close
1.

図書

図書
尾田十八, 坂本二郎共著
出版情報: 東京 : 培風館, 2002.5  iv, 160p ; 22cm
シリーズ名: 新世紀の工学シリーズ / 尾田十八, 三木光範共編 ; 1
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
Kenneth L. Reifsnider, Scott W. Case
出版情報: New York ; [Great Britain] : Wiley Interscience, c2002  xxiv, 435 p. ; 25 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
Introduction: Basic Thesis
Elements of the Approach / I.1:
Basic Concepts / I.2:
Nonuniform Stress States: Characteristic Material Dimensions / I.3:
Strength Evolution / I.4:
Outline of the Methodology / I.5:
Virtual Design / I.6:
References
Physical Behavior / 1:
Continuous-Fiber Composite Materials / 1.1:
Damage Tolerance and Durability / 1.2:
Damage Modes and Failure Modes / 1.3:
Summary of Concepts / 1.4:
Engineering Concepts of Strength / 2:
Factors That Determine Composite Material Strength / 2.1:
Strength under Multiaxial Loading / 2.2:
Failure Functions for Damage Accumulation / 2.3:
Exercises
Nature of the Problem / 3:
Progressive Failure / 3.2:
Failure Modes / 3.3:
Remaining Strength under Long-Term Loading / 3.4:
Features of Strength Evolution Integral / 3.5:
Summary of Approach / 3.6:
Micromechanical Models of Composite Stiffness and Strength / 4:
Axial Tensile Strength of Unidirectional Composites / 4.1:
Compression Strength / 4.2:
Transverse Strength and Shear Strength / 4.3:
Stiffness Evolution / 5:
Problem Definition / 5.1:
Stiffness Change Due to Matrix Cracking / 5.2:
Time-Dependent Stiffness Change / 5.3:
Temperature-Dependent Stiffness Change / 5.4:
Summary / 5.5:
Strength Evolution During Damage Accumulation / 6:
Factors That Influence Strength / 6.1:
Models of Strength Evolution / 6.3:
Application Example / 6.4:
Nonuniform Stress States / 7:
Laminate Edge-Related Stresses / 7.1:
Undamaged Notched Strength / 7.3:
Notched Strength After Damage / 7.4:
Fracture Mechanics and Energy Methods / 7.5:
Example Applications and Case Studies / 8:
Example: Unnotched Failure of Polymer Composite / 8.1:
Case Study 1: Fatigue Behavior of APC-2 Laminates / 8.2:
Case Study 2: Elevated-Temperature Fatigue Behavior of Graphite Fiber-PPS Laminates / 8.3:
Case Study 3: Elevated-Temperature Fatigue Behavior of Nextel 610/Alumina-Yttria Composites / 8.4:
Case Study 4: Elevated-Temperature Fatigue Behavior of Nicalon-Enhanced SiC Composites / 8.5:
Case Study 5: Fatigue Failure of a Structural Composite Shape / 8.6:
Appendix to Chapter 1 / 8.7:
Index
Preface
Introduction: Basic Thesis
Elements of the Approach / I.1:
3.

図書

図書
木村宏著
出版情報: 東京 : アグネ技術センター, 2002.3  xiii, 445p ; 21cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
editor, Jean Lemaître
出版情報: San Diego : Academic Press, c2001  3 v. (xxvii, 1200 p.) ; 24 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Background on mechanics of materials / Volume 1:
Elasticity, viscoelasticity / Chapter 2:
Yield limit / Chapter 3:
Plasticity / Chapter 4:
Viscoplasticity / Chapter 5:
Continuous damage / Chapter 6:
Cracking and fracture / Chapter 7:
Friction and wear / Chapter 8:
Multiphysics coupled behavior / Chapter 9:
Composite media, biomaterials / Chapter 10:
Geomaterials / Chapter 11:
Index
Background on mechanics of materials / Volume 1:
Elasticity, viscoelasticity / Chapter 2:
Yield limit / Chapter 3:
5.

