close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ビバマンボ, 小野夏子著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.7  158p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1645
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 4
付属DVD-ROMの動作するパソコン環境 8
第1章 星の一生 9
   星の誕生 12
   生まれてきた若い星たち 14
   いろいろな星と恒星の進化 20
   老いた星 24
   惑星状星雲 26
   超新星残骸 34
   星の輪廻 38
   図解① 星形成領域の暗雲星雲 16
   図解② 惑星状星雲の構造 28
   図解③ ライトエコー 40
   コラム ヘルツシュブルング・ラッセル図 22
   コラム 天体の瞑想 32
   コラム ニュートリノがやってきた! 36
   コラム 星団と銀河、星の数はケタ違い 44
第2章 銀河の世界 47
   渦巻銀河Ⅰ 50
   渦巻銀河Ⅱ 52
   渦巻銀河Ⅲ 54
   棒渦巻銀河 56
   レンズ状銀河 62
   楕円銀河 64
   不規則銀河 66
   銀河の相互作用Ⅰ 70
   銀河の相互作用Ⅱ 72
   銀河の相互作用Ⅲ 74
   特異銀河 76
   深宇宙 84
   図解④ 渦巻銀河の構造 58
   図解⑤ 銀河の相互作用 80
   図解⑥ 重力レンズのしくみ 88
   コラム ハッブルの音叉図 68
   コラム 銀河の衝突と相互作用 78
   コラム 重力レンズが見せる銀河の姿 86
   コラム ダークマターを重力レンズで探る 92
第3章 太陽系 95
 月と太陽光 98
   金星●輝く明星 100
   火星●赤い大地の惑星 102
   火星●表面を覆う砂嵐 104
   木星●巨大ガスの惑星 106
   木星●大赤斑の変化 108
   土星●最も美しい環 112
   天王星と海王星●氷の惑星 116
   冥王星/太陽系外縁天体 118
   彗星と小惑星 120
   コラム 太陽系の大事件! 110
   コラム 木星・土星のオーロラ 114
   コラム 太陽系外惑星 122
付録 天体望遠鏡の歴史 125
付属DVD-ROMの使い方 133
参考文献 155
さくいん 156
はじめに 4
付属DVD-ROMの動作するパソコン環境 8
第1章 星の一生 9
2.

図書

図書
所眞理雄, 由利伸子著
出版情報: 東京 : 日経BP社 , 東京 : 日経BP出版センター (発売), 2009.6  261p ; 19cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
日本沙漠学会編
出版情報: 東京 : 丸善, 2009.7  ix, 256p ; 27cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
白井暁彦 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : オーム社, 2009.7  xii, 386p ; 24cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
奥谷喬司著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.8  248, viip ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1650
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
初版はしがき 5
新装版序 8
第1章 イカと日本人 13
第2章 イカの設計図 31
第3章 イカの超能力 63
第4章 イカの愛と性 123
第5章 イカの暮らし 157
第6章 イカの過去・現在・未来 197
参考文献 234
付章1 日本イカ学の系譜 237
付章2 イカの分類表 242
索引 巻末
初版はしがき 5
新装版序 8
第1章 イカと日本人 13
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
editors, Koichiro Tanaka ... [et al.]
