close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ビバマンボ, 小野夏子著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.7  158p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1645
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 4
付属DVD-ROMの動作するパソコン環境 8
第1章 星の一生 9
   星の誕生 12
   生まれてきた若い星たち 14
   いろいろな星と恒星の進化 20
   老いた星 24
   惑星状星雲 26
   超新星残骸 34
   星の輪廻 38
   図解① 星形成領域の暗雲星雲 16
   図解② 惑星状星雲の構造 28
   図解③ ライトエコー 40
   コラム ヘルツシュブルング・ラッセル図 22
   コラム 天体の瞑想 32
   コラム ニュートリノがやってきた! 36
   コラム 星団と銀河、星の数はケタ違い 44
第2章 銀河の世界 47
   渦巻銀河Ⅰ 50
   渦巻銀河Ⅱ 52
   渦巻銀河Ⅲ 54
   棒渦巻銀河 56
   レンズ状銀河 62
   楕円銀河 64
   不規則銀河 66
   銀河の相互作用Ⅰ 70
   銀河の相互作用Ⅱ 72
   銀河の相互作用Ⅲ 74
   特異銀河 76
   深宇宙 84
   図解④ 渦巻銀河の構造 58
   図解⑤ 銀河の相互作用 80
   図解⑥ 重力レンズのしくみ 88
   コラム ハッブルの音叉図 68
   コラム 銀河の衝突と相互作用 78
   コラム 重力レンズが見せる銀河の姿 86
   コラム ダークマターを重力レンズで探る 92
第3章 太陽系 95
 月と太陽光 98
   金星●輝く明星 100
   火星●赤い大地の惑星 102
   火星●表面を覆う砂嵐 104
   木星●巨大ガスの惑星 106
   木星●大赤斑の変化 108
   土星●最も美しい環 112
   天王星と海王星●氷の惑星 116
   冥王星/太陽系外縁天体 118
   彗星と小惑星 120
   コラム 太陽系の大事件! 110
   コラム 木星・土星のオーロラ 114
   コラム 太陽系外惑星 122
付録 天体望遠鏡の歴史 125
付属DVD-ROMの使い方 133
参考文献 155
さくいん 156
はじめに 4
付属DVD-ROMの動作するパソコン環境 8
第1章 星の一生 9
2.

図書

図書
所眞理雄, 由利伸子著
出版情報: 東京 : 日経BP社 , 東京 : 日経BP出版センター (発売), 2009.6  261p ; 19cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
日本沙漠学会編
出版情報: 東京 : 丸善, 2009.7  ix, 256p ; 27cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
白井暁彦 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : オーム社, 2009.7  xii, 386p ; 24cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
奥谷喬司著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.8  248, viip ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1650
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
初版はしがき 5
新装版序 8
第1章 イカと日本人 13
第2章 イカの設計図 31
第3章 イカの超能力 63
第4章 イカの愛と性 123
第5章 イカの暮らし 157
第6章 イカの過去・現在・未来 197
参考文献 234
付章1 日本イカ学の系譜 237
付章2 イカの分類表 242
索引 巻末
初版はしがき 5
新装版序 8
第1章 イカと日本人 13
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
editors, Koichiro Tanaka ... [et al.]
出版情報: Bristol : IOP Pub., c2009  1 v. (various pagings) ; 30 cm
シリーズ名: Journal of Physics : conference series ; 148
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
PREFACE 011001
WELCOME ADDRESS 011002
Multi-phonon dynamics of the ultra-fast photoinduced transition of (EDO-TTF)2SbF6 012001
   Maciej Lorenc, Nicolas Moisan, Marina Servol, Herve Cailleau, Shin-ya Koshihara, Mitsuhiko Maesato, Xiangfeng Shao, Yoshiaki Nakano, Hideki Yamochi, Gunzi Saito and Eric Collet
Anomalous photo-induced response by double-pulse excitation in the organic conductor (EDO-TTF)2PF6 012002
   Ken Onda, Sho Ogihara, Tadahiko Ishikawa, Yoichi Okimoto, Xiangfeng Shao, Yoshiaki Nakano, Hideki Yamochi, Gunzi Saito and Shin-ya Koshihara
Probing the photoinduced phase transition in (C2H5)2(CH3)2Sb[Pd(dmit)2]2 012003
   N Fukazawa, T Ishikawa, R Nakajima, Y Matsubara, M Kitayama, S Koshihara, Y Okimoto, K Onda, M Lorenc, E Collet, M Tamura and R Kato
Control of metal-insulator transition in (EDO-TTF)2SbF6 012004
   Mitsuhiko Maesato, Yoshiaki Nakano, Xiangfeng Shao, Yukihiro Yoshida, Hideki Yamochi, Gunzi Saito, Alain Moreac, Jean-Claude Ameline, Eric Collet, Mikio Uruichi and Kyuya Yakushi
Photogenerated polaronic state in a one-dimensional dimerized Mott insulator K-TCNQ 012005
   Nobuya Maeshima, Kenji Yonemitsu and Ken-ichi Hino
Effects of spin fluctuations, charge fluctuations and lattice distortions on charge orders in θ- and α-type BEDT-TTF salts 012006
   Satoshi Miyashita and Kenji Yonemitsu
Anion size and isotope effects in (EDO-TTF)2XF6 012007
   Yoshiaki Nakano, Hideki Yamochi, Gunzi Saito, Mikio Uruichi and Kyuya Yakushi
Excitation photon energy dependence of photo-induced phase transition in (EDO-TTF)2PF6 012008
   S Ogihara, K Onda, M Shimizu, T Ishikawa, Y Okimoto, X F Shao, Y Nakano, H Yamochi, G Saito and S Koshihara
Memory effect of photoinduced conductivity switching controlled by pulsed voltages in a molecular conductor 012009
   Toshifumi Iimori, Toshio Naito and Nobuhiro Ohta
DFT calculations for the high-temperature structure of (EDO-TTF)2PF6: Identification of an electronic molecular dimer 012010
   Kaoru Iwano and Yukihiro Shimoi
Ultrafast optical responses in one-dimensional Mott insulators of halogen-bridged Ni compounds 012011
   S Tao, T Miyagoe, H Matsuzaki, H Ohtsu, M Hasegawa, S Takaishi, M Yamashita and H Okamoto
Ultrafast photoinduced melting of spin-Peierls phase in potassium-tetracyanoquinodimethane 012012
   H Uemura, H Matsuzaki and H Okamoto
Time-resolved studies of phase transition dynamics in strongly correlated manganites 012013
   M Rini, R Tobey, N Dean, S Wall, H Ehrke, Y Zhu, Y Tomioka, Y Tokura, R W Schoenlein and A Cavalleri
Bidirectional and persistent photoinduced phase change in manganite thin films 012014
   Kenjiro Miyano
Ultrafast polarization and magnetization dynamics in a multiferroic GaFeO3 012015
   M Matsubara, Y Kaneko, J P He, H Okamoto and Y Tokura
Photoinduced cooperative phenomena in ferroelectric layered perovskites Pb2Bi4Ti5O18 studied by high resolution Raman scattering 012016
   Masaki Takesada, Ayaka Ueki and Akira Onodera
Photo-induced changes in charge-ordered state of Ti4O7 012017
   M Watanabe, M Miyahara and K Tanaka
Probing strongly correlated electron dynamics on extreme timescales 012018
   Simon Wall, Henri Ehrke, Dario Polli, Daniele Brida, Yoshinori Tokura, Hiroshi Okamoto, Giulio Cerullo and Andrea Cavalleri
Photoinduced insulator-metal transition in Pr0.5Ca0.5CoO3 as studied by femtosecond spectroscopy 012019
   Yoichi Okimoto, Xianzhou Peng, Mieko Tamura, Takaaki Morita, Ken Onda, Tadahiko Ishikawa, Shin-ya Koshihara, Naoyuki Todoroki, Toru Kyomen and Mitsuru Itoh
100ps time-resolved X-ray diffraction study on Nd0.5Sr0.5MnO3 thin film 012020
   Hirohiko Ichikawa, Shunsuke Nozawa, Tokushi Sato, Ayana Tomita, Kouhei Ichiyanagi, Matthieu Chollet, Laurent Guerin, Shin-ichi Adachi, Kenjiro Miyano and Shin-ya Koshihara
Excitation wavelength dependence of photoinduced phase transition in polycrystalline AgI at room temperature 012021
   Rahima Khaton, Toshifumi Iimori and Nobuhiro Ohta
Laser-induced phase transition of Ti4O7 single crystal 012022
   Chihiro Itoh and Wataru Katsube
Photo-induced magnetic solitons and the slow relaxation mechanism in diluted magnetic semiconductors 012023
   Ikuzo Kanazawa
Observation of coherent phonons in Ca-doped SrTiO3: Doping-induced ferroelectric phase transition and ultraviolet-illumination effect 012024
   Y Koyama, T Moriyasu, H Okamura, Y Yamada, K Tanaka and T Kohmoto
Effect of UV light irradiation in SnO2 thin film 012025
   Naoko Takubo, Yuji Muraoka and Zenji Hiroi
Complete temperature study of the relaxation from HS to LS state in the mixed [FexZn1-x(Phen)2(NCS)2] systems (with x = 1, 0.73, 0.5, 0.32, 0.19 and 0.04) 012026
   Cherif Balde, Cedric Desplanches, Olivier Nguyen, Jean-Francois Letard and Eric Freysz
New type of ordering process with volume change of molecules in the spin-crossover transition, and its new aspects of dynamical processes 012027
   Seiji Miyashita, Masamichi Nishino, Yusuke Konishi, Hiroko Tokoro, Kamel Boukheddaden, Francois Varret and Per Arne Rikvold
Photoinduced dynamics of prussian blue type cyanide 012028
   Y Moritomo, T Nakagawa, Y Fukuyama, N Yasuda, H Oosawa, J E Kim, H Kamioka, K Kato, Y Tanaka, S Kimura, F Nakada, S Ohkoshi, H Tanaka and M Takata
Spin crossover and LIESST effect of new iron(II) complexes with imidazole containing ligands 012029
   Naohide Matsumoto, Tetsuya Sato, Shingo Hashimoto, Masaaki Kojima and Seiichiro Iijima
Temperature dependence of photoinduced valence changes in rubidium manganese hexacyanoferrate probed by Raman spectroscopy 012030
   R Fukaya, M Nakajima, H Tokoro, S Ohkoshi and T Suemoto
Transient photo-induced phenomena in vacancy-controlled Co-Fe cyanides 012031
   H Kamioka, F Nakada, K Igarashi and Y Moritomo
First observation of soft x-ray induced phase transition of RbMn[Fe(CN)6] studied by Fe L-edge x-ray absorption spectroscopy 012032
   Yoshinori Kitajima, Kotaro Ishiji, Tomoyuki Matsuda, Hiroko Tokoro, Shin-ichi Ohkoshi and Toshiaki Iwazumi
The light-induced spin transition of tetranuclear spin crossover complex [Fe4(CN)4(bpy)4(tpa)2](PF6)4 012033
   T Nishihara, M Nihei, H Oshio and K Tanaka
Dynamical property of nucleation in spin crossover depending on the system boundary 012034
   Masamichi Nishino, Kamel Boukheddaden, Seiji Miyashita and Francois Varret
100-picosecond time-resolved X-ray absorption fine structure of FeII(1,10-phenanthroline)3 012035
   Tokushi Sato, Shunsuke Nozawa, Kouhei Ichiyanagi, Ayana Tomita, Hirohiko Ichikawa, Matthieu Chollet, Hiroshi Fujii, Shin-ichi Adachi and Shin-ya Koshihara
Light-induced phase separation (LIPS) in [Fe(ptz)6](BF4)2 spin-crossover single crystals: Experimental data revisited through optical microscope investigation 012036
   Francois Varret, Christian Chong, Antoine Goujon and Kamel Boukheddaden
Dynamic investigations of multiferroics: Terahertz and beyond 012037
   D Talbayev, A D LaForge, N Hur, T Kimura, S A Trugman, A V Balatsky, D N Basov, A J Taylor and R D Averitt
Electrically driven spin excitation at THz frequencies in bc and ab spiral spin phases of perovskite manganites 012038
   N Kida, Y Yamasaki, J P He, Y Kaneko, Y Ikebe, Y Takahashi, R Shimano, T Arima, N Nagaosa and Y Tokura
Ultrafast THz response of photo-induced insulator to metal transition in charge ordered organic conductor α-(BEDT-TTF)2I3 012039
   H Nakaya, Y Takahashi, S Iwai, K Yamamoto, K Yakushi and S Saito
Coherent THz wave induced excitation in superionic conductors 012040
   T Awano and T Takahashi
Broken symmetries and photoexcitation of 1T-TaS2 012041
   Luca Perfetti, Uwe Bovensiepen and Martin Wolf
Time and angle resolved photoemission spectroscopy using femtosecond visible and high-harmonic light 012042
   S Mathias, M Wiesenmayer, F Deicke, A Ruffing, L Miaja-Avila, M M Murnane, H C Kapteyn, M Bauer and M Aeschlimann
Probing reaction dynamics of transition-metal complexes in solution via time-resolved X-ray spectroscopy 012043
   Nils Huse, Munira Khalil, Tae Kyu Kim, Amanda L Smeigh, Lindsey Jamula, James K McCusker and Robert W Schoenlein
Pulsed synchrotron x-ray as a tool for providing molecular movies at 100-picosecond temporal and sub-nanometer spatial resolution 012044
   S Adachi, S Nozawa, K Ichiyanagi, H Ichikawa, M Chollet, L Guerin, R Tazaki, T Sato, A Tomita, H Sawa, T Arima, H Kawata and S Koshihara
Optically induced spin disorder in YVO3 012045
   D A Mazurenko, A A Nugroho, T T M Palstra and P H M van Loosdrecht
Observation of X-ray-induced phase transition phenomenon of cesium manganese hexacyanoferrate 012046
   K Ishiji, M Deguchi, N Nakajima, T Matsuda, H Tokoro, S Ohkoshi and T Iwazumi
Photo-induced charge-orbital switching in transition-metal compounds probed by photoemission spectroscopy 012047
   K Takubo, T Mizokawa, N Takubo, K Miyano, N Matsumoto and S Nagata
Formation of ordered structures of exciton condensed phases in quantum wells 012048
   V Sugakov
Bose-Einstein condensation of dipolar excitons in quantum wells 012049
   V B Timofeev and A V Gorbunov
Exciton Mott transition and pair condensation in the electron-hole system 012050
   Takuma Ohashi, Tomoya Ueda, Kenichi Asano and Tetsuo Ogawa
Formation control of electron-hole droplets in diamond by a weak pulse injection 012051
   J Omachi, N Naka, K Yoshioka and M Kuwata-Gonokami
Exciton Mott transition in electron-hole systems: Dynamical mean-field theory for the continuous-space model 012052
   Tomoya Ueda, Takuma Ohashi, Kenichi Asano and Tetsuo Ogawa
Multi-excitonic effects on optical spectra of semiconducting carbon nanotubes 012053
   Kouta Watanabe, Kenichi Asano and Tetsuo Ogawa
Photoinduced melting and charge order in quarter-filled organic conductors: Itinerant electron systems with competing interactions 012054
   Kenji Yonemitsu, Nobuya Maeshima, Yasuhiro Tanaka and Satoshi Miyashita
Dynamics of photoinduced insulator-metal transition in one-dimensional Mott insulators 012055
   Akira Takahashi
Photo-induced phenomena in correlated electron system with multi-degree of freedom 012056
   S Ishihara, Y Kanamori and H Matsueda
Theoretical study on the coherent nonlinear dynamics of photoinduced structural change 012057
   Kunio Ishida and Keiichiro Nasu
Photoinduced insulator-metal transition and nonlinear optical response of correlated electrons - a DMFT analysis 012058
   N Tsuji, T Oka and H Aoki
Density functional study of a photo-induced phase in graphite 012059
   H Ohnishi and K Nasu
Transient spectra of photo-excited states in double exchange model 012060
   Yu Kanamori, Hiroaki Matsueda and Sumio Ishihara
Photo-induced Hall Effect in graphene - effect of boundary types 012061
   Takashi Oka and Hideo Aoki
Disorder effects on relaxation of photoinduced metallic phase in one-dimensional Mott insulators 012062
   Mami Segawa, Akira Takahashi and Masaki Aihara
Photoinduced melting of charge order in quasi-two-dimensional organic conductors 012063
   Yasuhiro Tanaka and Kenji Yonemitsu
Early history and theoretical problems of photo-induced structural phase transitions 012064
   Keiichiro Nasu
Emergence of exotic spatio-temporal structure under photon flux 012065
   K Yoshikawa
The future of photo-induced phase transition (PIPT) - How fast and slow it can be changed? 012066
   A Tomita, S Koshihara, S Adachi, J Itatani, K Onda, S Ogihara, Y Nakano and H Yamochi
Laser-induced microscopic phase-transition on an ionic liquid 012067
   Natsuki Iguchi, Alokmay Datta, Kenichi Yoshikawa and Yue Ma
PREFACE 011001
WELCOME ADDRESS 011002
Multi-phonon dynamics of the ultra-fast photoinduced transition of (EDO-TTF)2SbF6 012001
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
向殿政男 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 研成社, 2009.8  281p ; 19cm
シリーズ名: 安全学入門 ; [1]
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき 1
I部 安全学の基礎 15
 1章 安全学とは 17
   1.1 安全学について 17
    (1) 安全を取り巻く状況 17
    (2) 安全の文化 20
    (3) 安全の定義 22
    (4) 安全目標 29
   1.2 安全の構造 36
   1.3 安全を守る仕組み 39
   1.4 安全と人間 43
   1.5 安全学の提案 46
 2章 リスクアセスメント 51
   2.1 リスクアセスメントとは 51
    (1) 使用条件および予見可能な誤使用の明確化 53
    (3) 危険源の同定 55
    (3) リスクの見積りと評価 57
    (4) 許容可能なリスクの判定 63
   2.2 リスク低減方策 64
    (1) 三ステップメソッド 64
    (2) 本質的安全設計と安全装置 66
   2.3 フェールセーフと安全確認型 69
    (1) フェールセーフとフォールトトレランスシステム 69
    (2) 安全確認型に基づくフェールセーフな安全装置 73
   コラム ハイボールの原理 76
 3章 リスクコミュニケーション 79
   3.1 リスクコミュニケーションとは 79
   3.2 リスクコミュニケーションの必要性の増大 80
    (1) 化学物質安全性の領域 81
    (2) 食品安全の領域 83
   3.3 リスクコミュニケーションの実際 85
    (1) 事前準備 86
    (2) リスクコミュニケーションの実施 94
    (3) 評価と改善 94
   3.4 リスクコミュニケーションとマスメディア 96
   3.5 リスクの認知 97
   3.6 リスクの比較 100
   3.7 リスクコミュニケーションの問題点と今後の方向 102
II部 くらしのなかのリスク 103
 4章 生活のなかの不安 105
   4.1 安全・安心・不安に関する共通認識の保持と合意形成の確立の意義 105
   4.2 国民が望む「真に豊かで快適な生活」とはなにか? 107
    (1) 真に豊かで快適な国民生活を実現するために 107
    (2) 現状で「悪い方向に向かっている」と思われること 108
    (3) 今後政府に率先して取り組んで欲しい政策 109
   4.3 日常生活のなかでの悩み・不安 109
    (1) 日常生活のなかでの悩みや不安について 110
    (2) 健康・病気に対する不安 110
   4.4 病気による死亡 118
    (1) 死亡者に占める病死者の推移 119
    (2) 病名別死亡者数の推移 119
    (3) 一定傾向にある病名 121
    (4) 減少傾向にある病名 121
    (5) 特異な傾向を示す病名 121
   4.5 不慮の事故による死亡 122
    (1) 不慮の事故 122
    (2) 交通事故 123
    (3) 家庭内事故 124
   4.6 その他の事故死 125
   4.7 安全基本法の早急な制定を望む 128
 5章 製品安全と誤使用の防止 130
   5.1 使用と製品安全 130
   5.2 欠陥製品を出した企業の責任 134
   5.3 欠陥の種類 135
   5.4 安全な製品を設計するために 137
    (1) 通常の使用の定義 138
    (2) 事故の予見とリスク評価 140
    (3) 設計によるリスクの低減 143
    (4) 残留リスクの伝達 149
    (5) 経過観察 151
   5.5 製品安全はどこまですればよいか 152
   5.6 使用者の責任 153
 6章 社会の安全・安心 155
   6.1 はじめに 155
   6.2 安全・安心をめぐる社会状況の変化 156
    (1) 未来社会のイメージの変化 156
    (2) 安全・安心を脅かす問題の幅広さ 157
    (3) 従来の日本社会の状況 159
    (4) 安全・安心をめぐる状況の変化 160
   6.3 犯罪発生の増減と犯罪不安 161
    (1) 犯罪問題に関するモラル・パニック 161
    (2) 犯罪発生の増減と発生率の実態 162
    (3) 犯罪不安の形成要因 165
   6.4 犯罪の実態に即した住宅侵入対策 167
    (1) 住宅侵入盗の減少とピッキング防止法 167
    (2) 建物部品や住宅に関する防犯性能表示制度 169
    (3) 防犯環境設計とそれを支える理論 171
    (4) 被害の実態に基づくリスクの測定 174
   6.5 子どもの安全を確保するまちづくり 176
    (1) 子どもの犯罪被害と犯罪不安 176
    (2) 下校時間帯に子どもを見守る人の不在 177
    (3) 地域安全マップづくりを起点にしたまちづくり 179
   6.6 まとめ 181
III部 事例にまなぶ安全・安心 183
 7章 機械システム 185
   7.1 六本木ヒルズ回転ドア 185
    (1) 事故の経緯 185
    (2) 事故の原因と再発防止対策に関する考察 188
   7.2 JR福知山線脱線事故 190
    (1) 事故の経緯 190
    (2) 事故の原因と再発防止対策に関する考察 192
   7.3 市営プール吸排水吸い込まれ事故 195
    (1) 事故の経緯 195
    (2) 事故の原因と再発防止対策に関する考察 197
 8章 災害と建築 200
   8.1 災害多発国日本 200
    (1) 日本国土の土地条件 201
   8.2 建物の安全性 204
    (1) 建物の安全性に関する考え方と災害安全性に関する各種法規制 204
   8.3 地震災害 206
    (1) 被害状況 206
    (2) 地震対策 207
   8.4 その他の災害 210
    (1) 気象災害 210
    (2) 火山災害 212
   8.5 火災 213
    (1) 被害状況 214
    (2) 建物の防火対策 216
   8.6 災害対策基本法の概要 218
    (1) 法の目的および災害、防災の定義 218
    (2) 防災に関する組織 219
    (3) 防災計画 219
    (4) 災害予防 220
   8.7 災害に対する建築安全・リスク回避の考え方 220
    (1) 災害に対する建築安全の考え方 220
    (2) リスク回避の考え方 221
    (3) リスク回避のための費用対効果 221
 9章 生態系の安全 223
   9.1 生態系と私たちのくらし 223
   9.2 生態系の構造と機能 225
   9.3 生態系としての人体 228
   9.4 生態系サービス 229
   9.5 遺伝子組み換え生物 233
   9.6 外来生物の問題 236
   9.7 株式投資と生態系のアナロジー 238
   9.8 コモンズの悲劇と生態系 239
   9.9 グローバリゼーションと生態系 240
   9.10 スローライフでいこう 242
 10章 食品の安全 244
   10.1 食品安全基本法 244
   10.2 食糧安全保障 247
    (1) カロリーベース総合食糧自給率 247
    (2) 生産額ベース総合食糧自給率 248
    (3) 重量ベース自給率 248
   10.3 農薬の安全性 249
    (1) 農薬の有用性 249
    (2) 農薬の安全性評価 251
   10.4 食品添加物の安全性 252
   10.5 遺伝子組み換え作物(GMO)の安全性 255
    (1) 遺伝子組み換え作物の栽培状況 256
    (2) 遺伝子組み換え作物の安全性評価 257
 11章 化学物質の安全 259
   11.1 化学物質の有用性 260
    (1) 化学物質とは 260
    (2) 化学物質の用途と有用性 260
   11.2 化学物質の人の健康および環境への有害性 262
   11.3 化学物質のリスクと管理の現状 266
    (1) 化学物質のリスクと管理の必要性 266
    (2) 化学物質のリスク評価方法 267
   11.4 わが国の化学物質管理の現状 271
    (1) 化学物質の審査及び製造等の規制の関する法律 271
    (2) 特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律 274
参考文献・資料・注など 276
まえがき 1
I部 安全学の基礎 15
 1章 安全学とは 17
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
笠井憲雪, 吉川泰弘, 安居院高志編
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2009.4  vi, 219p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 実験動物学序説 1
   1.1,実験動物学の定義 安居院高志 1
    a,実験動物学とは 1
    b,実験動物学の歴史 1
    c,動物実験の妥当性 2
    d,実験動物学の展望 4
   1.2,動物実験の倫理と法規・指針 笠井憲雪 5
    a,適正な動物実験 5
    b,動物実験に関する法規と指針 6
2. 比較遺伝学 8
   2.1 遺伝の基礎知識 庫本高志 8
    a,遺伝子,染色体,ゲノム,形質 8
    b,メンデルの遺伝の法則 9
    c,メンデルの法則の拡張 10
    d,質的形質の遺伝解析 12
    e,量的形質の遺伝解析 13
    f,集団遺伝学の基礎 14
   2.2 ヒトと実験動物の遺伝的相同性 芹川忠夫 17
    a,ヒトと実験動物のゲノム 17
    b,ヒトと実験動物の比較ゲノム地図 18
    c,ヒトと実験動物の遺伝病 20
    d,バイオインフォマティクス 21
3. 実験動物育種学 安居院高志 23
   3.1 種,品種,系統 23
    a,種 23
    b,品種 23
    c,系統 23
    d,各種系統の命名法 24
   3.2 育種の原理 25
    a,交配方法と遺伝子組成の変化 25
    b,選抜,淘汰 26
    c,検定 27
   3.3 育種の方法 28
    a,遺伝的変位ならびに特性の開発28
    b,遺伝的複合31
   3.4 遺伝的特性の維持とその確認 32
    a,系統維持と生産 32
    b,遺伝的特性の確認 34
4. 実験動物繁殖学 斎藤徹 38
   4.1 繁殖学の基礎 38
    a,生殖器 39
    b,卵子と精子 41
    c,性成熟と性周期 42
    d,性行動 45
    e,受精と着床 45
    f,妊娠と分娩 47
    g,哺育と離乳 49
   4.2 生産と供給 51
    a,交配 51
    b,出産 53
    c,育成 54
    d,輸送 54
5. 実験動物飼育管理学 56
   5.1 環境因子 篠田元扶 56
   5.2 環境エンリッチメント 篠田元扶 57
   5.3 ストレス反応 篠田元扶 57
   5.4 環境因子の生体への影響と環境基準 篠田元扶 58
    a,気候的因子 58
    b,物理・化学的因子 59
    c,栄養因子 62
    d,生物的因子 62
    e,住居的因子 64
   5.5 実験動物施設 大和田一雄 65
    a,実験動物施設の分類 65
    b,実験動物施設の構成と作業動線 66
    c,飼育室各部の一般構造と材質 67
    d,アニマルスイート 68
    e,空気調和設備 68
    f,空調方式 68
    g.ボイラーおよび冷凍機 70
   5.6 実験動物施設の人事管理大和田一雄 70
    a,適正な人事配置 70
    b,職員の健康管理 71
   5.7 施設への実験動物の導入大和田一雄 71
6. 実験動物疾病学 73
   6.1 環境因子としての微生物因子 石原智明 73
    a,常在微生物菌叢 73
    b,無菌動物と通常動物の違い 73
    c,レトロウイルスと内在性ウイルス 74
   6.2 実験動物の感染症とその制御 石原智明 75
    a,実験動物の感染病による被害 75
    b,実験動物の感染症コントロール 76
    c,感染病の検査・同定 78
    d,滅菌消毒法 79
   6.3 おもな感染症 80
    a,実験動物の感染症 80
     1)細菌病(川本英一) 80
     2)ウイルス感染症(有川二郎) 87
     3)寄生虫病(岡本宗裕) 92
    b,人獣共通感染症(有川二郎) 94
   6.4 動物実験におけるバイオハザード 久和茂 97
7. 比較実験動物学 101
   7.1 実験動物からヒトへの外挿 笠井憲雪 101
    a,外挿に及ぼす要因としての環境 101
    b,生理学的性状における動物種差と外挿法 102
    c,疾患モデル動物とヒト疾患の種差 104
   7.2 器官の形態・機能にみられる動物種差 木村透 105
    a,骨格 105
    b,歯式 106
    c,脳 109
    d,胃腸 111
    e,肝臓 113
    f,肺 113
    g,心臓 115
    h,血管 116
    i,血液 118
    j,尿 118
    k,リンパ系 118
    l,乳腺 121
    m,子宮 123
    n,雄性生殖器 123
   7.3 各種実験動物の特性(実験動物の種と系統) 猪股智夫 126
    a,動物の選択 126
    b,マウス 126
    c,ラット 132
    d,ハムスター 135
    e,スナネズミ 136
    f,マストミス 137
    g,モルモット 137
    h,ウサギ 139
    i,スンクス 141
    j,イヌ 142
    k,その他の食肉類 143
    1,ブタ 145
    m,ヤギ 146
    n,ヒツジ 147
    o,サル 147
    p,鳥類 151
    q,両生類 152
    r,魚類 153
    s,無脊椎動物 155
8. モデル動物学 佐々木宣哉 157
   8.1 モデル動物の分類 157
    a,実験的発症モデル動物 158
    b,自然発症モデル動物 158
    c,人為的突然変異モデル動物 158
    d,遺伝子改変により作製されたモデル動物 159
   8.2 疾患モデル動物 158
   8.3 モデル動物の表現型と遺伝子変異の対応づけ 159
   8.4 モデル動物の育種・系統維持 160
   8.5 おもな疾患モデル動物 161
    a,糖尿病モデル動物 161
    b,腎疾患モデル動物 162
    c,高脂血症・動脈硬化のモデル動物 163
    d,高血圧のモデル動物 164
    e,臓器・組織移植モデル動物 165
    f,ヒト肝細胞キメラマウス 165
    g,虚血性疾患モデル動物 166
    h,アルツハイマー型認知症病モデル動物 166
    i,パーキンソン病モデル動物 167
    j,プリオン病モデル動物 167
9. 発生工学 三好一郎 168
   9.1 発生工学とは 168
   9.2 発生工学の歴史 168
   9.3 発生工学技術の基本 169
    a,採卵 169
    b,体外培養 170
    c,偽妊娠動物の作製と胚移植 170
    d,体外受精 171
    e,顕微授精 171
    f,受精卵および配偶子の凍結保存 172
    g,卵巣移植 172
    h,核移植およびクローン化 172
    i,キメラマウスの作製 173
   9.4 遺伝子組換え動物 173
    a,遺伝子組換えマウス 173
    b,トランスジェニック(遺伝子導入)マウス 174
    c,標的遺伝子組換え(ジーンターゲッティング,遺伝子標的導入,標的組換え)マウス 174
   9.5 トランスジェニックマウスの作製 174
    a,導入遺伝子(トランスジーン) 174
    b,マイクロインジェクション法 175
    c,ウイルスベクターを用いる方法 175
    d,ES細胞を用いる方法 175
    e,精子をベクターとして用いる方法 175
    f,導入遺伝子の解析 175
   9.6 トランスジェニック動物作製の問題点 175
   9.7 標的遺伝子組換えマウスの作製 175
    a,ES細胞を用いた相同遺伝子組換え 175
    b,生殖キメラマウスの作製 177
    c,遺伝子導入や相同遺伝子組換えのためベクター 177
   9.8 遺伝子組換え動物による疾患モデルの開発 179
    a,TRECK(toxin receptor-mediated cell knockout)法 179
    b,細胞標識動物 179
    c,遺伝子トラップと遺伝子ターゲティング 179
    d,Sleeping Beauty(SB)トランスポゾンによる生体内での遺伝子変異導入 181
   9.9 遺伝子組換え動物の命名法 181
10. 動物実験技術 182
   10.1 基本手技 黒澤努 182
    a,保定 182
    b,個体識別 182
    c,試料投与 183
    d,試料採取 183
   10.2 麻酔と安楽死 黒澤努 184
    a,麻酔 184
    b,安楽死 195
   10.3 各種動物実験 高橋英機 196
    a,薬理試験 196
    b,薬物動態試験 197
    c,毒性試験 197
    d,遺伝子組換えマウスを用いた行動試験 198
   10.4 動物実験の計画と成績評価法 笠井憲雪 199
    a,動物実験を計画するに当たって考慮すべきこと 199
    b,実験成績の統計的評価法 199
11. 動物実験代替法 黒澤努 201
   11.1 動物実験代替法の概念 201
    a,動物実験の歴史 201
    b,動物実験への批判 202
    c,動物愛護運動 202
    d,動物実験反対運動 203
    e,実験動物福祉の考え方の発展 203
    f,動物実験代替法の発展 204
   11.2 代替法移行への諸問題 205
    a,動物実験代替法の開発 205
    b,代替法の限界と進展 209
   11.3 動物実験代替法の実際 205
    a,動物実験代替法のバリデーション 209
    b,安全性試験における動物実験代替法 209
    c,動物実験代替法の現実問題 210
索引 212
1. 実験動物学序説 1
   1.1,実験動物学の定義 安居院高志 1
    a,実験動物学とは 1
9.

図書

図書
市瀬史著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.4  213p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1634
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
池上正人 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2009.5  vi, 196p ; 21cm
所蔵情報: loading…
11.

図書

図書
稲田祐二[著]
出版情報: 東京 : 平河工業社, 2009.2  162p ; 19cm
所蔵情報: loading…
12.

図書

図書
木下タロウ [ほか] 編集
出版情報: 東京 : 共立出版, 2009.6  1冊(p890-1132) ; 28cm
シリーズ名: 蛋白質核酸酵素 ; 2009年6月号増刊 vol.54 no.8 (通巻756号)
所蔵情報: loading…
13.

図書

図書
竹内健蔵, 中条潮編著 ; 堺屋太一 [ほか述]
出版情報: 東京 : NTT出版, 2009.4  x, 299p ; 20cm
所蔵情報: loading…
14.

図書

図書
五輪教一著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.6  201p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1640
所蔵情報: loading…
15.

