close
1.

図書

図書
野口ジュディー, 松浦克美著
出版情報: 東京 : 講談社, 2000.10  157p ; 21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
石黒鎭雄著
出版情報: 東京 : 丸善, 1994.12  viii, 244p ; 19cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
井上信雄, E. E. ダウブ著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1986.7  vi, 169p ; 21cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
横田浩章, 妻鳥千鶴子著
出版情報: 東京 : ベレ出版, 2007.5  310p ; 21cm
シリーズ名: Beret books
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Chapter 1 科学技術論文作成にあたってのヒント
   1.1 タイトル作成のヒント 20
    1.1.1. タイトルの重要性 21
    1.1.2. タイトルの長さ 22
    1.1.3. タイトル例 22
    1.1.4. タイトルに使える表現 23
     ① AにおけるB 23
     ② Aに対するB 26
     ③ Aに関するB 29
    1.1.5. 前置詞の注意点 30
     ① research aboutかresearch on か? 30
     ② date forかdata onかdata ofか? 30
     ③ method forかmethod ofか? 31
   1.2 要旨のヒント 32
    1.2.1. 要旨の重要性 32
    1.2.2. 要旨のスタイル 32
     ① アブストラクトの書き方 32
     ② 時制 33
     ③ Iやweはで切るだけ使わない? 34
    1.2.3. アブストラクトに使える表現 37
     ① ~について述べる/考察する 37
     ② ~によれば 37
     ③ ~した 37
Chapter 2 科学技術論文に頻出する類義語の使い分け
   2.1 動詞
   1. 扱う 41
    (handle/operate/manage/deal with/treat)
   2. 集まる・集める 43
    (gather/collect/accumulate/assemble/cluster/group)
   3. 一致する 45
    (match/amount to /correspond to/equate/level/parallel)
   4. 疑う 48
    (doubt/suspect/question)
   5. 影響する 49
    (influence/affect)
   6. 選ぶ 51
    (choose/select/pick/elect/prefer)
   7. 得る・達成する 53
    (get/obtain/acquire/attain/gain/procure/secure/achieve/earn/collect/gather/derive)
   8. 起こる 57
    (happen/occure/take place/result from A)
   9. 思う・考える1 59
    (think/believe/consider/reason/ponder)
   10. 思う・考える2(想像する) 61
    (imagine/suppose/assume/conceive/regard/deem/anticipate/expect/guess)
   11. 変える 65
    (change/alter/shift/exchange/replace)
   12. 議論する 67
    (discuss/argue/confer/converse/debate)
   13. 区別する 69
    (tell/distinguish/differentiate/discirminate)
   14. 組み合わせる 71
    ① 混ぜる・融合する 71
    (amalgamate/blend/combine/mix/fuse/mingle)
    ② つなぐ 73
    (connect/link)
    ③ 統合する 74
    (integrate/merge/unite/compound/complement)
   15. 組み立てる 77
    (build/construct/fabricate/manufacture/assemble)
   16. 研究する 80
    (study/examine/research/investigate/analyze/explore/probe/scrutinize)
   17. 削除する 84
    (eliminate/delete/omit/remove)
   18. 妨げる 86
    (prevent/hinder/obstruct/block/disturb/interrupt)
   19. 示す 88
    (show/demonstrate/indicate/explain/display/exhibit/clarify/manifest/prove/reveal)
   20. 調べる 92
    (consult/check/examine/investigate/inspect)
   21. 説明する 94
    (explain/illustrate/deminstrate/describe/account for)
   22. 測定する 96
    (measure/quantify/assess/calculate/calibrate/compute/determine/gauge/estimate)
   23. 使う・用いる 99
    (use/employ/utilize)
   24. 提案する 100
    (propose/suggest)
   25. 伝達する 101
    (convey/communicate/deliver/transmit/transfer)
   26. 溶かす・溶ける 103
    (melt/fuse/dissolve/lyse)
   27. 伸ばす 105
    (elongate/lengthen/extend/stretch)
   28. 述べる 106
    (describe/delineate/specify/spell out/characterize/outline/explain/expound/interpret/define)
   29. 配分する 109
