close
1.

図書

図書
安藤鋭郎[ほか]編
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1973  2冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
江崎信芳, 藤田博美編著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2002.3  326p ; 24cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
Brian R. Eggins
出版情報: Chichester, West Sussex : Wiley, c2002  xxi, 273 p. ; 23 cm
シリーズ名: Analytical Techniques in the Sciences(AnTS)
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Series Preface
Preface
Acronyms, Abbreviations and Symbols
About the Author
Introduction / 1:
Introduction to Sensors / 1.1:
What are Sensors? / 1.1.1:
The Nose as a Sensor / 1.1.2:
Sensors and Biosensors--Definitions / 1.2:
Aspects of Sensors / 1.3:
Recognition Elements / 1.3.1:
Transducers--the Detector Device / 1.3.2:
Methods of Immobilization / 1.3.3:
Performance Factors / 1.3.4:
Areas of Application / 1.3.5:
Transduction Elements / 2:
Electrochemical Transducers--Introduction / 2.1:
Potentiometry and Ion-Selective Electrodes: The Nernst Equation / 2.2:
Cells and Electrodes / 2.2.1:
Reference Electrodes / 2.2.2:
Quantitative Relationships: The Nernst Equation / 2.2.3:
Practical Aspects of Ion-Selective Electrodes / 2.2.4:
Measurement and Calibration / 2.2.5:
Voltammetry and Amperometry / 2.3:
Linear-Sweep Voltammetry / 2.3.1:
Cyclic Voltammetry / 2.3.2:
Chronoamperometry / 2.3.3:
Amperometry / 2.3.4:
Kinetic and Catalytic Effects / 2.3.5:
Conductivity / 2.4:
Field-Effect Transistors / 2.5:
Semiconductors--Introduction / 2.5.1:
Semiconductor--Solution Contact / 2.5.2:
Field-Effect Transistor / 2.5.3:
Modified Electrodes, Thin-Film Electrodes and Screen-Printed Electrodes / 2.6:
Thick-Film--Screen-Printed Electrodes / 2.6.1:
Microelectrodes / 2.6.2:
Thin-Film Electrodes / 2.6.3:
Photometric Sensors / 2.7:
Optical Techniques / 2.7.1:
Ultraviolet and Visible Absorption Spectroscopy / 2.7.3:
Fluorescence Spectroscopy / 2.7.4:
Luminescence / 2.7.5:
Optical Transducers / 2.7.6:
Device Construction / 2.7.7:
Solid-Phase Absorption Label Sensors / 2.7.8:
Applications / 2.7.9:
Further Reading
Sensing Elements / 3:
Ionic Recognition / 3.1:
Ion-Selective Electrodes--Introduction / 3.2.1:
Interferences / 3.2.2:
Conducting Devices / 3.2.3:
Modified Electrodes and Screen-Printed Electrodes / 3.2.4:
Molecular Recognition--Chemical Recognition Agents / 3.3:
Thermodynamic--Complex Formation / 3.3.1:
Kinetic--Catalytic Effects: Kinetic Selectivity / 3.3.2:
Molecular Size / 3.3.3:
Molecular Recognition--Spectroscopic Recognition / 3.4:
Infrared Spectroscopy--Molecular / 3.4.1:
Ultraviolet Spectroscopy--Less Selective / 3.4.3:
Nuclear Magnetic Resonance Spectroscopy--Needs Interpretation / 3.4.4:
Mass Spectrometry / 3.4.5:
Molecular Recognition--Biological Recognition Agents / 3.5:
Enzymes / 3.5.1:
Tissue Materials / 3.5.3:
Micro-Organisms / 3.5.4:
Mitochondria / 3.5.5:
Antibodies / 3.5.6:
Nucleic Acids / 3.5.7:
Receptors / 3.5.8:
Immobilization of Biological Components / 3.6:
Adsorption / 3.6.1:
Microencapsulation / 3.6.3:
Entrapment / 3.6.4:
Cross-Linking / 3.6.5:
Covalent Bonding / 3.6.6:
Selectivity / 4:
Ion-Selective Electrodes / 4.2.1:
Others / 4.2.2:
Sensitivity / 4.3:
Range, Linear Range and Detection Limits / 4.3.1:
Time Factors / 4.4:
Response Times / 4.4.1:
Recovery Times / 4.4.2:
Lifetimes / 4.4.3:
Precision, Accuracy and Repeatability / 4.5:
Different Biomaterials / 4.6:
Different Transducers / 4.7:
Urea Biosensors / 4.7.1:
Amino Acid Biosensors / 4.7.2:
Glucose Biosensors / 4.7.3:
Uric Acid / 4.7.4:
Some Factors Affecting the Performance of Sensors / 4.8:
Amount of Enzyme / 4.8.1:
Immobilization Method / 4.8.2:
pH of Buffer / 4.8.3:
Electrochemical Sensors and Biosensors / 5:
Potentiometric Sensors--Ion-Selective Electrodes / 5.1:
Concentrations and Activities / 5.1.1:
Calibration Graphs / 5.1.2:
Examples of Ion-Selective Electrodes / 5.1.3:
Gas Sensors--Gas-Sensing Electrodes / 5.1.4:
Potentiometric Biosensors / 5.2:
pH-Linked / 5.2.1:
Ammonia-Linked / 5.2.2:
Carbon Dioxide-Linked / 5.2.3:
Iodine-Selective / 5.2.4:
Silver Sulfide-Linked / 5.2.5:
Amperometric Sensors / 5.3:
Direct Electrolytic Methods / 5.3.1:
The Three Generations of Biosensors / 5.3.2:
First Generation--The Oxygen Electrode / 5.3.3:
Second Generation--Mediators / 5.3.4:
Third Generation--Directly Coupled Enzyme Electrodes / 5.3.5:
NADH/NAD[superscript +] / 5.3.6:
Examples of Amperometric Biosensors / 5.3.7:
Amperometric Gas Sensors / 5.3.8:
Conductometric Sensors and Biosensors / 5.4:
Chemiresistors / 5.4.1:
Biosensors Based on Chemiresistors / 5.4.2:
Semiconducting Oxide Sensors / 5.4.3:
Applications of Field-Effect Transistor Sensors / 5.5:
Chemically Sensitive Field-Effect Transistors (CHEMFETs) / 5.5.1:
Ion-Selective Field-Effect Transistors (ISFETs) / 5.5.2:
FET-Based Biosensors (ENFETs) / 5.5.3:
Photometric Applications / 6:
Techniques for Optical Sensors / 6.1:
Modes of Operation of Waveguides in Sensors / 6.1.1:
Immobilized Reagents / 6.1.2:
Visible Absorption Spectroscopy / 6.2:
Measurement of pH / 6.2.1:
Measurement of Carbon Dioxide / 6.2.2:
Measurement of Ammonia / 6.2.3:
Examples That Have Been Used in Biosensors / 6.2.4:
Fluorescent Reagents / 6.3:
Fluorescent Reagents for pH Measurements / 6.3.1:
Halides / 6.3.2:
Sodium / 6.3.3:
Potassium / 6.3.4:
Gas Sensors / 6.3.5:
Indirect Methods Using Competitive Binding / 6.4:
Reflectance Methods--Internal Reflectance Spectroscopy / 6.5:
Evanescent Waves / 6.5.1:
Reflectance Methods / 6.5.2:
Attenuated Total Reflectance / 6.5.3:
Total Internal Reflection Fluorescence / 6.5.4:
Surface Plasmon Resonance / 6.5.5:
Light Scattering Techniques / 6.6:
Types of Light Scattering / 6.6.1:
Quasi-Elastic Light Scattering Spectroscopy / 6.6.2:
Photon Correlation Spectroscopy / 6.6.3:
Laser Doppler Velocimetry / 6.6.4:
Mass-Sensitive and Thermal Sensors / 7:
The Piezo-Electric Effect / 7.1:
Principles / 7.1.1:
Gas Sensor Applications / 7.1.2:
Biosensor Applications / 7.1.3:
The Quartz Crystal Microbalance / 7.1.4:
Surface Acoustic Waves / 7.2:
Plate Wave Mode / 7.2.1:
Evanescent Wave Mode / 7.2.2:
Lamb Mode / 7.2.3:
Thickness Shear Mode / 7.2.4:
Thermal Sensors / 7.3:
Thermistors / 7.3.1:
Catalytic Gas Sensors / 7.3.2:
Thermal Conductivity Devices / 7.3.3:
Specific Applications / 8:
Determination of Glucose in Blood--Amperometric Biosensor / 8.1:
Survey of Biosensor Methods for the Determination of Glucose / 8.1.1:
Aim / 8.1.2:
Determination of Nanogram Levels of Copper(I) in Water Using Anodic Stripping Voltammetry, Employing an Electrode Modified with a Complexing Agent / 8.2:
Background to Stripping Voltammetry--Anodic and Cathodic / 8.2.1:
Determination of Several Ions Simultaneously--'The Laboratory on a Chip' / 8.2.2:
Sensor Arrays and 'Smart' Sensors / 8.3.1:
Background to Ion-Selective Field-Effect Transistors / 8.3.3:
Determination of Attomole Levels of a Trinitrotoluene--Antibody Complex with a Luminescent Transducer / 8.3.4:
Background to Immuno--Luminescent Assays / 8.4.1:
Determination of Flavanols in Beers / 8.4.2:
Background / 8.5.1:
Responses to Self-Assessment Questions / 8.5.2:
Bibliography
Glossary of Terms
SI Units and Physical Constants
Periodic Table
Index
Series Preface
Preface
Acronyms, Abbreviations and Symbols
4.

図書

図書
高橋英一著
出版情報: 東京 : 研成社, 2001.10  167p ; 19cm
シリーズ名: のぎへんのほん
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
小城勝相著
出版情報: 東京 : 講談社, 2002.1  215, viip ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1357
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
Ugo Testa
出版情報: Noca Raton : CRC Press, c2002  559 p. ; 25 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Iron Absorption
Iron and Cell Proliferation: Mechanisms and Applications in Cancer Therapy
Lactoferin
Transferrin
Transferrin Receptors
Soluble Transferrin Receptor
Alternative Iron Uptake Systems
Iron-Responsive Elements and Iron Regulatory Proteins
Ferritin
Iron Absorption
Iron and Cell Proliferation: Mechanisms and Applications in Cancer Therapy
Lactoferin
7.

図書

図書
by Timo Koski
出版情報: Dordrecht : Kluwer Academic Publishers, c2001  xvii, 391 p. ; 25 cm
シリーズ名: Computational biology series ; vol. 2
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
左右田健次編著 ; 川嵜敏祐 [ほか] 共著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2001.3  ix, 308p ; 26cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
edited by Stefan Hohmann, Soren Nielsen, Peter Agre
出版情報: San Diego : Academic Press, c2001  xvii, 390 p., [8] p. of plates ; 24 cm
シリーズ名: Current topics in membranes ; v. 51
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Contributors
Preface
Previous Volumes in Series
Discovery of the Aquaporins and Their Impact on Basic and Clinical Physiology / Peter Agre ; Mario J. Borgnia ; Masato Yasui ; John D. Neely ; Jennifer Carbrey ; David Kozono ; Eric Beitz ; Jason Hoffer ; Virginia Leitch ; Landon S. KingChapter 1:
Pre-Aquaporin Era / I.:
The First Recognized Water Channel Protein / II.:
Other Mammalian Aquaporins / III.:
Nonmammalian Homologs / IV.:
Perspective / V.:
References
The Aquaporin Superfamily: Structure and Function / Henning Stahlberg ; Bernard Heymann ; Kaoru Mitsuoka ; Yoshinori Fuyijoshi ; Andreas EngelChapter 2:
Introduction
Two-Dimensional Crystallization of Membrane Proteins
Electron Crystallography
Atomic Force Microscopy
AQP1, The Erythrocyte Water Channel
AQP0: The Major Intrinsic Protein of Lens Fiber Cells / VI.:
Water Channel of Escherichia coli: AqpZ / VII.:
Glycerol Channel of Escherichia coli: GlpF / VIII.:
Comparison of the High-Resolution Projection Structures of GlpF and AQP1 / IX.:
Conclusion and Perspectives / X.:
Physiological Roles of Aquaporins in the Kidney / Mark A. Knepper ; Soren Nielsen ; Chung-Lin ChouChapter 3:
Water Transport along the Renal Tubule
Water Permeability along the Renal Tubule
Aquaporin-1 Facilitates Isoosmotic Fluid Transport in Proximal Tubule
Aquaporin-1 Allows Osmotic Equilibration in the Thin Descending Limb of Henle Despite Rapid Flow of Tubule Fluid
Aquaporin-1 Allows Osmotic Equilibration in the Descending Vasa Recta
Aquaporins Provide Molecular Targets for Regulation of Water Transport in the Renal Collecting Duct
Pathophysiology of Renal Aquaporins / Tae-Hwan Kwon ; Henrik Hager ; David Marples ; Jorgen FrokiaerChapter 4:
Inherited NDI and CDI
Acquired NDI
Urinary Concentrating Defects
States of Water Retention
Conclusions
Genetic and Biophysical Approaches to Study Water Channel Biology / A. S. Verkman ; Baoxue Yang ; William R. Skach ; Alok Mitra ; Yuanlin Song ; Geoffrey T. Manley ; Tonghui MaChapter 5:
Lessons from Aquaporin Knockout Mice
Biophysical Analysis of Aquaporin Function
Aquaporin Structure and Function
New Directions in Aquaporin Physiology and Biophysics
Trafficking of Native and Mutant Mammalian MIP Proteins / Peter M. T. Deen ; Dennis BrownChapter 6:
Normal Routing of MIP Proteins
Disturbed Trafficking of MIP Proteins
Aquaporins of Plants: Structure, Function, Regulation, and Role in Plant Water Relations / Maarten J. Chrispeels ; Raphael Morillon ; Christophe Maurel ; Patricia Gerbeau ; Per Kjellbom ; Ingela JohanssonChapter 7:
The Transpiration Stream
Water Movement in and between Living Tissues
Molecular Characteristics and Transport Properties of Plant Aquaporins
Subcellular Location of Plant Aquaporins
What Do the Water and Solute Transport Properties of Membranes Tell Us about the Aquaporins in Those Membranes?
The Multiple Roles of Aquaporins: How to Link Water Transport Properties to Functions at the Cellular and Tissue Level
Regulation of Aquaporin Expression and Water Transport Activity
Microbial Water Channels and Glycerol Facilitators / Gerald Kayingo ; Roslyn M. Bill ; Guiseppe Calamita ; Stefan Hohmann ; Bernard A. PriorChapter 8:
Microbial Aquaporins and Glycerol Facilitators
Transport Properties and Channel Selectivity of Microbial MIP Channels
From Primary to Quaternary Structure in Microbial MIPs
Physiological Roles
Microbial MIP Channels in Osmoregulation
Control of the Function of Microbial MIP Channels
Conclusions and Future Perspectives
Future Directions of Aquaporin Research / Chapter 9:
Identification and Characterization of New MIP Channels
Why Have So Many MIP Channels?
Analysis of the Physiological Roles of Aquaporins
Structure and Function
Aquaporins as Targets for Treatment of Human Disease
Aquaporins as Possible Targets for Genetic Engineering and Crop Improvement
Metabolic Engineering with Aquaporins
The Aquaporin Research Community
Index
Contributors
Preface
Previous Volumes in Series
10.