出版情報: Bristol : IOP Pub., c2009  1 v. (various pagings) ; 30 cm
シリーズ名: Journal of Physics : conference series ; 148
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
PREFACE 011001
WELCOME ADDRESS 011002
Multi-phonon dynamics of the ultra-fast photoinduced transition of (EDO-TTF)2SbF6 012001
   Maciej Lorenc, Nicolas Moisan, Marina Servol, Herve Cailleau, Shin-ya Koshihara, Mitsuhiko Maesato, Xiangfeng Shao, Yoshiaki Nakano, Hideki Yamochi, Gunzi Saito and Eric Collet
Anomalous photo-induced response by double-pulse excitation in the organic conductor (EDO-TTF)2PF6 012002
   Ken Onda, Sho Ogihara, Tadahiko Ishikawa, Yoichi Okimoto, Xiangfeng Shao, Yoshiaki Nakano, Hideki Yamochi, Gunzi Saito and Shin-ya Koshihara
Probing the photoinduced phase transition in (C2H5)2(CH3)2Sb[Pd(dmit)2]2 012003
   N Fukazawa, T Ishikawa, R Nakajima, Y Matsubara, M Kitayama, S Koshihara, Y Okimoto, K Onda, M Lorenc, E Collet, M Tamura and R Kato
Control of metal-insulator transition in (EDO-TTF)2SbF6 012004
   Mitsuhiko Maesato, Yoshiaki Nakano, Xiangfeng Shao, Yukihiro Yoshida, Hideki Yamochi, Gunzi Saito, Alain Moreac, Jean-Claude Ameline, Eric Collet, Mikio Uruichi and Kyuya Yakushi
Photogenerated polaronic state in a one-dimensional dimerized Mott insulator K-TCNQ 012005
   Nobuya Maeshima, Kenji Yonemitsu and Ken-ichi Hino
Effects of spin fluctuations, charge fluctuations and lattice distortions on charge orders in θ- and α-type BEDT-TTF salts 012006
   Satoshi Miyashita and Kenji Yonemitsu
Anion size and isotope effects in (EDO-TTF)2XF6 012007
   Yoshiaki Nakano, Hideki Yamochi, Gunzi Saito, Mikio Uruichi and Kyuya Yakushi
Excitation photon energy dependence of photo-induced phase transition in (EDO-TTF)2PF6 012008
   S Ogihara, K Onda, M Shimizu, T Ishikawa, Y Okimoto, X F Shao, Y Nakano, H Yamochi, G Saito and S Koshihara
Memory effect of photoinduced conductivity switching controlled by pulsed voltages in a molecular conductor 012009
   Toshifumi Iimori, Toshio Naito and Nobuhiro Ohta
DFT calculations for the high-temperature structure of (EDO-TTF)2PF6: Identification of an electronic molecular dimer 012010
   Kaoru Iwano and Yukihiro Shimoi
Ultrafast optical responses in one-dimensional Mott insulators of halogen-bridged Ni compounds 012011
   S Tao, T Miyagoe, H Matsuzaki, H Ohtsu, M Hasegawa, S Takaishi, M Yamashita and H Okamoto
Ultrafast photoinduced melting of spin-Peierls phase in potassium-tetracyanoquinodimethane 012012
   H Uemura, H Matsuzaki and H Okamoto
Time-resolved studies of phase transition dynamics in strongly correlated manganites 012013
   M Rini, R Tobey, N Dean, S Wall, H Ehrke, Y Zhu, Y Tomioka, Y Tokura, R W Schoenlein and A Cavalleri
Bidirectional and persistent photoinduced phase change in manganite thin films 012014
   Kenjiro Miyano
Ultrafast polarization and magnetization dynamics in a multiferroic GaFeO3 012015
   M Matsubara, Y Kaneko, J P He, H Okamoto and Y Tokura
