close
1.

図書

図書
D. ハリディ, R. レスニック, J. ウォーカー共著 ; 野崎光昭監訳
出版情報: 東京 : 培風館, 2002.10  vi, 199p ; 26cm
シリーズ名: 物理学の基礎 / D.ハリディ, R.レスニック, J.ウォーカー共著 ; 2
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
中野有朋著
出版情報: 東京 : 技術書院, 2002.8  vii, 146p ; 21cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
David I. G. Jones著 ; 浅見敏彦 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 丸善, 2003.3  xv, 388p ; 22cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
福岡義隆編著
出版情報: 東京 : 山海堂, 2005.9  x, 215p ; 22cm
シリーズ名: 市民環境工学 ; 第10巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章大気環境システム 1
   コラム① 5
第2章大気の循環と汚染
   2.1局地大気循環と局地汚染 7
   2.2大気大循環とオゾンの関係 19
   2.3温室効果ガスと地球温暖化 30
   2.3.1温室効果ガスとしての二酸化炭素 30
   2.3.2温室効果による温暖化の影響 33
   2.3.3地球温暖化対策の国内外での取組み 35
   2.3.4温暖化が環境汚染を増強する 35
   2.4メソ気象循環と酸性雨 38
   2.4.1酸性雨の「気候」 38
   2.4.2酸性雨発生のメカニズム 42
   2.4.3醐生雨と黄砂の気候 45
   2.4.4高層天気図にみる酸1生雨の軌跡 46
   コラム② 53
   2.5地球規模での大気環境のとらえ方 54
   2.5.1熱収支論・水収支論の立場からの気候区分 54
   2.5.2地球温暖化が世界の気候に及ぼしている影響 60
   2.5.3乾燥地域におせる塩害 64
   2.5.4気候図を使って世界の気候を体験 68
第3章都市の熱環境
   3.1ヒートアイランド現象 75
   3.1.1都市気候とは 75
   3.1.2ヒートアイランドとは 78
   3.1.3ヒートアイランドの成因 80
   3.2都市の熱環境悪化の影響 82
   3.2.1都市の温暖化と生物季節の変化 82
   3.2.2都市の温暖化の人体への影響 87
   3.2.3都市の温暖化と熱中症の関係 89
   3.3都市の温暖化対策 92
   3.3.1水辺空間の確保・拡充に伴う緩和効果 92
   3.3.2緑化対策としての屋上・壁面緑化の熱的効果 100
   3.3.3緑地と体感温度 109
   コラム③ 115
第4章悪臭
   4.1都市の個性としてのにおい 117
   4.2においの評価と悪臭の定義 118
   4.3悪臭公害の実体と気象との関係 120
   コラム④ 123
第5章騒音
   5.1音の基礎 125
   5.1.1騒音とは 125
   5.1.2音の性質 125
   5.1.3音の評価量 127
   5.1.4音の発生と伝搬 132
   コラム⑤ 137
   5.2道路交通騒音 137
   5.2。1道路交通騒音の状況 137
   5.2.2道路交通騒音の諸基準 140
   5.2.3道路交通騒音の測定方法 143
   5.2.4道路交通騒音の法体系 145
   5.2.5道路交通騒音の予測手法 147
   5.3鉄道騒音 168
   5.3.1鉄道騒音の状況 168
   5.3.2鉄道騒音の諸基準 169
   5.3.3鉄道騒音の測定方法 170
   5.3.4鉄道騒音対策 171
   5.4航空機騒音 175
   5.4.1航空機騒音の状況 175
   5.4.2航空機騒音の評価方法と環境基準 177
   5.4.3航空機騒音の測定方法 179
   5.4.4航空機騒音の予測手法 180
   5.4.5航空機騒音の関連法規 183
   5.4.6航空機騒音対策 184
   5.5都市緑化による騒音低減効果 190
   5.6屋上緑化による振動音防止効果 194
   コラム⑥ 198
第6章低周波音
   6.1低周波音とは 199
   6.2低周波音の状況 200
   6.3低周波音の影響 200
   6.3.1物理的影響 201
   6.3.2心理的影響 201
   6.3.3生理的影響 203
   6.4低周波音の評価 204
   6.5低周波音の測定 205
   6.5.1低周波音の測定量 205
   6.5.2低周波音の測定機器 205
   6.5.3測定点の選定 206
   6.5.4風の影響 206
   6.5.5音圧レベルの指示値の読取り方法 207
   6.6低周波音の予測方法 207
   6.7低周波音の対策 209
第1章大気環境システム 1
   コラム① 5
第2章大気の循環と汚染
5.

図書

図書
日本建築学会編
出版情報: 東京 : オーム社, 1999.3  viii, 198p ; 26cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
小出昭一郎著
出版情報: 東京 : 裳華房, 1997.11  v, 124p ; 21cm
シリーズ名: 物理学
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
志村史夫著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1998.9  viii, 156p, 図版1枚 ; 22cm
シリーズ名: したしむ物理工学
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
日本騒音制御工学会編
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 2001.3  xi, 262p ; 27cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
三沢和彦著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.9  vi, 199p ; 21cm
シリーズ名: 理工系のための解く!
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに iii
第1章 質点の振動 1
   1.1 単振動 1
   1.2 減衰振動 14
第2章 周期的な外力を受けて振動する質点 25
   2.1 強制振動 25
   2.2 基礎励振 30
第3章 連成振動 44
   3.1 2個のおもりが結合した系 44
   3.2 3個のおもりが結合した系 60
   3.3 3原子分子の連成振動 67
第4章 波動方程式の性質 73
   4.1 無限個のおもりとばねが連結された系 73
   4.2 波動方程式の導出 78
   4.3 縦波と横波の速さ 86
   4.4 正弦波 98
第5章 波の重ね合わせの原理 103
   5.1 波動方程式の解と波の重ね合わせ 103
   5.2 うなり 105
   5.3 定在波 110
   5.4 フーリエ解析 115
第6章 干渉と回折 122
   6.1 2 次元の波 122
   6.2 波の干渉 132
   6.3 波の回折 138
   6.4 波の反射と屈折 146
練習問題詳解 153
   第1章 153
   第2章 164
   第3章 170
   第4章 182
   第5章 188
   第6章 192
索引 197
はじめに iii
第1章 質点の振動 1
   1.1 単振動 1
10.

図書

図書
福原博篤編著
出版情報: 東京 : 日本環境測定分析協会, 2001.8  221p ; 26cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