close
1.

図書

図書
垂井康夫編
出版情報: 東京 : オーム社, 2010.12  339p ; 20cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
edited by Yoshimi Ito
出版情報: New York : McGraw-Hill, c2010  xx, 214 p. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
Abbreviations
Nomenclature
Table for Conversation
Fundamentals in Design of Structural Body Components / 1:
Necessities and Importance of Lightweighted Structure in Reduction of Thermal Deformation-Discussion Using Mathematical Models / 1.1:
First-hand View for Lightweighted Structures with High Stiffness and Damping in Practice / 1.2:
Axi-symmetrical Configuration-Portal Column (Column of Twin-Pillar Type) / 1.2.1:
Placement and Allocation of Structural Configuration Entities / 1.2.2:
References
What Is Thermal Deformation? / 2:
General Behavior of Thermal Deformation / 2.1:
Estimation of Heat Sources and Their Magnitudes / 2.2:
Estimation of Heat Source Position / 2.2.1:
Estimation of Magnitude of Heat Generation / 2.2.2:
Estimation of Thermal Deformation of Machine Tools / 2.3:
Estimation of Thermal Deformation in General / 2.3.1:
Thermal Deformation Caused by Inner Heat Sources / 2.3.2:
Thermal Deformation Caused by Both Inner and Outer Heat Sources / 2.3.3:
Heat Sources Generated by Chips and Their Dissipation / 2.4:
Mathematical Model of Chips / 2.4.1:
Thermal Properties of Chips-Equivalent Thermal Conductivity and Contact Resistance / 2.4.2:
An Example of Heat Transfer from Piled Chips to Machine Tool Structure / 2.4.3:
Dissipation of Chips / 2.4.4:
Future Perspectives in Research and Development for Heat Sources and Dissipation / 2.5:
Structural Materials and Design for Preferable Thermal Stability / 3:
Remedies Concerning Raw Materials for Structural Body Components / 3.1:
Concrete / 3.1.1:
Painting and Coating Materials / 3.1.2:
New Materials / 3.1.3:
Remedies Concerning Structural Configurations and Plural-Spindle Systems / 3.2:
Non-Sensitive Structure / 3.2.1:
Non-Constraint Structure / 3.2.2:
Deformation Minimization Structure / 3.2.3:
Plural-Spindle Systems-Twin-Spindle Configuration Including Spindle-over-Spindle Type / 3.2.4:
Future Perspectives in Research and Development for Structural Configuration to Minimize Thermal Deformation / 3.3:
Two-Layered Spindle with Independent Rotating Function / 3.3.1:
Selective Modular Design for Advanced Quinaxial-Controlled MC with Turning Function / 3.3.2:
Various Remedies for Reduction of Thermal Deformation / 4:
Thermal Deformations and Effective Remedies / 4.1:
Classification of Remedies for Reduction of Thermal Deformation / 4.2:
Separation of Heat Sources / 4.2.1:
Reduction of Generated Heat / 4.2.2:
Equalization of Temperature Distribution / 4.2.3:
Compensation of Thermal Deformations / 4.2.4:
Innovative Remedies for Minimizing Thermal Deformation in the Near Future / 4.3:
Appendix
Optimization of Structural Design / A.1:
Finite Element Analysis for Thermal Behavior / 5:
Numerical Computation for Thermal Problems in General / 5.1:
Introduction / 5.1.1:
Finite Element Method / 5.1.2:
Finite Differences Method / 5.1.3:
Decision Making for the Selection of Methods / 5.1.4:
Procedure for Thermal Finite Element Analysis / 5.2:
Discretisation / 5.2.1:
Materials / 5.2.3:
Assembling Components to an Entire Machine Tool Model / 5.2.4:
Boundary Conditions / 5.2.5:
Loadcases / 5.2.6:
Linear and Non-Linear Thermal Computation / 5.2.7:
Determination of Boundary Conditions / 5.3:
Convection Heat Transfer Coefficients / 5.3.1:
Emission Coefficients and View Factors / 5.3.3:
Heat Sources and Sinks / 5.3.4:
Thermomechanical Simulation Process / 5.4:
Serial Processing / 5.4.1:
Coupled Processing / 5.4.3:
Future Perspectives in Research and Development for Thermal FEA / 5.5:
Engineering Computation for Thermal Behavior and Thermal Performance Test / 6:
Tank Model / 6.1:
Bond Graph Simulation to Estimate Thermal Behavior within High-Voltage and NC Controllers / 6.2:
Thermal Performance Testing / 6.3:
Index
Preface
Abbreviations
Nomenclature
3.