    (divide/distribute/allocate)
   30. 培養する 110
    (culture/cultivate/incubate/grow)
   31. 始まる 112
    (begin/start/commence)
   32. 匹敵する 113
    (compare/match/compete/parallel)
   33. 評価する 115
    (assess/evaluate/measure/appraise/rate/value/judge/regard/appreciate)
   34. 増える 118
    (increase/grow/advance/boost/develop/enlarge/escalate/expand/extend/multiply/raise/spread/swell)
   35. 分解する 122
    (disassemble/dismantle/disintegrate/resolve/decompose/crack)
   36. 減る 124
    (lessen/decrease/reduce/decline/drop/lower/cut down/curtail/shrink/diminish/dwindle/constract/subside)
   37. 変換する 128
    (convert/translate/tranform/transduce)
   38. 乱す 130
    (disturb/perturb/disorder/upset)
   39. 見つける 131
    (find/discover)
   40. 予測する・推論する 133
    (reckon/surmise/contemplate/envisage/predict/deduce/infer)
   41. 利用する 135
    (use/exploit/take advantage of)
   42. 分ける 136
    (divide/share/separate/segregate/isolate/purify/sever)
   2.2 名詞
   1. 意味 139
    (meaning/significance/sense/implication)
   2. 考え 141
    (idea/thought/concept/conception/notion)
   3. 関係 143
    (relation/connection/link/correlation/bearing/bond/relative/kin)
   4. 技術 146
    (technique/skill/art/technology)
   5. 傾向 148
    (tendancy/trend)
   6. 結果 149
    (effect/ consequence/result/outcome)
   7. 差・違い1 151
    (defference/dissimilarity/alteration/constrast/discrepancy/disrarity/diversity/variation/variety)
   8. 差・違い2 意見の相違 154
    (disagreement/clash/conflict/argument/dispute/quarrel)
   9. 差・違い3 ずれ 156
    (remainder/gap/deviation/departure/divergence/inconsistency/irregularity/shift)
   10. 状態 158
    (state/condition)
   11. 性質 159
    (quality/nature/character/characteristic/property)
   12. 装置 161
    (instrument/appliance/apparatus/implement/tool/device/gasget)
   13. 反応 164
    (reaction/response/answer/recoil/counteraction)
   14. 変化 166
    (change/shift/variation/transformation/variety/transition/diversification)
   15. 方法 168
    (way/means/method/measure/step)
   16. 間違い 170
    (mistake/error/fault)
   17. 見込み 172
    (prospect/possibility/chance/likelihood)
   18. 目的 174
    (purpose/aim/objective/end/object/goal)
   19. 問題 177
    (problem/question/issue/subject)
   20. 量 179
    (amount/quantity/mass/measure/number/supply/volume)
   2.3 形容詞
   1. 明らかな 182
    (clear/certain/obvious/evident/apparent/conspicuous/comprehensible/distinct/manifest/palpable/unmistakable/pronounced)
   2. 著しい 186
    (maeked/remarkable/outstanding/noteworthy/notable/striking/pronounced/salient/significant/distinguished)
   3. 一定の 189
    (constant/steady/regular/certain/specific/given)
   4. 薄い 191
    (thin/light/dilute/faint/weak/watery)
   5. 多い 193
    (many/numerous/much/copious/plenty)
   6. 大きい 195
    (big/high/large/great/huge/enormous)
   7. おもしろい 198
    (interesting/attractive/intriguing)
   8. 主な 199
    (main/chief/leading/principal/primary)
   9. 外部の 201
    (external/outer/outside/exterior/outward)
   10. 限られた 203
    (limited/restricted/confined)
   11. かたい 204
    (hard/solid/stiff/tough/firm)
   12. 可能な 207
