close
1.

図書

図書
マーセル・セロー著 ; 村上春樹訳
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2012.4  377p ; 20cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
ジョン・ニコルズ [著] ; 村上春樹訳
出版情報: 東京 : 新潮社, 2017.5  382p ; 16cm
シリーズ名: 新潮文庫 ; 10751, む-6-9
所蔵情報: loading…
概要: 舞台は60年代の米国東部の名門カレッジ。真面目で内気な学生ジェリーは、入学後すぐにお喋りで風変わりな女子学生プーキーと知り合った。彼女にふり回されながらも、しだいに芽生えていく恋...街角でのくちづけ、吹雪の夜の抱擁。だが、愛はいつしかすれ 違い、別れの時が来る。生き生きとした会話が魅力の青春小説を、村上春樹が瑞々しいタッチで新訳する。“村上柴田翻訳堂”シリーズ。 続きを見る
3.

図書

図書
カーソン・マッカラーズ [著] ; 村上春樹訳
出版情報: 東京 : 新潮社, 2016.4  332p ; 16cm
シリーズ名: 新潮文庫 ; 10492, む-6-1
所蔵情報: loading…
概要: この街を出て、永遠にどこかへ行ってしまいたい—むせかえるような緑色の夏、12歳の少女フランキーは兄の結婚式で人生が変わることを夢見た。南部の田舎町に暮らし、父や従弟、女料理人ベレニスとの日常に倦み、奇矯な行動に出るフランキー。狂おしいまでに 多感で孤独な少女の心理を、繊細な文体で描き上げた女性作家の最高傑作を村上春樹が新訳。“村上柴田翻訳堂”シリーズ開始。 続きを見る
4.

図書

図書
ジョン・チーヴァー著 ; 村上春樹訳
出版情報: 東京 : 新潮社, 2018.11  388p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
巨大なラジオ
ああ、夢破れし街よ
サットン・プレイス物語
トーチソング
バベルの塔のクランシー
治癒
引っ越し日
シェイディー・ヒルの泥棒
林檎の中の虫
カントリー・ハズバンド
深紅の引っ越しトラック
再会
愛の幾何学
泳ぐ人
林檎の世界
パーシー
四番目の警報
ぼくの弟
何が起こったか?
なぜ私は短編小説を書くのか?
解説対談 : 村上春樹×柴田元幸
巨大なラジオ
ああ、夢破れし街よ
サットン・プレイス物語
概要: ピュリッツァー賞、全米批評家協会賞受賞。アメリカ短篇小説の名手と言われた都会派作家チーヴァーの世界。現代に新たな光を放つ、珠玉の短篇集。郊外の高級住宅地を舞台に描かれる洒脱でアイロニーに満ちた物語。20篇すべてに訳者の丁寧な解説を付し、村上 春樹・柴田元幸が、「チーヴァーとその時代」を語り合う解説対談を収録! 続きを見る
5.

図書

図書
F・スコット・フィッツジェラルド著 ; 森慎一郎訳
出版情報: 東京 : 作品社, 2014.7  595p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報:
器量のある小説 / 村上春樹 [著]
小説『夜はやさし』の舞台裏 : 作者とその周辺の人々の書簡より / 森慎一郎編訳
器量のある小説 / 村上春樹 [著]
小説『夜はやさし』の舞台裏 : 作者とその周辺の人々の書簡より / 森慎一郎編訳
概要: 失意と苦悩のなかで書き継がれたフィッツジェラルドの最後の長篇!附:森慎一郎編訳「小説『夜はやさし』の舞台裏—作者とその周辺の人々の書簡より」小説の執筆が始まった1925年から作者が没する1940年までの『夜はやさし』に関わる書簡を抜粋・選録 続きを見る
6.

図書

図書
サリンジャー [著] ; 村上春樹訳
出版情報: 東京 : 新潮社, 2014.3  292p ; 16cm
シリーズ名: 新潮文庫 ; 9903, サ-5-2
所蔵情報: loading…
目次情報:
フラニー
ズーイ
フラニー
ズーイ
概要: 名門の大学に通うグラス家の美しい末娘フラニーと俳優で五歳年上の兄ズーイ。物語は登場人物たちの都会的な会話に溢れ、深い隠喩に満ちている。エゴだらけの世界に欺瞞を覚え、小さな宗教書に魂の救済を求めるフラニー。ズーイは才気とユーモアに富む渾身の言 葉で自分の殻に閉じこもる妹を救い出す。ナイーヴで優しい魂を持ったサリンジャー文学の傑作。—村上春樹による新訳! 続きを見る
7.

図書

図書
スコット・フィッツジェラルド著 ; 村上春樹編訳
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2019.6  332p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
短篇小説 : 異国の旅人
ひとの犯す過ち
クレイジー・サンデー
風の中の家族
ある作家の午後
アルコールに溺れて
フィネガンの借金
失われた十年
エッセイ : 私の失われた都市
壊れる
貼り合わせる
取り扱い注意
若き日の成功
短篇小説 : 異国の旅人
ひとの犯す過ち
クレイジー・サンデー
概要: 巧みに、軽妙に、時には、早すぎる死を予期したかのように—翳りのなかにあって揺るぎなく美しい一九三〇年代の名品群。多彩な短篇小説とエッセイをセレクト。翻訳者・村上春樹の起点となった二篇も新しい訳で収録。
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