図書

図書
吉中司著
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.9  310p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1696
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
リブロワークス著
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.9  270p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1699
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
湯川鶴章著
出版情報: 東京 : 阪急コミュニケーションズ, 2010.8  128p ; 19cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
V.S.ラマチャンドラン, D.ロジャース=ラマチャンドラン著 ; 日経サイエンス編集部訳
出版情報: [東京] : 日経サイエンス , 東京 : 日本経済新聞出版社 (発売), 2010.10  127p ; 28cm
シリーズ名: 別冊日経サイエンス ; 174
所蔵情報: loading…
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
諏訪邦夫著
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.6  218, ivp ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1686
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 5
序章 麻酔の実際の進み方の大筋 9
第1章 吸入麻酔から静脈麻酔-二つの麻酔法の話 19
第2章 お腹の手術でのどが痛い理由-気道確保 37
第3章 麻酔における麻薬の重要性-麻薬は麻酔に役立つ鎮痛薬 49
第4章 麻酔中の酸素不足-肺がつぶれて酸素が足りなくなる問題 63
第5章 身体の外から動脈の血の色を見る-いろいろな監視装置 85
第6章 医療で死なないために-手術と麻酔の事故 103
第7章 硬膜外麻酔の役割-自律神経系との関係 119
第8章 南米先住民の功妙な狩猟-筋肉をやわらかくする薬 133
第9章 手術中に意識が戻る恐怖-術中覚醒と記憶 153
第10章 手押しの人工呼吸が鉄の肺に勝った-呼吸管理と集中治療 163
第11章 もう一つの麻酔の応用-ペインクリニック 179
第12章 作用のわからない薬の代表が“麻酔薬”-有効性からメカニズムへ 197
おわりに 215
付表 麻酔薬と近縁の薬物の名前と化学式 218
さくいん 222
はじめに 5
序章 麻酔の実際の進み方の大筋 9
第1章 吸入麻酔から静脈麻酔-二つの麻酔法の話 19
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
リチャード・ハモンド著 ; 大貫昌子訳
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.6  262p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1687
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 加速する宇宙 10
第2章 暗黒物質の正体 35
第3章 宇宙線の謎 61
第4章 無限量の不思議 83
第5章 ヒッグス粒子は存在するか 106
第6章 量子重力の難題 134
第7章 ワームホールは存在するか 163
第8章 ひも理論の予言 183
第9章 宇宙の起源 209
第10章 ミステリーノ 230
エピローグ 251
訳者あとがき 253
注 257
推薦図書 258
さくいん 262
第1章 加速する宇宙 10
第2章 暗黒物質の正体 35
第3章 宇宙線の謎 61
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
三澤慶洋著
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.6  253p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1689
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 5
序章 旅客機の運航に関わる人々 17
   到着便から出発便へ 18
   旅客機運航に関わる業務 21
第1章 出発準備 27
   1-1 スタッフの出発準備
    「地上のパイロット」 28
    クルーの出発準備 30
    グランドスタッフの出発準備 32
    チェックインした受託手荷物の流れ 35
    保安業務 42
   1-2 旅客機の出発前整備
    ライン整備の流れ 44
    旅客機は常に完璧な状態で運航されているのか?