図書

図書
たくきよしみつ著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.6  174p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1641
所蔵情報: loading…
16.

図書

図書
礒田正美, 田中秀典編著
出版情報: 東京 : 明治図書出版, 2009.2  151p ; 22cm
所蔵情報: loading…
17.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
若田光一著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.2  258p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1628
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 宇宙ステーションは「ミニ地球」 11
   国際宇宙ステーションはどこを飛ぶ?
   地上とまったく異なる世界
   国際宇宙ステーションの歩み
   「きぼう」日本実験棟
   国際協力プロジェクト
   国際宇宙ステーションの運用
   宇宙に人を運ぶ2つの乗り物
   使い捨てか、再利用か
   非常に狭いソユーズ宇宙船
   使えるものは壊さないロシア、壊しては新しくするNASA
第2章 国際宇宙ステーションで何をする? 53
   多目的施設 国際宇宙ステーション
   3期に分けた「きぼう」利用
   材料科学-高品質材料の生産に貢献
   生命科学実験
   宇宙医学分野
   多目的利用
   材料実験は宇宙飛行士が寝ている時間に
   宇宙飛行士と地上の役割分担
   宇宙実験成功の鍵は手順書にあり
   実験のモニター
   ISSのリソース割り当て
第3章 長期滞在-「宇宙に暮らす時代」が始まる 73
   酸素・二酸化炭素
   水は貴重品
   尿から飲料水を作る-NASAの生命維持システム
   ISSのトイレの詳細
   個室も追加
   宇宙食
   宇宙船で着る日常着
   快適性の問題
   ISSの一日
第4章 宇宙飛行士はどんな人たち?宇宙で何をする? 95
   宇宙飛行士のバックグラウンドは
   専門は関係する?
   月を目指すなら地質学
   パイロットからカメラマンまで-宇宙での仕事の種類
   ロボットアームとは
   日本実験棟「きぼう」ロボットアーム
   船外活動とは
   宇宙実験
   宇宙飛行士の役割分担 セグメンテッドオペレーション
   求められる協調性
   恐がりつつ、時には大胆に
第5章 宇宙飛行士に求められる能力-「運用のセンス」 119
   正確な状況把握
   仕事に優先度(プライオリティ)を付けること
   的確な作業の遂行
   優れたコミュニケーション能力
   運用のセンスの具体例
   トラブルを未然に防ぐチームの「運用のセンス」
第6章 宇宙飛行士の実際 143
   ISS訓練とスペースシャトル訓練の違い
   運用のセンスを鍛えるT‐38の訓練
   飛行中の全体像(ビッグピクチャー)の把握
   T‐38訓練の実際
   大事な計器から1秒以上目を離すな
   もぐらたたき-トラブルはすぐにたたけ
   ロボットアームの操作訓練
   大事なのは「クリアランス」、ぶつけないこと
   アーム操縦の役割分担
   STS‐92フライトでのアクシデント
   船外活動訓練
   手先だけに集中しない
   ロボットアーム担当教官として
   教官に求められること
   たかが語学、されど語学
第7章 グループで力を発揮するために 188
   探検隊行動規範訓練とは
   屋外NOLS訓練-2001年8月
   登山直前に発熱-全員で登るか、諦めるか
   誰と宇宙滞在をしたいか
   冬季NOLS訓練-2006年2月
   気象条件によりミッションの難易度が左右される冬山
   撤退か否かの判断
   NASA極限環境運用(NEEMO)訓練-2006年7月
   コマンダーとしての役割
   月・火星を想定した宇宙服の試験
   リーダーとして
第8章 宇宙飛行士の地上業務 214
   ユーザーとしての意見を宇宙船開発に
   コロンビア号事故後、飛行再開の条件となった検査用延長ブームの開発
   開発体制
   既にある技術の寄せ集め
   「よりよいもの」を求めるのは敵である
   開発の決め手となるクルーコンセンサスレポート
   「きぼう」ロボットアーム開発
   「きぼう」建設・保守作業のための船外活動手順開発
   有人宇宙システム開発の4つの柱
第9章 宇宙開発を日常に活かす 247
   技術立国日本として
   システム工学の重要性
   宇宙ステーションは「ミニ地球」
   世界の舞台で活躍するために
   人生は楽しく
   宇宙が与えてくれるもの
第1章 宇宙ステーションは「ミニ地球」 11
   国際宇宙ステーションはどこを飛ぶ?
   地上とまったく異なる世界
18.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日経サイエンス編集部編
出版情報: [東京] : 日経サイエンス , 東京 : 日本経済新聞出版社 (発売), 2009.2  159p ; 29cm
シリーズ名: 別冊日経サイエンス ; 164
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 2
CHAPTER 1 奥飛騨の地で
   地の底から見えたニュートリノ宇宙(戸塚洋二(協力)/中島林彦) 6
   素粒子論の標準モデルを超えて(戸塚洋二(協力)/中島林彦) 20
   崖っぷちからの再生(戸塚洋二(協力)/中島林彦) 34
   宇宙の真理を求めて(戸塚洋二(協力)/中島林彦) 50
   T2K実験始まる(中島林彦) 61
   未知未踏に光で挑む(晝馬輝夫(協力)/中島林彦) 64
   南極点の氷の中で宇宙ニュートリノを観測(中島林彦) 77
CHAPTER 2 歴史を書き換えた発見
   ニュートリノ天文学の誕生(佐藤勝彦) 80
   ニュートリノの質量の発見(E. カーンズ/梶田隆章/戸塚洋二) 86
   ついにとらえたタウニュートリノ(丹羽公雄) 98
   ついに解けた太陽ニュートリノの謎(A. B. マクドナルド/J. R. クライン/D. L. ウォーク) 108
CHAPTER 3 パイオニアたち
   ニュートリノ研究の原点にあった朝永先生の尽力(小柴昌俊) 122
   新たな伝統をつくる(戸塚洋二) 128
   太陽とベーテ博士(戸塚洋二) 141
   バコール博士の思い出(戸塚洋二) 142
   デイビス博士の思い出(戸塚洋二) 144
   かくて伝統はつくられた(中島林彦) 146
戸塚洋二の世界
   ニュートリノとは何か 12
   超新星爆発のエネルギー源 18
   ニュートリノサムライと呼ばれて 32
   奥飛騨の山歩き,木々の名前 45
   太陽が秘めていた謎 120
   奥飛騨に暮らして 137
あとがき 160
はじめに 2
CHAPTER 1 奥飛騨の地で
   地の底から見えたニュートリノ宇宙(戸塚洋二(協力)/中島林彦) 6
19.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
鍵本聡著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.2  185p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1629 . 計算力を強くする||ケイサンリョク オ ツヨクスル ; 完全ドリル
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 5
プロローグ-あなたの計算力チェック 11
第1章 かけ算,割り算 19
   5をかけること 20
   (偶数)×(5の倍数) 24
   4の倍数×25の倍数 24
   順序入れ替え 32
   12と15のかけ算 36
   10を超えたかけ算
   和差積 40
   十和一等 44
   十等一和 52
   スライド方式 56
   分数変換 60
   分数変換を用いたかけ箕 64
   2乗,3乗,主要な数の累乗 68
   2と5をたくさん含むかけ算 72
   5で割ること 76
   二重割り算 80
   二回割り算 84
   章末総合問題1 88
第2章 足し算,引き算 91
   等差数列の足し算 92
   等差数列を見抜く足し算 96
   グループ化 100
   おつりの勘定 104
   両替方式 108
   まんじゅう数え上げ方式 112
   章末総合問題2 116
第3章 倍数,あまり 117
   5で割ったあまりは? 118
   4で割ったあまりは? 122
   3で割ったあまりは? 126
   6で割ったあまりは? 134
   約数は? 138
   最大公約数は? 144
   2つの数の比は? 148
第4章 概算 153
   まんじゅう数え上げ方式の応用 154
   円周率を使う計算 158
   √の計算 162
   累乗の概算 166
第5章 穴埋め問題 171
   穴埋め問題 172
   【問題】穴埋め問題1(かけ算,割り算) 173
   【問題】穴埋め問題2(足し算,引き算) 175
   【問題】穴埋め問題3(分数,少数かけ算) 177
   【問題】穴埋め問題4(混合) 179
章末総合問題解答 184
はじめに 5
プロローグ-あなたの計算力チェック 11
第1章 かけ算,割り算 19
20.

図書

図書
米沢富美子著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2009.3  xiv, 188p ; 18cm
シリーズ名: 岩波ジュニア新書 ; 616
所蔵情報: loading…
21.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
京都大学霊長類研究所編著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.9  362, ixp ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1651
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 3
第1章 霊長類研究の夜明け 15
   1 霊長類の研究はいつごろ始まりましたか? 16
   2 霊長類の研究をすると、何がわかりますか? 18
   3 人間がサルから進化したって本当ですか? 20
第2章 進化と形態について 23
   4 チンパンジーやヒトに尻尾がないのはなぜ? 24
   5 人類はどこで起源したの? 26
   6 サルはこれから進化したらヒトになりますか? 30
   7 なぜチンパンジーはナックルウォーキングで、ヒトは直立二足歩行なのですか? 32
   8 ヒトの体には、なぜ毛が生えていない? 36
   9 サルも汗をかきますか? 40
   10 サルやチンパンジーは、ヒトと同じように手を器用に使える? 42
   11 霊長類の成長期間と寿命はどのくらいですか? 46
   12 霊長類が他の哺乳類から分かれたのはいつ頃? 50
   13 ヒト以外の霊長類は、なぜヨーロッパや北アメリカにいない? 55
   14 南米のサルはどこから来たの? 56
   15 霊長類は全部合わせて何種類くらいいますか? 59
   16 現在ニホンザルは何頭いる? 63
   17 霊長類は熱帯に多い動物なのに、雪が降る寒い地方でどうして冬を越せるの? 66
   18 サルにも思春期がありますか? 68
   19 オスとメスの顔や体の特徴の違いに、意味があるのでしょうか? 72
   20 サルを表す言葉は、世界でどう違う? 76
第3章 生活と社会 81
   21 サルは一日に何回食事をしますか? 82
   22 食べられるものと毒のあるものを、どうやって見分けるのでしょうか? 85
   23 トイレの場所は決まっていますか? 88
   24 サルは、母親が子育てするって決まっているのですか? 90
   25 どうやって寝ますか?巣を作るのですか? 93
   26 家族で生活する?群れでいると何がいい? 95
   27 ボスサルはどうやって決まるのでしょうか? 98
   28 サルにも、美女、美男がいるのですか? 101
   29 サルは森の中で迷いませんか? 104
   30 サルは文化を持っていますか? 106
   31 挨拶をしますか? 109
   32 弱いもの同士で同盟を結び、強い相手と戦うことがありますか? 111
   33 子殺しをするって本当ですか? 113
   34 縄張り争いをしますか?殺し合いもしますか? 116
   35 霊長類は肉食もしますか? 118
   36 毛づくろいにはどんな意味がありますか? 120
   37 サルは薬を使いますか? 122
   38 サルと他の動物の関係はどうなっているの? 126
第4章 人間とのかかわり 129
   39 畑を荒らすサルにはどう対応すればよいか? 130
   40 ヒト以外の霊長類が絶滅すると、人間にとって困ることはあるでしょうか? 132
   41 霊長類を守るために、一般の人に何ができるでしょうか? 135
   42 サルを食べる地域がありますか? 139
   43 ペットとしてサルを輸入できますか? 141
第5章 認知と思考 145
   44 数は数えられますか? 146
   45 ヒト以外の霊長類も道具を使いますか? 148
   46 サルは人と同じように考えますか? 150
   47 他の個体の「こころ」は読めますか? 152
   48 サルは泣いたり笑ったりしますか? 157
   49 どうやってお互いの意思を伝えますか?会話はできますか? 158
   50 サルにも「いじめ」はあるのですか? 162
   51 サルは鏡に自分が映っているのがわかりますか? 164
   52 ものまねができますか? 166
   53 色はヒトと同じように見えますか? 169
   54 三項関係は理解できますか? 171
   55 サルの視力はどれくらいですか? 174
   56 サルの聴力はどれくらいですか? 177
   57 知能はヒトの何歳ぐらいですか? 181
   58 ヒトのように「影」を手がかりにして物の形や動きを見ますか? 185
   59 サルもウソをつきますか? 189
   60 サルが怖がると、どのような反応が現れますか? 193
   61 サルはオスとメスをどう見分けるのでしょうか? 197
   62 霊長類はどのように顔を見分けていますか? 201
   63 脳がいちばん大きいのはヒトでしょうか? 205
   64 ヒトは早産って本当ですか? 211
   65 サルの脳とヒトの脳はどこが違いますか? 213
   66 サルにも白目はありますか? 217
   67 サルにも利き手はありますか? 220
   68 サルにはリズム感覚がありますか? 224
   69 テナガザルが大きな声で鳴くのはなぜですか? 227
第6章 生理と病気 231
   70 メタボ(肥満)のサルはいますか? 232
   71 サルにもストレスはありますか? 235
   72 サルにも花粉症はあるの? 238
   73 サルにも更年期はありますか? 244
   74 サルや類人猿からヒトに、ヒトからサルや類人猿に感染する病気はある? 247
   75 サルのBウィルスって何? 250
   76 エイズはサル起源なのですか? 255
   77 サルはアルツハイマー病になりますか? 258
   78 サルもパーキンソン病になりますか? 262
   79 サルの体に麻痛が起きても治りますか? 265
   80 霊長類の脳の発達にはどのような特徴がありますか? 269
   81 サルが運動する時、ヒトと同じように脳がコントロールしているのですか? 273
   82 脳内物質はサルとヒトとで同じですか? 277
   83 種による睾丸の大きさの違いって意味がありますか? 282
   84 霊長類研究所の獣医師は、どんな仕事をしていますか? 285
第7章 遺伝とゲノム 289
   85 ゲノム、遺伝子、DNAについて最近新しくわかったことは? 290
   86 ゲノムプロジェクトつて何? 293
   87 ヒトやサルのゲノムレベルの特徴は? 296
   88 ミトコンドリアって何?それを利用して何がわかるの? 298
   89 種の違いを見分けるにはどうするの? 304
   90 チンパンジー、ゴリラ、オランウータンどれがヒトに最も近い? 309
   91 ヒトとサルの染色体はどう違うの? 313
   92 ヒトとチンパンジーの違いは何に由来するの? 318
   93 視覚・嗅覚はサルとヒトでどう違う? 322
   94 サルでもフェロモンは感じるの? 326
   95 サルの毛色の違いはどうして起きるの? 330
   96 ニホンザルはどこから来たの? 334
第8章 霊長類研究所 341
   97 霊長類の研究は将来どうなりますか? 342
   98 霊長類研究所はどこにありますか? 344
   99 霊長類研究所で勉強・研究したいのですがどうしたらいいですか? 346
   100 サルを「動物実験」にも使うのですか? 348
霊長類の分頬リスト 351
さくいん
はじめに 3
第1章 霊長類研究の夜明け 15
   1 霊長類の研究はいつごろ始まりましたか? 16
22.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
数理科学編集部 [編]
出版情報: 東京 : サイエンス社, 2009.10  192p ; 26cm
シリーズ名: 別冊数理科学 ; 2009年10月
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Ⅰ.序論
   量子重力理論~検証に向けた新たな展開(小玉英雄) 6
   量子重力理論の起源(米谷民明) 15
   素粒子論の現状と展望~量子重力の立場から(川合 光) 21
Ⅱ.超弦理論からの展開
   超弦理論におけるランドスケープ問題(江口 徹、立川裕二) 28
   Ads/CFT対応とホログラフィー(福間将文) 35
   量子重力と共形場理論(高柳 匡) 44
   素粒子の統一理論としての超弦理論(大栗博司) 50
   超弦理論の数値シミュレーション(西村 淳) 56
Ⅲ.非可換幾何学からの展開
   量子重力理論(笹倉直樹) 64
   量子重力とWilson Loop(北澤良久) 71
Ⅳ.ループ量子重力理論への展開
   ループ量子宇宙論(辻川信二) 80
   面積量子化とブラックホール(玉置孝至) 87
   高エネルギーγ線クライシス(菅本晶夫、渡部 勇) 94
Ⅴ.ブレーンワールドからの展開
   TeV重力理論(川崎雅裕) 100
   ブレーン宇宙とインフレーション理論(姫本宣朗) 106
   宇宙項問題とDブレーンインフレーション(早田次郎、菅野優美) 113
   ブレーンワールドにおける宇宙論的摂動(小山和哉) 120
   ブレーン理論と振動宇宙論(山口昌英) 127
Ⅵ.量子宇宙論からの展開
   宇宙の創生(佐藤勝彦) 130
   量子宇宙論の盛衰(小玉英雄) 138
   インフレーション宇宙論(横山順一) 146
   宇宙論と量子カオス(井上開輝) 155
Ⅶ.ダークエネルギーからの展開
   宇宙論の新展開(佐藤勝彦) 164
   宇宙の真空~変動する真空(佐藤文隆) 172
   ダークエネルギー問題(千葉 剛) 179
   宇宙の暗黒成分と量子重力(向山信治) 185
初出一覧 4
Ⅰ.序論
   量子重力理論~検証に向けた新たな展開(小玉英雄) 6
   量子重力理論の起源(米谷民明) 15
23.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日経サイエンス編集部編
出版情報: [東京] : 日経サイエンス , 東京 : 日本経済新聞出版社 (発売), 2009.10  142p ; 29cm
シリーズ名: 別冊日経サイエンス ; 167
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 3
第1章 明らかになった月の素顔
   月の謎を解く探査機「かぐや」 加藤 學 6
   月の起源と進化に新たな光 小久保英一郎・荒井朋子(協力)/中島林彦 17
   「かぐや」が月を見た600日 加藤 學 22
第2章 見えてきた小惑星の世界
   「はやぶさ」の挑戦 川口淳一郎 36
   イトカワが語る小惑星の世界 吉川 真 44
   なぜ熱かった? 小惑星の謎 A. E. ルービン 54
第3章 地球外生命を求めて
   火星の海の歴史 J. ベル 64
   月に行った科学者が語る火星への道 H. H. シュミット 74
   火星とタイタン メタンは生命の徴候? S. K. アトレーヤ 84
   土星の月エンケラドス 噴泉の謎 C. ポルコ 94
第4章 太陽系の起源と進化を探る
   系外惑星が語る惑星系の起源 D. N. C. リン 106
   惑星って何だ? 冥王星騒動の顛末 S. ソーター 118
   不規則衛星だらけの太陽系 D. ジューイット/S. S. シェパード/J. クレーナ 126
   惑星の顔を決める大気流出 D. C. キャトリング/K. J. ザーンレ 34
あとがき 144
はじめに 3
第1章 明らかになった月の素顔
   月の謎を解く探査機「かぐや」 加藤 學 6
24.

図書

図書
信州大学経済学部経済システム法学科編
出版情報: 東京 : 創成社, 2009.11  vi, 215p ; 19cm
所蔵情報: loading…
25.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
北原義典著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.10  267p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1654
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 5
1 視覚と認知
   Q1 一つの絵が二通りに見える謎-「地」と「図」 15
   Q2 単色なのに単色に見えない謎-マッハ効果 19
   Q3 色の濃さが違って見える謎-明るさの対比と同化 23
   Q4 明るさが違って見える謎-明るさの恒常性 29
   Q5 絵が立体的に浮き出て見える謎-両眼視と奥行き知覚 33
   Q6 片方の目でも立体的に見える謎-単眼による奥行き知覚 37
   Q7 大きさが違って見える謎-奥行き構造の文脈 43
   Q8 形が違って見える謎-主観的輪郭線 51
   Q10 意味のない図形でも理解できるようになる謎-視覚の補完 55
   Q11 離れてみると形が見えてくる謎-ゲシュタルト要因I
   Q12 隠れている立体が見つけにくい謎-ゲシュタルト要因II
   Q13 絵の解釈が変わってしまう謎-図形的文脈効果 67
   Q14 正確に単語を認識しない謎-言語的文脈効果 71
   もっと知りたい 人間の情報処理モデル 75
   コラム わかりやすい資料作成 78
2 聴覚と認知、言語
   Q15 後ろから聞いても逆に聞こえない謎-音声の逆再生 81
   Q16 しゃべり方を変えると意味が変わる謎-韻律と多義性解消 85
   Q17 立体的に聞こえる謎-音源定位 89
   Q18 別の音素に換えても違って聞こえない謎-音素復元効果 93
   Q19 音が聞こえにくくなる謎-マスキング 97
   もっと知りたい 音声を見る 103
   コラム 小豆で思い浮かぶ情景 105
3 その他の知覚と認知、複合知覚
   Q20 同じ重さでも気づき方が異なる謎-ウェーバー・フェヒナーの法則 107
   Q21 一本が二本に感じられる謎-アリストテレスの錯覚 111
   Q22 同じ重さを違う重さに感じてしまう謎-シャンパンティエ効果 113
   Q23 同じ時間が異なる長さに感じられる謎-時間の知覚 117
   Q24 同じ積み木を見つけにくい謎-メンタルローテーションI 121
   Q25 できるかどうかすぐに判断できない謎-メンタルローテーションII 125
   Q26 箱の開け方がわかりにくい謎-アフォーダンス 129
   Q27 音源の方向から聞こえない謎-視覚の優位性 133
   Q28 話した通りに聞こえない謎-視覚情報と聴覚情報の統合 137
   もっと知りたい 人間の感覚 140
   コラム 人間研究と産業のかかわり 142
4 感情・情動
   Q29 目が違って見える謎-表情における口優位効果・眉優位効果 145
   Q30 形が面白く見える謎-形態と感情 149
   Q31 ボケとツッコミの謎-韻律と笑い 153
   Q32 つり橋上で出会った人を好きになる謎-情動の生理-認知要因説 157
   もっと知りたい 音声と感情 161
   コラム オバマ演説はなぜ人々をひきつけるのか 163
5 記憶、学習
   Q33 紙や鉛筆なしでは答えを見つけにくい謎-短期記憶 165
   Q34 毎日見ていても覚えていない謎-長期記憶保存の工夫 169
   Q35 穴埋め記述よりも選択回答の方が成績がいい謎-再生と再認 175
   Q36 思い出すとき、つい体を動かしてしまう謎-空書 179
   Q37 うまいやり方に気づかない謎-洞察学習 183
   Q38 非利き手でもできるようになる謎-学習の転移 187
   Q39 分類できるようになる謎-概念の学習 189
   もっと知りたい 学習 193
   コラム 年をとるとなぜ趣味やボランティア活動をしたくなるのか 195
6 思考、心理テスト、適応行動
   Q40 抽象的だと解きにくくなる謎-推論行動における主題化効果 197
   Q41 入社試験で加算問題を課せられる謎-内田クレペリン検査 201
   Q42 性格がいい当てられると思い込む謎-バーナム効果 203
   Q43 報酬額に反してよい報告をする謎-認知的不協和理論 207
   もっと知りたい 心理テスト 211
   コラム よろめくことが重要なときもある 213
7 社会行動
   Q44 作業効率が上がる謎-ホーソン工場の実験 215
   Q45 つい離れて座ってしまう謎-パーソナルスペース 217
   Q46 遠くの親戚より近くの他人の謎-近接効果 221
   Q47 他人の失敗に対あう巣感情が変化する謎-しくじり効果 223
   Q48 評価者に対する感情が変化する謎-好意の獲得-喪失効果 227
   Q49 嫌いな人の飼い犬まで憎い謎-バランス理論 231
   Q50 葛藤状態における戦略の謎-囚人のジレンマゲーム 235
   Q51 リーダーによって生産性が異なる謎-リーダーシップの理論 239
   Q52 権威者により行動を変える謎-権威への服従 243
   Q53 集団になると力の入れ方が変わってしまう謎-社会的手抜き 245
   Q54 ついつい購入してしまう謎-フット・イン・ザ・ドア 249
   もっと知りたい 流言飛語 253
   コラム どうしても微分してしまう私たち 255
参考文献 262
さくいん 267
はじめに 5
1 視覚と認知
   Q1 一つの絵が二通りに見える謎-「地」と「図」 15
26.

図書

図書
edited by Yue Zhao, Tomiki Ikeda
出版情報: Hoboken, N.J. : Wiley, c2009  xviii, 514 p. ; [8] p. of plates ; 25 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
Contributors
Azobenzene Polymers for Photonic Applications / Kevin G. Yager ; Christopher J. Barrett1:
Introduction to Azobenzene / 1.1:
Azobenzene Chromophores / 1.1.1:
Azobenzene Photochemistry / 1.1.2:
Classes of Azobenzene Systems / 1.1.3:
PhotoiDduced Motions and Modulations / 1.2:
Molecular Motion / 1.2.1:
Phot obi ological Experiments / 1.2.2:
Photoorientation / 1.2.3:
Domain Motion / 1.2.4:
Macroscopic Motion / 1.2.5:
Other Applications of Azobenzenes / 1.2.6:
Acknowledgment
References
Photo-Induced Phenomena In Supramolecular Azobenzene Materials / Joachim Stumpe ; Olga Kulikovska ; Leonid M. Goldenberg ; Yuriy Zakrevskyy2:
Introduction / 2.1:
Surface Relief Gratings / 2.2:
Conclusion and Outlook / 2.4:
Photodeformable Materials And Photomechanical Effects Based On Azobenzene-Containing Polymers and Liquid Crystals / Yanlei Yu ; Tomiki Ikeda3:
Photodeformable Materials Based on Azobenzene-Containing Polymer Gels / 3.1:
Photodeformable Materials Based on Azobenzene-Containing Solid Films / 3.3:
Photodeformable Materials Based on Azobenzene-Containing LCs / 3.4:
LCs and LCEs / 3.4.1:
General Methods of Preparation of LCEs / 3.4.2:
Temperature-/Electricity-/pH-Responsive LCEs / 3.4.3:
Photoresponsive Behavior of Chromophore-Containmg LCs / 3.4.4:
Light-Responsive LCEs / 3.4.5:
Summary and Outlook / 3.5:
Amorphous Azobenzene Polymers For Light-Induced Surface Patterning / 4:
Surface Mass Transport / 4.1:
Experimental Observations / 4.1.1:
Patterning / 4.1.2:
Dependence on Material Properties / 4.1.3:
Photosoftening / 4.1.4:
Photomechanical Effects / 4.1.5:
Measuring Gratings / 4.1.6:
Dynamics / 4.1.7:
Mechanism / 4.2:
Thermal Considerations / 4.2.1:
Asymmetric Diffusion / 4.2.2:
Mean-Field Theory / 4.2.3:
Permittivity Gradient Theory / 4.2.4:
Gradient Electric Force / 4.2.5:
Isomerization Pressure / 4.2.6:
Applications of Surface Mass Transport / 4.2.7:
Conclusions / 4.3:
Azo Polymer Colloidal Spheres: Formation, Two-Dimensional Array, and Photoresponsive Properties / Xiaogong Wang5:
Azo Polymer Synthesis / 5.1:
Self-Assembly of Polydispersed Amphiphilic Azo Polymers in Solutions / 5.3:
Characteristics of Polydispersed Azo Polymer Self-Assembly / 5.3.1:
Colloidal Sphere Formation and Characterization / 5.3.2:
Colloidal Sphere Formation Mechanism / 5.3.3:
Hybrid Colloids Composed of Two Types of Amphiphilic Azo Polymers / 5.3.4:
Photoresponsive Properties of Azo Polymer Colloidal Spheres / 5.4:
Photoresponsive Porperties of Hybrid Colloids / 5.4.1:
Photoresponsive 2-D Colloidal Array and Its in situ Structure Inversion / 5.5:
Colloidal Array and Photoinduced Dichroism / 5.5.1:
Porous Structure from in situ Colloidal Array Structure Inversion / 5.5.2:
Closing Remarks / 5.6:
Azobenzene-Containing Block Copolymer Micelles: Toward Light-Controllable Nanocarriers / Yue Zhao6:
What is the Use of Light-Controllable Polymer Micelles? / 6.1:
How to Design Azobenzene Block Copolymers for Light-Controllable Micelles? / 6.2:
Synthesis of Azobenzene-Containing Amphophilic Block Copolymers / 6.3:
Reversible Dissociation and Formation of Azobenzene Block Copolymer Micelles / 6.4:
Factors Influencing the Reversible Dissociation and Formation Processes / 6.5:
Effect of Solution Stirring / 6.5.1:
Effect of Irradiation Light Intensity / 6.5.2:
Effects of Solvent and Block Copolymer Composition / 6.5.3:
Other Light-Responsive Azobenzene-Based Polymer Micelles / 6.6:
Perspectives and Future Work / 6.7:
Acknowledgments
Association Between Azobenzene-Modified Polymers And Surfactants Or Nanoparticles To Amplify Macroscopic Phototransitions In Solution / Christophe Tribet7:
Light Responsiveness of Solution Properties: A Question of Amplification / 7.1:
From Cloud Point to Associative Phase Separation of Photopolymers / 7.2:
Polymers in Poor Solvents or at Low Critical Solubility Temperature / 7.2.1:
Complexation and Solubility of Chains / 7.2.2:
Associative Phase Separation / 7.2.3:
Intrachain Association with Colloid Particles: Photorecognition / 7.3:
Complexes with Protein and Micelles in the Dilute Regime / 7.3.1:
Sol-Gel Transition in Semidilute Conditions / 7.3.2:
Complexes on Disperse Interfaces: Photoreversible Emulsions / 7.4:
Conclusion / 7.5:
Light-Responsive / Takahiro Seki8:
Alignment of Functional Materials by Command Surface / 8.1:
Photoalignment of Polymer Main Chain of Polysilane / 8.2.1:
Surfactant-Silica Nanohybrids / 8.2.2:
Photoalignment of Chromonic LC-Silica Nanohybrid / 8.2.3:
Surface-Grafted Az-Containing LC Polymer / 8.3:
Photogenerated Mass Migrations / 8.4:
Conventional Type / 8.4.1:
Phase Transition Type / 8.4.2:
On the Migration Features of the PT Type / 8.4.3:
Extended Studies in the PT-Type Mass Migration / 8.4.4:
Photoresponsive LC Block Copolymer Systems / 8.5:
Monolayer Systems / 8.5.1:
Photocontrolled Macroscopic Alignment of MPS Structures / 8.5.2:
Micropatterning of MPS Structure in the Hierarchical Structure / 8.5.3:
Conclusion and Scope / 8.6:
Photoinduced Immobilization Of Molecules On The Surface Of Azobenzene Polymers: Principles and Application / Osamu Watanabe9:
Background Study: Nanofabrication / 9.1:
Principles of Photoinduced Immobilization / 9.3:
Application for Immunochips / 9.4:
Immobilization Depending on the Azobenzene Moiety / 9.5:
Two-Dimensional Arrangement and Area-Selective Immobilization of Microspheres / 9.6:
Summary / 9.7:
Phototuning Of Helical Structure Of Cholesteric Liquid Crystals / Seiji Kurihara10:
Properties and Design of Chiral Azobenzenes / 10.1:
Effect of Spacer Length / 10.2.1:
Effects of Molecular Shape / 10.2.2:
Effects of Chiral Groups on Photochemical Change in HTP / 10.2.3:
Applications / 10.3:
Photochemical Switching of Selective Reflection / 10.3.1:
Control of Transparency / 10.3.2:
Photochemical Inversion of Helix / 10.3.3:
Photochemical Control of Lasing / 10.3.4:
Tunable Diffraction Gratings Based On Azobenzene Polymers and Liquid Crystals / 10.4:
Diffraction Gratings Can Easily Be Recorded on Azobenzene-Containing Polymers and Liquid Crystals / 11.1:
What are Tunable Diffraction Gratings? / 11.2:
Mechanically Tunable Diffraction Gratings / 11.3:
Preparation of Azobenzene Thermoplastic Elastomers / 11.3.1:
Coupled Mechanical and Optical Effects / 11.3.2:
Elastic Diffraction Gratings Recorded Using a Photomask / 11.3.3:
Grating Formation Dynamics and Mechanisms / 11.3.4:
Electrically Tunable Diffraction Gratings / 11.4:
Use of Liquid Crystals / 11.4.1:
Grating Formation in Photosensitive Self-Assembled Liquid Crystal Gels / 11.4.2:
Electrical Switching / 11.4.3:
Optically Tunable Diffraction Gratings / 11.5:
Dynamic Holographic Gratings / 11.5.1:
Optically Tunable Diffraction Gratings in Polymer-Stabilized Liquid Crystals / 11.5.2:
Optically Switchable Reflection Gratings / 11.5.3:
Concluding Remarks and Perspectives / 11.6:
Azo Block Copolymers In The Solid State / Haifeng Yu12:
Preparation Method / 12.1:
Direct Polymerization of Azo Monomers / 12.2.1:
Polymer Analogue Reaction / 12.2.2:
Supramolecular Self-Assembly / 12.2.3:
Special Reactions / 12.2.4:
Properties / 12.3:
Basic Properties / 12.3.1:
Properties from Non-Azo Blocks / 12.3.2:
Properties Originating from Microphase Separation / 12.3.3:
Control of Microphase Separation / 12.4:
Thermal Annealing / 12.4.1:
Rubbing Method / 12.4.2:
Photoalignment / 12.4.3:
Electric Field / 12.4.4:
Magnetic Field / 12.4.5:
Shearing Flow and Other Methods / 12.4.6:
Enhancement of Surface Relief Gratings / 12.5:
Enhancement of Refractive Index Modulation / 12.5.2:
Nanotemplates / 12.5.3:
Volume Storage / 12.5.4:
Other Applications / 12.5.5:
Outlook / 12.6:
Photoresponsive Hybrid Silica Materials Containing Azobenzene Ligands / Nanguo Liu ; C. Jeffrey Brinker13:
Azobenzene-Containing Organosilanes / 13.1:
Synthesis and Photoisomerization of TSUA and BSUA / 13.2.1:
Crystallography of the TSUA Compound / 13.2.2:
Self-Directed Self-Assembly of the BSUA Compound / 13.2.3:
Photoresponsive Mesoporous Materials / 13.3:
Synthesis and Characterization of Photoresponsive Nanoporous Materials / 13.3.1:
Photoisomerization of Azobenzene Ligands in Mesoporous Materials / 13.3.2:
Photoswitched Azobenzene Nanovalves / 13.3.3:
Photocontrolled Release of Dye Molecules from Azobenzene-Modified Nanocomposite Particles / 13.3.4:
Reversible Photoswitching Li quid-Ad sorption of Azobenzene-Modified Mesoporous Silica Materials / 13.3.5:
Photoresponsive Polysilsesquioxane Gels / 13.4:
Azobenzene-Modified Polysilsesquioxanes for Photocontrol of Refractive Index / 13.4.1:
Azobenzene-Modified Polysilsesquioxane Gels for Optomechanical Devices / 13.4.2:
Future Work / 13.5:
Index
Preface
Contributors
Azobenzene Polymers for Photonic Applications / Kevin G. Yager ; Christopher J. Barrett1:
27.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
佐藤恒雄著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.12  259p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B1661
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき 5
1 平方完成と平方の差 12
2 式の計算の簡略化 14
3 立方の和・差の変形 16
4 平方の和の積の公式 18
5 3数の和の平方式 20
6 n乗の差と和 21
7 数値計算の方法 22
8 基本対称式 24
9 商と余りの関係式 26
10 余り(剰余)の定理 28
11 因数定理(1) 30
12 因数定理(2) 32
13 恒等式 34
14 必要条件と十分条件 36
15 実数の性質 38
16 x,yの実数条件 40
17 平均の不等式 42
18 コーシー・シュワルツの不等式 44
19 絶対値の定義 46
20 絶対値のグラフ 48
21 絶対値の不等式 50
22 不等式の解法 52
23 不等式の性質 53
24 解と係数の関係 54
25 3次方程式の解と係数の関係 56
26 共通解 58
27 2次方程式の解の位置(1) 60
28 2次方程式の解の位置(2) 62
29 絶対2次不等式 64
30 背理法 66
31 連続整数の積 68
32 整数の分類 70
33 不定方程式の解法 72
34 正領域と負領域の判定 74
35 2直線の交点を通る直線 76
36 点から直線までの距離 78
37 max(a,b)とmin(a,b) 80
38 ガウスの記号 82
39 正弦定理 日 84
40 余弦定理 86
41 角の2等分線 88
42 三角形の面積の関係 90
42 任意ベクトルの表示 92
44 座標のベクトル表示 94
45 分点の公式 96
46 三角形の重心 98
47 ベクトルの表す分点 100
48 ベクトルの1次独立 102
49 内積の計算 104
50 ベクトルの平行条件 106
51 ベクトルの垂直条件 108
52 法線ベクトルの求め方 110
53 ベクトルのなす角 112
54 三角形の面積(1) 114
55 三角形の面積(2) 116
56 図形の正射影 118
57 空間の直線のベクトル表示 120
58 平面の方程式 122
59 円の性質 124
60 極と極線 126
61 2次曲線の接線の求め方 128
62 逆関数 130
63 対数関数y=log a xのグラフの活用 132
64 底の変換公式 134
65 指数・対数方程式の解法 136
66 指数・対数の不等式 138
67 整数の桁数と小数の有効数字 140
68 対数利用の文章題 142
69 y=sinθのグラフの活用 144
70 y=cosθのグラフの活用 146
71 y=tanθのグラフの活用 148
72 三角方程式の解 150
73 三角不等式の解法 152
74 加法定理(1) 154
75 加法定理(2) 156
76 合成公式 158
77 特別な合成公式 160
7a 等差数列の性質 162
79 等比数列の性質 164
80 シグマの公式 166
81 階差数列 168
82 格子点の個数 170
83 2項間の漸化式 172
84 3項間の漸化式 174
85 和Snと一般項an 176
86 (n)∑(K=1) kx^(k-1)について 178
87 an+1=pan+f(n)の型の漸化式 180
88 an+1=pan+q^nの型の漸化式 182
89 an+1=f(n)anの型の漸化式 184
9U 分数式の漸化式 186
91 不等式の漸化式 188
92 数学的帰納法 190
93 フィボナッチの数列 192
94 軌跡・領域(1) 194
95 軌跡・領域(2) 196
96 微分の計算 198
97 極限値をもつための条件 200
98 微分係数と極限 202
99 接線の方程式 204
100 2曲線に接する直線 206
101 接線の直交条件 208
102 共通接線の求め方 210
103 関数の増減と極大・極小 212
104 3次関数のグラフの特徴 214
105 4次関数のグラフの特徴 216
106 判別式以外の重解条件 218
107 微分・積分の不等式 220
108 微分と積分の関係 222
109 面積の計算 224
110 定積分の計算の工夫 226
111 2次関数と面積 228
112 3次関数と面積 230
113 放物線と2本の接線 232
114 扇形の面積 234
115 集合の要素の個数 236
116 約数の個数と和 238
117 順列の定義 240
118 同じものを含む順列 242
119 組み合わせの定義 244
120 組分けの考え方 246
121 組み合わせと順列の融合 248
122 2項定理 250
123 nCrを含む項の最大 252
あとがき 254
さくいん 256
まえがき 5
1 平方完成と平方の差 12
2 式の計算の簡略化 14
28.