Photoinduced cooperative phenomena in ferroelectric layered perovskites Pb2Bi4Ti5O18 studied by high resolution Raman scattering 012016
   Masaki Takesada, Ayaka Ueki and Akira Onodera
Photo-induced changes in charge-ordered state of Ti4O7 012017
   M Watanabe, M Miyahara and K Tanaka
Probing strongly correlated electron dynamics on extreme timescales 012018
   Simon Wall, Henri Ehrke, Dario Polli, Daniele Brida, Yoshinori Tokura, Hiroshi Okamoto, Giulio Cerullo and Andrea Cavalleri
Photoinduced insulator-metal transition in Pr0.5Ca0.5CoO3 as studied by femtosecond spectroscopy 012019
   Yoichi Okimoto, Xianzhou Peng, Mieko Tamura, Takaaki Morita, Ken Onda, Tadahiko Ishikawa, Shin-ya Koshihara, Naoyuki Todoroki, Toru Kyomen and Mitsuru Itoh
100ps time-resolved X-ray diffraction study on Nd0.5Sr0.5MnO3 thin film 012020
   Hirohiko Ichikawa, Shunsuke Nozawa, Tokushi Sato, Ayana Tomita, Kouhei Ichiyanagi, Matthieu Chollet, Laurent Guerin, Shin-ichi Adachi, Kenjiro Miyano and Shin-ya Koshihara
Excitation wavelength dependence of photoinduced phase transition in polycrystalline AgI at room temperature 012021
   Rahima Khaton, Toshifumi Iimori and Nobuhiro Ohta
Laser-induced phase transition of Ti4O7 single crystal 012022
   Chihiro Itoh and Wataru Katsube
Photo-induced magnetic solitons and the slow relaxation mechanism in diluted magnetic semiconductors 012023
   Ikuzo Kanazawa
Observation of coherent phonons in Ca-doped SrTiO3: Doping-induced ferroelectric phase transition and ultraviolet-illumination effect 012024
   Y Koyama, T Moriyasu, H Okamura, Y Yamada, K Tanaka and T Kohmoto
Effect of UV light irradiation in SnO2 thin film 012025
   Naoko Takubo, Yuji Muraoka and Zenji Hiroi
Complete temperature study of the relaxation from HS to LS state in the mixed [FexZn1-x(Phen)2(NCS)2] systems (with x = 1, 0.73, 0.5, 0.32, 0.19 and 0.04) 012026
   Cherif Balde, Cedric Desplanches, Olivier Nguyen, Jean-Francois Letard and Eric Freysz
New type of ordering process with volume change of molecules in the spin-crossover transition, and its new aspects of dynamical processes 012027
   Seiji Miyashita, Masamichi Nishino, Yusuke Konishi, Hiroko Tokoro, Kamel Boukheddaden, Francois Varret and Per Arne Rikvold
Photoinduced dynamics of prussian blue type cyanide 012028
   Y Moritomo, T Nakagawa, Y Fukuyama, N Yasuda, H Oosawa, J E Kim, H Kamioka, K Kato, Y Tanaka, S Kimura, F Nakada, S Ohkoshi, H Tanaka and M Takata
Spin crossover and LIESST effect of new iron(II) complexes with imidazole containing ligands 012029
   Naohide Matsumoto, Tetsuya Sato, Shingo Hashimoto, Masaaki Kojima and Seiichiro Iijima
Temperature dependence of photoinduced valence changes in rubidium manganese hexacyanoferrate probed by Raman spectroscopy 012030
   R Fukaya, M Nakajima, H Tokoro, S Ohkoshi and T Suemoto
Transient photo-induced phenomena in vacancy-controlled Co-Fe cyanides 012031
   H Kamioka, F Nakada, K Igarashi and Y Moritomo
