close
1.

図書

図書
内田治著
出版情報: 東京 : 東京図書, 2002.4  xi, 216p ; 21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
内田治著
出版情報: 東京 : 東京図書, 2003.2  xii, 225p ; 21cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
白石修二著
出版情報: 東京 : 森北出版, 2012.1  vi, 146p ; 22cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
大橋渉著
出版情報: 東京 : オーム社, 2010.6  x, 219p ; 21cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
石村貞夫, 石村光資郎著
出版情報: 東京 : 東京図書, 2011.9  xvi, 245p ; 21cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
内田治著
出版情報: 東京 : 東京図書, 2010.4  x, 213p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに
第1章 データの要約と視覚化 1
   Section1 統計量によるデータの要約 2
    1-1 基本統計量による要約 2
    1-2 パーセント点による要約 11
   Section2 グラフによるデータの視覚化 14
    2-1 ヒストグラム 14
    2-2 幹葉図 19
    2-3 箱ひげ図 21
    2-4 ドットプロット 23
第2章 平均値に関する解析 27
   Section1 母平均に関する検定と推定 28
    1-1 母標準偏差が既知のときの検定と推定 28
    1-2 母標準偏差が未知のときの検定と推定 37
   Section2 母平均の差に関する検定と推定 43
    2-1 2つの母平均の差の検定と推定 43
    2-2 対応のあるデータの母平均の差の検定と推定 54
第3章 分散に関する解析 59
   Section1 母分散に関する検定と推定 60
    1-1 母分散に関する検定 60
    1-2 母分散に関する推定 66
   Section2 母分散の比に関する検定と推定 68
    2-1 母分散の比に関する検定 68
    2-2 母分散の比に関する推定 74
第4章 相関分析 77
   Section1 相関関係の把握 78
    1-1 散布図による視覚的把握 78
    1-2 相関係数による数値的把握 85
   Section2 母相関係数に関する検定と推定 89
    2-1 母相関係数の検定 89
    2-2 母相関係数の推定 94
第5章 回帰分析 97
   Section1 直接回帰 98
    1-1 回帰式の算出 98
    1-2 回帰式の吟味 103
   Section2 多項式回帰 116
    2-1 多項式の算出 116
    2-2 多項式の吟味 119
第6章 比率に関する解析 127
   Section1 母比率に関する検定と推定 128
    1-1 直接確率計算による母比率に関する検定 128
    1-2 母比率に関する推定 134
   Section2 母比率の差に関する検定と推定 137
    2-1 母比率の差に関する検定 137
    2-2 母比率の差に関する推定 142
第7章 分割表に関する解析 145
   Section1 分割表とグラフ表現 146
    1-1 分割表とは 146
    1-2 グラフによる分割表の視覚化 155
   Section2 分割表の検定 165
    2-1 2×2分割表の検定 165
    2-2 m×n分割表の検定 170
付録 統計処理に使えるEXCELの関数 177
   付録1 Rのダウンロードとインストール 178
   付録2 R関連の便利ツール 185
   付録3 データの入力形式とグラフの作成 193
   付録4 ExcelとRの統計関数 202
   付録5 フリーの表計算ソフト 204
参考文献 209
索引 210
はじめに
第1章 データの要約と視覚化 1
   Section1 統計量によるデータの要約 2
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
内田治著
