close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
東京大学生命科学教科書編集委員会編
出版情報: 東京 : 羊土社, 2008.2  179p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序 3
序説
1章 生物の多様性と一様性 10
   Ⅰ 生物の多様性と一様性 10
   Ⅱ 生物とは 10
   生物と細胞
   自己の複製
   刺激への応答
   工ネルギー通貨ATP
   Ⅲ 生物の系統 11
   系統樹での分類
   細胞内小器官での分類
   生体物質の大きさ
   Ⅳ 生体を構成する物質 14
   タンパク質
   脂質
   糖
   無機塩類
   問題 18
   Column ウイルスとプリオン 12
   Column アミノ酸の話 17
第Ⅰ部  細胞と遺伝情報の関係
2章 遺伝情報の複製 22
   Ⅰ 細胞増殖とDNA複製 22
   細胞増殖は細胞の最も基本的な機能
   DNA複製の特殊性
   Ⅱ DNAとはどのような分子か 22
   単位としての核酸
   高分子核酸
   DNAは二本鎖である
   RNAは一本鎖である
   原核生物は環状,真核生物は直鎖状の二本鎖DNAをもつ
   Ⅲ 遺伝子とDNA 27
   遺伝子の定義
   ゲノム
   生物のDNA量
   生物の遺伝子数
   真核生物は這伝子でないDNA領域をたくさんもっている
   Ⅳ DNAの複製 29
   DNA複製のアウトライン
   複製には鋳型を必要とする
   複製は不連続である
   複製開始点と複製終了点がある
   問題 34
   Column DNAの変性・再生 26
   Column DNAは細くて長い糸である 26
   Column DNAの損傷と修復 29
   Column 複製の正確さ 30
   Column 複製にかかわる酵素はたくさんある 31
   Column PCR(polymerase chain reaction) 32
3章 遺伝子の発現 35
   Ⅰ 遺伝子の転写と翻訳 35
   セントラルドグマ
   遺伝子の暗号
   DNAのセンス鎖
   遺伝子の発現
   Ⅱ 遺伝子の転写 36
   RNAの種類
   転写の特徴
   転写の基本
   Ⅲ 転写後の修飾 40
   RNAの切断
   塩基の修飾
   真核生物のmRNAプロセシング
   Ⅳ 遺伝子の翻訳 42
   アミノアシルtRNAの合成
   リボソーム
   mRNAの構造
   タンパク質合成
   転写と翻訳の協調
   問題 49
   Column 真核生物にはもっと多くの非翻訳RNAかあるのかもしれない 39
   Column RNA複製と逆転写 40
   Column 大腸菌リボソームの構造 43
   Column 翻訳の開始 44
   Column ペプチド鎖の延長 45
   Column 翻訳の終了 46
   Column 21番目のアミノ酸 47
4章 遺伝子発現の調節 50
   Ⅰ 発現からみた遺伝子の種類 50
   すべての生物でハウスキーピング遺伝子が働く
   多細胞生物ではさらに多くの遺伝子が働く
   一人のヒトの体細胞は同じ遺伝子をもっている
   発現が調節される遺伝子と調節されない遺伝子
   Ⅱ 原核生物の遺伝子発現調節 51
   大腸菌のβガラクトシダーゼ遺伝子は正と負に調節される
   Ⅲ 真核生物細胞の遺伝子発現調節 53
   転写調節と転写後調節
   真核生物はより複雑な転写調節機構をもつ
   クロマチンリモデリングによる調節
   クロマチン構造と遺伝子発現調節
   問題 59
   Column リンパ球だけは遺伝子が異なる 51
   Column 複数の遺伝子を同時に発現調節するしくみ 52
   Column オペロンとレギユロン 53