First observation of soft x-ray induced phase transition of RbMn[Fe(CN)6] studied by Fe L-edge x-ray absorption spectroscopy 012032
   Yoshinori Kitajima, Kotaro Ishiji, Tomoyuki Matsuda, Hiroko Tokoro, Shin-ichi Ohkoshi and Toshiaki Iwazumi
The light-induced spin transition of tetranuclear spin crossover complex [Fe4(CN)4(bpy)4(tpa)2](PF6)4 012033
   T Nishihara, M Nihei, H Oshio and K Tanaka
Dynamical property of nucleation in spin crossover depending on the system boundary 012034
   Masamichi Nishino, Kamel Boukheddaden, Seiji Miyashita and Francois Varret
100-picosecond time-resolved X-ray absorption fine structure of FeII(1,10-phenanthroline)3 012035
   Tokushi Sato, Shunsuke Nozawa, Kouhei Ichiyanagi, Ayana Tomita, Hirohiko Ichikawa, Matthieu Chollet, Hiroshi Fujii, Shin-ichi Adachi and Shin-ya Koshihara
Light-induced phase separation (LIPS) in [Fe(ptz)6](BF4)2 spin-crossover single crystals: Experimental data revisited through optical microscope investigation 012036
   Francois Varret, Christian Chong, Antoine Goujon and Kamel Boukheddaden
Dynamic investigations of multiferroics: Terahertz and beyond 012037
   D Talbayev, A D LaForge, N Hur, T Kimura, S A Trugman, A V Balatsky, D N Basov, A J Taylor and R D Averitt
Electrically driven spin excitation at THz frequencies in bc and ab spiral spin phases of perovskite manganites 012038
   N Kida, Y Yamasaki, J P He, Y Kaneko, Y Ikebe, Y Takahashi, R Shimano, T Arima, N Nagaosa and Y Tokura
Ultrafast THz response of photo-induced insulator to metal transition in charge ordered organic conductor α-(BEDT-TTF)2I3 012039
   H Nakaya, Y Takahashi, S Iwai, K Yamamoto, K Yakushi and S Saito
Coherent THz wave induced excitation in superionic conductors 012040
   T Awano and T Takahashi
Broken symmetries and photoexcitation of 1T-TaS2 012041
   Luca Perfetti, Uwe Bovensiepen and Martin Wolf
Time and angle resolved photoemission spectroscopy using femtosecond visible and high-harmonic light 012042
   S Mathias, M Wiesenmayer, F Deicke, A Ruffing, L Miaja-Avila, M M Murnane, H C Kapteyn, M Bauer and M Aeschlimann
Probing reaction dynamics of transition-metal complexes in solution via time-resolved X-ray spectroscopy 012043
   Nils Huse, Munira Khalil, Tae Kyu Kim, Amanda L Smeigh, Lindsey Jamula, James K McCusker and Robert W Schoenlein
Pulsed synchrotron x-ray as a tool for providing molecular movies at 100-picosecond temporal and sub-nanometer spatial resolution 012044
   S Adachi, S Nozawa, K Ichiyanagi, H Ichikawa, M Chollet, L Guerin, R Tazaki, T Sato, A Tomita, H Sawa, T Arima, H Kawata and S Koshihara
Optically induced spin disorder in YVO3 012045
   D A Mazurenko, A A Nugroho, T T M Palstra and P H M van Loosdrecht
Observation of X-ray-induced phase transition phenomenon of cesium manganese hexacyanoferrate 012046
   K Ishiji, M Deguchi, N Nakajima, T Matsuda, H Tokoro, S Ohkoshi and T Iwazumi
Photo-induced charge-orbital switching in transition-metal compounds probed by photoemission spectroscopy 012047
