close
1.

図書

図書
野村重信, 福田康明, 仁科健共著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2002.10  viii, 190p ; 21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
布施隆一著
出版情報: 東京 : オーク出版サービス, 2002.10  266p ; 21cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
矢野宏編集主査
出版情報: 東京 : 日本規格協会, 2001.6  xii, 462p ; 21cm
シリーズ名: 品質工学応用講座
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
飯塚悦功著 ; 超ISO企業研究会編
出版情報: 東京 : 日本規格協会, 2005.7  119p ; 21cm
シリーズ名: 超ISO企業実践シリーズ ; 1 . 総論||ソウロン
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
シリーズ発刊にあたって 3
まえがき 5
第1章 超ISO企業 11
第2章 ISO9000の基礎知識
   2.1 国際規格の開発 13
   (1) 規格開発の組織 13
   (2) 規格審議プロセス 14
   2.2 ISO9000ファミリー規格 15
   (1) QMS規格 15
   (2) ISO9000ファミリー2000年版 15
   (3) コンシステントペア 16
   2.3 ISO9001 16
   (1) ISO9001の要求事項の内容 16
   (2) ISO9001の理解のために 18
   (3) 品質マネジメント原則 19
   2.4 ISO9000現象 20
   2.5 QMS審査登録制度 21
   (1) 第三者機関によるQMSの評価 21
   (2) QMS審査登録制度の枠組み 22
   (3) 審査の方法 24
   (4) 審査登録制度が経営に与える影響 25
第3章 ISO9000の有効活用
   3.1 有効活用とは何か 27
   3.2 ISO9000の本質の理解 28
   (1) 管理システムの評価 29
   (2) 民間の第三者機関による評価 31
   (3) 適合性評価 32
   (4) 任意の制度 33
   (5) 品質保証+a 34
   (6) 計画どおりの実施 37
   (7) 管理スパンの限定 38
   3.3 組織の目的達成のための有効活用 40
   3.3.1 QMS基盤の確立 40
   (1) 基本動作の徹底 40
   (2) QMSの維持(継続的な見直し) 41
   (3) 外圧の活用 41
   3.3.2 国際的組織への脱皮 42
   (1) QMSの国際モデル 42
   (2) 責任・権限の明確化 42
   (3) 文書によるコミュニケーション 43
   3.3.3 2000年版の特徴の活用 44
   (1) 顧客満足 44
   (2) 継続的改善 47
   (3) プロセスアプローチ 49
第4章 ISO9000からのファースト・ステップ
   4.1 ISO9001モデルからのステップアップ 53
   (1) ISO9000は取ったけれど 53
   (2) ISO9000の限界 53
   (3) TQMへのステップアップ 56
   4.2 TQM 56
   (1) TQMの全体像 56
   (2) TQMの特徴 58
   (3) ISO9000からTQMへの道 59
   4.3 ISO9000からTQMへのステップアップの視点 62
   (1) 品質システムの目的の拡大 64
   (2) 品質活動のレベルアップ 66
   (3) 管理の考え方・方法・システムのレベルアップ 66
   (4) 改善の方法のレベルアップ 67
   4.4 ISO9000からTQMへの発展モデル 69
   4.5 TQMへのファースト・ステップ 70
第5章 競争優位のためのQMS構築
   5.1 競争優位要因 73
   (1) 成功する組織の共通点 73
   (2) コアコンピタンス 74
   (3) 競争優位要因 75
   (4) 競争優位要因の例 76
   (5) 二つの企業で 76
   5.2 競争優位を実現するQMSの構築 79
   (1) 競争力という視点での品質の考察 79
   (2) 競争優位のためのQMS構築 79
   5.3 持続可能な成功の指針 81
   (1) 二つのTR(標準報告書) 81
   (2) 持続可能な成功 82
   (3) 事業戦略実現のためのQMSの構築 83
   (4) 質マネジメントの12原則 85
   (5) 価値創出の成熟度レベル 87
付表 ISO9000からTQMへのファースト・ステップ発展表 89