   Column miRNAによる遺伝子発現調節 54
   Column 非翻訳RNAの多くはmiRNAかもしれない 55
   Column 遺伝学と逆遺伝学 56
   Column へテロクロマチンとユークロマチン 57
   Column DNAのメチル化,発生,体細胞クローン動物 57
   Column ゲノム,トランスクリプトーム,プロテオーム 58
第Ⅱ部 個々の細胞を機能させる原理
5章 細胞の膜構造と細胞内小器官 62
   Ⅰ 細胞の膜構造 62
   原核細胞と真核細胞
   真核細胞の細胞内小器官
   Ⅱ 生体膜の脂質と膜タンパク質 64
   脂質二重層の性質
   膜タンパク質
   Ⅲ 生体膜の機能 65
   バリアー機能と物質の選択的な輸送
   膜電位
   受容体による情報の伝達
   細胞膜を介しての細胞骨格と細胞外基質との結合
   Ⅳ 細胞内小器官の形成と物質輸送 69
   細胞内小器官へのタンパク質の選別輸送
   核への物質輸送と核からの物質輸送
   ミトコンドリアや葉緑体へのタンパク質輸送
   小胞体へのタンパク質輸送
   小胞輸送
   細胞外の物質の取り込み経路
   問題 75
   Column 細胞膜のコレステロール 66
   Column 膜を貫通する構造をもたなくても膜に結合するタンパク質 68
   Column 細胞膜電位を計算するネルンストの式 69
   Column 神経の興奮と伝達 70
   Column 核膜孔輸送にはGタンパク質が働く 71
   Column 細胞内小器官の起源に関する推論 73
6章 細胞骨格 76
   Ⅰ 細胞骨格の種類とその分子構造 76
   アクチン繊維
   微小管
   中間径繊維
   Ⅱ 細胞骨格の動的な変化 79
   Ⅲ モータータンパク質 80
   キネシン
   ダイニン
   ミオシン
   Ⅳ 筋細胞の収縮 83
   Ⅴ 細胞内の物質輸送 85
   問題 86
   Column トレッドミリング 77
   Column 鞭毛の構造と運動のしくみ 82
7章 代謝 87
   Ⅰ 細胞活動と熱力学 : 代謝の意義 87
   Ⅱ 自由エネルギー変化と生体エネルギー通貨としてのATP 87
   Ⅲ 酵素 88
   酵素の特異性と反応機構
   酵素反応速度論
   酵素の分類
   Ⅳ 基本的な代謝の流れ 90
   Ⅴ 代謝の基本反応 93
   リン酸化反応(キナーゼ)
   脱リン酸化反応(ホスファターゼ)
   C-C結合の生成・切断反応
   脱水素反応
   Ⅵ エネルギー産生系 94
   解糖系
   クエン酸回路(卜リカルボン酸サイクル)
   Ⅶ 酵素活性の調節 95
   アロステリック制御
   リン酸化による酵素活性の調節
   代謝調節のパラダイム : フィードバック制御とカスケード
   問題 99
   Column 熱力学の法則 : 自由エネルギー変化と平衡定数 88
   Column Michaelis-Mentenの式の導き方 90
   Column 炭素と窒素の固定回路 92
   Column 代謝経路のバイオインフォマティクス(生物情報学) 92
   Column メタボロミクス 95
   Column 代謝経路はなぜ丸い? 97
8章 エネルギー100
   Ⅰ 生体エネルギー 100
   Ⅱ 呼吸鎖と酸化的リン酸化の概略 101
   Ⅲ 酸化還元反応と呼吸鎖 101
   Ⅳ ATP合成酵素 103
   Ⅴ 光合成の概要 104
   Ⅵ 光エネルギーの吸収 104
   Ⅶ 光化学反応と電子伝達 105
   Ⅷ 暗反応 : 炭酸固定反応 107
   Ⅸ C4光合成 108
   Ⅹ ミトコンドリアと葉緑体のトポロジー 109
   問題 110
   Column ATP合成酵素の回転の実証 105
   Column 光合成の炭酸固定経路図(カルビン回路) 106
   Column 共役と光による調節 107