   K Takubo, T Mizokawa, N Takubo, K Miyano, N Matsumoto and S Nagata
Formation of ordered structures of exciton condensed phases in quantum wells 012048
   V Sugakov
Bose-Einstein condensation of dipolar excitons in quantum wells 012049
   V B Timofeev and A V Gorbunov
Exciton Mott transition and pair condensation in the electron-hole system 012050
   Takuma Ohashi, Tomoya Ueda, Kenichi Asano and Tetsuo Ogawa
Formation control of electron-hole droplets in diamond by a weak pulse injection 012051
   J Omachi, N Naka, K Yoshioka and M Kuwata-Gonokami
Exciton Mott transition in electron-hole systems: Dynamical mean-field theory for the continuous-space model 012052
   Tomoya Ueda, Takuma Ohashi, Kenichi Asano and Tetsuo Ogawa
Multi-excitonic effects on optical spectra of semiconducting carbon nanotubes 012053
   Kouta Watanabe, Kenichi Asano and Tetsuo Ogawa
Photoinduced melting and charge order in quarter-filled organic conductors: Itinerant electron systems with competing interactions 012054
   Kenji Yonemitsu, Nobuya Maeshima, Yasuhiro Tanaka and Satoshi Miyashita
Dynamics of photoinduced insulator-metal transition in one-dimensional Mott insulators 012055
   Akira Takahashi
Photo-induced phenomena in correlated electron system with multi-degree of freedom 012056
   S Ishihara, Y Kanamori and H Matsueda
Theoretical study on the coherent nonlinear dynamics of photoinduced structural change 012057
   Kunio Ishida and Keiichiro Nasu
Photoinduced insulator-metal transition and nonlinear optical response of correlated electrons - a DMFT analysis 012058
   N Tsuji, T Oka and H Aoki
Density functional study of a photo-induced phase in graphite 012059
   H Ohnishi and K Nasu
Transient spectra of photo-excited states in double exchange model 012060
   Yu Kanamori, Hiroaki Matsueda and Sumio Ishihara
Photo-induced Hall Effect in graphene - effect of boundary types 012061
   Takashi Oka and Hideo Aoki
Disorder effects on relaxation of photoinduced metallic phase in one-dimensional Mott insulators 012062
   Mami Segawa, Akira Takahashi and Masaki Aihara
Photoinduced melting of charge order in quasi-two-dimensional organic conductors 012063
   Yasuhiro Tanaka and Kenji Yonemitsu
Early history and theoretical problems of photo-induced structural phase transitions 012064
   Keiichiro Nasu
Emergence of exotic spatio-temporal structure under photon flux 012065
   K Yoshikawa
The future of photo-induced phase transition (PIPT) - How fast and slow it can be changed? 012066
   A Tomita, S Koshihara, S Adachi, J Itatani, K Onda, S Ogihara, Y Nakano and H Yamochi
Laser-induced microscopic phase-transition on an ionic liquid 012067
   Natsuki Iguchi, Alokmay Datta, Kenichi Yoshikawa and Yue Ma
PREFACE 011001
WELCOME ADDRESS 011002
Multi-phonon dynamics of the ultra-fast photoinduced transition of (EDO-TTF)2SbF6 012001
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
向殿政男 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 研成社, 2009.8  281p ; 19cm
