close
1.

図書

図書
[百川治兵衛著] . [毛利重能著] . [今村知商著] . [菊池宇太之丞長良閲] ; [金子左右平編] . [村田佐十郎恒光編] . [伊藤雋吉編] . [澤池幸恒撰]
出版情報: 東京 : 科学書院 , 東京 : 霞ケ関出版 (発売), 2002.3  840p ; 27cm
シリーズ名: 近世歴史資料集成 ; 第4期第1巻 . 日本科學技術古典籍資料 = The collected historical materials on Japanese science and technology / 浅見恵, 安田健訳編||ニホン カガク ギジュツ コテンセキ シリョウ ; 數學篇 = The history of Japanese mathematics ; 1
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
木村俊一著
出版情報: 東京 : 講談社, 2001.11  236p ; 19cm
シリーズ名: 講談社選書メチエ ; 225
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
[島田貞繼編] . [佐藤正興著] . [星野實宣編] . [星野實宣撰] . [前田憲舒著] . [中西正好編] . [田中由眞述] . [村松茂清著] . [西川勝基撰] . [井關知辰撰] . [建部賢弘著] . [佐藤茂春撰] . [三宅賢隆撰] . [西脇利忠編]
出版情報: 東京 : 科学書院 , 東京 : 霞ケ関出版(発売), 2001.6  1044p ; 27cm
シリーズ名: 近世歴史資料集成 ; 第4期第2巻 . 日本科學技術古典籍資料 = The collected historical materials on Japanese science and technology / 浅見恵, 安田健訳編||ニホン カガク ギジュツ コテンセキ シリョウ ; 數學篇 = The history of Japanese mathematics ; 2
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
[田中佳政編] . [若杉多十郎撰] . [松永良弼編] . [松永良弼編] . [入江保叔編] . [藤田定賢編] . [安島直圓編] . [會田安明編] . [會田安明編] . [大原門人編]
出版情報: 東京 : 科学書院 , 東京 : 霞ケ関出版(発売), 2001.8  1017p ; 27cm
シリーズ名: 近世歴史資料集成 ; 第4期第3巻 . 日本科學技術古典籍資料 = The collected historical materials on Japanese science and technology / 浅見恵, 安田健訳編||ニホン カガク ギジュツ コテンセキ シリョウ ; 數學篇 = The history of Japanese mathematics ; 3
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
[會田安明編] . [坂部廣胖著] . [堀池敬久閲 ; 堀池久道編] . [内田観編] . [山口言信著] . [秋田義蕃編] . [和田寧傳] . [豊田勝義編] . [内田久命編] . [阿部重道編]
出版情報: 東京 : 科学書院 , 東京 : 霞ケ関出版 (発売), 2001.10  1007p ; 27cm
シリーズ名: 近世歴史資料集成 ; 第4期第4巻 . 日本科学技術古典籍資料 = The collected historical materials on Japanese science and technology / 浅見恵, 安田健訳編||ニホン カガク ギジュツ コテンセキ シリョウ ; 數學篇 = The history of Japanese mathematics ; 4
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
デイヴィッド・バーリンスキ著 ; 林大訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2001.12  393p ; 20cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
J. スティルウェル著 ; 田中紀子訳
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2005-2008  2冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
佐々木力著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2003.2  xvi, 600p ; 22cm