   Column 地球大気の二酸化炭素濃度の変遷と光合成 108
9章 シグナル伝達と細胞の増殖 111
   Ⅰ シグナル伝達 111
   Ⅱ 細胞内シグナル伝達 112
   タンパク質のリン酸化と脱リン酸化
   Gタンパク質
   低分子の二次メッセンジャー
   Ⅲ 受容体を介した細胞内シグナル伝達経路 115
   酵素型受容体
   Gタンパク質共役型受容体
   チャネル型受容体
   転写因子型受容体
   Ⅳ 細胞周期 117
   細胞周期とは
   対称分裂と非対称分裂
   Ⅴ 細胞増殖の制御 118
   正と負の制御
   Ⅵ 細胞増殖開始のシグナル伝達 119
   細胞増殖開始までのシグナル伝達
   サイクリンとCDKは細胞周期の各ステッブて働く
   Ⅶ 細胞周期のチェックポイント機構 120
   Ⅷ がんとがん遺伝子 121
   がん遺伝子
   がん抑制遺伝子
   がんの自立的増殖
   Ⅸ 細胞死のシグナル 123
   問題 124
   Column 受容体とシグナル分子の関係 114
   Column タンパク質の分解による細胞内シグナル伝達 115
   Column オーファン受容体と医薬品開発 117
第Ⅲ部 細胞集団の組織化
10章 発生と分化 126
   Ⅰ 卵形成 126
   Ⅱ 受精と卵割 126
   Ⅲ 胚の方向性の決定 127
   ショウジョウバエの発生
   カエルの発生
   Ⅳ 細胞分化と幹細胞 132
   Ⅴ 誘導作用と形態形成運動 133
   形態形成運動
   神経誘導
   Ⅵ 器官形成 136
   問題 138
   Column 線虫の細胞系譜 128
   Column ホメオボックス遺伝子 130
   Column カエルの背側決定における母性因子の役割 131
   Column 植物の花器官形成のしくみ 136
11章 細胞間のコミュニケーションと組織構築 139
   Ⅰ 細胞同士の接着 139
   カドヘリンの発見とその性質
   カドヘリンの役割
   その他の細胞同士の接着
   Ⅱ 細胞外基質 141
   繊維性の成分
   グリコサミノグリカンとプロテオグリカン
   糖タンパク質
   Ⅲ 細胞と細胞外基質との接着 143
   インテグリン
   Ⅳ 細胞間のコミュニケーション 144
   細胞接着と細胞内情報伝達
   細胞認識
   細胞接着と移動運動
   植物細胞の原形質連絡
   Ⅴ 組織構築 148
   上皮組織
   細胞極性
   問題 151
   Column 基底板 142
   Column 植物の細胞舛基質 144
   Column 神経とシナプス 147
   Column 結合部複合体 148
12章 生殖と減数分裂 152
   Ⅰ 有性生殖と無性生殖 152
   Ⅱ 体細胞分裂と減数分裂 153
   Ⅲ 減数分裂の意義 154
   Ⅳ 遺伝的組換え 155
   一般的組換え
   部位特異的組換え
   Ⅴ 配偶子の形成 156
   Ⅵ 配偶子の特殊化 158
   Ⅶ 受精 160
   Ⅷ 種と性 162
   受精の準備
   受精の過程
   問題 165
   Column 性の決定と性転換 154
   Column アグロバクテリアと遺伝子組換え植物 157
   Column クローン動物 163
   Column ノックアウトマウス 164
問題の解答 166
索引 176
執筆者一覧 180
序 3
序説
1章 生物の多様性と一様性 10
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
東京大学生命科学教科書編集委員会編
出版情報: 東京 : 羊土社, 2009.2  182p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   注 : Ca[2+]の[2+]は上つき文字
