close
1.

図書

図書
望月俊孝著
出版情報: 東京 : 中経出版, 2011.11  319p ; 19cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
福澤諭吉 [著] : 佐藤きむ訳
出版情報: 東京 : 角川学芸出版 , 東京 : 角川グループパブリッシング (発売), 2010.9  303p ; 15cm
シリーズ名: 角川文庫 ; 16465
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
植島啓司著
出版情報: 東京 : 集英社, 2010.7  221p ; 18cm
シリーズ名: 集英社新書 ; 0549C
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
松岡修造著
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2011.8  217p ; 16cm
シリーズ名: 文春文庫 ; [ま-27-1]
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
斎藤孝著
出版情報: 東京 : PHP研究所, 2011.9  197p ; 18cm
シリーズ名: PHP新書 ; 753
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
ニック・ブイチチ著
出版情報: 東京 : 三笠書房, [2011.6]  237p ; 19cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
西田文郎著
出版情報: 東京 : 大和書房, 2015.12  231p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 脳はいとも簡単にだまされる
第2章 : 錯覚の罠は日常に仕掛けられている
第3章 : 錯覚はこうして起こっている
第4章 : 成功者は上手に錯覚を操っている
第5章 : 錯覚を起こせば人生は180度変わる
第6章 : 人生でもっとも大切な究極の錯覚
第1章 : 脳はいとも簡単にだまされる
第2章 : 錯覚の罠は日常に仕掛けられている
第3章 : 錯覚はこうして起こっている
概要: 脳のクセを逆手に取れば、人生は好転する!固定概念を外せ!「前提条件」を変えれば、面白いほど激変する!
8.

図書

図書
鎌田實著
出版情報: 東京 : ポプラ社, 2013.9  259p ; 18cm
シリーズ名: ポプラ新書 ; 001
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 「正論」や「正解」にだまされるな—鎌田がカマタを問いただす
第2章 : 石井光太がカマタを丸裸にする—絶望と希望の間にある幸福論
第3章 : ○と×で生きるのは時代遅れだ
第4章 : 「別解力」を磨けば「幸せ」なんて簡単
第5章 : ○に近い△を見つけるなんて簡単だ
終章 : 鎌田がカマタに再び聞きました「別解力」を磨くためにカマタさんがやってきたことはなんですか
第1章 : 「正論」や「正解」にだまされるな—鎌田がカマタを問いただす
第2章 : 石井光太がカマタを丸裸にする—絶望と希望の間にある幸福論
第3章 : ○と×で生きるのは時代遅れだ
概要: これからの時代に必要な△の生き方とは?今の日本に必要なのは「別解力」。たった一つの「正解」に縛られるのではなく幾つもある「別解」の中から○に近い△を見つけていきましょう。会社の中でも、家庭の中でも、地球の中でも、みんながより幸福にあたたかく 回転していくために...。ベストセラー医師が意を決して新たな生き方を提案! 続きを見る
9.

図書

図書
小倉広, 人間塾著
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2016.3  261p ; 19cm
シリーズ名: B&Tブックス
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 なぜ古典を読むとブレなくなるのか : 古典に出会うまでのヒストリー
多くの悩みの根っこは同じ
人間力と心・技・体
自分を育てるのは自分
第2章 古典の読み方 : 古典を読む際の心構え
古典選びの基礎知識
読む効果を最大化する読書術
人間力をつける読書術 三つのステップ
第3章 古典を読むと人生は変わる : 私に訪れた七つの変化
小さな徳を積めるようになる
ダメな自分を好きになれる
感謝できるようになる
素直に即実行できるようになる
運命を受け容れるようになる
他者からの評価に動じなくなる
天命を見つけられる
「古典」を読むことは、赤子に戻る旅。自分に戻る旅。
第1章 なぜ古典を読むとブレなくなるのか : 古典に出会うまでのヒストリー
多くの悩みの根っこは同じ
人間力と心・技・体
概要: 『論語』『孟子』から吉田松陰、アドラー心理学...、長年にわたり多くの人々に読み継がれ、人類の英知がたっぷり詰まった「古典」は現代を生きる術を教えてくれる。おさえておくべき56冊ブックリスト付き。
10.

図書

図書
むのたけじ著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2013.11  vi, 206, 2p ; 18cm
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 1457
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
冬期—夜が朝を産む
春期—いざ三歩前進
夏期—自分を鮮明に生きる。それが美しい
秋期—死ぬ時そこが生涯のてっぺん
冬期—夜が朝を産む
春期—いざ三歩前進
夏期—自分を鮮明に生きる。それが美しい
概要: 「夜が朝を産む」「勝敗は結論ではない。そこからの出発だ」「首尾一貫、終始一貫。産声もあの世行きもメデタイ。笑って死のうよ」...。99歳を目前にした現役ジャーナリストによる示唆に満ちた知恵のことば。日々の過ごし方から仕事への心構え、政治参加 、さらには卒寿を越えての境地、男と女の機微まで、幅広く、深く語る人生讃歌。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