シリーズ名: 安全学入門 ; [1]
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき 1
I部 安全学の基礎 15
 1章 安全学とは 17
   1.1 安全学について 17
    (1) 安全を取り巻く状況 17
    (2) 安全の文化 20
    (3) 安全の定義 22
    (4) 安全目標 29
   1.2 安全の構造 36
   1.3 安全を守る仕組み 39
   1.4 安全と人間 43
   1.5 安全学の提案 46
 2章 リスクアセスメント 51
   2.1 リスクアセスメントとは 51
    (1) 使用条件および予見可能な誤使用の明確化 53
    (3) 危険源の同定 55
    (3) リスクの見積りと評価 57
    (4) 許容可能なリスクの判定 63
   2.2 リスク低減方策 64
    (1) 三ステップメソッド 64
    (2) 本質的安全設計と安全装置 66
   2.3 フェールセーフと安全確認型 69
    (1) フェールセーフとフォールトトレランスシステム 69
    (2) 安全確認型に基づくフェールセーフな安全装置 73
   コラム ハイボールの原理 76
 3章 リスクコミュニケーション 79
   3.1 リスクコミュニケーションとは 79
   3.2 リスクコミュニケーションの必要性の増大 80
    (1) 化学物質安全性の領域 81
    (2) 食品安全の領域 83
   3.3 リスクコミュニケーションの実際 85
    (1) 事前準備 86
    (2) リスクコミュニケーションの実施 94
    (3) 評価と改善 94
   3.4 リスクコミュニケーションとマスメディア 96
   3.5 リスクの認知 97
   3.6 リスクの比較 100
   3.7 リスクコミュニケーションの問題点と今後の方向 102
II部 くらしのなかのリスク 103
 4章 生活のなかの不安 105
   4.1 安全・安心・不安に関する共通認識の保持と合意形成の確立の意義 105
   4.2 国民が望む「真に豊かで快適な生活」とはなにか? 107
    (1) 真に豊かで快適な国民生活を実現するために 107
    (2) 現状で「悪い方向に向かっている」と思われること 108
    (3) 今後政府に率先して取り組んで欲しい政策 109
   4.3 日常生活のなかでの悩み・不安 109
    (1) 日常生活のなかでの悩みや不安について 110
    (2) 健康・病気に対する不安 110
   4.4 病気による死亡 118
    (1) 死亡者に占める病死者の推移 119
    (2) 病名別死亡者数の推移 119
    (3) 一定傾向にある病名 121
    (4) 減少傾向にある病名 121
    (5) 特異な傾向を示す病名 121
   4.5 不慮の事故による死亡 122
    (1) 不慮の事故 122
    (2) 交通事故 123
    (3) 家庭内事故 124
   4.6 その他の事故死 125
   4.7 安全基本法の早急な制定を望む 128
 5章 製品安全と誤使用の防止 130
   5.1 使用と製品安全 130
   5.2 欠陥製品を出した企業の責任 134
   5.3 欠陥の種類 135
   5.4 安全な製品を設計するために 137
    (1) 通常の使用の定義 138
    (2) 事故の予見とリスク評価 140
    (3) 設計によるリスクの低減 143
    (4) 残留リスクの伝達 149
    (5) 経過観察 151
   5.5 製品安全はどこまですればよいか 152
   5.6 使用者の責任 153
 6章 社会の安全・安心 155
   6.1 はじめに 155
   6.2 安全・安心をめぐる社会状況の変化 156
    (1) 未来社会のイメージの変化 156
    (2) 安全・安心を脅かす問題の幅広さ 157
    (3) 従来の日本社会の状況 159
    (4) 安全・安心をめぐる状況の変化 160
   6.3 犯罪発生の増減と犯罪不安 161
    (1) 犯罪問題に関するモラル・パニック 161
    (2) 犯罪発生の増減と発生率の実態 162
    (3) 犯罪不安の形成要因 165
   6.4 犯罪の実態に即した住宅侵入対策 167
    (1) 住宅侵入盗の減少とピッキング防止法 167
    (2) 建物部品や住宅に関する防犯性能表示制度 169
    (3) 防犯環境設計とそれを支える理論 171
    (4) 被害の実態に基づくリスクの測定 174
   6.5 子どもの安全を確保するまちづくり 176
    (1) 子どもの犯罪被害と犯罪不安 176
    (2) 下校時間帯に子どもを見守る人の不在 177
    (3) 地域安全マップづくりを起点にしたまちづくり 179
   6.6 まとめ 181
III部 事例にまなぶ安全・安心 183
 7章 機械システム 185
   7.1 六本木ヒルズ回転ドア 185
    (1) 事故の経緯 185
    (2) 事故の原因と再発防止対策に関する考察 188
   7.2 JR福知山線脱線事故 190
    (1) 事故の経緯 190
    (2) 事故の原因と再発防止対策に関する考察 192
   7.3 市営プール吸排水吸い込まれ事故 195
    (1) 事故の経緯 195
    (2) 事故の原因と再発防止対策に関する考察 197
 8章 災害と建築 200
   8.1 災害多発国日本 200
    (1) 日本国土の土地条件 201
   8.2 建物の安全性 204
    (1) 建物の安全性に関する考え方と災害安全性に関する各種法規制 204
   8.3 地震災害 206
    (1) 被害状況 206
    (2) 地震対策 207
   8.4 その他の災害 210
    (1) 気象災害 210
    (2) 火山災害 212
   8.5 火災 213
    (1) 被害状況 214
    (2) 建物の防火対策 216
   8.6 災害対策基本法の概要 218
    (1) 法の目的および災害、防災の定義 218
    (2) 防災に関する組織 219
    (3) 防災計画 219
    (4) 災害予防 220
   8.7 災害に対する建築安全・リスク回避の考え方 220
    (1) 災害に対する建築安全の考え方 220
    (2) リスク回避の考え方 221