   注 : H[+]の[+]は上つき文字
   
 序 3
序説
 1章 生物の多様性と一様性 10
   Ⅰ 生物の多様性と一様性 10
   Ⅱ 生物とは 10
    生物と細胞
    自己の複製
    刺激への応答
    エネルギー通貨ATP
   Ⅲ 生物の系統 12
    系統樹での分類
    細胞内小器官
    生体物質の大きさ
   Ⅳ 生体を構成する物質 14
    アミノ酸とタンパク質
    脂質
    糖
    無機塩類
   Ⅴ タンパク質の構造と機能 18
   問題 20
   コラム
    種の概念 11
    ウイルスとプリオン 12
    アミノ酸の話 18
    DNAの塩基の変異はなぜ起こるか 19
第Ⅰ部 細胞と遺伝情報の関係
 2章 遺伝情報の複製 22
   Ⅰ 細胞増殖とDNA複製 22
    細胞増殖は細胞の最も基本的な機能
    DNA複製の特殊性
   Ⅱ DNAとはどのような分子か 23
    単位としてのヌクレオチド
    核酸
    DNAは二本鎖である
    RNAは一本鎖である
    原核生物は環状,真核生物は直鎖状の二本鎖DNAをもつ
   Ⅲ 遺伝子とDNA 27
    遺伝子の定義
    ゲノム
    生物のDNA量
    生物の遺伝子数
    真核生物は遺伝子でないDNA領域をたくさんもっている
   Ⅳ DNAの複製 29
    DNA複製のアウトライン
    複製には鋳型を必要とする
    複製は不連続である
    複製開始点と複製終了点がある
   問題 35
    DNAの変性・再会合 26
    DNAは細くて長い糸である 26
    DNAの損傷と修復 29
    複製の正確さ 30
    複製にかかわる酵素はたくさんある 31
    DNA複製後の塩基修飾と遺伝情報複製 32
    PCR(polymerase chain reaction) 33
 3章 遺伝子の発現
   Ⅰ 遺伝子の転写と翻訳 36
    セントラルドグマ
    遺伝子の暗号¥
    DNAのセンス鎖
    遺伝子の発現
   Ⅱ 遺伝子の転写 37
    RNAの種類
    転写の特徴
    転写の基本
   Ⅲ 転写後の修飾 41
    RNAの切断
    塩基の修飾
    真核生物のmRNAプロセシング
   Ⅳ 遺伝子の翻訳 43
    アミノアシルtRNAの合成
    リボソーム
    mRNAの構造
    タンパク質合成
    転写と翻訳の協調
    タンパク質の行方と翻訳後修飾
   問題 51
    真核生物にはもっと多くの非翻訳RNAがあるのかもしれない 40
    RNA複製と逆転写… 41
    大腸菌リボソームの構造 44
    翻訳の開始 45
    ペプチド鎖の延長 46
    翻訳の終了 47
    21番目のアミノ酸 48
 4章 遺伝子発現の調節 52
   Ⅰ 発現からみた遺伝子の種類 52
    すべての生物でハウスキーピング遺伝子が働く
    多細胞生物ではさらに多くの遺伝子が働く
    一人のヒトの体細胞は同じ遺伝子をもっている
    発現が調節される遺伝子と調節されない遺伝子
   Ⅱ 原核生物の遺伝子発現調節 53
    大腸菌のβガラクトシダーゼ遺伝子は正と負に調節される
   Ⅲ 真核生物の遺伝子発現調節 55
    転写調節と転写後調節
    真核生物はより複雑な転写調節機構をもつ
    クロマチンリモデリングによる調節
   Ⅳ エピジェネティックな遺伝子発現制御 58
    ヘテロクロマチンとユークロマチン
    クロマチン構造と遺伝子発現調節
    エピジェネティックな制御とは
    ヒストンコード
    遺伝情報を担うもの
   問題 63
    リンパ球だけは遺伝子が異なる 53
    複数の遺伝子を同時に発現調節するオペロン 54
    オペロンとレギュロン 55
