close
1.

図書

図書
垂井康夫編
出版情報: 東京 : オーム社, 2010.12  339p ; 20cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
斎藤茂吉著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2010.12  358p ; 16cm
シリーズ名: 新潮文庫 ; 6439, さ-40-1
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
町田健著 ; なかむら治彦イラスト
出版情報: 名古屋 : 中日新聞社, 2010.12  218p ; 19cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
Christopher Hellman
出版情報: Tokyo : Tuttle Pub., c2010  126 p. ; 20 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Introduction
The Mysterious Skills of the Old Cat
Sword Theory
A Treatise on the Sword
Joseishi's Discussions on the Sword
Ignorance in Swordsmanship
Acknowledgments
Introduction
The Mysterious Skills of the Old Cat
Sword Theory
5.

図書

図書
Frederick Harris
出版情報: Tokyo : Tuttle, c2010  192 p. ; 29 cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
旺文社
出版情報: [東京] : 旺文社, [2010.8]  317p ; 21cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
T・S・エリオット作 ; 岩崎宗治訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2010.8  323p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 赤(32)-258-2
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
栄陽子著
出版情報: 東京 : 三修社, 2010.8  275p ; 21cm
シリーズ名: 栄陽子留学研究所
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
Allan Kelly著 ; 荒木貞雄, 石橋敬久, 齋藤彰一共訳
出版情報: 東京 : 構造計画研究所 , 東京 : 共立出版 (発売), 2010.8  xii, 262p ; 22cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
edited by Yoshimi Ito
出版情報: New York : McGraw-Hill, c2010  xx, 214 p. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
Abbreviations
Nomenclature
Table for Conversation
Fundamentals in Design of Structural Body Components / 1:
Necessities and Importance of Lightweighted Structure in Reduction of Thermal Deformation-Discussion Using Mathematical Models / 1.1:
First-hand View for Lightweighted Structures with High Stiffness and Damping in Practice / 1.2:
Axi-symmetrical Configuration-Portal Column (Column of Twin-Pillar Type) / 1.2.1:
Placement and Allocation of Structural Configuration Entities / 1.2.2:
References
What Is Thermal Deformation? / 2:
General Behavior of Thermal Deformation / 2.1:
Estimation of Heat Sources and Their Magnitudes / 2.2:
Estimation of Heat Source Position / 2.2.1:
Estimation of Magnitude of Heat Generation / 2.2.2:
Estimation of Thermal Deformation of Machine Tools / 2.3:
Estimation of Thermal Deformation in General / 2.3.1:
Thermal Deformation Caused by Inner Heat Sources / 2.3.2:
Thermal Deformation Caused by Both Inner and Outer Heat Sources / 2.3.3:
Heat Sources Generated by Chips and Their Dissipation / 2.4:
Mathematical Model of Chips / 2.4.1:
Thermal Properties of Chips-Equivalent Thermal Conductivity and Contact Resistance / 2.4.2:
An Example of Heat Transfer from Piled Chips to Machine Tool Structure / 2.4.3:
Dissipation of Chips / 2.4.4:
Future Perspectives in Research and Development for Heat Sources and Dissipation / 2.5:
Structural Materials and Design for Preferable Thermal Stability / 3:
Remedies Concerning Raw Materials for Structural Body Components / 3.1:
Concrete / 3.1.1:
Painting and Coating Materials / 3.1.2:
New Materials / 3.1.3:
Remedies Concerning Structural Configurations and Plural-Spindle Systems / 3.2:
Non-Sensitive Structure / 3.2.1:
Non-Constraint Structure / 3.2.2:
Deformation Minimization Structure / 3.2.3:
Plural-Spindle Systems-Twin-Spindle Configuration Including Spindle-over-Spindle Type / 3.2.4:
Future Perspectives in Research and Development for Structural Configuration to Minimize Thermal Deformation / 3.3:
Two-Layered Spindle with Independent Rotating Function / 3.3.1:
Selective Modular Design for Advanced Quinaxial-Controlled MC with Turning Function / 3.3.2:
Various Remedies for Reduction of Thermal Deformation / 4:
Thermal Deformations and Effective Remedies / 4.1:
Classification of Remedies for Reduction of Thermal Deformation / 4.2:
Separation of Heat Sources / 4.2.1:
Reduction of Generated Heat / 4.2.2:
Equalization of Temperature Distribution / 4.2.3:
Compensation of Thermal Deformations / 4.2.4:
Innovative Remedies for Minimizing Thermal Deformation in the Near Future / 4.3:
Appendix
Optimization of Structural Design / A.1:
Finite Element Analysis for Thermal Behavior / 5:
Numerical Computation for Thermal Problems in General / 5.1:
Introduction / 5.1.1:
Finite Element Method / 5.1.2:
Finite Differences Method / 5.1.3:
Decision Making for the Selection of Methods / 5.1.4:
Procedure for Thermal Finite Element Analysis / 5.2:
Discretisation / 5.2.1:
Materials / 5.2.3:
Assembling Components to an Entire Machine Tool Model / 5.2.4:
Boundary Conditions / 5.2.5:
Loadcases / 5.2.6:
Linear and Non-Linear Thermal Computation / 5.2.7:
Determination of Boundary Conditions / 5.3:
Convection Heat Transfer Coefficients / 5.3.1:
Emission Coefficients and View Factors / 5.3.3:
Heat Sources and Sinks / 5.3.4:
Thermomechanical Simulation Process / 5.4:
Serial Processing / 5.4.1:
Coupled Processing / 5.4.3:
Future Perspectives in Research and Development for Thermal FEA / 5.5:
Engineering Computation for Thermal Behavior and Thermal Performance Test / 6:
Tank Model / 6.1:
Bond Graph Simulation to Estimate Thermal Behavior within High-Voltage and NC Controllers / 6.2:
Thermal Performance Testing / 6.3:
Index
Preface
Abbreviations
Nomenclature
11.

