close
1.

図書

図書
伊東潤著
出版情報: 東京 : 光文社, 2013.4  336p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
旅刃刺の仁吉
恨み鯨
物言わぬ海
比丘尼殺し
訣別の時
弥惣平の鐘
旅刃刺の仁吉
恨み鯨
物言わぬ海
概要: 網を打つ者。とどめを刺す者—。おのおのが技を繰り出し集団で鯨に立ち向かう、世界でもまれな漁法「組織捕鯨」を確立し繁栄する紀伊半島の漁村、太地。しかし、仲間との信頼関係が崩れると即、死が待ち受ける危険な漁法であるため、村には厳しい掟が存在した 。流れ者。己の生き方に苦悩する者。異端者—。江戸から明治へ、共同体で繰り広げられる劇的な人生を描いた渾身作。 続きを見る
2.

図書

図書
伊東潤著
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2016.12  515p ; 20cm
所蔵情報: loading…
概要: 権力の座に魅入られた男が見た、維新の光と闇。西郷と大久保の影を担い、警視庁長官まで上り詰めた川路利良の生涯を描く巨篇。歴史小説の第一人者が、今、明治政府の真実を書き換える!
3.

図書

図書
伊東潤著
出版情報: 東京 : 光文社, 2012.6  412p ; 16cm
シリーズ名: 光文社文庫 ; い49-1
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
伊東潤著
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2018.12  292p ; 16cm
シリーズ名: 文春文庫 ; [い-100-2]
所蔵情報: loading…
概要: 政治と共に世に出、政治によって抹殺された千利休。利休の編み出した「侘数寄」の精神は、美の世界を支配した。牧村兵部、瀬田掃部、古田織部、細川忠興という利休七哲に数えられる高弟たちによって語られる、利休と秀吉との相剋。弟子たちの生涯から、利休の 求めた理想の茶の湯と、その死の真相に迫っていく。 続きを見る
5.

図書

図書
伊東潤 [著]
出版情報: 東京 : 講談社, 2012.10  331p ; 15cm
シリーズ名: 講談社文庫 ; [い-124-3]
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
木曾谷の証人
要らぬ駒
画龍点晴
温もりいまだ冷めやらず
表裏者
木曾谷の証人
要らぬ駒
画龍点晴
概要: 人を欺けば謀られ、人を信じれば殺される。木曾谷の治世をめぐり反目する木曾家当主の義昌と弟の義豊。武田に殉じるか織田へ寝返るか—谷間に常と変わらぬ春が訪れたとき、兄弟は慟哭の中で身悶えしなければならなかった。武田家滅亡が招いた鬼哭啾啾を活写し 、極点での人間の本性を炙り出した傑作戦国絵巻5編。 続きを見る
6.

図書

図書
伊東潤 [著]
出版情報: 東京 : 講談社, 2013.4  358p ; 15cm
シリーズ名: 講談社文庫 ; [い-124-4]
所蔵情報: loading…
概要: 本能寺の変から十年。天下人となった秀吉は朝鮮出兵の大号令を発した。その前線、肥前名護屋陣にいた二人—秀吉からすべてを奪われた信長の息子・信雄と、秀吉に滅ぼされた北条家の生き残り氏規。この苛烈な時代を二人はいかに生き抜こうとしたのか。絢爛たる 桃山文化を背景に描かれる落魄者たちの戦国絵巻。 続きを見る
7.

図書

図書
伊東潤著
出版情報: 東京 : 祥伝社, 2019.5  466p ; 16cm
シリーズ名: 祥伝社文庫 ; い31-1
所蔵情報: loading…
概要: 時は戦国。甲斐の武田信玄の野望の触手は北信濃に向かった。北信国人たちは村上義清を盟主と仰いで武田方の猛攻を弾き返す。だが限界は見えていた。国人の一人、須田満親は使者となり、越後の上杉謙信に支援を請う。ここに五度にわたる川中島合戦の幕が切って 落とされた。綿密な現地取材と最新の説を徹底研究した末、伊東潤が戦国時代屈指の大戦を再現する! 続きを見る
8.

図書

図書
伊東潤著
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2016.3  345p ; 16cm
シリーズ名: 文春文庫 ; [い100-1]
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
果報者の槍
毒を食らわば
復讐鬼
小才子
王になろうとした男
果報者の槍
毒を食らわば
復讐鬼
概要: 野心が、野望が、人を変えていく戦国時代。桶狭間の戦で功を挙げた毛利新助、計策事により秀吉や光秀よりも出頭した塙直政、臣下の謀略で一族郎党を虐殺された荒木村重、信長に父を殺され復讐を胸に秘める津田信澄、黒人奴隷となって買られてきた彌介。信長の 家臣ゆえ、運命に翻弄された男たちを描く短篇集。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