図書

図書
新井孝夫 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2003.3  vi, 204p ; 26cm
所蔵情報: loading…
11.

図書

図書
吉田勉編 ; 藤森泰 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 学文社, 2003.3  141p ; 26cm
所蔵情報: loading…
12.

図書

図書
大久保岩男, 賀佐伸省編集
出版情報: 東京 : 南江堂, 2005.11  xiv, 206p ; 26cm
所蔵情報: loading…
13.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
太田博道 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2005.11  v, 149p ; 26cm
シリーズ名: 21世紀の化学シリーズ / 戸嶋直樹 [ほか] 編集 ; 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1生体反応の巧みなからくり
   ●1章で学習する目標 1
   1.1DNAの二重らせんの秘密 1
   1.2DNAとRNAはなぜ異なる糖を使うのか 3
   1.3DNAは居眠りがお好き 4
   1.4アミノ酸はなぜ光学活性体でなければならないか 5
   1.5水の中でのエナンチオ選択的プロトン化と水酸化 5
   1.6酵素の基質特異性:厳密でありしかもflexibleである 7
   1.7mothernatureは有機反応論を知っている 8
   1.8有機化学から生体反応へ,そして生体反応を有機化学へ 9
   ●1章のまとめ 9
2遺伝子と酵素
   ●2章で学習する目標 11
   2.1DNAとRNAの構造 11
   2.2セントラルドグマ 14
   2.3酵素の機能とアミノ酸側鎖 19
   2.4酵素反応の動力学 21
   ●2章のまとめ 23
3生体分子の化学
   ●3章で学習する目標 25
   3.1アミノ酸とタンパク質 25
   3.2糖質 29
   3.3脂質 30
   3.4核酸 34
   ●3章のまとめ 36
4代謝反応と生化学
   ●4章で学習する目標 38
   4.1解糖系 38
   4.2TCAサイクル(クエン酸サイクル,クレブス回路) 40
   4.3ペントースリン酸サイクル 41
   4.4電子伝達系 43
   4.5脂質の代謝と生合成 45
   4.6アミノ酸の代謝と合成,分解 50
   4.7代謝の調節と発酵 55
   4.8光合成 57
   ●4章のまとめ 61
5天然の生理活性物質
   ●5章で学習する目標 63
   5.1生体機能をコントロールする天然有機化合物 63
   5.2シグナル伝達に関与する生理活性物質 64
   5.3動物ホルモン生体内で生命機能をコントロール 64
   5.4植物ホルモン:植物の発育や老化をコントロール 73
   5.5フェロモン:仲間の行動をコントロール 78
   5.6植物のアポトーシス自分の死をコントロール 80
   5.7機能調節反応に直接的に関与する生理活性物質 82
   5.8ビタミン類の化学構造:アミンの構造でないものもある? 83
   5.9ビタミン類が調節する生化学反応 86
   ●5章のまとめ 98
   ●5章の問題 98
6合成化合物の酵素による変換
   ●6章で学習する目標 100
   6.1生体触媒とは何か 100
   6.2生体触媒の特徴 101
   6.3生体触媒による加水分解反応とエステル交換反応 103
   6.4生体触媒による酸化反応 115
   6.5生体触媒による還元反応 125
   6.6生体触媒によるC-C結合の生成反応 130
   6.7神様の生体触媒からヒトがデザインした生体触媒へ 135
   6.8抗原抗体反応と抗体への触媒機能の付与 142
   ●6章のまとめ 145
   ●6章の問題 145
   索引 147
1生体反応の巧みなからくり
   ●1章で学習する目標 1
   1.1DNAの二重らせんの秘密 1
14.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Pamela C. Champe, Richard A. Harvey, Denise R. Ferrier [著] ; 石崎泰樹, 丸山敬監訳 ; 石崎泰樹 [ほか訳]
出版情報: 東京 : 丸善, 2005.2  vii, 614p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Ⅰ : タンパク質の構造と機能
   1 : アミノ酸(井上順雄) 1
   2 : タンパク質の構造(井上順雄) 14
   3 : 球状タンパク質(井上順雄) 28
   4 : 繊維状タンパク質(井上順雄) 48
   5 : 酵素(井上順雄) 60
Ⅱ : 中間代謝
   6 : 生体エネルギー学と酸化的リン酸化(石崎泰樹) 79
   7 : 糖質とは?(石崎泰樹) 94
   8 : 解糖系(石崎泰樹) 101
   9 : トリカルボン酸回路(石崎泰樹) 122
   10 : 糖新生(石崎泰樹) 132
   11 : グリコーゲン代謝(石崎泰樹) 141
   12 : 単糖と二糖の代謝(石崎泰樹) 155
   13 : ベントースリン酸経路とNADPH(石崎泰樹) 164
   14 : グリコサミノグリカンと糖タンパク質(石崎泰樹) 177
Ⅲ : 脂質代謝
   15 : 食事由来脂質の代謝(丸山敬) 195
   16 : 脂肪酸とトリアシルグリセロールの代謝(丸山敬) 204
   17 : 複合脂質の代謝(丸山敬) 225
   18 : コレステロールとステロイド代謝(丸山敬) 244
Ⅳ : 窒素代謝
   19:アミノ酸 : 窒素の処理(石崎泰樹) 273
   20 : アミノ酸の合成と分解(石崎泰樹) 291
   21 : アミノ酸の特殊な産物への変換(石崎泰樹) 309
   22 : ヌクレオチド代謝(石崎泰樹) 325
Ⅴ : 代謝の統合
   23 : インスリンとグルカゴンによる代謝の制御(丸山敬) 345
   24 : 摂食空腹サイクル(丸山敬) 360
   25 : 糖尿病(吉河歩・丸山敬) 377
   26 : 肥満(丸山敬) 390
   27 : 栄養(吉河歩・丸山敬) 400
   28 : ビタミン(浅井将・丸山敬) 418
Ⅵ : 遺伝情報の維持と発現
   29 : DNAの構造と複製(依田成玄・西田満・南康博) 443
   30 : RNAの構造と合成(依田成玄・西田満・南康博) 467
   31 : タンパク質合成(依田成玄・西田満・南康博) 486
   32 : バイオテクノロジーとヒト疾患への応用(依田成玄・西田満・南康博) 505
Ⅶ : 生化学レビュー
   33 : 生化学必須事項ダイジェスト(渡邊卓) 535
   索引 585
Ⅰ : タンパク質の構造と機能
   1 : アミノ酸(井上順雄) 1
   2 : タンパク質の構造(井上順雄) 14
15.

図書

図書
猪飼篤著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2004.9  vii, 209p ; 21cm
所蔵情報: loading…
16.

図書

図書
ハーパー [原著] ; R.K. Murray [ほか著] ; 飯塚哲太郎 [ほか訳]
出版情報: 東京 : 丸善, 2011.1  xxi, 812p ; 26cm
所蔵情報: loading…
17.

図書

図書
池北雅彦, 榎並勲, 辻勉著
出版情報: 東京 : 丸善, 2011.1  ix, 223p ; 21cm
所蔵情報: loading…
18.

図書

図書
バスティアン D.ゴンパーツ, イスブラント M.クラーマー, ピーター E.R.テイサム著 ; 上代淑人, 佐藤孝哉監訳
出版情報: 東京 : メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2011.12  xxvi, 678p ; 26cm
所蔵情報: loading…
19.

図書

図書
渡辺公綱, 姫野俵太共著
出版情報: 東京 : 丸善, 2011.3  xviii, 269p ; 21cm
シリーズ名: 基礎化学コース / 井上晴夫 [ほか] 編 ; . 生命化学||セイメイ カガク ; 2
所蔵情報: loading…
20.

図書

図書
齋藤勝裕, 永津明人共著
出版情報: 東京 : オーム社, 2011.4  ix, 194p ; 21cm
シリーズ名: わかる×わかった!
所蔵情報: loading…
21.

図書

図書
山口達明 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2010.10  viii, 158p ; 26cm
所蔵情報: loading…
22.

図書

図書
太田博道著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2010.11  viii, 134p ; 26cm
所蔵情報: loading…
23.

図書

図書
John L.Tymoczko, Jeremy M.Berg, Lubert Stryer著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2010.12  xxvi, 677p ; 29cm
所蔵情報: loading…
24.

図書

図書
日本薬学会編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2010.12  xiii, 445p ; 26cm
シリーズ名: スタンダード薬学シリーズ / 日本薬学会編 ; 4 . 生物系薬学||セイブツケイ ヤクガク ; 2
所蔵情報: loading…
25.

図書

図書
キャンベル, ファーレル [著] ; 川嵜敏祐, 金田典雄監訳
出版情報: 東京 : 広川書店, 2010.12  xxix, 1078p ; 26cm
所蔵情報: loading…
26.

図書

図書
Peck Ritter著 ; 須藤和夫, 山本啓一, 有坂文雄訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1999.3  xix, 721p ; 26cm
所蔵情報: loading…
27.

図書

図書
小夫家芳明著
出版情報: 東京 : 丸善, 1998.12  viii, 189p, 図版2枚 ; 27cm
シリーズ名: シリーズ有機化学の探険
所蔵情報: loading…
28.

図書

図書
J.G.サルウェー著 ; 西澤和久訳
出版情報: 東京 : メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2007.8  x, 133p ; 29cm
所蔵情報: loading…
29.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
齋藤勝裕, 下村吉治著
出版情報: 東京 : 講談社, 2007.9  vi, 184p ; 21cm
シリーズ名: 絶対わかる化学シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに v
第Ⅰ部 生体をつくるもの 1
1 細胞 2
   1 生命体と細胞 2
   2 細胞の種類 4
   3 細胞の進化 6
   4 細胞膜の構造 8
   5 細胞膜の運動 10
   6 細胞膜の変形 12
   7 細胞小器官 14
2 生体と化学物質 16
   1 水 16
   2 タンパク質 18
   3 タンパク質とポリペブチド 20
   4 タンパク質の立体構造 22
   5 タンパク質の高次構造 24
   6 単糖類 26
   7 多糖類 28
   8 脂質 30
   9 中性脂質 32
   コラム : サリドマイド 34
第Ⅱ部 生命の連鎖 35
3 DNA 36
   1 受精と染色体 36
   2 DNAの分子構造 38
   3 染色体とDNA 40
   4 DNAの二重らせん 42
   5 DNAの遺伝情報 44
   6 DNAの分裂と複製 46
   7 塩基の対応 48
   コラム : 生命発生と環境 50
4 タンパク質合成 52
   1 DNAとRNAの違い 52
   2 転写 54
   3 RNAの連続転写 56
   4 RNAのプロセッシング(加工,精製) 58
   5 RNAの種類 60
   6 タンパク質合成の場 62
   7 アミノ酸の選択と運搬 64
   8 タンパク質の合成 66
5 遺伝子工学 68
   1 ゲノム 68
   2 ゲノム解読 70
   3 クローン技術と体外受精 72
   4 細胞工学 74
   5 細胞融合の利用 76
   6 遺伝子工学 78
   7 遺伝子組換え 80
   8 遺伝子治療 82
   コラム : アミノ酸の配列順序 84
第Ⅲ部 生体とエネルギー 85
6 光合成86
   1 生体とエネルギー 86
   2 大陽光とエネルギー 88
   3 光合成 90
   4 明反応と暗反応
   5 明反応のエネルギー 94
   6 暗反応 96
   7 酵素 98
7 代謝 100
   1 消化と吸収 100
   2 糖代謝 102
   3 クエン酸回路 104
   4 ミトコンドリアの呼吸と電子伝達系 106
   5 嫌気的エネルギー代謝と好気的エネルギー代謝 108
   6 脂質代謝 110
   7 タンパク質・アミノ酸代謝 112
   8 核酸代謝 114
   9 発酵 116
   コラム : ウィルス 118
第Ⅳ部 生体の機能 119
8 情報伝達 120
   1 生体と情報 120
   2 膜輸送 122
   3 神経間伝達 124
   4 神経内伝達 126
   5 味覚 128
   6 嗅覚 130
   7 視覚 132
   8 ホルモン 134
   9 酸素運搬 136
9 免疫 138
   1 免疫担当細胞 138
   2 免疫系 140
   3 B細胞(体液性免疫) 142
   4 T細胞(細胞性免疫) 144
   5 食細胞 146
   6 アレルギー 148
   コラム : 花粉症 150
第Ⅴ部 疾病と老化 151
10 疾病 152
   1 疾病と治療 152
   2 発がん機構 154
   3 抗がん剤 156
   4 エイズの発症機構 158
   5 エイズ治療 160
   6 遺伝子疾患 162
   7 ビタミン欠乏症 164
   8 薬剤 166
   コラム : 毒 168
11 発生と老化 170
   1 発生 170
   2 細胞周期 172
   3 DNAの異常 174
   4 老化 176
   5 テロメア 178
   6 細胞の終えん 180
索引 182
はじめに v
第Ⅰ部 生体をつくるもの 1
1 細胞 2
30.