図書

図書
片野, 拓夫
出版情報: 東京 : 青灯社, 2010.8  229p ; 21cm
シリーズ名: 英語のかけ込み寺 : TOEIC400点台から900点へ / 片野拓夫著 ; 3
所蔵情報: loading…
12.

図書

図書
A.S. Hornby
出版情報: Oxford : Oxford University Press, 2010  xii, 1796, 32, 64, 46 p. ; 24 cm.
所蔵情報: loading…
13.

図書

図書
吉中司著
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.9  310p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1696
所蔵情報: loading…
14.

図書

図書
リブロワークス著
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.9  270p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1699
所蔵情報: loading…
15.

図書

図書
湯川鶴章著
出版情報: 東京 : 阪急コミュニケーションズ, 2010.8  128p ; 19cm
所蔵情報: loading…
16.

図書

図書
photography by Akihiko Seki ; text by Thomas Daniell
出版情報: Tokyo : Tuttle, c2010  224 p. ; 25 cm
所蔵情報: loading…
17.

図書

図書
Yoko Ujiie
出版情報: Tokyo : Sangensha, 2010  x, 189 p. ; 21 cm
所蔵情報: loading…
18.

図書

図書
TOEIC Testプラス・マガジン編集部編
出版情報: 東京 : リント, 2010.7  xi, 159p ; 19cm
所蔵情報: loading…
19.

図書

図書
V.S.ラマチャンドラン, D.ロジャース=ラマチャンドラン著 ; 日経サイエンス編集部訳
出版情報: [東京] : 日経サイエンス , 東京 : 日本経済新聞出版社 (発売), 2010.10  127p ; 28cm
シリーズ名: 別冊日経サイエンス ; 174
所蔵情報: loading…
20.

図書

図書
セオドア・グレイ著 ; 武井摩利訳
出版情報: 大阪 : 創元社, 2010.11  240p ; 27×27cm
所蔵情報: loading…
21.

図書

図書
prepared under the direction of the ASM International Handbook Committee ; D.U. Furrer and S.L. Semiatin, volume editors
出版情報: Materials Park, Ohio : ASM International, 2010  xiii, 708 p. ; 29 cm
シリーズ名: ASM handbook ; v. 22B
所蔵情報: loading…
22.

図書

図書
Philip Griffin [ほか] 著
出版情報: 東京 : Jリサーチ出版, 2010.4  141p ; 26cm
シリーズ名: Jmook ; 09
所蔵情報: loading…
23.

