close
1.

図書

図書
大村裕, 渡辺恭良著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2009.6  viii, 133p ; 21cm
シリーズ名: ブレインサイエンス・シリーズ / 大村裕, 中川八郎編集 ; 25
所蔵情報: loading…
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
益川敏英著
出版情報: 京都 : かもがわ出版, 2009.6  209p ; 19cm
シリーズ名: かもがわCブックス ; 13
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 ノーベル賞受賞によせて13
   〈ノーベル賞受賞記念講演〉CP対象性の破れが我々に語ったこと 15
   英語嫌いの物理学者 27
   コラム おもてなしの心 深く感謝 40
第2章 大学と大学での学びへの提言 43
   大学での学びをどうすすめるか 45
   高く目標かかげ学びの道を―京都大学での学生との対話集会から 52
   学問の府としての大学の役割 69
   資料 益川敏英さんと職員組合 93
第3章 学問・研究についての断想 97
   坂田理論が切り開いたもの 99
   真理へのアプローチ、媒介項は何か 129
   自然科学と弁証法 146
第4章 子どもと教育、そしてジェンダー
   信頼すること、押し付けないこと 155
   コラム 私の読書術 181
第5章 平和と科学者の責任
   子どもや孫たちにあんな思いはさせたくない―憲法九条で日本は国際貢献を 189
   コラム 戦争 二〇〇年でなくせる 206
第1章 ノーベル賞受賞によせて13
   〈ノーベル賞受賞記念講演〉CP対象性の破れが我々に語ったこと 15
   英語嫌いの物理学者 27
3.

図書

図書
橋爪大三郎著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2009.6  xiv, 280p ; 20cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
山田洋一, 吉田安規良編
出版情報: 東京 : 東京堂出版, 2009.6  345p ; 22cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
五輪教一著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.6  201p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1640
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
たくきよしみつ著
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.6  174p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1641
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
大槻義彦, 大場一郎編
出版情報: 東京 : 講談社, 2009.6  ii, 816p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1642
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
白水俊次著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2009.7  ix, 226p ; 21cm
シリーズ名: 電気・電子系教科書シリーズ ; 8
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1.  歴史から見たロボット,ロボットとは何か
   1.1  物語的逸話と工学的歴史の並存 1
   1.2  近代史におけるロボット観の変遷 2
2.  産業用ロボット
   2.1  産業用ロボットの登場 4
   2.2  産業用ロボットの基本概念 5
   2.3  産業用ロボットの種類 6
   2.4  産業用ロボットの基本構成 9
   2.5  ロボット作業の指示方法 11
3.  ロボットのセンサ
   3.1  人の五感に相当するセンサ 13
   3.2  ロボットにおけるセンサの役割 14
   3.3  触覚センサ 15
    3.3.1 ひずみゲージ 16
    3.3.2 圧力センサ 17
    3.3.3 近接センサ 18
    3.3.4 回転角度センサ 19
   3.4  視覚センサ 20
    3.4.1 距離の計測 22
    3.4.2 画像の認識 23
   演習問題 25
4.  ロボットの運動源・アクチュエータ
   4.1  電気式モータの種類 26
    4.1.1 直流モータの構造と動作原理 27
    4.1.2 トルク定数 28
    4.1.3 逆起電力定数 29
    4.1.4 電気的時定数 30
    4.1.5 機械的時定数 31
    4.1.6 モータのパワーレート 34
   4.2  交流モータ 35
    4.2.1 基本構造と動作原理 35
    4.2.2 同期速度 37
    4.2.3 同期モータ 37
   4.3  ステッピングモータ 38
    4.3.1 PM型ステッピングモータ 39
    4.3.2 VR型ステッピングモータ 40
    4.3.3 ハイブリッド型ステッピングモータ 42
   4.4  ロボットモータのフィードバック制御 44
    4.4.1 直流モータのPDフィードバック制御 45
    4.4.2 直流モータのPIDフィードバック制御 47
   演習問題 48
5.  ロボットによる物体の位置と動きの検出
   5.1  2次元画像から3次元画像情報の取得 49
    5.1.1 3次元実空間座標と画像センサ上2次元座標との関係 49
    5.1.2 カメラ定数の決定 53
    5.1.3 カメラ定数の算出方法 53
    5.1.4 左右のカメラ座標から実空間3次元座標の算出 57
   5.2  静止画像に関する3次元画像取得アルゴリズムの実際 58
    5.2.1 ツールの3次元空間座標と二つのセンサ面に投影された2次元座標の関係 59
    5.2.2 3次元空間座標と2次元センサ面座標の相互変換式の検証 69
   5.3  PCによる仮想実空間座標の観測 72
   5.4  物体位置の動き検知方法 77
    5.4.1 テレビ撮像管および受像管の構造とメカニズム 78
    5.4.2 ビデオ信号の仕組み 81
    5.4.3 飛越し走査 83
   5.5  3次元空間で動く物体位置の検出 85
    5.5.1 左右画像センサによる落体の撮像 85
    5.5.2 移動体の位置座標の算出 89
    5.5.3 PCによる仮想3次元空間におけるピンポン玉の軌跡の再現 92
    5.5.4 多フレームデータを利用した動特性の算出 94
   演習問題 96
6.  ベクトルによる物体の位置と運動ならびに回転の解析
   6.1  ベクトル 97
    6.1.1 ベクトルの基礎 97
    6.1.2 ベクトル空間と回転 100
    6.1.3 ベクトルの回転 101
    6.1.4 任意の軸のまわりの回転 103
    6.1.5 回転変換行列の性質 105
   6.2  ベクトル解析の応用 106
   6.3  CGへの応用 111
    6.3.1 アフィン変換 111
    6.3.2 平行投影 113
    6.3.3 斜投影 118
    6.3.4 透視投影 121
   6.4  回転ベクトル 123
    6.4.1 角速度と角加速度ベクトル 123
    6.4.2 任意の軸を回る角速度ベクトル 124
    6.4.3 回転するベクトルの微分 125
    6.4.4 回転する変位ベクトルの微分 127
    6.4.5 回転する速度ベクトルの微分 128
    6.4.6 回転する角速度ベクトルの微分 129
    6.4.7 回転する角運動量ベクトルの微分 131
    6.4.8 慣性モーメント 135
   演習問題 137
7.  立体機構の運動
   7.1  伸縮と回転を行うベクトル 139
   7.2  伸縮回転する速度ベクトルの微分 140
   7.3  伸縮回転する角速度ベクトルの微分 141
   7.4  伸縮回転運動する角運動量ベクトルの微分 145
   7.5  ジャイロ効果 146
   7.6  ニュートン・オイラー方程式 149
   7.7  ニュートン・オイラー方程式の応用 150
   7.8  平面ベクトルによる機構の解析 165
    7.8.1 平面ベクトル 166
    7.8.2 平面ベクトルの微分 166
    7.8.3 平面三角法の解法 168
   演習問題 174
8.  マニピュレータの運動学解析
   8.1  マニピュレータ空間姿勢の表示法 175
   8.2  オイラー角 176
   8.3  マニピュレータの表示方法 179
   8.4  マニピュレータの順運動学 181
    8.4.1 3自由度マニピュレータ 183
    8.4.2 7自由度マニピュレータ 185
   8.5  マニピュレータの逆運動学 187
    8.5.1 逆運動学の基本的解析法 187
    8.5.2 3自由度マニピュレータの逆運動学 187
   8.6  マニピュレータの微小変位の解析 190
   8.7  マニピュレータの動力学 196
    8.7.1 ニュートン・オイラー法による運動方程式 196
    8.7.2 2自由度マニピュレータの運動方程式 197
    8.7.3 順動力学問題 200
   演習問題 210
引用・参考文献 211
演習問題解答 214
索引 224
1.  歴史から見たロボット,ロボットとは何か
   1.1  物語的逸話と工学的歴史の並存 1
   1.2  近代史におけるロボット観の変遷 2
9.

