close
1.

図書

図書
橋爪大三郎著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2009.6  xiv, 280p ; 20cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
竹田青嗣, 橋爪大三郎著
出版情報: 東京 : ポット出版, 2009.9  185p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 竹田青嗣 9
第1部 「炭素会計」がなぜいま必要か 17
 『「炭素会計」入門』の問題提起とは
   地球は温暖化しているのか 18
   炭酸ガス濃度はどれだけ増えているのか 20
   京都議定書と各国の炭酸ガス削減への取り組み 23
   炭酸ガスを出さないエネルギーの可能性 27
   温暖化問題の本質とはなにか 28
 竹田青嗣の「炭素会計」への共鳴
   資本主義の行方 30
   資本主義の原理は「普遍交換」と「普遍消費」 35
   90億の人が普遍消費をするとどうなるか 41
 温暖化問題と資本主義
   資本主義に代わる経済システムはあるのか 45
   新しい「大きな物語」というチャレンジ 48
   資本主義の性質を変えなくてはいけない 51
   人間はなんのために生きているのか 53
◎ 炭素会計」は資本主義改革の契機となりうるか
   状況や時代に応じて市場の切り分けをする 56
   政策として炭素をどう扱うか 59
   現実の制度にしていくにはどうすればいいのか 61
 会場から
   「一般意志」をどう取り出せばいいのか 63
   問題を解決する制度や仕組みはないかを考える 65
   持続可能な資本主義のあり方を考える 66
   医療や炭素における合意に基づく分配のルールとは? 72
   「正しい」ということと「得だ」ということ 74
   市場原理に任せるものとそうでないものを切り分ける 76
   新たな国家間格差を生み出さないためには 78
   一番ポテンシャルがあるのは日本だ 81
   市民にどういうインセンティヴを与えればいいか 83
   「世界市民」が共通のルールを調整していく 84
   まず炭素を見えるようにすること 87
   テクノロジーやJフードの可能性 89
第2部 世界市民と正義のつくりかた 93
 国家と資本主義批判への問題提起
   ポストモダン思想の国家と資本主義批判 94
   マルクス思想の国家と資本主義批判 98
   国家権力はなぜ否定できないのか 100
   普遍分業を捨てると普遍支配構造が復活する 105
   資本主義がむかえるふたつの限界 108
 グローバリズムと環境、経済格差問題
   環境問題はこれまでの公害問題とはちがう 113
   グローバル化が引き起こした格差問題 116
   ケインズのつぎの天才経済学者が必要 119
   この危機を好機に大転換するための合意づくり 122
   グローバリズム化でなにが起こっているか 125
 環境問題を哲学で考える
   国家どうしの「自由の相互承認」は可能か 132
   「文化」というルールの壁は越えられるのか 135
   媒介項をおいて国家間のルールを調整していく 139
   原理を生み出す哲学の可能性 142
   市民という立場でなにができるか? 145
   まずは炭酸ガス排出量を数値化すること 146
   一人ひとりの自覚が問題を解決する糸口にならないか? 147
   原理的な考え方とデータを提示する 148
   役に立つ言論は事前にはわからない 150
   既得権をどう考えるか 151
   国の役割は平等な配分の調整 152
   どんな社会でもルールは変えていくことができる 152
   国連の可能性は? 154
   国連には問題解決能力はほとんどない 154
   国連以外の調整機関を構想する 155
   生産能力が落ちた日本が老人を支えるのは無理? 155
   日本の高齢化対策は世界で使えるものになる 156
   高齢者問題を乗り越える方法は? 157
   人口を減らして競争原理を落とす 157
   家族や地域といった小共同体の可能性は? 158
   都市や地域社会を再設計する 159
   新しい共同体のあり方を構想する 159
   つぎのケインズを見つけられるのか 160
   必ずいるけど、見つける方法がむずかしい 160
   合意を経ない拘束は続くのか 161
   合意によって自分の自由を制限する 162
   まず先進国の市民から合意を取り出す 163
   理性がひとつの鍵になるのか 164
   歴史を踏まえた個人主義を知る 165
   ヘーゲルやルソーの理性の在り方を置く 166
あとがき 橋爪大三郎 169
プロフィール・著作一覧 177
はじめに 竹田青嗣 9
第1部 「炭素会計」がなぜいま必要か 17
 『「炭素会計」入門』の問題提起とは
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
橋爪大三郎著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.7  269p ; 18cm
シリーズ名: 講談社現代新書 ; 2004
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 ヴィトゲンシュタインのウィーン 9
   2人の高校生
   芸術の都ウィーン
   急に学校へ
   ウィーンのヒトラー
   家柄ゆえの悩み
   自分はなにをやればいい
   学校になじめない
   飛行機か、論理学か
   ラッセルのもとへ
   2人の写真 22
   映画『ヴィトゲンシュダイン』 24
第2章 数学の基礎 25
   現代数学の夜明け
   アリストテレスは偉かった
   三段論法
   言葉と数
   フレーゲの概念記法
   無限のなぞ
   集合の濃度
   対角線論法
   無限集合が無限にある
   集合論のパラドックス
   論理主義
   フレーゲに紹介されて
   フレーゲとラッセル 45
第3章 ケンブリッジの日々 47
   突然の闖入者
   論理がすべてか
   パラドックス
   タイプ理論
   論理はなにを表しているのか
   天才か死か
   論理に関するノート
   未曾有の大戦争
   物量作戦
   伍長ヒトラー
   共産主義の脅威
   共産党かナチスか
第4章 『論理哲学論考』 67
   かけがえのない世界
   『論理哲学論考』のなかみ
   『論考』のエッセンス
   言語と世界は対応する
   要素はあるのか
   一対一対応
   なぜ独我論なのか
   前期と後期の共通点
   生きたい!