    燃料補給 50
    整備の最終確認 55
    管制業務 56
   1-3 クルーの配置
    クルーの条件 60
    何人のクルーが乗っているのか? 65
第2章 飛行計画 69
   2-1 飛行計画とはなにか
    2つの飛行計画 70
    飛行計画作成の流れ 74
   2-2 航路の決定
    航路決定に必要な気象データ 77
    ノータムの確認 83
    航路・高度はどのように決まるのか? 85
    VORとRNAV 89
    圏界面と晴天乱気流 94
   2-3 燃料の計算
    旅客機の搭載燃料量 98
    搭載燃料の算定方法 100
    燃料搭載と重量とバランス 105
第3章 いざ離陸 109
   3-1 空港と滑走路の施設
    空港の離着陸施設 110
    滑走路はどのくらいの長さが必要か? 112
    滑走路に書いてある数字の意味 114
    夜間の離着陸を援助する灯火 118
   3-2 飛行機はどうやって動くのか
    エンジンの種類としくみ 122
    旅客機の速度 126
   3-3 離陸のオペレーション
    エンジンスタートから離陸へ 126
    管制承認 130
    地上走行 135
    離陸 137
    飛行機はどう上昇して行くのか? 138
    離陸の大敵は 143
第4章 航行中のオペレーション 151
   4-1 コックピットの構造
    コックピットに集まっている情報 152
   4-2 機内環境
    機内の気圧調整の仕組み 157
    酸素マスクはどこにあって、いつ使うのか? 160
    機内が乾燥する理由 163
   4-3 機内サービスと関連設備
    機材によって客室仕様は違う 167
    機内食はどこで保管し、いつ出されるのか? 170
    トイレの水はどこに流れて行くのか? 176
   4-4 機体構造と緊急時への備え
    機内の揺れのメカニズム 178
    警報装置にはどんなものがあるのか? 182
    窓のパネルは割れないの? 186
    ドアには緊急脱出スライドが隠れている 189
第5章 いよいよ着陸 195
   5-1 着陸準備
    グランドスタッフの着陸準備 196
    管制官がパイロットに与える指示 198
   5-2 着陸を支援するシステム
    計器着陸システムと着陸誘導のしくみ 201
    進入経路のしくみ 208
    空中待機させる管制官 212
    アプローチ・チャート 214
    風が吹いている場合 217
   5-3 停止を支えるしくみ
    飛行機を停止させるシステム 222
    設置の衝撃に耐える着陸装置 228
   5-4 緊急着陸
    燃料の放出 232
    胴体着陸 234
    空港の緊急対応と飛行場カテゴリー 236
   5-5 着陸後のオペレーション
    スポット・イン 237
    機長とディスパッチャー、再び 240
    飛行機の点検と整備 242
参考・引用文献 249
さくいん 250
はじめに 5
序章 旅客機の運航に関わる人々 17
   到着便から出発便へ 18
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
地球環境問題を考える懇談会 [編]
出版情報: 東京 : 旭硝子財団, 2010.5  263p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 瀬谷博道(旭硝子財団理事長) 1
本書をまとめるにあたって 森島昭夫(旭硝子財団理事) 11
第1部 地球環境の現在
   地球環境の現在 21
   人間活動が破壊する「地球の肺」 25
   加速する生物多様性の喪失 27
   地上から消えゆく水資源 30
   飽食の国と飢餓の国 34
   枯渇に向かう化石燃料 37
   急増するエネルギー消費 42
   穀倉地帯を襲う記録的な干ばつ 44
   発展途上国で急増する「気候難民」 47
   自然を損なうことは自らを損なうこと‐私たちの選択 50
第2部 生存の条件
 第1章 人類が直面する最大の危機-地球環境問題 54
   1 「成長の限界」からの出発 57
   2 限界に直面する人間の営み 63
    (1) 都市化が招いた自然との乖離 63
