close
1.

図書

図書
養老孟司 [著]
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2002.4  232p ; 20cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
柳澤桂子著
出版情報: 東京 : PHPエディターズ・グループ , 東京 : PHPエディターズ・グループ(発売), 2002.5  187p ; 21cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
大島泰郎編著
出版情報: 東京 : 実教出版, 2002.3  v, 258p ; 26cm
シリーズ名: 生命科学のための基礎シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序 覚えておきたい基本用語と図 1
   1.生物と細胞 1
   2.セントラルドグマ 5
   3.細胞分裂 8
   4.生体物質 10
   5.遺伝子組換え 15
第1部 生命を探る
第1章 ゲノム計画~ヒトやほかの生物種のゲノム計画の進展とポストゲノムシーケンス研究 19
   1-1 ゲノム研究は生物学の研究に革命を起こしている 19
   1-2 ゲノム研究とはなにか:遺伝学150年の道程 19
   1-3 ゲノム研究で何がわかったのか 28
   1-4 ゲノム研究で何がわかったのか(2) 36
   1-5 これからのゲノム科学 40
第2章 生命はなぜ老いるのか~テロメラーゼ・ガン化と老化 41
   2-1 老化のメカニズム 41
   2-2 細胞の寿命とテロメア 41
   2-3 テロメラーゼ 45
   2-4 抗がん剤ターゲットとしてのテロメラーゼ 49
第3章 幹細胞の発見~発生学における意義と生体材料としての価値 51
   3-1 細胞が未分化であるということ 51
   3-2 幹細胞 53
   3-3 胚性幹細胞(ES細胞) 54
   3-4 未分化細胞に分化を誘導する 56
   3-5 幹細胞は再生医療の材料となるか? 58
   3-6 幹細胞を利用する上での問題点 59
第4章 抗体産生細胞で起こる遺伝子の再編成 61
   4-1 脊椎動物の免疫系 61
   4-2 免疫グロブリンの分子構造 63
   4-3 抗体遺伝子の構造と遺伝子再編成 64
   4-4 抗体遺伝子の再編成と免疫系の進化 68
第5章 生体反応の可視化 71
   5-1 1分子法とは 71
   5-2 細胞膜構造の解析法 72
   5-3 膜骨格フェンスによる膜タンパク質の運動制御 74
   5-4 タンパク質1分子の活性化を見る 82
第6章 生命の起源とその初期進化 85
   6-1 研究の背景 85
   6-2 生命の始まり 87
   6-3 生命の歴史 90
第2部 病気と遺伝子
第1章 がんと遺伝子 93
   1-1 がん細胞の性質 93
   1-2 がんの原因となる因子 95
   1-3 がん遺伝子 97
   1-4 がん抑制遺伝子 103
   1-5 細胞の生死とがん化 107
第2章 テーラーメイド医療 109
   2-1 はじめに 109
   2-2 薬物応答の多様性とSNP 110
   2-3 SNPを決めるプロジェクトが世界中で進行している 113
   2-4 テーラーメイド医療 114
   2-5 おわりに 117
第3章 高脂血症はなぜ起こるのか~コレステロール合成と細胞内への取り込みの調節機構 119
   3-1 高脂血症とは何か 119
   3-2 生体膜の構造 119
   3-3 コレステロールの代謝 121
   3-4 高脂血症が引き起こされるメカニズム 126
   3-5 遺伝子の転写調節によるコレステロール量の調節 128
   3-6 おわりに 131
第4章 レプチン~肥満を引き起こす遺伝子 133
   4-1 レプチンの発見以前 133
   4-2 レプチンとその受容体の発見 134
