close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
中村健太郎著
出版情報: 東京 : ナツメ社, 1999.10  223p ; 19cm
シリーズ名: 図解雑学 : 絵と文章でわかりやすい!
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに
第1章 音って何だろう
   音に囲まれた世界 日常生活の中の音 10
   音と人間 「単なる音」から「高度な情報」へ 12
   人に聞こえる音と聞こえない音 「超音波」と「超低周波」 14
   音の正体 音が耳にとどくまで 16
   なぜ音が伝わるのか? 媒質が音を伝えるしくみ 18
   縦波と横波~波には2種類ある 空気中の音は「縦波」である 20
   液体中を伝わる音 水中のほうが速く遠くにとどく 22
   固体を伝わる音 固体は音をよく伝える 24
   糸電話をつくってみよう 振動と音 26
   音の速さ 音の速さは媒質できまる 28
   風によって運ばれる音 媒質の移動と音の速さ 30
   高い音と低い音 音の高さと振動数の関係 32
   大きい音と小さい音 音の大小は圧力で表す 34
   音の大きさと周波数の関係 人の耳は、4kHz近辺の音に敏感である 36
   音の周期と波長の相関関係 波長の長さが音の伝わり方を決定する 38
   超音波の性質 聞こえない音の「超」すごい性質 40
   波動」の話 音も光も電波も、「波動」の仲間 42
   column コウモリと虫の空中戦 44
第2章 音の不思議
   音の発生 空気が振動すれば音が出る 46
   爆発の音 空気の膨張、収縮による音 48
   球面波と平面波 音源からの距離とエネルギー 50
   風で出る音~カルマン渦 風で音が出るしくみ 52
   音源の大きさと音の関係 音の強さを決める「体積速度」 54
   物陰の音~音の回り込み(回折) 物陰に回り込む音 56
   音の屈折① 音速の差が屈折を起こす 58
   音の屈折② 媒質の温度差による屈折 60
   音の弱まり①~減衰 拡散減衰と吸収減衰 62
   音の弱まり②~吸音 吸音と反射 64
   音のはねかえり~反射 音の反射と音響インピーダンス 66
   フラッターエコー 鳴き竜の正体 68
   音の重なり①~干渉 音の強め合い、弱め合い 70
   音の重なり②~うなり 人が感じられる「干渉」 72
   共振 ばねとおもりのコンビネーション 74
   共振と音 ばねとおもりによるモデル 76
   ドップラー効果 サイレンの音はなぜ変化するのか 78
   衝撃波 音よりも速く動くと? 80
   雷の音 音の性質のまとめ 82
   column ささやきの回廊 84
第3章 音の分析とここちよい音の秘密
   音を波形であらわす 場所の変化と時間の変化 86
   純音と正弦波 最も単純な音の要素 88
   複合音 純音の組み合わせ 90
   周波数分析 複合音をいろいろな周波数に分ける 92
   周期波形の周波数分析と波形合成 「基本周波数」(=「基音」)と倍音の成分 94
   単発波形の周波数分析 インパルス音はいろいろな周波数成分を持つ 96
   ピッチと周波数 耳で感じられる音の高さ 98
   サイレン~周波数と音 音の高さの感じ方のまとめ 100
   弦の振動 弦をはじくと出る音 102
   倍音 基音を1として考える倍音 104
   正弦波と共振 共振による音のフィルター効果 106
   空気の共振 閉じ込められた空気の共振 108
   ヘルムホルツの共鳴器 周波数分析と共振 110
   音色の秘密 単なる音と音色との違い 112
   ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドの決め方 1オクターブの割り振りかた 114
   和音て何だろう? 和音と音律 116
   音の高さとオクターブ 音のらせん構造 118
   バイオリンが音を出すしくみ 弦楽器の音 120
   管楽器のしくみ① 笛の音とノズル 122
   管楽器のしくみ② エッジトーンとキャビティー・トーン 124
   音の加工 トーン・コントロール 126
   音の合成 シンセサイザーで音をつくる 128
   室内の音の伝搬 直接音と反射音 130
   残響~ホールの音響 残響時間とホールの関係 132
   吸音壁 音を反射しない壁 134
   無響室と残響室 デコボコの壁といびつな部屋 136
   column 人間にここちよい揺らぎ 138
第4章 耳と声の科学
   音が聞こえるということ 音の認識の3段階 140
   耳のしくみ~音の伝達経路 耳の構造とそれぞれの役割 142
   音のやってくる方向はなぜわかる? 2つの耳の役割 144
   音の大きさの感じ方 耳の音量調節 146
   マスキング 音が重なった部分は聞こえない? 148
   カクテルパーティー効果 音の情報圧縮やカクテルパーティー効果 150
   声はどうやって出る? 声帯と発声 152
   自分の声と人の声~骨伝導音 骨を伝わって聞こえる音 154
   声を分析してみる~声紋 声の周波数成分 156
   耳に聞こえない音と人間の関係①~超音波 超音波は音の隠し味? 158
   耳に聞こえない音と人間の関係②~超低周波音 超低周波音とは何か? 160
   column 聴力障害と補聴器 162
第5章 電気と音~音を記録/再生する
   音を記録するという発想とその原理 エジソンの発明 164
   音を拡大するしくみ 記録した音を拡大して出力する 166
   マイクロホン 音を電気信号に変える 168
   スピーカー 電気信号を音に戻す 170
   スピーカーの役割分担 大きいスピーカーと小さいスピーカー 172
   スピーカーは箱入り スピーカーと空気の動き 174
   ステレオとモノラル 2つのチャンネル 176
   テープレコーダーのしくみ 磁気を用いた録音 178
   アナログからデジタルへ デジタルとは 180
   デジタル化の方法 サンプリングと量子化 182
   AM波とFM波 電波で音を運ぶ 184
   光ファイバーが音を伝えるしくみ 光通信 186
   マルチメディア時代の音響技術 リアルな音の再現技術 188
   column 電話を発明したグラハム・ベル 190
第6章 超音波と音の技術
   超音波を利用する① 超音波による計測 192
   超音波を利用する② エネルギーの利用 194
   超音波の発生方法 共振現象と圧電効果 196
   超音波洗浄 超音波の泡が起こすふしぎな現象 198
   超音波加湿器 超音波で霧をつくる 200
   超音波センサー 山びこの原理 202
   超音波顕微鏡 超音波でみるミクロの世界 204
   サウンドチャンネル エルニーニョ現象を音で測る 206
   騒音とは 騒音を数字で表す 208
   新幹線の騒音対策 新幹線と騒音の闘い 210
   自動車の騒音対策 ロードノイズと道路 212
   市街地の騒音対策 防音壁の技術 214
   アクティブノイズコントロール 音で音を消す 216
   column イルカの頭は音響レンズ? 218
Index 219
はじめに
第1章 音って何だろう
   音に囲まれた世界 日常生活の中の音 10
2.