    (able/capable/possible/feasible)
   13. 簡単な 209
    (easy/simple/plain/elementary)
   14. 関連する 211
    (related/connected/associated/relevant/pertinent)
   15. 逆の 213
    (opposite/reverse/reciprocal/contrary/contradictory)
   16. 均一な 215
    (uniform/homogeneous)
   17. 顕著な 217
    (noticeable/remarkable/striking)
   18. 濃い 218
    (thick/strong/dense/deep/dark)
   19. 個々の 220
    (individual/separate/particular)
   20. 異なった 222
    (different/dissimilar/distinct/disparate)
   21. 固有の 224
    (inherent/intrinsic/specific/characteristic/unique)
   22. さまざまな 226
    (various/diverse/varied/a variety of)
   23. 重大な 228
    (important/serious/grave/vital/critical/significant/indispensable/noteworthy/meaningful)
   24. 十分な 231
    (sufficient/adequate/ample/enough)
   25. 正確な 233
    (accurate/precise/exact/right/proper)
   26. 全体の 235
    (entire/overall/whole/total/gross)
   27. 近い 237
    (near/close/adjacent)
   28. 定常的な 239
    (stationary/steady/standing)
   29. 適切な 240
    (suitable/appropriate/proper/right)
   30. 適用できる・成り立つ 242
    (applicable/appropriate/pertinent/relevant/suitable/useful)
   31. 同時の 244
    (simultaneous/concurrent/coincident)
   32. はやい 246
    (early/fast/quick/rapid/swift/prompt)
   33. 等しい 248
    (equal/symmetrical/symmetric/even/balanced/impartial/equivalent)
   34. 広い 250
    (large/wide/broad)
   35. 有効な 251
    (valid/effective)
   36. 連続した 252
    (continuous/constant/successive/consecutive)
   2.4 副詞・助動詞・前置詞
   1. 主に 255
    (mainly/mostly/largely/primarily/predominantly)
   2. 必ず 257
    (always/invariably/certainly/definittely/surely/at all times/ever)
   3. かなり 258
    (considerably/substantially/fairly/reasonably)
   4. 完全に 259
    (completely/thoroughly/perfectly/fully/entirely/altogether)
   5. 結局 260
    (after all/ultimately/eventualy/finaly)
   6. さらに 261
    (further/furthermore/moreover/in addition)
   7. したがって 263
    (therefore/hence/thus/consequently/accordingly)
   8. 十分に 265
    (enough/sufficiently/adequately)
   9. 絶えず 266
    (constantly/continuously/continually/incessantly)
   10. 可能性がある 268
    (may/might/can/could)
   11. ~について 269
    (regarding/concerning/on/about)
Chapter 3 科学技術論文の頻出する記号・表現
   1. 文中で使う記号 272
   2. 文中で用いる省略形 276
   3. 図の中でよく用いられる記号と線の呼び方 277
   4. 単位 278
   5. 常用されている科学量などの短縮形 280
   6. 常用されている測定方法や装置などの短縮形 283
   7. 試料 287
    7-1. 常用されている物質名などの短縮形 287
    7-2. 試料の作成方法に関する表現 290
    7-3. 試料の形状と寸法に関する表現 291
   8. 計器や試験機などの英語名 293
   9. 図形の名称に関する表現 297
   10. 線の種類に関する表現 298
   11. 図の種類に関する表現 298
   12. 日本語化している英語だと誤解されている表現 301
   13. 純度・品位に関する表現 301
   14. 文の接続に使える表現 302
   15. 物理の基本定数 303
   16. 数学に関する表現 304
   参考文献 309
Chapter 1 科学技術論文作成にあたってのヒント
   1.1 タイトル作成のヒント 20
    1.1.1. タイトルの重要性 21
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Ann M. Körner著 ; 瀬野悍二訳・編
出版情報: 東京 : 羊土社, 2005.9  149p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序文 3
本書の翻訳編集にあたって 7
最も犯しやすい10の間違い 14
第1章 科学論文の発表とは? 16
   1. なぜ発表するのか? 16
   2. 何を発表すべきか? 17
   3. 誰が発表するのか? 19
   4. どの雑誌に発表すべきか? 21
   4-1 一般的な考え方 21
   4-2 考慮すべき特異的事項 23