図書

図書
Jonathan Arnowitz, Michael Arent, Nevin Berger著
出版情報: 東京 : 構造計画研究所 , 東京 : 共立出版 (発売), 2009.12  xxxi, 581p ; 22cm
所蔵情報: loading…
29.

図書

図書
Tetsurō Takasaki ; translated by Kazue E. Campbell
出版情報: Sapporo, Japan : Hokkaido University Press, 2009  xiv, 250 p. ; 22 cm
所蔵情報: loading…
30.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
稲田利文, 大野睦人編
出版情報: 東京 : 共立出版, 2009.12  p2013-2252 ; 28cm
シリーズ名: 蛋白質核酸酵素 ; 2009年12月号増刊 Vol.54, No.16(通巻764号)
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序-コーディングRNAの復権[稲田利文・大野睦人] 2021
I.RNAプログラムの重要性
   遺伝子発現制御の中核をなすRNAプログラム[稲田利文] 2025
II.スプライシング制御
   エキソン認識と選択的スプライシング制御の分子メカニズム[福村和宏・井上邦夫] 2032
   分裂酵母における構成的スプライシング制御機構の分子遺伝学的解析[原口典子・谷 時雄] 2038
   選択的スプライシングの可視化と制御機構解明への応用[黒柳秀人] 2044
   snoRNAによる選択的スプライシングの調節[日野公洋・廣瀬哲郎] 2049
   リン酸化依存的スプライシング制御機構[萩原正敏] 2055
   イントロンの代謝機構[片岡直行・芳本 玲・藤田 恵・大野睦人] 2060
III.RNAのプロセシングと編集
   真核生物mRNA分解開始の分子機構[星野真一] 2066
   哺乳動物の精子形成を制御するmRNAポリ(A)鎖の動態[柏原真一・馬場 忠] 2073
   RNAポリメラーゼII-CTDリン酸化制御による転写とmRNAプロセシングの共役[広瀬 豊] 2080
   mRNAの塩基修飾・編集と遺伝子発現制御機構[櫻井雅之・矢野孝紀・岡田俊平・竹内祐樹・鈴木 勉] 2086
   ゼブラフィッシュにおけるRNA修飾の機能解析[比嘉三代美・剣持直哉] 2092
   葉緑体RNAの成熟と寿命-葉緑体RNA編集におけるPPR蛋白質の機能およびmRNA安定性制御の分子機構[西村芳樹・鹿内利治] 2098
IV.核と細胞質の連携
   酵母の遺伝学的解析から見えてきたmRNA核外輸送の素過程と連携[谷 時雄] 2102
   NXF群によるmRNAの核外輸送と細胞質局在化の制御[片平じゅん] 2109
   核-細胞質間のRNA分配制御[大野睦人] 2114
   tRNAの“ダイナミクス”[吉久 徹] 2121
   核内のRNA顆粒構造とその生理機能[北尾紗織・廣瀬哲郎] 2127
V.RNAの局在化と翻訳制御
   RNA局在の制御[入江賢児] 2133
   プラナリアのRNAにおける幹細胞制御[阿形清和・柴田典人] 2140
   線虫における生殖顆粒の形成と分配[花澤桃世・米谷匡史・杉本亜砂子] 2147
   線虫生殖細胞の性分化におけるRNA制御[椎森仁美・坂本 博] 2153
   ショウジョウバエの生殖質形成における母性RNAの翻訳・局在制御[加藤容子・中村 輝] 2159
   カエル卵母細胞の細胞質RNP複合体[中村依子・松本 健] 2165
   神経樹状突起におけるRNA粒子と翻訳制御[椎名伸之] 2171
   細胞質スプライシングに必須なmRNA局在化のメカニズム 柳谷耕太・河野憲二] 2177
VI.RNAの安定性と翻訳制御
   RNAプログラムを支える品質管理機構[稲田利文] 2184
   植物のナンセンス変異依存mRNA分解(NMD)[堀 孝一・渡辺雄一郎] 2189
   リボソームRNAの品質管理[北畠 真・藤井耕太郎・大野睦人] 2195
   2つのtRNA/mRNAハイブリッド-トランス-トランスレーション[姫野俵太・栗田大輔・武藤 昱] 2201
   MAPキナーゼシグナル伝達によるmRNA結合蛋白質の制御[佐藤亮介・高田宏文・喜多綾子・杉浦麗子] 2207
   翻訳開始の制御[今高寛晃・三上 暁] 2213
VII.疾患とRNA
   NMDによる変異mRNA排除と疾患-難治性遺伝性疾患治療への試み[山下暁朗・臼杵扶佐子] 2219
   自己・非自己RNAの識別を基盤とした抗ウイルス免疫機構[小野口和英・米山光俊] 2226
   自己免疫疾患とRNA[三森経世・井村嘉孝] 2233
   神経筋疾患におけるスプライシング異常[大野欽司] 2239
   がん遺伝子産物HMGAlaがひき起こす孤発性アルツハイマー病の異常スプライシング[前田 明・眞部孝幸・大江賢治] 2245
Key words索引 2251
序-コーディングRNAの復権[稲田利文・大野睦人] 2021
I.RNAプログラムの重要性
   遺伝子発現制御の中核をなすRNAプログラム[稲田利文] 2025
31.

図書

図書
大鷹節子著
出版情報: [出版地不明] : 大鷹節子 , 東京 : 朝日新聞出版 (発売), 2009.6  205p ; 20cm
所蔵情報: loading…
32.

図書

図書
河岡義裕, 堀本研子著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.9  238p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1647
所蔵情報: loading…
33.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
坂本順司著
出版情報: 東京 : 裳華房, 2009.11  viii, 182p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1.生命物質 -命と物のあいだ-
 1・1 元素と化合物 2
   生命の必須元素 2
   宇宙と元素 2
   有機化合物と水 3
 1・2 糖質(炭水化物) 4
   単糖 4
   少糖 4
   多糖 5
 1・3 脂質 6
   脂肪 6
   不飽和脂肪酸 6
   リン脂質 7
   ステロイド 7
 1・4 タンパク質 8
   アミノ酸 8
   ポリペプチド 8
   タンパク質 9
 1・5 核酸 10
   ヌクレオチド 10
   核酸 11
 カフェアリス1 分子と日常をつなぐ魔法の数 12
 1章のまとめと問題 14
2.細胞 -しなやかな建築ブロック-
 2・1 生体膜 16
   真核細胞と原核細胞 16
   流動モザイクモデル 16
   膜タンパク質 17
 2・2 単膜構造体;内膜系 18
   小胞体 18
   リボソーム 18
   ゴルジ体 19
   リソソーム 19
 2・3 複膜構造体 20
   核 20
   ミトコンドリア 20
   葉緑体 21
   細胞内共生 21
 2・4 細胞骨格 22
   微小管 22
   微小繊維 22
   中間径フィラメント 23
   細胞外基質 23
 2・5 細胞周期 24
   間期 24
   分裂期 24
   細胞周期の制御系 24
   減数分裂 25
 カフェアリス2 生命世界のスケーリング 26
 2章のまとめと問題 28
3.代謝 -酵素は縁結びの神さま-
 3・1 酵素 30
   代謝経路 30
   酵素とは 30
   酵素の特徴1;高性能の触媒 30
   酵素の特徴2;生命の特異性 31
 3・2 解糖と発酵 32
   好気的と嫌気的 32
   発酵 32
   解糖 32
   還元当量と酸化還元電位 33
 3・3 呼吸 34
   内呼吸と外呼吸 34
   解糖系やβ酸化系;C6,C18 etc.→C2 34
   クエン酸回路;C2→CO2 34
   酸化的リン酸化;還元力→ATP 34
 3・4 光合成 36
   明反応;光の吸収 36
   暗反応;炭酸固定 36
   C3植物・C4植物・CAM植物 37
 3・5 生体エネルギー 38
   自由エネルギー変化 38
   ΔGの意味 38
   速度と平衡 38
   エネルギー通貨 39
 カフェアリス3 汎酵素的生命観 40
 3章のまとめと問題 42
4.遺伝 -情報化された命綱-
 4・1 染色体と遺伝子 44
   染色体 44
   遺伝子;実体の粒子性 44
   遺伝子;構造の一次元性 45
   遺伝子;機能のシステム性 45
 4・2 複製 46
   複製の基本 46
   複製の分子機構 46
   校正と修復 47
 4・3 転写 48
   転写と翻訳 48
   RNAポリメラーゼとプロモーター 48
   開始・伸長・終結 48
   転写調節 49
 4・4 翻訳 50
   遺伝暗号 50
   tRNA 50
   翻訳のしくみ 51
 4・5 転写後調節と翻訳後の運命 52
   転写後修飾 52
   翻訳後修飾 52
   タンパク質の運命 53
 カフェアリス4 遺伝子は計算しないとわからない 54
 4章のまとめと問題 56
5.動物性器官 -うごくしくみ-
 5・1 組織の種類 58
   生体の階層性 58
   上皮組織 58
   結合組織 58
   神経組織と筋肉組織 59
 5・2 神経系 60
   神経系の構成 60
   神経細胞とグリア細胞 60
   静止電位と活動電位 60
   シナプス伝達 61
 5・3 感覚系 62
   感覚の意味 62
   化学受容器 62
   電磁気受容器 62
   その他の受容器 63
 5・4 細胞運動 64
   鞭毛と繊毛 64
   細胞内輸送 64
   アメーバ運動 64
   筋肉運動 64
   細菌のべん毛 65
 5・5 運動系(筋肉-骨格系) 66
   骨格と硬組織 66
   3種の筋肉 66
   興奮収縮連関 67
 カフェアリス5 生命力がまとう衣は膜 68
 5章のまとめと問題 70
6.植物性器官 -身体という迷宮のトポロジー-
 6・1 消化系 72
   上部消化管 72
   胃 72
   小腸 72
   肝臓 73
   大腸 73
 6・2 循環系 74
   血管系 74
   心臓 74
   血液 75
 6・3 排出系 76
   腎臓と尿路 76
   腎単位のはたらき 76
   窒素排出と進化 77
 6・4 呼吸系 78
   気道 78
   換気 79
   ヘモグロビン 79
 6・5 生殖系 80
   性と生殖 80
   女性生殖器官 80
   男性生殖器官 81
 カフェアリス6 数字で探検する人体 82
 6章のまとめと問題 84
7.ホメオスタシス -にぎやかな無意識の対話-
 7・1 内分泌系 86
   ホルモン 86
   視床下部と脳下垂体 86
   ペプチドホルモン・タンパク質ホルモン 86
   アミン 87
   脂溶性ホルモン 87
 7・2 信号変換 88
   細胞間信号伝達 88
   サイトカインと気体 88
   細胞内信号変換 89
 7・3 自律神経系 90
   二重支配 90
   受容体の種類 90
   受容体のサブタイプ 91
 7・4 免疫系 92
   三重の生体防御 92
   自然免疫 92
   免疫グロブリン-ファミリー 92
   リンパ球発生の3段階 93
 7・5 がん 94
   悪性腫瘍 94
   がん遺伝子 94
   発がん 94
   がんの要因と治療 95
 カフェアリス7 受容体と創薬 96
 7章のまとめと問題 98
8.発生 -兎が飛び出す手品の帽子-
 8・1 胚の初期発生 100
   受精と卵割 100
   胚盤胞 100
   原腸と胚葉 101
   神経管と原体節 101
 8・2 発生の機構 102
   発生の共通性 102
   発生運命 102
   位置情報 103
   形成体 103
 8・3 ボディープラン 104
   ショウジョウバエの発生 104
   ホックス遺伝子 104
   器官形成 105
   血管の配置 105
 8・4 万能細胞 106
   分化能 106
   クローン 106
   幹細胞工学 107
   iPS細胞 107
 8・5 植物の発生 108
   3つの器官 108
   3つの組織系 108
   成長 109
   花の形成 109
 カフェアリス8 核酸語とタンパク語 110
 8章のまとめと問題 112
9.生物の進化と歴史 -生物が織りなす三千万世界-
 9・1 生物の歴史 114
   化学進化 114
   原核生物 114
   真核化と多細胞化 115
 9・2 小進化 116
   突然変異 116
   有性生殖 116
   自然淘汰 116
   遺伝的浮動 117
 9・3 大進化 118
   生殖的隔離 118
   種分化 118
   新奇性の由来 118
 9・4 分類と進化 120
   分類学 120
   相同と相似 120
   系統樹 120
   分子系統学 121
 9・5 生物の主な系統 122
   原核生物 122
   原生生物 122
   植物 122
   真菌 123
   動物 123
 カフェアリス9 悠久の生物進化 124
 9章のまとめと問題 126
10.ヒトの進化と遺伝 -涸れざる魅惑の源泉-
 10・1 霊長類への道 128
   脊索動物門 128
   脊椎動物亜門 128
   哺乳綱 128
   霊長目 129
 10・2 ヒトの進化 130
   初期の人類 130
   アウストラロピテクス属 130
   ヒト属 131
   ヒト 131
 10・3 ヒトの遺伝子と調節 132
   真核生物の遺伝子 132
   転写調節 132
   転写後の調節 133
   エピジェネティクス 133
 10・4 ヒトゲノム 134
   ミトコンドリアゲノム 134
   核ゲノム 134
   遺伝子ファミリー 134
   反復配列 135
 10・5 遺伝病 136
   遺伝因子と環境因子 136
   メンデル遺伝する疾患 136
   多因子疾患 136
   遺伝子検査 137
 カフェアリス10 限りないゲノム情報の豊かさ 138
 10章のまとめと問題 140
11.脳と心 -脳内動物園の三猛獣-
 11・1 脳の構造 142
   脳の基本設計 142
   脳幹 142
   小脳と間脳 143
   大脳 143
 11・2 感情 144
   大脳辺縁系 144
   嗅覚と感情 144
   感情の影響力 145
 11・3 知覚と行動 146
   大脳新皮質 146
   機能の局在 146
   機能分化の可塑性… 147
   行動と錐体路 147
 11・4 記憶と学習 148
   記憶の種類 148
   学習の神経機構 148
   長期増強 149
 11・5 知性と意識 150
   前頭前野 150
   言語野 150
   意識の性質 150
   意識研究 151
 カフェアリス11 科学革命と生物学 152
 11章のまとめと問題 154
12.生物集団と生態系 -本当のエコとは多様性の価値-
 12・1 地球と生物圏 156
   歴史的要因 156
   生物的要因 156
   非生物的要因 156
   生物相 157
 12・2 動物の行動 158
   行動の要因 158
   学習と知性 158
   利他行動と道徳性 159
 12・3 個体群 160
   個体の分布 160
   ロジスティック増殖 160
   ヒト個体群の増殖 161
   r 戦略とK 戦略 161
 12・4 群集 162
   種間相互作用 162
   捕食と共生 162
   食物連鎖と食物網 162
   撹乱と遷移 163
 12・5 生態系 164
   エネルギー流 164
   生態ピラミッド 164
   物質循環 165
   生物多様性 165
 カフェアリス12 分子から地球へつなぐ回路 166
 12章のまとめと問題 168
参考文献 169
章末問題の解答例 172
索引 178
1.生命物質 -命と物のあいだ-
 1・1 元素と化合物 2
   生命の必須元素 2
34.

図書

図書
Tokyo Institute of Technology
出版情報: [東京] : [東京工業大学], c2009  ビデオディスク1枚 (38分) ; 12cm
所蔵情報: loading…
35.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ニコラス H. バートン [ほか] 著 ; 宮田隆, 星山大介監訳
出版情報: 東京 : メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2009.12  xv, 908p ; 28cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
監訳者の序 ix
著者について xi
序 xiii
この本のねらい 1
PART1 進化生物学の概略 7
   1 進化生物学の歴史 : 進化学と遺伝学 9
    1.1 現代の遺伝学と進化学の簡潔なまとめ 9
    1.2 Darwin以前の進化観 11
    1.3 Charles Darwin 17
    1.4 自然選択説の失墜 19
    1.5 進化の総合説 31
   2 分子生物学の起源 41
    2.1 分子生物学の始まり 42
    2.2 進化生物学と分子生物学 : 新しい総合説となるか? 64
   3 進化の証拠 73
    3.1 進化の証拠 74
    3.2 進化論への反論 84
    3.3 科学と社会 89
PART2 生命の起源と多様性 93
   4 生命の起源 95
    4.1 いつ生命は生じたのか? 95
    4.2 生命はどのように地球上に生じたのか? 100
   5 全生物の共通祖先と全生物の系統樹 119
    5.1 初期進化の歴史をたどる 119
    5.2 普遍的相同性,LUCA,全生物の系統樹 125
   6 真正細菌と古細菌の多様性I : 系統と生物学的特性 149
    6.1 真正真菌と古細菌の紹介 149
    6.2 真正細菌と古細菌の系統的多様性 154
    6.3 真正細菌および古細菌の生物学的多様性 163
   7 真正細菌と古細菌の多様性II : 遺伝学とゲノミクス 185
    7.1 真正細菌と古細菌のゲノムの性質 185
    7.2 DNAの水平伝達 200
   8 真核生物の起源と多様化 213
    8.1 真核生物とは 213
    8.2 細胞内共生が真核生物の進化に重要な役割を果たしてきた 221
    8.3 核ゲノムの構造と進化 234
    8.4 真核生物の多様化 242
   9 多細胞性と発生 247
    9.1 どのようにして多細胞化は起きたか 247
    9.2 細胞分化による役割分担 252
    9.3 ボディプランの多様性 261
    9.4 ボディプラン構築の遺伝学的背景 267
   10 植物と動物の多様性 275
    10.1 化石化と地質時代 275
    10.2 生物の進化の流れ 276
    10.3 次の5億年間-カンブリア紀以降の生命 295
    10.4 進化のパターン 304
   11 発生プログラムの進化 313
    11.1 前後軸のパターン形成 : Hox遺伝子による発生制御 314
    11.2 Hox遺伝子の新宛期変化への関与 321
    11.3 トゲウオの骨格の進化 335
    11.4 テオシントからトウモロコシへの進化 340
    11.5 発生機構における普遍性 346
PART3 進化の仕組み 351
   12 突然変異と組換えによる多様性の創出 353
    12.1 突然変異と生成機構 354
    12.2 DNA損傷と複製の誤りによって引き起こされる突然変異の数は,保護,防止,修正の機構によって制限されている 363
    12.3 突然変異率と突然変異のパターン 373
    12.4 混合による多様性の創出 : 性と遺伝子の水平伝達 379
   13 DNAとタンパク質の変異 385
    13.1 遺伝的な変異 385
    13.2 遺伝的な変異の種類 398
   14 複雑な形質の変異 413
    14.1 量的形質概論 413
    14.2 量的変異の解析 417
    14.3 量的変異の遺伝基盤 432
    14.4 量的変異の生成 442
   15 機会的遺伝的浮動 447
    15.1 進化は多くの場合機会的な過程である 448
    15.2 対立遺伝子頻度の機会的な浮動 449
    15.3 コアレッセンス 455
    15.4 中立説 459
    15.5 組換えと遺伝的浮動 462
   16 集団構造 475
    16.1 遺伝子流動 475
    16.2 遺伝子流動は他の進化的な力と相互作用する 480
    16.3 構造をもつ集団における遺伝子系図 486
   17 変異に対する選択 493
    17.1 選択とは何か 494
    17.2 量的形質に対する選択 513
    17.3 複数の遺伝子に対する選択 522
   18 自然選択とその他の因子の間の相互作用 527
    18.1 自然選択と遺伝的浮動 527
    18.2 自然選択と遺伝子流動 535
    18.3 平衡選択 544
    18.4 突然変異と自然選択 551
   19 選択の測定 561
    19.1 選択の直接測定 562
    19.2 間接測定 5871
    19.3 連鎖した遺伝子座に働く選択 577
    19.4 非コードDNAへの選択 584
    19.5 選択の大きさ 590
   20 表現型の進化 599
    20.1 進化における最適化 601
    20.2 加齢 606
    20.3 進化ゲーム 612
    20.4 性選択 619
   21 競争と協力 633
    21.1 社会性の進化 634
    21.2 遺伝子間の競争 635
    21.3 血縁者の相互作用 649
    21.4 協力の進化 661
   22 種と種分化 669
    22.1 種を定義する 670
    22.2 種分化の遺伝学 682
    22.3 種分化の機構 695
    22.4 種分化の地理学 700
   23 遺伝システムの進化 715
    23.1 遺伝システムの進化を研究する 715
    23.2 突然変異率の進化 717
    23.3 性と組換えの進化 723
    23.4 性の進化がもたらしたもの 745
    23.5 進化可能性の進化 751
   24 新しい形質の進化 757
    24.1 新奇性の基本的な特徴 758
    24.2 遺伝子産物の活性の変化 763
    24.3 遺伝子調節とネットワーク内での相互作用の変化 : 移行,分化,発生 767
    24.4 冗長性 771
    24.5 頑健性,モジュール性,区画化 775
    24.6 多種からの新しい機能を得る : 遺伝子の水平伝達と共生 782
    24.7 長期間の自然選択によって新奇性が生まれる 784
PART4 人類の進化 791
   25 ヒトの進化史 793
    25.1 系統樹における人類の位置 793
    25.2 ヒト族の進化 797
    25.3 遺伝学と人類進化 808
    25.4 ゲノム科学と人間らしさ 817
   26 人類進化の現在の問題 825
    26.1 疾患の遺伝学的基礎 825
    26.2 人間の本質を理解する 841
用語集 855
図版の出典 878
索引 889
オンラインチャプター http://www.evolution-textbook.org http://www.medsi.co.jp
   27 Phylogenetic Reconstruction (系統樹の推定)
   28 Models of Evolution (進化のモデル)
監訳者の序 ix
著者について xi
序 xiii
36.

図書

図書
畠山雄二編著 ; 本田謙介 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : ベレ出版, 2009.6  445p ; 22cm
シリーズ名: Beret books
所蔵情報: loading…
37.

図書

図書
藤田節子著
出版情報: 東京 : 日外アソシエーツ, 2009.4  viii, 144p ; 21cm
所蔵情報: loading…
38.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本分光学会編
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.4  x, 195p, 図版 [4] p ; 21cm
シリーズ名: 分光測定入門シリーズ / 日本分光学会編 ; 9
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 電波とは? 1
   1.1 身近なところで使われる電波 1
   1.2 電波を利用した技術の発展の歴史 3
   1.3 電波の分類 5
   参考文献 7
2 電波を用いた分光で使われる機器と技術 9
   2.1 電波の発生 9
    2.1.1 Gunn発振器 9
    2.1.2 YIG発振器 10
    2.1.3 周波数逓倍器 10
    2.1.4 BWO 11
   2.2 電波の検出 11
    2.2.1 ダイオードによる検波 12
    2.2.2 ボロメータを用いた検出 13
   2.3 電波の取り回し方 14
    2.3.1 同軸ケーブル 14
    2.3.2 導波管 10
   2.4 PLLによる発振器の周波数安定化 19
   付録1 : 矩形導波管内のマイクロ波の伝播 23
   付録2 : アンテナの指向性を表す絶対利得と相対利得 25
   参考文献 26
3 実際の分光計測①―実験室における分光計測― 27
   3.1 観測対象となる分子とエネルギー準位 27
    3.1.1 永久電気双極子モーメントをもつ分子が観測対象 27
    3.1.2 分子の回転エネルギー準位と純回転遷移の選択則 28
    3.1.3 微細および超微細構造 34
    3.1.4 実験データの解析法 36
   3.2 超音速分子線と組み合わせたフーリエ変換マイクロ波分光法 37
    3.2.1 FTMW分光法の原理と特徴 38
    3.2.2 スーパーヘテロダイン検波によるFID信号の検出 40
    2.2.3 超音速ビームとの組み合わせ 40
    3.2.4 ファブリー‐ペロー共振器を用いたFTMW分光装置の実際 41
    3.2.5 短寿命分子の観測 48
    3.2.6 チャープパルスマイクロ波を用いたFTMW分光法 50
   3.3 ミリ波およびサブミリ波領域での分光 53
    3.3.1 フーリエ変換分光法を用いた2重共鳴分光法 53
    3.3.2 吸収分光装置の実際 58
    3.3.3 高速掃引によるスペクトル探査の高効率化の工夫 59
    3.3.4 2重変調法による高感度化の工夫 60
   付録1 : 2準位系のコヒーレント相互作用 63
   付録2 : quadrature mixerの原理 66
   参考文献 67
4 実際の分光計測②―電波を用いた大気観測― 69
   4.1 電波による大気観測の特色 74
    4.1.1 大気オゾンの観測手法概観 74
    4.1.2 電波を用いた大気観測の特色 78
   4.2 大気成分からの電波の放射 83
    4.2.1 放射伝達方程式 83
    4.2.2 輝度温度と物理温度 86
    4.2.3 大気の吸収係数と分子スペクトル 87
   4.3 大気観測に用いられる装置(ラジオメーター) 94
    4.3.1 へテロダイン受信の原理 95
    4.3.2 大気観測用ラジオメーターの構成 97
    4.3.3 観測スペクトルの較正 104
    4.3.4 実際の大気観測装置 106
   4.4 観測データの解析法 113
    4.4.1 umkehr効果を利用した反転法 113
    4.4.2 電波観測におけるリトリバル 116
   4.5 観測例 119
   参考文献 126
5 実際の分光計測③―宇宙からくる電波の分光―(分子・原子を用いた電波天文学) 127
   5.1 電波天文学とは?―歴史的経緯~現在の状況― 128
    5.1.1 電波天文学の歴史と意義 128
    5.1.2 電波による分子の観測 133
    5.1.3 「宇宙からくる電波の分光」の面白さ 136
   5.2 どのような天体を観測するのか? また何がわかるのか? 138
    5.2.1 観測対象となる天体 138
    5.2.2 電波観測でわかること 141
   5.3 観測で使われている装置(電波望遠鏡)と技術 151
    5.3.1 アンテナ 151
    5.3.2 電波の伝送系 153
    5.3.3 受信機 153
    5.3.4 電波分光計 157
    5.3.5 電波干渉計とは 159
    5.3.6 計算機とネットワーク 160
   5.4 観測方法とデータの解析法 162
    5.4.1 観測方法 162
    5.4.2 データの解析法 166
   5.5 観測結果の具体例 167
    5.5.1 ラインサーベイ観測 167
    5.5.2 分子の発見 170
    5.5.3 銀河系内のガスの観測 178
    5.5.4 銀河(系外銀河)の観測 178
   5.6 今後の電波天文学の発展 183
    5.6.1 ALMA―ミリ波からサブミリ波にかけての地上での究極の電波干渉計― 183
    5.6.2 SKA計画―低い周波数での巨大電波干渉計― 185
    5.6.3 Hersche1―サブミリ波などでの宇宙望遠鏡― 185
    5.6.4 VSOP2―次世代のスペースVLBI衛星― 186
   付録 : 宇宙電波の観測に必要な時間を見積もってみよう!! 188
   参考文献 189
索引 188
1 電波とは? 1
   1.1 身近なところで使われる電波 1
   1.2 電波を利用した技術の発展の歴史 3
39.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
北森武彦編
出版情報: 京都 : 化学同人, 2009.1  iv, 195p ; 26cm
シリーズ名: 化学フロンティア ; 20
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Ⅰ部 座談会
   分析化学がゆく!-サイエンスのこれからを担って 北森武彦・神原秀記・馬場嘉信・宮脇敦史 1
Ⅱ部 分離の最前線
   1章 超音波による粒子分離 岡田哲男 15
   2章 最新のメタボローム測定法の開発と生命科学への応用 曽我朋義 21
   3章 ナノバイオデバイスによる分析・診断医工学構築と予防早期医療創成 岡本行広・馬場嘉信 29
   4章 キャピラリー電気泳動の高性能化・高機能化 大塚浩二 37
   5章 モノリス型リカカラムによるHPLC分離の高速化・高性能化 田中信男 43
   6章 分子インプリントポリマーを用いた分子認識 荻中淳 52
Ⅲ部 分子プローブのフロンティア
   7章 細胞内のシグナル伝達を可視化する蛍光プローブ 佐藤守俊 61
   8章 MRI用センサー分子の分子設計・化学合成 花岡健二郎・長野哲雄 69
   9章 1分子蛍光イメージング法によるタンパク質とmRNAの動態解析 船津高志 77
   10章 マスプローブの創製と分析技術 鈴木祥夫・本田亜希・鈴木孝治 83
   11章 DNA担持ナノ粒子を用いるバイオ分析 宝田徹・前田瑞夫 89
   12章 脱塩基DNAの微小空間での反応を利用した遺伝子分析法 寺前紀夫・西澤精一 94
   13章 国産蛍光タンパク質とその利用 唐澤智司・宮脇敦史 103
   14章 RNAとタンパク質局在のイメージング 小澤岳昌 111
   15章 細胞対話型分子システムを用いる細胞内シグナルin VIVOイメージングシステム-創薬・診断・治療の一体化を目指して- 片山佳樹 119
Ⅳ部 分光・検出の最先端
   16章 微生物機能を利用したマイクロバイオチップの開発 長峯邦明・末永智一 127
   17章 分析システムの集積化 馬渡和真・北森武彦 134
   18章 単一微粒子のレーザー操作と顕微計測 喜多村曻 142
   19章 光クロマトグラフィーとアダマール変換キャプラリー電気泳動法の研究 金田隆 148
   20章 DNA解析技術の進歩と将来展望 神原秀記 154
   21章 高精度安定pH計測のためのイオン液体塩橋 垣内隆 160
   22章 微粒元素のスペシエーション分析の現状と将来 角田欣一 167
   23章 マイクロ流路を利用した高感度心疾患マーカーセンサー 丹羽修・栗田僚二 174
   24章 固相抽出を利用する水試料中のフェノールの高感度吸収光光度法 酒井忠雄・手嶋紀雄 181
用語解説 189
索引 193
Ⅰ部 座談会
   分析化学がゆく!-サイエンスのこれからを担って 北森武彦・神原秀記・馬場嘉信・宮脇敦史 1
Ⅱ部 分離の最前線
40.

