close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
八木康一編著 ; 能野秀典, 矢沢道生, 桑山秀人共著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2009.6  ix, 155p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 元素と原子の性質
   1.1 はじめに 1
    1.1.1 化学の誕生 1
    1.1.2 元素,原子とは 2
    1.1.3 “モル”化学で最も大切な単位 3
   1.2 原子の構造 5
    1.2.1 原子の大きさ 5
    1.2.2 陽子の数と質量 6
    1.2.3 同位体 6
    1.2.4 電子配置と軌道 7
    1.2.5 典型元素と遷移元素 9
   1.3 周期表 9
    1.3.1 周期表に基づく元素の分類 9
    1.3.2 イオン化エネルギー 10
    1.3.3 電子親和力 11
   1.4 化学結合 11
    1.4.1 結合に関わる最外殻電子” 11
    1.4.2 イオン結合 12
    1.4.3 共有結合 12
    1.4.4 配位結合 12
    1.4.5 分子の極性 13
   練習問題 14
2章 希ガス(O族)元素と水素
   2.1 希ガス(O族)元素 15
    2.1.1 希ガスの化学的性質と電子構造(閉殻構造と八隅子説) 15
   2.2 水 素 17
    2.2.1 水素原子の構造,水素化合物の例 17
    2.2.2 水素イオン(H+) 19
    2.2.3 生物にとって重要な水素化合物“水” 20
   練習問題 21
3章 典型元素Ⅰ(s元素)
   3.1 s元素とは 22
   3.2 1A族元素(アルカリ金属元素) 22
    3.2.1 一般的性質 22
    3.2.2 主な化合物 24
   3.3 2A族元素(アルカリ土類金属元素) 25
    3.3.1 一般的性質 25
    3.3.2 主な化合物 26
4章 典型元素Ⅱ(p元素)
   4.1 p元素とは 28
   4.2 3A族元素(ホウ素族元素;B, Al, Ga, In, Tl) 29
    4.2.1 一般的性質 29
    4.2.2 アルミニウム(Al) 30
   4.3 4A族元素(炭素族元素;C, Si, Ge, Sn, Pb) 32
    4.3.1 一般的性質 32
    4.3.2 炭 素(C) 33
    4.3.3 ケイ素(Si) 36
   4.4 5A族元素(窒素族元素;N, P, As, Sb, Bi) 37
    4.4.1 一般的性質 37
    4.4.2 窒 素(N) 38
    4.4.3 リ ン(P) 42
   4.5 6A族元素(酸素族元素;O, S, Se, Te, Po) 43
    4.5.1 一般的性質 43
    4.5.2 酸 素(O) 44
    4.5.3 硫 黄(S) 50
    4.5.4 セレン(Se) 52
   4.6 7A族元素(ハロゲン元素;F, Cl, Br, I, At) 54
    4.6.1 一般的性質 54
    4.6.2 フッ素(F) 55
    4.6.3 塩 素(Cl) 56
    4.6.4 ヨウ素(I) 57
   練習問題 58
5章 電解質(Electrolyte)(水,弱酸の取り扱い)
   5.1 水,イオン 59
    5.1.1 電解質 59
    5.1.2 モル電気伝導度,Λo 60
    5.1.3 イオン独立移動の法則 61
    5.1.4 電離度,α 62
    5.1.5 水の場合を考える 62
    5.1.6 弱酸(弱電解質である酸)の取り扱い 63
   5.2 弱酸に塩基を加える(中和反応) 65
    5.2.1 中和反応 65
    5.2.2 弱酸の中和反応 65
   5.3 生体内における重要なpH酸緩衝作用 67
    5.3.1 リン酸系 67
    5.3.2 炭酸緩衝系 68
   練習問題 69
6章 遷移元素(d元素)
   6.1 d元素の一般的性質 71
   6.2 d元素のイオン化 73
    6.2.1 イオン化傾向 73
    6.2.2 d元素のイオン化エネルギー 73
    6.2.3 d元素イオンの外殻電子 74
    6.2.4 イオンの水和 75
   6.3 d元素と錯体 76
    6.3.1 錯体と配位子 76
    6.3.2 d元素イオンの配位結合と希ガス型電子構造 77
    6.3.3 配位子に依存するd元素イオンの安定な原子価 80
    6.3.4 配位子に依存する錯イオンの色と構造 80
    5.3.5 多座配位子 81
    6.3.6 化学平衡と錯体の安定度定数 83
   6.4 d元素と酸化・還元反応 84
    6.4.1 遷移金属イオンの酸化と還元 84
    6.4.2 酸化還元の反応方向と電池の起電力 85
    6.4.3 標準電極電位 86
    6.4.4 実際の酸化還元反応と標準電極電位 87
    6.4.5 錯体の分子構造と分子軌道 89
   6.5 生物における遷移元素 90
    6.5.1 バナジウム 90
    6.5.2 クロムとモリブデン 91
    6.5.3 マンガン 93
    6.5.4 鉄 95
    6.5.5 コバルト 98
    6.5.6 ニッケル 98
    6.5.7 銅 99
    6.5.8 亜鉛とカドミウム 100
   練習問題 101
7章 生命現象と金属元素
   7.1 細胞膜を隔てたイオン濃度のバランス 104
    7.1.1 細胞の内外でイオンの分布は異なる 104
    7.1.2 イオンポンプとイオンチャンネル 105
    7.1.3 細胞内イオン濃度と浸透圧の調節 109
    7.1.4 イオンチャンネルと神経 109
   7.2 生命活動とエネルギー 111
    7.2.1 細胞が使えるエネルギー 111
    7.2.2 アデノシン三リン酸(ATP) 112
    7.2.3 ミトコンドリアでのATP合成 113
    7.2.4 クロロプラストでの光合成とATPの合成 116
    7.2.5 電子キャリアの構造 119
   7.3 物質の輸送 123
    7.3.1 ヘモグロビンと酸素の輸送 124
    7.3.2 ヘモグロビンと二酸化炭素の輸送 128
    7.3.3 その他の物質の輸送 129
   7.4 生命活動と物質の変換 129
    7.4.1 金属イオンと酵素 130
    7.4.2 酸素の酸化力と毒性 133
   7.5 化学反応速度の調節と生命 134
    7.5.1 酵素活性の調節 135
    7.5.2 刺激に対する細胞の応答-酵素の活性化 135
   7.6 遺伝情報と金属元素 138
    7.6.1 核酸はヌクレオシドリン酸のポリマー 138
    7.6.2 DNAは二重らせん構造 139
    7.6.3 遺伝情報の発現と調節-金属元素が機能出来る過程 140
    7.6.4 遺伝子構造の変異と損傷-進化と発がん 144
練習問題の解答例 147
索引 153
1章 元素と原子の性質
   1.1 はじめに 1
    1.1.1 化学の誕生 1
2.