   5. 医生物学雑誌に対する原稿を書く前に 24
第2章 原稿を書き始める前に… 25
   1. 投稿規定 必読 25
   2. よくみられる文法的誤り 必読 26
   2-1 なぜ文法が重要なのか? 26
   2-2 スペルの一貫性 必読 27
   2-3 能動態vs.受動態 28
   2-4 曖昧に掛けがちな分詞(動詞+ing) 必読 28
   2-5 “that”と“which”の用法 必読 30
   2-6 名詞を形容詞として用いたときに起こる問題 必読 31
   2-7 “This”の単独使用に注意せよ 必読 33
   2-8 “Due to”の間違った使い方 必読 34
   2-9 複数形“types”,“kinds”,“classes”の使い方 必読 35
   2-10 “none”は“not one”を意味する単数形 必読 37
   2-11 ハイフン付けの際によく見られる問題 37
   2-11-1 ハイフン付けと略語 38
   2-11-2 数とハイフン 必読 39
   2-12 リストとセミコロン 41
   3. 論文を書くための参考書 43
第3章 Titleページ 46
   1. 慎重にタイトルを選ぶ 必読 46
   2. Running title 49
   3. 著者名と関連する脚注のつけ方 50
   4. 論文に関する連絡先となる著者 52
   5. キーワードを列記する 53
   6. 略語リスト 54
   7. フォントと字体の選び方 56
第4章 AbstractまたはSummary 58
   1. AbstractまたはSummaryの役割と字数 58
   2. 見出しとページ・行の番号付け 59
   3. Abstractの書式:連続文か,指定項ごとの区分構成か 59
   4. Abstractの中の略語 60
   5. “Pre'cis"と呼ばれる単一文からなる研究の大要 61
   6. Abstract中の文献引用 62
   7. Abstractの中身 63
第5章 Introduction 64
   1. Introductionの長さ 64
   2. Introduction中の引用文献 65
   3. 歴史的背景の適切な導入 67
   4. 研究の背景にある作業仮説を述べる 68
   5. 方法論,使用機器,材料,分析手段 68
   6. 研究の妥当性と結果の解釈 69
第6章 Materials and Methods 70
   1. Materials and Methodsの書式 必読 70
   2. 生物材料の取扱いについて述べる 72
   3. 化学物質の正式名と入手先 73
   4. 計測単位の正しい書式 74
   5. 登録商標を明記する 75
   6. Materials and Methodsの構成 必読 75
   7. 理論的前提と計算の詳細 77
第7章 研究対象が人間の場合 78
   1. 患者紹介と病歴 78
   2. インフォームド・コンセント 78
   3. 病歴の記載書式 79
第8章 Results 82
   1. データの品質 必読 82
   2. Resultsに載せる適切な結果とは? 83
   3. Resultsの構成 83
   4. データのわかりやすい提示 84
   5. Results本文にFigureやTableを提示する場合 85
   6. Resultsに最も多く見られる誤り 必読 86
   7. 著者が合成した新規資材の第三者への供与について 87
   8. 知的財産と特許 87
第9章 Discussion 89
   1. Discussionの長さと目的 89
   2. Discussionの構成 90
第10章 Acknowledgements 92
   1. Acknowledgementsの目的とスペル 92
   2. 謝辞の相手 92
   3. 利害の衝突 94
第11章 ReferencesとNotes 95
   1. 論文の引用 必読 95
   2. 単行本および単行本中の特定章の引用 98
   3. 英語以外の言語の引用論文の表記 99
   4. “in press”の論文および未発表データの引用 100
   5. Notesの書き方 101
   6. 引用文献数についての留意 101
第12章 FiguresとFigure legends 103
   1. 図の目的 103
   2. グラフと棒グラフ 必読 103
   3. 単位と軸 必読 104
   4. 対数および半対数目盛りに関する注意 105
   5. 写真に関する注意 105
   6. 図解と図式の情報過多に注意 106
   7. Figureと図解での大文字の使用 107
   8. Figure legendsの内容と長さ 107
   9. 発表済みのFigureやTableの再掲載 108
第13章 Tables 110
   1. Tableの上手な使い方 110
   2. Tableのタイトルと脚注 必読 110
   3. できるだけ単純に 111
第14章 インターネット上で公開する結果:Supplementary Information 112
第15章 雑誌編集長への1回目の手紙 113
   1. 編集長宛の手紙の目的 113
   2. カバーレターの体裁と挨拶言葉 114
   3. カバーレターの中身 115
   4. 編集長宛カバーレターの見本 必読 116
   5. 添付文書は不要かどうか 119
第16章 論文を投稿する 120
   1. 論文投稿はハードコピー,電子ファイル,またはインターネット経由で? 120
   2. ハードコピーでの投稿 120
   3. フロッピーディスクまたはCDでの投稿 122
   4. 電子投稿 123
第17章 編集長からの返書とそれに対する返答文 125
   1. 修正なしでの採択 125
   2. 修正条件付き採択 126
   3. 採択再考条件付き却下 126
   4. 全面却下 127
第18章 審査員への返答を添えた編集長宛の2回目の手紙 129
   1. 再度のチャンス 129
   2. 編集長宛の2回目の手紙 129
   (i) 論評が編集長からのみだった場合 130
   (ii) 審査員からの論評に返答する場合 131
   3. 審査員に対する返答 132
第19章 おめでとうございます!論文は採択されました 136
   1. 発表前の論文の公開について 137
付録:研究費申請書類の作成についての注意 138
   1. 審査員が目を通しやすい書き方とは? 138
   2. 内容ごとに対応する見出し番号を付ける 139
免許皆伝!(Valedictory) 141
参考資料 1.Webサイト一覧/2.参考書一覧/3.本文中の英文和訳 142
索引 147
序文 3
本書の翻訳編集にあたって 7
最も犯しやすい10の間違い 14
6.