図書

図書
Jim Brosseau著 ; 富野壽, 荒木貞雄共訳
出版情報: 東京 : 構造計画研究所 , 東京 : 共立出版 (発売), 2010.5  xxiv, 281p ; 22cm
所蔵情報: loading…
24.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
諏訪邦夫著
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.6  218, ivp ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1686
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 5
序章 麻酔の実際の進み方の大筋 9
第1章 吸入麻酔から静脈麻酔-二つの麻酔法の話 19
第2章 お腹の手術でのどが痛い理由-気道確保 37
第3章 麻酔における麻薬の重要性-麻薬は麻酔に役立つ鎮痛薬 49
第4章 麻酔中の酸素不足-肺がつぶれて酸素が足りなくなる問題 63
第5章 身体の外から動脈の血の色を見る-いろいろな監視装置 85
第6章 医療で死なないために-手術と麻酔の事故 103
第7章 硬膜外麻酔の役割-自律神経系との関係 119
第8章 南米先住民の功妙な狩猟-筋肉をやわらかくする薬 133
第9章 手術中に意識が戻る恐怖-術中覚醒と記憶 153
第10章 手押しの人工呼吸が鉄の肺に勝った-呼吸管理と集中治療 163
第11章 もう一つの麻酔の応用-ペインクリニック 179
第12章 作用のわからない薬の代表が“麻酔薬”-有効性からメカニズムへ 197
おわりに 215
付表 麻酔薬と近縁の薬物の名前と化学式 218
さくいん 222
はじめに 5
序章 麻酔の実際の進み方の大筋 9
第1章 吸入麻酔から静脈麻酔-二つの麻酔法の話 19
25.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
リチャード・ハモンド著 ; 大貫昌子訳
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.6  262p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1687
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 加速する宇宙 10
第2章 暗黒物質の正体 35
第3章 宇宙線の謎 61
第4章 無限量の不思議 83
第5章 ヒッグス粒子は存在するか 106
第6章 量子重力の難題 134
第7章 ワームホールは存在するか 163
第8章 ひも理論の予言 183
第9章 宇宙の起源 209
第10章 ミステリーノ 230
エピローグ 251
訳者あとがき 253
注 257
推薦図書 258
さくいん 262
第1章 加速する宇宙 10
第2章 暗黒物質の正体 35
第3章 宇宙線の謎 61
26.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
三澤慶洋著
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.6  253p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1689
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 5
序章 旅客機の運航に関わる人々 17
   到着便から出発便へ 18
   旅客機運航に関わる業務 21
第1章 出発準備 27
   1-1 スタッフの出発準備
    「地上のパイロット」 28
    クルーの出発準備 30
    グランドスタッフの出発準備 32
    チェックインした受託手荷物の流れ 35
    保安業務 42
   1-2 旅客機の出発前整備
    ライン整備の流れ 44
    旅客機は常に完璧な状態で運航されているのか?
    燃料補給 50
    整備の最終確認 55
    管制業務 56
   1-3 クルーの配置
    クルーの条件 60
    何人のクルーが乗っているのか? 65
第2章 飛行計画 69
   2-1 飛行計画とはなにか
    2つの飛行計画 70
    飛行計画作成の流れ 74
   2-2 航路の決定
    航路決定に必要な気象データ 77
    ノータムの確認 83
    航路・高度はどのように決まるのか? 85
    VORとRNAV 89
    圏界面と晴天乱気流 94
   2-3 燃料の計算
    旅客機の搭載燃料量 98
    搭載燃料の算定方法 100
    燃料搭載と重量とバランス 105
第3章 いざ離陸 109
   3-1 空港と滑走路の施設
    空港の離着陸施設 110
    滑走路はどのくらいの長さが必要か? 112
    滑走路に書いてある数字の意味 114
    夜間の離着陸を援助する灯火 118
   3-2 飛行機はどうやって動くのか
    エンジンの種類としくみ 122
    旅客機の速度 126
   3-3 離陸のオペレーション
    エンジンスタートから離陸へ 126
    管制承認 130
    地上走行 135
    離陸 137
    飛行機はどう上昇して行くのか? 138
    離陸の大敵は 143
第4章 航行中のオペレーション 151
   4-1 コックピットの構造
    コックピットに集まっている情報 152
   4-2 機内環境
    機内の気圧調整の仕組み 157
    酸素マスクはどこにあって、いつ使うのか? 160
    機内が乾燥する理由 163
   4-3 機内サービスと関連設備
    機材によって客室仕様は違う 167
    機内食はどこで保管し、いつ出されるのか? 170
    トイレの水はどこに流れて行くのか? 176
   4-4 機体構造と緊急時への備え
    機内の揺れのメカニズム 178
    警報装置にはどんなものがあるのか? 182
    窓のパネルは割れないの? 186
    ドアには緊急脱出スライドが隠れている 189
第5章 いよいよ着陸 195
   5-1 着陸準備
    グランドスタッフの着陸準備 196
    管制官がパイロットに与える指示 198
   5-2 着陸を支援するシステム
    計器着陸システムと着陸誘導のしくみ 201
    進入経路のしくみ 208
    空中待機させる管制官 212
    アプローチ・チャート 214
    風が吹いている場合 217
   5-3 停止を支えるしくみ
    飛行機を停止させるシステム 222
    設置の衝撃に耐える着陸装置 228
   5-4 緊急着陸
    燃料の放出 232
    胴体着陸 234
    空港の緊急対応と飛行場カテゴリー 236
   5-5 着陸後のオペレーション
    スポット・イン 237
    機長とディスパッチャー、再び 240
    飛行機の点検と整備 242
参考・引用文献 249
さくいん 250
はじめに 5
