close
1.

図書

図書
フランク・レントリッキア, トマス・マクローリン編 ; 大橋洋一 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 平凡社, 1994.7-  冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
牧豊責任編集
出版情報: 東京 : 人体科学会, 1994.11  307p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
心というもの / 竹本忠雄著
意識(心)とは何か / 治部真理著
心をめぐって / 佐古曜一郎著
心は脳の機能である / 粕酒雅貴重著
心と環境…物心一如 / 藤井英二郎著
「心」への問い / 高橋和夫著
脳が見つめる心、心で眺める脳 / 河野貴美子著
「心」をめぐって / 定方昭夫著
"こころ"について / 寺山旦中著
「心」と「気」の役割 / 野村晴彦著
心の層と領域 / 久保田圭伍著
中国思想における気と脳と心 / 坂出祥伸著
「こころ」の精神考古学 / 小田晋著
精神世界の探求 / 佐々木茂美著
心の認識の仕方 / 春木豊著
霊肉二元と心身一元 / 山折哲雄著
ロボットからみた心 / 加藤一郎著
心の種々の相 : 歴史と現代 / 湯浅泰雄著
「心身一如」の視点から心を考える / 池見酉二郎著
自分とは何だろう / 玉城康四郎著
身体文化論と生・身・心 / 近藤英男著
心の画像診断 / 牧豊著
人体科学会の事始めの記 / 湯浅泰雄著
人体科学会のこれまでの歩み / 門脇住吉著
心というもの / 竹本忠雄著
意識(心)とは何か / 治部真理著
心をめぐって / 佐古曜一郎著
3.