シリーズ名: コレクション数学史 / 佐々木力編 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
編者から v
序文 vii
省略記号一覧,引用原文・訳文に関する注記 xvii
序論 デカルトと近代西欧数学 1
第I部 デカルト数学思想の形成 11
第一章 デカルトとイエズス会の数学教育 13
   第1節 デカルトとイエズス会のラフレーシュ学院 13
   第2節 ラフレーシュ学院のカリキュラム 17
   第3節『学事規定』における数学の学習 21
   第4節 イエズス会学院における数学教育の動機 34
第二章 クラヴィウスの数学思想 51
   第1節 デカルトとクラヴィウス 51
   第2節 クラヴイウスの数学の哲学 57
   第3節 クラヴィウスの著作の中のパッポス 72
   第4節 クラヴイウスの著作の中のディオファントス 84
   第5節 ベークマンとの邂逅以前のデカルトの数学的背景 98
第三章 数学改革の最初の試み 111
   第1節「まったく新しい学問」-算術と幾何学の統一構想 111
   第2節『思索私記』の中の数学 127
   A「数学宝典」という標題の本の計画 127
   Bメソラポス・コンパス 132
   C他の数学的器具 142
   D図形数への関心,ピュタゴラスの定理の拡張,他の諸結果 149
   第3節『立体の諸要素について』 156
   A草稿の歴史 156
   B立体幾何学 157
   C図形数 162
   D原草稿の年代 171
   第4節 デカルトの1619年の数学的・哲学的夢 175
第四章 「精神指導の規則」の数学的背景 187
   第1節 旧『代数学』-「まったく新しい学問」の最初の成果 187
   第2節『精神指導の規則』における数学 208
   A確実性のパラダイムとしての純粋数学 208
   B解析的方法としての代数学 215
   第3節 普遍数学 224
第五章 1637年の「幾何学」 243
   第1節 パッポス問題 243
   第2節『幾何学』の執筆 267
   第3節 近代の解析的伝統形成期におけるデカルトの位置 278
   A 1637-38年のジャン・ポーグランとの剽窃論争 278
   B『幾何学』執筆以前のデカルトのヴイエトについての知識 291
   C代数解析的伝統のアラビア数学における始原とラムス主義的再出発 295
   D仲介者と想定されるアドリアン・ファン・ローメン 310
   Eヴィエトからデカルトへ 322
   第4節 デカルト的数学を超えて 327
中間考察 デカルトと近代思想における数学主義の始原 335
第II部 歴史的パースペクティヴから見た普遍数学の概念 343
第六章 アリストテレスにおける「普遍数学」 345
   第1節 アリストテレスの『形而上学』と『分析論後書』 345
   第2節 ギリシャ語の注釈者たち 354
   第3節 中世の注釈者たち 360
   Aアルベルトゥス・マグヌスとトマス・アクィナス 360
   Bイブン.ルシュド(アヴェロエス)の『形而上学』注釈 370
   Cオックスフォード「プラトン主義者」に抗するアルベルトゥスとトマス 374
   Dスコトゥス主義者アントニウス・アンドレアエ 378
   第4節 ルネサンスの注釈者たち 382
   Aアゴスティーノ・ニフォー 382
   Bイエズス会士注釈者ペドロ・ダ・フォンセカ 386
   第5節 アリストテレス主義的学問構造の中での数学の地位 392
第七章 16世紀の「普遍数学」 399
   第1節 プロクロス・ディアドコスとフランチェスコ・バロッツイ 399
   第2節 アドリアン・ファン・ローメン 411
第八章 17世紀の「普遍数学」 431
   第1節 デカルト「普遍数学」概念の数理哲学的観点からの見直し 431
   A『精神指導の規則』における数学の哲学 431
   B後期の数学の哲学-神の創造物としての数学的真理 435
   C数学に関する懐疑主義的論難に抗するデカルト-「われ惟う,ゆえにわれあり」の哲学はいかにして発見されたか? 449
   D後期の数学の哲学の困難性-「デカルト的螺旋」 464
   E後期著作での「普遍数学」概念の不使用 470
   F他の数学者たちの記号代数学としての「普遍数学」 474
   第2節 ライプニッツ的総合 479
   A拡張される「普遍数学」 479
   Bライプニッツの「論理主義的-形式主義的」数理哲学 487
結論 デカルトと近代学問構造 504
書誌 531
索引 571
   人名索引 572
   事項索引 584
   文献索引 591
編者から v
序文 vii
省略記号一覧,引用原文・訳文に関する注記 xvii
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ジョン・タバク著 ; 松浦俊輔訳
出版情報: 東京 : 青土社, 2005.12  240, 22p ; 20cm