出版情報: 東京 : 東京図書, 2007.9  xi, 218p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに iv
第1章 アンケート調査 1
   §1 アンケート調査の基本 2
    1-1 アンケート調査とは 2
    1-2 アンケートの計画 4
   §2 標本調査法 12
    2-1 母集団と標本 12
    2-2 サンプリング 16
   §3 調査票の作成 18
    3-1 質問文 18
    3-2 回答の形式 21
第2章 アンケートのデータ 27
   §1 データの種類と処理 28
    1-1 測定の尺度 28
    1-2 データ処理の基本 30
   §2 データの入力 32
    2-1 単一回答の入力 32
    2-2 複数回答の入力 41
    2-3 順位回答の入力 45
第3章 アンケートの集計 49
   §1 単純集計 50
    1-1 単純集計の方法とグラフの作成 50
    1-2 データの要約 61
   §2 クロス集計 68
    2-1 クロス集計の方法とグラフの作成 68
    2-2 クロス集計表のグラフ表現 74
   §3 複数回答の集計 81
    3-1 単純集計の方法 81
    3-2 クロス集計の方法 88
第4章 比率の解析 91
   §1 比率に関する検定と推定 92
    1-1 比率に関する検定 92
    1-2 比率に関する推定 100
   §2 比率の差に関する検定と推定 102
    2-1 比率の違いに関する指標 102
    2-2 比率の差に関する検定 106
    2-3 独立でない比率の差に関する検定 108
    2-4 適合度の検定 115
第5章 分割表の解析 121
   §1 2X2分割表の検定 122
    1-1 χ2検定 122
    1-2 直接確率検定 127
    1-3 マクネマーの検定 130
   §2 LXM分割表の検定 136
    2-1 χ2検定 136
    2-2 残差の分析 140
   §3 順序カテゴリの分割表 144
    3-1 2XM分割表 144
    3-2 LXM分割表 150
第6章 平均値の解析 157
   §1 平均値の比較 158
    1-1 箱ひげ図 158
    1-2 t検定 164
    1-3 ウィルコクスンの順位和検定 169
   §2 対応がある場合の平均値の比較 174
    2-1 時系列プロットによるグラフ表現 174
    2-2 対応のある平均値の差の検定 178
    2-3 ウィルコクスンの符号付順位検定 182
第7章 相関分析 187
   §1 数量データ同士の関係 188
    1-1 相関係数 188
    1-2 複数の相関係数 194
   §2 順位データ同士の関係 204
    2-1 順位データのグラフ表現 204
    2-2 ケンドールの一致係数 208
参考文献 213
索引 214
はじめに iv
第1章 アンケート調査 1
   §1 アンケート調査の基本 2
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
淺野長一郎, 竹内光悦著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2006.8  vii, 258p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   注 : L[B]の[B]は下つき文字
   注 : [Scheffe]は、現物の表記と異なります
   
第1章 データと現象 1
   1.1 現象とデータの意味 1
   1.2 観測対象の選定 2
   1.3 観測特性の選択 3
    1.3.1 観測の客観性 4
    1.3.2 観測尺度の選定 4
    1.3.3 観測尺度の妥当性 5
    1.3.4 観測尺度の信頼性 5
    1.3.5 観測尺度の感度 6
    1.3.6 観測の平易性 6
   1.4 観測データの形式 6
第2章 評点法 9
   2.1 角変換 9
   2.2 Ridit変換 11
   2.3 Probit変換 13
   2.4 Rankit変換 18
   2.5 Fisherの評点法 19
第3章 順位による方法 25
   3.1 符号検定 25
   3.2 線上の連の数による検定 26
   3.3 環上の連の数による検定 29
   3.4 メヂアン検定 30
   3.5 拡張メヂアン検定 32
   3.6 Mosesの検定 34