図書

図書
八木康一編著
出版情報: 東京 : 三共出版, 1997.4  viii, 189p ; 21cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
吉村悦郎著
出版情報: 東京 : 丸善出版, 2014.3  vi, 207p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : 分子の構造と反応
2 : 金属錯体の化学
3 : 加水分解
4 : 電子伝達
5 : 酸素分子
6 : 酸化還元酵素
7 : 官能基の転位と転移
1 : 分子の構造と反応
2 : 金属錯体の化学
3 : 加水分解
概要: 生物現象を無機化学の立場で解説した教科書。類書と異なり、生物無機化学の理解に必要な、錯体化学、構造化学、熱力学の要点を他の書籍に頼らずに理解できる。
4.

図書

図書
Anna M. Fiabane, David R. Williams [著] ; 原口紘炁訳
出版情報: 東京 : 丸善, 1981.10  vi, 154p ; 22cm
シリーズ名: 化学セミナー ; 6
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
Dieter Rehder著 ; 塩谷光彦訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2017.11  xiv, 288p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
周期表の生体元素
生命誕生以前と原始生命体:極限環境微生物
アルカリ金属およびアルカリ土類金属
鉄:無機化学と生化学からみた一般的特徴
酸素運搬と電子伝達系
鉄、マンガン、銅が関わる酸化還元酵素
モリブデン、タングステン、バナジウムに基づくオキソ転移タンパク質
硫黄循環
ニトロゲナーゼおよび窒素循環を担う酵素
メタン循環とニッケル酵素
光合成
亜鉛の生化学
金属−炭素結合
無機医薬品
周期表の生体元素
生命誕生以前と原始生命体:極限環境微生物
アルカリ金属およびアルカリ土類金属
6.