図書

図書
長野哲雄[ほか]編集
出版情報: 東京 : 共立出版, 2007.10  1503-1822p ; 28cm
シリーズ名: 蛋白質核酸酵素 ; 2007年10月号増刊 Vol.52,No.13(通巻729号)
所蔵情報: loading…
31.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
伊東晃, 藤木博太編集
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2007.8  xiii, 317p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 (伊東晃) 1
   1. 生化学とは何か 1
   2. 生命体を構成するもの(細胞,生体内元素,生体分子) 2
   3. 生命の根源・水 3
   4. 水の電離と緩衝作用 5
   5. 生化学・分子生物学の研究方法 6
第1章 細胞の構造と機能 (豊田裕夫) 9
   1.1 生命の基本単位 : 細胞 9
   1.2 原核細胞 10
   1.3 真核細胞 10
   1.3.1 動物細胞の構造 10
   1.3.2 植物細胞の構造 11
   1.4 細胞構成成分とその機能 12
   1.4.1 細胞分画法 12
   1.4.2 細胞膜の構造と機能 13
第2章 タンパク質 (額賀路嘉) 25
   2.1 アミノ酸の構造 25
   2.1.1アミノ酸の一般構造 25
   2.1.2 光学活性 26
   2.1.3 タンパク質を構成するアミノ酸 26
   2.1.4 非タンパク質性アミノ酸 28
   2.2 アミノ酸のイオン化 28
   2.3 ペプチド 30
   2.3.1 ペプチドとは 30
   2.3.2 ペプチド結合の平面性 31
   2.3.3 生理活性ペプチド 31
   2.4 タンパク質の分類 32
   2.5 タンパク質の分離精製 32
   2.5.1 沈殿分画 33
   2.5.2 クロマトグラフィー 33
   2.5.3 電気泳動 34
   2.6 タンパク質の大きさ 35
   2.7 タンパク質の構造 36
   2.7.1 タンパク質の一次構造 36
   2.7.2 タンパク質の二次構造 37
   2.7.3 タンパク質の三次構造 40
   2.7.4 タンパク質の四次構造 41
   2.7.5 構造と機能の例 41
   2.8 タンパク質のフォールディング 43
   2.8.1 変性と再生 43
   2.8.2 分子シャペロン 44
第3章 酵素 (伊東晃) 45
   3.1 酵素の分類 45
   3.2 酵素の特性 : 酵素タンパク質とリボザイム 46
   3.2.1 酵素タンパク質の特性 46
   3.2.2 リボザイム 48
   3.3 酵素作用に影響する物質 49
   3.3.1 補酵素とビタミン 50
   3.3.2 脱水素酵素の補酵素 50
   3.3.3 アミノ基転移酵素の補酵素 50
   3.3.4 補酵素としてのATP 52
   3.3.5 無機イオン(活性化剤) 52
   3.4 酵素反応 53
   3.4.1 酵素活性の測定 53
   3.4.2 酵素反応速度論 55
   3.4.3 多基質反応とその速度論 57
   3.4.4 酵素反応の阻害 57
   3.5 酵素の多様性 60
   3.5.1 アロステリック酵素 61
   3.5.2 酵素の共有結合性修飾による調節 62
   3.5.3 チモーゲン(プロエンザイム)による活性調節 64
   3.5.4 アイソザイム 65
第4章 糖質代謝 (杉山晶規,高橋悟) 67
   4.1 糖質の構造 67
   4.1.1 単糖 67
   4.1.2 単糖誘導体 70
   4.1.3 二糖 71
   4.1.4 多糖 71
   4.1.5 複合糖質 72
   4.2 糖質の消化と吸収 73
   4.3 糖質代謝とエネルギー生産 75
   4.4 嫌気的条件下での糖質代謝(解糖) 76
   4.4.1 解糖系の特徴と経路 76
   4.4.2 基質レベルのリン酸化 78
   4.4.3 ピルビン酸の代謝 78
   4.4.4 アルコール発酵と乳酸発酵 79
   4.5 好気的条件下での糖質代謝 80
   4.5.1 ピルビン酸の脱炭酸によるアセチルCoAへの代謝 81
   4.5.2 クエン酸回路 82
   4.5.3 電子伝達系によるATPの産生 84
   4.6 クエン酸回路の代謝中間体と代謝調節 85
   4.7 ペントースリン酸回路 87
   4.7.1 酸化的過程 88
   4.7.2 非酸化的過程 88
   4.7.3 ペントースリン酸回路の調節 88
   4.8 グルクロン酸経路 89
   4.9 糖新生 91
   4.9.1 糖新生の基質 91
   4.9.2 糖新生の反応 92
   4.9.3 糖新生の調節 93
   4.10 グリコーゲンの合成と分解の調節 94
   4.10.1 グリコーゲンの合成 94
   4.10.2 グリコーゲンの分解 95
   4.10.3 グリコーゲン代謝の調節 96
   4.11 血糖の調節 98
   4.11.1 食餌性の血糖変動 98
   4.11.2 インスリンとグルカゴンの役割 99
第5章 脂質代謝 (佐藤隆) 101
   5.1 脂質の構造 101
   5.1.1 脂肪酸 101
   5.1.2 トリアシルグリセロール 103
   5.1.3 リン脂質 103
   5.1.4 糖脂質 106
   5.1.5 誘導脂質 106
   5.2 脂質の消化・吸収 107
   5.2.1 胆汁酸 107
   5.2.2 脂質の消化と吸収 109
   5.3 脂質の運搬 110
   5.3.1 キロミクロン 110
   5.3.2 VLDL,IDL,LDL 112
   5.3.3 HDL 112
   5.4 脂質の貯蔵と脂肪酸の動員 113
   5.5 脂肪酸の分解 113
   5.5.1 脂肪酸の活性化 114
   5.5.2 アシルCoAのミトコンドリアマトリックスへの輸送 114
   5.5.3 アシルCoAのβ酸化 115
   5.6 ケトン体の生成 118
   5.7 脂肪酸の生合成 119
   5.7.1 細胞質へのアセチルCoAの供給 120
   5.7.2 アセチルCoAからマロニルCoAへの変換 120
   5.7.3 脂肪酸の合成反応 121
   5.8 脂肪酸の伸長と不飽和化 122
   5.8.1 脂肪酸の伸長 122
   5.8.2 脂肪酸の不飽和化 122
   5.9 リン脂質の代謝 123
   5.9.1 リン脂質の生合成 123
   5.9.2 リン脂質の分解 125
   5.10 エイコサノイドの生合成 126
   5.11 コレステロールの代謝 127
   5.11.1 コレステロール生合成 127
   5.11.2 コレステロールの異化 129
第6章 生体酸化とエネルギー産生 (伊東晃) 131
   6.1 生体内エネルギー運搬体 131
   6.1.1 高エネルギーリン酸化合物 131
   6.1.2 チオエステル化合物 132
   6.1.3 還元型補酵素 133
   6.2 ミトコンドリアにおける酸化的エネルギー産生 134
   6.3 ミトコンドリアの電子伝達系の構成 136
   6.3.1 複合体Ⅰ 137
   6.3.2 複合体Ⅱ 137
   6.3.3 複合体Ⅲ 137
   6.3.4 複合体Ⅳ 137
   6.4 酸化的リン酸化によるATPの生成 138
   6.5 電子伝達系および酸化的リン酸化などの阻害物質 138
   6.6 グルコースの酸化によるATPの産生量 138
   6.6.1 グリセロールリン酸シャトル 140
   6.6.2 リンゴ酸-アスパラギン酸シャトル 141
   6.7 酸化的リン酸化の調節 141
第7章 アミノ酸の代謝 (伊東晃,森田哲生) 143
   7.1 タンパク質の消化・吸収 143
   7.2 アミノ酸の代謝 144
   7.2.1 アミノ基の除去・転移と補酵素 145
   7.2.2 アミノ基転移反応後の炭素骨格 147
   7.2.3 アンモニアの代謝 148
   7.3 尿素の生合成 149
   7.4 アミノ酸が関与する特殊な生体成分の生合成 151
   7.4.1 炭素1原子単位の反応(関与するアミノ酸 : セリン,グリシン) 151
   7.4.2 S-アデノシルメチオニン(活性メチオニン)およびチオール基転移反応(関与するアミノ酸 : メチオニン) 152
   7.4.3 クレアチンおよびクレアチンリン酸(関与するアミノ酸 : アルギニン) 153
   7.4.4 ポルフィリンの生合成(関与するアミノ酸 : グリシン) 154
   7.4.5 イミノ酸の生合成(関与するアミノ酸 : グルタミン酸) 155
   7.4.6 ポリアミン(関与するアミノ酸 : オルニチンおよびメチオニン) 156
   7.4.7 一酸化窒素(関与するアミノ酸 : アルギニン) 157
   7.5 芳香族アミノ酸の代謝 157
   7.6 トリプトファンの代謝 159
   7.7 分枝アミノ酸の代謝 161
   7.8 生理活性アミン 162
第8章 代謝の統合的調節 (懸川友人) 165
   8.1 代謝とは何か 165
   8.2 代謝経路 167
   8.3 中間代謝の共通性 168
   8.4 代謝という化学反応の触媒・酵素 168
   8.5 臓器によるエネルギー代謝機能の分担 170
   8.6 摂食の影響と代謝調節 170
   8.6.1 飽食状態 172
   8.6.2 絶食状態 172
   8.7 主な代謝調節薬の生化学的作用 174
   8.7.1 糖質代謝,脂質代謝および窒素代謝の調節薬 174
   8.7.2 セントラルドグマの調節薬 175
   8.7.3 その他の代謝調節薬 175
第9章 核酸の代謝 (葛原隆) 179
   9.1 核酸の構成成分の構造 179
   9.1.1 塩基 181
   9.1.2 細胞内シグナル伝達やエネルギー保存に用いられるヌクレオチド 182
   9.1.3 塩基やヌクレオチドを分子内にもつ補酵素 184
   9.2 デオキシリボ核酸(DNA) 185
   9.2.1 ゲノムDNAの構造 185
   9.2.2 DNAの変性・再生 187
   9.3 リボ核酸(RNA) 187
   9.3.1 さまざまなRNA 187
   9.4 核酸の酵素による分解 190
   9.5 細胞におけるDNAの存在状態 191
   9.6 核酸の代謝 193
   9.6.1 核酸構成成分の合成および分解 193
第10章 セントラルドグマ 207
   10.1 DNAの生合成 (葛原隆) 207
   10.1.1 DNA複製 207
   10.1.2 DNAポリメラーゼ 208
   10.1.3 複製フォーク 210
   10.1.4 レプリソーム 212
   10.1.5 真核生物のDNA複製 213
   10.1.6 DNA複製の正確度とDNAポリメラーゼの校正機能 214
   10.1.7 DNA修復 215
   10.1.8 レトロウイルスと逆転写酵素 219
   10.1.9 テロメアとテロメラーゼ 221
   10.2 RNAの生合成 (額賀路嘉) 222
   10.2.1 転写とは 222
   10.2.2 原核生物における転写(転写サイクル) 223
   10.2.3 真核生物における転写 225
   10.2.4 RNAの転写後修飾 227
   10.2.5 リボザイム : 酵素として機能するRNA 229
   10.3 タンパク質の生合成 (懸川友人) 229
   10.3.1 生合成の基本過程 229
   10.3.2 遺伝暗号,コドン,ゆらぎ説 230
   10.3.3 変異 232
   10.3.4 アミノ酸の活性化とアミノアシルtRNAの形成 233
   10.3.5 遺伝情報の翻訳 234
   10.3.6 タンパク質の翻訳後修飾 238
   10.3.7 遺伝子の発現調節 243
第11章 情報伝達 (高橋悟) 247
   11.1 細胞外シグナル分子 248
   11.1.1 ホルモン 249
   11.1.2 オータコイド 254
   11.1.3 神経伝達物質 258
   11.1.4 サイトカイン・増殖因子・ケモカイン 259
   11.2 細胞内情報伝達系 263
   11.2.1 受容体 264
   11.2.2 細胞膜受容体と細胞内情報伝達系 264
   11.2.3 セカンドメッセンジャー 270
   11.2.4 細胞内受容体と遺伝子発現調節 271
   11.2.5 その他の細胞内情報伝達系 272
第12章 遺伝子工学の基礎 (豊田裕夫) 277
   12.1 遺伝子組換え実験に必要な酵素 277
   12.1.1 制限酵素 278
   12.1.2 DNAリガーゼとDNAポリメラーゼ 278
   12.1.3 その他の組換えDNA実験関連酵素 280
   12.1.4 RNA関連酵素 280
   12.2 核酸の抽出と検出法 280
   12.2.1 DNAおよびRNAの抽出法 280
   12.2.2 DNAおよびRNAの検出法 281
   12.3 遺伝子クローニングと遺伝子ライブラリーの作製 283
   12.3.1 遺伝子クローニング 283
   12.3.2 遺伝子ライブラリーの作製 284
   12.3.3 遺伝子スクリーニング 285
   12.3.4 組換えタンパク質の生産・検出法 286
   12.4 塩基配列の決定法 287
   12.5 ポリメラーゼ連鎖反応 287
   12.5.1 PCR法の原理 288
   12.6 遺伝子機能解析 289
   12.6.1 トランスジェニックマウス,ノックアウトマウスおよびクローン動物 290
   12.7 遺伝性疾患と疾病診断 292
   12.7.1 遺伝子マーカー 293
   12.7.2 優性遺伝と劣性遺伝 293
   12.7.3 変異と遺伝性疾患 293
   12.7.4 多遺伝子性疾患と生活習慣病 294
   12.8 遺伝子治療 295
   12.9 ゲノム創薬情報 296
索引 299
序章 (伊東晃) 1
   1. 生化学とは何か 1
   2. 生命体を構成するもの(細胞,生体内元素,生体分子) 2
32.

図書

図書
田沼靖一, 林秀徳, 本島清人編著 ; 田沼靖一 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2006.6  vii, 252p ; 26cm
所蔵情報: loading…
33.

図書

図書
白石文秀著
出版情報: 東京 : 産業図書, 2006.9  vi, 201p ; 21cm
所蔵情報: loading…
34.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
池田和正著
出版情報: 東京 : オーム社, 2006.10  v, 412p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 性化学とはどんな学問か? 1
第1章 糖質の構造 19
第2章 糖質の代謝 49
第3章 核酸の構造 117
第4章 核酸関連物質の代謝 143
第5章 蛋白質の化学構造 195
第6章 蛋白質関連物質の代謝 231
第7章 酵 素 261
第8章 脂質の構造と性質 297
第9章 脂質の代謝 331
第10章 ビタミン 371
索引 405
序章 性化学とはどんな学問か? 1
第1章 糖質の構造 19
第2章 糖質の代謝 49
35.