    (3) リスク回避のための費用対効果 221
 9章 生態系の安全 223
   9.1 生態系と私たちのくらし 223
   9.2 生態系の構造と機能 225
   9.3 生態系としての人体 228
   9.4 生態系サービス 229
   9.5 遺伝子組み換え生物 233
   9.6 外来生物の問題 236
   9.7 株式投資と生態系のアナロジー 238
   9.8 コモンズの悲劇と生態系 239
   9.9 グローバリゼーションと生態系 240
   9.10 スローライフでいこう 242
 10章 食品の安全 244
   10.1 食品安全基本法 244
   10.2 食糧安全保障 247
    (1) カロリーベース総合食糧自給率 247
    (2) 生産額ベース総合食糧自給率 248
    (3) 重量ベース自給率 248
   10.3 農薬の安全性 249
    (1) 農薬の有用性 249
    (2) 農薬の安全性評価 251
   10.4 食品添加物の安全性 252
   10.5 遺伝子組み換え作物(GMO)の安全性 255
    (1) 遺伝子組み換え作物の栽培状況 256
    (2) 遺伝子組み換え作物の安全性評価 257
 11章 化学物質の安全 259
   11.1 化学物質の有用性 260
    (1) 化学物質とは 260
    (2) 化学物質の用途と有用性 260
   11.2 化学物質の人の健康および環境への有害性 262
   11.3 化学物質のリスクと管理の現状 266
    (1) 化学物質のリスクと管理の必要性 266
    (2) 化学物質のリスク評価方法 267
   11.4 わが国の化学物質管理の現状 271
    (1) 化学物質の審査及び製造等の規制の関する法律 271
    (2) 特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律 274
参考文献・資料・注など 276
まえがき 1
I部 安全学の基礎 15
 1章 安全学とは 17
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
笠井憲雪, 吉川泰弘, 安居院高志編
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2009.4  vi, 219p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 実験動物学序説 1
   1.1,実験動物学の定義 安居院高志 1
    a,実験動物学とは 1
    b,実験動物学の歴史 1
    c,動物実験の妥当性 2
    d,実験動物学の展望 4
   1.2,動物実験の倫理と法規・指針 笠井憲雪 5
    a,適正な動物実験 5
    b,動物実験に関する法規と指針 6
2. 比較遺伝学 8
   2.1 遺伝の基礎知識 庫本高志 8
    a,遺伝子,染色体,ゲノム,形質 8
    b,メンデルの遺伝の法則 9
    c,メンデルの法則の拡張 10
    d,質的形質の遺伝解析 12
    e,量的形質の遺伝解析 13
    f,集団遺伝学の基礎 14
   2.2 ヒトと実験動物の遺伝的相同性 芹川忠夫 17
    a,ヒトと実験動物のゲノム 17
    b,ヒトと実験動物の比較ゲノム地図 18
    c,ヒトと実験動物の遺伝病 20
    d,バイオインフォマティクス 21
3. 実験動物育種学 安居院高志 23
   3.1 種,品種,系統 23
    a,種 23
    b,品種 23
    c,系統 23
    d,各種系統の命名法 24
   3.2 育種の原理 25
    a,交配方法と遺伝子組成の変化 25
    b,選抜,淘汰 26
    c,検定 27
   3.3 育種の方法 28
    a,遺伝的変位ならびに特性の開発28
    b,遺伝的複合31
   3.4 遺伝的特性の維持とその確認 32
    a,系統維持と生産 32
    b,遺伝的特性の確認 34
4. 実験動物繁殖学 斎藤徹 38
   4.1 繁殖学の基礎 38
    a,生殖器 39
    b,卵子と精子 41
    c,性成熟と性周期 42
    d,性行動 45
    e,受精と着床 45
    f,妊娠と分娩 47
    g,哺育と離乳 49
   4.2 生産と供給 51
    a,交配 51
    b,出産 53
    c,育成 54
    d,輸送 54
5. 実験動物飼育管理学 56
   5.1 環境因子 篠田元扶 56
   5.2 環境エンリッチメント 篠田元扶 57
   5.3 ストレス反応 篠田元扶 57
   5.4 環境因子の生体への影響と環境基準 篠田元扶 58
    a,気候的因子 58
    b,物理・化学的因子 59
    c,栄養因子 62
    d,生物的因子 62
    e,住居的因子 64
   5.5 実験動物施設 大和田一雄 65
    a,実験動物施設の分類 65
    b,実験動物施設の構成と作業動線 66
    c,飼育室各部の一般構造と材質 67
    d,アニマルスイート 68
    e,空気調和設備 68
    f,空調方式 68
    g.ボイラーおよび冷凍機 70
   5.6 実験動物施設の人事管理大和田一雄 70
    a,適正な人事配置 70
    b,職員の健康管理 71
   5.7 施設への実験動物の導入大和田一雄 71
6. 実験動物疾病学 73
   6.1 環境因子としての微生物因子 石原智明 73
    a,常在微生物菌叢 73
    b,無菌動物と通常動物の違い 73
    c,レトロウイルスと内在性ウイルス 74
   6.2 実験動物の感染症とその制御 石原智明 75
    a,実験動物の感染病による被害 75
    b,実験動物の感染症コントロール 76
    c,感染病の検査・同定 78
    d,滅菌消毒法 79
   6.3 おもな感染症 80
    a,実験動物の感染症 80
     1)細菌病(川本英一) 80
     2)ウイルス感染症(有川二郎) 87
     3)寄生虫病(岡本宗裕) 92
    b,人獣共通感染症(有川二郎) 94
   6.4 動物実験におけるバイオハザード 久和茂 97
7. 比較実験動物学 101
   7.1 実験動物からヒトへの外挿 笠井憲雪 101
    a,外挿に及ぼす要因としての環境 101
    b,生理学的性状における動物種差と外挿法 102
    c,疾患モデル動物とヒト疾患の種差 104