序章 旅客機の運航に関わる人々 17
   到着便から出発便へ 18
27.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
地球環境問題を考える懇談会 [編]
出版情報: 東京 : 旭硝子財団, 2010.5  263p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 瀬谷博道(旭硝子財団理事長) 1
本書をまとめるにあたって 森島昭夫(旭硝子財団理事) 11
第1部 地球環境の現在
   地球環境の現在 21
   人間活動が破壊する「地球の肺」 25
   加速する生物多様性の喪失 27
   地上から消えゆく水資源 30
   飽食の国と飢餓の国 34
   枯渇に向かう化石燃料 37
   急増するエネルギー消費 42
   穀倉地帯を襲う記録的な干ばつ 44
   発展途上国で急増する「気候難民」 47
   自然を損なうことは自らを損なうこと‐私たちの選択 50
第2部 生存の条件
 第1章 人類が直面する最大の危機-地球環境問題 54
   1 「成長の限界」からの出発 57
   2 限界に直面する人間の営み 63
    (1) 都市化が招いた自然との乖離 63
    (2) エネルギー資源の枯渇 66
    (3) 水資源利用の持続性と公平性 71
    (4) 食料確保の持続性と公平性 77
   3 忍び寄る危機 84
    (1) 地球温暖化 84
    (2) 生物多様性の喪失 91
 第2章 21世紀の目指すべき姿 -太陽エネルギー社会 104
   1 「太陽エネルギー社会」とは 106
    (1) ヒトとしての存在と人間としての存在 106
    (2) 生命力溢れる「太陽エネルギー社会」 108
    (3) 太陽エネルギー社会の姿 110
   2 「太陽エネルギー社会」を実現するために 116
    (1) 自然の理に逆らわない社会への転換 116
    (2) 人類の共有財産の公平な配分と継承 117
    (3) 「太陽エネルギー社会」に向けた対話 118
    (4) 「太陽エネルギー社会」に向けた科学技術 120
 第3章 危機を乗り越えて創る未来社会-生命力溢れる「太陽エネルギー社会」への道 122
   1 自然そのものに価値を認める社会の実現に向けて 124
    (1) 自然環境の保全 125
    (2) 自然の理に従う開発 127
    (3) 自然の水循環を保全する開発 128
    (4) 土地の再生産力の保全と食料配分の公平 131
   2 持続可能なエネルギーの利用に向けて 134
    (1) 膨大な太陽エネルギーとその活用 134
    (2) 太陽エネルギーと持続可能社会 136
   3 ライフスタイルの変革 148
    (1) 変革が求められるライフスタイル 148
    (2) これから求められるライフスタイルの方向 150
    (3) ライフスタイル変革に必要な教育 153
    (4) ライフスタイル変革を促進する仕組みの整備 155
   4 都市と地方が連携した多様性と活力に満ちた社会 157
    (1) 多様性と活力に満ちた都市と地方 158
    (2) 自立した自然循環地域圏形成のための連携 163
   5 社会システムの改善・国際連携 166
    (1) 政治・行政の強い意志 166
    (2) 太陽エネルギー社会の実現に向けた国際的な連携 167
 最終章 生命力溢れる地球の回復-ブループラネットの実現 170
   1 生命力溢れる地球の回復 172
   2 新しい時代への発想の転換 175
    (1) 自然は人間の生存基盤 175
    (2) 思いやりの心 176
   3 ブループラネットの実現に向けたアプローチ 179
    (1) 科学技術の知と人文社会の知とを両輪とした問題解決 179
    (2) 「思いやりの心」を育む社会システムの創造 180
    (3) 地球社会という繋がりをつくるための対話と国際連携 183
   4 ブループラネットの実現と活力ある社会 186
第3部 「生存の条件」に寄せて-ブループラネット賞受賞者からのメッセージ
   「環境への一般大衆による支援構築」 191
    -ジェフリー・A・マクニーリー教授 第2回ブループラネット賞受賞(1993年)
   「脅威を示す曲線、簡単なアイデア、そして複雑な実情」 199
    -オイゲン・サイボルト博士 第3回ブループラネット賞受賞(1994年)
   「食料不足が文明崩壊をもたらすか」 208
    -レスター・R・ブラウン氏 第3回ブループラネット賞受賞(1994年)
   「すべての人がずっと食べていくために」 216
    -M・S・スワミナサン教授 第5回ブループラネット賞受賞(1996年)
   「持続可能な開発を取り巻くリーダーシップの危うさ」 223
    -カールヘンリク・ロベール博士 第9回ブループラネット賞受賞(2000年)
   「人類と環境」 232
    -ノーマン マイアーズ博士 第10回ブループラネット賞受賞(2001年)
   「地球環境は足元から」 241
    -宮脇昭博士 第15回ブループラネット賞受賞(2006年)
   「人類存続のため公平性を」 248
    -エミル・サリム博士 第15回ブループラネット賞受賞(2006年)
はじめに 瀬谷博道(旭硝子財団理事長) 1
本書をまとめるにあたって 森島昭夫(旭硝子財団理事) 11
第1部 地球環境の現在
28.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
地球環境問題を考える懇談会 [編]
出版情報: 東京 : 旭硝子財団, 2010.5  214p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
I 『成長の限界』からの出発 9
II 限界に直面する人間の営み 21
   人口爆発 22
   進みゆく都市化 28
   経済面や生活の格差 32
   資源の有限性 46
   エネルギー資源の埋蔵量 50
   エネルギー消費と供給 54
   エネルギー格差 68
   偏在する水資源 72
   水の分布と循環 76
   水資源の使われ方 80
   水使用上の課題 86
   水使用上における格差 90
   農業生産と水 94
   食糧生産とその課題 98
   食料・栄養・衛生面での格差 106
   食生活の変化とその課題 110
   水産業の課題 114
III 忍び寄る危機 117
   地球の気温の変化 118
   温暖化がもたらす影響 124
   排出される温室効果ガス 128
   絶滅していく生き物たちとその恵み 136
   生き物たちの生活圏の縮小 148
IV 危機への対応 157
   環境アンケート調査結果 158
   再生可能エネルギー 166
   エネルギー供給源としての原子力 176
   効率の良いエネルギー利用 180
   産業におけるエネルギー効率 184
   新たなる技術の開発 190
付録 統計データ 196
I 『成長の限界』からの出発 9
II 限界に直面する人間の営み 21
   人口爆発 22
29.

