close
1.

図書

図書
Ryunosuke Akutagawa ; translated by Geoffrey Bownas ; with an introduction by G.H. Healey
出版情報: Boston ; Tokyo : Tuttle Publishing, 2000, c1970  141 p. ; 21 cm
シリーズ名: Tuttle classics
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
芥川龍之介著 ; 中村眞一郎編
出版情報: 東京 : 新潮社, 1959.6  602p ; 18cm
シリーズ名: 日本文學全集 ; 22
所蔵情報: loading…
目次情報:
羅生門
羅生門
3.

図書

図書
芥川, 龍之介(1892-1927)
出版情報: 東京 : 中央公論社, 1964.10  535p ; 18cm
シリーズ名: 日本の文学 / 谷崎潤一郎 [ほか] 編 ; 29
所蔵情報: loading…
目次情報:
羅生門 ほか41編
羅生門 ほか41編
4.

図書

図書
by Ryunosuke Akutagawa ; translated from the Japanese by W.H.H. Norman
出版情報: Tokyo : Hokuseido, 1948  177 p., [2] folded leaves of plates ; 19 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Jigokuhen
Jashūmon
The general
Mensura Zoilii
Jigokuhen
Jashūmon
The general
5.

図書

図書
Ryunosuke Akutagawa ; [Indonesia translation, Jonjon Johana]
出版情報: [S.l.] : Kansha Pub., 2013  200 p. ; 20 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Lukisan neraka
Roda bergerigi
Kehidupan seorang bebal
Dewa Agni
Gerobak dorong
Jeruk
Lukisan neraka
Roda bergerigi
Kehidupan seorang bebal
6.

図書

図書
芥川竜之介作
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1980.4  243p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 緑-70-2,313,緑(31)-070-2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
道祖問答
袈裟と盛遠
地獄変
邪宗門
往生絵巻
好色
薮の中
六の宮の姫君
二人小町
道祖問答
袈裟と盛遠
7.

図書

図書
芥川竜之介作
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.10  182p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 緑(31)-070-1 . 芥川竜之介王朝物全集||アクタガワ リュウノスケ オウチョウモノ ゼンシュウ ; 1
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
芥川龍之介著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2005.10  301p ; 15cm
シリーズ名: 新潮文庫 ; 1804, あ-1-1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
羅生門
芋粥
袈裟と盛遠
邪宗門
好色
俊寛
羅生門
芋粥
9.

図書

図書
芥川竜之介作
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2017.5  221p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 緑(31)-070-15
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
老年
青年と死と
ひょっとこ
孤独地獄
野呂松人形
煙管
MENSURA : ZOILI
二つの手紙
女体
黄粱夢
英雄の器
蜜柑
沼地
尾生の信
黒衣聖母
老年
青年と死と
ひょっとこ
概要: 隅田川沿いでの生い立ちを反映した最初の小説「老年」、以後、芥川は多彩な短編小説、小品を織りなした。素朴な娘の愛情の表現に、憂鬱な感情を忘れる「蜜柑」、中国古典に拠った夢と詩情を描いた掌篇「尾生の信」...。愚ともいえる素朴で正直な人間にも、 作者は優しいまなざしを向ける。芥川の佳作二十篇を選んで収める。 続きを見る
10.

図書

図書
芥川竜之介作
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2017.6  209p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 緑-70-16, 31-070-16
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
妙な話
仙人
一夕話
保吉の手帳から
お時儀
あばばばば
金将軍
文放古
詩集
ピアノ
死後
年末の一日
悠々荘
貝殻
浅草公園
機関車を見ながら
妙な話
仙人
概要: 芥川の作風の転換期とされる中期から後期の作品十九篇を収録した。「年末の一日」は、漱石の墓を訪ねた年末の或る日の出来事と、それに感応する微妙な作者の心情を描き出す。シナリオ形式の作品「浅草公園」など、従来の形式や文体とは異なる作品を模索してい る芥川の苦闘する姿が窺える、多彩な小説を選んだ。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