図書

図書
Charlotte W. Pratt, Kathleen Cornely [著] ; 須藤和夫 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2006.12  xvi, 555p ; 28cm
所蔵情報: loading…
36.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
McMurry, Castellion, Ballantine [著] ; 菅原二三男監訳
出版情報: 東京 : 丸善, 2007.1  3冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 物質と生命 2
   1.1 化学:中心の科学 3
   1.2 物質の三態 5
   1.3 物質の分類 6
   1.4 化学反応の例 7
   Application:化学物質,その毒性とリスク 8
   1.5 化学の元素と表記 9
   1.6 元素と周期表 11
   Application:水銀と水銀毒 13
   要約:章の目標と復習 14
   KEYWORDS 14
   基本概念を理解するために 15
   補充問題 15
2 化学の計量 18
   2.1 物理量 19
   2.2 質量の測定 21
   2.3 長さと体積の測定 22
   2.4 計量と有効数字 23
   Application:薬剤師の単位 25
   2.5 科学的記数法 25
   Application:10の累乗 27
   2.6 概数 28
   2.7 問題の解法:計量単位の変換 30
   2.8 問題の解法:解答の評価 31
   Application:肥満:やっかいな問題 34
   2.9 温度の測定 34
   2.10 エネルギーと熱の単位 36
   2.11 密度 37
   Application:体脂肪測定 39
   2.12 比重 40
   要約:章の目標と復習 41
   KEYWORDS 41
   基本概念を理解するために 42
   補充問題 43
3 原子と周期表 46
   3.1 原子説 47
   3.2 元素と原子番号 50
   3.3 同位体と原子量 51
   Application:原子は実在するか? 53
   3.4 周期表 54
   3.5 族の特質 56
   Application:元素の起源 58
   3.6 原子の電子構造 59
   3.7 電子配置 61
   3.8 電子配置と周期表 65
   Application:原子と光 66
   Connection:美術の修復家 68
   要約:章の目標と復習 71
   KEYWORDS 71
   基本概念を理解するために 72
   補充問題 73
4 イオン化合物 74
   4.1 イオン 77
   4.2 周期的性質とイオン形成 79
   4.3 イオン結合 81
   4.4 イオン化合物の性質 82
   4.5 イオンとオクテット則 82
   Appiication:鉱物(ミネラル)と宝石 84
   4.6 電子点式表記 85
   4.7 一般的な元素のイオン 86
   4.8 イオンの命名 88
   Application:塩 89
   4.9 多原子イオン 90
   4.10 イオン化合物の化学式 91
   Application:生物学的に重要なイオン 92
   4.11 イオン化合物の命名 94
   4.12 H+およびOH-イオン:酸塩基概論 96
   Application:骨粗鬆症 98
   Connection:理学療法士 99
   要約:章の目標と復習 101
   KEYWORDS 101
   基本概念を理解するために 102
   補充問題 103
5 分子化合物 106
   5.1 共有結合 107
   5.2 共有結合と周期表 110
   5.3 多重共有結合 113
   5.4 配位共有結合 115
   Application:一酸化炭素:驚くべき分子 116
   5.5 分子式とルイス構造 117
   5.6 ルイス構造の描き方 117
   5.7 分子の形 122
   Application:巨大分子 127
   5.8 極性共有結合と電気陰性度 128
   5.9 極性分子 130
   5.10 二元分子化合物の命名法 132
   Appiication:ダマセノン,そのほかの名前で甘く感じるだろうか? 134
   5.1 分子化合物の性質 134
   要約:章の目標と復習 135
   KEYWORDS 135
   基本概念を理解するために 136
   補充問題 137
6 化学反応:分類と質量の関係 142
   6.1 化学反応式 143
   6.2 化学反応式を釣り合わせる 145
   6.3 アボガドロ定数とモル 148
   Application:ベン・フランクリンはアボガトロ定数のおよその値を求めることができたのだろうか? 152
   6.4 グラムとモルの変換 153
   6.5 モルの関係と化学反応式 155
   6.6 質量の関係と化学反応式 156
   6.7 収率 158
   6.8 化学反応の分類 161
   6.9 沈殿反応と溶解度の指針 162
   Appiication:通風と腎臓結石:可溶性の問題 163
   6.10 酸,塩基,中和反応 164
   6.11 酸化還元反応 165
   Application:電池 170
   6.12 酸化還元反応の識別 171
   Application:写真:一連の酸化還元反応 173
   6.13 真イオン反応式 174
   要約:章の目標と復習 176
   KEYWORDS 176
   基本概念を理解するために 177
   補充問題 178
7 化学反応:エネルギー,速度および平衡 184
   7.1 エネルギーと化学結合 185
   7.4 化学反応における熱の変化 186
   7.3 発熱および吸熱反応 187
   Application:食品からのエネルギー 190
   7.4 化学反応がおきるのはなぜか?自由エネルギー 191
   7.5 化学反応はどのようにおきるか?反応速度 195
   7.6 反応速度におよぼす温度,濃度,触媒の影響 197
   Application:体温の調節 200
   7.7 可逆反応と化学平衡 200
   7.8 平衡式と平衡定数 202
   7.9 ルシャトリエの法則:平衡におよぼす条件変化の影響 205
   Application:窒素固定 209
   要約:章の目標と復習 210
   KEYWODRS 210
   基本概念を理解するために 211
   補充問題 212
8 気体,液体,固体 216
   8.1 物質の状態とその変化 217
   8.2 気体と気体分子運動論 220
   8.3 圧力 221
   8.4 ボイルの法則:体積と圧力の関係 224
   Application:血圧 225
   8.5 シャルルの法則:体積と温度の関係 227
   8.6 ゲイ-リュサックの法則:圧力と温度の関係 229
   8.7 ボイル-シャルルの法則 230
   8.8 アボガドロの法則:体積と物質量の関係 231
   8.9 理想気体の法則 232
   8.10 分圧とドルトンの法則 234
   Application:温室効果ガスと地球温暖化 236
   8.11 分子間相互作用 237
   8.12 液体 242
   8.13 水:独特な液体 243
   8.14 固体 244
   8.15 状態変化 246
   Application:人工関節のためのバイオマテリアル 247
   Appiication:環境に優しい溶媒としてのCO2 248
   Connection:呼吸療法士 248
   要約:章の目標と復習 251
   KEYWORDS 251
   基本概念を理解するために 252
   補充問題 253
9 溶液 258
   9.1 混合物と溶液 259
   9.2 溶解の過程 261
   9.3 固体水和物 263
   9.4 溶解度 264
   9.5 溶解度に対する温度の効果 265
   9.6 溶解度に対する圧力の効果:ヘンリーの法則 266
   9.7 濃度の単位 269
   Application:呼吸と酸素輸送 270
   9.8 希釈 277
   9.9 溶液中のイオン:電解質 280
   9.10 体液中の電解質:当量とミリ当量 281
   9.11 溶液の性質 283
   Application:電解質,水分補給,スポーツドリンク 284
   9.12 浸透と浸透圧 287
   9.13 透析 289
   Application:時限放出型薬剤 290
   要約:章の目標と復習 201
   KEYWORDS 291
   基本概念を理解するために 292
   補充問題 293
10 酸と塩墓 298
   10.1 水溶液中の酸と塩基 299
   10.2 代表的な酸と塩基 300
   10.3 酸と塩基のBronsted-Lowryの定義 301
   10.4 酸および塩基としての水 305
   10.5 代表的な酸-塩基反応 305
   Application:潰瘍と制酸薬 307
   10.6 酸と塩基の強さ 308
   10.7 酸解離定数 311
   10.8 水の解離 312
   10.9 水溶液中の酸性度の測定:pH 313
   10.10 pHを使った作業 315
   10.11 実験室での酸性度の決定 317
   Application:体液のpH 318
   10.12 緩衝液 318
   10.13 体内での緩衝液 321
   Application:体の中の緩衝液:アシドーシスとアルカローシス 323
   10.14 酸と塩基の当量 324
   10.15 滴定 326
   Application:酸性雨 328
   10.16 塩溶液の酸'性度と塩基性度 328
   要約:章の目標と復習 330
   KEYWORDS 330
   基本概念を理解するために 332
   補充問題 333
11 核化学 336
   11.1 核反応 337
   11.2 放射能の発見とその性質 338
   11.3 安定同位体と放射性同位体 339
   11.4 核崩壊 340
   11.5 放射性核種の半減期 345
   App1ication:放射能の医学利用 346
   11.6 放射性崩壊系列 348
   11.7 電離放射線 349
   11.8 放射線の検出 351
   11.9 放射線量の単位 352
   Application:食品への放射線照射 353
   11.10 人工核変換 355
   11.11 核分裂と核融合 356
   Application:画像診断 357
   Application:放射線炭素を用いた古代遺物の年代測定 358
   Connection:核医学技師 358
   要約:章の目標と復習 361
   KEYWORDS 361
   基本概念を理解するために 362
   補充問題 363
補遺
   A. 科学的記数法 A-1
   B. 換算表 A-5
   C. Henderson-Hasselbalch式とアミノ酸 A-6
   用語解説 A-8
   問題の解答 A-18
   索引 A-29
12 アルカン:有機化学のはじめの一歩 366
   12.1 有機分子の性質 367
   12.2 有機分子の族:官能基 370
   12.3 有機分子の構造:アルカンと異性体 374
   12.4 有機構造の描き方 377
   Application:天然と合成 378
   12.5 有機分子の形 379
   12.6 アルカンの命名法 381
   Application:分子の形を表示する 383
   12.7 アルカンの性質 388
   12.8 アルカンの反応 389
   12.9 シクロアルカン 390
   Application:石油 391
   12.10 シクロアルカンの描き方と命名法 392
   要約:章の目標と復習 394
   KEYWORDS 394
   反応の要約 395
   基本概念を理解するために 395
   補充問題 396
13 アルケン,アルキン,および芳香族化合物 400
   13.1 アルケンとアルキン 402
   13.2 アルケンとアルキンの命名法 402
   13.3 アルケンの構造:シスートランス異性 406
   Application:視覚の化学 409
   13.4 アルケンとアルキンの性質 410
   13.5 有機反応の種類 410
   13.6 アルケンとアルキンの反応 412
   13.7 アルケンの付加反応はどのようにおきるか 419
   13.8 アルケンポリマ- 420
   13.8' Die1s-Alder反応:共役ジエンの反応(訳者補遺) 423
   13.9 芳香族化合物とベンゼンの構造 423
   Application:ポリマーの応用-貨幣 424
   Application:多環式芳香族化合物と発がん 426
   13.10 芳香族化合物の命名法 427
   13.11 芳香族化合物の反応 433
   Application:色が見える理由 431
   要約:章の目標と復習 432
   KEYWORDS 432
   反応の要約 433
   基本概念を理解するために 434
   補充問題 435
14 酸素,硫黄あるいはハロゲン含有化合物 440
   14.1 アルコール,フェノールおよびエーテル 441
   14.2 一般的なアルコール 443
   14.3 アルコールの命名 444
   14.4 アルコールの性質 447
   14.5 アルコールの反応 448
   Application:薬として毒としてのエタノール 453
   14.6 フェノール 454
   14.7 アルコールとフェノールの酸性度 455
   Application:抗酸化剤としてのフェノール 456
   14.8 エーテル 457
   14.9 チオールとジスルフィド 459
   Application:吸入麻酔剤 460
   14.10 含ハロゲン化合物 462
   Application:クロロフルオロ炭素とオゾンホール 463
   Connection:資源保護官 464
   要約:章の目標と復習 466
   KEYWORDS 466
   反応の要約 466
   基本概念を理解するために 467
   補充問題 468
15 アミン 472
   15.1 アミン 473
   Application:化学情報 478
   15.2 アミンの性質 480
   15.3 含窒素複素環化合物 481
   15.4 アミンの塩基性 483
   Application:一酸化窒素(NO):大きな可能性を秘めた小さな分子 484
   15.5 アミン塩 486
   Application:体液中の有機化合物とその“溶解性スイッチ” 487
   15.6 植物中のアミン:アルカロイド 489
   Appiication:毒物学 490
   要約:章の目標と復習 491
   KEYWORDS 491
   反応の要約 492
   基本概念を理解するために 492
   補充問題 493
16 アルデヒドとケトン 496
   16.1 カルボニル基 497
   16.2 アルデヒドとケトンの命名法 500
   16.3 アルデヒドとケトンの性質 501
   Application:昆虫の化学戦争 502
   16.4 代表的なアルデヒドとケトン 504
   Application:バニラ:最上級品はどれか? 505
   16.5 アルデヒドの酸化 507
   16.6 アルデヒドとケトンの還元 508
   Application:有毒か無毒か 510
   16.7 アルコールの付加:ヘミアセタールとアセタール 512
   Connection:色の味 518
   要約:章の目標と復習 519
   KEYWORDS 520
   反応の要約 520
   基本概念を理解するために 521
   補充問題 522
17 カルボン酸と誘導体 526
   17.1 カルボン酸とその誘導体:性質と名称 528
   17.2 一般的なカルボン酸 537
   17.3 カルボン酸の酸性度 539
   Application:肌に使う有機酸 541
   Application:有機酸塩の食品添加物 542
   17.4 カルボン酸の反応:エステルとアミドの形成 543
   17.5 アスピリンとカルボン酸の誘導体(市販薬) 546
   17.6 エステルとアミドの加水分解 549
   17.7 ポリアミドとポリエステル 552
   17.8 リン酸誘導体 553
   Application:ケプラー:命を守るポリマー 554
   要約:章の目標と復習 557
   KEYWORDS 557
   反応の要約 558
   基本概念を理解するために 559
   補充問題 560
   索引 A-31
18 アミノ酸とタンパク質:生化学のはじめの一歩 566
   18.1 生化学 567
   18.2 タンパク質の構造と機能:概論 568
   18.3 アミノ酸 571
   18.4 アミノ酸の酸-塩基性 573
   Application:健康と疾病の栄養学 574
   18.5 対称性 576
   18.6 分子の対称性とアミノ酸 577
   18.7 タンパク質の一次構造 580
   Application:食物中のタンパク質 584
   18.8 タンパク質の形を決める相互作用 585
   Application:電気泳動によるタンパク質の分析 589
   18.9 タンパク質の二次構造 590
   18.10 タンパク質の三次構造 592
   18.11 タンパク質の四次構造 594
   18.12 タンパク質の化学的性質 597
   Application:コラーゲン-2つの病気の話 598
   Application:プリオン:病気を引き起こすタンパク質 600
   Connection:食品とハイテクノロジー 602
   要約:章の目標と復習 603
   KEYWORDS 603
   基本概念を理解するために 605
   補充問題 605
19 酵素とビタミン 610
   19.1 酵素による触媒作用 611
   19.2 酵素の補助因子 613
   19.3 酵素の分類 614
   Application:鉛の毒性と解毒剤 615
   Application:バイオ触媒:食品と化学物質 618
   19.4 酵素の作用機構 619
   19.5 酵素の活性におよぼす濃度の影響 622
   19.6 酵素の活性におよぼす温度とpHの影響 623
   Application:Extremozymes-極限環境の酵素 625
   Application:医療診断の酵素 626
   19.7 酵素の制御:フィードバックとアロステリック制御 627
   19.8 酵素の制御:阻害 629
   19.9 酵素の制御:共有結合の修飾と遺伝子制御 632
   Application:薬としての酵素阻害剤 634
   19.10 ビタミン 635
   Application:ビタミン,ミネラル,食品のラベル 640
   要約:章の目標と復習 641
   KEYWORDS 641
   基本概念を理解するために 642
   補充問題 643
20 化学メッセンジャー:ホルモン,神経伝達物質,薬物 646
   20.1 メッセンジャー分子 647
   20.2 ホルモンと内分泌系 648
   Application:ホメオスタシス 650
   20.3 ホルモンの作用:エピネフリンと闘争・逃避 652
   20.4 ホルモンとしてのアミノ酸誘導体とポリペプチド 654
   20.5 ステロイドホルモン 656
   20.6 神経伝達物質 658
   Application:植物ホルモン 659
   20.7 神経伝達物質の作用:アセチルコリンとアゴニストおよびアンタゴニスト 661
   20.8 ヒスタミンと抗ヒスタミン薬 663
   20.9 セロトニン,ノエルエピネフリン,ドーパミン 664
   Application:この小さなカエルから・・・ 666
   20.10 神経ペプチドと鎮痛 668
   20.11 薬物探索と分子設計 669
   要約:章の目標と復習 672
   KEYWORDS 672
   基本概念を理解するために 673
   補充問題 673
21 生化学エネルギーの発生 676
   21.1 エネルギーと生命 677
   21.2 エネルギーと生化学反応 678
   Application:太陽のない世界 681
   21.3 細胞とその構造 681
   21.4 代謝とエネルギー生産の概要 684
   21.5 代謝の方法:ATPとエネルギー伝達 686
   21.6 代謝の方法:代謝経路と共役反応 688
   Application:基礎代謝 690
   21.7 代謝の方法:酸化型,還元型補酵素 691
   21.8 クエン酸回路 693
   21.9 電子伝達系とATP生産 697
   Application:未完成のエネルギー:酸化的リン酸化の遮断薬と脱共役剤 700
   21.10 有害な酸素副産物と抗酸化ビタミン 701
   Application:植物と光合成 703
   要約:章の目標と復習 704
   KEYWORDS 704
   基本概念を理解するために 705
   補充問題 706
22 炭水化物 710
   22.1 炭水化物の概要 711
   22.2 炭水化物の対称性 713
   22.3 糖類のD型とL型:糖分子の表示 715
   Application:市場に見るキラリティー 717
   22.4 グルコースとほかの単糖類の構造 719
   22.5 重要な単糖類 723
   Application:食物中の炭水化物 724
   22.6 単糖類の反応 727
   22.7 二糖類 730
   Application:細胞壁:強固な防御システム 732
   22.8 さまざまな炭水化物 734
   22.9 重要な多糖類 737
   Application:細胞表面の炭水化物と血液型 738
   Application:食物繊維 741
   要約:章の目標と復習 742
   KEYWORDS 742
   基本概念を理解するために 744
   補充問題 745
23 炭水化物の代謝 748
   23.1 炭水化物類の消化 749
   23.2 グルコースの代謝:概要 750
   23.3 解糖 752
   23.4 ほかの糖の解糖系への導入 756
   Application:虫歯 757
   23.5 ピルビン酸の行方 758
   23.6 グルコースの完全異化とエネルギー生産 760
   Application:微生物発酵:今と昔 761
   23.7 グルコース代謝とエネルギー生産の調節 762
   23.8 絶食や飢餓における代謝 762
   23.9 糖尿病における代謝 764
   23.10 グリコーゲン代謝:グリコーゲン合成とグリコーゲン分解 765
   Application:糖尿病の診断とモニター 766
   Application:ランニングの生化学 768
   23.11 糖新生:非炭水化物類からのグルコース 770
   Applicaticn:多糖類―何のために有用? 771
   Connection:栄養士 772
   要約:章の目標と復習 773
   KEYWORDS 773
   基本概念を理解するために 774
   補充問題 775
24 脂質 778
   24.1 脂質の構造と分類 779
   24.2 脂肪酸とそのエステル 781
   Applicaticn:食餌中の脂質 785
   24.3 油脂の性質 786
   24.4 トリアシルグリセロールの化学反応 788
   Applicaticn:洗剤 790
   24.5 細胞膜脂質:リン脂質と糖脂質 791
   Applicaticn:バターとその代替品 796
   24.6 細胞膜脂質:コレステロール 797
   24.7 細胞膜の構造 798
   Applicaticn:健康と美容のためのリポソーム 799
   24.8 細胞膜を横断する輸送 801
   24.9 イコサノイド:プロスタグランジンとロイコトリエン 803
   要約:章の目標と復習 804
   KEYWORDS 804
   基本概念を理解するために 806
   補充問題 806
25 脂質の代謝 810
   25.1 トリアシルグリセロールの消化 811
   25.2 脂質輸送のためのリポタンパク質 813
   Applicaticn:脂質とアテローム性動脈硬化 815
   25.3 トリアシルグリセロールの代謝:概要 816
   Applicaticn:脂質の貯蔵:よいことかそれとも? 818
   25.4 トリアシルグリセロールの貯蔵と流動化 819
   25.5 脂肪酸の酸化 820
   25.6 脂肪酸の酸化のエネルギー 822
   25.7 ケトン体とケトアシドーシス 823
   Applicaticn:肝臓,代謝系のクリーニングハウス 825
   25.8 脂肪酸の生合成 826
   要約:章の目標と復習 828
   KEYWORDS 828
   基本概念を理解するために 829
   補充問題 830
26 核酸とタンパク質の合成 832
   26.1 DNA,染色体および遺伝子 833
   26.2 核酸の構成成分 834
   26.3 核酸鎖の構造 839
   26.4 DNAの塩基対:ワトソン-クリックモデル 841
   26.5 核酸と遺伝 844
   26.6 DNAの複製 845
   Applicaticn:ウイルスとエイズ 846
   26.7 RNAの構造と機能 849
   26.8 転写:RNA合成 850
   26.9 遺伝暗号 853
   App1ication:“鳥インフルエンザ”:つぎの伝染病か? 854
   26.10 翻訳:tRNAとタンパク質の合成 856
   要約:章の目標と復習 859
   KEYWORDS 859
   基本概念を理解するために 861
   補充問題 862
27 ゲノム科学 864
   27.1 ヒトゲノム地図 865
   27.2 染色体を探る 867
   Applicaticn:そのゲノムは誰のもの? 868
   27.3 突然変異と多型 870
   27.4 組換えDNA 873
   Applicaticn:セレンディピティとPCR 874
   Application:DNAフィンガープリント法 876
   27.5 ゲノム科学:その利用 877
   Connection:科捜研 880
   要約:章の目標と復習 883
   KEYWORDS 884
   基本概念を理解するために 884
   補充問題 884
28 タンパク質とアミノ酸代謝 886
   28.1 タンパク質の消化 887
   28.2 アミノ酸の代謝:概要 888
   28.3 アミノ酸の異化作用:アミノ基 890
   28.4 尿素回路 892
   Application:痛風の経路 894
   28.5 アミノ酸の異化作用:炭素原子 896
   28.6 非必須アミノ酸の生合成 896
   Applicaticn:必須アミノ酸の重要性と欠乏による影響 898
   要約:章の目標と復習 900
   KEYWORDS 900
   基本概念を理解するために 901
   補充問題 901
29 体液 904
   29.1 体内水分と溶解物 905
   29.2 体液のバランス 908
   29.3 血液 909
   29.4 血紫タンパク質,白血球および免疫 912
   Applicaticn:血液脳関門(BBB) 914
   29.5 血液凝固 916
   29.6 赤血球と血液内ガス 917
   29.7 腎臓と尿の生成 921
   29.8 尿の組成と機能 922
   Applicaticn:臨床検査の自動化 923
   Connection:獣医の臨床検査技師 924
   要約:章の目標と復習 925
   KEYWORDS 925
   基本概念を理解するために 926
   補充問題 927
   C. Henderson-Hasse1balch式とアミノ酸 A-6
   問題の解説A-18
   索引 A-355
1 物質と生命 2
   1.1 化学:中心の科学 3
   1.2 物質の三態 5
37.

