浸透している新用法 ほか
第6章 新しい言葉も覚えよう : すっかりおなじみの新語
波及していく新語 ほか
第1章 注意したい言い間違い・書き間違い : 不要な言葉を加えてしまう間違い
足したら変になった間違い ほか
第2章 意味の取り違え・勘違い : 似た意味の言葉と混同した失敗
概要: 日本語のプロが○×で教える言葉の落とし穴。勘違いして使っていませんか?→×痛ぶる→○甚振る、×焼けぼっくりに火がつく→○焼けぼっくいに火がつく、×おもてなす→○もてなす、×さい悩まされる→○さいなまれる、×議論が空回る→○議論が空回りする、 ×満天の星空を見に行こう→○満天の星を見に行こう、×よく熟(う)れた味噌→○よく熟(な)れた味噌...etc.例文付きで間違いが一目でわかる!テレビやネットで話題となった新語、新用法も解説。 続きを見る
10.

図書

図書
外山滋比古著
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2014.11  208p ; 18cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 基本は「聴く」 : 詩人の講演
馬耳東風 ほか
2 慎重に「見る」 : 目の判断のあやうさ
未来は見えるか ほか
3 日本語の特性 : 言文別途
俳句世界 ほか
4 自家製の日本語 : 敬語はひとのためならず
偶然の発見 ほか
1 基本は「聴く」 : 詩人の講演
馬耳東風 ほか
2 慎重に「見る」 : 目の判断のあやうさ
概要: 「耳で考える」とはどういうことか?新しいアイディアを生み出すには耳学問こそ重要だ—「上手なスピーチ」「講義を聴くコツ」など、日常で役立つヒントも満載。
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