   7.2 器官の形態・機能にみられる動物種差 木村透 105
    a,骨格 105
    b,歯式 106
    c,脳 109
    d,胃腸 111
    e,肝臓 113
    f,肺 113
    g,心臓 115
    h,血管 116
    i,血液 118
    j,尿 118
    k,リンパ系 118
    l,乳腺 121
    m,子宮 123
    n,雄性生殖器 123
   7.3 各種実験動物の特性(実験動物の種と系統) 猪股智夫 126
    a,動物の選択 126
    b,マウス 126
    c,ラット 132
    d,ハムスター 135
    e,スナネズミ 136
    f,マストミス 137
    g,モルモット 137
    h,ウサギ 139
    i,スンクス 141
    j,イヌ 142
    k,その他の食肉類 143
    1,ブタ 145
    m,ヤギ 146
    n,ヒツジ 147
    o,サル 147
    p,鳥類 151
    q,両生類 152
    r,魚類 153
    s,無脊椎動物 155
8. モデル動物学 佐々木宣哉 157
   8.1 モデル動物の分類 157
    a,実験的発症モデル動物 158
    b,自然発症モデル動物 158
    c,人為的突然変異モデル動物 158
    d,遺伝子改変により作製されたモデル動物 159
   8.2 疾患モデル動物 158
   8.3 モデル動物の表現型と遺伝子変異の対応づけ 159
   8.4 モデル動物の育種・系統維持 160
   8.5 おもな疾患モデル動物 161
    a,糖尿病モデル動物 161
    b,腎疾患モデル動物 162
    c,高脂血症・動脈硬化のモデル動物 163
    d,高血圧のモデル動物 164
    e,臓器・組織移植モデル動物 165
    f,ヒト肝細胞キメラマウス 165
    g,虚血性疾患モデル動物 166
    h,アルツハイマー型認知症病モデル動物 166
    i,パーキンソン病モデル動物 167
    j,プリオン病モデル動物 167
9. 発生工学 三好一郎 168
   9.1 発生工学とは 168
   9.2 発生工学の歴史 168
   9.3 発生工学技術の基本 169
    a,採卵 169
    b,体外培養 170
    c,偽妊娠動物の作製と胚移植 170
    d,体外受精 171
    e,顕微授精 171
    f,受精卵および配偶子の凍結保存 172
    g,卵巣移植 172
    h,核移植およびクローン化 172
    i,キメラマウスの作製 173
   9.4 遺伝子組換え動物 173
    a,遺伝子組換えマウス 173
    b,トランスジェニック(遺伝子導入)マウス 174
    c,標的遺伝子組換え(ジーンターゲッティング,遺伝子標的導入,標的組換え)マウス 174
   9.5 トランスジェニックマウスの作製 174
    a,導入遺伝子(トランスジーン) 174
    b,マイクロインジェクション法 175
    c,ウイルスベクターを用いる方法 175
    d,ES細胞を用いる方法 175
    e,精子をベクターとして用いる方法 175
    f,導入遺伝子の解析 175
   9.6 トランスジェニック動物作製の問題点 175
   9.7 標的遺伝子組換えマウスの作製 175
    a,ES細胞を用いた相同遺伝子組換え 175
    b,生殖キメラマウスの作製 177
    c,遺伝子導入や相同遺伝子組換えのためベクター 177
   9.8 遺伝子組換え動物による疾患モデルの開発 179
    a,TRECK(toxin receptor-mediated cell knockout)法 179
    b,細胞標識動物 179
    c,遺伝子トラップと遺伝子ターゲティング 179
    d,Sleeping Beauty(SB)トランスポゾンによる生体内での遺伝子変異導入 181
   9.9 遺伝子組換え動物の命名法 181
10. 動物実験技術 182
   10.1 基本手技 黒澤努 182
    a,保定 182
    b,個体識別 182
    c,試料投与 183
    d,試料採取 183
   10.2 麻酔と安楽死 黒澤努 184
    a,麻酔 184
    b,安楽死 195
   10.3 各種動物実験 高橋英機 196
    a,薬理試験 196
    b,薬物動態試験 197
    c,毒性試験 197
    d,遺伝子組換えマウスを用いた行動試験 198
   10.4 動物実験の計画と成績評価法 笠井憲雪 199
    a,動物実験を計画するに当たって考慮すべきこと 199
    b,実験成績の統計的評価法 199
11. 動物実験代替法 黒澤努 201
   11.1 動物実験代替法の概念 201
    a,動物実験の歴史 201
    b,動物実験への批判 202
    c,動物愛護運動 202
    d,動物実験反対運動 203
    e,実験動物福祉の考え方の発展 203
    f,動物実験代替法の発展 204
   11.2 代替法移行への諸問題 205
    a,動物実験代替法の開発 205
    b,代替法の限界と進展 209
   11.3 動物実験代替法の実際 205
    a,動物実験代替法のバリデーション 209
    b,安全性試験における動物実験代替法 209
    c,動物実験代替法の現実問題 210
索引 212
1. 実験動物学序説 1
   1.1,実験動物学の定義 安居院高志 1
    a,実験動物学とは 1
9.

図書

図書
小林宏一, 瀬川至朗, 谷川建司編
出版情報: 東京 : 東京電機大学出版局, 2009.4  256p ; 21cm
シリーズ名: 科学コミュニケーション叢書 ; . 早稲田大学科学技術ジャーナリスト養成プログラムMAJESTy||ワセダ ダイガク カガク ギジュツ ジャーナリスト ヨウセイ プログラム MAJESTy
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
市瀬史著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.4  213p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1634
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