図書

図書
edited by Stuart L. Schreiber, Tarun M. Kapoor and Günther Wess
出版情報: Weinheim : Wiley-VCH, 2007  3 v. ; 25 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Introduction / Part I:
Chemistry and Biology -- Historial and Philosophical Aspects / Gerhard Quinkert
Using Small Molecules To Explore Biology / Part II:
Using Small Molecules to Unravel Biological Mechanisms / Tarun Kapoor
Using Natural Products to Unravel Cell Biology / Craig Crews
Engineering Control Over Protein Function Using Chemistry / Kevan Shokat
Controlling Protein Function by Caged Compounds / Carsten Schultz
Transcription Control by Small-Molecules / John Koh
Controlling Protein-Protein Interactions / Virginia Cornish ; Columbia University) Controlling Protein-Protein Interactions Using Chemical Inducers and Disrupters of Dimerization ; Tim Clackson
Protein Secondary Structure Mimetics as Modulators of Protein-Protein and Protein-Ligand Interactions / Andrew Hamilton
Expanding the Genetic Code / Masahiko Sisido
Discovering Small Molecule Probes For Biological Mechanisms / Part III:
Forward Chemical Genetics / Stuart Schreiber ; Steve Haggarty
Reverse Chemical Genetics -- An Important Strategy for the Study of Protein Function in Chemical and Drug Discovery / Herbert Waldmann
Chemical Biology and Enzymology: Protein Phosphorylation as a Case Study / Phil Cole
Chemical Strategies for Activity-based Proteomics / Ben Cravatt
The Biarsenical Tetracysteine Protein Tag: Chemistry and Biological Applications / Steve Adams
Chemical Approaches to Exploit Fusion Proteins for Functional Studies / Kai Johnsson
Expanding The Scope Of Chemical Synthesis / Part IV:
Diversity-oriented Synthesis / Derek Tan
Combinatorial Biosynthesis of Polyketides and Nonribosomal Peptides / Chaitan Khosla
Expressed Protein Ligation / Tom Muir
Chemical Synthesis of Proteins and Large Bioconjugates / Phil Dawson
New Methods for Protein Bioconjugation / Matt Francis
The Search for Chemical Probes to Illuminate Carbohydrate Function / Laura Kiessling
Chemical Clydomics as Basis for Drug Discovery / Peter Seeberger
The Bicyclid Depsipeptide Family of Histone Deacetylase / A. Ganesan
Chemical Informatics / Part V:
Wombat and Wombat-Pk / Paul Clemons
Bioactivity Databases for Lead and Drug Discovery / Tudor Oprea
Drug discovery / Part VI:
Managerial Challenges in Implementing Chemical Biology Platforms / Frank Douglas
The Molecular Basis of Predicting Druggability / Andrew Hopkins ; Pfizer)
The Target Family Approach / Peter Nestler ; Sanofi-Aventis)
Chemical Biology of Kinases Studied by NMR Spectroscopy / Harald Schwalbe
The Nuclear Receptor Superfamily and Drug Discovery / Kenneth Pearce
The GPCR-7TM Receptor Target Family / Edgar Jacoby
Drugs Targeting Protein-Protein Interactions / Patrick Chene ; Novartis)
Systems Biology / Part VII:
Prediction of ADMET properties / Ulf Norinder ; AstraZeneca)
Systems Biology of the JAK-STAT Signaling Pathway / Jens Timmer
Modeling Intracellular Signal Transduction Processes / Jason Haugh
Genome-wide Gene Expression and Application to the Analysis of T-Cell Subsets in Inflammatory Diseases / Lars Rogge
Scanning the Proteome for Targets of Organic Small Molecules Using Bifunctional Receptor Ligands / Nikolai Kley
Outlook / Part VIII:
Introduction / Part I:
Chemistry and Biology -- Historial and Philosophical Aspects / Gerhard Quinkert
Using Small Molecules To Explore Biology / Part II:
38.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
齋藤勝裕, 尾崎昌宣著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2005.11  vii, 161p ; 22cm
シリーズ名: わかる化学シリーズ ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ようこそ生命化学の世界へ 1
第Ⅰ部 生命化学を学ぶために
   0章 生命の謎を化学で解き明かす 5
    1.生命の不思議と生命化学 5
    2.生命とは何だろう? 5
    3.生命化学の未来 9
1章 細胞は生命の小箱 11
    1.細胞とは何か 12
    2.細胞の進化 13
    3.細胞は化学工場である 15
    4.細胞膜はどのようになっているのだろう 17
    5.ダイナミックに活動する細胞膜 20
    6.変幻自在な細胞膜 22
2章 生命をつくる分子たち 25
    1.生命を構成する原子 26
    2.生命をつくる分子の誕生 28
    3.水は生命を育む 29
    4.タンパク質ってどんなもの? 32
    5.タンパク質は複雑な立体構造をもつ 34
    6.糖ってどんなもの? 36
    7.脂質ってどんなもの? 40
第Ⅱ部 生命は活動する
3章 エネルギーは生命を支える 45
    1.化学反応とエネルギー 46
    2.太陽エネルギーは生命の源である 48
    3.食物からエネルギーをつくる 54
    4.酵素は化学反応をスムースに進行させる 57
    コラム 炭素固定 53
4章 生命を維持するための機能 61
    1.細胞膜を通過するには? 62
    2.神経細胞内における情報の伝達 65
    3.細胞間ではどのように情報を伝達するのか 66
    4.酸素の運搬 68
    5.視覚による光情報の伝達 70
第Ⅲ部 生命は連続する
5章 核酸は遺伝情報を担う 75
    1.DNAは自己複製する 76
    2.DNAの基本的な構造 77
    3.DNAはどのように複製されるのか 80
    4.DNAからRNAへの情報伝達 82
    5.さまざまな機能をもつRNA 84
    コラム 遺伝子のつぎはぎ 85
6章 生命の旅立ちから終わりまで 89
    1.細胞の中でのDNAの姿 90
    2.新しい生命の誕生への準備 92
    3.生命はどのように誕生するのか 93
    4.DNAの異常と修復 95
    5.細胞の老化 98
    6.細胞の終わり 100
    コラム 細胞の時計を逆に戻す 99
7章 ヒトは生命を操れるのか? 103
    1.ゲノムを解析する 104
    2.クローンと生命の営み 107
    3.細胞を利用する 109
    4.遺伝子を操作する 111
第Ⅳ部 生命を護るための化学
8章 生命を護るしくみ 117
    1.どのように自己と非自己を区別するのか 118
    2.抗体ってどんなもの? 119
    3.免疫を担う細胞たち 119
    4.“食べる”ことが防御の基本である 120
    5.高度な免疫システム 121
    6.アレルギーって何だろう? 124
    コラム T細胞の種類と役割 123
9章 病気の化学 127
    1.がんの化学 128
    2.エイズの化学 130
    3.遺伝子疾患と遺伝子治療 132
    4.生命を維持するための化学物質 134
    5.病気を治すための化学物質 138
    コラム がんに対する遺伝子治療 134
10章 生命と環境
    1.生命を育む地球 144
    2.生命の誕生と地球環境 146
    3.地球環境問題と地球温暖化 147
    4.オゾン層の破壊 150
    5.化学物質と環境汚染 152
    6.生物によるグリーンケミストリー 154
    コラム ニ酸化炭素の排出量 150
   索引 157
ようこそ生命化学の世界へ 1
第Ⅰ部 生命化学を学ぶために
   0章 生命の謎を化学で解き明かす 5
39.

図書

図書
児玉龍彦編集
出版情報: 東京 : 医歯薬出版, 2008.6  135p. ; 26cm
シリーズ名: 別冊・医学のあゆみ
所蔵情報: loading…
40.

図書

図書
奈良信雄著
出版情報: 東京 : 同文書院, 2008.4  viii, 127p ; 26cm
シリーズ名: エスカベーシック
所蔵情報: loading…
41.