図書

図書
丹後俊郎, 小西貞則編
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2010.6  vii, 470p ; 22cm
所蔵情報: loading…
30.

図書

図書
サアディー [著] ; 黒柳恒男訳
出版情報: 東京 : 平凡社, 2010.7  307p ; 18cm
シリーズ名: 東洋文庫 ; 797
所蔵情報: loading…
31.

図書

図書
若松征男著
出版情報: 東京 : 東京電機大学出版局, 2010.7  xii, 242p ; 21cm
シリーズ名: 科学コミュニケーション叢書
所蔵情報: loading…
32.

図書

図書
城田俊著
出版情報: 東京 : 東洋書店, 2010.6-2014.1  2冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 文法 : 単数か、複数か
男性か、女性か、中性か
対格
主格 ほか
第2部 表現法 : 意味・用法の微妙な違い
意味を変えずに単語を変える
意味を変えずに品詞を変える
同じ事柄を視点を変えて表わす ほか
第1部 文法 : 単数か、複数か
男性か、女性か、中性か
対格
33.

図書

図書
浅田次郎著
出版情報: 東京 : 集英社, 2010.7  2冊 ; 20cm
所蔵情報: loading…
34.

図書

図書
by Ralph Adams Cram ; with a new foreword by Mira Locher
出版情報: Tokyo : Tuttle, c2010  159 p. ; 21 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
List of Illustrations
Foreword
The Early Architecture of Japan / Chapter 1:
The Later Architecture of Japan / Chapter 2:
Temples And Shrines / Chapter 3:
Temple Gardens / Chapter 4:
Domestic Interiors / Chapter 5:
The Minor Arts / Chapter 6:
A Color Print of Yeizan / Chapter 7:
A Note on Japanese Sculpture / Chapter 8:
The Future of Japanese Art / Chapter 9:
Endnotes
Index
List of Illustrations
Foreword
The Early Architecture of Japan / Chapter 1:
35.

図書

図書
Capers Jones著 ; 富野壽, 小坂恭一監訳
出版情報: 東京 : 構造計画研究所 , 東京 : 共立出版 (発売), 2010.7  xxvii, 551p ; 23cm
所蔵情報: loading…
36.

図書

図書
Mendel Sachs
出版情報: London : Imperial College Press, c2010  xvii, 128 p. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
Acknowledgements
Physics of the Universe / Chapter 1:
Introduction
Is Newton's Theory an Explanation of Gravity?
The Expanding Universe
The Oscillating Universe Cosmology
The Theory of General Relativity
The Role of Space and Time
Geometry and Matter
Generalization of Einstein's Field Equations
A Unified Field Theory
A Language of Cosmology: The Mathematical Basis of General Relativity / Chapter 2:
Einstein's Tensor Formulation
The Riemann Curvature Tensor
The Geodesic Equation
The Vacuum Equation
The Schwarzschild Solution
The black hole
The Crucial Tests of General Relativity
The Logic of the Spacetime Language
A Unified Field Theory in General Relativity: Extension from the Tensor to the Quaternion Language / Chapter 3:
Factorization of Einstein's Tensor Field Equations
The Riemann Curvature Tensor in Quaternion Form
Spin-affine connection
Spin curvature
The Quaternion Metrical Field Equations
A Symmetric Tensor-Antisymmetric Tensor Representation of General Relativity - Gravity and Electromagnetism
The Einstein Field Equations from the Symmetric Tensor Part
The Maxwell Field Equations from the Antisymmetric Tensor Part
Conclusions
An Oscillating, Spiral Universe Cosmology / Chapter 4:
The oscillating universe cosmology
Equations of motion in general relativity
Dynamics of the Expansion and Contraction of the Universe
The geodesic equation in quaternion form
Dynamics of the Oscillating Universe Cosmology
Derivation of the Hubble Law as an Approximation
The Spiral Structure of the Universe
Concluding Remarks
Dark Matter / Chapter 5:
The Field Equations and the Ground State Solution for the Bound Particle-Antiparticle Pair
Separation of Matter and Antimatter in the Universe
Olber's Paradox
Black Holes / Chapter 6:
Pulsars
On the Human Race and Cosmology
Philosophical Considerations / Chapter 7:
On Truth
Positivism versus Realism, Subjectivity versus Objectivity
On Mach's Influence in Physics and Cosmology
The quantum mechanical limit
The Mach principle
The Mach principle and a unified field theory
References and Notes
Postscript
Physics in the 21st Century
Holism
The Universe
The Mach Principle and the Origin of Inertia from General Relativity
Index
Preface
Acknowledgements
Physics of the Universe / Chapter 1:
37.

