close
1.

図書

図書
Clifford F. Gray, Erik W. Larson
出版情報: Boston : McGraw-Hill/Irwin, c2006  xviii, 574 p. ; 26 cm
シリーズ名: The Irwin/McGraw-Hill series in operations and decision sciences
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
Michael Begon, Colin R. Townsend, John L. Harper
出版情報: Malden, Mass. : Blackwell Publishing, 2006  xii, 738 p. ; 27 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
Introduction: Ecology and its Domain
Introduction
Organisms / Part 1:
Organisms in their environments: the evolutionary backdrop / 1:
Organisms in their Environments: the Evolutionary Backdrop
Conditions / 2:
Resources / 3:
Life, death and life histories / 4:
Intraspecific competition / 5:
Life, Death and Life Histories / 6:
Dispersal, dormancy and metapopulations
Ecological applications at the level of organisms and single-species populations / 7:
Intraspecific Competition
Species Interactions / Part 2:
Dispersal, Dormancy and Metapopulations / 8:
Interspecific competition
The nature of predation / 9:
Ecological Applications at the Level of Organisms and Single-Species Populations: Restoration, Biosecurity and Conservation
The population dynamics of predation / 10:
Decomposers and detritivores / 11:
Interspecific Competition / 12:
Parasitism and disease
Symbiosis and mutualism / 13:
The Nature of Predation
Abundance / 14:
The Population Dynamics of Predation / 15:
Ecological applications at the level of population interactions
Communities And Ecosystems / Part 3:
Decomposers and Detritivores
The nature of the community / 16:
Parasitism and Disease / 17:
The flux of energy through ecosystems
The flux of matter through ecosystems / 18:
Symbiosis and Mutualism
The influence of population interactions on community structure / 19:
Food webs / 20:
Patterns in species richness / 21:
Ecological Applications at the Level of Population Interactions: Pest Control and Harvest Management
Ecological applications at the level of communities and ecosystems / 22:
Communities and Ecosystems
References
Organism Index
Subject Index
The Nature of the Community: Patterns in Space and Time
The Flux of Energy through Ecosystems
The Flux of Matter through-Ecosystems
The Influence of Population Interactions on Community Structure
Food Webs
Patterns in Species Richness
Ecological Applications at the Level of Communities and Ecosystems: Management Based on the Theory of Succession, Food Webs, Ecosystem Functioning and Biodiversity
Preface
Introduction: Ecology and its Domain
Introduction
3.