   3.7 Walshの検定 36
   3.8 Mann-WhitneyのU検定(Wilcoxonの検定) 38
   3.9 一般化Wilcoxon検定 41
   3.10 Fisher-Ytes-Terry検定 44
   3.11 van der Waerdenの検定 45
   3.12 Klotzの検定 48
   3.13 Savageの検定 50
   3.14 頑健検定 51
   3.15 McNemarの検定 54
   3.16 Kruskal-Wallisの検定 56
   3.17 Jonckheere検定 59
   3.18 Siegel-Tukeyの検定 61
   3.19 Moodの検定 64
   3.20 Ansari-Bradleyの検定 65
   3.21 Lepage検定 67
   3.22 Mosesの順位ふう検定 68
   3.23 Kolmogorov-Smirnovの一標本検定 71
   3.24 Kolmogorov-Smirnovの二標本検定 72
   3.25 Kaplan-Meierの経時百分率の推測 74
   3.26 Cox-Mantel検定 76
   3.27 Friedman検定 79
   3.28 Page検定 82
   3.29 Mantel-Haenszel検定 84
   3.30 Spearmanの順位相関 87
   3.31 Kendallの順位相関 89
   3.32 Kendallの偏順位相関 92
   3.33 Kendallの一致性の係数W 93
   3.34 Cramerの連関係数C 95
   3.35 ラムダL[B]連関性の検定 97
   3.36 カッパ係数Κ 100
   3.37 順序変数の連関性に関するガンマ統計量G 103
   3.38 順序変数に関するSomersのΔ 106
第4章 分類法 111
   4.1 二項検定 111
   4.2 多項検定(適合度の検定) 113
   4.3 Fisherの精密確率検定 115
   4.4 2×2分割表のカイ二乗検定 117
   4.5 累積カイ二乗検定 118
   4.6 m×n分割表による検定 120
   4.7 単純選択法 123
   4.8 同類選択法 124
   4.9 全数類別法 126
   4.10 CochranのQ検定 128
   4.11 傾向の変化点の推測 131
    4.11.1 データが二値の場合 131
    4.11.2 データが連続値の場合 133
   4.12 計数データのクラスタ分析 134
    4.12.1 凝縮型階層的クラスタ分析 135
    4.12.2 分析手順の実施 137
第5章 一対比較法 141
   5.1 評価者の一巡三角形による一致性 141
   5.2 評価者間の合致性の係数 144
   5.3 Thurstone-Mostellerの方法 145
   5.4 Bradley-Terryの方法 150
   5.5 [Scheffe]の一対比較法 153
第6章 計数の逐次検定法 159
   6.1 逐次二項検定 160
    6.1.1 検査と判定法 160
    6.1.2 検定特性(OC)曲線 162
    6.1.3 平均検査個数 164
    6.1.4 数値例 165
    6.1.5 数式誘導 167
   6.2 逐次二重二分法検定 173
    6.2.1 二重二分法 173
    6.2.2 優差比 174
    6.2.3 適用手順 175
    6.2.4 数値例 177
    6.2.5 数式誘導 179
   6.3 逐次ポアソン検定 182
    6.3.1 特徴 182
    6.3.2 適用手順 184
    6.3.3 数値例 185
    6.3.4 数式誘導 187
   6.4 逐次選択(PWR)方式 190
    6.4.1 概要 190
    6.4.2 二処理法の場合の選択方式 191
    6.4.3 処理法がm個の場合の選択方式 193
    6.4.4 逐次選択方式の特性 195
第7章 ソフトウェアFADAシステムによるデータ分析 199
   7.1 計算機を用いたデータ分析 199
   7.2 ソフトウェアFADAシステムのインストール 201
   7.3 FADAシステムの使い方 204
   7.4 FADAのメニユー 209
付表(数値表) 225
参考文献 252
索引 257
あとがき 259
   注 : L[B]の[B]は下つき文字
   注 : [Scheffe]は、現物の表記と異なります
   
9.