図書

図書
山内脩, 鈴木晋一郎, 櫻井武著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2012.6  xiii, 405p, 図版 [8] p ; 22cm
シリーズ名: 朝倉化学大系 ; 12
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
Stephen J. Lippard, Jeremy M. Berg [著] ; 坪村太郎, 棚瀬知明, 酒井健訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1997.3  x, 400p ; 22cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
Robert R. Crichton著 ; 塩谷光彦監訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2016.3  xi, 354p ; 27cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
生体系の金属と代表的な非金属に関する概説
錯体化学の基礎:生物学者にむけて
構造生物学と分子生物学の基礎:化学者にむけて
生体内の金属配位子
中間代謝と生体エネルギーの概説
生体内の金属の研究手法
金属同化経路
金属イオンの輸送・貯蔵・恒常性
ナトリウムとカリウム:チャネルとポンプ
マグネシウム:リン酸代謝と光受容〔ほか〕
生体系の金属と代表的な非金属に関する概説
錯体化学の基礎:生物学者にむけて
構造生物学と分子生物学の基礎:化学者にむけて
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
増田秀樹, 福住俊一編著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2005.5  x, 403p, 図版[2]p ; 22cm
シリーズ名: 錯体化学会選書 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
巻頭言(伊藤翼)
はじめに(諸岡良彦)
1章 生物無機化学の成り立ちと展望(山内脩)
   1.1 生物無機化学の誕生 1
   1.2 生体系の必須元素と役割 2
    1.2.1 役割から見た金属元素の分類 3
    1.2.2 金属イオンの取り込みと量的コントロール 4
   1.3 生体系の金属イオン結合部位とその反応性 6
    1.3.1 アミノ酸・ペプチドの錯形成反応 6
    1.3.2 金属タンパク質における結合様式 7
    1.3.3 ヌクレオチドの錯形成能および核酸と金属錯体との相互作用 9
   1.4 金属中心における分子間相互作用と分子認識 10
   1.5 生物無機化学の展望 13
2章 基本的概念
   2.1 物理化学―化学結合(榊茂好) 15
    2.1.1 量子化学とシュレーディンガー方程式 15
    2.1.2 原子軌道 19
    2.1.3 1電子系の分子軌道法 : 等核2原子分子 23
    2.1.4 1電子系の分子軌道法 : 異核2原子分子 27
    2.1.5 第2周期元素の2原子分子の結合とσ,π結合 28
    2.1.6 多電子系の分子軌道法 33
    2.1.7 軌道エネルギーとイオン化ポテンシャル,電子親和力,フロンティア軌道理論 35
    2.1.8 実際の分子軌道計算 : ab initio MO計算と密度汎関数理論(DFT) 37
    2.1.9 金属錯体の配位結合と分子軌道 40
    2..10 生物無機化学分野への理論化学の応用 41
   2.2 物理化学―化学平衡と反応速度(福住俊一) 43
    2.2.1 化学平衡 43
    2.2.2 反応速度 45
    2.2.3 速度定数 48
    2.2.4 逐次反応 51
    2.2.5 反応機構 52
    2.2.6 遷移状態理論 55
    2.2.7 化学平衡と反応速度との関係 58
   2.3 錯体化学(鈴木正樹) 62
    2.3.1 遷移金属錯体の電子状態と結合性の理解 62
    2.3.2 配位子場理論 64
    2.3.3 錯体の安定性 69
    2.3.4 遷移金属錯体の配位子置換反応 72
    2.3.5 酸化と還元 74
    2.3.6 遷移金属錯体の電子状態 78
   2.4 生体関連有機分子の基礎化学(伊東忍) 84
    2.4.1 アミノ酸とタンパク質 85
    2.4.2 補因子(補酵素) 89
    2.4.3 補酵素化学の新しい流れ 93
   2.5 生化学の基礎知識(渡辺芳人) 97
    2.5.1 タンパク質の改変 97
    2.5.2 金属酵素を作り出す 103
    2.5.3 ゲノムと遺伝子 107
    2.5.4 まとめ 110
3章 光合成
   3.1 光合成と呼吸(福田秀樹) 112
   3.2 電荷分離(福住俊一) 116
    3.2.1 電子移動反応 117
   3.3 光合成反応中心(福住俊一) 128
   3.4 光合成反応中心モデル(福住俊一) 132
   3.5 生体エネルギー変換―電子移動と共役したプロトン能動輸送(福住俊一) 136
   3.6 光合成における水の酸化(増田秀樹) 140
    3.6.1 光合成系光化学反応系Ⅱと酸素発生中心の構造 140
    3.6.2 OECにおける水の酸化反応 141
4章 呼 吸
   4.1 酸素運搬(鈴木正樹) 145
    4.1.1 酸素分子 146
    4.1.2 ヘモグロビンとミオグロビン 147