図書

図書
小野義正著
出版情報: 東京 : 丸善, 2008.7  x, 248p ; 21cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
アン・M・コーナー著 ; 瀬野悍二訳・編
出版情報: 東京 : 東京電機大学出版局, 2010.1  xiii, 217p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 手軽にあなたの英語を上達させる方法
   1.1 見たり聴いたりするだけで英語を上達させる方法 1
   1.2 単語の勉強によるスペルの体系的理解 4
   1.3 科学用語の語彙をより豊かに 9
   1.4 声に出してしゃべる学習 13
   1.5 参考書 14
   まとめ 17
   練習問題 17
第2章 科学論文を書く準備
   2.1 論文の目的と様式 19
   2.2 情報源を記録しておく 21
   2.3 作業仮説と目標の設定 22
   2.4 材料と方法を記録しておく 23
   2.5 結果の保存と記録 24
   2.6 カルテと匿名性の管理 26
   2.7 結果公表の期は熟したか 28
   2.8 論文の構想を練る 29
   2.9 投稿先雑誌の書式 30
   2.10 英国流スペルと米国流スペル 31
   2.11 書式の一貫性 32
   まとめ 33
   演習問題 34
第3章 表題ページ
   3.1 表題ページの組み立て 35
   3.2 表題を選ぶ 37
   3.3 表題中の動詞とそれに対応する名詞の扱い 41
   3.4 著者名と所属機関 42
   3.5 表題ページの脚注 44
   3.6 ランニングタイトル(柱) 47
   3.7 キーワード(主要語) 49
   3.8 表題をはじめ論文で用いる略語 49
   3.9 表題ページのフォントとスタイル 50
   まとめ 51
   演習問題 52
第4章 研究成果を自己完結型のAbstract(またはSummary)にまとめる
   4.1 あなたの研究を紹介する 53
   4.2 文法上の問題の有用なレッスン 56
   4.3 Abstractの内容 58
   4.4 学会発表用Abstract 62
   4.5 学位論文のAbstract 65
   4.6 Abstract中の文献引用について 65
   4.7 単一文構成の要約precis 67
   まとめ 68
   演習問題 68
第5章 Introduction
   5.1 Introductionの目的と範囲 70
   5.2 Introductionの構成と話題の順序 72
   5.3 理論的または数学的背景の説明 75
   5.4 IntroductionではDiscussionでの記述内容の過度の前倒しを避ける 75
   まとめ 77
   演習問題 77
第6章 Materials and Methods
   6.1 再現性 79
   6.2 Materials and Methodsの構成―および結果の再現性についての再度の言及 80
   6.3 研究材料についての有用な英文 84
   6.4 研究方法についての有用な例文 86
   6.5 データの再現性と統計分析の表示 88
   6.6 略語はMaterials and Methodsで最初に登場することが多い 89
   まとめ 90
   演習問題 90
第7章 Resultsをいよいよ書く
   7.1 結果を体系立てて編成する 92
   7.2 Resultsの構成―小見出し(Subheading)を採用した編成 92
   7.3 表題における名詞と動詞の使い分けについての再考察―動詞のほうが好ましい場合 94
   7.4 同義語の便利な使い方―同じ単語のくり返しを避けるために 95
   7.5 単位形式を,本文,Figure,Tableで一貫させる 97
   7.6 数値データにおける有効数字の選択範囲 99
   7.7 FigureとTableの最も効果的な利用 100
   7.8 データを詰め込みすぎていませんか 100
   7.9 求めていなかった負の結果 102
   まとめ 102
   演習問題 103
第8章 Discussion
   8.1 効果的なDiscussion 104
   8.2 Discussionをどのように始めるべきか 105
   8.3 Discussionにおける結果の総括様式 106
   8.4 DiscussionでのFigureとTableの使用 108
   8.5 Discussionの長さは? 109
   8.6 Discussionの閉じ方 110
   まとめ 111
   演習問題 111
第9章 Figure,Table,ビデオ
   9.1 視覚に訴える表示物としてのFigure,Table,ビデオ 113
   9.2 Figureの作成 115
   9.3 写真と顕微鏡写真 116
   9.4 絶対に許されないこと―写真や顕微鏡写真をこっそり加工する 116
   9.5 Figureの数と煩雑さの度合い 117
   9.6 Tableの作成 118
   9.7 FigureとTableで使う単位形式 118
