close
1.

図書

図書
藤田節子著
出版情報: 東京 : 日外アソシエーツ, 2009.4  viii, 144p ; 21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
メアリ・K・マカスキル著 ; 片岡英樹訳・解説
出版情報: 京都 : 京都大学学術出版会, 2009.12  xii, 315p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき i
訳者まえがき iii
Acknowledgments vi
第1章 テクニカルライティングにおける英文法の基本
   1.1. 効果的ライティングに必須の英文法とは 4
   1.2. 名詞の所有格のポイントを知る 5
    1.2.1. 所有格の作り方 5
    1.2.2. 無生物名詞の所有格 6
   1.3. 代名詞を明確にする 8
    1.3.1. 先行詞 8
    1.3.2. 人称代名詞 10
    1.3.3. 関係代名詞 12
    1.3.4. 指示代名詞 17
   1.4. 動詞を効果的に運用する 21
    1.4.1. 動詞の時制 21
    1.4.2. 動詞の仮定法 26
    1.4.3. 動詞の態 28
    1.4.4. 動詞の数の一致 28
   1.5. 形容詞を正しく使う 35
    1.5.1. 冠詞の使い方 35
    1.5.2. 複合修飾語の正しい使い方 38
   1.6. 副詞の暖昧な使い方は避ける 45
    1.6.1. 誤った位置に置かれた副詞 46
    1.6.2. 修飾が暖昧な副詞 47
    1.6.3. 分離不定詞の使い方 48
   1.7. 前置詞の使用に慣れる 51
    1.7.1. 熟語をつくる前置詞 51
    1.7.2. 文の終わりの前置詞 51
    1.7.3. 前置詞の繰り返し 52
   1.8. 接続詞の論理的な関係を知る 55
    1.8.1. 等位接続詞の正しい使い方 55
    1.8.2. 従位接続詞の正しい使い方 59
   1.9. 準動詞を効果的に使う 65
    1.9.1. 等位動名詞と等位不定詞 65
    1.9.2. 動名詞または不定詞をとる動詞 66
    1.9.3. 懸垂準動詞 67
第2章 テクニカルライティングにおける文の構成力を高める基本手法
   2.1. 文の構成力を高める5つの手法とは 82
   2.2. 主語と動詞の関係を力強くする手法 83
    2.2.1. 主語を明確にする 83
    2.2.2. 動詞を力強くする 88
    2.2.3. 主語と動詞の関係を改善する 95
   2.3. パラレリズムにより一貫性をとる手法 99
    2.3.1. パラレリズムを必要とする接続語を選択する 100
    2.3.2. 箇条書きにする 102
   2.4. 簡潔に書く手法 105
    2.4.1. 冗漫さをさける 105
    2.4.2. 文を短くする 109
    2.4.3. タイトルを簡潔にする 112
   2.5. 比較を効果的に行う手法 116
    2.5.1. 形容詞と副詞の比較級を正しく使う 117
    2.5.2. あいまいな比較はさける 119
    2.5.3. 比較構文を効果的に使う 124
   2.6. 文を強調する手法 131
    2.6.1. 文の構成により強調する 131
    2.6.2. 句読点を使って強調する 135
第3章 テクニカルライティングに必須の句読点の使い方
   3.1. 句読点の機能とは 140
   3.2. アポストロフィ(Apostrophe) 141
   3.3. 角カッコ(Brackets) 143
   3.4. コロン(Colon) 144
    3.4.1. 導入のコロン 144
    3.4.2. コロンの慣用的用法 151
    3.4.3. 他の句読点とともに使うコロン 151
   3.5. コンマ(Comma) 152
    3.5.1. 分離のコンマ 152
    3.5.2. 囲い込みのコンマ 165
    3.5.3. コンマの慣用的用法 175
    3.5.4. 他の句読点とともに使うコンマ 178
   3.6. emダッシュ(Em Dash) 180
    3.6.1. 囲い込みのダッシュ 180
    3.6.2. 分離のダッシュ 183
    3.6.3. ダッシュの慣用的用法 186
    3.6.4. 他の句読点と使うダッシュ 187
   3.7. enダッシュ(En Dash) 188
   3.8. ハイフン(Hyphen) 190
    3.8.1. 分綴のハイフン 190
    3.8.2. 接頭辞のハイフン 191
    3.8.3. 接尾辞のハイフン 193
    3.8.4. 複合語のハイフン 193
   3.9. イタリック体(Italics) 198
    3.9.1. 強調のイタリック体 198
    3.9.2. 専門用語のイタリック体 199
    3.9.3. 差別化のイタリック体 200
    3.9.4. 記号のイタリック体 201
    3.9.5. イタリック体の慣用的用法 201
    3.9.6. ローマン体以外の書体におけるイタリック体 204
    3.9.7. 句読点のイタリック体 205
   3.10. 丸カッコ(Parentheses) 206
   3.11. ピリオド(Period) 210
    3.11.1. 略語のピリオド 211
    3.11.2. ピリオドの慣習的用法 212
    3.11.3. 他の句読点とともに使うピリオド 214