図書

図書
環境庁地球環境部監修
出版情報: 東京 : 中央法規出版, 1994.11-  冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
地盤工学会編
出版情報: 東京 : 地盤工学会, 1994.2  vii,417p ; 22cm
シリーズ名: 土質基礎工学ライブラリー ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 物理的性質 1
   1.1 土の相構成 1
   1.2 土の物理的性質 3
    1.2.1 土の粒度 3
    1.2.2 土のコンシステンシー限界 7
    1.2.3 密度 9
   1.3 土の工学的分類 10
    1.3.1 粒度に基づく分類法 10
    1.3.2 AASHTO土質分類法 10
    1.3.3 日本統一土質分類法 11
第2章 力学的性質 17
   2.1 概説 17
   2.2 応力とひずみ 17
    2.2.1 応力 17
    2.2.2 モールの応力円 19
    2.2.3 ひずみ 20
   2.3 変形特性 21
    2.3.1 弾性体としての変形特性 23
    2.3.2 一次元の変形特性 25
    2.3.3 レオロジー特性 27
   2.4 強度特性 28
    2.4.1 破壊規準 29
    2.4.2 せん断試験 31
   2.5 自重に基づく地中応力 37
    2.5.1 自重に基づく地中応力 37
    2.5.2 ランキン・レザールの塑性応力 38
第3章 地盤内の応力と変形 41
   3.1 Mindlinの解 41
   3.2 地表面に作用する荷重に対する解 44
    3.2.1 鉛直集中荷重 44
    3.2.2 鉛直円形等分布荷重 46
    3.2.3 鉛直長方形等分布荷重 47
    3.2.4 任意の形状の鉛直等分布荷重 50
    3.2.5 剛な円板による接触反力 51
   3.3 地中に作用する力に対する解 51
    3.3.1 地中にある長方形基礎の平均沈下量 51
    3.3.2 有限深さ地盤中の根入れを有する長方形基礎の平均沈下量 52
   3.4 二次元弾性体に関する解 54
    3.4.1 鉛直集中荷重(線荷重) 55
    3.4.2 帯荷重 55
    3.4.3 四辺形荷重 57
    3.4.4 剛な荷重による地盤内応力 57
   3.5 特殊な地盤に対する解 57
    3.5.1 有限深さの地盤に対する解 57
    3.5.2 Froehlichの解 61
第4章 圧密と圧縮 63
   4.1 概説 63
   4.2 圧縮性と圧縮量 64
   4.3 粘土の一次元圧密過程 67
    4.3.1 Cvが圧密によって変わらない場合 67
    4.3.2 Cvが圧密中に変化する場合 69
    4.3.3 圧密中に荷重が変化する場合 71
    4.3.4 差分方程式による圧密過程の計算 74
    4.3.5 層状粘土層の圧密 78
   4.4 鉛直排水工による圧密 82
第5章 支持力 87
   5.1 概説 87
   5.2 水平単層地盤の支持力 90
    5.2.1 c,φの均質地盤 90
    5.2.2 正規圧密粘土地盤 99
   5.3 水平多層地盤の支持力 102
    5.3.1 2層粘土地盤 102
    5.3.2 堅い層で挟まれた粘土地盤 103
    5.3.3 上部砂層・下部粘土層地盤 105
   5.4 斜面肩の帯状荷重 106
   5.5 不均質地盤の支持力 109
第6章 斜面の安定 115
   6.1 概説 115
    6.1.1 概要 115
    6.1.2 安定解析の現況 116
    6.1.3 安全率の定義 116
   6.2 安定解析に必要な諸定数 117
    6.2.1 せん断強さ 117
    6.2.2 間隙水圧 119
   6.3 安定計算法 122
    6.3.1 簡便法 122
    6.3.2 Bishop法 124
    6.3.3 複合すべり面法 125
   6.4 安定図表による斜面安定計算 127
    6.4.1 Taylorの安定図表(軟弱粘土の場合) 127
    6.4.2 Taylorの安定図表(粘着力と内部摩擦角を有する場合) 128
第7章 透水 131
   7.1 概説 131
   7.2 水頭 131
   7.3 ダルシーの法則 132
    7.3.1 ダルシー式 132
    7.3.2 透水係数 133
   7.4 一次元浸透 135
    7.4.1 定常浸透 135
    7.4.2 非定常浸透 134
   7.5 二次元浸透 138
    7.5.1 流線網解法 138
    7.5.2 フラグメント解法 141
    7.5.3 矢板の下をまわる浸透流 143
    7.5.4 基礎の下をまわる浸透流 143
   7.6 放射状浸透 146
    7.6.1 定常井戸揚水 146
    7.6.2 非定常井戸理論 149
    7.6.3 ボーリング孔等への流入式 149
   7.7 堤体浸透 150
    7.7.1 水平排水溝がある台形堤体 150
    7.7.2 水平排水溝を有しない台形堤体 151
   7.8 浸透力と土の安定 153
第8章 液状化 155
   8.1 概説 155
    8.1.1 液状化の定義 155
    8.1.2 液状化による被害 156
    8.1.3 液状化を生じる地震 157
    8.1.4 液状化対策 159
   8.2 液状化の予測方法 159
    8.2.1 液状化予測法の種類 159
    8.2.2 地形・地質等に基づいた予測方法 160
    8.2.3 N値,粒度試験結果等を用いる簡易予測方法 161
    8.2.4 室内液状化試験,数値解析などによる詳細予測 168
第9章 杭基礎 179
   9.1 概説 179
   9.2 鉛直支持力 179
    9.2.1 極限鉛直支持力および許容鉛直支持力 179
    9.2.2 支持力理論に基づく算定式 181
    9.2.3 標準貫入試験によるN値,静的コーン貫入試験によるqc値等に基づく支持力算定式 190
    9.2.4 杭打ち式 191
    9.2.5 群杭の鉛直支持力 193
    9.2.6 負の摩擦力 194
   9.3 沈下 198
   9.4 引抜き抵抗力 200
   9.5 杭の水平抵抗 201
    9.5.1 長い杭を対象とした弾性支承梁法 201
    9.5.2 短い杭を対象とした弾性支承梁法 205
    9.5.3 Bromsの方法 205
第10章 井筒型基礎 215
   10.1 概説 215
   10.2 ケーソン基礎 215
    10.2.1 ケーソン基礎の設計の考え方 215
    10.2.2 ケーソン基礎の変位・地盤反力の計算 217