   9.8 Figureの説明文 119
   9.9 結果のちがいの統計的有意性 120
   9.10 既報論文からのFigureの転載 121
   まとめ 122
   演習問題 123
第10章 Acknowledgments
   10.1 謝辞の対象 124
   10.2 謝辞を述べる順 126
   10.3 修士論文や博士論文でのAcknowledgmentsについて 127
   10.4 利益造反 128
   まとめ 129
   演習問題 130
第11章 References,Notes,Supplementary Materials
   11.1 周到な準備は報われる 131
   11.2 文献リストの書式 132
   11.3 引用文献の書式を正しく守ることの重要性 139
   11.4 Notes 140
   11.5 Supplementary Materials 141
   まとめ 142
   演習問題 142
第12章 論文投稿と編集長への初めての連絡
   12.1 書式細部への注意もけっして怠らない 143
   12.2 インターネット経由の論文投稿が標準になっている 143
   12.3 添え状では編集長を名前で呼びかけること 144
   12.4 添え状の内容 147
   12.5 希望する審査員のリストをあげる 149
   12.6 添え状を完結させたら英文チェックを怠りなく 149
   まとめ 150
   演習問題 151
第13章 編集長からの返信と審査員からの論評,それに対するあなたの対応
   13.1 投稿したら返信と審査結果を待つ 152
   13.2 論文は無修正で採択と決定 153
   13.3 論文は条件付きで採択と決定 154
   13.4 審査員の論評に対する返答 157
   13.5 論文は却下されたものの,再投稿を勧められる 159
   13.6 論文の全面却下―ノーベル賞級のものも? 160
   まとめ 162
   演習問題 163
第14章 学会でのポスター発表
   14.1 学会に出かける好機 164
   14.2 学会発表用ポスターの作成 165
   14.3 立ち止まってあなたのポスターを見始めた人に声をかける 168
   14.4 形式張らないポスターセッションの雰囲気は若い研究者にとって好都合 169
   まとめ 171
   演習問題 171
第15章 研究成果の口頭発表
   15.1 英語での口頭発表 172
   15.2 時間の制約 174
   15.3 講演における前置き 175
   15.4 講演の本体部分 176
   15.5 講演後の質問に答える 178
   15.6 口頭発表についての参考情報 179
   まとめ 179
   演習問題 179
第16章 科学者の責任
   16.1 公明さ,説明責任,そして再現性ある結果 181
   16.2 科学者は1人1人が教師役を担う 183
   16.3 科学者は1人1人が番犬役を担う 185
   16.4 科学および科学者社会の保全は科学者1人1人の責任 186
   まとめ 187
   自由考察 187
演習問題の解答 189
付録 : 有用なウェブサイト集 198
訳者あとがき 204
Tea Time
   Wikipediaからの引用に注意 10
   ラテン語のdataは複数形であることに注意 24
   有用な接頭辞 25
   人称代名詞の使用 37
   which(非制限的関係代名詞)とthat(制限的関係代名詞)の使い分け 39
   ピリオドの有無 46
   あなた自身の研究成果を話すとき,用いる略語の説明を忘れないこと 50
   コンピュータによるスペルチエックは慎重に 51
   正しいハイフン付けの基本 59
   precisはよフランス語 67
   学位(academic degree)について 71
   “any”の正しい使い方 76-77
   よくやるまちがい 87
   “manuscript”の語源 139
   前置詞“re”の語源 157
   採択論文の出版前の公開について 159
第1章 手軽にあなたの英語を上達させる方法
   1.1 見たり聴いたりするだけで英語を上達させる方法 1
   1.2 単語の勉強によるスペルの体系的理解 4
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
廣岡慶彦著
出版情報: 東京 : 研究社, 2009.9  x, 222p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに : 会話英語・プレゼン英語・論文英語は同じか? ⅲ
    科学英語プレゼンテーションの心構え ⅴ
第1章 科学論文の種類
   1-1 掲載メディアによる分類 2
   1-2 執筆形式による分類 3
    1-2-1 フルペーパー 3
    1-2-2 レター・ショートノート 6
    1-2-3 レビューペーパー 7
   1-3 査読基準 8
   ワンポイント・アドバイス 10
第2章 科学英語の基礎知識
   2-1 基本5文型と科学英語 12
   2-2 主語と文型の選択 19
   2-3 時制の選択 22