索引 113
あとがき 117
シリーズ発刊にあたって 3
まえがき 5
第1章 超ISO企業 11
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
住本守著 ; 超ISO企業研究会編
出版情報: 東京 : 日本規格協会, 2005.7  83p ; 21cm
シリーズ名: 超ISO企業実践シリーズ ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
シリーズ発刊にあたって 3
まえがき 5
第1章 ISO9000の概要
   1.1 最も売れた国際規格 9
   1.2 誰がISO9001を作ったか 10
   1.3 ISO9000ファミリー2000年版 11
第2章 ISO9001の要求事項
   2.1 概要 15
   序文 16
   1. 適用範囲 17
   2. 引用規格 及び 3. 定義 18
   4. 品質マネジメントシステム 18
   5. 経営者の責任 20
   6. 資源の運用管理 21
   7. 製品実現 22
   8. 測定,分析及び改善 22
   2.2 特徴 23
   (1) マネジメントシステム規格 23
   (2) 製品に対する要求事項 24
   (3) 顧客満足 26
   (4) プロセスアプローチ 27
   (5) 継続的改善 28
第3章 ISO9001の有効活用
   3.1 QMSの有効活用の目的と問題の明確化 32
   (1) 製品に関するギャップ 33
   (2) QMSの運営に関するギャップ 34
   3.2 QMSの有効活用に向けての基本ステップ 36
   ステップ1 37
   (1) 有効活用のターゲットを明確にする 37
   ステップ2 39
   (2) 問題を認識し改善活動の対象を絞る 39
   ステップ3 41
   (3) QMSを正しく運用できるよう,品質及びQMSの改善を図る 41
   ステップ4 43
   (4) 経営トップのリーダーシップと品質重視の企業文化を育てる 43
   3.3 QMSの有効活用への具体的なアプローチの例 44
   (1) QMSが完全ではない 44
   (2) QMSの運用に問題がある 47
   (3) QMSが継続的に改善されていない 49
第4章 ISO9001の審査登録
   4.1 審査登録の現状 53
   4.2 審査登録の仕組みとルール 55
   4.3 組織にとっての審査登録の意味 57
付表 品質マネジメントの8原則の概要と質問事項 61
付録 ISOの概要 71
参考文献 79
索引 81
シリーズ発刊にあたって 3
まえがき 5
第1章 ISO9000の概要
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
福丸典芳著 ; 超ISO企業研究会編
出版情報: 東京 : 日本規格協会, 2005.7  129p ; 21cm
シリーズ名: 超ISO企業実践シリーズ ; 5 . 経営課題||ケイエイ カダイ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
シリーズ発刊にあたって 3
まえがき 5
プロローグ
   はじめに 9
   A社と登場人物の紹介 10
   社長の抱える悩み 11
   QMSの有効性の継続的な改善のための基本ステップ 14
第1章 QMSの有効性を継続的に改善するための実践事項と事例
   ステップ1
   1.1 形式的な是正処置を抜本的に改善する 17
   (1) 是正処置の意図を理解する 17
   (2) 是正処置の手順を改善する 22
   (3) A社での是正処置改善事例に学ぶ 25
   ステップ2
   1.2 攻めの品質管理を行うために,予防処置でリスクを低減する 28
   (1) 予防処置の意図を理解する 29
   (2) 予防処置の手順を改善する 33
   (3) A社での予防処置改善事例に学ぶ 36
   ステップ3
   1.3 プロセスを有効なものに改善し,パフォーマンスを向上させる 40
   (1) プロセスの設計法を理解する 42
   (2) プロセス機能展開法を実施する 45
   (3) A社でのプロセス機能展開事例に学ぶ 54
   ステップ4
   1.4 適合性評価から有効性評価を行える内部監査にする 65
   (1) 内部監査の意図を理解する 66
   (2) 内部監査の手順を改善する 76
   (3) A社での内部監査改善事例に学ぶ 76
   ステップ5
   1.5 マネジメントレビューを経営活動に整合させる 82
   (1) トップマネジメントの行動力を高める 85
   (2) マネジメントレビューの意図を理解する 86
   (3) マネジメントレビューの方法を改善する 87
   (4) A社でのマネジメントレビュー改善事例に学ぶ 88