図書

図書
渡部終五編
出版情報: 東京 : 恒星社厚生閣, 2008.9  x, 241p ; 26cm
所蔵情報: loading…
42.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
赤路健一, 福田常彦著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2008.10  viii, 182p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 有機化合物の結合と構造 1
   1.1 有機化合物 1
   1.2 化学結合 2
    1.2.1 原子の電子構造 2
    1.2.2 イオン結合 4
    1.2.3 共有結合 5
    1.2.4 結合の軌道論 8
    1.2.5 混成軌道 11
   1.3 官能基と命名法 13
    1.3.1 分子骨格による分類 13
    1.3.2 官能基による分類 15
    1.3.3 有機化合物の命名法 15
   1.4 有機反応のかたち 18
   章末問題 19
   本章のまとめ 20
   COLUMN
    ふっ素とオゾンホール 9
    寿限無寿限無… 17
2章 有機化合物の立体構造 21
   2.1 立体異性体 22
    2.1.1 鎖状アルカンの立体配座 22
    2.1.2 環状アルカンの立体配座 23
   2.2 立体配置 25
    2.2.1 不斉炭素と鏡像体 26
    2.2.2 立体化学の表し方 27
   章末問題 31
   本章のまとめ 32
   CLOUMN
    薬と毒は紙一重 26
3章 炭素骨格の性質と反応 33
   3.1 アルカンの性質と反応 33
    3.1.1 アルカンの性質 33
    3.1.2 アルカンの反応 34
   3.2 アルケンの性質と反応 35
    3.2.1 アルケンへの求電子付加反応 36
    3.2.2 共役ジエン 39
   3.3 芳香族化合物 40
    3.3.1 芳香族化合物の性質 40
    3.3.2 芳香族化合物の反応 41
   章末問題 47
   本章のまとめ 47
    ブルーベリーやニンジンは目にいい? 37
    「亀の甲」の功罪 41
4章 官能基の性質と反応 49
   4.1 有機ハロゲン化合物 49
    4.1.1 求核置換反応 49
    4.1.2 脱離反応 53
   4.2 アルコールとエーテル 57
    4.2.1 アルコールの性質 57
    4.2.2 アルコールの反応 60
    4.2.3 エーテル 62
   4.3 アルデヒドとケトン 63
    4.3.1 カルボニル基 64
    4.3.2 求核付加反応 64
   4.4 カルボン酸とその誘導体 69
    4.4.1 カルボン酸 69
    4.4.2 カルボン酸誘導体 71
   4.5 アルドール反応 74
    4.5.1 ケト・エノール互換異性 74
    4.5.2 アルドール型反応 77
   4.6 アミンとその誘導体 81
    4.6.1 構造と性質 82
    4.6.2 合成と反応 85
   章末問題 87
   本章のまとめ 88
    においの話 59
    ホルマリンとシックハウス症候群 65
5章 糖質の化学 91
   5.1 単糖の構造と性質 91
    5.1.1 単糖の立体異性体 92
    5.1.2 単糖の環状構造 94
    5.1.3 変旋光 95
    5.1.4 単糖の誘導体 95
    5.1.5 グリコシド結合の形成 97
   5.2 二糖の構造と性質 97
   5.3 多糖類の構造と性質 98
    5.3.1 ホモ多糖 98
    5.3.2 ヘテロ糖 103
    5.3.3 糖タンパク質 105
   章末問題 107
   本章のまとめ 108
    甘味料のいろいろ 100
    酵素をだます糖尿病治療薬 102
    PSA(前立腺特異的抗原によるがんの診断 106
6章 脂質の性質とその働き 109
   6.1 脂質の分類 109
    6.1.1 脂肪酸 109
    6.1.2 ろう 110
    6.1.3 トリアシルグリセロール 111
    6.1.4 グリセロリン脂質 112
    6.1.5 スフィンゴ脂質 113
    6.1.6 イソプレノイド 114
   6.2 リポタンパク質 117
   6.3 膜 118
   章末問題 119
   本章のまとめ 120
    コレステロールを減らせ! 116
7章 アミノ酸・ペプチド・タンパク質の化学 121
   7.1 アミノ酸とタンパク質の一次構造 121
    7.1.1 非極性で中性のアミノ酸 122
    7.1.2 極性をもつ中性のアミノ酸 124
    7.1.3 塩基性アミノ酸 124
    7.1.4 酸性アミノ酸 124
   7.2 アミノ酸の等電点 125
   7.3  タンパク質やペプチド中でのアミノ酸の修飾 126
   7.4 いろいろな生理活性ペプチド 127
   7.5 タンパク質の構造と性質 130
    7.5.1 タンパク質の構造 131
    7.5.2 タンパク質の一次構造の決定 131
    7.5.3 タンパク質の二次構造 135
    7.5.4 タンパク質の三次構造 138
    7.5.5 タンパク質の四次構造 139
   7.6 ミオグロビンとヘモグロビン
    7.6.1 ミオグロビンの構造と機能 139
    7.6.2 ヘモグロビン 140
   章末問題 141
   本章のまとめ 141
    前立腺がん治療薬 129
    固相法によるペプチド合成 130
8章 核酸の構造と役割 143
   8.1 核酸の構造 143
   8.2 核酸の立体構造 146
    8.2.1 DNAの二重らせん構造 146
    8.2.2 一本鎖RNA分子の構造 149
   8.3 核タンパク質 149
    8.3.1 クロマチン 149
    8.3.2 リポソーム 150
   8.4 核酸の複製とタンパク質の合成 151
    8.4.1 DNAの複製 151
    8.4.2 RNAの生合成 : 転写 154
    8.4.3 タンパク質の生合成 : mRNAの翻訳 156
   章末問題 158
   本章のまとめ 158
    PCR (Polymerase Chain Reaction)ポリメラーゼ連鎖反応 152
    DNAの配列決定法(サンガー法) 153
    抗ウイルス薬の仕組み 155
9章 代謝とエネルギー 159
   9.1 酵素 159
   9.2 補酵素の構造と機能 160
    9.2.1 ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)およびニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸(NADP) 160
    9.2.2 フラビンモノヌクレオチド(FMN)およびフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD) 161
    9.2.3 補酵素A(Conenzyme A ; CoA)とアシルキャリアータンパク質(ACP) 162
    9.2.4 ピリドキサル5'-リン酸 163
   9.3 生体成分の同化反応 165
    9.3.1 糖新生 167
    9.3.2 グリコーゲンの合成 167
    9.3.3 脂肪酸の合成 168
    9.3.4 アミノ酸の生合成 169
   9.4 生体成分の異化反応 170
    9.4.1 脂肪酸のβ酸化 170
    9.4.2 アミノ酸の分解 171
    9.4.3 解糖 172
    9.4.4 クエン酸回路 173
    9.4.5 電子伝達系と酸化的リン酸化 175
    9.4.6 異化経路の概観 176
   章末問題 177
   本章のまとめ 177
    フェニルケトン尿症 163
参考図書 178
索引 179
1章 有機化合物の結合と構造 1
   1.1 有機化合物 1
   1.2 化学結合 2
43.

図書

図書
Pamela C.Champe, Richard A.Harvey, Denise R.Ferrier [著] ; 浅井将 [ほか訳]
出版情報: 東京 : 丸善, 2008.10  ix, 619p ; 26cm
シリーズ名: リッピンコットシリーズ
所蔵情報: loading…
44.

図書

図書
田川邦夫著
出版情報: 大津 : タカラバイオ, 2008.10  xvii, 288p ; 26cm
所蔵情報: loading…
45.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
奥忠武 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 講談社, 2006.3  ix, 195p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序文 ⅴ
   1 有機化学の基礎 1
    1.1 生物有機化学の概念 1
    1.2 有機化合物の構造と官能基 2
    1.2.1 炭素骨格による分類 4
    1.2.2 官能基による分類 7
    1.3 有機化合物の反応 14
    1.4 有機化合物の異性体 15
    1.4.1 構造異性体 16
    1.4.2 立体異性体 16
    1.5 生体関連物質の分離と分析 24
    1.5.1 抽出と分離・精製 24
    1.5.2 同定のための機器分析 25
2 生体物質の化学 35
    2.1 糖質の化学 35
    2.1.1 糖質の定義と分類 35
    2.1.2 糖質の構造と性質 36
    2.1.3 複合糖質と糖鎖生物学・糖鎖工学 47
    2.2 脂質の化学 53
    2.2.1 中性脂質と油脂 54
    2.2.2 複合脂質 54
    2.2.3 脂質の機能 56
    2.3 タンパク質の化学 57
    2.3.1 アミノ酸の定義,構造と性質 57
    2.3.2 ペプチドの構造と性質 67
    2.3.3 タンパク質の定義と分類 70
    2.3.4 タンパク質の構造と性質 71
    2.3.5 金属タンパク質による酸素運搬・貯蔵と電子伝達 87
    2.3.6 プロテオミクス 90
    2.4 酵素の化学 92
    2.4.1 酵素の定義と分類 92
    2.4.2 触媒としての特性 95
    2.4.3 酵素の活性中心 96
    2.4.4 誘導効果 98
    2.4.5 反応の機構 98
    2.4.6 酵素を用いる有機合成反応 101
    2.5 ビタミンの化学 109
    2.5.1 ビタミンの定義と分類 109
    2.5.2 ビタミンの化学構造と作用機構 110
    2.6 核酸の化学 118
    2.6.1 核酸の定義と分類 118
    2.6.2 遺伝子としてのDNA 120
    2.6.3 DNAの立体構造と物理化学的性質 121
    2.6.4 DNAの自己複製 124
    2.6.5 RNAを介した遺伝情報の発現 125
    2.6.6 遺伝子工学を支える基盤技術 128
    2.6.7 遺伝子工学の応用 132
3 生命現象の化学 137
    3.1 細胞構造に基づく生物の分類と進化 137
    3.1.1 細胞の構造と機能 137
    3.1.2 生物の分類と進化 140
    3.2 自由エネルギー 143
    3.3 代謝回路 144
    3.3.1 生体物質の代謝 144
    3.3.2 糖質の代謝 145
    3.3.3 脂質の代謝 148
    3.3.4 クエン酸回路 149
    3.3.5 物質代謝とエネルギー 150
    3.3.6 ATPの生成と貯蔵 152
    3.3.7 電子伝達系 152
    3.3.8 プロトンポンプ機構 154
    3.4 生化学的情報伝達 155
    3.4.1 情報伝達物質と受容体 155
    3.4.2 ホルモン 157
    3.4.3 神経伝達物質 163
    3.4.4 アゴニストとアンタゴニスト 166
    3.5 免疫の化学 169
    3.5.1 免疫の機構 169
    3.5.2 抗体の構造と多様性 170
    3.5.3 モノクローナル抗体とハイブリドーマ 173
    3.5.4 抗体の応用 176
   参考書 181
   付録 183
   索引 191
コラムー覧
   ・サリドマイドの光と影 23
   ・失敗は成功のもと 31
   ・特定保健用食品としてのオリゴ糖 42
   ・牛海綿状脳症(BSE) 79
   ・アルツハイマー病(Alzheheimer's disease) 85
   ・有機フッ素化合物を合成する酵素 107
   ・抗体触媒の作用を利用するドラッグデリバリーシステム 108
   ・ゲノムは生命の設計図 135
   ・クローン技術 142
   ・情報伝達物質としてのNOとバイアグラ 156
   ・神経ガス・サリンによる急性中毒 165
序文 ⅴ
   1 有機化学の基礎 1
    1.1 生物有機化学の概念 1
46.

図書

図書
福田満編
出版情報: 京都 : 化学同人, 2000.10  xii, 182p ; 26cm
シリーズ名: 食品・栄養科学シリーズ
所蔵情報: loading…
47.

図書

図書
Matthews, Freedland, Miesfeld著 ; 大森彬 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2000.6  xvi, 414p ; 26cm
所蔵情報: loading…
48.

図書

図書
Dawn B.Marks [著] ; 伊藤誠二 [ほか] 共訳
出版情報: 東京 : 丸善, 2000.3  iv, 288p ; 26cm
所蔵情報: loading…
49.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
八木康一編著 ; 能野秀典, 矢沢道生, 桑山秀人共著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2009.6  ix, 155p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 元素と原子の性質
   1.1 はじめに 1
    1.1.1 化学の誕生 1
    1.1.2 元素,原子とは 2
    1.1.3 “モル”化学で最も大切な単位 3
   1.2 原子の構造 5
    1.2.1 原子の大きさ 5
    1.2.2 陽子の数と質量 6
    1.2.3 同位体 6
    1.2.4 電子配置と軌道 7
    1.2.5 典型元素と遷移元素 9
   1.3 周期表 9
    1.3.1 周期表に基づく元素の分類 9
    1.3.2 イオン化エネルギー 10
    1.3.3 電子親和力 11
   1.4 化学結合 11
    1.4.1 結合に関わる最外殻電子” 11
    1.4.2 イオン結合 12
    1.4.3 共有結合 12
    1.4.4 配位結合 12
    1.4.5 分子の極性 13
   練習問題 14
2章 希ガス(O族)元素と水素
   2.1 希ガス(O族)元素 15
    2.1.1 希ガスの化学的性質と電子構造(閉殻構造と八隅子説) 15
   2.2 水 素 17
    2.2.1 水素原子の構造,水素化合物の例 17
    2.2.2 水素イオン(H+) 19
    2.2.3 生物にとって重要な水素化合物“水” 20
   練習問題 21
3章 典型元素Ⅰ(s元素)
   3.1 s元素とは 22
   3.2 1A族元素(アルカリ金属元素) 22
    3.2.1 一般的性質 22
    3.2.2 主な化合物 24
   3.3 2A族元素(アルカリ土類金属元素) 25
    3.3.1 一般的性質 25
    3.3.2 主な化合物 26
4章 典型元素Ⅱ(p元素)
   4.1 p元素とは 28
   4.2 3A族元素(ホウ素族元素;B, Al, Ga, In, Tl) 29
    4.2.1 一般的性質 29
    4.2.2 アルミニウム(Al) 30
   4.3 4A族元素(炭素族元素;C, Si, Ge, Sn, Pb) 32
    4.3.1 一般的性質 32
    4.3.2 炭 素(C) 33
    4.3.3 ケイ素(Si) 36
   4.4 5A族元素(窒素族元素;N, P, As, Sb, Bi) 37
    4.4.1 一般的性質 37
    4.4.2 窒 素(N) 38
    4.4.3 リ ン(P) 42
   4.5 6A族元素(酸素族元素;O, S, Se, Te, Po) 43
    4.5.1 一般的性質 43
    4.5.2 酸 素(O) 44
    4.5.3 硫 黄(S) 50
    4.5.4 セレン(Se) 52
   4.6 7A族元素(ハロゲン元素;F, Cl, Br, I, At) 54
    4.6.1 一般的性質 54
    4.6.2 フッ素(F) 55
    4.6.3 塩 素(Cl) 56
    4.6.4 ヨウ素(I) 57
   練習問題 58
5章 電解質(Electrolyte)(水,弱酸の取り扱い)
   5.1 水,イオン 59
    5.1.1 電解質 59
    5.1.2 モル電気伝導度,Λo 60
    5.1.3 イオン独立移動の法則 61
    5.1.4 電離度,α 62
    5.1.5 水の場合を考える 62
    5.1.6 弱酸(弱電解質である酸)の取り扱い 63
   5.2 弱酸に塩基を加える(中和反応) 65
    5.2.1 中和反応 65
    5.2.2 弱酸の中和反応 65
   5.3 生体内における重要なpH酸緩衝作用 67
    5.3.1 リン酸系 67
    5.3.2 炭酸緩衝系 68
   練習問題 69
6章 遷移元素(d元素)
   6.1 d元素の一般的性質 71
   6.2 d元素のイオン化 73
    6.2.1 イオン化傾向 73
    6.2.2 d元素のイオン化エネルギー 73
    6.2.3 d元素イオンの外殻電子 74
    6.2.4 イオンの水和 75
   6.3 d元素と錯体 76
    6.3.1 錯体と配位子 76
    6.3.2 d元素イオンの配位結合と希ガス型電子構造 77
    6.3.3 配位子に依存するd元素イオンの安定な原子価 80
    6.3.4 配位子に依存する錯イオンの色と構造 80
    5.3.5 多座配位子 81
    6.3.6 化学平衡と錯体の安定度定数 83
   6.4 d元素と酸化・還元反応 84
    6.4.1 遷移金属イオンの酸化と還元 84
    6.4.2 酸化還元の反応方向と電池の起電力 85
    6.4.3 標準電極電位 86
    6.4.4 実際の酸化還元反応と標準電極電位 87
    6.4.5 錯体の分子構造と分子軌道 89
   6.5 生物における遷移元素 90
    6.5.1 バナジウム 90
    6.5.2 クロムとモリブデン 91
    6.5.3 マンガン 93
    6.5.4 鉄 95
    6.5.5 コバルト 98
    6.5.6 ニッケル 98
    6.5.7 銅 99
    6.5.8 亜鉛とカドミウム 100
   練習問題 101
7章 生命現象と金属元素
   7.1 細胞膜を隔てたイオン濃度のバランス 104
    7.1.1 細胞の内外でイオンの分布は異なる 104
    7.1.2 イオンポンプとイオンチャンネル 105
    7.1.3 細胞内イオン濃度と浸透圧の調節 109
    7.1.4 イオンチャンネルと神経 109
   7.2 生命活動とエネルギー 111
    7.2.1 細胞が使えるエネルギー 111
    7.2.2 アデノシン三リン酸(ATP) 112
    7.2.3 ミトコンドリアでのATP合成 113
    7.2.4 クロロプラストでの光合成とATPの合成 116
    7.2.5 電子キャリアの構造 119
   7.3 物質の輸送 123
    7.3.1 ヘモグロビンと酸素の輸送 124
    7.3.2 ヘモグロビンと二酸化炭素の輸送 128
    7.3.3 その他の物質の輸送 129
   7.4 生命活動と物質の変換 129
    7.4.1 金属イオンと酵素 130
    7.4.2 酸素の酸化力と毒性 133
   7.5 化学反応速度の調節と生命 134
    7.5.1 酵素活性の調節 135
    7.5.2 刺激に対する細胞の応答-酵素の活性化 135
   7.6 遺伝情報と金属元素 138
    7.6.1 核酸はヌクレオシドリン酸のポリマー 138
    7.6.2 DNAは二重らせん構造 139
    7.6.3 遺伝情報の発現と調節-金属元素が機能出来る過程 140
    7.6.4 遺伝子構造の変異と損傷-進化と発がん 144
練習問題の解答例 147
索引 153
1章 元素と原子の性質
   1.1 はじめに 1
    1.1.1 化学の誕生 1
50.

