close
1.

図書

図書
Katsuhiko Ogata
出版情報: Upper Saddle River, NJ : Prentice Hall, c2002  xi, 964 p. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Introduction to Control Systems / 1:
Examples of Control Systems
Closed-Loop Control versus Open-Loop Control
Outline of the Book
The Laplace Transform / 2:
Review of Complex Variables and Complex Functions
Laplace Transformation
Laplace Transform Theorems
Inverse Laplace Transformation
Partial-Fraction Expansion with MATLAB
Solving Linear, Time-Invariant, Differential Equations
Mathematical Modeling of Dynamic Systems / 3:
Transfer Function and Impulse-Response Function
Automatic Control Systems
Modeling in State Space
State-Space Representation of Dynamic Systems
Transformation of Mathematical Models with MATLAB
Mechanical Systems
Electrical and Electronic Systems
Signal Flow Graphs
Linearization of Nonlinear Mathematical Models
Mathematical Modeling of Fluid Systems and Thermal Systems / 4:
Liquid-Level Systems
Pneumatic Systems
Hydraulic Systems
Thermal Systems
Transient and Steady-State Response Analyses / 5:
First-Order Systems
Second-Order Systems
Higher-Order Systems
Transient-Response Analysis with MATLAB
An Example Problem Solved with MATLAB
Routh's Stability Criterion
Effects of Integral and Derivative Control Actions on System Performance
Steady-State Errors in Unity-Feedback Control Systems
Root-Locus Analysis / 6:
Root-Locus Plots
Summary of General Rules for Constructing Root Loci
Root-Locus Plots with MATLAB
Positive-Feedback Systems
Conditionally Stable Systems
Root Loci for Systems with Transport Lag
Control Systems Design by the Root-Locus Method / 7:
Preliminary Design Considerations
Lead Compensation
Lag Compensation
Lag-Lead Compensation
Parallel Compensation
Frequency-Response Analysis / 8:
Bode Diagrams
Plotting Bode Diagrams with MATLAB
Polar Plots
Drawing Nyquist Plots with MATLAB
Log-Magnitude-versus-Phase Plots
Nyquist Stability Criterion
Stability Analysis
Relative Stability
Closed-Loop Frequency Response of Unity-Feedback Systems
Experimental Determination of Transfer Functions
Control Systems Design by Frequency Response / 9:
Concluding Comments
PID Controls and Two-Degrees-of-Freedom Control Systems / 10:
Tuning Rules for PID Controllers
Computational Approach to Obtain Optimal Sets of Parameter Values
Modifications of PID Control Schemes
Two-Degrees-of-Freedom Control
Zero-Placement Approach to Improve Response Characteristics
Analysis of Control Systems in State Space / 11:
State-Space Representations of Transfer-Function Systems
Transformation of System Models with MATLAB
Solving the Time-Invariant State Equation
Some Useful Results in Vector-Matrix Analysis
Controllability
Observability
Design of Control Systems in State Space / 12:
Pole Placement
Solving Pole-Placement Problems with MATLAB
Design of Servo Systems
State Observers
Design of Regulator Systems with Observers
Design of Control Systems with Observers
Quadratic Optimal Regulator Systems
References
Index
Introduction to Control Systems / 1:
Examples of Control Systems
Closed-Loop Control versus Open-Loop Control
2.