シリーズ名: はじめからの数学 / ジョン・タバク著 ; 松浦俊輔訳 ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   謝辞 7
   序論、月然法則 9
1 幾何学図形としての自然 13
   古代の空 14
   星を記録して未来を予測する 19
   天文計算 23
   粘土版 27
2 古代ギリシアにおける数学と科学 31
   比と宇宙の大きさ 31
   宇宙の幾何学 40
   自転する地球 47
   アルキメデス-物理学と数学の融合 48
   てこの原理 52
   シラクサ攻囲 55
   アルキメデスの円の測定 57
3 移行期 63
   ニコラス・オレーム 64
   ニコラウス・コペルニクス 71
   ヨハネス・ケプラー 77
   プラトン立体 81
   レオナルド・ダヴィンチと連続方程式 87
   レオナルドの連続方程式の証明 92
4 新しい科学 95
   シモン・ステヴイン 96
   ステヴィンと音楽 105
   ガリレオ・ガリレイ 106
   フェルマー、デカルト、ウォリス 112
5 数学と運動量保存の法則 121
   運動法則 127
   海王星の発見 134
6 数学と質量保存の法則 139
   レオンハルト・オイラーと流体力学 144
   燃焼の数理 147
7 数学と熱力学の法則 151
   サディ・カルノー 159
   カルノー機関の効率計算 167
   ジェームズ・プレスコット・ジュール 168
   熱力学の第一法則 172
   熱力学の第二法則 178
   エントロピー 183
8 保存法則に関する現代の考え方 189
   オルガ・オレイニク 195
9 自然法則と確率 203
   集団遺伝学 213
   予測の限界 223
   遺伝相談 229
   用語集 233
   訳者あとがき 237
   参考図書・資料案内 15
   年表 5
   索引 1
   謝辞 7
   序論、月然法則 9
1 幾何学図形としての自然 13
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ジョン・タバク著 ; 松浦俊輔訳
出版情報: 東京 : 青土社, 2005.9  242, 26p ; 20cm
シリーズ名: はじめからの数学 / ジョン・タバク著 ; 松浦俊輔訳 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   謝辞 7
   序論 9
第1部 古代の幾何学
   1 ギリシア以前の幾何学 17
   2 古代ギリシアの幾何学 25
   数を使わない数学 29
   ピユタゴラス派 31
   黄金分割 35
   アテネの幾何学 36
   3 ギリシア幾何学の主要な業績 41
   アレクサンドリアのエウクレイデス『幾何学原論』 41
   エウクレイデスの再検討 52
   アルキメデス『方法』、『球と円柱について』など 52
   ペルガのアポロニウス『円錐曲線論』 59
   円錐曲線の探求 65
   アレクサンドリアのパッボス『数学集成』 66
   ギリシアの数学的伝統の終わり 73
第2部 射影幾何学
   4 ルネサンスにおける数学と美術 79
   レオナルド・ダ・ヴインチ 84
   アルブレヒト・デューラー 89
   5 最初の定理 95
   マラン・メルセンヌ 104
   6 射影幾何学の再発見 107
   モンジュの弟子たち 110
   成熟した数学分野としての射影幾何学 118
   今日の射影幾何学 121
   群と射影幾何学 125
   7 非ユークリッド幾何学 129
   われわれの世界はユークリッド的か 139
第3部 座標幾何学
   8 解析幾何学の始まり 143
   メナイクモスとペルガのアポロニウス 146
   ルネ・デカルト 149
   幾何学における代数的表記 155
   ピエール・ド・フェルマー 158
   ピュタゴラスの定理とデカルト座標 163
   9 微積分と解析幾何学 165
   アイザック・ニュートンと新旧の幾何学 169
   二極座標 175
   レオンハルト・オイラーと立体幾何学 178
   ガスパール・モンジュ 187
   10微分幾何学 191
   ゲオルク・フリードリヒ・ベルンハルト・リーマン 197
   11 空問と時間の形 207
   幾何学と特殊相対性理論 211
   ピュタゴラスの定理と特殊相対性理論 215
   幾何学と「通常の」面の科学 217
   エミー・ネーターと対称性 219
   無限次元の幾何学 227
   用語集 235
   訳者あとがき 239
   参考図書・資料案内 18
   年表 8
   索引
   謝辞 7
   序論 9
第1部 古代の幾何学
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