図書

図書
丸山工作著
出版情報: 東京 : 裳華房, 1978.10  viii, 180p ; 22cm
シリーズ名: 大学の生物学
所蔵情報: loading…
51.

図書

図書
近藤和雄 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2003.5  xi, 233p ; 26cm
シリーズ名: スタンダード栄養・食物シリーズ ; 3 . 人体の構造と機能||ジンタイ ノ コウゾウ ト キノウ ; 2
所蔵情報: loading…
52.

図書

図書
マシューズ, ホルダ, アハーン著 ; 相内敏弘 [ほか] 訳
出版情報: 新潟 : 西村書店, 2003.5  xvi, 991p ; 26cm
所蔵情報: loading…
53.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Ignacio Tinoco, Jr. [ほか] 著 ; 櫻井実 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2004.2  xiv, 488p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1.序論 1
   ヒトゲノムとその先 2
   転写と翻訳 3
   イオンチャンネル 6
   参考文献 7
   推薦図書 8
   問題 8
2.第一法則 : エネルギーは保存される 9
   この章で考えること 9
   その使い方 10
   エネルギーの変換と保存 10
   系と外界 10
   エネルギーの交換 11
   熱力学第一法則 18
   系の状態を記述する 18
   状態量 18
   状態方程式 19
   異なる状態を結ぶ経路 21
   純物質のエネルギーとエンタルピーのP,V,T依存性 23
   熱交換とΔEやΔHとの関係 27
   相変化 28
   化学反応 29
   化学反応の熱 29
   ΔHの温度依存性 31
   反応のエネルギー変化ΔE 32
   標準生成エンタルピー(または,熱) 32
   結合エネルギー 33
   エネルギーとエンタルピーの分子論的解釈 35
   まとめ 35
   2章で必要な数学 37
   参考文献 37
   推薦図書 38
   問題 38
3.第二法則 : 宇宙のエントロピーは増大する 43
   この章で考えること 43
   その使い方 43
   第二法則の歴史的発展 : カルノーサイクル 43
   新しい状態量 : エントロピー 46
   熱力学第二法則 : エントロピーは保存されない 47
   エントロピーの分子論的解釈 48
    ゆらぎ 50
   エントロピーの測定 51
   化学反応 51
   熱力学第三法則 51
    エントロピーの温度依存性 52
    化学反応におけるエントロピー変化の温度依存性 52
    相転移におけるエントロピー変化 53
    エントロピーの圧力依存性 53
    自発的化学変化 54
   ギブズエネルギー 55
    ΔGと最大非膨張仕事 55
    等温定圧下での自発的反応 55
    ギブズエネルギーの計算 56
    ギブズエネルギーの温度依存性 57
    ギブズエネルギーの圧力依存性 59
    相変化 60
   ヘルムホルツエネルギー 60
   非共有結合反応 61
   疎水相互作用 63
   タンパク質と核酸 63
   熱力学における偏微分の使用 67
    偏微分の間の関係 68
   まとめ 70
   参考文献 71
   推薦図書 71
   問題 71
4.ギブズエネルギーと化学平衡 77
   この章で考えること 77
   その使い方 77
   化学ポテンシャル(部分モルギブズエネルギー) 78
    ギブズエネルギーと化学ポテンシャル 78
    部分モル量の総和則 78
    化学ポテンシャルと化学反応の進行方向 79
   気体の反応 : 理想気体近似 80
    化学ポテンシャルの分圧依存性 80
    平衡定数 81
   非理想系 83
    活量 83
    標準状態 83
    イオン活量係数 88
   平衡定数と反応物ならびに生成物の標準ギブズエネルギー 89
    平衡濃度の計算 : 理想溶液 90
    平衡定数の温度依存性 94
   カルバニ電池 96
    標準電極電位 97
    εの濃度依存性 100
   熱力学の生化学への応用 101
    代謝の熱力学 103
   生化学的酸化還元反応 107
    NADH-Qレダクターゼ 108
    シトクロムレダクターゼ 108
    シトクロムcオキシダーゼ 108
    核酸の二重らせん形成 108
    タンパク賢-核酸の相互作用に対する塩の効果 110
   まとめ 111
   4章で必要な数学 112
   参考文献 112
   推薦図書 112
   問題 113
5.ギブズエネルギーと物理的平衡 119
   この章で考えること 119
   その使い方 119
    膜と輸送 119
    リガンド結合 119
    束一的性質 119
   相平衡 120
    単一成分系 120
    沸点と凝固点 120
    二つ以上の成分から成る溶液 123
    平衡透析 125
    スキャッチャードの式 126
    協同的結合と反協同的結合 128
    相間移動のギブズエネルギー 131
    ドナン効果とドナン電位 133
   膜 135
    脂質分子 135
    脂質,二重層,細胞膜の相転移 136
    表面張力 138
    表面ギブズエネルギー 140
    蒸気圧と表面張力 142
    生体膜 142
   能動輸送と受動輸送 144
   束一的性質 146
   分子量の決定 151
    蒸気圧降下 151
   まとめ 152
   参考文献 154
   推薦図書 154
   インターネット 154
   問題 154
6.分子運動と輸送物性 161
   この章で考えること 161
   その使い方 162
   運動論 162
   ブラウン運動と無秩序な分子運動 162
    分子の速度,並進運動エネルギー,温度 163
    マクスウェル-ボルツマンの速度分布則 166
    分子衝突 168
    平均自由行程 169
   拡散 169
    気体中のランダム歩行と拡散 169
    拡散係数とフィックの第一法則 171
    フィックの第二法則 172
    拡散係数の決定 172
    拡散係数と平均二乗変位との関係 173
    レーザー光散乱による拡散係数の決定 174
    拡散係数と分子の物性定数 174
    溶媒和 175
    形状因子 176
    ランダムコイルの拡散係数 177
   沈降法 178
    沈降係数の決定法 179
    沈降および拡散実験から分子量を決定する 181
    沈降平衡法による分子量の決定 181
    密度勾配遠心法 182
   粘度 183
    粘度の測定法 184
    溶液の粘度 185
   電気泳動 185
    ゲル電気泳動 185
    DNA配列の決定 186
    二本鎖DNA 187
    DNAフィンガープリンティング 187
    核酸のコンホメーション(分子形態) 188
    パルスゲル電気泳動 189
    タンパク質の分子量 189
    タンパク質の電荷 190
    巨大分子間相互作用 191
   巨大分子の大きさと形 192
   まとめ 193
   参考文献 195
   推薦図書 195
   問 題 196
7.速度論 : 化学反応の速度 203
   この章で考えること 203
   その使い方 204
   速度論 204
    速度式 205
    反応次数 205
    実験的な速度データ 206
    0次反応 207
    1次反応 208
    2次反応 212
    2次反応の例としてのDNA二本鎖の再生 214
    1次,2次以外の次数をもつ反応 217
    反応次数と反応速度定数を決定すること 218
   反応機構と速度式 219
    並行反応 221
    逐次反応(1次) 222
    平衡と速度論 224
    複合反応 225
    速度データから反応機構を決定する 226
   温度依存性 227
   遷移状態理論 229
   電子移動反応 : マーカス理論 231
   イオン反応と添加塩効果 232
   同位体と立体化学的効果 233
   非常に速い反応 233
    緩和法 233
    緩和法の速度論 234
   拡散律速反応 238
   光化学と光生物学 239
    視覚 241
    光合成 241
   まとめ 244
   7章で必要な数学 247
   参考文献 247
   推薦図書 248
   問題 248
8.酵素反応速度論 259
   この章で考えること 259
   その使い方 259
   触媒抗体とRNA酵素-リボザイム 259
   酵素反応速度論 260
   ミカエリス-メンテン反応速度論 262
    速度データの解析 264
    中間体が二つ生じる複合体の場合 267
   競合と阻害 268
    競合 268
    競合阻害 268
    非競合阻害 270
    アロステリック効果 270
    単一分子速度論 272
   まとめ 273
   8章で必要な数学 274
   参考文献 275
   推薦図書 275
   問題 275
9.分子構造と相互作用 : 理論 285
   この章で考えること 285
   その使い方 285
   視覚の過程 286
   量子力学の起源 288
    黒体放射 289
    光電効果 290
    電子と波動 290
    ハイゼンベルクの不確定性原理 291
   量子力学計算 291
    波動力学と波動関数 291
   シュレーディンガー方程式 293
    波動力学問題の解法 295
    波動力学の解法の概要 295
   箱の中の粒子 297
   トンネル効果 302
   調和振動子 303
   剛体回転子 305
   水素原子 306
   電子分布 307
    水素原子中の電子分布 307
    多電子原子 310
    分子軌道(分子オービタル) 312
    混成 316
    非局在化軌道 317
   分子構造および分子軌道 319
    幾何構造と立体化学 320
    遷移金属の配位 321
    電荷分布と双極子モーメント 323
   分子間および分子内の力 323
    結合伸縮と結合変角 323
    結合のまわりの内部回転 324
   非共有結合相互作用 325
    静電エネルギーとクーロンの法則 325
    原子の正味の電荷と双極子モーメント 327
    双極子-双極子相互作用 329
    ロンドン引力 330
    ファンデルワールス斥力 331
    ロンドン-ファンデルワールス相互作用 331
    最低エネルギーコンホメーション 332
    水素結合 333
    疎水性および親水性環境 335
   分子動力学シミュレーション 336
    モンテカルロ法 337
    分子動力学法 337
   展望 338
   まとめ 339
   9章で必要な数学 341
   参考文献 342
   推薦図書 342
   問題 343
10.分子構造と相互作用 : 分光学 349
   この章で考えること 349
   その使い方 350
   電磁波スペクトル 350
   色と屈折率 350
   放射の吸収と放出 351
    放射に誘導された遷移 352
    古典的振動子 353
    量子力学的記述 353
    寿命と線幅 354
    電子吸収スペクトルにおける環境の役割 355
    ベール-ランベルトの法則 356
   タンパク質と核酸 : 紫外吸収スペクトル 359
    アミノ酸のスペクトル 359
    ポリペプチドのスペクトル 360
    二次構造 360
    スペクトル変化の原因 360
    核酸 361
    ロドプシン : 発色団をもつタンパク質 362
   蛍光 363
    簡単な理論 363
    励起状態の性質 364
    蛍光消光 365
    励起移動 367
    分子定規 368
    蛍光偏光 369
    りん光 369
    一分子蛍光分光法 370
   旋光分散と円偏光二色性 371
    偏光 371
    旋光性 373
    円偏光二色性 374
    核酸およびタンパク質の円偏光二色性 375
   振動スペクトル,赤外吸収,ラマン散乱 376
    赤外吸収 376
    ラマン散乱 377
   核磁気共鳴 379
    NMRスペクトル 380
   核磁気共鳴における相互作用 381
    化学シフト 381
    スピンースピン結合 382
    緩和 385
    核オーバーハウザー効果 386
    多次元NMRスペクトル 386
    NMR法による生体高分子の構造解析 389
    電子常磁性共鳴 390
    磁気共鳴画像 392
   まとめ 392
   参考文献 394
   推薦図書 394
   問題 395
11.分子の分布と統計熱力学 405
   この章で考えること 405
   その使い方 405
   高分子へのリガンドの結合 406
    等価で独立な結合サイトをもつモデル 406
    ラングミュアの吸着等温式 408
    最近接相互作用と統計的な重み 408
    協同的結合と反協同的結合 409
    親和性が等しいN個の結合部位が直線状に並んで最近接間で相互作用しているモデル 411
    親和性が等しい結合部位が非直線状に並んで最近接間で相互作用しているモデル 412
   ランダム歩行 413
    ランダム歩行における平均値の計算 415
    拡散 417
    線状高分子の平均の大きさ 417
   ヘリックス-コイル転移 418
    ポリペプチド鎖のヘリックス-コイル転移 418
    二本鎖核酸のヘリックス-コイル転移 421
   統計熱力学 424
    統計力学的内部エネルギー 424
    仕事 425
    熱 426
    最も確からしい分布(ポルツマン分布) 426
    量子力学的な分布 429
    エントロピーと確率の例 430
    分配関数:応用例 432
   まとめ 433
   11章で必要な数学 435
   参考文献 435
   推薦図書 435
   問題 436
12.巨大分子の構造とX線回折 439
   この章で考えること 439
   その使い方 439
   可視化 440
   X線 440
    X線の発生 440
    結像 441
    X線の散乱 441
    結晶からのX線散乱(回折) 444
    X線回折パターンの測定 446
    ブラッグ反射 446
    回折X線強度 448
    単位格子 449
   分子構造の決定 450
    原子座標からの回折強度の計算 : 結晶構造因子 450
    回折強度からの原子座標の計算 451
    位相問題 452
    直接法 452
    同形置換法 452
    多波長異常散乱法 453
    結晶構造の決定 454
    非晶性物質からのX線散乱 456
    X線の吸収 457
    吸収端の超微細構造(EXAFS) 457
    放射光 458
   電子線回折 458
   中性子回折 459
   電子顕微鏡 459
    分解能,コントラスト,電子線損傷 460
    透過型電子顕微鏡と走査型電子顕微鏡 460
    電子顕微鏡像の改良と再構成 461
    走査型トンネル顕微鏡と原子間力顕微鏡 461
   まとめ 462
   12章で必要な数学 464
   参考文献 465
   推薦図書 465
   問題 466
   付録 469
   問題の解答 479
   索引 481
1.序論 1
   ヒトゲノムとその先 2
   転写と翻訳 3
54.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小宮山真著
出版情報: 東京 : 裳華房, 2004.2  x, 146p ; 21cm
シリーズ名: 化学新シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 生物有機化学とは
   1.1 生物有機化学の誕生 1
   1.2 生物の何を真似るのか? 3
   1.3 生物有機化学の目標 3
第2章 タンパク質の構造と機能
   2.1 アミノ酸 7
   2.2 タンパク質の階層構造 8
   2.3 一次構造の分析法 12
   2.4 タンパク質の変性と再生 14
   2.5 アミノ酸側鎖のイオン化状態のpH依存性 15
   演習問題 17
第3章 核酸
   3.1 遺伝情報の流れ : セントラル・ドグマ 18
   3.2 核酸の構造 19
    3.2.1 DNA 21
    3.2.2 RNA 22
   3.3 トリプレット・コドン 22
   3.4 核酸の溝の重要性 … 24
   3.5 核酸の化学合成 25
   3.6 核酸の合成アナログ : PNA 27
   演習問題 30
第4章 バイオテクノロジー
   4.1 遺伝子操作の概要 31
   4.2 制限酵素 33
   4.3 組換えDNAの細胞への導入 34
    4.3.1 コンピテント細胞 34
    4.3.2 リン酸カルシウム法 34
    4.3.3 遺伝子導入用試薬 35
    4.3.4 パーティクル・ガン 35
    4.3.5 レトロウイルスの利用 36
   4.4 タンパク質の生産 36
   4.5 生物有機化学の役割 37
   演習問題 39
第5章 生体反応のエネルギー源 : ATP
   5.1 ATPはなぜ高エネルギー物質として働くのか? 41
   5.2 生体反応ではATPはどのように用いられるのか? 42
   5.3 ペプチドの生合成 42
   5.4 DNAとRNAの生合成 44
   5.5 自由エネルギー変化と化学平衡 46
   演習問題 49
第6章 触媒作用の基礎
   6.1 反応速度と自由エネルギー変化 50
   6.2 化学反応の速度を決める因子 51
   6.3 触媒作用の本質 53
   6.4 一般塩基触媒作用と一般酸触媒作用-酵素が利用する触媒作用- 55
    6.4.1 一般塩基触媒作用 55
    6.4.2 一般酸触媒作用 56
   6.5 一般酸塩基触媒作用の効率を支配するのは何か? 57
   演習問題 59
第7章 酵素の構造と機能
   7.1 酵素の種類 61
   7.2 酵素の構造 62
   7.3 ミカエリス・メンテン型反応-酵素反応の速度論的な特徴- 62
   7.4 酵素パラメーターの実験的な決定法 65
   7.5 酵素反応は,なぜミカエリス・メンテン型である必要があるのか? 66
   7.6 酵素の機能発現に必須な構成要素は? 68
   演習問題 70
第8章 代表的な酵素(α-キモトリプシン)の作用機構
   8.1 全体構造 71
   8.2 特異性 72
   8.3 基質結合部位と触媒官能基群 74
   8.4 触媒機構 76
   8.5 アシル化と脱アシル化 78
   8.6 種々のセリンプロテアーゼと基質特異性 79
   演習問題 82
第9章 補酵素
   9.1 補因子の役割-補酵素と金属イオン- 83
   9.2 ピリドキサルリン酸 85
    9.2.1 アミノ基転移反応 86
    9.2.2 ラセミ化反応 88
    9.2.3 脱炭酸 89
   9.3 ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NADH) 89
   9.4 補酵素のモデル反応 91
    9.4.1 ピリドキサルリン酸のモデル反応 91
    9.4.2 ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドのモデル反応 91
   演習問題 92
第10章 分子内反応と分子内触媒作用
   10.1 分子内反応と分子間反応 93
   10.2 有効触媒濃度 95
   10.3 分子内反応はなぜ効率が高いのか? 95
    10.3.1 反応活性化パラメーター 95
    10.3.2 物理化学的解釈 97
   10.4 分子配向の重要性 97
    10.4.1 分子内酸無水物の形成 98
    10.4.2 分子内エステル(ラクトン)の形成 99
   演習問題 100
第11章 複数の官能基の協同触媒作用
   11.1 電荷伝達系のモデル 101
    11.1.1 イミダゾールによる分子内一般塩基触媒作用 101
    11.1.2 カルボキシラートの効果は? 102
   11.2 RNAの加水分解 103
    11.2.1 反応スキーム 103
    11.2.2 RNAを加水分解する酵素 : リボヌクレアーゼ 105
    11.2.3 協同触媒作用を利用した人工系によるRNA加水分解 106
   11.3 協同触媒効果はどのようにして確認するのか? 108
   11.4 さらに優れた触媒系を目指して 110
   演習問題 110
第12章 人エホスト
   12.1 特異的反応と分子認識 111
   12.2 環状ホスト 112
    12.2.1 シクロデキストリン 112
    12.2.2 クラウンエーテル 113
    12.2.3 カリックスアレン 115
   12.3 環状ホストの化学修飾によるゲスト認識能の向上 116
   12.4 分子溝ホスト 117
   12.5 分子インプリント法 118
    12.5.1 基本原理 118
    12.5.2 ホスト分子の規則的会合体の合成 120
   演習問題 122
第13章 人工酵素
   13.1 人工酵素の分子設計 123
   13.2 シクロデキストリンによるエステル加水分解 124
    13.2.1 セリンプロテアーゼの反応スキームとの類似 124
    13.2.2 基質特異性 126
   13.3 アニリドの加水分解 127
   13.4 シクロデキストリンの化学修飾によるさらに優れた人工酵素の構築 129
    13.4.1 セリンプロテアーゼのモデル 129
    13.4.2 リポヌクレアーゼのモデル 130
   13.5 補酵素を人エホストに結合する 131
   13.6 なぜ人工酵素が必要なのか? 133
   13.7 人工制限酵素 134
    13.7.1 必要性 134
    13.7.2 設計と構築 135
   演習問題 136
   おわりに 137
   演習問題略解 139
   索引 143
   囲み記事 : セレンを含むアミノ酸!〔16〕/ゲル電気泳動〔28〕/PCR法〔38〕/ATPはどのように作られるか?〔47〕
   アセチルコリンエステラーゼとサリン〔81〕/シクロデキストリンを食べる〔122〕
第1章 生物有機化学とは
   1.1 生物有機化学の誕生 1
   1.2 生物の何を真似るのか? 3
55.