    10.2.3 ケーソン基礎の許容支持力 230
   10.3 鋼管矢板基礎 234
    10.3.1 鋼管矢板基礎の設計の考え方 234
    10.3.2 鋼管矢板基礎の断面力,水平変位,傾斜角 236
    10.3.3 鋼管矢板基礎の許容鉛直支持力 239
第11章 盛土 243
   11.1 概説 243
   11.2 盛士 246
    11.2.1 盛土の材料 246
    11.2.2 盛土の安定性 248
    11.2.3 盛土の施工性 251
   11.3 盛土の基礎地盤としての軟弱地盤 257
    11.3.1 軟弱地盤の定義 257
    11.3.2 設計時の検討 259
    11.3.3 施工時の管理 262
第12章 路床・路盤 269
   12.1 概説 269
   12.2 鉄道の路床・路盤 270
    12.2.1 路床・路盤の構造 270
    12.2.2 路床・路盤の設計 271
    12.2.3 路床の構造 276
    12.2.4 路盤 278
   12.3 道路の路床・路盤 283
    12.3.1 路床・路盤と舗装の構成 283
    12.3.2 舗装の設計 284
    12.3.3 路床 287
    12.3.4 路盤 290
第13章 擁壁 295
   13.1 概説 295
    13.1.1 擁壁の基本型式 295
    13.1.2 擁壁設計の基本概念 295
   13.2 土圧 299
    13.2.1 土圧式の適用 299
    13.2.2 クーロン土圧 300
    13.2.3 試行くさび法 303
    13.2.4 Terzaghi-Peckの土圧 307
    13.2.5 地震時主働土圧 311
   13.3 安定計算313
    13.3.1 擁壁の安定 313
    13.3.2 盛士全体の安定 316
第14章 フィルダム 317
   14.1 概説 317
    14.1.1 フィルダムの特徴と型式 317
    14.1.2 フィルダムの調査・設計の基本 318
    14.1.3 フィルダム型式の選定 319
    14.1.4 フィルダムの基礎 320
    14.1.5 堤体材料 321
   14.2 基本断面の設計 324
    14.2.1 非越流部の高さ 321
    14.2.2 堤頂幅 326
    14.2.3 斜面勾配と小段 326
    14.2.4 余盛量328
   14.3 すべり破壊に対する安定計算 328
    14.3.1 安定計算法と安全率 328
    14.3.2 安定計算の条件 330
    14.3.3 堤体材料および基礎の設計値 331
    14.3.4 間隙圧の推定 332
   14.4 水理的安定に関する検討 334
    14.4.1 パイピングに対する検討 334
    14.4.2 フィルターの設計 336
    14.4.3 水平ブランケット 336
第15章 岸壁および護岸 339
   15.1 概説 339
   15.2 重力式岸壁 339
    15.2.1 壁体のすべり出し 339
    15.2.2 壁体の転倒 341
    15.2.3 壁体底面の反力 341
   15.3 矢板式岸壁 342
    15.3.1 Free-earth-support 法 342
    15.3.2 Tschebotarioffの方法 344
    15.3.3 控え版の安定 345
    15.3.4 Brinch Hansenの式 346
    15.3.5 Mackenzieの式 346
   15.4 セル式岸壁 347
    15.4.1 Terzaghiの式 348
    15.4.2 Cummingsの式 349
    15.4.3 Schneebeliの式 349
    15.4.4 北島の式 350
   15.5 淺橋 350
    15.5.1 仮想固定点 350
    15.5.2 Changの式による方法 351
   15.6 護岸 352
    15.6.1 堤防の型式 352
    15.6.2 護岸ののり勾配 352
第16章 トンネル(山岳,シールド) 355
   16.1 山岳トンネル 355
    16.1.1 概説 355
    16.1.2 NATM工法 355
    16.1.3 矢板工法 366
   16.2 シールドトンネル 370
    16.2.1 概説 370
    16.2.2 セグメントの設計用土水圧(慣用計算法) 371
    16.2.3 セグメントリングの構造計算 373
第17章 根切りと山留め 377
   17.1 山留めの設計手順 377
   17.2 山留め壁に作用する側圧 379
   17.3 ヒービングに対する検討 388
   17.4 ボイリングの検討 395
   17.5 地下水処理の検討 398
    17.5.1 群井による排水量および水位低下量の検討 400
    17.5.2 排水工法の選定法 403
    17.5.3 ディープウェル工法の排水設計 404
    17.5.4 ウェルポイント工法の排水設計 406
付録 土質記号一覧 409
索引 414
第1章 物理的性質 1
   1.1 土の相構成 1
   1.2 土の物理的性質 3
5.

図書

図書
吉田兼好[著] ; 今泉忠義訳註
出版情報: 東京 : 角川書店, 1994.10  366p ; 15cm
シリーズ名: 角川文庫 ; 201
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
出版情報: 東京 : 日本工業英語協会, 1994.1 , 東京 : 日本能率協会マネジメントセンター(発売)  1冊 ; 21cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
ペーター・クレーマー著 ; 井坂清訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 1994.7  357p ; 16cm
シリーズ名: ハヤカワ文庫 ; NF181
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
日本建設情報総合センター編
出版情報: 東京 : 日本建設情報総合センター(JACIC), 1994-  冊 ; cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
椎名誠著
出版情報: 東京 : 集英社, 1994.6  252p ; 16cm
シリーズ名: 集英社文庫
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
玉村, 豊男(1945-)
出版情報: 東京 : ガレリア・プロバ, 1994.11  61p
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