   2-4 名詞の単数・複数の選択 26
   2-5 冠詞の選択 31
   2-6 前置詞の理科系用法 35
   2-7 関係詞の理科系用法 40
   ワンポイント・アドバイス 44
第3章 プレゼン(講義)英語から論文英語への書き換え
   3-1 米国大学講義英語―Ⅰ (物理) 46
   3-2 米国大学講義英語―Ⅱ (化学) 51
   3-3 米国大学講義英語―Ⅲ (生物) 55
   ワンポイント・アドバイス 60
第4章 英語科学論文の書き方とプレゼン準備
   4-1 論文 : 「抄録(アブストラクト)」の書き方 64
    4-1-1 論文「アブストラクト」の書き方 64
    4-1-2 国際会議参加申し込み用「アブストラクト」の書き方 67
    ワンポイント・アドバイス 76
   4-2 プレゼン : カバーページ・講演概要ページとプレゼン準備 77
   4-3 論文 : 「緒論」の書き方とプレゼン準備 83
    4-3-1 論文「緒論」の書き方 83
    4-3-2 「緒論」のプレゼン原稿 89
   4-4 論文 : 「研究の方法」の書き方とプレゼン準備 104
    4-4-1 論文「研究の方法」の書き方 104
    4-4-2 「研究の方法」のプレゼン原稿 111
    ワンポイント・アドバイス 122
   4-5 論文 : 「結果と考察」の書き方とプレゼン準備 123
    4-5-1 論文「結果と考察」の書き方 123
    4-5-2 「結果と考察」のプレゼン原稿 129
   4-6 論文 : 「まとめ・結論」の書き方とプレゼン準備 139
    4-6-1 論文「まとめ・結論」の書き方 139
    4-6-2 「まとめ・結論」のプレゼン原稿 150
   4-7 プレゼン : 質疑応答の英語 153
    4-7-1 質問の仕方 154
    4-7-2 質問の答え方 158
   4-8 論文 : 「謝辞」・「参考文献」の書き方 166
    4-8-1 論文「謝辞」の書き方 166
    4-8-2 論文「参考文献」の書き方 169
    ワンポイント・アドバイス 173
第5章 論文発表以外に必要な英会話・電子メールコミュニケーション
   5-1 会議参加申込書・アブストラクト送付状手紙・電子メールの英語 176
   5-2 登壇前の英語コミュニケーション 182
    5-2-1 座長に発表者の交代を伝える英会話 183
    5-2-2 会場係にパワーポイントの動作試験を頼む英会話 186
   5-3 座長の英語 190
    5-3-1 セッションの開始・司会進行の英語 191
    5-3-2 講演者紹介の英語 193
    5-3-3 質疑応答の英語 194
    5-3-4 セッション終了・まとめの英語 196
   5-4 レセプションの英語 198
    5-4-1 パーティ会話の英語 199
    5-4-2 レセプション司会者の英語 201
    5-4-3 スピーチの英語 203
   5-5 海外施設訪問の英語 206
    5-5-1 施設訪問申し込みの英語 206
    5-5-2 アポイントメント電話の英語 210
    ワンポイント・アドバイス 215
巻末付録 : 重要表現まとめ索引 217
付録 : ネイティブ音読CD
はじめに : 会話英語・プレゼン英語・論文英語は同じか? ⅲ
    科学英語プレゼンテーションの心構え ⅴ
第1章 科学論文の種類
9.

図書

図書
日本物理学会編
出版情報: 東京 : 丸善, 1999.4  xxi, 338p ; 22cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小野義正著
出版情報: 東京 : 丸善, 2001.3  x, 104p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 何のために論文を書くか 1
2. 英語論文の書き方 3
   2.1 翻訳はするべからず 3
   2.2 本文を直接英文で書けない場合には 4
   2.3 英語自体よりも論理のほうが大切 4
3. わかってもらえる英語は「英語の発想」で(日本語と英語の発想法の違いに注意) 5
   3.1 文の構造と文章の流れ(Leggett's Trees) 5
   3.2 英語の文章構造 7
   3.3 英語は三拍子、日本語は四拍子(起承転結) 8
   3.4 結論は先に、理由は後に 9
   3.5 はっきり言い切る姿勢 12
   3.6 あいまいな表現は英語にならない 13
4. 英語論文執筆のフローチャートと基本的な注意 15
   4.1 論文執筆のフローチャート 15
   4.2 基本的な注意 16
    4.2.1 中心の主題を一つに限定し、全体を統一する 16
    4.2.2 読者の立場に立って書く 16
    4.2.3 嫌がらずに何度でも書き直す 17
    4.2.4 準備は細心に、しかし最初の原稿は大胆に 17
    4.2.5 総括的なことや興味をひきそうなことは、なるべく前に 18
5. 英語論文の構成と各項目の書き方 19
   5.1 IMRAD(ワイングラス)方式の論文構成 19