図書

図書
都甲潔 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.4  232p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1635
所蔵情報: loading…
41.

図書

図書
赤池敏宏著 ; 岳侥珊[ほか]翻訳
出版情報: 東京 : TECHNONET出版社, 2009.3  v, 188p ; 21cm
シリーズ名: Techno books 先进技术研究者・技术人员语录 ; 1
所蔵情報: loading…
42.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
近藤祥司著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.12  198p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B1662
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 5
第1章 現代の夢-老化予防
   不老不死は人類の夢 14
   納豆ダイエットの真実 15
   コラーゲンを食べてもシワは取れない 19
   「酸素で疲労回復」は間違い 20
   コエンザイムQ10摂取で寿命が縮む!? 21
   老化はホルモン不足で起きるのか 26
   男の老化「男性更年期」 29
   細胞の寿命 32
   iPS細胞で不老不死は実現するか 34
第2章 ヒトはどのようにして老いるのか
   気づかないうちに進んでいる「生理的老化」 38
   病気との闘いは老化との闘い 40
   ヒトは血管とともに老いる 43
   長寿ランキング1位から転落した沖縄県 46
   脳の老化 50
   骨粗鬆症と肺粗鬆症 51
   心臓の老化 53
第3章 老化のプログラム仮説
   百家争鳴!老化仮説花盛り 56
   人間はどこまで寿命を延ばせるのか 60
   細胞老化と固体老化-一筋縄ではいかない微妙な関係 62
第4章 テロメア-「老化時計」の発見
   死なない細胞 66
   ヘイフリックの成長限界説とワトソンの予言 67
   テロメアの構造とテロメレースの発見 71
   テロメアは廊下時計か 74
   テトメアに依存しない細胞老化があった! 76
   ガン細胞はなぜ「不死」なのか 78
   ガン遺伝子が細胞の増殖を止める!? 79
   ガン防御機構としての「細胞老化」 83
第5章 寿命を操る「ガン抑制遺伝子」
   ガン抑制遺伝子が老化を進める 88
   老化のカギを握る「細胞周期」 91
   チェックポイント-空気のようなもの 94
   チェックポイントとして働くガン抑制遺伝子p53 96
   p53遺伝子が老化を促進する 100
   長寿マウスの誕生 102
   炎症性ストレスと老化 105
第6章 老化しない細胞「幹細胞」をめぐるミステリー
   幹細胞ブームで脚光を浴びる老化研究 110
   iPS細胞はどこがすごいのか 112
   細胞老化とエピジェネティック因子 116
第7章 老化のカギ「酸化ストレス」と「解糖系」
   酸化ストレスで寿命が縮む 124
   酸化ストレスの発生源、ミトコンドリア 127
   p53遺伝子とミトコンドリア 129
   ワールブルグ効果 132
   解糖系代謝亢進による老化抑制 133
第8章 腹八分目は長生きする-長寿遺伝子の発見
   カロリー制限で寿命が延びる 138
   酵母の長寿遺伝子Sir2の発見 140
   哺乳類にも長寿遺伝子があった! 142
   解糖系代謝低下のもたらす長寿 144
   Sirt1遺伝子とp53遺伝子 146
   カロリー制限で長生きするもうひとつのメカニズム 147
第9章 早老症とテロメア異常
   早老症から老化を学ぶ 150
   予想を裏切ったプロジェリア症候群の原因遺伝子 151
   DNA複製エラーで老化が進む 153
   ウェルナー症候群とテロメア異常 154
   チェックポイント機能の異常が引き起こす早老症 157
第10章 アンチエイジング薬の最前線
   老化研究の最終ゴール-アンチエイジング薬 162
   ヒトの更年期は老化の始まりか 164
   成長ホルモンで老化は防げるか 166
   女性ホルモンとDHEA 167
   減ったほうが長生きするホルモンIGF-1 168
   ホルモンのようなもの-イソフラボンからSERMまで 169
   脂肪が寿命を制限する 171
   フレンチパラドックスの謎が解けた 173
   血管を守る-ARBとスタチン 175
第11章 老化を防ぐ処方箋
   寝たきりにならないために 180
   高齢社会に向けて-老化研究に求められるもの 183
おわりに 187
参考文献 193
索引/巻末
はじめに 5
第1章 現代の夢-老化予防
   不老不死は人類の夢 14
43.

図書

図書
大槻義彦, 大場一郎編
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.6  ii, 816p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1642
所蔵情報: loading…
44.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
原克著
出版情報: 東京 : 柏書房, 2009.7-  冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   はじめに 9
Ⅰすてきなマイホーム
   合理化する台所
    自動販売機専用コーナー 25
    食器洗い機 26
    ショッピングカート 27
    スーパーマーケット 28
    電気調理器 29
    電子レンジ 30
    透明ラッピング 31
    ドライブイン 32
    電気冷蔵庫 33
    冷凍食品 34
   快適な空間
    家の引っ越し 37
    椅子 38
    扇風機 39
    クーラー 40
    脱臭剤 41
    暖房装置 42
    携帯暖房器 43
    電気毛布 44
    プレハブ住宅 45
    防音装置 46
   衛生というトラウマ
    ゴミバケツ 49
    ゴミ収集車 50
    殺菌ランプ 52
    散水車 53
    清掃車 54
    洗濯機 55
    簡易洗濯機 56
    コインランドリー 57
    電気掃除機・家庭用 58
    マルチプレイヤー掃除機 60
    大型掃除機 62
Ⅱ20世紀身体論
   機械仕掛けの身体
    花粉症グッズ 69
    骨折ギプス 70
    コンタクトレンズ 71
    酸素マスク 72
    不眠症マスク 73
    身体能力計測器 74
    頭痛グッズ 76
    体温計 77
    体重計 78
    太陽ランプ 79
    電気カミソリ 80
    電動ハブラシ 91
    バスタブ 82
    日焼けランプ 83
    フィットネス器具 84
    美容マシン 86
    ヘアドライヤー 87
    マッサージ器具 88
   スポーツの世紀
    アメリカンフットボール 91
    大型スタジアム 92
    泳ぐ機械 93
    高速度撮影機 94
    スポーツ実況中継 95
    ゴルフグッズ 96
    電光掲示板 98
    ナイター照明 99
    ボウリング 100
    ボクシング 101
    ベースボールマシン 102
    ピッチングマシン 104
    野球速報ボード 105
    ローラースケート 106
Ⅲ都市という劇場
   劇場化する都市
    案内図 113
    エスカレーター 114
    エレベーター 115
    自動ドア 116
    キオスク 117
    靴磨きマシン 118
    高層ビル 119
    サーチライト 120
    スカイライター 121
    地下施設 122
    テーマバーク 123
    ネオンサイン 124
    プリクラ 125
    マンホール 126
   警戒する都市
    ウソ発見器 129
    火災報知器 130
    監視カメラ 131
    救急車 132
    金属探知機 133
    現金輸送車 134
    サイレン 135
    消防車 136
    パトカー 137
    防弾チョッキ 138
    防犯グッズ 139
    身分証明システム 140
    夜間銀行 142
Ⅳマイカーの世紀
   マイカー進化論
    安全バンパー 149
    安全ベルト 150
    カークーラー 151
    カーナピゲーション 152
    カーラジオ 154
    車上荒らし対策グッズ 155
    サイドローラー 156
    ジャッキ 157
    ナンバープレート 158
    方向指示器 159
    ワイパー 160
    マイカー銀河系
    アルコール検出器 163
    オフローダー 164
    カーウォッシャー 165
    ガソリンスタンド 166
    カートレーラー 168
    自動車教習所 169
    スピード計測器 170
    タンクローリー 171
    パーキングメーター 172
    立体駐車場 173
    レッカー車 174
Ⅴ走る都市
   速度の時代
    一輪自動車 181
    オートバイ 182
    高速道路 183
    自動券売機 184
    信号機 185
    スクーター 186
    タクシー 187
    通勤電車 188
    通勤バス 189
    道路標識 190
    リニアモーターカー 191
    ロケットカー 192
   大空への飛鋼
    浮かぶ飛行島 195
    打ち上げロケット 196
    宇宙飛行士 198
    空中給油機 199
    月面探査車 200
    高々度飛行服 201
    飛行船 202
    ヘリコプター 203
    旅客機 204
    マイカー飛行機 206
Ⅵ情報のかたち
   データ化する世界
    気送管 213
    キーボード 214
    教育の機械 215
    タイプライター 216
    卓上計算機 218
    コピー機 219
    コンピュータ 220
    タイムレコーダー 222
    ダイヤル 223
    電送写真 224
    パンチカード 225
    プッシュホン 226
    マイクロフィッシュ 227
    レジスター 228
   幻視する都市
    カメラ 231
    立体画像 232
    テレビジョン 234
    テレビ共同受信 236
    テレビアンテナ 237
    多用途テレビ 238
    テストパターン 239
    テレビリモコン 240
    トーキー映画 241
    野外映画 242
   音響の世界
    スピーカー 245
    テープレコーダー 246
    紙テープ録音機 248
    プラスチック録音機 249
    ワイヤー録音機 250
    携帯電話 251
    電話 252
    公衆電話 254
    テレビ電話 256
    留守番電話 257
    トランシーバー 258
    無線機 259
    ラジオ 260
    携帯用小型ラジオ 262
Ⅶ自然とアトミックエイジ
   自然というトラウマ
    送電鉄塔 269
    森林伐採マシン 270
    気象コントロール 272
    大気汚染対策グッズ 273
    ソーラーシステム 274
    電気栽培 276
    コンバイン 277
    電動ノコギリ 278
    バッテリー 280
    風力発電 281
    油田パイプライン 282
   核の時代
    核エネルギー 285
    家庭用核シエルター 286
    アトミック日用品 287
    核戦争グッズ 288
    原子力発電 289
    ラジウム健康器 290
おわりに 291
索引 302
   はじめに 9
Ⅰすてきなマイホーム
   合理化する台所
45.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
大門正機, 坂井悦郎編
出版情報: 東京 : 技術書院, 2009.3  viii, 247p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   注 : CO[2]の[2]は下つき文字
   注 : Al[2]O[3]の[2]と[3]は下つき文字
   注 : CaSO[4]の[4]は下つき文字
   注 : 2H[2]Oの[2]は下つき文字
   注 : CaCO[3]の[3]は下つき文字
   注 : γ-Ca[2]SiO[4]の[2]と[4]は下つき文字
   
はじめに (坂井悦郎) i
第1章 社会環境材料としてのセメント系材料
   1.1 セメント産業における資源循環 (度瀬哲・山口修) 3
    [1] 日本における資源循環とセメント産業 3
    [2] セメント製造工程における廃棄物の処理・利用 6
    [3] 今後の取組み 10
   1.2 セメントクリンカー原料としての廃棄物利用 (岡村隆吉・市川牧彦・佐野奨) 12
    [1] 廃棄物の利用と環境負荷の低減 12
    [2] 廃棄物・副産物利用による環境影響評価 13
    [3] 廃棄物の利用拡大に向けて 18
   1.3 廃棄物利用増大を目的としたセメントの特性 (大崎雅史・丸屋英二) 21
    [1] 廃棄物・副産物の原料利用状況と利用量増大に向けた考え方 21
    [2] 間隙相量を増したセメントの特性25
    [3] CO[2]排出量削減と資源リサイクルの両立に向けて 26
   1.4 セメント焼成エネルギーの廃棄物による代替 (中村明則・前田直哉) 31
    [1] 燃料系廃棄物の利用による社会的貢献 31
    [2] 燃料系廃棄物の有効利用におけるセメント製造プロセス 32
    [3] 燃料系廃棄物の有効利用の状況 32
    [4] セメント焼成工程における燃料としての廃プラ利用 34
    [5] セメント燃料用廃プラの前処理設備 35
    [6] 燃料における廃棄物利用の今後 38
   1.5 エコセメント (尾花博・平尾宙) 41
    [1] エコセメント開発の経緯 41
    [2] 製造および品質 43
    [3] 水和および硬化組織 46
    [4] 混和材の利用 51
    [5] エコセメント事業の可能性 53
   1.6 CO[2]削減と混合セメント (井元晴丈・鯉渕清) 55
    [1] セメント産業とCO[2]排出 55
    [2] 混合セメントの特徴と材料設計 57
   1.7 強さ制御型セメント (市川牧彦・山田一夫) 64
    [1] セメント強さ 64
    [2] 世界各国のセメント強さ 68
    [3] セメント強さの制御の重要性の実証例 71
   1.8 セメント系材料の水和と組織形成 (浅賀喜与志・細川佳史) 75
    [1] 水和反応と組織形成の研究の意義 75
    [2] ポルトランドセメントの水和 75
    [3] ボルトランドセメントの水和による硬化体組織の形成 83
第2章 社会環境材料の基盤となる水和物とその利用
   2.1 カルシウムアルミネート系水和物(AFm相) (高橋茂・大宅淳一・大場陽子) 93
    [1] AFm相の構造式 93
    [2] モノサルフェート水和物の層間水の乾燥条件による変化 95
    [3] セメントの水和におけるAFm相の生成反応 95
    [4] 3CaO・Al[2]O[3]-CaSO[4]・2H[2]O-CaCO[3]系の水和反応 96
    [5] モノサルフェート水和物におけるクロム酸イオンおよびセレン酸イオンの固定 98
    [6] AFm相の組成変化と要因 99
   2.2 エトリンガイト系水和物 (宇田川秀行・盛岡実) 101
    [1] エトリンガイトと社会との関わり 101
    [2] 炭酸型エトリンガイト 105
   2.3 カルシウムシリケート系水和物 (柴田純夫・松下文明・青野義道・斎藤豪) 109
    [1] ケイ酸カルシウム系水和物の生成と結晶構造 109
    [2] カルシウムシリケート系水和物をバインダーとする材料 112
    [3] 持続可能な社会の実現に向けての取組み 115
第3章 社会環境材料と資源循環
   3.1 高炉スラグの利用 (鯉渕清・二戸信和) 123
    [1] 高炉スラグの資源循環と性質の現状 123
    [2] 高炉スラグの資源循環の新たな可能性 125
   3.2 フライアッシュの利用 (李昇憲) 134
    [1] フライアッシュの発生と資源循環 134
    [2] フライアッシュの特性 135
    [3] フライアッシュを混和したコンクリートの特性 141
    [4] フライアッシュの使用に際しての留意点 142
   3.3 シリカフュームの利用 (坂井悦郎) 145
    [1] 貴重な資源としてのシリカヒューム 145
    [2] 資源循環から見たシリカヒューム 149
   3.4 レディーミクストコンクリートと資源循環 (安藤哲也) 152
    [1] レディーミクストコンクリート 152
    [2] 生コンクリート用骨材 152
    [3] 生コンクリートエ場で発生するスラッジ 154
   3.5 コンクリート廃材の資源循環 (柳橋邦生) 162
    [1] コンクリート廃材の発生状況 162
    [2] 骨材の資源循環化技術 163
    [3] 再生微粉の資源循環化技術 167
   3.6 建設廃材と資源循環 (浅見琢也) 171
    [1] 廃棄物となった建材の資源化 171
    [2] 石綿含有建材の資源循環 173
   3.7 資源循環と微量成分 (高橋茂・大宅淳一) 176
    [1] セメント産業が活用している廃棄物・副産物 176
    [2] 微量成分に関する基準値 177
    [3] セメントから溶出しやすい微量成分 178
    [4] セメント硬化体からの微量成分の溶出 180
    [5] 供用実態に即したコンクリートからの微量成分の溶出評価 182
    [6] コンクリートの資源循環と溶出成分の環境影響評価 184
第4章 社会環境材料の高性能化・多機能化
   4.1 膨張材による高性能化 (盛岡実) 189
    [1] 膨張材とコンクリートの耐久性 189
    [2] 膨張材の水和反応と膨張機構 193
   4.2 エトリンガイトの利用による多機能化 (松永嘉久・山本賢司) 198
    [1] エトリンガイトによる微細構造の制御とコンクリートの多機能化 198
    [2] セメント・コンクリートの高強度化 198
    [3] セメント・コンクリートの超早強化 204
   4.3 化学混和剤の利用による高性能化 (山田一夫・新大軌) 209
    [1] 化学混和材とは 209
    [2] 減水剤・高性能減水剤 210
    [3] 凝結・硬化調節剤 216
    [4] 収縮低減剤 217
   4.4 CO[2]固定化による高性能化 (盛岡実・斎藤豪) 220
    [1] 長期耐久性への可能性 220
    [2] 「自己防衛機能」を持つy-Ca2SiO 221
    [3] γ-Ca[2]SiO[4]の炭酸化メカニズムとその他の利用 225
   4.5 超高耐久化・超高強度化 (大脇英司) 227
    [1] コンクリートの超高耐久化と環境 227
    [2] コンクリートの超高強度化と環境 232
あとがき (大門正機) 241
   注 : CO[2]の[2]は下つき文字
   注 : Al[2]O[3]の[2]と[3]は下つき文字
   注 : CaSO[4]の[4]は下つき文字
46.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
古井貞熙著
出版情報: 東京 : 角川学芸出版 , 東京 : 角川グループパブリッシング (発売), 2009.2  238p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 音声認識ができるコンピュータの実現を目指して
   世界で最初の音声認識装置はおもちゃの犬だった 016
   音声認識の主な用途はコンピュータとの対話と自動書き起こし 017
2 太脳と声帯と声道から音声が作られる
   音声は人が神様から授かった貴重な財産 021
   音声の基本的単位としての音素と文字 024
   アクセント・イントネーション・トーン 027
   音声は個人差が大きい 029
   音声にも色がある 030
3 耳と太脳で認識する巧みな仕組み
   聴覚は日常生活に不可欠 035
   「現在」には長さがある 040
   動物の耳と人の耳はかなり違う 041
   感動的な人工内耳 044
   声紋を見れば関東か関西出身者かがわかる 047
   大脳中枢による音声認識はトップダウン・ボトムアップ過程 050
   人はカテゴリー知覚が得意 054
   言葉を構築する脳と言葉を理解する脳は違う 056
   外国語を身につけるなら子供のときに 057
   カタカナ英語でなく「掘った芋いじるな」で勉強しよう 058
   音声は変化しているところが最も重要 060
   人は声の個人差にすばやく適応している 064
   空耳は大脳のトップダウン処理の産物 065
   音が音を消してしまうマスキング 068
   音が来る方向にはいろいろな手がかりがある 072
   耳の形は千差万別 075
   カクテルパーティー効果と地獄耳は高度な機能 076
   ハース効果のおかげでコンサートが楽しめる 078
   音声認識と他の情報の認識の仕組みには違いがある 080
4 コンピュータは人の真似をして音声を認識する
   音声から文字を解続する 083
   まず音声を「音のプリズム」に通して色分けする 086
   「ケプストラム」で色分けを滑らかにする 093
   「デルタケプストラム」で色の動きを取り出す 098
   DPマッチングで色が合っているテンプレートを選んで音声認識 100
5 統計的パターン認識が現在の音声認識の屋台骨
   統計的パターン認識って何だ 104
   音響モデルはHMMで表す 108
   HMMによる単語音声認識は簡単 113
   大語彙連続音声認識のためにはトライフォンHMMを使う 113
   HMMは音声を用いて自動的に作れる 118
   文法は統計的言語モデルで表す 120
6 音声認識システムを作ってみよう
   まず音声コーパスとテキストコーパスを集めてくる 126
   音声コーパスを使ってHMMを学習する 128
   テキストコーパスを使って言語モデルを学習する 130
   大規模テキストコーパスが得られないときは単語ネットワークで文法を表す 135
   大語彙連続音声認識を動かしてみよう 136
   人がしゃべっているところだけを取り出すには 142
   単語をどう読むかがわからないと音声認識ができない 144
   箸(はし)と橋(はし)の区別はできない 148
   音声認識の結果に信頼がおけるかどうかを測るには 150
   音声認識の性能は単語正解精度で測る 151
7 ロボットとの音声対話システムを作ってみよう
   音声対話システムは人工知能 156
   音声対話システムには三つのスタイルがある 158
   ウィザード・オブ・オズ法で音声コーパスを集める 160
   チューリングテストで対話システムが人間並みか評価する 161
8 コンピュータの音声認識の性能はどこまで人に近づいたか
   山に例えればまだ五合目くらいにある 163
   音声認識は三つの軸によって難しさが表せる 164
   コンピュータの音声認識の誤りは人の10倍 166
   音声の変動に頑健にするために 168
   音素モデルを自動的に適応させる 170
   言語モデルを自動的に適応させる 174
   読唇術を音声認識に使ってみる 176
9 いろいろな言語の音声認識の研究が行われている
   英語の音声認識と日本語の音声認識の難しさは同程度 179
   いろいろな言語によって音声認識の難しさが違う 180
   音声認識の研究が特に進んでいるのはアメリカと日本 184
   アメリカでは国防のための音声認識研究が行われている 185
   日本では話し言葉を対象とした音声認識研究がさかんに行われている 187
10 音声認識にはいろいろな使い方がある
   情報案内・予約システム 191
   コールセンターの業務効率化 191
   電話サービスにおけるコンプライアンスの自動チェック 192
   音声によるコンピュータヘのデータ入力 193
   PDAや携帯電話での音声認識 193
   放送ニュースなどへの字幕の自動付与194
   放送ニュースなどのアーカイブ化 197
   医師のカルテ作成 199
   会議録や講義録の自動作成 199
   語学教育への応用 200
   知能ロボットとの対話 201
   障がい者の補助 202
   音声ゲーーム 204
   音声翻訳システム 204
   音声の自動要約 205
   誰の声かの認識(話者認識) 208
   動物の声の認識 210
11 音声認識装置を使ってみませんか 212
12 コンピュータによる音声認識の将来 216
13 あとがき 222
用語解説 229
1 音声認識ができるコンピュータの実現を目指して
   世界で最初の音声認識装置はおもちゃの犬だった 016
   音声認識の主な用途はコンピュータとの対話と自動書き起こし 017
47.

図書

図書
井野邊陽著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.4  349p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1636
所蔵情報: loading…
48.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
林輝, 伊藤高廣共著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2009.1  viii, 181p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
基礎編
1. 機構学機械の骨組みを考える学問
   1.1 用語 2
   1.2 機構の自由度 4
   1.3 機構の自由度Fを求める関係式 5
    1.3.1 平面機構の場合 5
    1.3.2 立体機構の場合 9
   演習問題 10
2. 点と物体の運動
   2.1 点の運動の表示方法 12
    2.1.1 直交座標表示 13
    2.1.2 極座標表示 13
    2.1.3 接線座標表示 15
    2.1.4 接線極座標表示 16
   2.2 物体の運動の表示方法 17
   2.3 速度の相似則と瞬間中心 19
   演習問題 21
3. リンク機構
   3.1 四節回転機構 23
    3.1.1 クランク-レバー機構 24
    3.1.2 ダブル-クランク機構 26
    3.1.3 ダブル-レバー機構 27
   3.2 機構の解析 28
    3.2.1 速度の解析 28
    3.2.2 角度の解析 29
    3.2.3 変位曲線の解析 30
   3.3 クランク-スライダー機構 31
   3.4 ダブル-スライダー機構 33
   演習問題 34
4. カム機構
   4.1 カムの種類 35
   4.2 板カムの理論 37
    4.2.1 ポイントフォロワカム 37
    4.2.2 ローラフォロワカム 39
    4.2.3 平面フォロワカム 40
    4.2.4 曲面フォロワカム 41
   演習問題 46
5. 歯車
   5.1 歯形の特徴 47
   5.2 歯車の種類 50
   5.3 インボリュート歯車 52
    5.3.1 インボリュート歯車の特徴 52
    5.3.2 インボリュート歯形の創成 53
    5.3.3 標準歯車 54
   5.4 歯車装置 58
    5.4.1 歯車装置の形式と重量の比較 59
    5.4.2 歯車装置の速度伝達比の求め方 59
    5.4.3 最適速度伝達比 62
   演習問題 62
6. 摩擦伝動
   6.1 車輪走行(鉄道,自動車) 64
   6.2 摩擦車 65
   6.3 ベルト伝動 65
   6.4 巻き上げ機 67
   6.5 トラクションドライブ 68
   演習問題 69
7. ねじ
   7.1 締結ねじ 71
    7.1.1 ねじの締付け方法 73
    7.1.2 ねじの締付け特性線図 75
    7.1.3 ねじの強さ 77
   7.2 送りねじ 79
   演習問題 81
8. 案内要素
   8.1 直線案内 82
    8.1.1 すべり案内 83
    8.1.2 ころがり案内 85
    8.1.3 流体静圧案内 86
   8.2 回転案内 87
    8.2.1 ジャーナル軸受 87
    8.2.2 動圧軸受 88
    8.2.3 ころがり軸受 89
    8.2.4 磁気軸受90
   8.3 各種軸受の負荷容量と特徴 91
   演習問題 91
応用編
9. ロボット・メカトロニクス
   9.1 ヒューマノイド 93
   9.2 サッカーロボット 96
   9.3 マイクロ相撲ロボット 97
   9.4 メカトロニクス序論 100
   9.5 鉄道とメカトロニクス 103
   9.6 電子シャッタ 107
   9.7 鉄道模型のメカトロニクス 108
   9.8 固有振動数と共振 114
   演習問題 120
10. 鉄道,自動車
   10.1 鉄道車両の運動と制御 121
    10.1.1 自己操舵性と踏面勾配 121
    10.1.2 台車のメカニズム 123
    10.1.3 高速鉄道実現のための技術 125
   10.2 自動車の運動 131
    10.2.1 コーナリングフォース 131
    10.2.2 旋回特性 132
   演習問題 138
11. マイクロマシン
   11.1 マイクロマシンの特徴 140
   11.2 マイクロメカニズム 142
   11.3 MEMS 142
    11.3.1 MEMSの特徴 142
    11.3.2 MEMSの製作手法 145
    11.3.3 MEMSの応用 149
   11.4 分子機械 156
   演習問題 158
   引用・参考文献 161
   演習問題解答 164
基礎編
1. 機構学機械の骨組みを考える学問
   1.1 用語 2
49.

図書

図書
Nicholas J. Turro, V. Ramamurthy, J.C. Scaiano
出版情報: Sausalito, Calif. : University Science Books, c2009  xxi, 495 p. ; 26 cm
所蔵情報: loading…
50.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
正井久雄 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 共立出版, 2009.3  p301-588 ; 28cm
シリーズ名: 蛋白質核酸酵素 ; 2009年3月号増刊 Vol.54, No.4(通巻752号)
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序 正井久雄 307
Ⅰ.“染色体サイクル”研究の概論
   染色体サイクル制御の基本 正井久雄 311
Ⅱ.G1期の染色体制御から染色体複製開始にいたる道のり
   慨論 升方久夫 317
   哺乳類染色体複製の空間的・時間的プログラムの確立 David M. Gilbert 320
   染色体の複製と安定性を司る RB/E2F 大谷清・大園瑛子 327
   アフリカツメガエル卵抽出液における preRC 形成―因子の同定から制御機構の理解へ 大出晃士・滝澤温彦 334
   大腸菌の染色体複製開始制御機構 片山勉 343
   真核生物染色体DNAの複製開始を担う複製蛋白質複合体の形成 荒木弘之 350
   複製開始点活性化の時間的・空間的制御の仕組み 升方久夫 356
   複製開始と進行におけるMCM蛋白質複合体 石見幸男 364
Ⅲ.染色体複製フォーク制御とDNA損傷,複製ストレス応答機構
   慨論 釣本敏樹 370
   クランプとクランプローダーによる複製フォーク機能制御 釣本敏樹 374
   複製ストレスチェックポイント制御による複製フォーク安定化機構 田中克典 380
   DNA複製阻害を回避するDNA損傷トレランス機構 菱田卓 388
   DNA損傷応答とピストン修飾 井倉毅 394
   動物細胞の紫外線DNA損傷の修復と複製 益谷央豪 399
Ⅳ.染色体の分配とM期制御
   概論 青木敬太・仁木宏典 406
   バクテリアの染色体分配の普遍性と多様性 波田野俊之・仁木宏典 409
   コンデンシンをめぐる5つの疑問 平野達也 416
   ブリンキン―紡錘体形成チェックポイントと微小管結合に必須なキネトコア蛋白質 清光智美・小布施力史・柳田充弘 421
   染色体分配装置セントロメアの形成メカニズム 中野めぐみ・舛本寛 427
   姉妹染色分体のセントロメアにおける接着保護機構 丹野悠司・渡邊嘉典 436
   リン酸化によるM期制御 笠原広介・後藤英仁 441
Ⅴ.染色体組換えの制御機構
   慨論 篠原彰 447
   抗がん剤で考えるDNA組換えの制御機構 茂木章・武田俊一 450
   減数分裂期特異的DNA2本鎖切断機構 笹沼博之・太田邦史 459
   減数分裂期組換えの制御の分子メカニズム 篠原美紀・篠原彰 466
   ヒト染色体DNA切断の修復機構 足立典隆・矢野憲一・黒沢綾 472
   分裂細胞における2本鎖DNA損傷相同組換え修復制御―サイクリン依存性キナーゼの古くて新しい役割 江刺史子 479
Ⅵ.染色体サイクルのクロマチン制御
   慨論 中山潤一 485
   ダイナミックなクロマチン高次構造としてのヘテロクロマチン 村上洋太 488
   クロマチン構築を介したDNA複製制御 高見恭成 496
   細胞周期依存的なヒストンのアセチル化 増本博司 502
   細胞老化におけるクロマチン構造変換のダイナミズム 定家真人・成田匡志 508
   テロメア特異的なクロマチン構造によるテロメアDNA維持機構 加納純子 514
Ⅶ.染色体サイクルの連携的制御機構
   慨論 正井久雄 521
   Cdc7 キナーゼによる多様な染色体制御 正井久雄 524
   染色体動態制御における複製開始複合体因子の新たな機能 藤田雅俊 531
   複製,組換え,転写のコラボレーションによる遺伝子増幅 小林武彦 537
   姉妹染色分体接着機構と複製フォーク再生機構との関連 関政幸・Mong Sing Lai・榎本武美 543
   相同染色体の対合―減数分裂のもう1つのクライマックス 山本 歩 547
Ⅷ.染色体動態制御と疾患
   慨論―染色体動態制御と疾患の研究における新展開 藤田雅俊 552
   チェックポイント制御と発癌 中西真 556
   細胞分裂期制御と発癌 佐谷秀行・張 威・Sampetrean Oltea 561
   染色体不安定性と発がん 朝長殻 568
   DNA切断修復とナイミーヘン症候群 小林純也・小松賢志 574
   ファンコニ貧血とDNA損傷応答ネットワーク 松下暢子・北尾洋之・石合正道・高田穣 580
Key Words 索引 586
序 正井久雄 307
Ⅰ.“染色体サイクル”研究の概論
   染色体サイクル制御の基本 正井久雄 311
51.

図書

図書
土屋俊著
出版情報: 東京 : くろしお出版, 2009.5  iv, 426p ; 22cm
シリーズ名: 土屋俊言語哲学コレクション ; 2
所蔵情報: loading…
52.

図書

図書
讃岐美智義著
出版情報: 東京 : 克誠堂出版, 2009.10  x, 247p ; 24cm
所蔵情報: loading…
53.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
古賀邦正著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.11  254p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1658
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 5
第1部 ウイスキーのプロフィール 15
 第1章 それは偶然から始まった-錬金術と密造が拓いた歴史 16
   失われない尊厳 16
   劇的な変化 18
   錬金術が生んだ蒸留酒 20
   「密造」が生んだ熟成 23
   そして多様化へ 24
   樽の不思議 27
   定量化しにくい「美徳」 30
 第2章 世界のウイスキー群像-歴史が育んだ「5つの個性」 32
   「5大ウイスキー」とは 32
   伝統が生んだ多様さ-スコッチ 34
   すっきりした軽さ-アイリッシュ 38
   新樽の木香が特徴-アメリカン 40
   禁酒法で急成長-カナディアン 42
   スコッチの製法を踏襲-ジャパニーズ 44
   ジャパニーズの高い評価 46
   ジャパニーズ誕生物語 49
 第3章 ウイスキーができるまで-若武者が大人の美徳をそなえるまで 53
   モルトウイスキーの工程 53
   グレーンウイスキーの工程 56
   完成度が高いのはブレンデッド 57
   「育てる」ではなく「育つ」 58
   限りなく透明な時間 60
第2部 ウイスキーの少年時代 65
 第4章 麦芽の科学-栄養と機能を横取りする人間の知恵 64
   原料は二条大麦 64
   栄養と機能の塊 66
   ピートの香りはモルトのアクセント 69
 第5章 仕込みと発酵の科学-微生物たちの饗宴 73
   「醸造」の不思議 73
   ビールとの違い 74
   発酵の3つの形式 77
   パスツールと酵母 79
   ウイスキー酵母とエール酵母 83
   大切にされる香味成分 85
   乳酸菌の登場 86
   菌に与える「住まい」 89
 第6章 蒸留の科学-躍り出る酒精たち 91
   ほとばしる“生命の水” 91
   ポット・スチルの美しさ 92
   揮発成分の複雑な挙動 95
   絶妙な設計 97
   銅でなければならない理由 99
   初留、再留、ニューポット誕生 101
   「パテント・スチル」の皮肉 104
 第7章 樽の科学-品質を左右する神秘の器 109
   造船技術が生んだ「曲線」 109
   5種類の樽 110
   なぜ「柾目取り」なのか 113
   なぜ自然乾燥なのか 115
   「反応器」としての機能 118
   不思議な操作「チャー」 119
   樽の履歴と「第二の人生」 122
 第8章 貯蔵の科学-ウイスキーは環境と会話する 124
   99%羽状を占める工程 124
   樽は呼吸している 125
   天使の分けまえ 129
   水も出入りしている 130
   「環境」も個性に影響する 134
   樽を「聞く」人 136
第3部 熟成の科学 137
 第9章 「香り」の構造-ニューポット由来成分がつくる熟成香 138
   樽という小宇宙 138
   熟成のあらまし 140
   β-ダマセノンは「バラの香り」 141
   「酸化」「アセタール化」「エステル化」 144
   消えてゆく未熟成香 147
 第10章 樽は溶けている-樽由来成分とエタノール濃度の驚異 150
   変貌する小宇宙 150
   大量に溶け出す樽由来成分 151
   抽出とエタノリシス 153
   クェルクスラクトンは「ココナッツの香り」 155
   「難物」の高分子成分 157
   タンニン由来の主要ポリフェノール酸 161
   セルロースとヘミセルロースの分解と変化 163
   リグニン由来化合物の「バニラの香り」 164
   エタノール濃度の不思議 167
   「60%」の僥倖 172
 第11章 「味」に関する考察-「甘さ」「辛さ」を分けるもの 176
   不揮発成分は「地味な味」 176
   評価のポイントは「甘さ」と「辛さ」 177
   5つの基本味 178
   「辛み」とは痛みである 181
   「渋み」のメカニズム 182
   「アルコールの味」受容のしくみ 184
   「甘さ」「辛さ」は刺激が決める 186
 第12章 「多様さ」の謎を追う-水とエタノールの愛憎劇 188
   千差万別の表情 188
   水とエタノールの特異な関係 190
   水は“変わりもの” 193
   「安定」を支える水 195
   オン・ザ・ロックができるわけ 197
   “愛憎半ば”する挙動 199
   完全には混ざり合わない 201
   「新説」エタノール溶液の構造モデル 205
   「多様さ」のカギは「水和シェル」にあり 208
 第13章 「まろやか」になる理由-再び現れる意外な「役者」 211
   なぜ熟成が「まろやかさ」を生むのか 211
   「熟」で見る分子のふるまい 213
   60%エタノール溶液の融解過程 216
   意外なキーパーソン 219
   バリニンやポリフェノール酸の活躍 223
   水カプセルを包む“揺りかご” 225
   「後熟」にひそむ謎 227
   少し“残念な”工程 230
 第14章 ウイスキーは考えている-わすれたくない3つのキーワード 232
   「能動的に待つ」ということ 232
   「循環」のとてつもない力 235
   「かたち」ではなく「状態」 237
   ウイスキーは考えている 240
おわりに 241
参考文献・総説 250
さくいん 254
ウイスキーについてのよくある質問 244
はじめに 5
第1部 ウイスキーのプロフィール 15
 第1章 それは偶然から始まった-錬金術と密造が拓いた歴史 16
54.