   ステップ6
   1.6 QMSのパフォーマンスを向上させるために自己評価を取り入れる 91
   (1) QMS自己評価の特徴を理解する 95
   (2) QMS自己評価の考え方を理解する 99
   (3) QMS自己評価を実施する 107
   (4) A社でのQMS自己評価事例に学ぶ 111
第2章 経営者及び管理者の役割 121
第3章 自己診断チェックシート 123
エピローグ 125
参考文献 126
索引 127
シリーズ発刊にあたって 3
まえがき 5
プロローグ
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
石川茂著 ; 超ISO企業研究会編
出版情報: 東京 : 日本規格協会, 2005.7  114p ; 21cm
シリーズ名: 超ISO企業実践シリーズ ; 7 . 経営課題||ケイエイ カダイ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
シリーズ発刊にあたって 3
まえがき 5
プロローグ
   はじめに 11
   I社と登場人物の紹介 12
   社長の抱える悩み 13
   設計・開発段階での品質問題を減らすための基本ステップ 17
第1章 設計・開発段階での品質問題を減らすための実践事項
ステップ1
   1.1 お客様の声をよく聞き,社内に徹底する 19
   (1) 顧客とのコミュニケーションを十分にとる 20
   (2) 顧客の要求事項を文書化する 25
   (3) 顧客が要求する内容をレビューする 29
   ステップ1のまとめ 35
ステップ2
   1.2 お客様の声を設計図,工程表などに正確に盛り込む 36
   (1) 設計・開発の計画を立てる 37
   (2) 設計・開発のインプットとアウトプットを明確にする 46
   ステップ2のまとめ 53
ステップ3
   1.3 設計・開発のレビュー,設計検証,設計の妥当性確認を効果的に行う 54
   (1) 設計・開発のレビュー,検証,妥当性確認を理解する 54
   (2) 設計・開発のレビュー,検証,妥当性確認を効果的に実施する 57
   (3) 設計・開発のレビュー,検証,妥当性確認の結果を記録する 64
   ステップ3のまとめ 67
ステップ4
   1.4 設計変更による品質トラブルが発生しないように管理する 69
   (1) 設計変更の内容を明確にする 71
   (2) 設計変更の影響を評価し,確実な設計変更を行う 72
   ステップ4のまとめ 74
第2章 各階層の役割
   2.1 経営者層の役割 77
   2.2 管理者層の役割 78
   2.3 設計者層の役割 83
   2.4 各階層での役割のまとめ 86
第3章 自己診断チェックシート
   3.1 自己診断チェックシートの目的 89
   3.2 設計・開発段階での品質問題を減らすための自己診断チェックシート 91
   3.3 自己診断チェックシートの分析 92
エピローグ 99
付録1 QFD :品質機能展開 101
付録2 FMEA :故障モード影響解析 102
付録3 FTA :故障の木解析 107
参考文献 112
索引 113
シリーズ発刊にあたって 3
まえがき 5
プロローグ
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
丸山昇著 ; 超ISO企業研究会編
出版情報: 東京 : 日本規格協会, 2005.7  91p ; 21cm
シリーズ名: 超ISO企業実践シリーズ ; 10 . 経営課題||ケイエイ カダイ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
シリーズ発刊にあたって 3
まえがき 5
プロローグ
   はじめに 9
   K社と登場人物の紹介 10
   社長の抱える悩み 12
   QMSの効率を高めるための基本ステップ 15
第1章 QMS効率を高めるための実践事項
ステップ1
   1.1 QMSのムダやムリをなくす(スリム化) 17
   (1) システム効率化の推進体制を整える 17
   (2) 文書のムダをなくす 19
   (3) ムダやムリな業務をなくす 27
   (4) マネジメントシステムを共通化する 29
   (5) “改善” の進めやすい企業風土を培う 33
ステップ2
   1.2 ITを活用してQMSのスピードアップと生産性向上を図る 37
   (1) 情報機器を活用した文書管理システムを構築する 38
   (2) 文書を “知識” として活用する 49
   (3) コミュニケーションをよくする 53
ステップ3
   1.3 ISO9001の特徴を活かしてQMSの効率を高める 54
   (1) “基本動作の徹底” を活かす 55
   (2) “責任・権限の明確化” を活かす 57
   (3) “顧客満足” を向上する 58
