close
1.

図書

図書
大野勝久 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2002.3  vii, 183p ; 21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
小西正躬 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2001.10  iv, 166p ; 21cm
シリーズ名: 科学技術入門シリーズ ; 2
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
牧充著
出版情報: 東京 : 養賢堂, 2001.7  8, 192p ; 21cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
木村文彦著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.3  x, 131p ; 21cm
シリーズ名: 岩波講座現代工学の基礎 ; 設計系 ; 6
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
木村文彦著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2005.8  x, 131p ; 22cm
シリーズ名: シリーズ現代工学入門
所蔵情報: loading…
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
松崎久純著
出版情報: 東京 : 研究社, 2005.6  ix, 227p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Part 1 トヨタ生産方式とは The Toyota Prodution System
   1 トヨタ生産方式とは何か What is the Toyota Production System? 2
   2 多品種少量生産 Production of many models in small quantities 4
   3 動きと働き Move and Work 8
   4 真因を問う Finding the Root Cause 11
Part 2 ジャスト・イン・タイム Just-In-Time
   1 ジャスト・イン・タイムとは何か What is Just-In-Time? 16
   2 工程の流れ化 Workflow 20
   3 同期化 Synchronization 23
   4 後工程引取り A later process takes what is needed from an earlier process 27
   5 不必要な在庫をなくす Eliminating Unnecessary Inventory 30
   6 必要なものを、必要な時に、必要な数量だけ Just what is needed,Only when needed,Only in the quantity needed 33
Part 3 平準化 Production Leveling
   1 平準化とは何か What is Production Leveling? 38
   2 小ロット生産 Small Lot Production 41
   3 段取り替えをすばやく、頻繁に Changing Setup Quickly and Often 44
   4 バラツキをゼロにする Zero Fluctuation 48
   5 多様化 Diversification 50
   6 生産合理化 Rationalizing Production Processes 53
Part 4 標準作業 Standard Work
   1 標準作業とは何か What is Standard Work? 56
   2 タクトタイム Takt Time 59
   3 作業順序 Work Sequence 62
   4 標準手持ち Standard In-Process Stock 65
   5 標準作業票 Standard Work Sheet 67
   6 ムリ、ムラ、ムダ Unreasonableness,Inconsistency,Waste 71
Part 5 ムダとり Elimination of Waste
   1 ムダとりとは何か What is Elimination of Waste? 76
   2 7つのムダ Seven Types of Waste 80
   3 稼働率と可動率 Operation Rate and Operatioula Availability 86
   4 能率向上 Improving Efficiency 90
   5 過剰な人、設備、在庫 Excess Manpower,Equipment and Inventory 93
   6 生産数量と人員数 Production Quantity and Number of People 96
Part 6 かんばん方式 Kanban Method
   1 かんばん方式とは何か What is the kanban Method? 100
   2 かんばんの種類 Types of Kanban Cards 103
   3 かんばん使用のルール Rules of Kanban Use 109
   4 つくり過ぎを防ぐ Prevent Over-Production 112
   5 微調整 Fine Adjustment 114
Part 7 自動化 Autonomation
   1 自動化とは何か What is Automation? 118
   2 にんべんの付いた自働化 Automation with a Human Element 121
   3 目で見る管理 Visual Management 124
   4 アンドン Andon Board 126
Part 8 省力化、省人化、少人化 Labor-Saving Manpower-Saving and the Flexible Manpower Line
   1 省力化、省人化、少人化とは何か What are Labor-Saving, Manpower-Saving and the Flexible Manpower Line? 130
   2 省力化 Labor-Saving 132
   3 省人化 Manpower-Saving 135
   4 少人化 Flexubli Manpower 138
   5 多能工化 Multi-Skilled Development 141
Part 9 工数低減 Manpower Reduction
   1 工数低減とは何か What is Manpower Reduction? 146
   2 作業改善 Kaizen(in operation) 148
   3 設備改善 Equipment Kaizen 151
   4 多台持ち Multi-Machine Handling 154
   5 多工程持ち Multi-Process Handling 157
Part 10 品質保証 Quality Assurance
   1 品質保証とは何か What is Quality Assurance? 162
   2 品質は工程でつくり込む Quality must be built into each process 167
   3 ポカヨケ Mistake-Proofing 169
   4 異常に対応する Reacting to Abnormality 172
Part 11 管理・監督者、チームワーク Manager,Supervisor and Teamwork
   1 管理・監督者、チームワークについて Manager,Supervisor and Teamwork 176
   2 管理・監督者 Manager and Supervisor 178
   3 チームワーク Teamwork 180
   4 OJT,Off-JT,QC活動 OJT,Off-JT,QC-activities 182
Part 12 安全、保全、5S Safety,Maintenance and 5S
   1 安全、保全、5Sとは何か What are Safety,Maintenance and 5S? 188
   2 安全について Safety 190
   3 保全について Maintenance 193
   4 5Sについて 5S 196
付録 ロボットの活用 Using Robots
   1 ロボットの導入 Introducing Robots 200
   2 労働力の不足に対応 Responding to Labor Shortage 202
   3 ロボットの活用の仕方 How to Use Robots 204
トヨタ生産方式で使われる<ワードリスト> Word List
コラム Columns
コラム1「トヨタ生産方式」を自社に適用する時
   その1 7
   その2 13
   その3 22
   その4 26
   その5 35
   その6 47
   その7 58
   その8 64
   その9 74
   その10 79
   その11 85
   その12 89
   その13 123
コラム2 英語で業務指導を行う時
   その1 143
   その2 153
   その3 156
   その4 166
   その5 171
   その6 185
   その7 192
   その8 195
   その9 198
   その10 201
   その11 203
   その12 205
   その13 206
Part 1 トヨタ生産方式とは The Toyota Prodution System
   1 トヨタ生産方式とは何か What is the Toyota Production System? 2
   2 多品種少量生産 Production of many models in small quantities 4
7.