図書

図書
日本化学会編
出版情報: 東京 : 丸善, 2002.6  135p ; 26cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
岡本博司著
出版情報: 東京 : 東京電機大学出版局, 2002.6  v, 167p ; 21cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
酒井忠雄, 相原將人編著 ; 伊藤一明 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2002.10  iv, 123p ; 26cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
常盤野和男, 大友詔雄, 田中幸雄著
出版情報: 札幌 : 北海道大学図書刊行会, 2002.6  viii, 222p ; 21cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
Benjamin Lewin [著] ; 菊池韶彦 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2002.3  xv, 957p ; 26cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
松井千秋編著
出版情報: 東京 : オーム社, 2001.10  x, 184p ; 26cm
シリーズ名: 建築学構造シリーズ
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
讃岐美智義著
出版情報: 東京 : 克誠堂出版, 2005.8  viii, 222p ; 24cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   最新EndNote活用ガイド デジタル文献整理術 改訂第2版
   CONTENTS
第1章 EndNoteについて 1
   1 EndNoteとは 2
   2 EndNoteの機能 3
   3 EndNoteの歴史 4
   4 EndNoteの動作環境と制限 5
   5 問い合せ先 10
第2章 インストール、起動方法、画面構成 11
   1 インストール 12
   2 EndNoteの起動方法と基本的取り扱い 16
   1.新規データベースの作成 16
   2.画面構成と名称 16
   3 ツールボタン 18
   重要 バージョンに関する基本的事項 17
   重要 ファイル名やフォルダ名に関する基本的事項 18
第3章 ライブラリの作成(1) インターネットからの英語文献 検索~入力
    19
   1 EndNoteから直接検索して、取り込む方法 20
   2 PubMedホームページで検索し、そこから出力されたファイルを取り込む方法 25
   1.PubMedの検索 25
   2.検索結果の保存 27
   3.EndNoteへの取り込み 29
   4.本ライブラリへのreferenceのコピー 30
   重要 PubMedインポートフィルタの変更 30
第4章 ライブラリの作成(2) インターネットからの日本語文献 検索~入力 33
   1 医中誌WEBの検索 34
   2 検索結果の保存 38
   3 EndNoteへの取り込み 41
   4 本ライブラリへのreferenceのコピー 43
第5章 ライブラリの作成(3) 手入力 <1件ずつライブラリに入力する方法> 45
   1 新規ライブラリの作成(既存のライブラリを開く) 46
   2 ファイルメニューの[References]→[New References]を選択 46
   3 文献タイプの選択 47
   4 Referencesの各項目の入力 48
   1.データ入力によるTermリスト 48
   2.各入力項目の注意点 48
   5 入力データの保存 50
   参考 General Display Frontの変更 50
第6章 ライブラリの管理 <ライブラリ管理に必要な知識> 57
   1 ライブラリの作成と簡単な操作 58
   2 ライブラリ間での文献のコピー&ペースト,削除など 61
   3 ライブラリの検索 62
   4 検索の実際 63
   5 ライブラリの並べ替え 65
   6 重複文献の検索と削除 66
   7 用語リスト(Term List) 68
   1. 用語リストへの新規登録 69