図書

図書
中村桂子編
出版情報: [高槻] : JT生命誌研究館 , 東京 : 新曜社 (発売), 2010.7  297p ; 20cm
シリーズ名: 生命誌 : talk & research & scientist library ; 2009 vol.61-64
所蔵情報: loading…
38.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小林宏一 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 東京電機大学出版局, 2010.3  295p ; 21cm
シリーズ名: 科学コミュニケーション叢書 ; . 早稲田大学科学技術ジャーナリスト養成プログラムMAJESTy||ワセダ ダイガク カガク ギジュツ ジャーナリスト ヨウセイ プログラム MAJESTy
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第Ⅰ部 ジャーナリストに求められるスキルとその実践
 第1章 科学記事の2つの顔-わかりやすさと正確性をめぐって- 18
   馬場錬成
   1.1 はじめに 18
   1.2 実際の事例 : 待ったなしで来るノーベル賞発表 19
    1.2.1 度肝を抜かれた福井博士の受賞 19
    1.2.2 最初の評価は各紙の比較で出る 20
    1.2.3 専門性の高い原稿は取材先しだい 22
   1.3 わかりやすさと正確性―2つの顔を立てるには 23
    1.3.1 取材から原稿執筆までの手順 23
    1.3.2 記事を完成させている要因は何か 23
    1.3.3 真実の情報を聞き出すポイント 24
    1.3.4 2つの顔を立てるテクニック 25
 第2章 科学を伝えるという仕事 27
   青山聖子
   2.1 はじめに 27
   2.2 科学を伝える仕事の意味 27
   2.3 科学雑誌の編集者は忙しい 29
   2.4 サイエンスライターで食べていけるか 31
   2.5 ちょっとさびしい研究機関広報 33
   2.6 学生に何を教えるか 34
   2.7 じつは少ない「科学コラム」 36
   2.8 これからの仕事 37
 第3章 「専門的であること」と「わかりやすさ」のバランス 39
   西村吉雄
   3.1 はじめに 39
   3.2 専門用語は本来わかりやすくするためのもの 40
   3.3 使うべき用語は読者に応じて変わる 41
   3.4 科学ジャーナリズムと技術ジャーナリズム 42
   3.5 「批判」に必要なことば―技術ジャーナリズムの場合 43
   3.6 「批判」に必要なことば―科学ジャーナリズムの場合 45
 第4章 科学技術関連ニュースの日英翻訳プロセスと留意点 47
   小西和久
   4.1 はじめに 47
   4.2 科学技術関連情報の日英翻訳に関する基本的な留意点 48
    4.2.1 記事の正確な理解 48
    4.2.2 ハード・ニュースにおける逆ピラミッド型の徹底 49
    4.2.3 その他の作業 50
   4.3 簡潔明瞭な英文を書くための基本的な留意点 51
    4.3.1 名詞構文への対応 51
    4.3.2 文構成要素の誤結合への対応 53
   4.4 科学技術関連報道の日英翻訳の実際 57
   4.5 おわりに 63
 第5章 世界語化した英語と日本人ジャーナリスト 65
   石塚雅彦
   5.1 何を目的とするか 65
   5.2 基礎英語から 66
   5.3 書かせて直す,直されて書く 67
   5.4 書きたいこととパラグラフ 67
   5.5 日本語記事を忘れろ 68
   5.6 読んで書く 70
   5.7 大量に読む 72
   5.8 日本がどう報じられているか 74
   5.9 一般誌の科学技術記事 75
   5.10 英文メディアで働ける日本人,日本の英文メディア 76
 第6章 すばらしき学生たち-集中講義「Science Jurnalism」を担当して- 78
   Debra Ann Schwartz
   6.1 序 78
   6.2 日本に渡るまで 79
   6.3 講義の準備 85
   6.4 模擬記者会見 90
   6.5 困難だったこと 91
   6.6 成功したこと,成功しなかったこと 94
   6.7 ジャーナリスト志望の日本人学生に教えてみてどうだったか 98
 第7章 科学技術報道における研究者と報道者のディスコミュニケーション 101
   大石かおり
   7.1 はじめに 101
   7.2 研究者へのインタビューから 102
    7.2.1 研究者が感じるディスコミュニケーション 102
    7.2.2 研究者から報道者への要望 108
   7.3 報道者へのインタビューから 109
    7.3.1 ディスコミュニケーションに対する反論 109
    7.3.2 ディスコミュニケーションを生む背景 112
    7.3.3 報道者と研究者の情報交換 115
    7.3.4 報道者から研究者への要望 116
   7.4 インタビューを終えて 116
 第8章 ブログ「炎上」を体験した-神舟7号宇宙遊泳の捏造疑惑とネット時代の報道について- 120
   松浦晋也
   8.1 はじめに 120
   8.2 自分がかかわった経緯 121
   8.3 「このっ,バカ共が」に至るまで 122
   8.4 対策を考える 128
   8.5 分断,誠実,正論 129
   8.6 議論の場所を移し,毎日まとめを行っていく 133
   8.7 アクセスとネットの評判 134
   8.8 今回の教訓 135