    非翻訳RNAの発現 56
    miRNAによる遺伝子発現調節 57
    ゲノム,トランスクリプトーム,プロテオーム 59
    ハエの目の色からわかる遺伝子サイレンシングのしくみ 61
    エピジェネティックなX染色体の不活性化 62
第Ⅱ部 個々の細胞を機能させる原理
 5章 細胞の膜構造と細胞内小器官 66
   Ⅰ 細胞が基本 66
   Ⅱ 生体膜 66
    生体膜とは何か
    膜タンパク質
    膜の機能
   Ⅲ 膜輸送 68
    チャネル
    トランスポーター
    ATP駆動ポンプ~濃度勾配に逆らって輸送する能動輸送
   Ⅳ 細胞内の膜構造 71
    膜で囲まれた小胞による輸送
    分泌経路
    エンドサイトーシス
   問題 77
    細胞膜電位を計算するネルンストの式 70
    神経細胞の活動電位 71
    細胞内小器官の起源に関する推論 73
    タンパク質の細胞内小器官への輸送 75
    分泌経路の順序 76
 6章 細胞骨格 78
   Ⅰ 細胞骨格とは 78
   Ⅱ アクチン繊維に基づく機構 79
    アクチン分子
    アクチン繊維の重合機構
    アクチン重合に基づく細胞の運動
    ミオシンによる運動~筋細胞の収縮
   Ⅲ 微小管に基づく機構 83
    チューブリン分子
    細胞分裂時の紡錘体
    チューブリンミキネシン相互作用による輸送
    細胞内の物質輸送と細胞内小器官の配置
   問題 87
    中間径繊維 79
    トレッドミル現象 80
    細胞骨格に作用する薬剤 83
    Ca[2+]による筋収縮の調節 83
    ミオシンとキネシンの活性中心の構造は酷似 86
 7章 代謝 88
   Ⅰ 細胞活動と熱力学 : 代謝の意義 88
   Ⅱ 自由エネルギー変化と生体エネルギー通貨としてのATP 88
   Ⅲ 酵素 89
    酵素の特異性と反応機構
    酵素反応速度論
    酵素の分類
   Ⅳ 基本的な代謝の流れ 91
   Ⅴ 代謝の基本反応 95
    リン酸化反応(キナーゼ)
    脱リン酸化反応(ホスファターゼ)
    C-C結合の生成・切断反応
    脱水素反応
   Ⅵ エネルギー産生系 96
    解糖系
    クエン酸回路 (トリカルボン酸サイクル)
   Ⅶ 酵素活性の調節 97
    アロステリック制御
    リン酸化による酵素活性の調節
    代謝調節のパラダイム : フィードバック制御とカスケード
   問題 101
    熱力学の法則 : 自由エネルギー変化と平衡定数 89
    ミカエリス・メンテン 91
    炭素と窒素の固定回路 94
    代謝経路のバイオインフォマティクス (生物情報学) 94
    メタボロミクス 97
    代謝経路はなぜ丸い? 99
 8章 生体エネルギー 102
   Ⅰ 生体エネルギーの2つの規格 102
    生体エネルギーの役割
    ATPとH[+]の電気化学ポテンシャル
   Ⅱ 酸化的リン酸化と光リン酸化 103
   Ⅲ 酸化還元反応と呼吸鎖 103
    呼吸鎖
    電子伝達とエネルギー放出
    H[+]輸送のしくみ
   Ⅳ ATP合成酵素 105
   Ⅴ 光合成 106
    光エネルギーの吸収
    光化学反応と電子伝達
   Ⅵ 光合成の炭酸固定反応 109
   Ⅶ C4光合成 110
   Ⅷ ミトコンドリアと葉緑体のトポロジー 111
   問題 112
    ATP合成酵素の回転の実証 107
    光合成の炭酸固定経路図(カルビン回路) 109
    共役と光による調節 110
    地球大気の二酸化炭素濃度の変遷と光合成 110
 9章 細胞周期 113
   Ⅰ 細胞の分裂 113
    細胞分裂と細胞の形態変化 : 対称分裂と非対称分裂
   Ⅱ 細胞周期という概念 114