   2. 用語リストの編集と削除 73
第7章 参考文献リストの自動作成 75
   1 独立参考文献の作成 77
   1. Copy Formattedを使用する方法 77
   2. Exportを使用する方法 78
   3. Print Previewを使用する方法(Windows Version8以降) 78
   2 CWYW(Cite While You Write-作成しながら引用) 78
   3 仮引用の後に一括して参考文献を自動作成する方法 80
   1. マイクロソフトワードのAdd-in連動 80
   2. RTFscanを使用する方法(Version7以降) 82
   4 Traditionalな方法(Scan Paperを使用する方法)Version5まで 85
   重要 日本語対応について 87
第8章 参考文献スタイル,インポートフィルタ,コネクションファイル 91
   1 Style とは 92
   2 Styleの作成方法 92
   3 インポートフィルタとは 99
   4 コネクションファイルとは 102
   参考 代表的な参考文献書式 97
第9章 PabMed インターネット文献検索 105
   1 アクセス方法 106
   1. PabMedの検索 106
   2. 検索結果の保存 107
   2 検索式の入力 107
   3 Limits(絞りこみ機能) 113
   4 検索結果の表示 117
   5 文献の選択と保存 118
   6 Preview 119
   7 Index 120
   8 History 121
   9 Clipboard 121
   10 MeSH Database 123
   11 Single Citation Matcher 124
   12 Clinical Queries 125
   13 My NCBI(Cubby) 126
   1. 検索式の登録 127
   2. 保存検索式での検索 127
第10章 日本語文献検索サイト 医学中央雑誌WEB 129
   1 アクセス方法 130
   2 ログイン方法 131
   1. 検索モード 131
   2. Basicモード 132
   3. Advancedモード 134
   3 出力設定とダウンロード・メール送信 137
第11章 Palmで文献を持ち歩く 139
   1 Palmとは 140
   2 文献データの転送 141
   3 EndNoteからPalmへのExport(EndNote for Palmを使用しない方法) 141
   4 AT2からPalmへのExport 144
   参考 RT2とは 146
第12章 リンク,データライブラリの共有 153
   1 ライブラリへの全文文献のリンク 154
   参考 無料で入手できる全文PDFの雑誌一覧 159
第13章 データ変換自由自在 <他のデータベースとEndNoteとのデータのやりとり> 167
   1 ファイルメーカーProやMicrosoft Excelにデータを移す 168
   2 他のデータベースソフトからデータを取り込む 172
第14章 ちょっと気になる上級オプション <これまでの章で解説しなかった、上級の設定> 177
   1 ライブラリ画面のカスタマイズ 178
   2 スペルチェック機能 179
   3 フィルタのカスタマイズ 180
   4 コネクションファイルのカスタマイズついて 182
   5 より細かいStyleの変更(極めたい方のために) 184
第15章 設定,ツールバー,ショートカット 189
   1 メニューバー 190
   Win MacOS X Version5&Version6以降 190
   Mac Version5.02 193
   2 Peferenceダイアログ Win MacOS X Mac 196
   3 Windows版、Macintosh版の日本語表示状況 200
   4 文献タイプとフィールド名リスト 202
   参考文献 208
   Column 文献検索の種類 3
   更なる情報 10
   \と\(バックスラッシュ) 15
   各バージョンの最新アップデートファイル 15
   Windowsでの拡張子の表示方法 28
   Entrez(アントレ) 32
   PubMedと医学中央雑誌WEB取り込みの要点 41
   医中誌から全文文献を入手するには(有料) 44
   ファイル名の拡張子 56
   検索…こんな時には? 64