図書

図書
八木達彦著 ; 飯田雪子イラスト
出版情報: 東京 : 丸善, 2001.7  155p ; 21cm
シリーズ名: 理科年表読本
所蔵情報: loading…
56.

図書

図書
野沢義則編
出版情報: 東京 : 東京教学社, 1984.10  vi,148p ; 22cm
所蔵情報: loading…
57.

図書

図書
大岳望 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1976.3  vii, 274p ; 22cm
所蔵情報: loading…
58.

図書

図書
Helmut Sies編 ; 安東由喜雄[ほか]訳
出版情報: 東京 : 学会出版センター, 1987.6  xvi, 509p ; 22cm
所蔵情報: loading…
59.

図書

図書
野村正著
出版情報: 東京 : 南江堂, 1978.7  vi, 223p ; 19cm
シリーズ名: 化学の領域選書 ; 15
所蔵情報: loading…
60.

図書

図書
柴田承二 [ほか] 編集
出版情報: 東京 : 医歯薬出版, 1978.3  viii, 551p ; 26cm
所蔵情報: loading…
61.

図書

図書
小林恒夫著
出版情報: 東京 : 養賢堂, 1979.11  viii, 293p ; 22cm
シリーズ名: 農芸化学全書 ; . 生物化学||セイブツ カガク ; 1
所蔵情報: loading…
62.

図書

図書
山崎誠, 石井信一, 岩井浩一編
出版情報: 東京 : 講談社, 1975.2  273p ; 22cm
所蔵情報: loading…
63.

図書

図書
日本生化学会
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1981.10  xiv, 1923p ; 22cm
シリーズ名: 生化学データブック / 日本生化学会編 ; 1
所蔵情報: loading…
64.

図書

図書
北川勲編
出版情報: 京都 : 化学同人, 1987.8  205p ; 26cm
シリーズ名: 化学増刊 ; 111
所蔵情報: loading…
65.

図書

図書
市川厚[ほか]訳
出版情報: 東京 : 広川書店, 1986.1  p615-1102, 76 ; 27cm
シリーズ名: 生化学 / スミス [ほか] 著 ; 鈴木旺 [ほか] 訳 ; 2
所蔵情報: loading…
66.

図書

図書
スミス [ほか] 著 ; 鈴木旺 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 廣川書店, 1985.4  冊 ; 27cm
所蔵情報: loading…
67.

図書

図書
EC委員会編 ; 緒方正名,武田和久共訳
出版情報: 東京 : 同文書院, 1987.3  107p ; 27cm
所蔵情報: loading…
68.

図書

図書
日本生化学会
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1981.10  xii, 1350p ; 22cm
シリーズ名: 生化学データブック / 日本生化学会編 ; 2
所蔵情報: loading…
69.

図書

図書
ニューズホーム,リーチ〔著〕 ; 奥田九一郎[ほか]訳
出版情報: 東京 : 講談社, 1986.5  xxii,596p ; 27cm
所蔵情報: loading…
70.

図書

図書
研究成果報告書編集委員会編
出版情報: 東京 : 日本学術振興会, 1980.12  12,520p ; 22cm
所蔵情報: loading…
71.

図書

図書
八木康一, 石井信一編著
出版情報: 札幌 : 北海道大学図書刊行会, 1988.11  vii, 171, 5p ; 19cm
所蔵情報: loading…
72.

図書

図書
田中正三著
出版情報: 東京 : 大日本図書, 1974.7  258p ; 22cm
シリーズ名: 新基礎化学シリーズ / 日本化学会編 ; 4
所蔵情報: loading…
73.

図書

図書
大饗茂, 向山光昭, 吉田善一共編
出版情報: 京都 : 化学同人, 1972.11-1974.7  2冊 ; 26cm
シリーズ名: 化学増刊 ; 56,62
所蔵情報: loading…
74.

図書

図書
藤田啓介〔ほか〕編集
出版情報: 東京 : 廣川書店, 1982.4  xxiii, 428p ; 26cm
所蔵情報: loading…
75.

図書

図書
中野稔著
出版情報: 東京 : メディカルトリビューン, 1984.7  xi, 267p ; 26cm
所蔵情報: loading…
76.

図書

図書
柴田承二 [ほか] 編集
出版情報: 東京 : 医歯薬出版, 1988.3  xii, 459p ; 26cm
所蔵情報: loading…
77.

図書

図書
編集:中垣正幸,岩田修造
出版情報: 東京 : 南江堂, 1975  257p ; 22cm
シリーズ名: 現代生物科学シリーズ ; 14
所蔵情報: loading…
78.

図書

図書
坪井昭三[ほか]編
出版情報: 東京 : 金原出版, 1987.10  12,1019,39p ; 27cm
所蔵情報: loading…
79.

図書

図書
合葉修一, A. E. ハンフリー, N. F. ミリス著 ; 永谷正治訳
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1976.11  xi, 448p ; 22cm
所蔵情報: loading…
80.

図書

図書
岩波泰夫著
出版情報: 東京 : 講談社, 1980.10  viii, 89, 25p ; 21cm
所蔵情報: loading…
81.

図書

図書
特定研究「生物生産の場における生理的・化学的制御」研究成果報告書編集委員会編
出版情報: 東京 : 特定研究「生物生産の場における生理的・化学的制御」研究成果報告書編集委員会, 1984.3  384p , 22cm
所蔵情報: loading…
82.

図書

図書
石橋貞彦, 遠藤浩良編著
出版情報: 東京 : 丸善, 1988.2  x,436p ; 27cm
所蔵情報: loading…
83.

図書

図書
丸山工作著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1992.11  xiv, 195p ; 22cm
シリーズ名: 生物科学入門コース / 丸山工作, 岩槻邦男, 石川統編 ; 2
所蔵情報: loading…
84.

図書

図書
丸山工作著
出版情報: 東京 : 裳華房, 1993.7  xi,199p ; 21cm
シリーズ名: 大学の生物学
所蔵情報: loading…
85.

図書

図書
Molly M. Bloomfield [著] ; 伊藤俊洋 [ほか] 共訳
出版情報: 東京 : 丸善, 1995.3  2冊 ; 21cm
所蔵情報: loading…
86.

図書

図書
出版情報: 東京 : 秀潤社, 1994.9  336p ; 26cm
シリーズ名: 細胞工学 ; 別冊 . 実験プロトコールシリーズ||ジッケン プロトコール シリーズ
所蔵情報: loading…
87.

図書

図書
米田文郎, 小倉治夫, 冨士薫著
出版情報: 東京 : 講談社, 1993.6  viii,246p ; 22cm
所蔵情報: loading…
88.

図書

図書
川瀬義矩著
出版情報: 東京 : 化学工業社, 1993.10  240p ; 21cm
所蔵情報: loading…
89.

図書

図書
入村達郎編
出版情報: 東京 : 日経サイエンス社 , 東京 : 日本経済新聞社(発売), 1994.11  151p ; 29cm
シリーズ名: 別冊日経サイエンス ; 111
所蔵情報: loading…
90.

図書

図書
相原英孝 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 東京教学社, 1993.10  175p ; 26cm
所蔵情報: loading…
91.

図書

図書
海外技術資料研究所編纂
出版情報: 東京 : 海外技術資料研究所, 1982.5  1冊(項目別頁付) ; 27cm
所蔵情報: loading…
92.

図書

図書
井村裕夫〔ほか〕編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1983.11-1984.8  2冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
93.

図書

図書
大野惇吉著
出版情報: 東京 : 丸善, 1983.1  vii, 230p ; 22cm
シリーズ名: 有機化学講座 / 丸山和博編 ; 4
所蔵情報: loading…
94.

図書

図書
J.T. エドサル, H. グットフロイント著 ; 高橋克忠, 深田はるみ訳
出版情報: 東京 : ワイリー・ジャパン, 1984.4  vii, 270p ; 22cm
所蔵情報: loading…
95.

図書

図書
日本生化学会編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1979.11  xiv, 1923p ; 27cm
シリーズ名: 生化学データブック / 日本生化学会編 ; 1
所蔵情報: loading…
96.

図書

図書
日本生化学会編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1980.6  xii, 1350p ; 27cm
シリーズ名: 生化学データブック / 日本生化学会編 ; 2
所蔵情報: loading…
97.

図書

図書
村上枝彦著
出版情報: 東京 : 培風館, 1985.1  vi, 198p ; 21cm
所蔵情報: loading…
98.

図書

図書
サン・ピエトロ他編著 ; 柴田和雄,宮地重遠監訳
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1976.8  vi,159p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報:
生物による太陽エネルギー変換に関する研究集会の報告
生物による水の光分解反応を利用した水素生産に関する研究
生物による太陽エネルギー変換に関する研究集会の報告
生物による水の光分解反応を利用した水素生産に関する研究
99.

図書

図書
D.Freifelder著 ; 野田春彦訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1979.8  xiii, 507p ; 22cm
所蔵情報: loading…
100.

図書

図書
ホワイト, ハンドラー, スミス [著] ; 鈴木旺 [ほか] 監訳
出版情報: 東京 : 広川書店, 1974-1975  2冊 ; 27cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