図書

図書
C.S.ルイス著 ; 中村妙子訳
出版情報: 東京 : 平凡社, 2006.2  251p ; 16cm
シリーズ名: 平凡社ライブラリー ; 565
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
江藤良純, 梅本益雄共著 ; 映像情報メディア学会編
出版情報: 東京 : コロナ社, 2006.2  viii, 160p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1.映像システムの概要
   1.1テレビジョンの要素技術 1
   1.2テレビジョンおよび映像システムの進展 3
   1.3ディジタル技術の特徴 5
2.視覚と画質
   2.1表示画面のアスペクト比 7
   2.2毎秒像数 8
   2.3視覚の空間的特性 9
   2.4目が感じる明るさ(測光量) 11
   2.5色の数値化(表色系) 13
   2.6関連用語 18
3.テレビジョン方式の基礎
   3.1走査と同期 19
   3.2走査方式 20
   3.3垂直解像度および水平解像度 23
   3.4走査方式の変換 26
   3.5カラーテレビジョンの色再現 28
   3.6カラーテレビジョン信号の基本形式 32
   3.7ガンマ補正処理 34
   3.8定輝度の原理 35
4.アナログカラーテレビジョンの信号形態
   4.1NTSC方式によるカラーテレビジョン信号の伝送 37
   4.1.1搬送波抑圧直交変調方式 37
   4.1.2輝度信号と搬送色信号の周波数インタリーブ 41
   4.2他の国のカラーテレビジョン方式 : PAL,SECAM 44
   4.3アナログ信号形態によるカラーテレビジョン方式の展開 45
   4.3.1EDTV 45
   4.3.2MUSE 46
   4.4信号伝送の基礎 48
5.ディジテルカラーテレビジョンの信号形態
   5.1カラーテレビジョン信号のディジタル化 53
   5.2各種ディジタル信号規格 55
   5.2.1コンポジット信号のディジタル化 55
   5.2.2コンポーネント信号のディジタル化 57
   5.3その他の映像信号フォーマット : テレビ電話、パソコン系 60
   5.4関連用語 63
6.ディジタル映像における情報圧縮
   6.1映像圧縮の実用化状況 66
   6.2映像圧縮の一般的手法 67
   6.3空間的冗長度の除去―離散コサイン変換(DCT)と量子化 69
   6.4時間的冗長度の除去―動き補償予測 72
   6.5統計的偏りの利用 74
   6.6圧縮、復元の全体構成 76
7.映像のディジタル変調、誤り訂正
   7.1伝送用ディジタル変調 78
   7.1.1単一搬送波による変調 78
   7.1.2複数搬送波による変調 81
   7.2記録用ディジタル変調 83
   7.2.1データのランダム化 84
   7.2.2データのブロック変換 85
   7.3符号誤りの訂正 86
   7.3.1符号間距離 87
   7.3.2誤り訂正符号の実際の使用形態 89
8.撮像システム
   8.1テレビカメラと撮像素子 91
   8.1.1テレビカメラの構成 91
   8.1.2撮像素子の基本機能 92
   8.2撮像管 93
   8.3固体撮像素子 94
   8.3.1CCD撮像素子 95
   8.3.2CMOS撮像素子 96
   8.43原色信号への色分解 97
   8.5カラーテレビジョンにおける撮像素子数 98
   8.5.13撮像素子カラーテレビカメラ 98
   8.5.2単一撮像素子カラーテレビカメラ 99
   8.6テラビカメラにおける信号処理 99
   8.6.1非線形処理 99
   8.6.2輪郭強調 100
   8.6.3色補正 101
9.映像表示システム
   9.1表示システムの基本機能と種類 103
   9.2自己発光型表示素子 104
   9.2.1受像管 104
   9.2.2プラズマ表示素子 106
   9.2.3発光ダイオード表示素子 107
   9.2.4有機EL表示素子 107
   9.3光変調型表示素子 107
   9.3.1液晶表示素子 107
   9.3.2マイクロミラー表示素子 109
   9.4投射型表示システム 110
   9.5マルチ画面表示システム 110
   9.63次元表示システム 111
10.映像記録システム
   10.1アナログ記録からディジタル記録へ 114
   10.2磁気テープ記録 116
   10.2.1回転ヘッド 116
   10.2.2ヘリカル走査 117
   10.2.3VHS方式 118
   10.2.4DV方式 119
   10.3光ディスク記録 121
   10.4ハードティスク記録 123
   10.5半導体メモリ記録 124
   10.6ランダムアクセス性、高速性と新しい記録機能 125
   10.6.1ランダムアクセス性 125
   10.6.2高速性 127
11.放送システムへの応用
   11.1テレビジョン放送方式 128
   11.1.1地上波放送と衛星放送 128
   11.1.2放送用映像フォーマット 128
   11.2テレビジョン放送システムの変遷 130
   11.3デジタル放送 131
   11.4将来の放送形態例 133
12.映像通信および映像配信システム
   12.1関連通信システムの進展 135
   12.1.1インターネット 135
   12.1.2モバイル通信 137
   12.1.3CATVとその他の通信系 138
   12.2テレビ電話、テレビ会議 142
   12.3映像配信システムの要素技術 144
   12.3.1映像配信の形態 144
   12.3.2限定受信 145
   12.3.3コンテンツ保護 147
   12.4映像配信システムの応用例 148
   12.4.1ホームサーバ 149
   12.4.2ITS 150
   12.5関連用語 152
   引用・参考文献 154
   索引 158
1.映像システムの概要
   1.1テレビジョンの要素技術 1
   1.2テレビジョンおよび映像システムの進展 3
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
菊池泰二編
出版情報: 秦野 : 東海大学出版会, 2006.1  xviii, 371p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 干潟,砂泥質潮間帯のベントス 1
第1章 砂質干潟のベントス群集 天草の海辺から有明海へ・・・玉置昭夫 2
   1. はじめに 2
   2. 富岡湾干潟における長期研究 7
   3. メタ個体群の観点からみたハルマンスナモグリとイボキサゴ 17
   4. 白川干潟ベントス群集の優占種個体群についてわかってきたこと 20
   5. おわりに―統一仮説(ボトムアップ仮説)の提唱 26
   引用文献 27
第2章 全生活史を網羅した個体群動態学のすすめ コメツキガニを例に・・・鈴木廣志 33
   1. はじめに 33