   3.12. 省略符(Points of Ellipsis) 216
   3.13. 疑問符(Question Mark) 218
   3.14. 引用符(Quotation Marks) 222
    3.14.1. 引用符の正しい使い方 222
    3.14.2. 区別を必要とする語句に使う引用符 224
    3.14.3. 他の句読点とともに使う引用符 227
   3.15. セミコロン(Semicolon) 229
    3.15.1. 等位節のセミコロン 229
    3.15.2. 連続する要素のセミコロン 231
    3.15.3. 説明句と説明節のセミコロン 233
    3.15.4. 省略構文のセミコロン 234
    3.15.5. 他の句読点とともに使うセミコロン 234
   3.16. スラッシュ(slash) 236
第4章 テクニカルライティングにおける大文字使用の基本
   4.1. 大文字を効果的に使うには 240
   4.2. 文スタイルにおける大文字使用 242
    4.2.1. 文の大文字 242
    4.2.2. 引用文の大文字 244
    4,2.3. 疑問文の大文字 246
    4.2.4. 箇条書きの大文字 247
    4.2.5. 文でない要素の大文字 248
   4.3. 表題スタイルにおける大文字使用 250
   4.4. 頭字語と略語における大文字使用 254
    4.4.1. 頭字語の大文字 254
    4.4.2. 略語の大文字 256
   4.5. 固有名詞とその形容詞における大文字使用 257
    4.5.1. 個人名と肩書き 260
    4.5.2. 地理上の名前 263
    4.5.3. 官公庁の名前 265
    4.5.4. 公共の場所と公共機関の名前 266
    4.5.5. 暦(月、曜日、休日等)と時間の名称 267
    4.5.6. 科学技術の名称 269
    4.5.7. 著作物のタイトル 270
    4.5.8. その他の固有名詞 272
用語解説 275
文献一覧 280
良い例一覧 285
索引 298
まえがき i
訳者まえがき iii
Acknowledgments vi
3.

図書

図書
酒井浩二著
出版情報: 京都 : ナカニシヤ出版, 2009.10  iii, 147p ; 21cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Janice R. Matthews, Robert W. Matthews [著] ; 畠山雄二, 秋田カオリ訳
出版情報: 東京 : 丸善, 2009.5-  冊 ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 書く前に 1
   サーチとリサーチ 2
    先行研究をしらみつぶしにレビューする
    インターネットは賢く使おう!
    ほかのインフォーマルならびにフォーマルな情報網にも手を出してみる
    研究 : さて,どこから手をつけようか
   どこで発表するか 20
    研究結果の公開 : 書いてある内容によって発表媒体を選ぶ
    研究発表のスタイルにはいろいろある
   うまくいくための計画づくり 33
    自分の言わんとしていることをどう形にし,そしてどう伝えるか
    剽窃をしないようにしよう
    ブロセス・アプローチを使って時問を節約する
    ・練習問題1.1 検索方法とプール論理 16
    ・練習問題1.2 主張とフォーマット,そして読者層 30
    ・練習問題1.3 考えをまとめる 42
2章 原稿の作成 48
   オーサーシップについて 49
   便利な道具とその落とし穴 52
    ワープロを使ってサクサク書く
    ワープロの機能を熟知してサクサク書けるようにする
    スペルチェッカーと文法チェッカー,それに文体チェッカー
   論文を書くにあたっては,伝統的な書き方を踏襲するようにしよう 66
    Introduction(イントロダクション)
    Materials and Methods(材料と方法)
    Results(結果)
    Discussion and Conclusions(議論とまとめ)
    Acknowledgments(謝辞)
    References(参考文献)
    Abstracts and Summaries(要約とまとめ)
    The Title(タイトル)
    タイトルページには何を書いたらいいのだろうか
   時制をうまく使って,論文の研究上の位置づけを明確にする 77
   やる気をもて!そして,それを維持しろ! 81
   ・練習問題2.1 スペルチェックと文法チェック 61
   ・練習問題2.2 どのタイトルがいいだろうか 76
   ・練習問題2.3 時制 83
3章 論文で役立つ視覚補助 90
   どういった視覚補助を選び,そしてそれをどう使ったらいいであろうか 91
    表
    図
    グラフ
    実物の模写と写真
    視覚補助を使って本文を説明する
   自分の選択に間違いがないかチェックしてみる 118
   ・練習問題3.1 どんな表ならびに図にしたらいいだろうか 121
4章 視覚補助によるサポート 124
   オーラル・プレゼンテーション 125
    プレゼンをするにあたって,さて,何を使おうか…
    従来型のプレゼンのスタイルを発展させる
    テクストならびに表,それにグラフといったものの視覚的な要因
    パワーポイントにまつわる論争
   人前でしゃべる : 人的な要素について 144
    緊張したら,さて,どうしたらいいだろうか
