close
1.

図書

図書
多和田葉子著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2011.1  253p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報:
祖母の退化論
死の接吻
北極を想う日
祖母の退化論
死の接吻
北極を想う日
2.

図書

図書
Ёко Тавада ; [перевод c японского Александра Мещерякова]
出版情報: Санкт-Петербург : "Азбука-классика", 2009  188 p. ; 18 cm
シリーズ名: Азбука классика
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
多和田葉子著
出版情報: 東京 : 青土社, 2006.11  187p ; 20cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
多和田葉子著
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 1999.7  152p ; 15cm
シリーズ名: 河出文庫
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
多和田葉子著
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.7  237p ; 20cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
多和田葉子 [著]
出版情報: 東京 : 講談社, 2017.8  268p ; 15cm
シリーズ名: 講談社文庫 ; [た74-4]
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
献灯使
韋駄天どこまでも
不死の島
彼岸
動物たちのバベル
献灯使
韋駄天どこまでも
不死の島
概要: 大災厄に見舞われ、外来語も自動車もインターネットもなくなり鎖国状態の日本。老人は百歳を過ぎても健康だが子どもは学校に通う体力もない。義郎は身体が弱い曾孫の無名が心配でならない。無名は「献灯使」として日本から旅立つ運命に。大きな反響を呼んだ表 題作など、震災後文学の頂点とも言える全5編を収録。 続きを見る
7.

図書

図書
多和田葉子著
出版情報: 東京 : 講談社, 2018.4  309p ; 20cm
所蔵情報: loading…
概要: 留学中に故郷の島国が消滅してしまった女性Hirukoは、ヨーロッパ大陸で生き抜くため、独自の言語“パンスカ”をつくり出した。Hirukoはテレビ番組に出演したことがきっかけで、言語学を研究する青年クヌートと出会う。彼女はクヌートと共に、この 世界のどこかにいるはずの、自分と同じ母語を話す者を捜す旅に出る—。言語を手がかりに人と出会い、言葉のきらめきを発見していく彼女たちの越境譚。 続きを見る
8.

図書

図書
多和田葉子著
出版情報: 東京 : 青土社, 2002.7  163p ; 20cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