 第9章 世界に通用する科学ジャーナリストを育てよう-映像実習に関するサイエンス映像学会の取り組み- 136
   林 勝彦
   9.1 科学ジャーナリスト教育の必要性 136
    9.1.1 映像実習の最終ゴールとは 136
    9.1.2 日本の科学コンテンツの質は低下しているか 138
    9.1.3 科学ジャーナリスト教育の必要性 140
   9.2 科学ジャーナリスト塾のあゆみ 144
    9.2.1 塾の発展の歴史 144
    9.2.2 サイエンス映像学会とは何か 146
    9.2.3 大変革を迎えた第7期「映像実習」コース誕生 148
   9.3 世界に通用する次世代ジャーナリストへ 150
第Ⅱ部 科学技術情報の流通革命をめぐって
 第10章 デジタル・ネットワーク時代における文化の豊かさを求めて-Creative Commons/Science Commonsの成果を検証する- 156
   伊藤穣一・John Wilbanks・小林宏一
   10.1 開会の挨拶 : 小林宏一 156
   10.2 Creative Commonsの現状と将来 : 伊藤穣一 158
   10.3 Science Commonsの現状と未来 : John Wilbanks 163
   10.4 ディスカッション 167
 第11章 変わりゆくメディアにおける科学ジャーナリズムと技術ジャーナリズム 176
   11.1 はじめに 176
   11.2 日本初のジャーナリズム大学院 177
   11.3 科学技術ジャーナリスト養成の3つの課題 179
    11.3.1 新しい大学教育のあり方 1841
    11.3.2 科学技術の知識の習得 182
    11.3.3 科学技術ジャーナリストの市場 183
    11.3.4 ますます困難になるOJT 183
   11.4 科学ジャーナリズムと技術ジャーナリズムのちがい 185
    11.4.1 取材先と読者の関係 185
    11.4.2 科学雑誌・技術雑誌のマーケット比較 186
   11.5 ますます重要になる批判精神 187
   11.6 質疑応答 188
 第12章 科学ジャーナリストを養成する理由およびその方法 189
   Baudouin Jurdant
   12.1 科学とジャーナリズムの共通点 189
   12.2 科学とジャーナリズム教育の意義 191
    12.2.1 自然科学の学生に社会科学を 192
    12.2.2 科学論争を演じる 193
   12.3 科学が文化と統合するときがきた 196
 第13章 米国における科学ジャーナリズム : 過去,現在,そして将来 198
   Marguerite Holloway
   13.1 はじめに 198
   13.2 過去 201
   13.3 現在 207
   13.4 将来 218
 第14章 中国における科学技術ジャーナリズム教育 224
   周宋庭
   14.1 中国の科学技術ジャーナリズム教育の現状 225
   14.2 科学技術ジャーナリズム教育のパターン 225
    14.2.1 科学技術ジャーナリズムの学部課程プログラム 226
    14.2.2 科学技術ジャーナリズムの大学院教育 227
    14.2.3 教育目標おあよびキャリア志向 227
   14.3 科学技術ジャーナリズム教育に関する戦略とアプローチ 229
 第15章 マスメディアの変容とローカルな科学技術ジャーナリズムの現場への影響 230
   西村吉雄・Baudouin Jurdant・Marguerite Holloway・周宋庭・谷川建司
   15.1 科学技術ジャーナリズムはなぜ必要なのか 231
   15.2 非専門家が専門家と対等に話をすること 231
   15.3 専門家・一般市民・コミュニティ 233
   15.4 知識について話す可能性を伝達すること 234
   15.5 科学技術ジャーナリストがもつべき素養 237
   15.6 取材先と知的・人格的に対等になる 237
   15.7 科学技術に対する苦手意識をなくす 238
   15.8 科学技術ジャーナリズムの適切な規模 240
   15.9 ますます重要性を増す生命倫理への議論 240
   15.10 大学という場が果たすべき役割 242
   15.11 ジャーナリストになることの意味 243
第Ⅲ部 MAJESTyの経験を未来につなぐ
 第16章 座談会 MAJESTyを育て,MAJESTyに育てられた5年間 246
   那須川真澄・山田 耕・中村 理・田中幹人・吉戸智明・大石かおり・富田 誠・藩文慧キャロル
   16.1 MAJESTyのはじまり 246
   16.2 新たに加わった力 249
   16.3 文系の世界に飛び込んで 250
   16.4 学生のカラー 252
   16.5 多様な学生に何を教えるのか 254
   16.6 修士論文なのか作品制作なのか 259
   16.7 MAJESTyは社会に何を残したか 264
   16.8 われわれの未来はいかに 269
 第17章 座談会 早稲田大学のジャーナリズム教育はここから始まる 271
   西村吉雄・小林宏一・若杉なおみ・谷川建司
   17.1 多彩な教員が集う 271
   17.2 目的意識の共有 274
   17.3 文理融合を掲げて 276
   17.4 科学技術そのものの教育 279
   17.5 ジャーナリズム業界のいま 283
   17.6 どんな学生を育てるべきか 285
   17.7 これからもMAJESTyはつづく 289
索引 291
第Ⅰ部 ジャーナリストに求められるスキルとその実践
 第1章 科学記事の2つの顔-わかりやすさと正確性をめぐって- 18
   馬場錬成
39.