   二重登録のEndNote内部での管理 67
   Export traveling Library 85
   Citation Markerを変更する 86
   Ver.5までの日本語の使用 89
   Macintosh版日本語化キット 90
   Vancouverスタイル 97
   EndNote関連ホームページ 104
   PubMedのデータ 116
   検索手法とキーワード(自然語と統制後) 128
   入力方法 133
   尼子四郎 138
   JDreamのデータ取込み 138
   PalmでPDF文献を読む 151
   EndNote for Palm OS 152
   インターネットサイト,ファイルなどへのリンク 158
   一歩進んだLink Toの活用法 159
   EndNoteファイルのバックアップ 166
   PubMedからのKeywordsとNotes 171
   タブ区切りファイルのインポート中のエラー 175
   EndNote,ファイルメーカーPro,Excel,秀丸エディタの入力文字数制限 176
   ファイル名と文字数 187
   Macintosh⇔Windows間でライブラリを共有する際の注意 188
   便利な表
   表1-1a 各バージョンとのOS対応表(ユサコホームページより) 6
   表8-1 Import Fiters(ユサコユーザー専用ホームページより) 101
   表9-1 ストップワード 107
   表9-2a MEDLINE形式の結果表示とタグの意味 110
   表9-2b 代表的な検索項目名と略語の対応 111
   表9-2c MeSHサブヘディング 112
   表15-1 日本語使用時の文字化け 201
   最新EndNote活用ガイド デジタル文献整理術 改訂第2版
   CONTENTS
第1章 EndNoteについて 1
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
東京大学教養学部理工系生命科学教科書編集委員会編
出版情報: 東京 : 羊土社, 2006.2  157p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   序 3
1章生物の多様性と一様性 10
   Ⅰ生物の多様性と一様性 10
   Ⅱ生物とは 10
   生物と細胞/ 11
   自己の複製/ 11
   刺激外の応答/ 11
   エネルギー通貨ATP/ 11
   Ⅲ生物の系統 11
   系統樹での分類/ 11
   細胞内小器官での分類/ 13
   生体物質の大きさ/ 14
   Ⅳ生体を構成する物質 14
   タンパク質/ 14
   脂質/ 14
   糖/ 16
   無機塩類/ 18
   Columnウイルスとプリオン/ 12
   アミノ酸の話/ 17
2章遺伝情報の複製
   Ⅰ細胞増殖とDNA複製 20
   細胞増殖は細胞の最も基本的な機能/ 20
   DNA複製の特殊性/ 20
   ⅡDNAとはどのような分子か 20
   単位としての核酸/ 20
   高分子核酸/ 22
   DNAは二本鎖である/ 23
   RNAは一本鎖である/ 24
   原核生物は環状,真核生物は直鎖状の二本鎖DNAをもつ/ 24
   Ⅲ遺伝子とDNA 25
   遺伝子の定義/ 25
   ゲノム/ 25
   生物のDNA量/ 25
   生物の潰伝平数/ 26
   真核生物は遺伝子でないDNA領域をたくさんもっている/ 26
   ⅣDNAの複製 26
   DNA複製のアウトライン/ 26
   複製には鋳型を必要とする/ 27
   複製は不連続である/ 28
   複製開始点と複製終了点がある/ 30
   ColumnDNAの変性・再生/ 24
   DNAは細くて長い糸である/ 24
   DNAの損傷と修復/ 27
   複製の正確さ/ 28
   複製にかかわる酵素はたくさんある/ 29
   PCR(polymerasechainreaction)/ 30
3章遺伝子の発現 32
   Ⅰ遺伝子の転写と翻訳 32
   セントラルドグマ/ 32
   遺伝子の暗号/ 32
   DNAのセンス鎖/ 33
   遺伝子の発現/ 33
   Ⅱ遺伝子の転写 33
   RNAの種類/ 33
   転写の特徴/ 35
   転写の基本/ 35
   Ⅲ転写後の修飾 37
   RNAの切断/ 37
   塩基の修飾/ 37