図書

図書
太和田善久, 岡本博明監修
出版情報: 東京 : シーエムシー出版, 2009.7  vii, 271p ; 27cm
所蔵情報: loading…
55.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
長野哲雄 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 共立出版, 2009.9  p1429-1716 ; 28cm
シリーズ名: 蛋白質核酸酵素 ; 2009年9月号増刊 Vol.54, No.12(通巻760号)
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序 長野哲雄 1435
Ⅰ.序論
   創薬をめざした構造生物学とケミカルバイオロジーの融合研究 長野哲雄 1439
Ⅱ.ターゲットタンパク研究プログラムの紹介
1.生産部門
   無細胞蛋白質合成と非天然型アミノ酸部位特異的導入を特徴とする高難度蛋白質試料調製技術の開発
   オーバービュー 横山茂之・遠藤弥重太・上田卓也・田之倉優 1441
   コムギ胚芽無細胞系を用いた膜蛋白質生産 野澤彰・戸澤譲・澤崎達也・遠藤弥重太 1443
   再構築型無細胞蛋白質合成系 PURE system 上田卓也 1448
   蛋白質巻き戻し 田之倉優 1452
   非天然型アミノ酸を蛋白質へ部位特異的に導入する技術の開発とその応用 坂本健作・横山茂之 1454
   真核生物由来膜蛋白質の結晶化支援法の開発―GFP融合技術を用いた結晶化能判定系と酵母による蛋白質生産系 加藤博章・山下敦子・江川響子・崎山慶太 1461
   微量蛋白質の1段階精製を可能にするTARGETタグシステム 高木淳一 1468
2.解析部門
   高難度蛋白質をターゲットとした放射光X線結晶構造解析技術の開発
   オーバービュー 若槻壮市・山本雅貴・田中勲・三木邦夫・中川敦史 1476
   蛋白質微小結晶構造解析 : その極限でめざすもの 平田邦生・清水伸隆・上野剛・熊坂崇・山本雅貴 1477
   重原子標識の不要な蛋白質結晶構造解析 松垣直宏・山田悠介・平木雅彦・五十嵐教之・若槻壮市 1484
   非標識蛋白質構造解析のための結晶マウント法の開発 北郷悠・渡邉信久・田中勲 1490
   SPring-8およびPhoton Factoryでの共通自動結晶マウントシステムの開発 藤橋雅宏・三木邦夫 1493
   微小結晶からのデータ収集のためのデータ処理技術の開発 中川敦史・山下栄樹・吉村政人・鈴木守 1496
   固体NMRによる膜蛋白質複合体構造解析技術 藤原敏道 1499
   SAIL法による高分子量蛋白質構造解析NMR技術の進歩 武田光広・寺内勉・小野明・甲斐荘正恒 1506
3.制御部門
   化合物ライブラリー設備と化合物管理・提供システムの構築 小島宏建 1512
   多様な化合物空間を考慮したジェネラルライブラリーの構築 安野和浩・古谷利夫 1518
   スクリーニング基盤の構築 岡部隆義 1526
4.情報部門
   ターゲットタンパク研究プログラム情報プラットフォーム 菅原秀明・中村春木・金子明人・大野美恵 1530
   構造バイオインフォマティクス 由良敬・塩生真史・藤博幸 1535
Ⅲ.構造生物学とケミカルバイオロジーの融合
1.質の高い化合物ライブラリーの構築
   企業における化合物ライブラリー 折田正弥・大野一樹・新美達也 1542
   天然化合物ライブラリーの構築と利用 斎藤臣雄・野川俊彦・加藤直樹・近藤恭光・長田裕之 1551
2.ケミカルバイオロジーを支えるスクリーニング系
   蛋白質間相互作用の検出と阻害剤スクリーニング技術 加藤美紀・宇多田玲・津金沢恵子・田仲昭子 1557
   ハイスループット細胞アッセイ 岡部隆義1563
   質量分析によるプロテオミクス 山口健太郎 1568
   新規アフィニティーカラム技術開発と創薬ターゲットの同定 田中明人 1576
3.in silico 創薬を支える基盤技術
   蛋白質構造を利用した創薬(SBDD)の最先端 本間光貴 1582
   in silico創薬技術に基づくSBDDの実際 広野修一・合田浩明 1590
   機能的リガンド認識のための多様なG蛋白質共役型受容体の構造 石黒正路 1598
   G蛋白質共役型受容体のX線構造解析の現状 岩田想・岩田茂美 1605
4.合理的分子設計の新たな概念 : FBDD(FBLD)
   小分子から薬剤へ : FBLD 畠山昭・巾下広 1611
   NMRによるFBDDの実際 半沢宏之・滝沢剛 1617
   X線によるFBLDの実際 山野昭人 1622
5.高難度標的としての蛋白質-蛋白質相互作用
   蛋白質ネットワーク解析から展開するケミカルバイオロジー 夏目徹 1628
   NMRによる蛋白質複合体解析技術 高橋栄夫 1634
   統合的 in silico 手法による蛋白質間相互作用の薬剤標的としての可能性の評価 菅谷昇義 1641
Ⅳ.ターゲットタンパク研究プログラムの成果
   細胞接着装置構成蛋白質の構造生物学的研究―Lglファミリー分子トモシンによる小胞融合の制御機構 山本泰憲・匂坂敏朗 1647
   創薬につながる V-ATPase の構造・機能の解明―バクテリア V-ATPase の構造情報を基にした創薬への挑戦 村田武士 1654
   ピロリジル tRNA 合成における翻訳の直交性の分子構造基盤 濡木理 1660
   巨大で複雑な蛋白質分解装置の形成機構 水島恒裕・田中啓二 1670
   核酸およびレドックス調節パスウェイを標的とする抗トリパノソーマ薬の開発 北潔・稲岡健ダニエル・原田繁春 1676
   アルツハイマー病治療薬創出に向けたγセクレターゼの構造解析と機能制御 富田泰輔 1684
   活性酸素生成酵素NADPHオキシダーゼの構造と活性化機構 住本英樹 1690
   放線菌における有用物質生産制御因子の構造・機能解析 宮川拓也・大西康夫・田之倉優・堀之内末治 1696
   花成ホルモン,フロリゲン―その構造解析から分子機構の理解へ 田岡健一郎・辻寛之・島本功 1702
   げっ歯類ペプチド性フェロモンESPと鋤鼻受容体V2Rの構造と相互作用 吉永壮佐・城紗智子・東原和成・寺沢宏明 1708
Key Words 索引 1714
序 長野哲雄 1435
Ⅰ.序論
   創薬をめざした構造生物学とケミカルバイオロジーの融合研究 長野哲雄 1439
56.

図書

図書
天野郁夫著
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2009.5  391p ; 18cm
シリーズ名: 中公新書 ; 2004 . 大学の誕生||ダイガク ノ タンジョウ ; 上
所蔵情報: loading…
57.

図書

図書
立花隆著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.8  245p ; 18cm
シリーズ名: 講談社現代新書 ; 722
所蔵情報: loading…
58.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
岸本忠三, 中嶋彰著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.3  286, viip ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1633
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
プロローグ 12
第一章 パンデミック・インフルエンザの脅威 17
   復活したスペイン風邪ウイルス 17
   ハルティン、アラスカへの旅再び 19
   ウイルス復元で世界的大流行に備え 21
   「種の壁」崩したインフルエンザ 22
   インフルエンザ・ウイルスはナノサイズ 26
   ウイルスの表面の突起が変化 30
   変身ウイルスに免疫は苦戦 32
   スペイン風邪ウイルスの人工合成へ 36
   RNAからDNAに「情報」を移し替え 37
   米サイエンスと英ネイチャーに論文掲載 40
   一九九九年に河岡がインフルエンザ・ウイルスを復元 41
   初回の実験、あっけなく成功 43
   河岡、混成ウイルスを作成 44
   鳥インフルエンザ・ウイルスの変身、アミノ酸の変異で裏付け 46
   河岡もスペイン風邪ウイルスを復元 48
   ワクチン開発は時間との戦い 51
   抗インフルエンザ薬も頼り 52
   コラム 病原菌とウイルス 29
   抗体は五種類 34
   情報伝達分子(サイトカイン)とは 50
第二章 免疫学ことはじめ 55
   ジェンナーが開発した種痘 55
   牛痘ウイルスは天然のワクチン 58
   ジェンナー以前に人痘の試み 60
   北里、抗体発見のきっかけは破傷風 62
   世紀の発見「抗毒素」 64
   ベーリングと研究論文を発表 66
   特異的な抗毒素の振る舞い 67
   メチニコフが発見した「食作用」 68
   免疫の使徒たち 70
   免疫の世界の伝令役、情報伝達分子 73
   日本人が発見したインターフェロン 76
   十一面観音のようなインターロイキン6 77
   情報伝達分子と受容体 80
   コラム 医薬にならなかったインターロイキン6 81
第三章 関節リウマチ克服物語 83
   関節と骨を破壊する関節リウマチ 83
   リウマチを起こす免疫の内乱 85
   北里から百年、抗体医薬が登場 87
   「治療革命」起こしたリウマチ新薬 89
   シグナル伝達と遮断のメカニズム 91
   ネズミの体に「異物」のインターロイキン6受容体を注入 95
   「抗・抗体」出現の難問 98
   遺伝子工学を駆使して抗体をヒト化 99
   ACR改善率が裏付ける効用 101
   一九九〇年に共同研究の打診 102
   山村研に「留学」していた貞広 104
   英国で「ビギナーズ・ラック」、ヒト化抗体完成 105
   吉崎、キャッスルマン病の患者に遭遇 106
   リンパ節からインターロイキン6検出 108
   先輩医師が「自分の体を使って」 109
   キャッスルマン病の治療に成功 111
   関節リウマチより他の病気治療を先行 112
   米国での好成績受けリウマチ治療開始 113
   期待と不安が交錯 114
   根っこの領域で免疫異常を修復 116
   動物実験で効果証明 117
   製品化への課題 118
   海外から追い風、事業化決断 119
   幼馴染みとの再開を機に連携 121
   新薬は関節破壊プロセス封じこめに成功 122
   結核の副作用も 123
   コラム 従来のリウマチ治療薬の限界 94
   抗体の先端部は姿を変える 96
第四章 がんと抗体医薬の物語126
   攻撃相手はがん細胞だけ 126
   ハーセプチンはHER2が標的 127
   乳がん治療に効果 129
   リツキサンは「CD20」標的 129
   がん細胞を兵糧攻めするアバスチン 132
   急速に拡大する抗体医薬市場 133
   ポスト抗体医学となるか、低分子標的医薬 135
   末期がんの悪液質を抗体医学で改善 136
第五章 モノクローナル抗体物語 138
   「異物」には必ず抗体を作る免疫の不思議 138
   ポリクローナル抗体とモノクローナル抗体 139
   免疫の生体防衛戦略 141
   モノクローナル抗体をどう作る? 142
   岡田が突き止めた細胞融合 143
   英ハリスが岡田の成果に注目 144
   細胞融合はiPS細胞のゆりかごにも 146
   ミルシュタインのモノクローナル抗体への挑戦 147
   モノクローナル抗体の生産に成功 149
   ミルシュタインらノーベル賞受賞 150
   険しかった抗・抗体の壁 151
   復活したミサイル療法 152
   ポロクローナル抗体で抗体医薬も 153
   多剤耐性菌にはポリクローナル抗体が有用 154
第六章 もう一つの関節リウマチ克服物語 157
   小児科医に立ちはだかった全身性小児リウマチ 157
   阪大・吉崎との出会い 159
   ”新薬”を治療外使用 160
   劇的に現れた効果 161
   「先生、体が軽くなったよ」 162
   インターロイキン6がおかした単独犯行 163
   臨床試験へと前進 165
   背が伸び始めた少女 166
   最後の仕上げ、第Ⅲ相試験 168
   英ランセットに研究論文掲載 169
第七章 TNFの物語 171
   発見から医薬まで紆余曲折 171
   「コーリーの毒」でがん治療 172
   「夢の抗がん剤」TNFの発見 173
   日米企業がつば競り合い 175
   敗血症性ショックを起こしたTNF 176
   抗がん剤の夢消失 178
   「ならば抗体で敗血症ショックを治療」 179
   リウマチ治療薬として成功 180
第八章 自然免疫物語 183
   ”死語”から復活した自然免疫 183
   ”独立”が転機に 185
   成果出尽くし焼け野原だった免疫分野 187
   兵庫医大の中西と共同研究 188
   LPSを与えても死なないネズミ 190
   グリックの失敗と審良の失敗 191
   仏ホフマンがToll「発見」 193
   人間に病原体センサー 194
   データベースで類似遺伝子を収集 195
   タッチの差で敗北 197
   他のTLRで巻き返し 199
   二十一世紀に出現した「TLRファミリー」 201
   従来の免疫は獲得免疫に 202
   「免疫学ことはじめ」をもう一度 204
   自然免疫対獲得免疫 207
   病原菌のDNAを認識するTLR9 210
   細胞表面には存在しないTLR9 211
   CG配列を目印に 213
   「メチル化」の有無でも判断 214
   RNAウイルスを感知するTLR7 216
   イミダゾキノリンを足がかりに 217
   海外の研究グループと連携 218
   小腸で活躍するべん毛センサーTLR5 220
   免疫が腸内細菌に反応しない理由も明らかに 221
   グラム陽性菌を監視するTLR2 223
   「ヘテロ二量体」でリポたんぱくを認識 225
   「MyD88依存経路」と「非MyD88依存経路」 226
   本庶の元で武者修行した審良 229
   ただごとではない遺伝子の探索 231
   もう一つのRNAセンサー 234
第九章 自然免疫が解き明かしたミステリーの物語 237
   「コーリーの毒」の真相判明 237
   DNAワクチンの謎も解明 238
   山村も自然免疫にかかわった 241
   BCGの細胞壁に注目 243
   山村、岸本、審良の研究につながった 244
   CWSはがんにも効果 245
   丸山ワクチンの効用も自然免疫 247
   敗血症性ショックの治療に自然免疫 249
   DNAワクチンでがん治療 251
   DNAワクチンは動物では実用化 252
   イミダゾキノリン誘導体は既に医薬に 254
第十章 もう一つの自然免疫物語 257
   病原体DNAに最初に注目した徳永徹 257
   世界でBCGブーム 258
   BCG療法は現代では膀胱がん治療に実績 259
   徳永が遭遇した「DNAの不思議」 261
   米国立がん研究所誌に成果発表 264
   「移転問題」の中でもDNA研究は捨てず 265
   合成DNAで「CGモチーフ」を発見 266
   CG配列で免疫を刺激しない不思議 268
   メチル化が免疫活性を左右 270
   三井製薬工業と医薬探求 272
   一九九〇年代半ばにCG配列に光 273
   徳永の復権 276
   コラム 病原体センサーと徳永 263
エピローグ 279
参考文献 285
さくいん 293
プロローグ 12
第一章 パンデミック・インフルエンザの脅威 17
   復活したスペイン風邪ウイルス 17
59.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
メアリ・K・マカスキル著 ; 片岡英樹訳・解説
出版情報: 京都 : 京都大学学術出版会, 2009.12  xii, 315p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき i
訳者まえがき iii
Acknowledgments vi
第1章 テクニカルライティングにおける英文法の基本
   1.1. 効果的ライティングに必須の英文法とは 4
   1.2. 名詞の所有格のポイントを知る 5
    1.2.1. 所有格の作り方 5
    1.2.2. 無生物名詞の所有格 6
   1.3. 代名詞を明確にする 8
    1.3.1. 先行詞 8
    1.3.2. 人称代名詞 10
    1.3.3. 関係代名詞 12
    1.3.4. 指示代名詞 17
   1.4. 動詞を効果的に運用する 21
    1.4.1. 動詞の時制 21
    1.4.2. 動詞の仮定法 26
    1.4.3. 動詞の態 28
    1.4.4. 動詞の数の一致 28
   1.5. 形容詞を正しく使う 35
    1.5.1. 冠詞の使い方 35
    1.5.2. 複合修飾語の正しい使い方 38
   1.6. 副詞の暖昧な使い方は避ける 45
    1.6.1. 誤った位置に置かれた副詞 46
    1.6.2. 修飾が暖昧な副詞 47
    1.6.3. 分離不定詞の使い方 48
   1.7. 前置詞の使用に慣れる 51
    1.7.1. 熟語をつくる前置詞 51
    1.7.2. 文の終わりの前置詞 51
    1.7.3. 前置詞の繰り返し 52
   1.8. 接続詞の論理的な関係を知る 55
    1.8.1. 等位接続詞の正しい使い方 55
    1.8.2. 従位接続詞の正しい使い方 59
   1.9. 準動詞を効果的に使う 65
    1.9.1. 等位動名詞と等位不定詞 65
    1.9.2. 動名詞または不定詞をとる動詞 66
    1.9.3. 懸垂準動詞 67
第2章 テクニカルライティングにおける文の構成力を高める基本手法
   2.1. 文の構成力を高める5つの手法とは 82
   2.2. 主語と動詞の関係を力強くする手法 83
    2.2.1. 主語を明確にする 83
    2.2.2. 動詞を力強くする 88
    2.2.3. 主語と動詞の関係を改善する 95
   2.3. パラレリズムにより一貫性をとる手法 99
    2.3.1. パラレリズムを必要とする接続語を選択する 100
    2.3.2. 箇条書きにする 102
   2.4. 簡潔に書く手法 105
    2.4.1. 冗漫さをさける 105
    2.4.2. 文を短くする 109
    2.4.3. タイトルを簡潔にする 112
   2.5. 比較を効果的に行う手法 116
    2.5.1. 形容詞と副詞の比較級を正しく使う 117
    2.5.2. あいまいな比較はさける 119
    2.5.3. 比較構文を効果的に使う 124
   2.6. 文を強調する手法 131
    2.6.1. 文の構成により強調する 131
    2.6.2. 句読点を使って強調する 135
第3章 テクニカルライティングに必須の句読点の使い方
   3.1. 句読点の機能とは 140
   3.2. アポストロフィ(Apostrophe) 141
   3.3. 角カッコ(Brackets) 143
   3.4. コロン(Colon) 144
    3.4.1. 導入のコロン 144
    3.4.2. コロンの慣用的用法 151
    3.4.3. 他の句読点とともに使うコロン 151
   3.5. コンマ(Comma) 152
    3.5.1. 分離のコンマ 152
    3.5.2. 囲い込みのコンマ 165
    3.5.3. コンマの慣用的用法 175
    3.5.4. 他の句読点とともに使うコンマ 178
   3.6. emダッシュ(Em Dash) 180
    3.6.1. 囲い込みのダッシュ 180
    3.6.2. 分離のダッシュ 183
    3.6.3. ダッシュの慣用的用法 186
    3.6.4. 他の句読点と使うダッシュ 187
   3.7. enダッシュ(En Dash) 188
   3.8. ハイフン(Hyphen) 190
    3.8.1. 分綴のハイフン 190
    3.8.2. 接頭辞のハイフン 191
    3.8.3. 接尾辞のハイフン 193
    3.8.4. 複合語のハイフン 193
   3.9. イタリック体(Italics) 198
    3.9.1. 強調のイタリック体 198
    3.9.2. 専門用語のイタリック体 199
    3.9.3. 差別化のイタリック体 200
    3.9.4. 記号のイタリック体 201
    3.9.5. イタリック体の慣用的用法 201
    3.9.6. ローマン体以外の書体におけるイタリック体 204
    3.9.7. 句読点のイタリック体 205
   3.10. 丸カッコ(Parentheses) 206
   3.11. ピリオド(Period) 210
    3.11.1. 略語のピリオド 211
    3.11.2. ピリオドの慣習的用法 212
    3.11.3. 他の句読点とともに使うピリオド 214
   3.12. 省略符(Points of Ellipsis) 216
   3.13. 疑問符(Question Mark) 218
   3.14. 引用符(Quotation Marks) 222
    3.14.1. 引用符の正しい使い方 222
    3.14.2. 区別を必要とする語句に使う引用符 224
    3.14.3. 他の句読点とともに使う引用符 227
   3.15. セミコロン(Semicolon) 229
    3.15.1. 等位節のセミコロン 229
    3.15.2. 連続する要素のセミコロン 231
    3.15.3. 説明句と説明節のセミコロン 233
    3.15.4. 省略構文のセミコロン 234
    3.15.5. 他の句読点とともに使うセミコロン 234
   3.16. スラッシュ(slash) 236
第4章 テクニカルライティングにおける大文字使用の基本
   4.1. 大文字を効果的に使うには 240
   4.2. 文スタイルにおける大文字使用 242
    4.2.1. 文の大文字 242
    4.2.2. 引用文の大文字 244
    4,2.3. 疑問文の大文字 246
    4.2.4. 箇条書きの大文字 247
    4.2.5. 文でない要素の大文字 248
   4.3. 表題スタイルにおける大文字使用 250
   4.4. 頭字語と略語における大文字使用 254
    4.4.1. 頭字語の大文字 254
    4.4.2. 略語の大文字 256
   4.5. 固有名詞とその形容詞における大文字使用 257
    4.5.1. 個人名と肩書き 260
    4.5.2. 地理上の名前 263
    4.5.3. 官公庁の名前 265
    4.5.4. 公共の場所と公共機関の名前 266
    4.5.5. 暦(月、曜日、休日等)と時間の名称 267
    4.5.6. 科学技術の名称 269
    4.5.7. 著作物のタイトル 270
    4.5.8. その他の固有名詞 272
用語解説 275
文献一覧 280
良い例一覧 285
索引 298
まえがき i
訳者まえがき iii
Acknowledgments vi
60.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
朝日新聞科学グループ編
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.10  246p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1656 . 今さら聞けない科学の常識||イマサラ キケナイ カガク ノ ジョウシキ ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき 5
第1章 「自然・環境」の常識 15
   1-1 植物のCO2吸収-吐き出す量と差し引きが必要 16
   1-2 サンゴの白化現象-体内の藻が抜け出し、骨格が透ける 19
   1-3 ソメイヨシノ-全木が同じ遺伝子を持つクローン 22
   1-4 どんぐり-ブナ科の木の実、食べられる 24
   1-5 食虫植物-根から採れない養分、虫から補充 27
   1-6 単子葉植物-双子葉系統樹のなかにすっぽり収まる 30
   1-7 植物工場-光・温度を制御 レタスなど生産 32
   1-8 除草剤-急所を狙い打ち植物枯らす 35
   1-9 蚊柱-効率よく繁殖するための群飛 38
   1-10 国蝶-昆虫学会が投票で決定 41
   1-11 タヌキ-都心の目撃例増加、皇居にも 43
   1-12 カブトムシとクワガタムシ-闘って勝つのはカブトムシ 46
第2章 「地球・気象」の常識 49
   2-1 桜の開花予想-気象庁・気象協会 異なる計算式 50
   2-2 梅雨の今昔-「しとしと」から「ザーッ」に変化 52
   2-3 ゲリラ豪雨-都市部に集中、原因は未解明 56
   2-4 最高気温記録-列島で目立つ「高温記録」の更新 58
   2-5 蜃気楼-「上暖下寒」で光が屈折 60
   2-6 皆既日食-「今世紀最長」で離島が大騒ぎに 63
   2-7 宇宙飛行士-10年ぶり募集、300倍越す難関 66
   2-8 南極観測船-世界有数の裂氷船、海自が運航 69
   2-9 氷河-世界最速は年14キロ移動 72
   2-10 流氷-アムール川の恵み、オホーツクに 74
   2-11 源泉温度-蒸気と熱水混じり100度越えも 77
   2-12 排出量取引-国・企業が売買、削減達成目指す 80
第3章 「医療・健康」の常識 83
   3-1 Ips細胞-必要な臓器を誘導する「万能細胞」 84
   3-2 ウイルス-最近と似て非なる「寄生生物」 87
   3-3 プリン体-毎日飲酒は通風の危険2倍 90
   3-4 フェロモン-人にもある?謎多い化学物質 92
   3-5 ヒアルロン酸-比較的安全だが、効果は? 95
   3-6 新型インフルエンザ-ヒトからヒトに感染するものに限られる 98
   3-7 白血病-4種類に分類できる「血液のがん」 101
   3-8 前頭前野-高度な精神活動の司令塔 103
   3-9 HIV検査-増える検査法、不安なら相談を 105
   3-10 後発医薬品-開発・販売コスト低く安価 108
   3-11 歩数計-加速度センサーで腰から解放 110
第4章 「食品」の常識 115
   4-1 生キャラメル-なめらかな舌触り、「生」の定義はなし 116
   4-2 アグー豚-「復元」された沖縄の在来種 118
   4-3 黒糖-「沖縄黒糖」と呼べるのは7島産だけ 120
   4-4 南高梅-バイオ技術で開発中の「スーパー南高」 122
   4-5 ビール系飲料-企業努力しても逃さぬ酒税 125
   4-6 焼酎の原料-米から「こうじ」、芋100%も可能に 127
   4-7 缶詰-密封のままなら半永久保存もOK 130
   4-8 レトルト食品-3層パック 長持ちの秘密 133
   4-9 トクホ-健康維持に役立つ「お墨付き」 136
   4-10 小麦と大豆-国内生産、梅雨で難しく 139
   4-11 かつお節-カビのありなし、東西で違う 141
   4-12 食料自給率-際立つ低さ、食の変化が原因 144
第5章 「産業・資源」の常識 147
   5-1 リニアモーターカー-摩擦に頼らず、速度無限大 148
   5-2 国産旅客機-復活目指しYS11からMRJへ 151
   5-3 ディーゼルエンジン-技術進歩でエコカーに仲間入り 154
   5-4 リチウムイオン電池-モバイル電源、自動車で脚光 156
   5-5 ハイブリッド車-二つの動力源を使い分ける「雑種」 159
   5-6 燃費-実際の運転に近づけ、新計測法導入 162
   5-7 バイオエタノール-「100度のお酒」で車を動かす 165
   5-8 石油精製-沸点の差で分離、硫黄除去に注力 167
   5-9 タンカー-安全と環境で著しい進歩 170
   5-10 ベアリング-見えない場所支える「産業のコメ」 172
   5-11 レアメタル-産業に不可欠、日本も備蓄 175
   5-12 都市鉱山-情報機器は資源の山、採算性の壁も 178
第6章 「家電・生活」の常識 181
   6-1 薄型テレビ-画素を組み込み薄い画面に 182
   6-2 ワンセグ-データを「ギュッ」、広がる可能性 184
   6-3 デジタル放送の伝達遅延-テレビで「時報」がなくなったワケ 187
   6-4 東京スカイツリー-高さ610メートルの「制震構造」 189
   6-5 MP3-時流に乗り遅れた日本メーカー 192
   6-6 免震構造-震度6でも効果を実証 194
   6-7 外断熱-すっぽり覆って省エネ効果 196
   6-8 クリーニング-汚れや衣類で、洗剤・洗い方を選択 199
   6-9 地図の記号-印の盛衰、時代を映す 202
   6-10 出口調査-「投票所選び」が重要なポイント 205
第7章 「IT」の常識 209
   7-1 IP-情報を小包化、効率的に通信 210
   7-2 データマイニング-有益情報、蓄積分から取り出す 212
   7-3 システムLSI-指先サイズ、多機能家電の頭脳 215
   7-4 電子マネー-ICを搭載、現金なしで支払い 218
   7-5 メモリーとハードディスク-そろばんと帳簿、別々の役割 221
   7-6 SSD-衝撃に強い新しい記憶装置 224
   7-7 インクジェットプリンター-熱や圧力でインクの滴を噴射 226
   7-8 進化する「鍵」-リモコン付き・携帯電話も登場 228
   7-9 生体認証-指紋などで本人確認、登録慎重に 231
   7-10 偽札防止技術-「すかし」だけじゃない紙幣進化 234
   7-11 携帯フィルタリング-有害サイト遮断、一律で弊害も 237
   7-12 迷惑メール対策-通信事業者の世界的な連携必要 240
執筆者・担当者一覧 243
さくいん 246
まえがき 5
第1章 「自然・環境」の常識 15
   1-1 植物のCO2吸収-吐き出す量と差し引きが必要 16
61.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
高梨弘毅監修
出版情報: 東京 : シーエムシー出版, 2009.6  x, 421p ; 27cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   注 : Co[2]MnSiの[2]は下つき文字
   注 : Co[2]Fe(Al,Si)の[2]は下つき文字
   注 : Co[2]Cr[1-x]Fe[x]Alの[2]、[1-x]、[x]は下つき文字
   注 : L1[0]の[0]は下つき文字
   