図書

図書
近藤宏, 末吉正成編著
出版情報: 東京 : 同友館, 2008.5  xi, 341p ; 21cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
宮岡悦良, 吉澤敦子著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2008.4  6, 367p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 SASへの入門 1
   1.1 SASへの招待 1
   1.1.1 SASデータセットの作成と表示 1
   1.1.2 クロス集計表の作成 5
   1.1.3 グラフの作成 6
   1.2 SASプログラミング 9
   1.2.1 SASプログラムの概要 9
   1.2.2 データ入力 10
   1.3 データ加工 19
   1.3.1 計算 19
   1.3.2 制御 22
   1.4 データセットの操作 27
   付録
   A. SASで日本語を使う 32
   B. 外部ファィルヘの出力 32
   C. 外部ファイルの読み込み 34
   D. データの転置,比較,内容の確認 38
   E. SASデータセットとSASデータライブラリ 40
   F. データのサブセットヘの適用 41
   演習問題 44
第2章 確率分布 46
   2.1 離散型確率分布 46
   2.1.1 ベルヌーイ分布 46
   2.1.2 2項分布 50
   2.1.3 ポアソン分布 53
   2.1.4 表で与えられた離散型分布 55
   2.2 連続型確率分布 57
   2.2.1 正規分布 57
   2.2.2 指数分布 63
   2.2.3 一様分布 65
   2.2.4 2変量正規分布 67
   A. 確率(密度)関数,分布関数,逆分布関数,乱数 70
   B. 確率分布一覧 72
第3章 データの要約 85
   3.0 変数の型 85
   3.1 度数分布表 86
   3.2 度数分布のグラフ表示 89
   3.3 要約統計量 94
   3.4 探索的データ解析 100
   3.4.1 箱ひげ図 100
   3.4.2 確率プロット 103
   3.4.3 シミュレーション 104
   3.5 散布図 107
   3.6 相関係数 110
   3.7 分割表 117
   A. 要約統計量 120
   B. 統計キーワード一覧 122
   演習問題 125
第4章 標本分布 128
   4.1 標本平均の標本分布 128
   4.1.1 正規分布からのランダム標本 128
   4.1.2 一様分布からのランダム標本 133
   4.1.3 指数分布からのランダム標本 134
   4.1.4 ベルヌーイ分布からのランダム標本(標本比率の標本分布) 136
   4.1.5 大数の法則 138
   4.1.6 中心極限定理 141
   4.2 標本分散の標本分布 143
   4.2.1 正規分布からのランダム標本 143
   4.2.2 一様分布からのランダム標本 146
   4.2.3 指数分布からのランダム標本 147
   演習問題 150
第5章 平均の推測 153
   5.1 母集団の平均の推測 153
   5.2 タイプⅠ,Ⅱの誤りと検出力 161
   5.3 2つのグループの平均の比較 176
   5.4 ノンパラメトリック検定 182
   5.5 対応のある2つのグループの比較 186
   A. univariateプロシジャが作成するグラフ 189
   演習問題 194
第6章 比率の推測 197
   6.1 母集団の比率の推測 197
   6.2 2つのグループの比率の比較 208
   6.3 対応のあるグループの比率の比較 230
   演習問題 235
第7章 分割表の解析 238
   7.1 適合度検定 238
   7.2 r×c分割表 242
   7.2.1 等質性検定 242
   7.2.2 独立性検定 255
   7.3 連関 258
   7.4 一致性の検定 265
   演習問題 268
第8章 単回帰分析 272
   8.1 散布図 272
   8.2 単回帰分析 274
   8.3 残差分析 282
   8.4 相関解析 293
   演習問題 297
第9章 重回帰分析 299
   9.1 重回帰分析 299
   9.2 変数選択 304
   9.3 説明変数にカテゴリカル変数を含む場合(共分散分析) 316
   9.4 一要因分散分析 324
   9.4.1 分散分析 324
   9.4.2 多重比較 330
   9.4.3 Kruska1-Wallis検定 337
   演習問題 341
   A. グラフヘの回帰直線や曲線の追加 344
   B. ODS(Output Delivery System) 345
   B.1 メニューから設定する方法-ODSでHTMLへ出力する 345
   B.2 SASプログラムでODS出力の指定をする方法 346
   B.3 統計グラフ 351
   C. 保存される統計量と変数名 353
   C.1 NAR1WAYプロシジャ 353
   C.2 FREQプロシジャ 356
   D. その他 357
   D.1 SASの基本操作 357
   D.2 Windows版SASのバッチモード 360
参考文献 361
索引 363
第1章 SASへの入門 1
   1.1 SASへの招待 1
   1.1.1 SASデータセットの作成と表示 1
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