   真核生物のmRNAプロセシング/ 38
   Ⅳ遺伝子の翻訳 39
   アミノアシルtRNAの合成/ 39
   リボソーム/ 40
   mRNAの構造/ 41
   タンパク質合成/ 42
   転写と翻訳の協調/ 44
   Column真核生物にはもっと多くの非翻訳RNAがあるのかもしれない/ 36
   RNA複製と逆転写/ 37
   大腸菌リボソームの構造/ 40
   翻訳の開始/ 41
   ペプチド鎖の延長/ 42
   翻訳の終了/ 43
   21番目のアミノ酸/ 44
4章遺伝子発現の調節 46
   Ⅰ発現からみた遺伝子の種類 46
   すべての生物でハウスキーピング遺伝子が働く/ 46
   多細胞生物ではさらに多くの遺伝子が働く/ 46
   一人のヒトの体細胞は同じ遺伝子をもっている/ 46
   発現が調節される遺伝子と調節されない遺伝子/ 47
   Ⅱ原核生物の遺伝子発現調節 47
   大腸菌のβガラクトシダーゼ遺伝子は正と負に調節される/ 47
   Ⅲ真核生物細胞の遺伝子発現調節 49
   転写調節と転写後調節/ 49
   真核生物はより複雑な転写調節機構をもつ/ 50
   クロマチンリモデリングによる調節/ 51
   クロマチン構造と遺伝子発現調節/ 53
   Columnリンパ球だけは遺伝子が異なる/ 47
   複数の遺伝子を同時に発現調節するしくみ/ 48
   オペロンとレギュロン/ 49
   miRNAによる遺伝子発現調節/ 50
   非翻訳RNAの多くはmiRNAかもしれない/ 51
   遺伝学と逆遺伝学/ 52
   ヘテロクロマチンとユークロマチン/ 52
   DNAのメチル化,発生,体細胞クローン動物/ 53
   ゲノム,トランスクリプ卜ーム,プロテオーム/ 54
5章細胞の膜構造と細胞内小器官 56
   Ⅰ細胞の膜構造 56
   原核細胞と真核細胞/ 56
   真核細胞の細胞内小器官/ 56
   Ⅱ生体膜の脂質と膜タンパク質 58
   脂質二重層の性質/ 58
   膜タンパク質/ 58
   Ⅲ生体膜の機能 59
   バリアー機能と物質の選択的な輸送/ 59
   膜電位/ 61
   受容体による情報の伝達/ 63
   細胞膜を介しての細胞骨格と細胞外基質との結合/ 63
   Ⅳ細胞内小器官の形成と物質輸送 63
   細胞内小器官へのタンパク質の選別輸送/ 63
   核への物質輸送と核からの物質輸送/ 64
   ミトコンドリアや葉緑体へのタンパク質輸送/ 64
   小胞体へのタンパク質輸送/ 64
   小胞輸送/ 66
   細胞外の物質の取り込み経路/ 66
   Column細胞膜のコレステロール/ 60
   膜を貫通する構造をもたなくても膜に結合するタンパク質/ 62
   細胞膜電位を計算するネルンストの式/ 63
   神経の興奮と伝達/ 64
   核膜孔輸送にはGタンパク質が働く/ 65
   細胞内小器官の起源に関する推論/ 67
6章細胞骨格
   Ⅰ細胞骨格の種類とその分子構造 69
   アクチン繊維/ 69
   微小管/ 70
   中間径繊維/ 71
   Ⅱ細胞骨格の動的な変化 72
   Ⅲモータータンパク質 73
   キネシン/ 73
   ダイニン/ 73
   ミオシン/ 74
   Ⅳ筋細胞の収縮 76
   Ⅴ細胞内の物質輸送 78
   Columnトレツドミリング/ 70
   鞭毛の構造と運動のしくみ/ 75
7章代謝 80
   Ⅰ細胞活動と熱力学:代謝の意義 80
   Ⅱ自由エネルギー変化と生体エネルギー通貨としてのATP 80
   Ⅲ酵素 81
   酵素の特異性と反応機構/ 82
   酵素反応速度論/ 82
   酵素の分類/ 83
   Ⅳ基本的な代謝の流れ 83
   Ⅴ代謝の基本反応 86
   リン酸化反応(キナーゼ)/ 86
   脱リン酸化反応(ホスファターゼ)/ 86
   C-C結合の生成・切断反応/ 86
   脱水素反応/ 87
   Ⅵエネルギー産生系 87
   解糖系/ 87
   クエン酸回路(トリカルボン酸サイクル)/ 87
   Ⅶ酵素活性の調節 88
   アロステリック制御/ 88
   リン酸化による酵素活性の調節/ 89
   代謝調節のパラダイム:フィードバック制御とカスケード/ 90
   Column熱力学の法則:自由工ネルギー変化と平衡定数/ 81
   Michaelis-Mentenの式の導き
   方/83炭素と窒素の固定回路/85代謝経路のバイオインフォマティクス(生物情報学)/ 85