   (4) “継続的改善” を活かす 59
   (5) “プロセスアプローチ” を活かす 63
   (6) “内部監査” と “マネジメントレビュー” を活かす 66
ステップ4
   1.4 “QMSの効率” を競争優位要因にする 66
   測定器メーカT社の事例 68
第2章 階層別自己診断チェックシート 79
   2.1 経営者のためのチェックシート 79
   2.2 管理責任者のためのチェックシート 80
   2.3 部課長のためのチェックシート 81
エピローグ 83
索引 89
シリーズ発刊にあたって 3
まえがき 5
プロローグ
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
伊藤嘉博著
出版情報: 東京 : 日科技連出版社, 2005.7  vii, 247p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき iii
序章 品質マネジメントシステムに戦略性を付与する品質コスト 1
   0.1 TQCからTQMへの転換をドライブする品質コスト 2
   0.2 ISO 9000/TS 16949と品質コスト 4
   0.3 最小のコストで最高の品質を追求する品質コスト 6
第一部 品質コスト概論
第1章 品質コストの戦略的特徴 13
   1.1 品質コスト概念の生成とその発展の経緯 14
   1.2 品質コストの戦略性を支えるPAFアプローチ 18
   1.3 品質コストの限界と可能性 25
第2章 わが国の品質コストマネジメントの特殊性 35
   2.1 わが国の品質管理の変遷と品質コスト 36
   2.2 PAFアプローチの意義と問題点 43
   2.3 日本的品質管理とPAFアプローチの適合性 48
第二部 品質コストマネジメントシステム(QCMS)の構築
第3章 PAFアプローチの導入 55
   3.1 品質コストの分類 56
   3.2 会計部門・会計システムが果たす役割 60
   3.3 PAFアプローチにもとづく品質コスト分類上の論点 64
第4章 QCMSの構築に関する理論と実務 73
   4.1 QCMS構築のための指針 74
   4.2 オムロンのQCMS 79
   4.3 オムロンのQCMSの構造特性 83
第5章 品質コストデータの分析 91
   5.1 品質コストの分析手法 92
   5.2 ホンダのQCMSの概要 96
   5.3 ホンダにおける品質コスト分析のプロセスと組織 102
第三部 QCMSの戦略的運用
第6章 品質コストドライバー分析 111
   6.1 品質コストとABC 112
   6.2 ABCにもとづくコストドライバー分析 116
   6.3 サンデンの品質コストドライバー分析 121
   付録 ABCの計算特性 132
第7章 品質コストマトリックス 135
   7.1 品質コストマトリックスの特微 136
   7.2 日東電工のQCMSと品質コストマトリックス 141
   7.3 日東電工における品質コストマトリックスの活用 146
第8章 品質コストのサプライチェーンマネジメント 151
   8.1 サプライヤーの品質コストの重要性 152
   8.2 サプライヤーの品質コスト分析 155
   8.3 サプライチェーンQCMS構築の必要性 158
第9章 隠れた品質コストの可視化 169
   9.1 隠れた品質コストと機会損失 170
   9.2 損失関数にもとづく隠れた品質コストの推定 177
   9.3 過剰品質の見直しによる品質コストの低減 180
第10章 シックスシグマと品質コスト 189
   10.1 シックスシグマの成果指標としてのCOPQ 190
   10.2 COPQ最小化戦略 194
   10.3 わが国のシックスシグマ実践の特徴と課題 197
第11章 品質コストマネジメントのフロンティア 205
   11.1 ソフトウエアの品質コストマネジメント 206
   11.2 競合製品の品質コスト分析 211
   11.3 バランスト・スコアカードと品質コスト 216
終章 品質コスト最小化戦略プログラム 225
   12.1 戦略的QCMSへのプレリュード 226
   12.2 品質コスト最小化戦略プログラムの概要 229
   12.3 さらなる戦略性を求めて 235
参考文献(洋書) 237
(和書) 242
索引 245
著者紹介 248
まえがき iii
序章 品質マネジメントシステムに戦略性を付与する品質コスト 1
   0.1 TQCからTQMへの転換をドライブする品質コスト 2
10.

図書

図書
山田宜人編著
出版情報: 東京 : 日本規格協会, 2003.2  171p ; 21cm
シリーズ名: Management system ISO series
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