    (2) エネルギー資源の枯渇 66
    (3) 水資源利用の持続性と公平性 71
    (4) 食料確保の持続性と公平性 77
   3 忍び寄る危機 84
    (1) 地球温暖化 84
    (2) 生物多様性の喪失 91
 第2章 21世紀の目指すべき姿 -太陽エネルギー社会 104
   1 「太陽エネルギー社会」とは 106
    (1) ヒトとしての存在と人間としての存在 106
    (2) 生命力溢れる「太陽エネルギー社会」 108
    (3) 太陽エネルギー社会の姿 110
   2 「太陽エネルギー社会」を実現するために 116
    (1) 自然の理に逆らわない社会への転換 116
    (2) 人類の共有財産の公平な配分と継承 117
    (3) 「太陽エネルギー社会」に向けた対話 118
    (4) 「太陽エネルギー社会」に向けた科学技術 120
 第3章 危機を乗り越えて創る未来社会-生命力溢れる「太陽エネルギー社会」への道 122
   1 自然そのものに価値を認める社会の実現に向けて 124
    (1) 自然環境の保全 125
    (2) 自然の理に従う開発 127
    (3) 自然の水循環を保全する開発 128
    (4) 土地の再生産力の保全と食料配分の公平 131
   2 持続可能なエネルギーの利用に向けて 134
    (1) 膨大な太陽エネルギーとその活用 134
    (2) 太陽エネルギーと持続可能社会 136
   3 ライフスタイルの変革 148
    (1) 変革が求められるライフスタイル 148
    (2) これから求められるライフスタイルの方向 150
    (3) ライフスタイル変革に必要な教育 153
    (4) ライフスタイル変革を促進する仕組みの整備 155
   4 都市と地方が連携した多様性と活力に満ちた社会 157
    (1) 多様性と活力に満ちた都市と地方 158
    (2) 自立した自然循環地域圏形成のための連携 163
   5 社会システムの改善・国際連携 166
    (1) 政治・行政の強い意志 166
    (2) 太陽エネルギー社会の実現に向けた国際的な連携 167
 最終章 生命力溢れる地球の回復-ブループラネットの実現 170
   1 生命力溢れる地球の回復 172
   2 新しい時代への発想の転換 175
    (1) 自然は人間の生存基盤 175
    (2) 思いやりの心 176
   3 ブループラネットの実現に向けたアプローチ 179
    (1) 科学技術の知と人文社会の知とを両輪とした問題解決 179
    (2) 「思いやりの心」を育む社会システムの創造 180
    (3) 地球社会という繋がりをつくるための対話と国際連携 183
   4 ブループラネットの実現と活力ある社会 186
第3部 「生存の条件」に寄せて-ブループラネット賞受賞者からのメッセージ
   「環境への一般大衆による支援構築」 191
    -ジェフリー・A・マクニーリー教授 第2回ブループラネット賞受賞(1993年)
   「脅威を示す曲線、簡単なアイデア、そして複雑な実情」 199
    -オイゲン・サイボルト博士 第3回ブループラネット賞受賞(1994年)
   「食料不足が文明崩壊をもたらすか」 208
    -レスター・R・ブラウン氏 第3回ブループラネット賞受賞(1994年)
   「すべての人がずっと食べていくために」 216
    -M・S・スワミナサン教授 第5回ブループラネット賞受賞(1996年)
   「持続可能な開発を取り巻くリーダーシップの危うさ」 223
    -カールヘンリク・ロベール博士 第9回ブループラネット賞受賞(2000年)
   「人類と環境」 232
    -ノーマン マイアーズ博士 第10回ブループラネット賞受賞(2001年)
   「地球環境は足元から」 241
    -宮脇昭博士 第15回ブループラネット賞受賞(2006年)
   「人類存続のため公平性を」 248
    -エミル・サリム博士 第15回ブループラネット賞受賞(2006年)
はじめに 瀬谷博道(旭硝子財団理事長) 1
本書をまとめるにあたって 森島昭夫(旭硝子財団理事) 11
第1部 地球環境の現在
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