   メタボロミクス/88代謝経路はなぜ丸い?/ 90
8章エネルギー 92
   Ⅰ生体エネルギー 92
   Ⅱ呼吸鎖と酸化的リン酸化の概略 93
   Ⅲ酸化還元反応と呼吸鎖 93
   ⅣATP合成酵素 95
   Ⅴ光合成の概要 96
   Ⅵ光エネルギーの吸収 96
   Ⅶ光化学反応と電子伝達 97
   Ⅷ暗反応:炭酸固定反応 99
   ⅨC4光合成 100
   Ⅹミトコンドリアと葉緑体のトポロジー 101
   ColumnATP合成酵素の回転の実証/ 97
   光合成の炭酸固定経路図(カルビン回路)/ 98
   共役と光による調節/ 99
   地球大気の二酸化炭素濃度の変遷と光合成/ 100
9章シグナル伝達と細胞の増殖 102
   Ⅰシグナル伝達 102
   Ⅱ細胞内シグナル伝達 103
   タンパク質のリン酸化と脱リン酸化/ 103
   Gタンパク質/ 103
   低分子の二次メッセンジャー/ 104
   Ⅲ受容体を介した細胞内シグナル伝達経路 106
   酵素型受容体/ 106
   Gタンパク質其役型受容体/ 107
   チャネル型受容体/ 107
   転写因子型受容体/ 108
   Ⅳ細胞周期 108
   細胞周期とは/ 108
   対称分裂と非対称分裂/ 109
   Ⅴ細胞増殖の制御 109
   正と負の制御/ 109
   Ⅵ細胞増殖開始のシグナル伝達 110
   細胞増殖開始までのシグナル伝達/ 110
   正と負の制御/ 110
   サイクリンとCDKは細胞周期の各ステップで働く/ 111
   Ⅶ細胞周期のチェックポイント機構 111
   Ⅷガンとガン遺伝子 112
   ガン遺伝子/ 112
   ガン抑制遺伝子/ 113
   ガンの自立的増殖/ 113
   Ⅸ細胞死のシグナル 114
   Column受容体とシグナル分子の関係/ 105
   タンパク質の分解による細胞内シグナル伝達/ 106
   オーファン受容体と医薬品開発/ 108
10章発生と分化 116
   Ⅰ卵形成ll 6
   Ⅱ受精と卵割 116
   Ⅲ胚の方向性の決定 117
   ショウジョウバエの発生/ 118
   カエルの発生/ 121
   Ⅳ細胞分化と幹細胞 122
   Ⅴ誘導作用と形態形成運動 123
   形態形成運動/123神経誘導/ 125
   Ⅵ器官形成 126
   Column線虫の細胞系譜/ 118
   ホメオボックス遺伝子/ 120
   カエルの背側決定における母性因子の役割/ 121
   植物の花器官形成のしくみ/ 126
11章細胞間のコミュニケーションと組織構築 128
   Ⅰ細胞同士の接着 128
   カドヘリンの発見とその性質/ 128
   カドヘリンの役割/ 129
   その他の細胞同士の接着/ 130
   Ⅱ細胞外基質 130
   繊維性の成分/ 130
   グリコサミノグリカンとプロテオグリカン/ 130
   糖タンパク質/ 130
   Ⅲ細胞と細胞外基質との接着 132
   インテグリン/ 132
   Ⅳ細胞間のコミュニケーション 133
   細胞接着と細胞内情報伝達/ 133
   細胞認識/ 134
   細胞接着と移動運動/ 134
   植物細胞の原形質連絡/ 135
   Ⅴ組織構築 137
   上皮組織/ 137
   細胞極性/ 138
   Column基底板/ 131
   植物の細胞外基質/ 133
   神経とシナプス/ 136
   結合部複合体/ 137
12章生殖と減数分裂
   Ⅰ有性生殖と無性生殖 140
   Ⅱ体細胞分裂と減数分裂 141
   Ⅲ減数分裂の意義 142
   Ⅳ遺伝的組換え 143
   一般的組換え/ 143
   部位特異的組換え/ 144
   Ⅴ配偶子の形成 144
   Ⅵ配偶子の特殊化 146
   Ⅶ受精 148
   受精の準備/ 148
   受精の過程/ 148
   Ⅷ種と性 150
   Column性の決定と性転換/ 142
   アグロバクテリアと遺伝子組換え植物/ 145
   クローン動物/ 151
   ノックアウトマウス/ 152
   索引 154
   執筆者一覧 158
   序 3
1章生物の多様性と一様性 10
   Ⅰ生物の多様性と一様性 10
10.

図書

図書
宮田昇著
出版情報: 秦野 : 東海大学出版会, 2005.8  x, 148p ; 18cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