図書

図書
国狭武己著
出版情報: 福岡 : 九州大学出版会, 1999.9  viii, 225p ; 22cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ジャストインタイム生産システム研究会編
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2004.4  387p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
緒言 ― 大野勝久(名古屋工業大学) 1
   1. はじめに 1
   2. 本書の成り立ちと構成 3
   3. おわりに 5
第I部 ジャストインタイム生産システム
第1章 生産システムの成り立ちとJIT生産システム ― 熊谷智徳(名古屋工業大学名誉教授)
   1.1 価値産出 14
   1.2 生産のタイプ 16
   1.3 生産システムの成り立ち 19
   1.4 JIT生産システム 34
   1.5 トヨタシステムとJITシステム 47
第2章 JIT生産システムの原価管理 ― 門田安弘(筑波大学)
   2.1 原価管理におけるボトムアップとトップダウン・アプローチの共用 50
   2.2 原価改善のボトムアップ・アプローチ ― JIT生産方式による改善活動 51
   2.3 原価改善のトップダウン・アプローチ 57
   2.4 結び ― 現場改善活動と貨幣的改善目標とのリンクづけ 66
   参考文献 67
第3章 JIT生産システムの生産・物流管理 ― 小谷重徳(トヨタ自動車㈱)
   3.1 はじめに 69
   3.2 JIT生産システムの考え方 69
   3.3 JIT生産システムの基本 71
   3.4 かんばん方式 75
   3.5 平準化生産 88
   3.6 継続的な改善活動 88
   3.7 JIT生産システムの進化 90
   参考文献 91
第4章 JIT生産システムと品質管理 ― 仁科 健(名古屋工業大学)
   4.1 JIT生産システムを支える品質管理、高品質を支えるJIT生産システム 92
   4.2 品質と品質管理 93
   4.3 品質管理の推進 100
   4.4 問題解決を通じた企業体質の強化 105
   4.5 開発リードタイムの短縮に貢献するタグチメソッド 108
   参考文献 110
第5章 JITと最大効率でコスト最小を追求する設備管理 ― 伊藤新三(㈱デンソー)
   5.1 JITと最大効率でコスト最小を追求する設備管理とは 112
   5.2 最大効率の設備管理を進めるための総合的推進体制構築 117
   5.3 製品開発と生産技術・設備開発のコンカレントエンジニアリング 121
   5.4 生まれの良い設備作り 127
   5.5 保全体制の構築と専門保全活動 134
   5.6 自主保全活動 141
   参考文献 146
第6章 JIT生産システムの労務管理 ― 池田良夫(愛知工業大学)
   6.1 生産システムと労務管理 148
   6.2 トヨタ自動車の労使関係 151
   6.3 JIT生産システムと労務管理 158
   6.4 JIT生産システムの労務管理の課題と展望 165
   引用・参考文献 173
第7章 JIT生産システムの国際化 ― 門田安弘(筑波大学)
   7.1 JIT生産システムの国際化における問題点 175
   7.2 外注取引の変革 176
   7.3 労使関係の変革 183
   7.4 GMのクオリティ・ネットワークとシンクロ組織 189
   7.5 JIT生産システムの海外移転 ― 4つのシナリオ 196
   参考文献 197
第8章 JIT生産システムの形成史 ― 竹野忠弘(名古屋工業大学)
   8.1 はじめに 198
