close
1.

図書

図書
日本生化学会
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1981.10  xiv, 1923p ; 22cm
シリーズ名: 生化学データブック / 日本生化学会編 ; 1
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
日本生化学会
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1981.10  xii, 1350p ; 22cm
シリーズ名: 生化学データブック / 日本生化学会編 ; 2
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
日本生化学会編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1979.11  xiv, 1923p ; 27cm
シリーズ名: 生化学データブック / 日本生化学会編 ; 1
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
日本生化学会編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1980.6  xii, 1350p ; 27cm
シリーズ名: 生化学データブック / 日本生化学会編 ; 2
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
日本生化学会編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1980.6  vii, 157p ; 26×36cm
シリーズ名: 生化学データブック / 日本生化学会編 ; 2 別冊
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
今堀和友 [ほか] 編集担当
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1992.4  xx, 541p ; 22cm
シリーズ名: 新生化学実験講座 / 日本生化学会編 ; 14
所蔵情報: loading…
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本生化学会編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1998.10  viii, 292p ; 22×31cm
シリーズ名: 細胞機能と代謝マップ / 日本生化学会編 ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   第I部 細胞
概説(石村 巽) 2
1.膜・オルガネラ(西村顕治) 4
   1・1 生体膜という概念 4
   1・2 個々のオルガネラの膜構造 6
   参考文献 11
2.細胞骨格(石川春律) 12
   2・1 細胞骨格とは 12
   2・2 微小管 12
   2・3 アクチンフィラメント 16
   2・4 中間径フィラメント 19
   参考文献 20
3.細胞内輸送と選別(中野明彦) 21
   3・1 タンパク質の細胞内輸送 21
   3・2 オルガネラヘのターゲッティング・膜透過 21
   3・3 小胞輸送による細胞内メンブレントラフィック 25
   参考文献 27
4.細胞外マトリックス(大和雅之,水野一乘,安達栄治郎,中里浩一,今村保忠,林 利彦) 28
   4・1 細胞外マトリックスの構成成分 28
   4・2 細胞外マトリックスの機能およびその制御 33
   4・3 細胞外マトリックスの受容体 34
   参考文献 36
5.食作用と分泌作用(大隅良典) 37
   5・1 エンドサイト シスとエキソサイトーシス概論 37
   5・2 エンドサイト シス 37
   5・3 ファゴサイトーシス(食作用) 39
   5・4 オートファジー 39
   5・5 エキソサイト シス 40
   参考文献 40
   第II部 核機能と発生
概説(猪飼 篤) 42
6.遺伝子の複製(菊池韶彦) 44
   6・1 遺伝子の本体はDNAである 44
   6・2 Hershey-Chaseの実験 44
   6・3 DNAの化学構造 44
   6・4 DNAの高次構造の解析 45
   6・5 Meselson-Stahlの実験 46
   6・6 DNA合成酵素 46
   6・7 岡崎フラグメント 47
   6・8 プライマー合成 47
   6・9 環状DNAの複製様式 47
   6・10 RNA複製と逆転写酵素 48
   6・11 レプリコン説 48
   6・12 細胞周期と複製 49
   6・13 ヌクレオソームの構築 49
   6・14 複製タンパク質複合体 49
   6・15 複製の進行とDNAトポロジー 50
   6・16 DNAトポイソメラーゼ 51
   6・17 複製の終結とDNA鎖の分離と分配 52
   6・18 DNA複製と校正機構 52
   6・19 修飾塩基と除去修復 52