図書

図書
武隈愼一著
出版情報: 東京 : 新世社 , 東京 : サイエンス社 (発売), 1999.10  viii, 388p ; 22cm
シリーズ名: 新経済学ライブラリ ; 4
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
松日楽信人, 大明準治共著
出版情報: 東京 : オーム社, 1999.11  viii, 169p ; 20cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
岩波書店辞典編集部編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1999.12  iv, 738p ; 19cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
保江邦夫著
出版情報: 東京 : 日本評論社, 1999.2  iv, 202p ; 20cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
図書館情報学ハンドブック編集委員会編
出版情報: 東京 : 丸善, 1999.3  xvi, 1145p ; 22cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
Witold Jacak
出版情報: New York : Kluwer Academic/Plenum, c1999  x, 310 p. ; 24 cm
シリーズ名: IFSR international series on systems science and engineering ; v. 14
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Introduction
Intelligent Robotic Systems
Off-Line Planning, Programming, and Simulation of Intelligent Robotic Systems: Virtual Robotic Cells
Planning of Robotic Cell Actions
OffLine Planning of Robot Motion
CAP/CAM Systems for Robotic Cell Design
Event-Based Real-Time Control of Intelligent Robotic Systems using Neural Networks and Fuzzy Logic: The Execution Level of Robotic Agent Action
The Coordination Level of a Multiagent Robotic System
The Organization Level of a Robotic System
RealTime Monitoring
ObjectOriented DiscreteEvent Simulator of Intelligent Robotic Cells
Index
Introduction
Intelligent Robotic Systems
Off-Line Planning, Programming, and Simulation of Intelligent Robotic Systems: Virtual Robotic Cells
8.

図書

図書
K・G・パレプ, V・L・バーナード, P・M・ヒーリー著 ; 筒井知彦, 川本淳, 村瀬安紀子訳
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1999.3  xii, 497p ; 22cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
古川顕著
出版情報: 東京 : 東洋経済新報社, 1999.4  xi, 261p ; 21cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
講談社インターナショナル編
出版情報: 東京 : 講談社インターナショナル , New York : Distributed in the United States by Kodansha America, 1999  926p ; 19cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