   2. 各期の生息数の推定 34
   3. 総産卵数,有効卵数の推定 36
   4. 浮遊幼生期の生態および動態 42
   5. 定着数の推定 47
   6. 全生活史を網羅した個体群動態 48
   7. おわりに 51
   引用文献 53
第3章 テナガツノヤドカリの貝殻利用と個体群動態・・・・朝倉 彰 59
   はじめに 59
   1. 生活史 59
   2. 成長の性差 64
   3. 種内競争 75
   4. 性比と行動圏の性差問題 82
   5. 配偶様式と行動の性差 85
   おわりに 88
   引用文献 89
第4章 干潟のベントス 河口域を中心に・・・大森浩二 93
   1. 干潟の環境特性と生息場所 93
   2. 干潟生物 99
   3. 干潟生物の生活史戦略 114
   4. まとめ 120
   引用文献 122
第2部 岩礁地、転石地潮間帯のベントス 127
第5章 クロフジツボ個体群の長期変動 128
   1. はじめに 128
   2. 調査地および調査方法 130
   3. 結果 132
   4. 考察とまとめ 139
   引用文献 142
第6章 岩礁潮間帯生物群集のダイナミクス ヒザラガイからみた磯の風景・・・西濱士郎 144
   1. はじめに 144
   2. 研究の出発点 : ヒザラガイのブルドーザー効果 145
   3. ヒザラガイという生き物 147
   4. 藻食性貝類の影響をどうやって調べるか : その方法と問題点 149
   5. ヒザラガイの固着生物に対する影響 : 野外実験による検証 153
   6. ヒザラガイ個体群を制御する要因と岩礁の景観生態学 161
   7. おわりに : 読者へのメッセージ 165
   引用文献 166
第7章 転石海岸の群集と巻貝タマキビの季節移動 168
   1. 曲崎の地史 169
   2. 転石海岸の生息場所としての特徴 170
   3. 転石海岸の生物群集 172
   4. 巻貝タマキビの個体群 180
   5. 生物群集の歴史 187
   引用文献 188
第8章 曲崎のアオガイ類の多様性維持機構 190
   1. はじめに : 曲崎のアオガイ類の多様性 190
   2. アオガイ類の生物学 195
   3. アオガイ類の垂直分布と生理的耐性 195
   4. 垂直分布のダイナミクス 199
   5. サイズ組成の潮位間変異と生理的耐性の個体差 201
   6. 種間相互作用のダイナミクスとニッチ類似限界理論 204
   7. ソース・シンクメタ個体群 210
   8. おわりに : 転石海岸の生物多様性の維持機構 211
   引用文献 212
第3部 沿岸岩礁底のベントス個体群と群集 215
第9章 分類と行動そして個体群へ 藻場葉上性ワレカラ研究のたどった道・・・青木優和 216
   1. ワレカラ研究の始まり 216
   2. はじめに知りたかったことは何か? 218
   3. 研究の壁(1) : 種の同定ができない! 219
   4. 壁(1)の突破 : まずは分類学的研究から 219
   5. 研究の壁(2) : 固体群解析ができない! 223
   6. 壁(2)の突破 : 飼育実験の導入 225
   7. 研究の壁(3) : 夏に行方がわからない! 230
   8. 壁(3)の突破 : あの手この手で奮戦中 232
   9. おわりに : 研究の螺旋階段 235
   引用文献 237
第10章 造礁サンゴの個体群生態 240
   1. はじめに 240
   2. サンゴ礁の機能的役割 240
   3. 造礁サンゴの分布 242
   4. 造礁サンゴの帯状分布/垂直分布 243
   5. 造礁サンゴの群体性と単位性 246
   6. 造礁サンゴの個体群 247
   7. 生殖様式および生殖 247
   8. 卵放出型と幼生放出型 248
   9. 分散 250
   10. リーフ間の幼生分散 252
   11. 定着 253
   12. 種サンゴの新規加入 258
   13. 種サンゴの加入,定着/加入初期の成長,生存(生残) 258
   14. 加入に対するグレーザーの影響 260
   15. サンゴの成長量と成長パターン 261
   16. 深度による成長の違い 264
   17. 緯度による成長の違い 264
   18. 生殖年令 266
   19. サンゴの生存(生残) 266
   20. おわりに 267
   引用文献 268
第4部 閉鎖性内湾のベントスと有機汚染指標種の生態 275
第11章 内湾域のベントス群集と有機汚泥への適応・・・堤 裕昭 276
   1. 内湾域の海底環境と底生生物群集 276
   2. 有機汚泥の推積と底生生物群集の変遷 280
   3. 環境が不安定化した有機汚泥域に生息するイトゴカイの個体群動態 287
   4. 有機汚泥解消に対する底生生物の利用 304
   引用文献 306
第12章 シズクガイの個体群動態と生息分布・・・田中雅生 311
   はじめに 311
   1. シズクガイの個体群動態 312
   2. シズクガイの分布要因解析―八代海の場合 325
   3. 総合考察 330
   引用文献 334
第5部 沿岸域の生物相解明と,自然環境の変遷と生物相の貧困化 337
第13章 沿岸域の生物相解明と,自然環境の変遷と生物相貧困化・・・菊池泰二 338
   1. 地方の生物相の解明についての臨界実験所の貢献 338
   2. 沿岸自然環境の変遷と生物相の貧困化 350
   索引 363
第1部 干潟,砂泥質潮間帯のベントス 1
第1章 砂質干潟のベントス群集 天草の海辺から有明海へ・・・玉置昭夫 2
   1. はじめに 2
6.

図書

図書
細川英雄著
出版情報: 東京 : 東京図書, 2006.2  xv, 183p ; 21cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
大澤直著
出版情報: 東京 : 日本規格協会, 2006.1  190p ; 19cm
シリーズ名: おはなし科学・技術シリーズ
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
青木均編著 ; 嶌末政憲, 川原康雄著
出版情報: 東京 : 丸善, 2006.1  xii, 358p ; 21cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
日本薬学会編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2006.2  xi, 192p ; 26cm
シリーズ名: スタンダード薬学シリーズ / 日本薬学会編 ; 7
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
マルクス・アウレリウス [著] ; 鈴木照雄訳
出版情報: 東京 : 講談社, 2006.2  258p ; 15cm
シリーズ名: 講談社学術文庫 ; [1749]
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