    スピーチならびにプレゼンのやり方
    質疑応答
   ポスターセツション : いい感じのハイブリッド 154
    ポスターを準備する
    ポスターセッションをする
   ・練習問題4.1 プレゼンで使うスライドのフォーマット 147
   ・練習問題4.2 質問に答える 155
補遺1 練習問題の模範解答 163
補遺2 「生物医学系雑誌への統一投稿規定 : 生物医学系のジャーナルから論文をパブリッシュするには,どう書き,そしてどう編集したらよいだろうか」からの抜粋 167
訳者あとがき 181
主要参考文献 183
索引 187
1章 何度も書き直して一貫性のあるものにしよう 1
   サクサク仕事をこなしていく 1
    まずやるべきは,章立てとロジックの組み立て
    今じゃ何でも自分でできる
   全体的に書き直す 5
    書いてあることが明確になるように再度書きなおす
    読んですぐにわかるように書きなおす
    余分なところをカットして引き締まった文章にする
   表現を短くしていると、短くしすぎたりすることがある 24
    略語や頭字語,それに他の簡略表現
    名詞の積み重ねと真珠の連なり
    ・練習問題1.1 人称と視点 11
    ・練習問題1.2 読みやすさ 15
    ・練習問題1.3 簡略化した表現 31
    ・練習問題1.4 明確に,そして簡潔に 34
2章 どんな語を使ったらいいか、そして、どんなスタイルで書いたらいいか、また、どんな構文で書いたらいいかよく考える 36
   よいことばを選ぶ 38
    ジャーゴンについて理解し,使うにしても必要最小限に抑えるようにしよう
    読み手にバイアスを感じさせない,そんな風にことばを使うようにしよう
    正しいことばを使うようにする
    何を言わんとしているのかよくわからない名詞と修飾語句
   動詞に要注意 61
    生きのよい動詞を使うようにしよう
    名詞化された動詞の姿をあらわにする
    能動態と受動態
    主語と動詞の一致
   何を何で修飾するのかに注意しよう 70
    先行詞が特定できないケースと,変なところに置かれている修飾語
    懸垂分詞
   注意しなければならないことは山のようにある 76
    集合名詞と名詞句
    比較に関する文法とリストに関する文法
    ・練習問題2.1 ジャーゴン 44
    ・練習問題2.2 差別的な表現をなくそう 51
    ・練習問題2.3 悪魔の組み合わせ 57
    ・練習問題2.4 whichとthat 59
    ・練習問題2.5 つかみどころのない単語と動詞由来の派生名詞 64
    ・練習問題2.6 能動態と受動態 68
    ・練習問題2.7 主語と動詞の一致 69
    ・練習問題2.8 懸垂分詞とあるべきところにない修飾語 75
    ・練習問題2.9 集合名詞と比較,そしてリスト 84
3章 文法に数、そしてスタイルに気をつける 85
   書いた文章を微調整する 85
    句読点を使って言わんとしていることを明確にする
    大文字を使うにしても,規則に従って,しかも首尾一貫して使うようにする
    学名は正しく使うようにしよう
    外国語は,語であれフレーズであれ,格好を付けるために使うのではなく,その外国語で何か伝えるべきものがあるような時のみ使うようにする
   数字は細心の注意を払って使うようにしよう 114
    数の表し方 : 数字で表すか,それともことばで表すか
    SI単位系
    とてつもなく大きい数字と,とてつもなく小さい数字
    パーセント数
   原稿のチェック方法をいろいろ試してみる 130
    ・練習問題3.1 パンクチュエイション 100
    ・練習問題3.2 大文字表記 105
    ・練習問題3.3 学名と借用語 113
    ・練習問題3.4 数の使用とその解釈 129
    ・練習問題3.5 原稿のチェック方法をいろいろ試してみる 131
4章 The Rest of the Story(本当に大切なことは…) 133
   論文の刊行に向けて準備をする 133
    参考文献は2度チェックしろ!
    どういったフォーマットで投稿したらよいか確認する
    論文を投稿する
    マーフィーの法則を思い出そう
   前へ進んだり、また振り出しに戻ったり : 編集者の仕事 143
    ゲラ刷りは丁寧にチェックする
    おめでとう!ついにパブリッシュだ!
   国際ジャーナルにアクセプトされるコツ 149
    英語がネイティブでない人に向けて書くためのノウハウ
    英語がネイティブでない人が英語で論文を書くにあたっては,どうしたら一番効果的に書けるのか,それをよく考えた上で書くようにしよう
    英語がネイティブでない人が直面する,語法ならびに文法上の問題
   倫理的な問題 158
    データに,そしてあなたの論文を読んでくれる読者に対して敬意を払おう
    剽窃をしていないか再度チェックしよう
    うっかり名誉毀損してしまったり,名誉毀損で訴えられたりしないよう注意しよう
   法的な問題 165
    商標名
    著作権
    許可
    特許権
補遺1 練習問題の模範解答 176
補遺2 「生物医学系雑誌への統一投稿規定 : 生物医学系のジャーナルから論文をパブリッシュするには、どう書き、そしてどう編集したらよいだろうか」からの抜粋 186
訳者あとがき 200
主要参考文献 203
索引 207
1章 書く前に 1
   サーチとリサーチ 2
    先行研究をしらみつぶしにレビューする
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