   8.2 「トヨタ生産方式」における経営理念 201
   8.3 トヨタの経営史 203
   8.4 「トヨタ生産方式」のあゆみ 206
   8.5 むすび 211
   参考文献 212
   トヨタ生産方式の形成前史年表 214
第II部ジャストインタイム生産システムの理論研究
第1章 かんばん方式の最適化 ― 小島貢利(名古屋工業大学)
   1.1 はじめに 232
   1.2 かんばん方式 232
   1.3 従来のかんばん枚数決定法 234
   1.4 数理モデルによるかんばん方式の最適化 234
   1.5 おわりに 244
   引用・参考文献 245
第2章 かんばん方式の確率的性質と最適性 ― 中島健一(大阪工業大学)
   2.1 はじめに 247
   2.2 かんばん方式の確率的性質 248
   2.3 かんばん方式の理論的費用特性 252
   2.4 かんばん方式と最適政策 255
   2.5 おわりに 259
   引用・参考文献 260
第3章 かんばん方式とシミュレーション ― 高橋勝彦(広島大学)
   3.1 かんばん方式のモデル 262
   3.2 かんばん方式のシミュレータ 268
   3.3 指示量決定モデルによるシミュレーション 270
   3.4 指示時点決定モデルによるシミュレーション 275
   参考文献 281
第4章 組立ラインヘの製品投入計画の最適化 ― 田村隆善(名古屋工業大学)
   4.1 はじめに 284
   4.2 問題を規定するいくつかの要素 285
   4.3 作業負荷の平準化 287
   4.4 部品消費速度の平準化 291
   4.5 目標追跡法 292
   4.6 製品投入速度の平準化 296
   4.7 バイパスをもつラインヘの製品投入順序づけ問題 297
   4.8 おわりに 300
   引用・参考文献 300
第5章 多工程持ち作業の評価と最適化 ― 中出康一(名古屋工業大学)
   5.1 はじめに 304
   5.2 多能工が1人の場合 305
   5.3 複数の多能工をもつU字生産ライン 312
   5.4 性能比較 316
   参考文献 319
第6章 JIT国際物流の最適化 ― 平木秀作(広島修道大学)
   6.1 自動車産業の国際化とJIT国際物流 321
   6.2 相互補完システムと輸送方法 321
   6.3 相互補完システムの生産・輸送指示モデル 327
   6.4 相互補完システムの生産・在庫・輸送計画 335
   参考・引用文献 348
第7章 生産・物流システムの最適制御とJIT ― 大野勝久(名古屋工業大学)
   7.1 はじめに 351
   7.2 生産管理方式 352
   7.3 生産管理方式の比較 356
   7.4 最適制御政策 358
   7.5 生産・物流システムの最適制御 359
   7.6 修正政策反復法とニューロDPアルゴリズム 363
   7.7 プル方式間の比較 367
   7.8 おわりに 373
   参考文献 374
結言 ― 田村隆善(名古屋工業大学) 379
緒言 ― 大野勝久(名古屋工業大学) 1
   1. はじめに 1
   2. 本書の成り立ちと構成 3
9.

図書

図書
平川保博著
出版情報: 東京 : 森北出版, 2000.10  vi, 190p ; 22cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
人見勝人著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2000.10  vi, 246p ; 22cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