<基礎・物性編>
第1章 巨大磁気抵抗効果 高梨弘毅
   1 はじめに 3
   2 強磁性体の一般的な磁気抵抗効果 4
   3 巨大磁気抵抗効果(GMR)という現象 6
   4 GMRのメカニズム 8
   5 層間交換結合とGMRの振動現象 10
   6 GMRの応用とスピンバルブ 11
   7 CIP-GMRとCPP-GMR 12
   8 グラニュラー系のGMR 13
第2章 トンネル磁気抵抗効果 大兼幹彦,宮崎照宣
   1 はじめに 15
   2 Al-O障壁を用いたトンネル接合 17
    2.1 TMR比の障壁高さ依存性 17
    2.2 TMB,AMR,PHEの比較 18
   3 MgO障壁を用いたトンネル接合 20
   4 ハーフメタルを用いたトンネル接合 22
   5 その他のトンネル接合 26
    5.1 磁性半導体のトンネル磁気抵抗効果 26
    5.2 グラニュラー構造物質の巨大磁気抵抗効果 27
    5.3 有機分子-強磁性体ハイブリッドトンネル接合 27
第3章 スピン注入・蓄積効果 高橋三郎,前川禎通
   1 はじめに 31
   2 スピン注入・検出素子 31
   3 スピン伝導 33
   4 スピン蓄積 34
   5 スピン流 37
   6 スピンホール効果 38
   7 おわりに 39
第4章 スピン注入磁化反転と自励発振 鈴木義茂,久保田均
   1 スピントルク42
    1.1 スピントルクの理論 42
    1.2 スピントルクの観測 45
   2 注入磁化反転の機構46
    2.1 スピン注入磁化反転の機構 46
    2.2 微細素子の作製 50
    2.3 測定方法 52
    2.4 実験結果 52
   3 自励発振 54
    3.1 自励発振の機構 54
    3.2 自励発振の実際 55
   4 おわりに 57
第5章 スピンポンピングと磁化ダイナミクス 安藤康夫
   1 はじめに 60
   2 スピンポンピングとは 61
    2.1 スピンポンピング現象の観測に至るまで 61
    2.2 スピンポンピング現象の理論 61
   3 スピンポンピングとGilbert damping 定数 63
    3.1 FM/NM 接合におけるGilbert damping 定数 63
    3.2 FM/NM1/NM2接合におけるGilbert damping 定数 65
    3.3 FM/NM1/NM2接合のスピンポンピングを用いたスピン拡散長測定 66
    3.4 FM1/NM/FM2接合構造における dmanamic exchangeとGilbert damping 67
   4 スピントロニクスデバイスとスピンポンピング 67
    4.1 GMR積層構造におけるGilbert damping の影響 67
    4.2 ノイズとスピンポンピング 68
    4.3 強磁性金属の横スピン侵入長 69
   5 スピン流源としてのスピンポンピングの新たな展開 70
    5.1 スピンポンピングを用いたDCスピン流の生成とスピンバイアス 70
    5.2 FM/I/NMトンネル接合を用いたスピンバイアスの検出 71
    5.3 純スピン流を用いたスピンホール効果 71
   6 おわりに 72
第6章 磁壁制御とスピントロニクス 小野輝男
   1 磁壁とは 75
   2 磁場駆動から電流駆動へ 76
   3 スピントランスファー効果による磁壁の電流駆動とは 70
   4 強磁性細線における磁壁の電流駆動 77
   5 スピントロニクスデバイスヘの応用 80
第7章 スピン依存単一電子トンネル現象 三谷誠司,高梨弘毅
   1 はじめに 83
   2 ナノ粒子を含む多重トンネル接合の作製 85
   3 強磁性ナノ粒子におけるスピン依存単一電子トンネル効果 87
   4 非磁性ナノ粒子におけるスピン蓄積と単一電子トンネル効果 91
   5 今後の課題と展望 92
第8章 強磁性半導体におけるスピン依存伝導現象 松倉文礼
   1 はじめに 94
   2 分子線エピタキシ 94
   3 磁気的性質 95
   4 伝導現象 96
    4.1 磁気抵抗効果 96
    4.2 ホール効果 97
    4.3 異方性磁気抵抗効果 98
   5 磁壁と伝導 99
   6 磁性の電界制御 101
   7 おわりに 102
第9章 2次元半導体のスピン軌道相互作用と量子伝導 井上順一郎,大成誠一郎
   1 はじめに 105
   2 スピン軌道相互作用 106
    2.1 原子内スピン軌道相互作用 106
    2.2 半導体中のスピン軌道相互作用 107
    2.3 グラフェンにおけるスピン軌道相互作用 109
   3 2次元系における量子物性 110
    3.1 2次元電子ガスにおける電気伝導 110
    3.2 2次元電子ガスにおけるスピン蓄積 112
    3.3 グラフェンにおけるスピンホール効果 113
   4 おわりに 114
第10章 磁性半導体における光誘起磁化 宗片比呂夫
   1 はじめに 116
   2 時間分解磁気光学測定法 117
   3 光励起による磁化の才差運動 118
   4 2つの励起光パルスによる磁化才差運動のコヒーレント制御 121
   5 強励起光による超高速消磁 123
   6 おわりに
第11章 磁性金属における高速磁化応答と光誘起磁化反転 塚本新
   1 はじめに 127
   2 フェリ磁性GdFeCoの高速磁化応答計測 128
    2.1 フェリ磁性体における共鳴モードと角運動量補償点 128
    2.2 超高速磁化応答計測法 129
    2.3 フェリ磁性GdFeCoの動特性計測 130
    2.4 角運動量補償点近傍での磁化ダイナミクス 131
   3 光誘起高速磁化反転 133
    3.1 非熱的光磁気効果 133
    3.2 GdFeCo薄膜の非熱的光磁気作用の計測 134
    3.3 全光型磁化反転136
   4 まとめと今後の展望 138
第12章 半導体中の核スピン制御と光検出 大野裕三
   1 はじめに 141
   2 半導体量子井戸における光学遷移の選択則と電子・核スピン間相互作用 142
   3 核スピンコヒーレンスの光検出 142
   4 核スピン位相制御と量子ゲート操作の光検出145
   5 おわりに 147
第13章 スピンホール効果の理論 村上修一
   1 はじめに 149
   2 内因性スピンホール効果 150
   3 スピンホール効果の計算 151
    3.1 波数空間のベリー位相による計算 151
    3.2 線形応答理論による計算 152
    3.3 有限系での計算 153
    3.4 補遺 153
   4 内因性と外因性との区別 154
   5 量子スピンホール効果 155
   6 おわりに 156
第14章 スピンホール効果-金属ナノ構造を中心に- 大谷義近,木村崇
   1 はじめに 159
   2 スピン蓄積の電気的検出とスピン吸収 161
   3 スピン吸収によるスピンホール効果の電気的検出 164
   4 おわりに 168
<物質・材料編>
第15章 高効率スピン源の理論設計 白井正文
   1 はじめに 173
   2 ハーフメタル磁気トンネル接合 173
    2.1 現状と問題点 173
    2.2 スピン軌道相互作用の影響 174
    2.3 原子配列不規則化の影響 175
    2.4 スピンの熱ゆらぎと電子相関の影響 176
   3 高効率スピン源の理論設計 177
    3.1 ハーフメタル/酸化物接合 177
    3.2 ハーフメタル/半導体接合 178
   4 今後の展望へ 181
第16章 ハーフメタル薄膜とトンネル磁気抵抗効果 猪俣浩一郎,介川裕章
   1 はじめに 183
   2 フルホイスラー合金の物理的性質と初期の研究 185
   3 Co[2]MnSi膜の構造とトンネル磁気抵抗 187
   4 Co[2]Fe(Al,Si)膜の構造とトンネル磁気抵抗 189
    4.1 Cr バッファー 190
    4.2 MgOバッファー 190
   5 その他のCo基ホイスラー合金 193
   6 おわりに 194
第17章 結晶MgOトンネル障壁の巨大なトンネル磁気抵抗効果 湯浅新治
   1 TMR効果の歴史と背景 196
   2 結晶MgO(001)トンネル障壁のTMR効果の理論 200
   3 結晶MgO(001)障壁の作製と巨大TMR効果の実現 202
   4 デバイス応用に適したCoFeB/MgO/CoFeB構造のMTJ素子の開発 204
   5 MgO-MTJ素子のデバイス応用 206
第18章 磁性絶縁体とスピンフィルター接合 長浜太郎,柳原英人
   1 はじめに 209
   2 原理 210
    2.1 材料 : ユーロピウムカルコゲナイト 212
    2.2 遷移金属酸化物 213
   3 今後のスピントロニクスデバイスヘの発展 215
第19章 L1[0]型規則合金垂直磁化膜とスピントロニクス 関剛斎,高梨弘毅
   1 はじめに 218
   2 L1[0]型FePt規則合金薄膜 219
   3 FePt垂直スピン注入源を用いたスピン注入磁化反転 220
   4 FePt垂直スピン注入源を用いたスピンホール効果 223
   5 今後の課題 226
第20章 ナノ狭窄構造スピンバルブ薄膜素子におけるスピン依存伝導とスピンダイナミクス 佐橋政司,土井正品,三宅耕作
   1 はじめに 229
    1.1 面内通電型(Current-In-Plane : CIP)巨大磁気抵抗(GMR)膜における電子の鏡面反射層 229
    1.2 NOLを電流狭窄(COP)層に用いた垂直通電型(Current-Perpendicular-to-Plane : CPP)-GMR 230
    1.3 NOL中に強磁性ナノ接点(Nano Contact(NC))を形成したナノ接点磁壁型MR(DWMR) 230
    1.4 DWMR素子を用いたコヒーレント位相スピントランスファーナノオシレータ(STNO) 230
    1.5 電気磁気効果を有する反強磁性体NOLによる交換結合バイアスを下り用した磁化の操作 231
   2 電流狭窄型CPP-GMB 231
   3 ナノ接点磁壁型MR(DWMR) 235
   4 DWMR素子を用いたスピントルクナノオシレータ(STNO) 240
   5 おわりに 245
第21章 強磁性半導体へテロ構造-スピン依存トンネル現象を中心に- 田中雅明
   1 はじめに 248
   2 GaMnAs強磁性半導体ヘテロ構造 249
    2.1 GaMnAs量子井戸二重障壁へテロ構造の作製 249
    2.2 スピン依存トンネル伝導特性 250
    2.3 GaMnAs量子井戸における量子準位の定量的考察 253
    2.4 まとめ 256
   3 MnAs微粒子を含むⅢ-Ⅴ族へテロ構造 256
    3.1 GaAs : MnAsを有する強磁性金属/半導体ハイブリッド・エピタキシャルMTJ素子の作製 256
    3.2 MnAs/半導体/GaAs : MnAs MTJ素子におけるTMR 258
    3.3 TMRのAlAs障壁膜厚依存性 259
    3.4 まとめ 262
第22章 強磁性半導体 安藤功兒
   1 磁性半導体開発の歴史 265
   2 磁性半導体の本質はスピン-キャリア相互作用 266
   3 s,p-d 交換相互作用の検出方法 267
   4 各種“強磁性半導体”におけるスピン-キャリア相互作用 270
   5 室温強磁性半導体を求めて 272
第23章 分子スピントロニクス 白石誠司
   1 分子スピントロニクスとは 276
   2 分子スピントロニクスの課題とその解決への道Ⅰ(分子ナノコンポジットの導入) 277
   3 グラフェンとは 279
   4 分子スピントロニクスの課題とその解決への道Ⅱ(グラフェンスピントロニクス) 280
第24章 スピントロニクス材料と微細構造制御 高橋有紀子,宝野和博
   1 はじめに 286
   2 スピントロニクスデバイスの微細構造の解析手法 286
   3 CCP-CPP-GMR素子の高分解能電子顕微鏡による微細構造解析 288
   4 Co[2]MnSiを用いた強磁性トンネル接合のHAADFによる微細構造解析 290
   5 Co[2]Cr[1-x]Fe[x]AlのTEMと3DAPによる微細構造解析 293
   6 おわりに 295
第25章 放射光を用いたスピントロニクス材料の電子状態評価 藤森淳
   1 はじめに 297
   2 光電子分光 297
    2.1 価電子帯の光電子分光 298
    2.2 スピン偏極光電子分光 300
    2.3 内殻光電子分光 300
   3 X線吸収分光・磁気二色性 301
    3.1 電子状態の同定 301
    3.2 強磁性成分と常磁性成分の分離 303
<応用・デバイス編>
第26章 スピントロニクスにおける微細加工技術 秋永広幸
   1 はじめに 307
   2 微細加工技術の概要 308
   3 リソグラフィ技術 309
   4 成膜技術 310
   5 エッチング技術 313
    5.1 反応性イオンエッチング 314
    5.2 選択エッチング 316
   6 おわりに 317
第27章 スピン機能CMOSによる不揮発性高機能・高性能ロジック 山本修一郎,周藤悠介,菅原聡
   1 はじめに 319
   2 パワーゲーティングシステムと不揮発性ロジック 320
   3 スピン注入磁化反転MTJを用いた不揮発性SRAM 321
   4 擬似スピンMOSFETを用いた不揮発性ロジック 326
   5 おわりに 329
第28章 電界スピン回転制御とスピンFET 新田淳作
   1 はじめに 331
   2 半導体中のスピン軌道相互作用 331
   3 スピン軌道相互作用を用いたデバイス応用 333
    3.1 電界効果スピントランジスタ 333
    3.2 スピン干渉デバイス 334
    3.3 スピンフィルター 338
   4 おわりに 338
第29章 磁気ヘッドヘの応用 上原裕二,小林和雄
   1 はじめに 341
   2 磁気ヘッド概観 342
   3 磁気へツド技術 346
    3.1 各種の絶縁層材料によるTMRヘッドの磁気抵抗特性349
     3.1.1 低抵抗Al-OバリアMTJの特性 350
     3.1.2 Ti-OバリアMTJの特性 350
     3.1.3 MgOバリアMTJの特性 351
    3.2 TMRヘッドの実用化 353
    3.3 TMRヘッドの信頼性 355
     3.3.1 TMR膜のピンホール数密度 355
     3.3.2 TMR膜の寿命 357
   4 おわりに 358
第30章 MRAMからスピンRAMへ 與田博明
   1 はじめに 361
   2 動作原理 362
    2.1 記憶保持原理 362
    2.2 書き込み原理 363
    2.3 読み出し原理 364
   3 磁界書き込みMRAM 365
    3.1 誤書き込み防止技術(Disturb Robust技術) 366
   4 スピン注入MRAM 368
   5 スケーラビリティー 371
   6 おわりに 371
第31章 Racetrack Memory 林将光,Stuart S.P. Parkin
   1 序論 373
   2 電流駆動による磁壁の移動 374
   3 Racetrack memoryの動作原理 375
   4 ピン止めした磁壁の移動制御 378
   5 シフトレジスタの動作実証実験 380
   6 今後の展望 382
第32章 スピントロニクス素子のシステムLSIへの応用とその課題 齋藤好昭
   1 はじめに 384
   2 システムLSIの課題と再構成可能ロジックデバイス 384
   3 再構成可能ロジックデバイスの現状と将来 386
   4 スピンFPGA回路構成 388
   5 MR比スペックとスピンMOSFET構造 389
   6 半導体を介したスピン依存伝導の現状と課題 391
   7 おわりに 395
第33章 光スピントロニクスデバイス-集積光非相反デバイス- 清水大雅
   1 はじめに 397
   2 半導体強磁性金属ハイブリッド光アイソレータの動作原理 398
    2.1 ファラデー効果を利用したバルク型光アイソレータの動作原理 398
    2.2 CdMnTe導波路光アイソレータ 398
    2.3 非相反損失変化に基づく半導体導波路光アイソレータ 399
    2.4 非相反位相変化に基づく導波路光アイソレータ 401
   3 半導体強磁性金属ハイブリッド光アイソレータの実証 401
    3.1 TEモード導波路光アイソレータ 401
    3.2 単一波長半導体レーザとの一体集積化 402
    3.3 エピタキシャル強磁性金属MnAs,MnSbを用いたハイブリッド光アイソレータ 403
   4 バルク型光アイソレータと半導体導波路光アイソレータの比較,課題,応用可能性 405
   5 おわりに 406
第34章 量子コンピュータとスピントロニクス 伊藤公平
   1 量子コンピュータの基礎と性能指標 408
   2 量子コンピュータ開発最前線 412
   3 シリコン量子コンピュータ 414
    3.1 ケーン型シリコン量子コンピュータ 415
    3.2 全シリコン量子コンピュータ 417
   4 まとめ 418
   注 : Co[2]MnSiの[2]は下つき文字
   注 : Co[2]Fe(Al,Si)の[2]は下つき文字
   注 : Co[2]Cr[1-x]Fe[x]Alの[2]、[1-x]、[x]は下つき文字
62.

図書

図書
橋爪大三郎著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2009.6  xiv, 280p ; 20cm
所蔵情報: loading…
63.

図書

図書
R.S.K. Barnes [ほか著]
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2009.6  xii, 575p ; 27cm
所蔵情報: loading…
64.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
影山任佐著
出版情報: 東京 : 集英社インターナショナル , 東京 : 集英社 (発売), 2009.4  205p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
プロローグ 罪と罰を照らすもの 7
   一九世紀の作家が描いた永遠のテーマ
   意外に軽い量刑の謎
   被告の「心の闇」を覗けるか
   『罪と罰』は「心の闇」に迫った
   精神鑑定が必要な事情
第1章 精神鑑定をめぐる攻防戦 25
   未明に妻はワインボトルを夫に振り下ろした
   異例ずくめの裁判
   精神鑑定は参考意見か?
   本来対立するはずの二つの鑑定
   食い違った地裁判決と最高裁判決
   鑑定書VS判決
   否が応でも注目される精神鑑定
   鑑定で心の闇は覗けるか
第2章 精神鑑定の「現場」を見る 49
   精神鑑定は治療行為?
   精神科診察の現場
   感情移入から始まる
   「酔っぱらい」の強姦未遂
   どっちが犯人なんだ?
   覚醒剤乱用という前歴
   幻聴が聞こえた
   酔っぱらいを分類することの意味
第3章 「心の闇」と精神鑑定との微妙な距離 77
   「てんかん」とドストエフスキー
   てんかんの前兆としての「神がかり」
   実子の首を絞めた母親
   「心の闇」を過去にさかのぼって追っていく
   おとなしくて目立たない生徒
   持病と信仰との関連性は?
   てんかん治療薬の中断
   悪魔憑きから心中を図る
   てんかんによる精神症状と信心
   詐病を鑑定することのむずかしさ
   詐病を見破る方法
第4章 「子殺し」をどう裁くか 111
   「子殺し」は常態化している?
   母親による子殺しが増加している
   女性殺人者の際立った傾向
   被告人が全面的に罪状否認した
   鑑定結果でもめにもめる
   鑑定書は採用されたか
   控訴審でも定まらない鑑定の行方
   拘留中につづった日記が公開された
   「音羽幼女殺害事件」
   なぜ他人の子を殺めたのか
   女性による犯罪も様変わりしていく
第5章 「心の闇」は変化したのか 141
   闇の深さを推し量る
   犯罪精神医学とは何か
   犯罪がなぜ起こるのかをパターン化してみる
   「セレブ妻」の心の闇を照らし出す
   「セレブ」に対する嫉妬
   犯罪の形は変わってきたか
   今でも拡大している「遊び型犯罪」
   「さあ、ゲームの始まりです」
   「有名になりたかった」
   ストーカーも自己確認のために?
   金融崩壊の下で起きた一群の凶悪事件
   動機不明な犯罪はほとんどない
エピローグ 精神鑑定に限界はあるか 185
   精神鑑定は今後も争点となるか
   鑑定の回数、期間、精度という問題
   簡素化される裁判での問題点
   裁判員制度での精神鑑定の位置
   犯罪精神医学を取り巻くお寒い状況
プロローグ 罪と罰を照らすもの 7
   一九世紀の作家が描いた永遠のテーマ
   意外に軽い量刑の謎
65.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
竹田青嗣, 橋爪大三郎著
出版情報: 東京 : ポット出版, 2009.9  185p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 竹田青嗣 9
第1部 「炭素会計」がなぜいま必要か 17
 『「炭素会計」入門』の問題提起とは
   地球は温暖化しているのか 18
   炭酸ガス濃度はどれだけ増えているのか 20
   京都議定書と各国の炭酸ガス削減への取り組み 23
   炭酸ガスを出さないエネルギーの可能性 27
   温暖化問題の本質とはなにか 28
 竹田青嗣の「炭素会計」への共鳴
   資本主義の行方 30
   資本主義の原理は「普遍交換」と「普遍消費」 35
   90億の人が普遍消費をするとどうなるか 41
 温暖化問題と資本主義
   資本主義に代わる経済システムはあるのか 45
   新しい「大きな物語」というチャレンジ 48
   資本主義の性質を変えなくてはいけない 51
   人間はなんのために生きているのか 53
◎ 炭素会計」は資本主義改革の契機となりうるか
   状況や時代に応じて市場の切り分けをする 56
   政策として炭素をどう扱うか 59
   現実の制度にしていくにはどうすればいいのか 61
 会場から
   「一般意志」をどう取り出せばいいのか 63
   問題を解決する制度や仕組みはないかを考える 65
   持続可能な資本主義のあり方を考える 66
   医療や炭素における合意に基づく分配のルールとは? 72
   「正しい」ということと「得だ」ということ 74
   市場原理に任せるものとそうでないものを切り分ける 76
   新たな国家間格差を生み出さないためには 78
   一番ポテンシャルがあるのは日本だ 81
   市民にどういうインセンティヴを与えればいいか 83
   「世界市民」が共通のルールを調整していく 84
   まず炭素を見えるようにすること 87
   テクノロジーやJフードの可能性 89
第2部 世界市民と正義のつくりかた 93
 国家と資本主義批判への問題提起
   ポストモダン思想の国家と資本主義批判 94
   マルクス思想の国家と資本主義批判 98
   国家権力はなぜ否定できないのか 100
   普遍分業を捨てると普遍支配構造が復活する 105
   資本主義がむかえるふたつの限界 108
 グローバリズムと環境、経済格差問題
   環境問題はこれまでの公害問題とはちがう 113
   グローバル化が引き起こした格差問題 116
   ケインズのつぎの天才経済学者が必要 119
   この危機を好機に大転換するための合意づくり 122
   グローバリズム化でなにが起こっているか 125
 環境問題を哲学で考える
   国家どうしの「自由の相互承認」は可能か 132
   「文化」というルールの壁は越えられるのか 135
   媒介項をおいて国家間のルールを調整していく 139
   原理を生み出す哲学の可能性 142
   市民という立場でなにができるか? 145
   まずは炭酸ガス排出量を数値化すること 146
   一人ひとりの自覚が問題を解決する糸口にならないか? 147
   原理的な考え方とデータを提示する 148
   役に立つ言論は事前にはわからない 150
   既得権をどう考えるか 151
   国の役割は平等な配分の調整 152
   どんな社会でもルールは変えていくことができる 152
   国連の可能性は? 154
   国連には問題解決能力はほとんどない 154
   国連以外の調整機関を構想する 155
   生産能力が落ちた日本が老人を支えるのは無理? 155
   日本の高齢化対策は世界で使えるものになる 156
   高齢者問題を乗り越える方法は? 157
   人口を減らして競争原理を落とす 157
   家族や地域といった小共同体の可能性は? 158
   都市や地域社会を再設計する 159
   新しい共同体のあり方を構想する 159
   つぎのケインズを見つけられるのか 160
   必ずいるけど、見つける方法がむずかしい 160
   合意を経ない拘束は続くのか 161
   合意によって自分の自由を制限する 162
   まず先進国の市民から合意を取り出す 163
   理性がひとつの鍵になるのか 164
   歴史を踏まえた個人主義を知る 165
   ヘーゲルやルソーの理性の在り方を置く 166
あとがき 橋爪大三郎 169
プロフィール・著作一覧 177
はじめに 竹田青嗣 9
第1部 「炭素会計」がなぜいま必要か 17
 『「炭素会計」入門』の問題提起とは
66.

図書

図書
和田純夫著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.5  294p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1638
所蔵情報: loading…
67.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
上平恒著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.7  227p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1646
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 5
第一章 分子レベルでみた気体・液体・固体 11
   気体、液体、固体の違い
   弾丸なみの気体分子のスピード
   分子運動からみた気体、液体
   並進運動と回転運動
   分子間に働く種々の力
   ファン・デル・ワールス力
   力の勢力範囲
   ポテンシャル曲線
   ポテンシャルの谷
   分子を捕える
第二章 水の構造をさぐる 37
   水は液体の代表か
   水分子の構造と作用する力
   水分子の二重性格
   水の性質
   さめにくい液体
   水は蒸発しにくい
   水は縮む
   一八種類の水
   純水とはなにか
   なぜ氷は水に浮かぶのか
   激しく運動している氷の結晶
   ガラス状の水
   水の構造
   水の構造の平均寿命
   クラスター説は間違い
第三章 水溶液の構造 75
   物を溶かす特殊能力
   蒸留酒と醸造酒
   アルコール水溶液の性質
   「5cc+10cc=14.6cc」!?
   置換え型と空家型
   エタノール水溶液中の分子の動きやすさ
   似ている砂糖と水
   電解質の水溶液
   イオンと水分子の間の力
   イオンのまわりの水分子の配列
   正の水和と負の水和
   イオンの熱運動
第四章 界面と水 107
   表面張力
   洗剤の働き
   毛管現象
   水と油の話
   エントロピーの減少
   疎水性水和
   疎水性相互作用
   110度Cで凍るガス
   地球温暖化とクラスレート水和物
   すきまの水
   浸透圧
   水の活量
   浸透圧と生物
   南極大陸の塩湖に生きるドゥナリエラ
第五章 生体内の水 141
   人は一日にどれだけの水が必要か
   体液の組成
   細胞
   蛋白質の構造
   三次構造と疎水性
   相互作用
   蛋白質構造内部の水分子
   蛋白質の水和量
   三重の水に取り囲まれた蛋白質
   蛋白質生合成と水分子の働き
   蛋白質を守る構造化した水
   酵素反応と水和
   イルカはなぜ速く泳げるのか
   細胞内の水の状態
   体の中を水が回る速さ
   老若生死の識別
   似ている赤血球とガン細胞
   休眠と冬眠
   重水の生理作用
第六章 麻酔・温度・圧力 179
   麻酔と温度の関係
   不活性気体の性質
   ガス麻酔
   細胞の増殖を停止させる
   立枯れの原因は
   人は何度Cで凍死するか
   すきまの水と温度変化
   生命に危険な一五、三〇、四五、六〇度C
   エコロジー
   圧力と気体の溶解度
   高圧と水の二面性
   潜水病(ケイソン病)
   クジラはなぜ潜水病にならないか?
   潜水酔い-窒素の麻酔作用
第七章 低温生物学 205
   低温生物学とは
   細胞内の水は何度Cで凍るか
   生体組織の凍結
   精子の凍結
   利点の多い冷凍血液
   冷凍人間は蘇生するか
   雪どけ水の謎
   血液と精子の凍結乾燥
   ガンの凍結療法
   人体実験
あとがき 223
参考文献 225
さくいん 227
はじめに 5
第一章 分子レベルでみた気体・液体・固体 11
   気体、液体、固体の違い
68.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会編 ; 石田幸男編著 ; 遠藤守, Edward Haig, Steven E. Quasha著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2009.8  vii, 164p ; 21cm
シリーズ名: 科学英語の書き方とプレゼンテーション / 日本機械学会編 ; 石田幸男編著 ; 村田泰美 [ほか] 著 ; 続
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 講演スライドの作り方
   1.1 はじめに 2
   1.2 コンピュータによる講演スライドの作成とその方法 3
    1.2.1 コンピュータを用いたさまざまな講演スライド 3
    1.2.2 講演スライドの今昔 5
    1.2.3 講演スライドの利用価値と配布時の注意点 6
    1.2.4 プレゼンテーションに使うパソコン 7
    1.2.5 プレゼンテーションに便利な道具と留意事項 11
   1.3 スライド構成 12
    1.3.1 コンピュータによるスライド作成の前に 12
    1.3.2 スライド資料の基本構成 14
     序論
     本論
     結論
    1.3.3 各スライドのタイトルとその詳細 16
    1.3.4 その他のスライド 16
   1.4 ページのレイアウトとデザイン 17
    1.4.1 はじめに 17
    1.4.2 スライド全体のデザインを決めよう 17
    1.4.3 スライドの色づかいについて 19
    1.4.4 タイトルスライドのレイアウト 20
    1.4.5 本文スライドのレイアウト 21
    1.4.6 その他のスライドのレイアウト 22
   1.5 プレゼンテーションツール特有の機能を活用しよう 23
    1.5.1 図形作成機能 24
    1.5.2 アニメーション機能を利用する 29
    1.5.3 最新機能の利用について 32
   1.6 マルチメディアデータの活用 33
    1.6.1 マルチメディアデータの著作権について 34
    1.6.2 画像の利用 34
     スライドレイアウトを崩さない
     できる限り同じ画像を再利用する
     文字や図形を重ねるときの注意
    1.6.3 動画の活用 38
   1.7 デモンストレーションをする 40
    1.7.1 デモンストレーションを準備するにあたって 40
    1.7.2 いつ見せるか 41
    1.7.3 何を見せるか 41
    1.7.4 どうやってみせるか 42
   1.8 コンピュータを使った海外でのプレゼンテーション 43
    1.8.1 電源環境の確認 43
    1.8.2 発表資料の携帯 44
    1.8.3 会場および設備環境の確認 45
    1.8.4 発表の進行,コンピュータの操作 46
   1.9 本章のまとめ 50
2. 科学講演における効果的な英語表現
   2.1 はじめに 52
   2.2 英語について 53
    2.2.1 完璧な英語にこだわるな 53
    2.2.2 英語の文体 53
    2.2.3 スライドの使用 54
   2.3 講演の形式 55
    2.3.1 講演の編成 55
    2.3.2 講演の題材 : 振り子 55
    2.3.3 講演の実際 56
     座長への感謝
     タイトル
     アウトライン
     動機
     以前の研究
     モデリング
     理論解析
     数値解析
     結果の比較
     実験
     実験結果
     将来の研究
     最後のスライド
   2.4 質疑応答 100
    2.4.1 質問を聞き,理解する 102
    2.4.2 質問者に謝辞をいう 103
    2.4.3 質問に答える 103
   2.5 本章のまとめ 105
3. Eメールの上手な使い方
   3.1 はじめに 108
   3.2 Eメールの誕生と普及 109
    3.2.1 Eメール通信の普及 109
    3.2.2 学会とビジネス業界における役割 109
    3.2.3 公用と私用のメッセージを分ける 110
   3.3 Eメールの書き方と校正の仕方 111
    3.3.1 立案の段階 111
    3.3.2 書く段階 113
     関心を持たせるために件名を利用する
     メッセージの本文
     トラブルを起こしそうないくつかの点
     締めくくりのメッセージ
     結辞
     署名の欄
    3.3.3 校正の段階 119
     一服する方法
     誤解を避ける
     スペルチェックと読み直し─確認のため
   3.4 送信法 122
    3.4.1 添付の利用 122
    3.4.2 どのような文書を送ることができるか 123
    3.4.3 個人情報を守る 123
   3.5 Eメールへの返信 124
    3.5.1 メッセージにどのように応答したらよいか 124
    3.5.2 適切なメールアカウントの利用 125
   3.6 メッセージの例 126
    3.6.1 問合せ 126
    3.6.2 予約と登録 127
    3.6.3 問合せへの返事 128
   3.7 スパムメールとウイルスの排除 129
    3.7.1 スパムメールとその対策 129
    3.7.2 ウイルスとその対策 130
   3.8 Eメールの暗号化 132
    3.8.1 保護の必要性 132
    3.8.2 秘密鍵暗号方式(共通鍵暗号方式) 133
    3.8.3 公開鍵暗号方式 134
    3.8.4 無料暗号化サービス 136
    3.8.5 有料暗号化 137
   3.9 頭字語とエモティコン 137
    3.9.1 頭字語 137
    3.9.2 エモティコン 138
   3.10 ドメイン名 138
   3.11 本章のまとめ(Eメールにおける10個の基本ルール) 139
付録1 英文書体 141
付録2 図と表 146
付録3 スライドのフォーマット 152
付録4 ポスターのフォーマット 155
引用・参考文献 162
1. 講演スライドの作り方
   1.1 はじめに 2
   1.2 コンピュータによる講演スライドの作成とその方法 3
69.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
木嶋利男著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.2  261p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1630
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 5
第1章 家庭菜園とは何か 17
   1-1 家庭菜園の野菜 18
    定番野菜とブームの野菜
    種苗の問題点
    不安定な栽培
   1-2 誤解の多い家庭菜園 22
    農薬の使用基準が守られているか
    肥料過多になっていないか
   1-3 家庭菜園のメリット、デメリット 25
    数多いメリット
    デメリットにも目を向ける
第2章 家庭菜園を知るための農法 29
   2-1 農法を理解する 30
    なぜ過去の農法に目を向けるのか
   2-2 自然の仕組みを活用する「自然農法」 31
    岡田茂吉
    福岡正信
    川口由一
    三氏の共通点と相違点
   2-3 化学肥料に頼らない「有機農法」 34
    自然を観察し、規範とする
   2-4 農家の経験が活かされた「伝承農法」 38
    伝統野菜などに残る
    残雪の形で種まき時期を知る
    科学的に解明されたものも
    雑草を抑える方法
   2-5 病害虫に強い農法 43
    生態系を重視
第3章 野菜作りの基本 45
   3-1 野菜の分類 46
    8つの科の特徴
   3-2 野菜の原産地が生育条件を決める 50
    トマトは南米、ナスはインド
    地中海型野菜
    湿潤熱帯型野菜
    乾燥熱帯型野菜
    数少ない日本原産の野菜
   3-3 旬と適期 55
    旬の野菜
    適期栽培
   3-4 さまざまな栽培法 56
    キャベツは集団を好み、ハクサイは孤立を好む
    ダイコンは3~5粒を1穴にまく
    苗七分作の意味するところ
第4章 作物栄養の基礎知識 63
   4-1 土作りの基本 64
    理想は30対40対30
    土壌の立体構造を作る
    地力と地力窒素
    春耕起、秋耕起は雑草を見て決める
    落ち葉をそのまま畑に施用するには
    有機質肥料の施用方法
    水分管理は、野菜によって異なる
    土作りは、野菜の種類や栽培地域によって変える
   4-2 土壌微生物の大きな役割 80
    分解菌、共生菌、病原菌、その他の微生物
    分解菌
    菌根菌
    窒素固定菌
    根圏微生物
    土壌動物
   4-3 育苗床の土作り 91
    家庭菜園向けの播種床・育苗床
    低温時の育苗技術(踏み込み温床)
   4-4 菜園内で物質循環を活性化させる 94
    緑肥を栽培する
   4-5 家庭菜園のための土壌診断 96
    5つの診断方法
第5章 病害虫から作物を保護する 99
   5-1 病害虫はどうして発生するか 100
    自然界の病害虫制御システムを活用
   5-2 害虫・益虫・ただの虫 102
    すべてが害虫ではない
    土着天敵
   5-3 病原菌と、それを抑える拮抗微生物 105
    病原菌の性質と防除法
    病原菌を抑える拮抗微生物
   5-4 草と共栄する栽培方法 110
    叢生栽培
    共栄作物(共栄植物)
   5-5 動物を防除する方法 102
    イノシシには電気柵
   5-6 実際に用いられている作物保護技術 113
    連作(発病衰退現象)
    輪作
    ウリ類、ナス科の「接ぎ木栽培」
    アブラナ科のおとり作物
    対抗植物によるセンチュウの防除
    コーヒー滓とソバガラ堆肥、コメヌカを用いたセンチュウ防除
    改良資材で土壌病害防除
    サンゴでアブラナ科の根こぶ病防除
    自然農薬・生物農薬
    組織内共生微生物を用いた防除
   5-7 雑草を防除する技術 131
    収穫後の畑にヘアリーベッチをまく
    ソバガラ、コーヒー滓を散布する
    雑草の病原菌をまく
    夏草・冬草を利用する
   5-8 抵抗性品種と耐病・耐虫性品種 136
    抗生物質と同じ
第6章 コンパニオンプランツ 139
   6-1 コンパニオンプランツの考え方 140
    長ネギでイチゴの萎黄病を防除
   6-2 混植・間作・輪作 143
    混植
    間作
   6-3 バンカープランツを利用した障壁・縁取り 148
    畑の周辺に植える
   6-4 科学的に解明されているコンパニオンプランツ 151
    長ネギとユウガオの混植
    トウモロコシとハッショウマメ
    アブラナ科とレタスで害虫防除
    マメ科の混植・間作・輪作
    ヒガンバナ、スイセンでネズミ、モグラが忌避
    オオバコ、クローバーでウリ類うどんこ病防除
   6-5 避けたい組み合わせ 163
    アブラナ科はジャガイモの生育を抑える
第7章 植物の生理・生態を利用した栽培技術 165
   7-1 植物の生存戦略を利用した栽培技術 166
    開花しないと大玉ラッキョウになる
    インゲンマメの若採り
    イチゴの花芽分化
    ナバナの若採り
    ジャガイモの逆さ植え
    キャベツの原産地と栽植密度
    サツマイモの2つの植え方
    タマネギの密植
   7-2 植物のストレスを利用した病害虫防除 183
    胚軸切断挿し木法
    ヒートショック
    トマトの連続摘心
    レタスやトマトの雨除け栽培
   7-3 作物に合わせた敷き料と畝 195
    敷きワラ・敷き草は、薄く用いる
    キャベツ・ナスは高畝、ゴボウは深耕
   7-4 耐陰性と光要求性 197
    ショウガは直射日光を嫌う
   7-5 遺伝的多様性を維持する 199
    F1品種と固定種
第8章 上手な家庭菜園 203
   8-1 畑の準備 204
    土壌の立体構造を心がける
   8-2 家庭菜園の設計 206
    多品目栽培の基本は、立体的に長期間で
   8-3 有機質肥料の種類と施用方法 210
    深い位置、土壌全体に
   8-4 土壌改良材の使い方 212
    カニガラ、ワラ、炭
   8-5 種まきと苗 214
    マメは集団、カボチャは点播
    苗の選び方
   8-6 活着を良くする定植方法 216
    夏野菜の定植
    秋野菜の定植
   8-7 上手な栽培管理 219
    間引き
    土寄せ
    灌水
    誘引
    摘心
    剪定
   8-8 収穫後の保存 222
    夏、秋野菜の保温と保存
    冷蔵庫での温度調節
    湿気を好む野菜、乾燥を好む野菜
    光をあてる野菜、遮光する野菜
    保存に向かない野菜
    保存したほうがおいしくなる野菜
   8-9 自家採種を始めよう 228
    採種と育種は異なる
    トマトの採種
    ピーマンの採種
    ナスの採種
    ダイコンの採種
    ニンジンの採種
    長ネギの採種
    タマネギの採種
    キュウリの採種
    カボチャの採種
    カキナの採種
    ニラの採種
終章 未来への展望 241
   地産・地消
   継続するための家庭菜園
参考・引用文献 249
さくいん 261
はじめに 5
第1章 家庭菜園とは何か 17
   1-1 家庭菜園の野菜 18
70.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
米沢富美子著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2009.4  ix, 119, 4p ; 19cm
シリーズ名: 岩波科学ライブラリー ; 157
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
執筆までの経緯
プロローグ
1 誇り高き科学者 11
2 海水の放射能汚染 21
3 道場破り・現代版 31
4 科学者への道 41
5 科学者として生きる 57
6 女性科学者としての仕事 83
7 初心を貫いた人生101
エピローグ 109
執筆を終えて 113
参考文献および注
猿橋勝子の年譜
執筆までの経緯
プロローグ
1 誇り高き科学者 11
71.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
東京大学生命科学教科書編集委員会編
出版情報: 東京 : 羊土社, 2009.2  182p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   注 : Ca[2+]の[2+]は上つき文字
   注 : H[+]の[+]は上つき文字
   