   6・20 組換え反応を利用した修復 53
   6・21 DNAの相同的組換え 53
   6・22 部位特異的組換え 54
   6・23 トランスポゾンとレトロポゾン 55
   参考文献 55
7.遺伝子活性の調節(半田 宏,高木敏行) 56
   参考文献 61
8.RNA構造とスプライシング(半田 宏,澤 智華) 62
   8・1 RNAの構造 62
   8・2 スプライシング 63
   8・3 スプライシング機構 63
   8・4 リボザイム 64
   参考文献 65
9.タンパク質合成(半田 宏) 66
   参考文献 69
10.細胞周期(岸本健雄) 70
   10・1 細胞周期とチェックポイント 70
   10・2 細胞周期制御因子 70
   10・3 G1期通過とG1/S期移行 73
   10・4 G2/M期移行とM期通過 73
   10・5 チェックポイントコントロール 74
   参考文献 75
11.形態形成(佐々木洋) 76
   11・1 前後軸の領域特異性の決定 76
   11・2 オーガナイザーによるボディープランの制御 78
   11・3 神経管・体節の背腹パターン形成 79
   11・4 肢芽 80
   11・5 細胞間シグナル 80
   参考文献 82
   第III部 細胞内シグナリング
概説(西塚泰美,脊山洋右,内島泰信) 84
12.受容体(三品昌美) 86
   12・1 情報伝達の様式と受容体の構造 86
   12・2 イオンチャネル型受容体 86
   12・3 Gタンパク質共役型受容体 87
   12・4 酵素型受容体 90
   12・5 細胞内受容体 91
   参考文献 92
13.Gタンパク質(堅田利明) 93
   13・1 細胞膜受容体の種類とシグナル伝達の様式 93
   13・2 細胞膜受容体から効果器にシグナルを伝達するGタンパク質 94
   13・3 Gタンパク質の種類とその標的効果器 94
   13・4 Gタンパク質共役型受容体のサブタイプとそれらに共役するGタンパク質 96
   13・5 X線結晶解析によるGタンパク質の構造 96
   13・6 Gタンパク質サブユニットの翻訳後修飾 98
   13・7 ヒトの内分泌腫瘍で見いだされたαサブユニットの変異 99
   参考文献 99
14.低分子量Gタンパク質(木村一志,貝淵弘三) 100
   14・1 低分子量Gタンパク質の活性制御機構 100
   14・2 Ras 100
   14・3 Rho 102
   14・4 Rab 104
   参考文献 105
15.トランスポーター(斎藤尚亮) 106
   15・1 受動輸送 106
   15・2 能動輸送 110
   参考文献 111
16.イオンチャネル(飯野正光) 112
   16・1 イオンチャネルの機能 112
   16・2 イオンチャネルと細胞内シグナル 113
   16・3 受容体共役型イオンチャネル 113
   16・4 膜電位依存型イオンチャネル 114
   16・5 細胞内メッセンジャー依存型イオンチャネル 116
   16・6 イオンチャネルのリン酸化と機能 118
   参考文献 118
17.シグナル伝達のカスケードとネットワーク(大野茂男,宮本英七) 119
   17・1 サイクリックヌクレオチドとシグナル伝達カスケード 120
   17・2 カルシウムとシグナル伝達カスケード 122
   17・3 リン脂質代謝産物とシグナル伝達カスケード 124
   17・4 チロシンキナーゼとシグナル伝達カスケード 130
   17・5 MAPキナーゼカスケード 131
   17・6 シグナル伝達ネットワーク 133
   参考文献 136
18.脂質性シグナル分子(加納英雄) 137
   18・1概説 137
   18・2 ジアシルグリセロールとセラミド 138
   18・3 リゾホスファチジン酸 140
   18・4 ホスファチジン酸 140
   18・5 スフィンゴシン1-リン酸 141
   18・6 その他 141
   18・7 まとめ 141
   参考文献 142
   第IV部 細胞間コミュニケーション
概説(脊山洋右,内島泰信) 144
19.ホルモン(植野 望,南 康博,山村博平) 146
   19・1 ホルモンの定義 146
   19・2 ホルモンの分類 147
   19・3 ホルモンの構造 147
   19・4 ホルモンの作用機構 147
   19・5 ホルモン受容体 148
   19・6 ホルモン拮抗 148
   19・7 フィードバック制御 148
   19・8 ホルモンの合成と分泌 149
   19・9 ホルモン受容体の構造と機能 149
   参考文献 149
20.神経伝達(芳賀達也) 150
   20・1 シナプス 150
   20・2 神経伝達物質 151
   20・3 シナプス小胞 152
   20・4 受容体 154
   20・5 神経伝達の調節 157
   参考文献 158
21.サイトカイン(小安重夫) 159
   21・1 免疫系とサイトカイン 159
   21・2 造血系とサイトカイン 166