   4-3 レプチンの働き 138
   4-4 レプチンと肥満 141
   4-5 おわりに 142
第5章 アルツハイマー病~β-アミロイドの蓄積におけるプレセニリンの役割 143
   5-1 はじめに 143
   5-2 アルツハイマー病の病理像と原因 143
   5-3 アミロイドβタンパク質をつくり出す酵素 146
   5-4 アミロイドβタンパク質非産生系のαセクレターゼとADAMファミリー 149
   5-5 セクレターゼ群のクロストークとアルツハイマー病 150
第6章 プリオン病 151
   6-1 プリオン病の発見 151
   6-2 PrPの構造と機能 153
   6-3 PrP遺伝子の変異とプリオン病 155
   6-4 おわりに 157
第3部 生命の改変技術
第1章 有用タンパク質の生産と利用~有用タンパク質の生産方法の基礎 159
   1-1 タンパク質の生産技術 159
   1-2 大腸菌によるホタルルシフェラーゼの生産 161
   1-3 タンパク質の改良 164
   1-4 Bacillus brevisによるタンパク質の分泌生産 167
   1-5 バクテリア以外による有用タンパク質の生産 169
   1-6 今後の展望 170
第2章 酵素利用の新展開 171
   2-1 はじめに 171
   2-2 酵素利用の歴史 172
   2-3 酵素利用の現状 175
   2-4 酵素利用の新展開 181
第3章 植物のがん~クラウンゴール腫瘍形成のしくみと遺伝子導入技術 187
   3-1 植物の感染症 187
   3-2 クラウンゴール腫瘍細胞の性質 188
   3-3 アグロバクテリウムから腫瘍形成遺伝子を送り込むための準備は植物細胞が誘導する 190
   3-4 腫瘍形成の意味は何か 193
   3-5 植物への遺伝子導入法としての利用 194
   3-6 おわりに 196
第4章 クローン動物の誕生とその利用 197
   4-1 クローン生物とは 197
   4-2 クローン動物誕生以前の研究 197
   4-3 哺乳類のクローンはどのようにしてつくられるのか 198
   4-4 初期胚の割球の分離・切断によるクローン動物の作製 199
   4-5 核移植によるクローン動物の作製 200
   4-6 哺乳類のクローンはどのように利用されるか 205
   4-7 今後どのように発展していくか 207
第5章 遺伝子操作で頭をよくする試み 209
   5-1 はじめに 209
   5-2 記億の固定とグルタミン酸 210
   5-3 記憶研究の手がかりとしての海馬長期増強現象の発見 212
   5-4 グルタミン酸による神経細胞内カルシウムイオン濃度の上昇 214
   5-5 遺伝子操作による記憶の抑制 218
   5-6 やっぱり,頭をよくするには勉強しかない 220
第6章 遺伝子治療 221
   6-1 遺伝子治療の歴史 221
   6-2 遺伝子治療の基本的な考え方 222
   6-3 がんの遺伝子治療法 227
   6-4 遺伝子治療の問題点 229
   6-5 おわりに 231
第4部 生命と倫理
第1章 生命科学史 233
   1-1 生命研究の二つの方向 233
   1-2 「生命の解析」の足どり 234
   1-3 生物学の旗あげ 237
   1-4 ゲノムは生命の「設計図」か 240
   1-5 新時代の生命・精神観 241
第2章 生命倫理と科学技術の社会的な規制 243
   2-1 生命倫理の誕生 243
   2-2 生命倫理の解決の手法(方法論) 244
   2-3 脳死・臓器移植 246
   2-4 生殖医療 248
   2-5 クローン技術 249
   2-6 遺伝子 250
   2-7 再生医療 251
   2-8 生命倫理と科学技術の社会的な規制 252
索引 255
序 覚えておきたい基本用語と図 1
   1.生物と細胞 1
   2.セントラルドグマ 5
4.