   5.2 英語論文の各構成項目の書き方 20
    5.2.1 表題(Title) 20
    5.2.2 著者抄録(Abstract or Synopsis) 21
    5.2.3 序論(Introduction) 22
    5.2.4 本論(Materials and Methods または Theory and Experiments) 23
    5.2.5 結果(Results) 24
    5.2.6 考察(Discussion) 24
    5.2.7 結論(Conclusion) 24
    5.2.8 謝辞(Acknowledgments) 25
    5.2.9 引用文献(References) 26
    5.2.10 図と表(Figures and Tables) 27
    5.2.11 付録 30
6. 辞書の使い方 31
   6.1 こまめに辞書を引く 31
   6.2 変わりゆく辞書と辞書の優劣を見る「リトマス紙」 32
   6.3 英英辞典を使おう 34
7. 明確な英語論文を書くテクニック(Carefully,Fully,and clearly(注意深く、余すところなく、明確に)) 37
   7.1 一貫性のある論文を書く 37
    7.1.1 動詞の適切な時制 37
    7.1.2 用語の統一 40
    7.1.3 リストの項目の一貫性 40
    7.1.4 比較は同じ文章構造で 41
    7.1.5 つづりの統一(米国式と英国式) 41
   7.2 短い、簡潔な文(simple Sentence)を書く 42
   7.3 能動態を用いて Strong Sentence を 43
   7.4 主語を明確に 44
   7.5 修飾する節や句は修飾対象のすぐ近くに 45
   7.6 あいまいな表現を避け、具体的な数値で表現する 46
   7.7 文意を明確にする言葉(連結語)を使う 47
   7.8 不必要な言葉は省く(簡潔な表現を心がける) 49
   7.9 類語反復は避ける 52
8. 英文を書くときに心得ておくべき事柄 53
   8.1 文頭(Begining of Sentence) 53
   8.2 数(Numbers)と数値(Numerical Values) 54
   8.3 冠詞の使い方 55
    8.3.1 定冠詞“the”の使い方 56
    8.3.2 不定冠詞“a,an”の使い方 57
    8.3.3 冠詞の省略法 57
   8.4 スペリングに注意せよ 58
   8.5 単数形 vs. 複数形(誤りやすい加算/不加算名詞) 60
    8.5.1 紛らわしい不加算名詞-決して“s”のつかない単語 61
    8.5.2 紛らわしい不加算名詞-特別な意味においては“s”をつけうる単語 63
   8.6 よく使われる略語 64
   8.7 前置詞-習うより,慣れよ- 66
   8.8 注意すべき単語・熟語 72
9. 句読法の基本ルール 83
   9.1 句読法(puncluation)基本的な使い方 83
   9.2 ピリオド(period)“.” 83
   9.3 コンマ(comma)“,” 84
   9.4 セミコロン(semicolon)“;” 86
   9.5 コロン(Colon)“ : ” 86
   9.6 疑問符(question mark)“?” 87
   9.7 ハイフン(hyphen)“‐” 87
   9.8 ダッシュ(dash)“-” 89
   9.9 アポストロフィ(apostrophe)“’” 89
   9.10 括弧(parentheses)“( )” 90
   9.11 ブラケット(brackets)“[ ]” 90
   9.12 省略符号(ellipses)“...” 90
   9.13 引用符(quotation marks)““ ”” 91
   9.14 斜線(virgule)“/” 91
   9.15 大文字(captials) 92
   9.16 省略形(abbreviation) 92
10. チェックリスト 93
   10.1 一文を書いた後のチェックリスト 93
   10.2 内容の正確を期すためのチェックリスト 93
   10.3 文章全体を適切に組み立てるためのチェックリスト 93
   10.4 文章のスタイルや表現を好ましくするためのチェックリスト 94
   10.5 投稿前のチェックリスト 94
11. 参考文献、参考書、英語辞書 95
   11.1 科学英語論文の書き方に関する参考文献 95
   11.2 英語の書き方に関する本 96
   11.3 英語辞書 97
    11.3.1 英和辞典 97
     (a)代表的な英和中辞典 97
     (b)英語活用辞典 98
     (c)大型英和辞典 98
     (d)学習英和辞典 99
    11.3.2 和英辞典 99
    11.3.3 英英辞典 100
    11.3.4 英語辞書の使い方に関する本 100
索引 101
1. 何のために論文を書くか 1
2. 英語論文の書き方 3
   2.1 翻訳はするべからず 3
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