   トルストイの『要約福音書』
   「沈黙しなければならぬ」は、禁止なのか
   戦争という罪を背負う
   神のいる場所
   イエスのおもかげ
   不思議な沈黙
第5章 放浪の果てに 95
   『論考』出版される
   小学校の教師になる
   哲学をやめ、哲学を生きる
   要素命題は存在しない
   言語はさまざまに用いられる
   存在と規範
   ことばを、ものと結びつける
   ことばの見本
   ヴィトゲンシュタイン・ハウス 108
   石工とその助手の言語ゲーム 110
第6章 言語ゲーム 113
   15年ぶりのケンブリッジ
   不思議な文体
   超テキストを読む…言語ゲーム・その例…言語ゲームが“わかる”
   ……(以下同様)
   できることと、説明すること
   たし算をならう
   社会は言語ゲームである
   石工と助手のゲーム
   ルールが意味を基礎づける
   感覚と言語ゲーム
   ふるまいの一致
   私的言語について
   数列モデル
   規則をみる
   オーストリア国籍がなくなる
   ユダヤ人とは
   独身主義
   狂気の全体主義
   ヨーロッパの危機
第7章 ルール懐疑主義 145
   意味と価値と言語ゲーム
   エイリアン?
   懐疑論との対決
   クリプキのクワス
   木の葉が今日から青に
   ルール懐疑主義は正しいか
   見ればわかる
   奇則としてのナチス
   私には手がある
   疑うという言語ゲーム
第8章 1次ルールと2次ルール 167
   キリスト教から離れて
   ゲームとルール
   言語ゲームと論理学
   ハートの法理学
   書かれない法
   審判とルールブック
   ルールと強制
   価値はゲームに宿る
   厳密ルール主義
   権威への服従
   審判ムハンマド
第9章 覚りの言語ゲーム 189
   一神教から遠く離れて
   覚りをめざす
   覚りをめざす運動
   『ゴドーを待ちながら』の原理
   痛みと覚り
   大妄語戒のロジック
   自発性と強制
   全員一致の原則
   税か布施か
   部分ゲームと拡大ゲーム
   キリスト教とユダヤ教
   大乗仏教の修行のルール
第10章 本居宣長の言語ゲーム 207
   忘れられた江戸時代
   武士と儒学のミスマッチ
   朱子学のドグマ
   朱子学を批判する
   ルターと似ている
   儒学と国学の合わせ技
   山崎闇斎の役割
   宣長という人物
   なぜ『古事記』か
   「道」論争
   漢意とやまとごころ
   原初の共同体
   天皇の正統性
   天照大神は太陽か
   日本プレ近代思想
第11章 これからの言語ゲーム 233
   前期vs.後期?
   「語りうること」
   『論考』と福音書
   信仰告白を語らない
   言語ゲームはすべてを語る
   冷戦とは何だったか
   大きな物語の終わり
   ポストモダンの行き止まり
   コミットしない
   相対主義
   普遍思想はゲームである
   文明の衝突?
   言語ゲームは両立するか
   相対主義を超えて
   意味と価値の科学へ
ブックガイド 260
あとがき 266
第1章 ヴィトゲンシュタインのウィーン 9
   2人の高校生
   芸術の都ウィーン
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