図書

図書
大石道夫 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2001.12  173p ; 22cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
石浦章一著
出版情報: 東京 : サイエンス社, 2001.12  iii, 158p ; 21cm
シリーズ名: 新生物学ライブラリ ; 2
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
高橋良二著
出版情報: 東京 : 朱鳥社 , 東京 : 星雲社 (発売), 2002.1  140p ; 22cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
岡田節人著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2001.5  xiii, 191p, 図版 [2] p ; 19cm
シリーズ名: 双書科学/技術のゆくえ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
生命・生物科学の一世紀 : 文化・文明史としての
ヒト/人間の科学の“いま"を考察する
形態の破綻と環境ファクター
次世代への科学/技術の教育 : 実践的試論
生命・生物科学の一世紀 : 文化・文明史としての
ヒト/人間の科学の“いま"を考察する
形態の破綻と環境ファクター
8.

図書

図書
NHKサイエンスアイ編
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2001.5  216p ; 18cm
シリーズ名: KAWADE夢新書
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
小比賀正敬, 中島陽子著
出版情報: 東京 : 慶應義塾大学出版会, 2001.9  iv, 203p ; 21cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
中村和行, 山本芳実, 祐村惠彦共編
出版情報: 東京 : 培風館, 2006.2  vi, 212p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1生きもの「生命」 1
   1-1生命 1
   1-2遺伝 3
   1-3代謝 5
   1-4生命科学の光と影 6
   1-5未来に向けて 7
2生きものの基本単位「細胞」 9
   2-1細胞とは 9
   2-2「細胞」の分子 11
   2-2-1「細胞」の成分表 11
   2-2-2「細胞」の有機分子 11
   2-3「細胞」の種類 14
   2-4「真核細胞」の内部構造 17
   2-5「細胞膜」をこえてのもののやりとり 22
   2-6「細胞」の骨?-細胞骨格 23
   2-6-1「細胞」の骨とは? 23
   2-6-2細胞骨格とは? 25
3生きものの形態と機能「植物」 33
   3-1植物のかたち-その特殊性 34
   3-1-1植物の細胞 34
   3-1-2植物の組織と器官 35
   3-2光合成 38
   3-2-1光化学反応 39
   3-2-2水の分解とNADPHの生成電子伝達系 40
   3-2-3光リン酸によるATPの合成 43
   3-2-4CO2の固定(炭酸同化)とカルビン回路 44
   3-2-5環境要因による光合成速度のコントロール 45
   3-3窒素の同化 47
   3-3-1硝酸同化 47
   3-3-2窒素固定 48
   3-4環境に対する植物の応答 50
   3-4-1非生物学的ストレス 50
   3-4-2生物学的ストレス 54
4生きものの誕生「発生」 59
   4-1はじめに 59
   4-2発生の要点 59
   4-3発生の仕組み 64
   4-4クローン技術と医療 71
5生きものの多様性「進化」 73
   5-1進化とは 73
   5-2進化の要因 73
   5-2-1突然変異 73
   5-2-2自然選択 74
   5-2-3環境の不均一性 79
   5-3種の概念と生殖的隔離機構 79
   5-3-1系統進化と種分化 79
   5-3-2種の概念 80
   5-3-3生殖的隔離機構 80
   5-4種形成(分化)の様式 81
   5-4-1地理的種形成 81
   5-4-2同所的種形成 81
   5-5分子進化 82
   5-5-1分子進化・分子時計・分子系統樹 82
   5-5-2分子進化中立説 84
   5-6生命の起源と細胞の進化 86
   5-7サルヘの道 88
   5-7-1ヒトの位置 88
   5-7-2サルの起源-サルはいつサルになったか 89
   5-7-3原猿類の分化はいつか 90
   5-7-4真猿類とヒト上科の誕生 90
   5-8ヒトの起源-第四紀の人類 92
   5-8-1猿-アウストラロピテクス 92
   5-8-2原人-ホモ・エレクトス 93
   5-8-3旧人-ネアンデルタール人 94
   5-8-4新人-クロマニヨン人 95
   5-8-5分子進化とミトコンドリア・イブ 96
   5-8-6現代人の起源をめぐる進化論 98
   5-9日本人のルーツ 98
   5-9-1縄文人 99
   5-9-2弥生人 100
6生きものの複製「遺伝子」 111
   6-1遺伝子とは 111
   6-2遺伝子はDNAである 113
   6-3DNA-二重らせん 116
   6-4自分と同じものをつくる-複製 118
   6-5DNAの情報を取り出す-転写 121
   6-6情報をタンパク質へ伝える-翻訳 125
   6-7生物学の第二の革命 129
7生きものの代謝「タンパク質」 133
   7-1タンパク質 133
   7-1-1性質 133
   7-1-2体液のタンパク質 137
   7-1-3細胞のタンパク質 143
   7-2酵素 148
   7-2-1一般的性質 148
   7-2-2酵素と代謝 150
   7-3おわりに 156
8生きもののエネルギー「ATP」 159
   8-1生物とエネルギー 159
   8-2呼吸 161
   8-3さまざまな呼吸 172
   8-4発酵 173
   8-5「エネルギー通貨」ATPを使わないエネルギー要求性反応 176
   8-6ミトコンドリアDNAとミトコンドリアの異常による病気 178
9生きものの情報システム「脳・神経」 181
   9-1生物体は全体として統一をもつ有機体である 181
   9-2生物個体が有機的統一性を保つための情報手段 181
   9-3神経系を構成する細胞素子(ニューロン)とニューロン回路網 182
   9-4情報メディアとして用いられる生体電気信号 183
   9-5ヒトの脳・神経系 200
   索引 207
1生きもの「生命」 1
   1-1生命 1
   1-2遺伝 3
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