 序 3
序説
 1章 生物の多様性と一様性 10
   Ⅰ 生物の多様性と一様性 10
   Ⅱ 生物とは 10
    生物と細胞
    自己の複製
    刺激への応答
    エネルギー通貨ATP
   Ⅲ 生物の系統 12
    系統樹での分類
    細胞内小器官
    生体物質の大きさ
   Ⅳ 生体を構成する物質 14
    アミノ酸とタンパク質
    脂質
    糖
    無機塩類
   Ⅴ タンパク質の構造と機能 18
   問題 20
   コラム
    種の概念 11
    ウイルスとプリオン 12
    アミノ酸の話 18
    DNAの塩基の変異はなぜ起こるか 19
第Ⅰ部 細胞と遺伝情報の関係
 2章 遺伝情報の複製 22
   Ⅰ 細胞増殖とDNA複製 22
    細胞増殖は細胞の最も基本的な機能
    DNA複製の特殊性
   Ⅱ DNAとはどのような分子か 23
    単位としてのヌクレオチド
    核酸
    DNAは二本鎖である
    RNAは一本鎖である
    原核生物は環状,真核生物は直鎖状の二本鎖DNAをもつ
   Ⅲ 遺伝子とDNA 27
    遺伝子の定義
    ゲノム
    生物のDNA量
    生物の遺伝子数
    真核生物は遺伝子でないDNA領域をたくさんもっている
   Ⅳ DNAの複製 29
    DNA複製のアウトライン
    複製には鋳型を必要とする
    複製は不連続である
    複製開始点と複製終了点がある
   問題 35
    DNAの変性・再会合 26
    DNAは細くて長い糸である 26
    DNAの損傷と修復 29
    複製の正確さ 30
    複製にかかわる酵素はたくさんある 31
    DNA複製後の塩基修飾と遺伝情報複製 32
    PCR(polymerase chain reaction) 33
 3章 遺伝子の発現
   Ⅰ 遺伝子の転写と翻訳 36
    セントラルドグマ
    遺伝子の暗号¥
    DNAのセンス鎖
    遺伝子の発現
   Ⅱ 遺伝子の転写 37
    RNAの種類
    転写の特徴
    転写の基本
   Ⅲ 転写後の修飾 41
    RNAの切断
    塩基の修飾
    真核生物のmRNAプロセシング
   Ⅳ 遺伝子の翻訳 43
    アミノアシルtRNAの合成
    リボソーム
    mRNAの構造
    タンパク質合成
    転写と翻訳の協調
    タンパク質の行方と翻訳後修飾
   問題 51
    真核生物にはもっと多くの非翻訳RNAがあるのかもしれない 40
    RNA複製と逆転写… 41
    大腸菌リボソームの構造 44
    翻訳の開始 45
    ペプチド鎖の延長 46
    翻訳の終了 47
    21番目のアミノ酸 48
 4章 遺伝子発現の調節 52
   Ⅰ 発現からみた遺伝子の種類 52
    すべての生物でハウスキーピング遺伝子が働く
    多細胞生物ではさらに多くの遺伝子が働く
    一人のヒトの体細胞は同じ遺伝子をもっている
    発現が調節される遺伝子と調節されない遺伝子
   Ⅱ 原核生物の遺伝子発現調節 53
    大腸菌のβガラクトシダーゼ遺伝子は正と負に調節される
   Ⅲ 真核生物の遺伝子発現調節 55
    転写調節と転写後調節
    真核生物はより複雑な転写調節機構をもつ
    クロマチンリモデリングによる調節
   Ⅳ エピジェネティックな遺伝子発現制御 58
    ヘテロクロマチンとユークロマチン
    クロマチン構造と遺伝子発現調節
    エピジェネティックな制御とは
    ヒストンコード
    遺伝情報を担うもの
   問題 63
    リンパ球だけは遺伝子が異なる 53
    複数の遺伝子を同時に発現調節するオペロン 54
    オペロンとレギュロン 55
    非翻訳RNAの発現 56
    miRNAによる遺伝子発現調節 57
    ゲノム,トランスクリプトーム,プロテオーム 59
    ハエの目の色からわかる遺伝子サイレンシングのしくみ 61
    エピジェネティックなX染色体の不活性化 62
第Ⅱ部 個々の細胞を機能させる原理
 5章 細胞の膜構造と細胞内小器官 66
   Ⅰ 細胞が基本 66
   Ⅱ 生体膜 66
    生体膜とは何か
    膜タンパク質
    膜の機能
   Ⅲ 膜輸送 68
    チャネル
    トランスポーター
    ATP駆動ポンプ~濃度勾配に逆らって輸送する能動輸送
   Ⅳ 細胞内の膜構造 71
    膜で囲まれた小胞による輸送
    分泌経路
    エンドサイトーシス
   問題 77
    細胞膜電位を計算するネルンストの式 70
    神経細胞の活動電位 71
    細胞内小器官の起源に関する推論 73
    タンパク質の細胞内小器官への輸送 75
    分泌経路の順序 76
 6章 細胞骨格 78
   Ⅰ 細胞骨格とは 78
   Ⅱ アクチン繊維に基づく機構 79
    アクチン分子
    アクチン繊維の重合機構
    アクチン重合に基づく細胞の運動
    ミオシンによる運動~筋細胞の収縮
   Ⅲ 微小管に基づく機構 83
    チューブリン分子
    細胞分裂時の紡錘体
    チューブリンミキネシン相互作用による輸送
    細胞内の物質輸送と細胞内小器官の配置
   問題 87
    中間径繊維 79
    トレッドミル現象 80
    細胞骨格に作用する薬剤 83
    Ca[2+]による筋収縮の調節 83
    ミオシンとキネシンの活性中心の構造は酷似 86
 7章 代謝 88
   Ⅰ 細胞活動と熱力学 : 代謝の意義 88
   Ⅱ 自由エネルギー変化と生体エネルギー通貨としてのATP 88
   Ⅲ 酵素 89
    酵素の特異性と反応機構
    酵素反応速度論
    酵素の分類
   Ⅳ 基本的な代謝の流れ 91
   Ⅴ 代謝の基本反応 95
    リン酸化反応(キナーゼ)
    脱リン酸化反応(ホスファターゼ)
    C-C結合の生成・切断反応
    脱水素反応
   Ⅵ エネルギー産生系 96
    解糖系
    クエン酸回路 (トリカルボン酸サイクル)
   Ⅶ 酵素活性の調節 97
    アロステリック制御
    リン酸化による酵素活性の調節
    代謝調節のパラダイム : フィードバック制御とカスケード
   問題 101
    熱力学の法則 : 自由エネルギー変化と平衡定数 89
    ミカエリス・メンテン 91
    炭素と窒素の固定回路 94
    代謝経路のバイオインフォマティクス (生物情報学) 94
    メタボロミクス 97
    代謝経路はなぜ丸い? 99
 8章 生体エネルギー 102
   Ⅰ 生体エネルギーの2つの規格 102
    生体エネルギーの役割
    ATPとH[+]の電気化学ポテンシャル
   Ⅱ 酸化的リン酸化と光リン酸化 103
   Ⅲ 酸化還元反応と呼吸鎖 103
    呼吸鎖
    電子伝達とエネルギー放出
    H[+]輸送のしくみ
   Ⅳ ATP合成酵素 105
   Ⅴ 光合成 106
    光エネルギーの吸収
    光化学反応と電子伝達
   Ⅵ 光合成の炭酸固定反応 109
   Ⅶ C4光合成 110
   Ⅷ ミトコンドリアと葉緑体のトポロジー 111
   問題 112
    ATP合成酵素の回転の実証 107
    光合成の炭酸固定経路図(カルビン回路) 109
    共役と光による調節 110
    地球大気の二酸化炭素濃度の変遷と光合成 110
 9章 細胞周期 113
   Ⅰ 細胞の分裂 113
    細胞分裂と細胞の形態変化 : 対称分裂と非対称分裂
   Ⅱ 細胞周期という概念 114
   Ⅲ 細胞周期の各段階 114
    細胞周期におけるDNA量の変化
    栄養不足とG0期
    正と負の制御
   Ⅳ 細胞周期エンジン 117
    細胞周期を制御するタンパク質
    サイクリン-CDK複合体
    細胞周期を逆方向に進ませないしくみ
    サイクリンの周期的な分解とユビキチンミプロテアソーム
   Ⅴ チェックポイント 119
    DNA損傷チェックポイント
    紡錘体チェックポイント
    細胞周期におけるチェックポイントの意味
   Ⅵ アポトーシス 121
   Ⅶ 細胞周期と増殖制御の破綻 122
    がんの自律的増殖
   問題 124
    細胞質分裂 116
    酵母の話 120
    アポトーシスの活性化にかかわる経路 122
    がん遺伝子 123
    がん抑制遺伝子 123
第Ⅲ部 細胞集団の組織化
 10章 シグナル伝達 126
   Ⅰ 刺激と応答 126
   Ⅱ シグナルとは 127
    シグナル伝達という概念
    細胞間シグナル伝達の様式
    細胞内で起こる連鎖反応
   Ⅲ 細胞外での刺激受容から, 細胞内でシグナルが伝わるまで 129
    受容体
    受容体が刺激を受けた後 : 膜から細胞質へ
    膜から核へ
   Ⅳ 細胞内シグナル伝達の具体例 133
    キナーゼ型受容体を介したシグナル伝達
    Gタンパク質共役型受容体を介したシグナル伝達
    チャネル型受容体を介したシグナル伝達
    転写因子型受容体を介したシグナル伝達
   Ⅴ 細胞の接触による相互作用 135
    細胞同士の結合に関与するタンパク質 : カドヘリン
    細胞外基質との接着に関与するタンパク質 : インテグリン
   問題 138
    受容体とシグナル分子の関係 129
    オーファン受容体と医薬品開発 134
    タンパク質の分解による細胞内シグナル伝達 135
    細胞外基質の役割 137
 11章 発生と分化 139
   Ⅰ 卵形成 139
   Ⅱ 受精と卵割 140
   Ⅲ 胚の方向性の決定 140
    胚の領域化
    胚の誘導
   Ⅳ 細胞分化と幹細胞 146
   Ⅴ 誘導作用と形態形成運動 147
    形態形成運動
    神経誘導
   Ⅵ 器官形成 150
   問題 153
    線虫の細胞系譜 142
    ホメオティック遺伝子 144
    カエルの背側決定における母性因子の役割 145
    iPS細胞 (人工多能性幹細胞) 147
    植物の花器官形成のしくみ 151
    女王蜂か働き蜂かを決めるエピゲノム 152
 12章 生殖と減数分裂 154
   Ⅰ 有性生殖と無性生殖 154
   Ⅱ 体細胞分裂と減数分裂 155
   Ⅲ 減数分裂の意義 157
   Ⅳ 遺伝的組換え 157
    一般的組換え
    部位特異的組換え
   Ⅴ 配偶子の形成 160
   Ⅵ 配偶子の特殊化 163
   Ⅶ 受精 164
    受精の準備
    受精の過程
   Ⅷ エピジェネティックな遺伝情報の伝達 167
   Ⅸ 種と性 167
   問題 168
    クローン動物 155
    性の決定と性転換 157
    ノックアウトマウス 158
    アグロバクテリウムと遺伝子組換え植物 163
    DNAのメチル化,発生,体細胞クローン動物 166
    ゲノムインプリンティング 167
問題の解答 169
索引 179
執筆者一覧 183
   注 : Ca[2+]の[2+]は上つき文字
   注 : H[+]の[+]は上つき文字
   
72.

図書

図書
秋山裕著
出版情報: 東京 : オーム社, 2009.1  x, 328p ; 21cm
所蔵情報: loading…
73.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
関根光雄編
出版情報: 東京 : 工学図書, 2009.10  xiii, 171p ; 21cm
シリーズ名: バイオ研究のフロンティア ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
執筆者一覧 iii
まえがき v
Ⅰ編 医療に役だつ先端生体分子検出技術
 1 機能性ナノ磁性ビーズ 1
   1.1 はじめに 1
   1.2 アフィニティーラテックスビーズの開発 2
   1.3 アフィニティー磁性ビーズの開発 3
   1.4 薬剤に対する標的タンパク質の単離・同定と機能解析 5
    1.4.1 免疫抑制剤でFK506を用いるモデル実験 5
    1.4.2 抗がん剤メトトレキセートの新規作用機構の解析 6
   1.5 薬剤候補化合物のスクリーニングシステムの開発 8
   1.6 高機能性ナノ磁性ビーズの構築と医療,バイオへの応用 9
   1.7 おわりに 10
   引用文献 10
 2 個別化医療へ向けた遺伝子多型診断 13
   2.1 はじめに 13
   2.2 個別化医療 13
   2.3 ABCトランスポーター 14
    2.3.1 ABCB1(P-糖タンパク質,MDR1) 14
    2.3.2 変異型ABCB1の発現と機能解析 15
   2.4 日本発の最速遺伝子型診断技術であるSMAP法 17
    2.4.1 SMAP法の原理 18
    2.4.2 個別化医療へ向けたSMAP法の応用 18
   2.5 おわりに 20
   引用文献 21
 3 新規siRNA分子の創製 22
   3.1 はじめに 22
   3.2 RNAの化学合成法の開発 22
   3.3 2'-O-修飾RNAの開発 25
   3.4 おわりに 28
   引用文献 28
 4 新規蛍光性核酸 30
   4.1 はじめに 30
   4.2 いろいろな蛍光性ヌクレオシド 31
    4.2.1 蛍光性ヌクレオシドの特性 31
    4.2.2 2-アミノプリン(2AP) 32
    4.2.3 6-メチル-3H-ピロロ[2,3-d]ピリミジン-2-オン(pyrrolo-c) 32
    4.2.4 4-アミノ-6-メチル-7(8H)-プテリジン(6MAP) 33
    4.2.5 1,3-ジアザ-2-オキソフェノチアジン(tC) 33
    4.2.6 1,3-ジアザ-2-オキソフェノキサジン(tC^0) 33
    4.2.7 8-ビニルアデニン(8vA) 34
    4.2.8 チエノ[3,4-d]ピリミジン 34
   4.3 新規二環性および三環性蛍光性シチジンアナログ 34
    4.3.1 開発の経緯 34
    4.3.2 dCpppとdCppiの蛍光特性 36
   4.4 おわりに 36
   引用文献 38
 5 発光タンパク質 39
   5.1 はじめに 39
   5.2 カルシウム結合発光タンパク質の研究背景 39
   5.3 発光タンパク質イクオリンの物性と構造 40
   5.4 発光タンパク質イクオリンの発光の特徴と優位性 42
   5.5 医療領域におけるイクオリンの検出プローブとしての可能性 43
    5.5.1 イクオリンタンパク質を検出プローブとして用いる場合 43
    5.5.2 イクオリン遺伝子をCa^2+検出プローブとして利用する場合 45
   5.6 イクオリンを検出プローブとするイムノアッセイ系での応用 45
    5.6.1 アビジン-ビオチンコンプレックス法による検出 45
    5.6.2 イクオリンの抗体への直接ラベル化法による検出 46
   5.7 発光タンパク質を用いる検出の高感度化 47
   5.8 おわりに 47
   引用文献 48
Ⅱ編 医療に向けた細胞・生体分子の機能解明と活用
 6 腸管上皮細胞の分化制御機構 49
   6.1 はじめに 49
   6.2 腸管の機能 49
    6.2.1 腸管の構造 49
    6.2.2 上皮細胞の機能 50
    6.2.3 腸管上皮細胞の分化 51
   6.3 腸管上皮細胞分化制御機構 51
    6.3.1 腸管分化機構 51
    6.3.2 WntシグナルによるHath1制御機構 52
    6.3.3 NotchシグナルによるHath1制御機構 55
   6.4 おわりに 57
   引用文献 58
 7 増殖因子受容体の分解制御と制がん 59
   7.1 はじめに 59
   7.2 増殖因子受容体とがん 59
   7.3 増殖因子受容体のダウンレギュレーション 60
   7.4 増殖因子受容体のリソソームへの選別輸送 61
   7.5 タンパク質のユビキチン化 61
   7.6 増殖因子受容体のユビキチン化とがん 63
   7.7 エンドソームにおける増殖因子受容体の選別 64
   7.8 脱ユビキチン化による受容体ダウンレギュレーションの調節睡 65
   7.9 おわりに 66
   引用文献 66
 8 胚性幹(ES)細胞のバイオテクノロジーとその応用と期待 68
   8.1 はじめに 68
   8.2 胚性幹細胞のバイオロジー 68
    8.2.1 幹細胞 68
    8.2.2 胚性幹細胞の樹立と培養 70
    8.2.3 ES細胞の特徴 72
   8.3 ES細胞の応用 75
    8.3.1 発生工学 75
    8.3.2 発生・分化の解明 75
    8.3.3 再生医療への期待 75
    8.3.4 動物実験代替システム 77
   8.4 おわりに 785
   引用文献 781
 9 生体内におけるビオプテリンの働きと疾患とのかかわり 79
   9.1 はじめに 79
   9.2 生体内におけるBH4の代謝 79
    9.2.1 BH4の新規合成経路 80
    9.2.2 BH4の再還元経路 80
   9.3 生体内でのBH4の役割 81
    9.3.1 芳香族アミノ酸水酸化酵素の補酵素としての役割 81
    9.3.2 NOSの補酵素としての役割 81
    9.3.3 BH4とアボトーシス 81
   9.4 BH4代謝異常により発症する疾患 82
    9.4.1 悪性高フェニルアラニン血症 82
    9.4.2 ドーパ反応性ジストニア 83
    9.4.3 SPR欠損症 83
   9.5 BH4代謝が関連すると考えられる疾患 83
    9.5.1 小児自閉症 84
    9.5.2 うつ病 85
    9.5.3 パーキンソン病 85
    9.5.4 BH4応答性PHA欠損症 86
    9.5.5 痛覚 86
    9.5.6 高血圧,動脈硬化 86
   9.6 おわりに 87
   引用文献 87
 10 肝細胞増殖因子によるがん細胞の増殖制御機構 89
   10.1 はじめに 89
   10.2 肝細胞増殖因子によるがん細胞の増殖抑制作用 90
   10.3 肝細胞増殖因子による肝がん細胞の増殖抑制作用の分子機構 91
    10.3.1 シグナル伝達制御の機構 91
    10.3.2 細胞周期停止の機構 92
    10.3.3 Cdkインヒビターの発現調節機構 95
   10.4 おわりに 96
   引用文献 97
 11 医療に向けた細胞認識機能性バイオマテリアル 98
   11.1 はじめに 98
   11.2 糖鎖構造を模倣した合成糖鎖高分子 99
    11.2.1 再生医療への応用 100
    11.2.2 DDS8への応用 102
   11.3 細胞間接着分子や増殖因子を模倣したバイオマテリアル 105
   11.4 おわりに 108
   引用文献 108
Ⅲ編 医療を指向した生体機能分子の創出
 12 医薬関連化合物の合成 110
   12.1 はじめに 110
   12.2 キニーネ 110
   12.3 テトラヒドロカンナビノール 114
   12.4 エポキシイソプロスタン・ホスホコリン 115
   12.5 お わりに 117
   引用文献 117
 13 医薬・生体機能分子の未来指向型合成法の開発 118
   13.1 はじめに 118
   13.2 ワンポット多成分カップリング反応の開発 118
    13.2.1 チタン試薬を利用する方法 119
    13.2.2 イットリウム試薬を利用する方法 124
   13.3 ワンポット多段階反応の開発 125
    13.3.1 チタン試薬による直鎖状化合物から双環性化合物の合成 126
    13.3.2 銅触媒によるヘテロ環化合物合成 127
   13.4 経済的かつ環境低負荷反応の開発 127
    13.4.1 鉄試薬の積極的利用 127
    13.4.2 空気の積極的な利用 129
   13.5 おわりに 129
   引用文献 130
 14 酵素による光学活性化合物の合成 131
   14.1 はじめに 131
   14.2 不斉還元反応 131
    14.2.1 チチカビを用いる高選択的な不斉還元 131
    14.2.2 生体触媒による水中での不斉還元における生産性の向上 132
    14.2.3 非水系溶媒中での反応 134
    14.2.4 光合成生物を用いる反応における光エネルギーによる補酵素の再生 134
   14.3 光学異性化 135
   14.4 不斉酸化 135
   14.5 加水分解酵素を利用する不斉合成反応 136
    14.5.1 リパーゼを用いる天然物の合成 136
    14.5.2 リパーゼを用いる農薬の合成 137
    14.5.3 リパーゼを用いる医薬品の合成 138
    14.5.4 酵素法利用による医薬品製造のグリーン化 138
   14.6 お わりに 140
   引用文献5 140
 15 光親和性標識法 141
   15.1 はじめに 141
   15.2 光親和性標識法の原理 141
   15.3 光反応性官能基 142
    15.3.1 芳香族アジド基 142
    15.3.2 ジアジリン 143
    15.3.3 芳香族カルボニル基 144
   15.4 光ラベル化タンパク質検出用官能基 145
    15.4.1 放射性同位元素 145
    15.4.2 ビオチン 145
    15.4.3 脂肪族アジド基 146
    15.4.4 エチニル基 149
   15.5 おわりに 149
   引用文献 149
 16 細菌のアクチン様細胞骨格タンパク質を作用標的とする 151
   16.1 はじめに 151
   16.2 アクチン様細胞骨格タンパク質MreBの阻害斉A22の発見 151
   16.3 構造活性相関と作用機構のシミュレーション 153
   16.4 おわりに 157
   引用文献 159
 17 生分解性高分子材料 160
   17.1 はじめに 160
   17.2 生分解性高分子材料 160
    17.2.1 生分解性高分子材料とは 160
    17.2.2 生分解性高分子材料の種類 161
    17.2.3 生分解性高分子材料の用途 162
   17.3 代表的な生分解性高分子材料 162
    17.3.1 ポリ乳酸 162
    17.3.2 微生物産生ポリヒドロキシアルカン酸 163
   17.4 おわりに 165
   引用文献 166
索引 167
執筆者一覧 iii
まえがき v
Ⅰ編 医療に役だつ先端生体分子検出技術
74.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
井口道生著
出版情報: 東京 : 丸善, 2009.1  vi, 223p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 はじめに 1
   1-1 なぜCommunications に努力するのか 1
    自然科学者として
    市民として
    現在のscientific communications の問題とそれに対する対策
    本書の構成
   1-2 書くこと,話すこと,その違い 6
第2章 文章の書き方 13
   2-1 NISTなんて知らない 13
    aかanか
    略語と造語
    acronymと発音
   2-2 数えられる名詞 15
    文脈から判断する
   2-3日本人の名前の書き方 19
    名前はフルネームで書こう
    へボン式は万能か
    姓,名の順に書くには
   2-4 月と六ペンス 21
    and,or but
    as well as
   2-5 単数と複数 26
    学問の名前
    単数と複数の区別は内容から
    peopleとperson
    データの取扱い
   2-6 人称代名詞 30
    IかWeか
    最適の表現を見つけよう
    youとtheyは御法度?
   2-7 簡潔な表現 33
    非人称名詞の主語
    ぜい肉をそぎ落とす
    "冗長ざ,の効果
   2-8 現在形と過去形 37
    report,commentary
    実験・観測の記述
    理論の論文
   2-9 私はコーヒーです 41
    be動詞の意味をしっかり考えよう
    likeとas
    誤解を招く文
    いくつもの形容詞を重ねるとき
    論理的に不必要な繰り返し
    大文字と小文字
    英語と日本語は似ている?
   2-10 関係代名詞の限定的用法と非限定的用法 47
    コンマ一つで意味が大いに変わる文
    限定的用法と非限定的用法
    限定的用法の形
    非限定的用法の形
第3章 主に科学論文に関すること 51
   3-1 業界用語 51
    jargon
    legalese
    時と場合をわきまえて
   3-2 数式も文章の一部 55
    定義はきちんと書こう
    数式と句読点
    数式の引用
   3-3 大統領は何代目? 58
    数量の表現
    第三の男
    日にちの書き方
   3-4 論文を投稿する 61
    まず推敲
    非公式な査読者
    投稿案内を熟読
    Revise rather than rebut.
    独創的な論文のとき
   3-5 超伝導と超電導 65
    series
    function
    field
   3-6 単位はわかりやすく 69
    国際単位系
    ギガとビリオン
   3-7 記号は両刃の剣 74
    数学的な記号
    添字あれこれ
   3-8 文献の引用 78
    なぜ引用が必要か?
    電子ボルトの3乗!?
    文献のリストの作り方
   3-9 起承転結 83
    abstract
    introduction
    本論
    論理的な構成
    必要・十分な量の内容
    conclusion
    起承転結
   3-10 グラフの作り方 88
    線の太さ,字の大きさ
    グラフの座標軸の目盛り
    captionの書き方
    論文中の図と口頭発表で使う図
   3-11 数式,記号,術語などの読み方 92
    大きな数と小さな数
    数式,記号等の読み方
    数式の読み方
    ギリシャ
    文字の読み方
    雑誌名の略号
    人名に由来する術語
第4章 単語の使い方 97
   4-1 いまさら“Japanese English" 97
    和製英語がいっぱい
    世界で通用する和製英語
   4-2 絶対的な意味をもつ言葉 100
    完全・完結・完壁
    意味の絶対性
    very basicはbaby talk
   4-3 もったいぶった言葉 103
    簡潔な表現に
    pretenrionus wordsは意味が狭い
   4-4 ハイフンに御用心 107
    交通標識と句読点
    ハイフンと発音
    ハイフンで意味が変わる
    単語はできるだけ切らずに
   4-5 似て非なるもの 111
    alternate,alternative
    complement,compliment
    but,however
   4-6 再び似て非なるもの 115
    silicon,silica,silacone
    moral,morale
    imaginary,imaginative
    intelligent,intellectual,interlligible
    observation,observance
    discrete,discreet
    ensure,insure,assure
    personal,personnel
    principle,principal
    able,capable
   4-7 知る,理解するなど 120
    意識と無意識
    "知る"と"わかる"
    理解の度合い
   4-8 太陽系はどこまで含む 124
    “含む"のnuance
    アメリカ人も間違える
    構成要素を主語にすると
   4-9 アメリカンvs.ブリティッシュ 127
    どこの国の雑誌か
    綴りも発音も句読点も違う
   4-10 外来語あれこれ 130
    外来語のルーツ
    ラテン語はイタリックで
    便利なラテン語の略語
    アクセント記号に注章
   4-11 ニュアンス 135
    冗長
    "考える"にもいろいろある
    露骨にいえないときは
   4-12 難しい単語,やっかいな単語 138
    flammable,inflammable
    overlook,oversee
    defer,deference
    involve
    modality
    moiety
    流行り言葉
   4-13 接尾辞と接頭辞 141
    表現を豊かにする接尾辞
    "不"と"非"を意味する接頭辞
   4-14 合成語 145
    合成語の便利さ
    合成語の形
   4-15 "核"になる言葉 147
    nucleus
    spectrum
    exact,accurate,precise
    声に出して読んでみよう
   4-16 いろいろな"同じ" 151
    same,identical,similar
    agree,coincide
    consistent,compatible
   4-17 "違い"のわかる科学者 155
    difference,discrepancy,deviation
    different thanが適切な場合
    disagree
    distinct,distinctive,distinguished
    discriminate
第5章 英語で語ること 161
   5-1 科学の口頭発表はやさしいと考えて始めよう 161
   5-2 勘所ふたつみつ 165
   5-3 短い講演 169
   5-4 長い講演 173
   5-5 Poster session 178
   5-6 講義 182
   5-7 会議の座長や組織者を勤めるとき 189
   5-8 管理・運営のための英語 195
   5-9 座談 198
   5-10 名人列伝 204
参考文献-211
   6-1 参考文献(英語) 211
   6-2 参考文献(日本語) 213
あとがき 215
欧文索引 217
和文索引 222
著者紹介 224
第1章 はじめに 1
   1-1 なぜCommunications に努力するのか 1
    自然科学者として
75.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
岡本仁 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2009.11  viii, 198p, 図版 [1] 枚 ; 22cm
シリーズ名: 現代生物科学入門 / 浅島誠, 黒岩常祥, 小原雄治編 ; 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序 編集にあたって
1 遺伝子と経験が作る脳神経回路-神経発生生物学の展望 1
   1 脳の部域特異化機構の解明の影響と今後 : ツールキット遺伝子群とモルフォゲン 3
   2 脳の左右差の分子機構 27
   3 神経回路形成における遺伝子と経験の役割 42
   4 神経上皮細胞の増殖と分化の制御 61
   5 おわりに-脳を作るのは遺伝子か環境か : 進化に伴う行動プログラムの貯蔵形式の変化 65
2 脳と記憶 69
   1 分子の言葉で記憶を語る 69
   2 記憶の分類 73
   3 神経回路と記憶のシナプス説 73
   4 シナプス可塑性 : 記憶のモデル 81
   5 短期記憶と長期記憶 88
   6 アメフラシの記憶とシナプス可塑性 90
   7 哺乳類の記憶とシナプス可塑性 95
   8 海馬における情報処理 99
   9 最近の記憶研究 102
   10 記憶研究が目指すもの 105
3 認知の脳内メカニズム-ヒトはどこが特別か 109
   1 脳領域と機能局在 110
   2 知能 120
   3 言語 130
   4 社会性 142
   5 脳のハードウェアとソフトウェアの新たな探求 152
   6 おわりに 160
4 脳の病気 161
   1 神経変性疾患 161
   2 行動異常 174
   3 おわりに 184
文献 185
索引 195
序 編集にあたって
1 遺伝子と経験が作る脳神経回路-神経発生生物学の展望 1
   1 脳の部域特異化機構の解明の影響と今後 : ツールキット遺伝子群とモルフォゲン 3
76.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本化学会編
出版情報: 東京 : 丸善, 2009.4  ix, 162p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 研究室における人とお金のマネジメント(北森武彦) 1
   1.1 はじめに 1
   1.2 人のマネジメント 2
    スタッフを採用する 2
    スタッフとの日常 4
    学生の管理 5
    学生の分類と管理上の観点 5
    学生との日常 6
    一時滞在者の管理 7
    人の管理まとめ 8
   1.3 お金のマネジメント 9
    お金と物の流れ 10
    資金と成果 12
    人の雇用と研究資金 13
    研究成果報告と会計報告 14
    お金の管理まとめ 14
2 人的マネジメント (尾越 和博)17
   2.1 スタッフの種類 18
    常勤と非常勤 19
    非常勤研究員等の種類と職務内容 24
   2.2 雇用等の契約および雇用期間 25
    雇用契約および期間 29
    委託契約および期間 29
   2.3 雇用等経費 29
    人件費 29
    エフォート管理 29
   2.4 侍遇 30
    社会保険と雇用保険 30
    災害補償と損害保険 32
   2.5 義務 33
    職務専念義務 33
    秘密の遵守 34
    兼業 35
    利益相反 35
    職務に係る倫理の保持 36
   2.6 学生 37
    学生の種類 37
    学生の就労 37
   2.7 各種ハラスメント対策 38
3 資金マネジメント (尾越 和博)41
   3.1 研究費 41
    公的資金と外部資金等 41
    研究費の種類 42
    国の科学技術予算について 43
    直接経費と間接経費 44
   3.2 競争的資金 44
    科学研究費補助金 45
    科学技術振興調整費 46
    グローバルCOE(GCOE)プログラム 47
    戦略的創造研究推進事業 48
    その他の研究費 49
   3.3 受託研究費等 50
    受託研究費 50
    民間等との共同研究 50
    寄付金 51
    間接経費 51
   3.4 研究費の使い方 52
    主な費用項目 52
    調達・契約 53
    納品と検収 55
   3.5 人件費等の取扱い 56
    人件費 56
    謝金 56
    旅費 56
   3.6 決算と繰越し制度 57
    決算 57
    繰越し制度 57
   3.7 公的研究費の管理・監査のガイドライン 58
    ガイドライン 58
    科学研究費補助金の応募資格停止について 59
    よくない事例 59
    外部資金を使用する上での注意事項と不適切な事例 60
4 安全管理(土橋 律) 65
   4.1 安全管理体制 65
    大学や研究機関の安全管理上の特徴 65
    コラム1 : 事故が起きたときの責任 66
    安全管理体制の考え方 67
    安全管理体制の構築(責任の明確化と管理組織の構築) 68
   4.2 安全管理活動 70
   4.3 安全教育と安全マニュアル 72
    安全教育 72
    安全マニュアル 76
   4.4 安全管理事項の具体的内容 76
    安全管理事項 76
    実験における安全管理事項 78
    コラム2 : コンピュータを用いた薬品管理 83
    リスクアセスメント 89
    廃棄物 90
    セキュリティ 91
   4.5 安全点検,安全巡視 91
    安全点検 92
    安全巡視・パトロール 94
    監査 95
   4.6 事故事例に学ぶ 95
    保護具の未使用による事故 95
    酸素欠乏 96
    可燃性溶剤による火災 96
    高圧ボンベの事故 97
    化学物質の反応 97
    ガラス器具による切創事故 98
    無人運転装置の暴走 98
   4.7 関係法令について (参考) 98
    消防法 99
    毒物及び劇物取締法 99
    高圧ガス保安法 99
    労働安全衛生法 100
    化学物質管理促進法(特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律) 101
    化審法(化学物質の審査および製造等の規則に関する法律) 101
    放射線障害防止法(放射線同位元素等による放射線障害の防止に関する法律) 101
    遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(カルタヘナ法) 101
    麻薬及び向精神薬取締法 101
    その他の関係法令 102
5 知的財産管理 (山本 貴史)103
   5.1 国立大学の法人化によって変わった知財マネジメント 103
    特許になる発明とは 103
    法人化前の国立大学における知財マネジメント 105
    国立大学法人化に向けての国の施策 106
    法人化後の国立大学における知財マネジメント 107
    特許法第35条“職務発明”とは 107
    学生の発明の取扱い 110
    兼業と職務発明 111
    真の発明者とは 111
    国によって違う知財マネジメント 113
    日本版バイ・ドール 114
   5.2 共同研究マネジメント 114
    共同研究のもとで生まれた発明の取扱いの注意点 114
    産業界と大学で対立する“不実施補償”とは 116
    特許法第69条と大学における自由な研究 119
   5.3 特許以外の知財マネジメント 121
    著作権の取扱いとマネジメントの留意点 121
    MTA 122
    ノウハウライセンス 123
   5.4 利益相反マネジメント 123
    利益相反とは 123
    conffict of commitment 124
    利益相反マネジメントのあり方 125
6 科学研究における倫理(御園生 誠)129
   6.1 倫理 129
   6.2 科学と倫理 130
    職業倫理と基本的な科学倫理 130
    コラム1 : 技術者倫理について 131
    倫理性向上のための制度と教育 132
    コラム2 : 基本的な科学倫理 (原子力と生命科学の場合) 133
   6.3 科学における不正行為 134
    FFP 134
    再現性の確認不十分 134
    不適切な引用とオーサーシップ 134
    誇張した表現 135
    誠実な研究における間違い 135
   6.4 研究室における倫理 136
    研究室 136
    研究テーマの設定 137
    実験遂行中の規範 137
    利益相反 138
   6.5 実験データの取扱い方 138
    単位 138
    正確さ,精度,誤差,有効数字 139
    統計処理の重要性 140
    異常値の取扱い 140
    測定値の信頼性を向上する方法 141
    一次データ,実験試料の保存 141
    発表(再現・検証可能性,客観性,規準) 141
    コラム3 : 統計処理の基礎 142
   6.6 不正行為を誘発する現代的な問題 144
    競争,流動性の増加 144
    研究管理機能の不足 145
    新たな状況 146
    倫理意識の低下 146
   6.7 不正行為の防止について 147
   6.8 まとめ-科学と社会 149
付表 日本学術会議「科学者の行動規範」 150
参考資料 日本化学会の行動の指針 152
索引 159
1 研究室における人とお金のマネジメント(北森武彦) 1
   1.1 はじめに 1
   1.2 人のマネジメント 2
77.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
歌丸優一著 ; 花摘香里漫画
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.1  302p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1625
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 仕事算 10
2 ニュートン算 18
3 比の文章題① 30
4 比の文章題② 40
5 過不足算 50
6 集合 62
7 旅人算etc. 74
8 通過算 84
9 流水算 94
10 時計算 106
11 循環小数 114
12 約数の個数と総和 126
13 アマリーサリーバラバリー 140
14 N進法 152
15 場台の数 順列(並べ方) 164
16 場台の数 組合せ(選び方) 178
17 場台の数 腕試し編その1 190
18 場台の数 腕試し編その2 204
19 面積 218
20 相似形と線分比 232
21 積み木の問題 246
22 立方体の切り口 256
1 仕事算 10
2 ニュートン算 18
3 比の文章題① 30
78.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
富岡秀雄著
出版情報: 名古屋 : 名古屋大学出版会, 2009.1  vi, 347p ; 27cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   注 : [⇔]、[Skattebol]は、現物の表記と異なります
   