    4.1.3 へムエリスリン 156
    4.1.4 ヘモシアニン 163
   4.2 呼吸における酸素の還元(増田秀樹) 168
    4.2.1 呼吸錯とシトクロムc酸化酵素 169
    4.2.2 シトクロムc酸化酵素モデル 172
5章 電子伝達タンパク質(増田秀樹)
   5.1 銅タンパク質 175
    5.1.1 銅イオンの性質と銅タンパク質 175
    5.1.2 タイプⅠ銅を含む銅タンパク質 177
    5.1.3 タイプⅡ銅を含む銅タンパク質 180
    5.1.4 タイプⅢ銅を含む銅タンパク質 184
    5.1.5 マルチ銅タンパク質 186
   5.2 鉄タンパク質 189
    5.2.1 ヘム鉄タンパク質 189
    5.2.2. 非ヘム鉄タンパク質 191
6章 酸素の活性化と酸素化反応
   6.1 ヘムタンパク質・ヘム酵素(渡辺芳人) 195
    6.1.1 ヘムタンパク質・ヘム酵素の所在と機能 195
    6.1.2 ヘム鉄の電子状態 196
    6.1.3 酸素分子の運搬・貯蔵を行うヘモグロビン,ミオグロビン 198
    6.1.4 酸素を利用して酸化反応を行うシトクロムP450 200
    6.1.5 ペルオキシダーゼ 206
    6.1.6 高原子価活性種のモデル錯体による研究 210
    6.1.7 ヘム酵素やモデル錯体が行う酸化反応 211
    6.1.8 選択的酸化反応触媒としての金属ポルフィリン錯体 222
    6.1.9 シトクロムc酸化酵素 227
    6.1.10 まとめ 229
   6.2 非ヘム酵素―銅含有酵素(伊東忍) 230
    6.2.1 銅タンパク質の分類 230
    6.2.2 単核銅中心における酵素の活性化 232
    6.2.3 2核銅活性中心における分子状酸素の結合様式 236
    6.2.4 2核銅(Ⅱ)―ペルオキソ錯体の反応性 239
    6.2.5 酸素―酸素結合の開裂とその制御 241
    6.2.6 Bis(μ-oxo)2核銅(Ⅲ)錯体の反応性 243
    6.2.7 多核銅-酸素錯体 245
   6.3 非ヘム金属酸化酵素(引地史郎) 247
    6.3.1 非ヘム鉄酸化酵素 247
    6.3.2 その他の非ヘム鉄酸化酵素 270
    6.3.3 まとめ 272
7章 窒素の活性化と窒素固定(舩橋靖博・増田秀樹)
   7.1 工業的および天然の窒素固定 276
   7.2 ニトロゲナーゼの構造と反応の全体像 278
   7.3 ニトロゲナーゼに含まれる各種鉄-硫黄クラスターの構造と性質 279
   7.4 窒素の還元反応様式 284
   7.5 今後の展望 288
8章 生体系における金属イオンの輸送(実川浩一郎・増田秀樹)
   8.1 金属イオンの輸送 291
   8.2 鉄の吸収 292
   8.3 生体内の鉄輸送 293
   8.4 トランスフェリン 295
   8.5 シデロフォア 299
   8.6 人工シデロフォア 302
   8.7 海洋における鉄 306
   8.8 銅タンパク質の生体内挙動 308
   8.9 銅シャペロン 311
9章 加水分解酵素と加水酵素(実川浩一郎・増田秀樹)
   9.1 加水分解酵素・加水酵素の分類 315
   9.2 金属イオンの作用 317
   9.3 金属酵素の活性中心 318
   9.4 人工加水分解酵素 322
   9.5 ペプチドの加水分解酵素 324
   9.6 錯体によるペプチド加水分解 327
   9.7 核酸をはじめとするリン酸エステル類の加水分解 331
   9.8 ヒドラターゼの特異構造 336
   9.9 ヒドラターゼモデル 337
10章 生体内のアルカリ,アルカリ土類金属イオンの役割(小夫家芳明)
   10.1 アルカリ金属およびアルカリ土類金属イオン 344
    10.1.1 神経伝達に果たすアルカリ金属イオンの役割 344
    10.1.2 カルシウムイオンの役割 345
    10.1.3 マグネシウムイオンの役割 347
   10.2 天然のイオンチャンネルの構造と機能 348
    10.2.1 イオン選択性フィルター 348
    10.2.2 イオンチャンネルのゲート 353
   10.3 人工イオンチャンネル 355
    10.3.1 イオンチャンネル生成パターン 355
    10.3.2 電位依存性ゲート 358
    10.3.3 イオン選択性 359
    10.3.4 イオンチャンネルデバイス 360
    10.3.5 人工イオンチャンネルの抗バクテリア活性 363
   10.4 疾 病 364
    10.4.1 アルツハイマー病 365
    10.4.2 プリオン病(牛海綿状脳症(BSE),羊Scrapie病,Creutzfeldt-Jakob病) 366
11章 工業的応用(穐田宗隆)
   11.1 化学工業と生物無機化学 369
   11.2 ニトリルヒドラターゼ(NHase)によるアクリルアミド合成 370
   11.3 金属タンパクの反応に発想を得た触媒的変換反応 374
   11.4 医薬・診断薬としての利用 380
    11.4.1 医 薬 381
    11.4.2 診断書 385
付録 390
さくいん 399
巻頭言(伊藤翼)
はじめに(諸岡良彦)
1章 生物無機化学の成り立ちと展望(山内脩)
10.

図書

図書
松島美一, 高島良正共著
出版情報: 東京 : 廣川書店, 1984.3  11, 257p ; 21cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