   Ⅲ 細胞周期の各段階 114
    細胞周期におけるDNA量の変化
    栄養不足とG0期
    正と負の制御
   Ⅳ 細胞周期エンジン 117
    細胞周期を制御するタンパク質
    サイクリン-CDK複合体
    細胞周期を逆方向に進ませないしくみ
    サイクリンの周期的な分解とユビキチンミプロテアソーム
   Ⅴ チェックポイント 119
    DNA損傷チェックポイント
    紡錘体チェックポイント
    細胞周期におけるチェックポイントの意味
   Ⅵ アポトーシス 121
   Ⅶ 細胞周期と増殖制御の破綻 122
    がんの自律的増殖
   問題 124
    細胞質分裂 116
    酵母の話 120
    アポトーシスの活性化にかかわる経路 122
    がん遺伝子 123
    がん抑制遺伝子 123
第Ⅲ部 細胞集団の組織化
 10章 シグナル伝達 126
   Ⅰ 刺激と応答 126
   Ⅱ シグナルとは 127
    シグナル伝達という概念
    細胞間シグナル伝達の様式
    細胞内で起こる連鎖反応
   Ⅲ 細胞外での刺激受容から, 細胞内でシグナルが伝わるまで 129
    受容体
    受容体が刺激を受けた後 : 膜から細胞質へ
    膜から核へ
   Ⅳ 細胞内シグナル伝達の具体例 133
    キナーゼ型受容体を介したシグナル伝達
    Gタンパク質共役型受容体を介したシグナル伝達
    チャネル型受容体を介したシグナル伝達
    転写因子型受容体を介したシグナル伝達
   Ⅴ 細胞の接触による相互作用 135
    細胞同士の結合に関与するタンパク質 : カドヘリン
    細胞外基質との接着に関与するタンパク質 : インテグリン
   問題 138
    受容体とシグナル分子の関係 129
    オーファン受容体と医薬品開発 134
    タンパク質の分解による細胞内シグナル伝達 135
    細胞外基質の役割 137
 11章 発生と分化 139
   Ⅰ 卵形成 139
   Ⅱ 受精と卵割 140
   Ⅲ 胚の方向性の決定 140
    胚の領域化
    胚の誘導
   Ⅳ 細胞分化と幹細胞 146
   Ⅴ 誘導作用と形態形成運動 147
    形態形成運動
    神経誘導
   Ⅵ 器官形成 150
   問題 153
    線虫の細胞系譜 142
    ホメオティック遺伝子 144
    カエルの背側決定における母性因子の役割 145
    iPS細胞 (人工多能性幹細胞) 147
    植物の花器官形成のしくみ 151
    女王蜂か働き蜂かを決めるエピゲノム 152
 12章 生殖と減数分裂 154
   Ⅰ 有性生殖と無性生殖 154
   Ⅱ 体細胞分裂と減数分裂 155
   Ⅲ 減数分裂の意義 157
   Ⅳ 遺伝的組換え 157
    一般的組換え
    部位特異的組換え
   Ⅴ 配偶子の形成 160
   Ⅵ 配偶子の特殊化 163
   Ⅶ 受精 164
    受精の準備
    受精の過程
   Ⅷ エピジェネティックな遺伝情報の伝達 167
   Ⅸ 種と性 167
   問題 168
    クローン動物 155
    性の決定と性転換 157
    ノックアウトマウス 158
    アグロバクテリウムと遺伝子組換え植物 163
    DNAのメチル化,発生,体細胞クローン動物 166
    ゲノムインプリンティング 167
問題の解答 169
索引 179
執筆者一覧 183
   注 : Ca[2+]の[2+]は上つき文字
   注 : H[+]の[+]は上つき文字
   
3.

図書

図書
東京大学生命科学教科書編集委員会編
出版情報: 東京 : 羊土社, 2018.3  342p ; 26cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