図書

図書
出版情報: Cambridge : Abington Publishing, 2000  200 p. ; 30 cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
保川彰夫著
出版情報: 大阪 : プレアデス出版 , 京都 : 現代数学社 (発売), 2005.7  viii, 168p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はしがき i
記号の説明 ii
第1章 序論 1
   問題 5
第2章 原子レベルから考える 7
   2.1 現代物理に基づく世界観 8
   2.2 量子力学と波動関数 10
   2.3 根本理論から連続体力学へ 14
   2.4 原子間ポテンシャル 16
   2.5 原子間ポテンシャルの関数形の考え方 23
   問題 24
第3章 応力解折の基礎 27
   3.1 単純な負荷状態での応力とひずみ及びその基本的関係 28
   3.2 熱膨張を考慮した応力 - ひずみ関係と熱応力 30
   3.3 非線形現象 32
   3.4 永久変形の原子レベルのメカニズム 34
   3.5 多軸状態での応力とひずみ 37
   3.6 3次元での応力 - ひずみ関係 42
   3.7 原子レベルでの応力 44
   3.8 原子の熱振動による応力のゆらぎ 47
   3.9 応力解析の基本的な流れ 48
   問題 49
第4章 線形弾性応力解析 51
   4.1 応力解析の基礎式と解法 52
   4.2 棒状部材の引張り、曲げとねじり 53
   4.3 重ね合わせの法則と解の唯一性 60
   4.4 弾性床上のはり 60
   4.5 応力集中 64
   4.6 応力拡大係数 66
   4.7 エネルギ解放率 70
   問題 71
第5章 脆性材料と延性材料 73
   5.1 脆性材料と延性材料の破壊拳動の違い 74
   5.2 脆性材料のき裂先端の原子レベル解析 76
   5.3 延性材料のき裂先端近傍の状態 81
   5.4 繰り返し負荷に対する材料拳動 82
   5.5 脆性材料と延性材料の強度評価の考え方のまとめ 84
   問題 85
第6章 異種材料接合構造の熱応力とその性質 87
   6.1 異材接合構造の支配方程式 88
   6.2 接合層のせん断ひずみ 91
   6.3 被接合部材の応力 93
   6.4 接合体のたわみ 94
   6.5 接合層の厚さと方向の垂直応力 95
   6.6 接合層剛性が高い場合の補正 96
   6.7 板構造への拡張 97
   6.8 接合構造のさらに詳細な解析 98
   問題 102
第7章 温度履歴と熱弾塑性クリープ拳動 103
   7.1 弾性体の場合の温度履歴にともなう拳動 104
   7.2 弾完全塑性体の場合の拳動 106
   7.3 弾塑性クリープ特性を示す材料の場合の拳動 108
   7.4 ひずみ範囲の簡便な計算法 110
   7.5 半導体チップ接合構造の熱弾塑性クリープ拳動 113
   問題 115
第8章 マイクロ構造体における材料力学上の主要課題 117
   8.1 弾性係数の結晶異方性 118
   8.2 シリコンのピエゾ抵抗係数の異方性 122
   8.3 薄膜材料の残留応力と真性応力 125
   8.4 静疲労の原子レベルからの解明 126
   8.5 はんだの疲労き裂進展解析 130
   8.6 エレクトロマイグレーションとストレスマイグレーション 134
   8.7 樹脂材料の拳動 134
   問題 137
付録 A 統計力学と速度論 139
   A.1 γ空間とギブス集団 139
   A.2 平衡分布 140
   A.3 速度論の基本的な考え方 143
   A.4 速度論の基本式の拡張 147
   A.5 応力を考慮したエネルギ障壁高さの計算 149
付録 B 強度評価に用いられる主要パラメータ 155
あとがき 157
参考文献 159
索引 165
はしがき i
記号の説明 ii
第1章 序論 1
7.

図書

図書
日比野文雄著
出版情報: 東京 : 裳華房, 2010.11  xii, 226p ; 21cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
黒木剛司郎著
出版情報: 東京 : 森北出版, 1999.5  viii, 219p ; 22cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
松田弘, 山田繁治共著
出版情報: 東京 : 日本理工出版会, 1998.2  vi, 280p ; 22cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
小峯龍男著
出版情報: 東京 : 東京電機大学出版局, 1997.11  vi, 158p ; 26cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