はじめに i
序章 1
   1 カルベンの登場 1
   2 カルベンの化学と特色 1
   3 カルベンの化学の研究の変遷 2
   4 本書の主眼点と構成 3
   5 いくつかの注意事項 4
第Ⅰ部 研究法
 第1章 カルベンの前駆体 10
 第2章 カルベンの発生条件と反応する多重度 18
 第3章 生成物分析による相対的反応性の決定 20
 第4章 分光学的研究法 21
   4-1 低温マトリクス分離分光法 21
   4-2 時間分解分光法 27
   4-3 光音響熱量測定法 32
   4-4 X線を用いた“その場”観測
   4-5 化学誘発動的核スピン分極 34
   4-6 分子フラスコを用いた研究 36
 第5章 電子スピン共鳴分光法 40
   5-1 ゼロ磁場分裂パラメーター 40
   5-2 シグナル強度の温度依存性 44
   5-3 三重項カルベンの構造とゼロ磁場分裂パラメーターの関連 46
   5-4 回転異性体 50
   5-5 構造緩和 52
 第6章 理論計算 54
   6-1 計算によって予測される事項 54
   6-2 計算手法 56
第Ⅱ部 一重項―三重項相対安定性と構造の関連
 第1章 計算化学による一重項-三重項エネルギー差の理論的予測 62
   1-1 構造と多重度の関連に関する考察 62
   1-2 一重項と三重項のエネルギー差を決定する要因 63
   1-3 計算化学による予測結果 64
   1-4 溶媒効果 80
 第2章 一重項-三重項エネルギー差の実験的評価 84
   2-1 光電子分光法 84
   2-2 前平衡機構に基いた評価 85
   2-3 エネルギー局面交差機構 89
   2-4 エネルギー差への溶媒効果 91
第Ⅲ部 反応1―付加、挿入、引き抜き
 第1章 アルケンとの反応 96
   1-1 多重度による反応パターンの違い 96
   1-2 二重結合に対する反応性の分類 99
   1-3 分子内付加 106
   1-4 1,3-ジエンへの1,2-付加と1,4-付加 107
 第2章 C-H結合との反応 112
   2-1 一重項のカルベンの反応 112
   2-2 三重項のカルベンの反応 118
   2-1 水素原子トンネル反応 123
 第3章 C-C結合との反応 134
 第4章 ヘテロ原子を含む化合物との反応 139
   4-1 O-H結合との反応 139
   4-2 イリド形成 147
   4-3 二酸化炭素との反応 156
   4-4 窒素分子との反応 158
 第5章 酸素との反応 162
第Ⅳ部 反応2―転位
 第1章 1,2-転位 176
   1-1 カルベンでの1,2-転位 176
   1-2 転位の立体化学 184
   1-3 カルベンを中間体として含まない1,2-転位―励起状態での転位 187
 第2章 Wolff 転位 197
   2-1 生成物分析による研究 197
   2-2 時間分解分光法による研究 203
 第3章 1,2-転位を利用する高ひずみ化合物の合成 211
   3-1 1,2-C転位による橋頭位アルケンの合成―橋頭位アルケン[⇔]カルベン異性化 211
   3-2 Wolff転位によるひずみ化合物の合成 217
 第4章 カルベン-カルベン転位 223
   4-1 ケトカルベン―ケトカルベン転位 223
   4-2 アリールカルベンの総誤変換 226
   4-3 [Skattebol]転位 233
 第5章 分子の空洞内(分子フラスコ中)での転位反応の研究 238
 第6章 フラグメンテーション 243
第Ⅴ部 新しい展開
 第1章 カルベン反応における溶媒効果 250
   1-1 項間交差 250
   1-2 一重項での反応性 253
   1-3 フェムト秒時間分解による研究 257
 第2章 励起カルベンの反応 259
   2-1 溶液中での分子間反応 260
   2-2 分子内反応 262
 第3章 求電子的カルベンと求核的カルベン 269
   3-1 π系との共役―シクロペンタジエニリデンとシクロヘプタトリエニリデン 269
   3-2 求電子性―求核性(Phiicity)の理論計算による取り扱い―強い求電子性カルベン 273
   3-3 非共有電子対による一重項カルベンの安定化―求核性カルベン 278
 第4章 安定な一重項カルベン 284
   4-1 安定な一重項カルベンの実現 284
   4-2 安定な一重項カルベンの反応 291
   4-3 安定な一重項カルベンとLewis酸および塩基との反応 296
   4-4 安定な一重項カルベンと遷移金属の錯体―触媒配位子への応用 299
 第5章 三重項カルベンの安定化 308
   5-1 三重項ジフェニルカルベンの安定化 309
   5-2 多核芳香族三重項ジアリールカルベンの安定化 316
   5-3 新しい保護法の開発 318
   5-4 三重項カルベンの“その場”直接観測 321
 第6章 高スピンポリカルベン―有機磁性材料への展開 324
   6-1 高スピン有機分子の設計指針 324
   6-2 多重度の決定方法 326
   6-3 高スピンポリカルベンの構築 328
   6-4 安定な三重項カルベンを用いる展開 329
   6-5 金属錯体を利用する方法―ヘテロスピン系アプローチ 324
事項索引 339
化合物索引 344
コラム
   Nefはカルベン(メチレン)は安定と予測していた 2
   カルベノイドとは 15
   カルベンかジラジカルか 48
   計算化学の有用性 55
   カルベンとシリレンとゲルミレン 65
   カルベンを利用したポリマーのフッ素化 98
   光親和性標識 115
   生体反応における水素のトンネル反応 130
   ジアゾかイミノナイトレンか 202
   遷移金属カルベノイド 208
   シクロアルキンかビスカルベンか 220
   カルベンとナイトレン 263
   誰が第一発見者か 288
   安定一重項カルベンは生化学反応でも活躍 303
   A Raging Lion in The Chemical World has been Tamed.―化学界の怒れるライオンが手なずけられた 318
   遷移金属イオンより強い磁気モーメントを持つ炭化水素 327
   注 : [⇔]、[Skattebol]は、現物の表記と異なります
   
はじめに i
79.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日経サイエンス編集部編
出版情報: [東京] : 日経サイエンス , 東京 : 日本経済新聞出版社 (発売), 2009.5  160p ; 29cm
シリーズ名: 別冊日経サイエンス ; 165
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 2
CHAPTER 1 湯川秀樹と朝永振一郎
   中間子論が拓いた核力の世界[坂井典佑] 8
   「くりこみ」が拓く量子の世界[金谷和至] 20
   朝永先生に酒を学んだ30年[小柴昌俊] 100
   湯川と朝永から受け継がれたもの[南部陽一郎] 34
CHAPTER 2 南部陽一郎の世界
   対称性の破れが生む多様性[初田哲男・橋本省二(協力)/中島林彦] 40
   ひも理論とは何か[南部陽一郎] 56
   素粒子物理学の予言者[南部陽一郎/M. ムカジー] 59
   対称性の自発的破れとひも理論[南部陽一郎] 62
   南部さんと始まった研究人生[西島和彦] 72
   南部さん,西島さんとの60年[小柴昌俊] 86
CHAPTER 3 小林・益川理論とBファクトリー
   6元モデルへの道[小林誠(協力)/中島林彦] 92
   CP対称性の破れの起源[三田一郎(協力)/中島林彦] 106
   巨大加速器実験,日米の闘い[高エネルギー加速器研究機構(協力)/中島林彦] 122
CHAPTER 4 不確定性原理をめぐって
   新たな不確定性原理を求めて[山崎和夫・小澤正直(協力)/中島林彦] 138
   ハイゼンベルク先生と統一理論に挑んだ10年[山崎和夫] 150
あとがき 160
はじめに 2
CHAPTER 1 湯川秀樹と朝永振一郎
   中間子論が拓いた核力の世界[坂井典佑] 8
80.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
宮本昌幸編著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.12  270p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B1660
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 5
口絵 15
   通勤電車カタログ 15
   乗務員室の機器 22
   床下機器配置 26
   台車の構造 28
第1章 頑丈な台車の構造
   1-1 定期検査での台車の分解 32
    鉄道車両の車輪構成 32
    台車の役割 32
    車両検査の種類 34
    車体と台車の分離 34
    台車の分離 36
   1-2 ボルスタ付台車とボルスタレス台車 39
    ボルスタ付台車 39
    ボルスタレス台車 41
    ボルスタ付台車の重量支持 42
    ボルスタ付台車の側受の役割 43
    ボルスタレス台車の旋回抵抗 43
   1-3 空気バネの構造と働き 45
    まくらバネ 45
    空気バネの構造 45
    自動高さ調整装置 47
    左右のバランスをとる差圧弁 49
    空気バネでバリアフリーを実現 50
第2章 走りを支える台車のメカニズム 51
   2-1 走る力を伝える仕組み 52
    動力伝達の方式 52
    たわみ軸継手の働き 54
    歯車装置(ギアケース) 56
    駆動力が車体に伝わるルート 57
   2-2 車輪と輪軸 60
    車輪構造の種類 60
    車輪のアンバランス 61
    輪軸の重さ 62
    軸に車輪をはめる・抜く方法 62
    軸受の仕組み 64
    軸受の潤滑と絶縁対策 65
    軸箱支持装置 65
   2-3 踏面形状 67
    踏面の役割 67
    カーブでのスムーズな走行 69
    危険な蛇行動 71
    蛇行動を防ぐ 72
    優れた直線・曲線走行特性の両立 73
    フランジ 74
    接触点の連続的な移動 74
    車輪削正 75
第3章 軽くて丈夫な車体の製造 77
   3-1 車体のスペック 78
    車両限界と建築限界 78
    乗車人数と重さ 80
    車体に加わる力 82
    車体の重心位置 82
    車体の寸法精度 83
   3-2 車体構体の材料 84
    構体材料の主役はステンレス 84
    軽くて丈夫なアルミ合金 85
    火災対策から見た車体材料 87
   3-3 構体の製造工程 87
    ステンレス鋼製構体ブロックの製造 87
    構体全体の組み立て 91
    屋根表面の絶縁処理 92
    アルミ中空押出形材 93
    前面の3次元削出加工 94
    アーク溶接 96
    スポット溶接 96
    レーザ溶接 98
    摩擦攪拌接合 99
第4章 大きく明るいドアと窓の仕掛け 101
   4-1 側引戸の仕組み 102
    両開きの側引戸 102
    電気式ドアエンジン・ボールねじ式 103
    空気式ドアエンジン・ベルト式 104
    ベルト式の左右運動 106
    戸閉めスイッチ 106
    開閉動作速度 107
    側引戸へ加わる力 108
   4-2 側引戸の開閉操作 109
    車掌スイッチ 109
    再開閉装置 109
    主導で開ける方法 110
    開閉用の電気回路 111
   4-3 妻引戸の仕組み 112
    妻引戸の廃止と復活 112
    妻引戸の開閉機構 114
   4-4 窓の仕組み 114
    窓ガラスの構成 114
    グリーンガラス 116
    窓のフリーストップ 116
    がたつき防止と位置を保つブラシ 118
第5章 電車の中の電気の流れ 119
   5-1 電気を受け取るパンタグラフ 120
    電気の出入口 120
    パンタグラフの構造 122
    パンタグラフの押上力 124
   5-2 高圧電流が流れる主回路 126
    裏方に徹する避雷器 126
    主断路器 127
    高速度遮断機 128
    速度制御装置 130
    接地装置 130
   5-3 低圧電流が流れる補助回路 132
    補助電源装置 132
    バッテリ 134
    電気連結器 135
第6章 パワフルなモータの原理 139
   6-1 主役は誘電モータ 140
    電気モータの種類 140
    誘電モータの回転の仕組み 140
    誘電モータの構造 142
    モータの放熱・防音 145
   6-2 モータの性能 147
    電車に働く抵抗力 147
    電車のモータがさらされる苛酷な電圧変動 149
    モータ基本仕様の決定 150
    車両力行性能 151
第7章 巧妙なモータ制御法 153
   7-1 マスコンによる運転操作 154
    運転操作ハンドルの種類 154
    ワンハンドル操作の国際基準 154
    ワンハンドルマスコンの運転手順 156
    マスコン指令の読み取り 159
   7-2 直流モータの速度制御法 160
    抵抗制御と直並列制御 160
    弱め界磁制御 160
    チョッパ制御 162
   7-3 交流モータの速度制御法 163
    VVVFインバータ制御 163
    半導体によるスイッチング 164
    「ピィ~ン」の正体 165
    IGBTでのより滑らかな加速 166
    誘導モータ速度制御の問題点 167
    滑り周波数制御 168
    滑り周波数制御のシステム 170
    速度領域別のトルク制御モード 170
    ベクトル制御 172
    センサレス制御 173
第8章 強力なブレーキの仕組み175
   8-1 ブレーキの分類 176
    粘着ブレーキ 176
    機械ブレーキと電気ブレーキ 176
    役割によるブレーキ分類 177
   8-2 空気ブレーキ 180
    ブレーキまでの空気の流れ 180
    踏面ブレーキ 181
    ユニットブレーキ 182
    ディスクブレーキ 184
   8-3 空気指令式空気ブレーキ制御 185
    自動空気ブレーキ 185
    電磁直通空気ブレーキ 186
    空気指令式ブレーキ弁 186
    ブレーキ弁のハンドル操作 188
    供給弁の仕組み 188
    消えゆく鉄道の歴史 190
   8-4 電気指令式空気ブレーキ制御 191
    多段式中継弁 191
    EP弁 193
    ON・OFF弁 194
    デジタルとアナログ指令方式 195
    制御伝送指令方式 196
    電気指令式の非常ブレーキ 196
   8-5 滑走防止制御ブレーキ 197
    怖い滑走を防ぐ 197
    滑走防止制御の原理 198
    むずかしい「理想の制御」 199
   8-6 空気圧縮機 200
    圧縮空気の供給源 200
    空気圧縮機の仕組み 200
    スクロール式空気圧縮機の原理 202
    オイルレスへの挑戦 203
   8-7 電気ブレーキ 204
    回生ブレーキ 204
    回生ブレーキと空気ブレーキの協調制御 205
    遅れ込め制御 206
    列車情報管理装置によるブレーキ指令 207
    協調制御の課題 208
第9章 絶対安全に止めるシステム 209
   9-1 自動列車停止装置(ATS) 210
    大事故の教訓 210
    車内警報装置の導入 211
    打子式ATS 212
   9-2 電気式ATSの仕組み 213
    ATS-S(点制御式) 213
    ATS-S改良タイプ(点制御式) 214
    ATS-P(点制御式) 215
    多変周連続速度照査式ATS(点制御式) 217
    商用軌道回路式ATS(連続制御式) 218
    AF軌道回路式ATS(連続制御式) 219
   9-3 ATCの仕組み 220
    地上信号方式ATC(WS-ATC) 220
    車内信号方式ATC(CS-ATC) 221
    CS-ATCのシステム 222
    一段ブレーキ制御方式ATC 223
    アナログからデジタルへ 225
    車上主体型のD-ATC 225
第10章 徹底して安全を守る装置 227
   10-1 列車情報管理装置 228
    電車の「脳」と「神経」 228
    モニタリングと検修支援 229
    乗務員支援 229
    制御指令伝送 233
    車両統合制御 233
    乗客サービス 234
    列車情報管理装置のシステム構成 234
   10-2 その他の安全を守る装置 235
    デッドマン装置 235
    EB装置 236
    列車無線 236
    防護無線 236
    車両用信号炎管 237
    車両緊急防護装置(TE装置) 238
    ヘッドライトとテールライト 238
    HIDの採用 240
    LEDへの進化 241
    車内放送装置 242
第11章 至れり尽せりのサービス設備 243
   11-1 車内設備の細やかな工夫 244
    腰掛のサイズ 244
    そで仕切り 246
    つり手 246
    握り棒 247
    設計強度 248
   11-2 照明とラジオ受信・送信 249
    車内照明 249
    AM・FMラジオ受信・送信システム 249
   11-3 案内装置 251
    車内案内表示装置 251
    液晶ディスプレイの採用 253
    車外案内表示装置 254
    放送装置 254
   11-4 強力な空調装置 255
    むずかしい通勤電車の冷房 255
    家庭用エアコン20台分 256
    車両用冷房装置 256
    除湿の方法 258
    屋根上搭載型ユニットクーラ 258
    車内の空気循環 259
    快適な車内環境の制御 261
    暖房装置 261
参考文献・図版出典 263
さくいん 265
はじめに 5
口絵 15
   通勤電車カタログ 15
81.

図書

図書
竹村和久著
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2009.10  vi, 213p ; 22cm
所蔵情報: loading…
82.

図書

図書
辻邦生著
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2009.12  140p ; 16cm
シリーズ名: 中公文庫 ; [つ-3-24]
所蔵情報: loading…
83.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ウィリアム・H・クロッパー著 ; 水谷淳訳
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.12  475p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B1664 . { 物理学天才列伝 / ウィリアム・H・クロッパー著 ; 水谷淳訳||ブツリガク テンサイ レツデン } ; 下
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第6部 量子力学 13
   略史
第15章 気の進まない革命家 [マックス・プランク] 16
   物理学は終わった
   黒体放射
   都合の悪いh
   別の見方/アインシュタインのエネルキー量子(光子)
   最高の美徳
第16章 対話による科学 [ニールス・ボーア] 37
   ニールス・ボーア万歳
   ボーア=ラザフォード原子/バルマーの公式
   イメージと関連性
   知らなかった
   そんなにいかれていない
   危険と希望
第17章 批評家としての科学者 [ヴォルフガング・パウリ] 64
   パウリなら何と言うたろうか?
   反形而上学の血統
   排他原理
   スピン
   批評家
第18章 行列力学 [ヴェルナー・ハイゼンベルク] 77
   双子
   神童
   新たな力学
   ひらめき
   行列力学
   戦争と余波
   将来を見据え
第19章 波動力学 [エルヴィン・シュレーディンガーとルイ・ド・ブロイ] 100
   希望と恐怖
   ド・ブロイ兄弟
   物質波
   アインシュタインは賛成、コペンハーゲンは反対
   電子波、観測される
   科学よりも美
   シュレーディンガー方程式
   初心者には簡単、専門家には難しい
   ハイゼンベルクの不確定性原理
   量子力学の本質
   二重性と相補性
   真のヤコブ
   ベルの定理
   人間主義者としての科学者
第7部 原子核物理学 133
第20章 開かれる扉 [マリ・キュリー] 136
   マリアとマリ
   才女
   ベクレル線
   小屋での科学
   キュリー夫妻
   死人のような時間
   スキャンダルと中傷
   役に立つ人間になる
   パトロン
第21章 波に乗って [アーネスト・ラザフォード] 161
   活動としての科学
   地球の反対側から
   錬金術
   α照射
   化学のレッスン
   原子から発せられるX線
   巣箱が足りない
   原子の破壊
   捕らえがたい中性子
   家庭では
   成功の秘訣
第22章 物理と友情 [リーゼ・マイトナー] 203
   ウィーン/ベルリンの征服
   β崩壊の問題
   ベルリンの悪夢
   ストックホルムでの孤独
   核分裂、存在しなかった超ウラン
   ふさわしい名声、ふさわしくない名声
   晩年
第23章 完壁な物理学者 [エンリコ・フェルミ] 232
   量子統計
   ローマでの物理学の復活
   続、β崩壊
   中性子の研究
   アメリカ分家
   マンハッタンエ兵管区
   スカッシュコートの中のパイル
   メサへ
   半分だけ
第8部 素粒子物理学 269
第24章 iγ・δψ=mψ [ポール・ディラック] 272
   孤独
   研究生
   3種類の量子力学
   出し抜けに
   ±問題
   数式の中の美
   アインシュタインのように
第25章 どうして気にするの? [リチャード・ファインマン] 293
   好奇心旺盛
   ファーロッカウェ-で
   問題好き
   もつと人間的な第二のディラック
   3つの会議
   QEDと『QED』
   水玉模様のヒキニを着た少女
   V‐A/パートンとクォーク
   自然は欺けない
   つまらないものは何もない
   存在
第26章 クォークの物語を語る [マレー・ゲルマン] 348
   神童の物語
   シカゴとストレンジネス
   スピンとアイソスピン
   続、対称性のレッスン
   カルテックと八道説
   クォークの3つのフレーバー
   クォークの3つの色
   囚われのクォーク
   クォークの世代
   競争
   クォークとジャガー
第9部 天文学、天体物理学、宇宙論 385
第27章 銀河を超えて [エドウィン・ハッブル] 387
   ミズーリ州人
   ローズ奨学生
   少佐
   山頂で
   暴言
   赤方偏移
   名門
   定数
   望遠鏡
第28章 理想的な学者 [スブラマニヤン・チャンドラセカール] 415
   生と死
   マドラスから
   ケンブリッジへ
   星の道化
   ウィリアムズベイ
   編集者
   奇跡は望まない
第29章 苦痛、名声、運命 [スティーヴン・ホーキング] 443
   列車のおもちゃと宇宙論
   不幸
   復活
   最も完壁な物体
   始まりと終わり
   ベストセラー
   健全な精神
謝辞 467
さくいん 471
第6部 量子力学 13
   略史
第15章 気の進まない革命家 [マックス・プランク] 16
84.

図書

図書
国立教育政策研究所, 日本物理学会キャリア支援センター編
出版情報: 京都 : 世界思想社, 2009.6  iii, 295p ; 21cm
所蔵情報: loading…
85.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
アルトランド, サイモンズ [著] ; 新井正男 [ほか] 訳
出版情報: 京都 : 吉岡書店, 2009.11-2010.5  3冊 (825p) ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序文 ⅰ
訳者序文 ⅷ
第1章 粒子から場へ 1
   1.1 古典調和振動子鎖 : フォノン 4
   1.2 関数解析と変分原理 16
   1.3 変分原理としてのMaxwell方程式 21
   1.4 量子鎖 26
   1.5 量子電磁気学 34
   1.6 Noetherの定理 41
   1.7 まとめと展望 46
   1.8 問題 47
第2章 第2量子化 53
   2.1 第2量子化の導入 54
   2.2 第2量子化の応用 68
   2.3 まとめと展望 110
   2.4 問題 111
第3章 Feynman経路積分 125
   3.1 経路積分 : 一般論 126
   3.2 経路積分の構築 128
   3.3 氏ynman経路積分の応用 149
   3.4 まとめと展望 193
   3.5 問題 194
第4章 場の汎関数積分 205
   4.1 多体経路積分の構成 208
   4.2 量子分配関数に対する場の積分 219
   4.3 場の理論におけるボゾン化 : 1つの応用例として 231
   4.4 まとめと展望 242
   4.5 問題 243
索引 258
序文 ⅰ
訳者序文 ⅷ
第1章 粒子から場へ 1
86.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ベルンド・スタウス [ほか] 編著 ; 近藤隆雄, 日高一義, 水田秀行訳
出版情報: 東京 : 生産性出版, 2009.9  xvi, 216p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
日本の読者へ i
訳者まえがき v
序章
 監修にあたって 3
   1 サービス・サイエンスの必要性 3
   2 サービス・サイエンス概念の基盤 5
    2.1 学際的な研究 5
    2.2 学会と企業世界との緊密な協働関係 6
    2.3 サービス教育 6
   3 解決策創出のための実施上の問題 7
   4 本書収録論文の概観 8
第Ⅰ部 サービス・サイエンス-その必要性と概念基盤
 第1章 サービス・サイエンス、マネジメント、エンジニアリング(SSME)と他の学問領域との関連 15
   1 はじめに 15
   2 サービス研究のアプローチ 20
   3 他の学問領域 26
   4 SSMEとサービス・システム 44
 第2章 サービス・エンジニアリング-サービス・リサーチにおける学際的アプローチ 61
   1 なぜサービス・サイエンスか 61
   2 ドイツにおける公的な予算によるサービス研究 65
   3 公的な予算によるサービス研究の中心としてのサービス工学 67
   4 サービス工学アプローチのサービス・サイエンスへの貢献 72
第Ⅱ部 サービス・サイエンス-研究の視点から
 第3章 サービス研究の国際的現状、発展、およびサービス・サイエンスが登場した意義 79
   はじめに
    仮説1 : サービスに関連する研究は広く行われているが、それらはサービス・サイエンスとは見なされない 80
    仮説2 : 現行のサービス研究は、明らかに、マーケティングとマネジメントに焦点を当てたものである 81
    仮説3 : 現行のサービス研究は、マルチディシプリナリー(分野横断的)であるが、インターディシプリナリー(学際的)ではない。しかし、学際的な方向への動きも見ることができる 85
    仮説4 : サービス・サイエンスは、その関連性と概念的な核をより明確に、詳細に規定しなければならない 87
    仮説5 : サービス・サイエンスに関するどの選択肢も、関係するすべてのグループに対して大きな挑戦を呈示している 93
 第4章 サービスの研究-残余の研究からサービス・サイエンスへ 97
   1 はじめに 97
   2 サービス研究の特徴 98
   3 サービス研究の弱点と欠点 100
   4 今後の方向 103
 第5章 サービス・サイエンス-計算機科学者の見方 107
   1 はじめに 107
   2 純粋科学と応用科学 107
   3 新しい学問が必要であろうか 108
   4 サービス・イノベーションに向けて 110
   5 サービス・インフォメーションと学術研究 111
 第6章 ヨーロッパのサービス産業分野における研究の必要性について-応用志向的な視点から 115
   1 研究分野 115
   2 活動の必要性 116
第Ⅲ部 サービス・サイエンス-教育の視点から
 第7章 ビジネス・スクールにおけるサービス・サイエンスの発見と進化 121
   1 はじめに 121
   2 ビジネス・スクールにおけるサービス・サイエンスの発展 122
    2.1 研究領域としてのサービス 122
    2.2 新しい分野の特徴-実際的、分野横断的、複合的方法論的、グローバル 123
    2.3 ビジネス・スクールにおけるサービス研究の主要なトピック 124
   3 サービス教育課程の進化 125
   4 サービス・サイエンスの登場と挑戦 127
    4.1 海外でのアウトソーシング 127
    4.2 サービスと技術 128
    4.3 モノからサービスへの転換 129
    4.4 サービス・イノベーション 130
   5 サービス・サイエンス教育への高まる要請 132
   6 結論
 第8章 コンピュータ・サイエンスからの見解 137
   1 サービスの教育と訓練が不十分である要因 137
   2 大学において独立したサービス・サイエンスの教育を実施する必要性 139
   3 大学でのサービス・サイエンス教育には、どのようなテーマが求められるか 141
   4 大学組織においてサービス・サイエンスを確立するためのチャレンジ 141
   5 サービス・サイエンスは、従来の大学教育の土壌にどのように定着すべきか 143
第Ⅳ部 サービス・サイエンス-協働の視点から
 第9章 サービス・サイエンス-理論と実践の出会うところ 149
   1 はじめに 149
   2 サービス-その特徴と、成長と繁栄への重要性 150
    2.1 過去40年間、経済変革の風は第三次産業に味方した 150
    2.2 サービスは労働市場に良い影響を与えている-新たな仕事は主に知識産業において生み出されている 153
    2.3 第三次産業化-製造企業にとってそれは製品系列のなかにサービスを導入する役割を果たす 154
    2.4 サービスにおけるイノベーション 156
   3 知識集約型経済における知識の創造 159
    3.1 知識-競争優位を継続するための唯一のもの 159
    3.2 知識の集中化の増大により知識の生産に新しいルールが設定される 161
    3.3 知識市場は成長している-知識集約型企業の新たなる可能性と課題 163
   4 サービス・イノベーションの支援 165
    4.1 サービス・イノベーションの枠組みの改善の必要性-協働は魔法の言葉 165
    4.2 サービス・サイエンス-すべての参加者にwin-winの状況を作り出し、大学におけるサービスの位置付けを高めるための、新たなモデル 167
 第10章 サービス・サイエンスと研究機関および企業のコラボレーション 171
   1 背景、出発点そして目標 171
   2 CTF・スウェーデン.カールスタッド大学附属サービス・リサーチ・センター 173
   3 企業と研究機関による協働関係の背景にある理由 174
    3.1 企業が研究機関と協働関係を結ぶのはなぜか 174
    3.2 なぜ研究者は企業と協働関係に入るのか 176
   4 どのように協働を組織化し、基本的な役割と責任について合意するか 178
    4.1 研究上の焦点の違い 178
    4.2 相互の学習 183
   5 将来の課題と提案 183
 第11章 インフォマティクスからの見方 185
   1 大学と企業の現在の協働における利点と課題 185
   2 パートナーシップの設立 187
    2.1 目的 187
    2.2 結果 187
    2.3 組織と機構 189
   3 コンピテンシー・センターの統治の仕組みと情報交換の構造 190
   4 将来に向けて
 第12章 サービス産業からの視点-シーメンス社の見方 193
   1 サービスおよびサービス・イノベーションの重要性 193
   2 サービス・イノベーションはどのように生み出されるか 195
   3 Siemens Business Servicesによる Customer Innovation Workshops(TM) 196
   4 協働活動 197
   5 知識交換センター 198
   6 "Dynamic Value Webs for IT Services"-SBSとミュンヘン工科大学の能力開発センター 199
   7 大学と企業の将来の協働についての提案 201
 第13章 ドイツIBMの考え方と実践 203
日本の読者へ i
訳者まえがき v
序章
87.

図書

図書
半藤一利著
出版情報: 東京 : 平凡社, 2009.6  2冊 ; 16cm
シリーズ名: 平凡社ライブラリー ; 671-672 ; [は-26-1], [は-26-2]
所蔵情報: loading…
88.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
吉田伸夫著
出版情報: 東京 : 技術評論社, 2009.12  206p ; 19cm
シリーズ名: tanQブックス ; 4