図書

図書
有元秀文, 北川達夫著 ; 文字・活字文化推進機構編著
出版情報: 東京 : 日本能率協会マネジメントセンター, 2010.3  134p ; 26cm
所蔵情報: loading…
40.

図書

図書
by David Morrison
出版情報: Cambridge : Cambridge University Press, 2010  80 p. ; 21 cm
シリーズ名: Cambridge discovery readers ; . Level 3
所蔵情報: loading…
41.

図書

図書
by Ronald Eisler
出版情報: Amsterdam ; Oxford : Elsevier, 2010  xxvii, 610 p. ; 25 cm
シリーズ名: Compendium of trace metals and marine biota / by Ronald Eisler ; v. 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Introduction / 1:
Algae and Macrophytes / 2:
Protists / 3:
Sponges / 4:
Coelenterates / 5:
Molluscs / 6:
Crustaceans / 7:
Insecta / 8:
Chaetognaths / 9:
Annelids / 10:
Echinoderms / 11:
Tunicates / 12:
Concluding Remarks / 13:
Introduction / 1:
Algae and Macrophytes / 2:
Protists / 3:
42.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
橋本省二著
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.4  301p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1680
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 5
第1章 すべては理解できるものか-元をたどってみる 13
   太陽はなぜ輝くのだろう
   すべてを分解してみる
   原子の中だって大変なんだ
   じゃあその先は?
   あなたはなぜ重いのか
第2章 質量とは何か-押しても引いても動かない 32
   ぶつかるとはじかれる
   質量があると重いのか
   素粒子の質量と重さ
第3章 ゼロと有限の境目-光のように速く飛んでみる 46
   音よりも速く、光より速く?
   波には伝わるものがある
   電気と磁気の不思議な関係
   からみ合って先に進んでいくもの
   走っている人と止まっている人
   エネルギーも相対的
   静止した物体がもつエネルギー
   ゼロと有限の境目
第4章 自転する素粒子 81
   回り続けるもの
   小さな世界で波打つ粒子
   ミクロの世界のギアチェンジ
   回る素粒子
   相対論と量子力学の統合
   天才ディラックのアクロバット
   右と言ったら右
第5章 右と左が違うのは-見えざる弱い力 110
   右手と左手は違うのか
   原子核の中まで入り込む
   ラザフォードの貢献
   小さな世界で働く強い力
   湯川の予言
   たまにしか起こらない出来事 : 弱い力
   エネルギーが保存されない!?
   弱い力の登場
   奇妙な問題
   奇妙さを数える
   右か左か、それが問題だ
   右と左は確かに別物
   右巻きと左巻きは別の素粒子?
第6章 沈むときは二人で-真空に沈殿する素粒子 152
   何もない真空
   人のふり見て我がふり直す
   スピンがそろった状態=真空
   素粒子はみな同じ
   仲良しボースと一匹狼のフェルミ
   みんなで一緒に
   ペアを作るとお得な話
   金属にどうして電流が流れるのか
   ボース-アインシュタイン凝縮のなせるワザ
   舞台はふたたび素粒子へ
   これが南部理論だ!
   真空に働く空気抵抗
   自発的対称性の破れの正体
第7章 陽子に針を突きさす-クォークの登場 196
   精巧な組み木細工
   壊れて消えるシャボン玉粒子
   クォークに色がある!?
   解きほぐすのではなくぶっ壊す
   色が支配する法則
   近距離で弱く遠距離で強い力
   真空の対称性
   素粒子の反応を計算する
   一二桁の精度で正しい理論
第8章 真空の雑踏-何でもありの量子論 226
   とにかく全部足さないと
   ファインマンの経路積分
   積分の積分の積分
   計算機にまかせろ
   できることはとことんやる
   一個の陽子をシミュレーションしてみる
   真空は満員電車?
第9章 あるんだったら出してみろ-ヒッグス粒子と巨大加速器 258
   どこまで大きくなるのか
   たった二パーセントでもおろそかにできない
   もう一度弱い力について
   質量ゼロの粒子問題
   ゼロを有限にするには
   質量ゼロの粒子が合体して質量をもつ!?
   力を節約できるか
   力の統一に向けて
   壊すことが役割
   ヒッグス粒子をたたき出す
   ヒッグス粒子が見つかればすべてが解決するのか
   質量の起源はわかったのか
   宇宙のすべてを理解することは可能か
あとがき 296
さくいん 301
はじめに 5
第1章 すべては理解できるものか-元をたどってみる 13
   太陽はなぜ輝くのだろう
43.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
リブロワークス著
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.4  270p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1682
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
必ずお読みください 4
はじめに 5
1章 関数の基礎
   1 関数とは何か? 14
   2 関数の構造 19
   3 関数を入力する 22
2章 必ず押さえておきたい基本の関敷
   1 指定した数値を合計する SUM 28
   2 指定した数値の平均を求める AVERAGE 36
   3 数値の端数を切り捨てる ROUNDDOWN 38
   4 数値の端数を切り上げる/四捨五入する ROUNDUP、ROUND 43
   5 データの件数を数える COUNT、COUNTA、ROWS 46
   6 2つのデータが同じかどうか確認する IF 53
   7 ある数値より大きい(小さい)かどうかを判定する IF 58
3章 データの集計に役立つ関数
   8 条件に合う数値を合計する SUMIF 64
   9 複数の条件に合う数値を合計する SUMIFS 73
   10 条件に合うデータの個数を数える COUNTIF 84
   11 複数の条件に合うデータの個数を数える COUNTIFS 90
   12 条件に合う数値を平均する AVERAGEIF 100
   13 複数の条件に合う数値を平均する AVERAGEIFS 106
4章 データの分析に役立つ関数
   14 数値を比較して順位を付ける RANK 118
   15 指定した順位の数値を求める LARGE、SMALL 123
   16 最も頻繁に登場している数値を調べる MODE 131
   17 データの分布を調べる FREQUENCY 134
5章 表作成を便利にする関数
   18 フリガナの情報を取り出す PHONETIC 142
   19 数字とアルファベットを半角で統一する ASC 147
   20 指定した文字列を取り出す IF、MID、LEFT 151
   21 別の表から単価を自動的に転記する VLOOKUP、IF 159
   22 一覧表にあるデータを取り出す MATCH、INDEX 170
6章 日付と時刻の処理に役立つ関数
   23 日付データから年と月の数字を取り出すYEAR、MONTH 182
   24 1ヶ月後の日付を求める EDATE 187
   25 日勤と夜勤に対応するように時間を計算する IF 192
   26 30分に満たない時間の端数を切り捨てる FLOOR 199
   27 日付に曜日、土日祝祭日に「休」を表示するDATE、NETWORKSDAYS、IF 207
   28 休日を除いた指定日数後の日付を求める WORKDAY 228
7章 金利の計算に役立つ関数
   29 月々の返済額を調べるPMT 236
   30 月々の返済額の元金と金利がどれくらいかを調べるPMT、PPMT、IPMT 241
おわりに 257
付録1 表示されるエラー値とその原因・対処方法 258
付録2 相対参照と絶対参照 260
付録3 セルと表示形式 262
付録4 日付・時刻とシリアル値 264
付録5 分析ツールアドインのインストール 266
さくいん 268
必ずお読みください 4
はじめに 5
1章 関数の基礎
44.

図書

図書
植松眞人著
出版情報: 吹田 : 保育社, 2010.4  195p ; 21cm
所蔵情報: loading…
45.

図書

図書
ロベルト・ボラーニョ著 ; 柳原孝敦, 松本健二訳
出版情報: 東京 : 白水社, 2010.4  2冊 ; 20cm
シリーズ名: ExLibris
所蔵情報: loading…
46.

図書

図書
岡崎正規 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2010.4  v, 174p ; 26cm
所蔵情報: loading…
47.

図書

図書
初宿正典著
出版情報: 東京 : 成文堂, 2010.11  292p ; 20cm
シリーズ名: 成文堂選書 ; 18
所蔵情報: loading…
48.

図書

図書
ジョン・ロック著 ; 加藤節訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2010.11  619, 11p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 白(34)-007-7
所蔵情報: loading…
49.

図書

図書
岩本裕, NHK取材班著
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.11  221p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1706
所蔵情報: loading…
50.

図書

図書
池澤夏樹編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2010.11  xvii, 244p ; 18cm
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 1280
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