   21・3 サイトカイン受容体とシグナル伝達 167
   参考文献 169
22.一般化窒素(滝口正樹,森 正敬) 170
   22・1 NOの生成 170
   22・2 NOの派生生成物 171
   22・3 NOの標的分子 171
   22・4 NOの生物活性 171
   参考文献 171
23.免疫(小安重夫) 172
   23・1 自然免疫にかかわる細胞群 172
   23・2 獲得免疫にかかわる細胞群 174
   23・3 抗原認識 177
   23・4 免疫細胞の活性化と機能発現 181
   23・5 自己寛容と自己免疫疾患,抗腫瘍免疫 183
   参考文献 185
24.増殖因子(高橋伸一郎,伯野史彦) 186
   24・1 増殖因子の種類 186
   24・2 インスリン様増殖因子ファミリー 187
   24・3 上皮増殖因子ファミリー 190
   24・4 トランスフォーミング増殖因子βファミリー 191
   24・5 血小板由来増殖因子ファミリー 194
   24・6 繊維芽細胞増殖因子ファミリー 195
   24・7 神経成長因子ファミリー 198
   24・8 肝細胞増殖因子ファミリー 199
   参考文献 199
25.細胞表層マーカーとしての糖鎖(入村達郎,東 伸昭) 200
   25・1 糖タンパク質とその糖鎖 200
   25・2 プロテオグリカン 202
   25・3 糖脂質の糖鎖 205
   参考文献 205
26.細胞間結合(月田 承一郎) 206
   26・1 細胞間接着の役割と分子基盤 206
   26・2 カドヘリン 207
   26・3 オクルディン 209
   26・4 コネキシン 210
   26・5 免疫グロブリン様接着分子 211
   26・6 セレクチン 212
   26・7 CD44 213
   参考文献 213
27.細胞-マトリックス相互作用(久保田 俊一郎) 214
   27・1 細胞外マトリックス構成成分 214
   27・2 細胞外マトリックスの受容体 214
   参考文献 216
   第V部 植物・微生物の固有機能
概説(川口昭彦) 218
28.光合成(池内昌彦) 220
   28・1 光合成反応の様式 220
   28・2 地球の歴史における光合成と生物の進化 220
   28・3 光捕集とエネルギー転移のメカニズム 221
   28・4 光化学反応と電子の流れ 221
   28・5 光合成機能の調節 222
   28・6 葉の構造と植物の光合成 222
   28・7 地球上の炭素循環 223
   参考文献 223
29.細胞壁(宝月岱造) 224
   29・1 細胞壁の構造 224
   29・2 植物細胞の成長と細胞壁 225
   29・3 細胞壁の個体維持機能 227
   参考文献 229
30.植物ホルモン(新免輝男) 230
   30・1 植物ホルモンとは 230
   30・2 オーキシンの作用機構 230
   30・3 重力屈性(屈地性) 232
   参考文献 233
31.原形質流動と細胞極性(新免輝男) 234
   31・1 原形質流動(細胞質流動) 234
   31・2 細胞の極性 235
   参考文献 237
32.フィトクロムと走性(山本 興太朗,渡辺正勝) 238
   32・1 フィトクロム 238
   32・2 走性と屈性 240
   参考文献 244
   第VI部 細胞工学
概説(猪飼 篤) 246
33.ハイブリダイぜーション(半田 宏,和田忠士) 248
   33・1 サザンハイブリダイぜーション法 248
   33・2 Cot解析 249
   33・3 ノーザンブロット法 249
   33・4 FISH法 249
   33・5 S1ヌクレアーゼ法 250
   参考文献 251
34.遺伝子操作(半田 宏,矢島宏昭,和田忠士) 252
   34・1 遺伝子クローニング 252
   34・2 PCR 253
   参考文献 254
35.遺伝子ターゲッティング(勝木元也) 255
   35・1 遺伝子ターゲッティングのための遺伝子の構築 256
   35・2 ES細胞へのDNA導入による相同組換え体の単離 257
   35・3 遺伝子ターゲッティングマウスの作製 258
   35・4 おわりに 259
   参考文献 259
36.画像解析(小島清嗣,沼原利彦) 260
   36・1 画像解析の方法 260
   36・2 NIH Imageを用いた電気泳動パターンの解析 262
   36・3 顕微鏡画像の画像解析 264
   参考文献 267
付録 CD抗原(小安重夫) 269
索引 285
略号索引 291
   第I部 細胞
概説(石村 巽) 2
1.膜・オルガネラ(西村顕治) 4
8.

図書

図書
日本生化学会編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1997.9  viii, 302p ; 22×31cm
シリーズ名: 細胞機能と代謝マップ / 日本生化学会編 ; 1
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