図書

図書
David S. Sholl, Janice A. Steckel
出版情報: Hoboken, N.J. : Wiley, c2009  xii, 238 p. ; 25 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
What Is Density Functional Theory? / 1:
How to Approach This Book / 1.1:
Examples of DFT in Action / 1.2:
Ammonia Synthesis by Heterogeneous Catalysis / 1.2.1:
Embrittlement of Metals by Trace Impurities / 1.2.2:
Materials Properties for Modeling Planetary Formation / 1.2.3:
The Schrödinger Equation / 1.3:
Density Functional Theory-From Wave Functions to Electron Density / 1.4:
Exchange-Correlation Functional / 1.5:
The Quantum Chemistry Tourist / 1.6:
Localized and Spatially Extended Functions / 1.6.1:
Wave-Function-Based Methods / 1.6.2:
Hartree-Fock Method / 1.6.3:
Beyond Hartree-Fock / 1.6.4:
What Can DFT Not Do? / 1.7:
Density Functional Theory in Other Fields / 1.8:
How to Approach This Book (Revisited) / 1.9:
References
Further Reading
DFT Calculations for Simple Solids / 2:
Periodic Structures, Supercells, and Lattice Parameters / 2.1:
Face-Centered Cubic Materials / 2.2:
Hexagonal Close-Packed Materials / 2.3:
Crystal Structure Prediction / 2.4:
Phase Transformations / 2.5:
Exercises
Appendix Calculation Details
Nuts and Bolts of DFT Calculations / 3:
Reciprocal Space and k Points / 3.1:
Plane Waves and the Brillouin Zone / 3.1.1:
Integrals in k Space / 3.1.2:
Choosing k Points in the Brillouin Zone / 3.1.3:
Metals-Special Cases in k Space / 3.1.4:
Summary of k Space / 3.1.5:
Energy Cutoffs / 3.2:
Pseudopotentials / 3.2.1:
Numerical Optimization / 3.3:
Optimization in One Dimension / 3.3.1:
Optimization in More than One Dimension / 3.3.2:
What Do I Really Need to Know about Optimization? / 3.3.3:
DFT Total Energies-An Iterative Optimization Problem / 3.4:
Geometry Optimization / 3.5:
Internal Degrees of Freedom / 3.5.1:
Geometry Optimization with Constrained Atoms / 3.5.2:
Optimizing Supercell Volume and Shape / 3.5.3:
DFT Calculations for Surfaces of Solids / 4:
Importance of Surfaces / 4.1:
Periodic Boundary Conditions and Slab Models / 4.2:
Choosing k Points for Surface Calculations / 4.3:
Classification of Surfaces by Miller Indices / 4.4:
Surface Relaxation / 4.5:
Calculation of Surface Energies / 4.6:
Symmetric and Asymmetric Slab Models / 4.7:
Surface Reconstruction / 4.8:
Absorbates on Surfaces / 4.9:
Accuracy of Adsorption Energies / 4.9.1:
Effects of Surface Coverage / 4.10:
DFT Calculations of Vibrational Frequencies / 5:
Isolated Molecules / 5.1:
Vibrations of a Collection of Atoms / 5.2:
Molecules on Surfaces / 5.3:
Zero-Point Energies / 5.4:
Phonons and Delocalized Modes / 5.5:
Reference
Calculating Rates of Chemical Processes Using Transition State Theory / 6:
One-Dimensional Example / 6.1:
Multidimensional Transition State Theory / 6.2:
Finding Transition States / 6.3:
Elastic Band Method / 6.3.1:
Nudged Elastic Band Method / 6.3.2:
Initializing NEB Calculations / 6.3.3:
Finding the Right Transition States / 6.4:
Connecting Individual Rates to Overall Dynamics / 6.5:
Quantum Effects and Other Complications / 6.6:
High Temperatures/Low Barriers / 6.6.1:
Quantum Tunneling / 6.6.2:
Equilibrium Phase Diagrams from Ab Initio Thermodynamics / 6.6.3:
Stability of Bulk Metal Oxides / 7.1:
Examples Including Disorder-Configurational Entropy / 7.1.1:
Stability of Metal and Metal Oxide Surfaces / 7.2:
Multiple Chemical Potentials and Coupled Chemical Reactions / 7.3:
Electronic Structure and Magnetic Properties / 8:
Electronic Density of States / 8.1:
Local Density of States and Atomic Charges / 8.2:
Magnetism / 8.3:
Ab Initio Molecular Dynamics / 9:
Classical Molecular Dynamics / 9.1:
Molecular Dynamics with Constant Energy / 9.1.1:
Molecular Dynamics in the Canonical Ensemble / 9.1.2:
Practical Aspects of Classical Molecular Dynamics / 9.1.3:
Applications of Ab Initio Molecular Dynamics / 9.2:
Exploring Structurally Complex Materials: Liquids and Amorphous Phases / 9.3.1:
Exploring Complex Energy Surfaces / 9.3.2:
Accuracy and Methods beyond "Standard" Calculations / 10:
How Accurate Are DFT Calculations? / 10.1:
Choosing a Functional / 10.2:
Examples of Physical Accuracy / 10.3:
Benchmark Calculations for Molecular Systems-Energy and Geometry / 10.3.1:
Benchmark Calculations for Molecular Systems-Vibrational Frequencies / 10.3.2:
Crystal Structures and Cohesive Energies / 10.3.3:
Adsorption Energies and Bond Strengths / 10.3.4:
DFT + X Methods for Improved Treatment of Electron Correlation / 10.4:
Dispersion Interactions and DFT-D / 10.4.1:
Self-Interaction Error, Strongly Correlated Electron Systems, and DFT+U / 10.4.2:
Larger System Sizes with Linear Scaling Methods and Classical Force Fields / 10.5:
Conclusion / 10.6:
Index
Preface
What Is Density Functional Theory? / 1:
How to Approach This Book / 1.1:
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
田中伸幸著
出版情報: 東京 : 電気書院, 2009.5  viii, 214p ; 21cm
シリーズ名: 基礎マスターシリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 シーケンス制御入門
   1-1 シーケンス制御とは 2
   1-2 暮らしの中のシーケンス制御 6
   1-3 電気の基礎知識 15
   章末問題 24
第2章 シーケンス制御を構成する機器
   2-1 スイッチの働き 26
   2-2 リレーの働き 37
   2-3 タイマの働き 50
   2-4 センサを使ったスイッチの働き 59
   2-5 その他の機器とアクチュエータ 72
   章末問題 79
第3章 シーケンス制御の基本回路と応用
   3-1 基本論理回路 82
   3-2 論理回路の実現方法 90
   3-3 基本制御回路 93
   3-4 基本制御回路の応用 104
   章末問題 121
第4章 シーケンス制御の具体例
   4-1 制御の流れを理解する 124
   4-2 バスの降車ボタン回路 127
   4-3 信号機 131
   4-4 判定装置 134
   4-5 裁断機 139
   4-6 自動給水装置 145
   4-7 給湯器 149
   4-8 エレベータ 154
   4-9 自動ドア 160
   章末問題 165
第5章 発展したシーケンス制御
   5-1 プログラマブルコントローラとは 167
   5-2 PLCのプログラミング 174
   5-3 SFCプログラム 182
   5-4 PLCによるロボットの制御例 190
   5-5 PLCの進んだ機能 195
   章末問題 199
章末問題の解答 201
参考文献 209
索引 211
第1章 シーケンス制御入門
   1-1 シーケンス制御とは 2
   1-2 暮らしの中のシーケンス制御 6
11.

図書

図書
安藤泰久著
出版情報: 市川 : 米田出版 , 東京 : 産業図書 (発売), 2009.6  xi, 210p ; 21cm
所蔵情報: loading…
12.

図書

図書
Stephen Blundell
出版情報: Oxford ; New York : Oxford University Press, 2009  xiv, 151 p. ; 18 cm
シリーズ名: Very short introductions ; 204
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
What is superconductivity? / 1:
The discovery of superconductivity / 2:
Expulsion / 3:
Pairing Up / 4:
Vortices and symmetry breaking / 5:
The Woodstock of physics / 6:
What have superconductors ever done for us? / 7:
Further Reading
What is superconductivity? / 1:
The discovery of superconductivity / 2:
Expulsion / 3:
13.

図書

図書
鄭忠和編集
出版情報: 東京 : 医歯薬出版, 2009.6  124p ; 26cm
シリーズ名: 別冊・医学のあゆみ
所蔵情報: loading…
14.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
山崎昶編著 ; 日本化学会編集
出版情報: 東京 : みみずく舎 , 東京 : 医学評論社 (発売), 2009.5  x, 314p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
元素の性質・特性 1
   水素 H 2
   水素エネルギー資源 6
   ヘリウム He 7
   リチウム Li 10
   ベリリウム Be 12
   ホウ素 B 15
   炭素 C 18
   窒素 N 23
   酸素 O 28
   フッ素 F 32
   ネオン Ne 35
   ナトリウム Na 38
   ソーダとカリ 40
   マグネシウム Mg 41
   アルミニウム Al 44
   アルマイト 45
   ケイ素 Si 47
   リン P 50
   硫黄 S 54
   アマチュア化学者 56
   塩素 Cl 57
   アルゴン Ar 60
   カリウム K 63
   カルシウム Ca 66
   スカンジウム Sc 69
   チタン Ti 72
   バナジウム V 75
   クロム Cr 78
   マンガン Mn 81
   鉄 Fe 84
   コバルト Co 87
   ニッケル Ni 89
   銅 Cu 92
   亜鉛 Zn 95
   ガリウム Ga 98
   ゲルマニウム Ge 101
   ヒ素 As 104
   セレン Se 107
   臭素 Br 110
   クリプトン Kr 113
   ルビジウム Rb 116
   ストロンチウム Sr 119
   イットリウム Y 192
   ジルコニウム Zr 124
   ニオブ Nb 127
   メンデレーエフの子孫が日本に? 129
   モリブデン Mo 131
   テクネチウム Tc 134
   ルテニウム Ru 137
   ロジウム Rh I40
   パラジウム Pd 142
   銀 Ag 145
   カドミウム Cd 148
   インジウム In 151
   スズ Sn 154
   アンチモン Sb 156
   アンチモンと貨幣 158
   テルル Te 159
   ヨウ素 I 161
   キセノン Xe 164
   セシウム Cs 166
   バリウム Ba 168
   ランタン La 171
   ランタニド元素 173
   セリウム Ce 175
   オッドー-ハーキンスの法則 177
   プラセオジム Pr 178
   ネオジム Nd 181
   プロメチウム P 184
   サマリウム Sm 187
   ユウロピウム Eu 189
   ガドリニウム Gd 192
   テルビウム Tb 194
   ジスプロシウム Dy 196
   ホルミウム Ho 198
   エルビウム Er 201
   ツリウム Tm 203
   イッテルビウム Yb 205
   ルテチウム Lu 207
   ハフニウム Hf 209
   タンタル Ta 212
   タングステン W 215
   レニウム Re 218
   オスミウム Os 220
   イリジウム Ir 222
   白金 Pt 225
   金 Au 228
   水銀 Hg 231
   タリウム Tl 234
   鉛 Pb 237
   ビスマス Bi 240
   ポロニウム Po 243
   ポロニウムの犠牲となった日本人科学者 245
   アスタチン At 247
   ラドン Rn 249
   フランシウム Fr 251
   ラジウム Ra 253
   アクチニウム Ac 256
   アクチニド元素 258
   トリウム Th 259
   プロトアクチニウム Pa 262
   ウラン U 265
   ネプツニウム Np 268
   プルトニウム Pu 270
   アメリシウム Am 273
   キュリウム Cm 276
   バークリウム Bk 278
   カリホルニウム Cf 280
   アインスタイニウム Es 282
   フェルミウム Fm 284
101番以降の元素 286
   メンデレビウム Md 289
   ノーベリウム No 290
   ローレンシウム Lr 291
   ラザホージウム Rf 292
   ドブニウム Db 293
   シーボーギウム Sg 294
   ボーリウム Bh 295
   ハッシウム Hs 296
   マイトネリウム Mt 297
   ダームスタチウム Ds 298
   レントゲニウム Rg 299
原子番号112番以降の元素一覧 300
面白漢字周期表 301
参考にした辞典類のリスト 303
関連する書籍類 305
索引 307
元素の性質・特性 1
   水素 H 2
   水素エネルギー資源 6
15.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本比較生理生化学会編 ; 尾崎浩一, 吉村建二郎担当編集委員
出版情報: 東京 : 共立出版, 2009.6  x, 237p ; 21cm
シリーズ名: 動物の多様な生き方 / 日本比較生理生化学会編 ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 細胞分裂―核と細胞質の均等分配 1
   1.細胞運動と細胞骨格 2
   2.精子星状体と核融合過程 6
   3.核分裂 7
   4.細胞質分裂 12
2 色素胞―素早い体色変化の担い手 18
   1.色彩を生み出す色素胞の種類 19
   2.色素胞と体色の変化 21
   3.色素胞運動のしくみ 22
   4.色素胞運動の制御系 34
3 収縮胞―リズミカルに動く細胞のポンプ 38
   1.収縮胞は「収縮」するのか? 39
   2.収縮胞系の構造 48
   3.細胞器官の電気生理学 52
4 小胞輸送―細胞内のタンパク質宅配便 61
   1.細胞の機能と構造 62
   2.タンパク質の輸送経路 64
   3.ショウジョウバエ視細胞における視物質の合成と輸送 75
5 受精―精子が卵にたどり着くしくみ 83
   1.精子の構造 84
   2.鞭毛運動のしくみ 90
   3.精子の運動性の変化 95
   4.卵への走化性のメカニズム 104
6 細胞行動―感じてたじろぐ単細胞生物 109
   1.単細胞生物とは 110
   2.ゾウリムシの行動 111
   3.クラミドモナスの行動 116
7 細胞移動―接着構造と細胞骨格のはたらき 130
   1.細胞移動はいろいろな細胞で研究されている 132
   2.細胞の形態を維持する装置 : 接着構造と細胞骨格 133
   3.実際に細胞が移動するときに分子はどのようにはたらいているのだろうか? 137
   4.細胞の移動は指示されている : 情報の流れ 147
   5.細胞移動は病気と関係している : ガンの転移 151
8 筋肉―動物界最大の力発生メカニズム 153
   1.横紋筋の構造 154
   2.筋収縮の滑走説 159
   3.筋収縮力学 159
   4.興奮-収縮連関 163
   5.エネルギー変換の分子機構 167
   6.さまざまな動物における筋収縮現象 169
9 キャッチ筋―疲れしらずの貝の筋肉 177
   1.二枚貝の筋肉 178
   2.キャッチ筋 181
   3.棘皮動物のキャッチ結合組織 188
   4.収縮する結合組織 192
10 針刺し運動―動きつづけるミツバチの針 194
   1.ミツバチの針刺し行動 195
   2.ミツバチの針刺し器官 196
   3.針刺しの運動機構 197
   4.針出し運動を制御する自己受容器 200
   5.針出し運動の神経制御機構 205
   6.針刺し器官の比較生物学 208
11 刺胞の射出―細胞のミサイル発射 213
   1.刺胞―最も精巧な細胞分泌物の1つ 214
   2.刺胞の射出は生物界で最も速い現象である 215
   3.刺胞の射出機構についての仮説 216
   4.刺胞射出の力学 218
   5.ドナン平衡系としての刺胞 220
   6.化学成分からみた刺胞 222
索引 233
   KeyWord索引 236
1 細胞分裂―核と細胞質の均等分配 1
   1.細胞運動と細胞骨格 2
   2.精子星状体と核融合過程 6
16.

図書

図書
L. Cotarca, H. Eckert
出版情報: Weinheim : Wiley-VCH, c2004  xii, 656 p. ; 25 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Introduction
Classification of Phosgene Organic Reactions Structural Properties of Phosgene and 'Pseudophosgene' Compounds Thermodynamic of Phosgene Reactions Thermal, Chemical (Nucleophilic) and Catalytic Induced Dissociation Phosgenes vs
Phosgene Substitutes Reactivity Phosgenes vs
Phosgene Substitutes Reactions Specific Synthetic Applications of Phosgene vs
Phosgene Substitutes Sources of Phosgene Synthesis of Phosgene Substitutes Toxicity Safety Aspects and Environmental Impact Monitoring of Phosgene and Phosgene Substitutes
Analytical Methods Outlook and Conclusions`
The Increasing Importance of Sensors in Household Appliances Market
Data Home Laundry Appliance Manufacturers - Drivers of Change: Socioeconomics and Enablers Intelligent Combustion Condition
Monitoring for Intelligent Household Appliances Sensor Examples in Small Appliances Infrared Ear Thermometers Sensorics for Detergency
Thin Film Temperature Sensors for the Intelligent Kitchen Reed Switches as Sensors for Household
Applications Gas Sensors for the Domestic Environment UV Sensors - Problems and Domestic
Applications Displacement Sensors in Washing Machines Low Cost Acceleration Sensors in Automatic Washing Machines
Fuzzy and Neurofuzzy Applications in European Washing Machines Cutting-edge Silicon-based Micromachined
Sensors for Next Generation Household Appliances Future Developments, Roadmapping and Energy Smart Buildings - Combination of Sensors with Bus Systems
Smart Homes - A Meeting with the Future Even Now Appendix
Preface
Contradictions / 1:
Phosgenation Reagents / 2:
Evaluation of Phosgenation Reagents / 3:
Phosgenation Reactions / 4:
Topics on Specific Synthetic Applications of Phosgenation Reactions / 5:
Evaluation of Phosgenation Reactions / 6:
Materials and Resources for Phosgenation Reagents / 7:
Monitoring Phosgene and Phosgene Substitutes: Analytical Methods / 8:
Outlook / 9:
Appendix
Index
Introduction
Classification of Phosgene Organic Reactions Structural Properties of Phosgene and 'Pseudophosgene' Compounds Thermodynamic of Phosgene Reactions Thermal, Chemical (Nucleophilic) and Catalytic Induced Dissociation Phosgenes vs
Phosgene Substitutes Reactivity Phosgenes vs
17.

図書

図書
京都大学英語学術語彙研究グループ, 研究社著
出版情報: 東京 : 研究社, 2009.6  270p ; 19cm
所蔵情報: loading…
18.

図書

図書
L.G. Wade, Jr
出版情報: Upper Saddle River, N.J. ; Tokyo : Pearson Prentice Hall, c2010  xxviii, 1262, 7, 1, 12 p., [4] p. of plates ; 27 cm
所蔵情報: loading…
19.

図書

図書
天野郁夫著
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2009.6  431p ; 18cm
シリーズ名: 中公新書 ; 2005 . 大学の誕生||ダイガク ノ タンジョウ ; 下
所蔵情報: loading…
20.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
河本邦仁編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2009.6  x, 258p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 人間活動を支える無機材料 1
   1.1 21世紀のものづくりと無機材料 1
   1.2 無機材料の階層構造と機能 2
   1.3 材料テクトニクスの夜明け 3
2章 基本合成プロセス 5
   2.1 無機機能材料の合成 6
    2.1.1 単結晶の合成 6
    2.1.2 ガラス・非晶体の合成 11
    2.1.3 多結晶・焼結体の合成 18
   2.2 無機‐有機ハイブリッドの合成 25
    2.2.1 無機層状物質を用いた無機‐有機ハイブリッド 26
    2.2.2 ゾル‐ゲル法による無機‐有機ハイブリッド 27
   2.3 無機機能材料の形態制御 28
    2.3.1 ナノ微粒子 28
    2.3.2 薄膜・厚膜 30
    2.3.3 メソポーラス材料 35
3章 構造解析・キャラクタリゼーション 37
   3.1 材料内部の構造解析 37
    3.1.1 X線回折 37
    3.1.2 透過電子顕微鏡 39
    3.1.3 高分解能電子顕微鏡法 44
    3.1.4 収束電子線回折 47
   3.2 材料内部の組成・状態解析 48
    3.2.1 エネルギー分散型X線分光 48
    3.2.2 電子エネルギー損失分光 51
    3.2.3 走査透過電子顕微鏡 53
    3.2.4 二次イオン質量分析 55
   3.3 材料表面の構造解析 58
    3.3.1 走査電子顕微鏡 58
    3.3.2 走査プローブ顕微鏡 59
   3.4 材料表面の組成・状態解析 63
    3.4.1 電子線マイクロアナライザ 63
    3.4.2 X線光電子分光 65
4章 電子・イオン伝導材料 68
   4.1 電子伝導性 68
    4.1.1 バンド構造と導電機構 68
    4.1.2 界面を通る電子伝導 72
   4.2 格子欠陥 73
    4.2.1 格子欠陥の種類と表記法 73
    4.2.2 欠陥平衡 74
   4.3 超伝導体 76
   4.4 透明導電体 79
   4.5 ガスセンサ 81
   4.6 太陽電池 85
   4.7 熱電変換材料 87
   4.8 結晶構造とイオン伝導性 90
   4.9 イオン導電体を用いた機能素子の原理 92
   4.10 リチウムイオン電池 94
   4.11 燃料電池 96
5章 誘電・圧電材料 100
   5.1 基本的な物理量 100
   5.2 誘電性の微視的起源 103
    5.2.1 電子分極 103
    5.2.2 イオン分極 105
    5.2.3 配向分極(双極子分極) 106
    5.2.4 界面分極 108
   5.3 分極の発生から見た誘電体の分類 109
   5.4 圧電性の記述と圧電セラミックス 111
    5.4.1 圧電基本式 111
    5.4.2 電気機械結合 112
    5.4.3 強誘電体と圧電セラミックス 112
   5.5 誘電体の応用 114
    5.5.1 誘電性を用いた応用 114
    5.5.2 圧電性を用いた応用 115
    5.5.3 焦電性を用いた応用 123
    5.5.4 強誘電性を用いた応用 124
6章 磁性材料 127
   6.1 磁性の起源 128
    6.1.1 原子の磁気モーメント 128
    6.1.2 常磁性と反磁性 129
    6.1.3 結晶における軌道磁気モーメントの消失 130
   6.2 磁気的秩序と結晶構造 131
    6.2.1 強磁性と反強磁性,フェリ磁性 131
    6.2.2 磁気的規則配列の原因 133
   6.3 実用材料における結晶構造と磁性 135
    6.3.1 スピネル構造と磁性 135
    6.3.2 プランバイト構造と磁性 140
    6.3.3 ガーネット構造と磁性 142
    6.3.4 ペロブスカイト型構造と磁性 144
   6.4 磁気応用を支配する磁化特性 145
    6.4.1 ソフト磁性材料 146
    6.4.2 永久磁石材料 147
    6.4.3 磁気記録材料 148
   6.5 スピントロニクス 149
    6.5.1 異方性磁気抵抗効果と巨大磁気抵抗効果 149
    6.5.2 スピントンネル磁気抵抗効果 151
    6.5.3 強相関電子による巨大磁気抵抗効果 152
    6.5.4 希薄磁性半導体におけるキャリア誘起強磁性 153
7章 光学材料 155
   7.1 発光材料とレーザ 155
    7.1.1 固体の光吸収 155
    7.1.2 固体からの発光 157
    7.1.3 発光材料 158
    7.1.4 レーザ材料 161
   7.2 光ファイバ 163
    7.2.1 光通信の原理 164
    7.2.2 光ファイバ材料 165
    7.2.3 光通信用デバイス 166
   7.3 電気光学,磁気光学,非線形光学,光変調素子 168
    7.3.1 電気光学効果と非線形光学効果 169
    7.3.2 電気光学材料と非線形光学材料 171
    7.3.3 磁気光学効果 174
    7.3.4 磁気光学材料 176
   7.4 光メモリ 178
    7.4.1 相変化型光メモリ 178
    7.4.2 光磁気記録材料 178
8章 カーボン材料 181
   8.1 炭素原子の結合様式と電子配置 181
   8.2 ダイヤモンド 182
    8.2.1 ダイヤモンドの構造と性質 182
    8.2.2 ダイヤモンドの合成 183
    8.2.3 ダイヤモンドの応用 184
   8.3 グラファイト 185
   8.4 フラーレン 186
    8.4.1 フラーレンの構造と特性 186
    8.4.2 フラーレンの合成法 188
    8.4.3 フラーレンの応用 188
   8.5 カーボンナノチューブ 189
    8.5.1 カーボンナノチューブの構造 189
    8.5.2 カーボンナノチューブの電気的特性 191
    8.5.3 カーボンナノチューブの合成法 193
    8.5.4 カーボンナノチューブの応用 196
   8.6 終わりに 199
9章 生体材料 200
   9.1 生体材料としてのセラミックスの役割 200
   9.2 生体材料としてのセラミックスの歴史 201
   9.3 セラミックスの機械的性質 202
   9.4 材料として見た骨の特徴 204
    9.4.1 骨の構造と組成 204
    9.4.2 骨の機能とその修復 205
   9.5 骨や関節を修復するセラミックス 207
    9.5.1 生体不活性セラミックス 207
    9.5.2 生体活性セラミックス 208
    9.5.3 生体活性セラミックスと骨組織の結合機構 212
    9.5.4 生体吸収性セラミックス 215
    9.5.5 リン酸カルシウムペースト 216
   9.6 歯科領域で用いられるセラミックス 217
    9.6.1 骨の機能と構造 217
    9.6.2 歯科用陶材 218
    9.6.3 充填材およびセメント 219
   9.7 セラミックスの生体機能を活かす複合材料とコーティング 220
    9.7.1 複合材料 220
    9.7.2 ヒドロキシアパタイトのコーティング 220
    9.7.3 カーボンによるコーティング 221
   9.8 生体機能を修復するセラミックスの新しい設計 222
    9.8.1 生体の自己修復を促進するセラミックス 222
    9.8.2 無機‐有機ナノハイブリッド(ナノ複合材料) 222
    9.8.3 生体中の反応を模倣した材料設計 224
   9.9 終わりに 224
10章 環境関連材料 227
   10.1 環境触媒材料 228
    10.1.1 光触媒 228
    10.1.2 ゼオライト触媒 234
    10.1.3 排ガス浄化触媒 236
   10.2 環境浄化材料 239
    10.2.1 吸着剤 239
    10.2.2 イオン交換体 240
   10.3 多孔性セラミックスとフィルタ材料 243
    10.3.1 多孔性セラミックスの合成 243
    10.3.2 多孔性セラミックスフィルタ 244
索引 249
コラム
   マイクロ燃料電池 98
   自然に学ぶマグネタイトの新しい可能性 138
   自然界が作成した光ファイバ 167
   フォトニック結晶 172
   グラフェン 192
   がん治療に用いられるセラミックス 225
   撥水性と超親水性 233
1章 人間活動を支える無機材料 1
   1.1 21世紀のものづくりと無機材料 1
   1.2 無機材料の階層構造と機能 2
21.

図書

図書
ジョン・メディナ著 ; 小野木明恵訳
出版情報: 東京 : 日本放送出版協会, 2009.5  366p ; 20cm
所蔵情報: loading…
22.

図書

図書
半藤一利著
出版情報: 東京 : 平凡社, 2009.6  2冊 ; 16cm
シリーズ名: 平凡社ライブラリー ; 671-672 ; [は-26-1], [は-26-2]
所蔵情報: loading…
23.

図書

図書
深井朋樹編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2009.6  xi, 274p ; 22cm
シリーズ名: 脳科学 ; 1
所蔵情報: loading…
24.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
塚本勝巳編
出版情報: 秦野 : 東海大学出版会, 2009.6  x, 508p ; 22cm
シリーズ名: 東京大学海洋研究所/海洋生命系のダイナミクス ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
刊行にあたって v
はじめに vii
第Ⅰ部 海の空間 : 生命系の舞台 1
   第1章 海洋の起源と歴史 玉木賢策・沖野郷子 2
   第2章 海底のコアサンプルが解き明かす三陸沖大漁場の歴史 川幡穂高・蓑島佳代 13
   第3章 海水中の元素と生命 角皆静男 31
   第4章 海流と生命 川辺正樹 52
   第5章 地球科学から見た生物 木村龍治 69
第Ⅱ部 海の時間 : 生命系の歴史 87
   第6章 進化する海洋生命系 西田睦 89
   第7章 植物の陸上と進化 加藤雅啓 97
   第8章 脊椎剛物の陸上と進化 内山実 114
   第9章 捕食 - 被食関係の地史的変遷 大路樹生 131
   第10章 日本沿岸における底生動物の分散と遺伝的分化 小島茂明 141
第Ⅲ部 海への適応 : 生きるための工夫 155
   第11章 生命と水 竹井祥郎 156
   第12章 海の環境と生態系の総観 谷口旭 171
   第13章 海洋における光合成システムの進化 大森正之 185
   第14章 干潟への適応 : 海と陸のはざまに生きる 石松惇 201
   第15章 海洋生物における石灰化の意味 長澤寛道 218
   第16章 魚類の回遊メカニズム 上田宏 232
   第17章 海底と地底からさぐる新しい「生命系」観 長沼毅 245
第Ⅳ部 海の連鎖 : 海洋生態系 261
   第18章 高熱菌再考 木暮一啓 262
   第19章 共生視点から見た陸上生態系と海洋生態系 加藤真 278
   第20章 サブミクロン粒子の発見とそれを取り巻く生物海洋学の時代的背景 小池勲夫 297
   第21章 海のなかのミクロな環 永田俊 306
   第22章 漂泳生態系における一次生産者と二次生産者の間 古谷研 323
   第23章 深海生態系 : 動物プランクトンの多様性と食物網 西田周平 338
   第24章 海洋における遺伝子伝播 鈴木聡 364
第Ⅴ部 海の未来 : 人と海のかかわり 387
   第25章 変動する海の生物資源 渡邊良朗 388
   第26章 漁業という人間活動 有元貴文 402
   第27章 地球環境変動とサンゴ礁 : 地球規模の野外実験が教えるもの 土屋誠 421
   第28章 海の生命の繁栄と絶滅 松田裕之 436
   第29章 海の未来、人の未来 宮崎信之 448
   第30章 海からみた生命 白木原国雄 470
   終章「海の生命観」は得られたか?あとがきにかえて 塚本勝巳 487
索引 497
刊行にあたって v
はじめに vii
第Ⅰ部 海の空間 : 生命系の舞台 1
25.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
飯田隆 [ほか] 編 ; [飯田隆 ほか著]
出版情報: 東京 : 丸善, 2009.6  ix, 292p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに
   1 実験を始める前の心構え 2
   2 救急処置 3
   3 地震,火災時の対応 5
   4 廃棄物の処理 6
   5 化学情報の検索 7
基礎化学
   1 ガラス器具のいろいろ 10
   2 ガラス細工 14
   3 ガラス器具の洗浄 18
   4 プラスチック器具の洗浄 19
   5 金属(ステンレス・黄銅)部分の洗浄 19
   6 試薬の開封,保管,取扱い 19
   7 試薬の等級,ラベル表示 22
   8 基本操作1(ろ過) 23
   9 基本操作2(濃縮) 28
   10 基本操作3(固体の乾燥) 28
   11 基本操作4(気体の乾燥) 30
   12 てんびんの取扱い 32
   13 精製水の種類 35
   14 精製水の保存,くみ出し 37
   15 実験室でよく用いる試薬溶液の調製 37
   16 溶液の濃度 41
   17 容量器具の取扱い 43
   18 マイクロピペットの取扱い 45
   19 安全ピペッターの取扱い 46
   20 マイクロシリンジの取扱い 47
   21 物理定数の測定1 48
   22 物理定数の測定2(とくに有機化合物について) 58
   23 クロマトグラフィーの基礎 62
   24 試薬の取扱い 65
   25 特殊物質の取扱い 66
   26 圧縮気体の種類と取扱い 70
   27 ドライアイスと液体窒素の取扱い 73
   28 データの整理 75
   29 分子(構造)模型 78
   30 化学構造式と反応式の作図 79
   31 物理定数とSI単位系 81
分析化学
   1 試験管の取扱い 84
   2 炎色反応 84
   3 pH試験紙の種類と取扱い 85
   4 ピペットの種類と取扱い 86
   5 ビュレットの取扱い 88
   6 滴定と指示薬 90
   7 沈殿のつくり方 92
   8 磁製るつぼの取扱い 94
   9 ガラス電極によるpHの測定 96
   10 吸光度の測定 98
   11 比色法 102
   12 原子吸光光度法 103
   13 イオン交換樹脂とイオン交換クロマトグラフイー 105
無機化学
   1 固体と溶液の電気伝導率 110
   2 溶液の電気伝導率の測定 114
   3 サイクリックボルタンメトリー 119
   4 電位差(起電力)の測定 125
   5 トリス(エチレンジアミン)コバルト(III)塩の光学異性体の合成と性質 129
   6 ヘキサアクアクロム(II)イオンの精製(嫌気性無機物質の取扱い) 132
   7 一酸化窒素の調製と反応 135
   8 晶析と結晶化 137
   9 X線回折 140
   10 熱分析 143
有機化学
   1 有機反応装置 148
   2 加熱,恒温,冷却 152
   3 還流とかくはん 156
   4 脱水・乾燥 158
   5 気体の発生と取扱い 162
   6 反応生成物の濃縮と回収 167
   7 液体試料の分離と精製 174
   8 固体試料の分離と精製 181
   9 微量有機合成反応 187
   10 混合物の分離1(高速液体クロマトグラフィー) 189
   11 混合物の分離2(ガスクロマトグラフィー) 193
   12 混合物の分離3(薄層クロマトグラフィー) 196
   13 混合物の分離4(カラムクロマトグラフィー) 200
   14 スペクトルの測定と構造解析 203
物理化学
   1 真空の生成と応用 208
   2 電圧,抵抗,電流の測定(マルチメーターの使い方) 211
   3 オシロスコープの使い方 212
   4 偏光 213
   5 回折格子分光器 214
   6 太陽スペクトル測定とフランホーファー吸収線の観測 217
   7 水素原子スペクトルと原子のボーアモデル(水素のバルマー系列のスペクトルの測定と解析,原子のスペクトルと量子論) 218
   8 電子遷移の基礎 219
   9 有機分子の吸収,蛍光,りん光スペクトル 220
   10 赤外線吸収スペクトル 224
   11 オゾンの生成,オゾンの紫外線吸収スペクトル,オゾン層破壊との関連 227
   12 電荷移動錯体の平衡定数とΔG°,ΔH°,ΔS°の決定 228
   13 沸点上昇と凝固点降下 230
   14 一次反応速度定数と活性化エネルギーの決定 233
   15 ヒュッケル分子軌道法 236
   16 電子密度,電子分布,フロンティア電子密度 238
生物化学
   1 実験動物(ラット,マウス,ウサギ)の分類 242
   2 薬物の投与(皮下,静脈内,腹腔内,経口投与) 242
   3 屠殺 246
   4 採血 247
   5 肝臓,腎臓,脳の摘出 249
   6 臓器のホモジナイズ 251
   7 細胞画分の分画 252
   8 タンパク質の定量 254
   9 タンパク質の可溶化 256
   10 タンパク質の粗分画 256
   11 透析 258
   12 酵素活性の測定 259
   13 酵素反応の速度論的解析1 : ミカエリス-メンテン解析 262
   14 酵素反応の速度論的解析2 : ラインウィーバー-バーク解析,ディクソン解析 263
   15 DNAの調製 266
   16 サイズ排除クロマトグラフィー 267
   17 電気泳動法 271
   18 実体顕微鏡の使用法 278
索引 281
はじめに
   1 実験を始める前の心構え 2
   2 救急処置 3
26.

図書

図書
アルバート・R・ジョンセン著 ; 藤野昭宏, 前田義郎訳
出版情報: 京都 : ナカニシヤ出版, 2009.6  ix, 251p ; 22cm
所蔵情報: loading…
27.

図書

図書
出版情報: 東京 : ニュートンプレス, 2009.7  143p ; 28cm
シリーズ名: NEWTONムック
所蔵情報: loading…
28.

図書

図書
畠山雄二編著 ; 本田謙介 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : ベレ出版, 2009.6  445p ; 22cm
シリーズ名: Beret books
所蔵情報: loading…
29.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
村田静昭, 浦野扶美, 吉村正宏共著
出版情報: 東京 : 学術図書出版社, 2009.3  ii, 83p ; 30cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 共通基本事項
   1.1 化学実験のねらいと実験に臨む基本姿勢 2
   1.2 実験の安全について 3
   1.3 実験室における一般的注意 3
   1.4 化学実験における共通基礎事項 3
    1.4.1 水と器具の洗浄 3
    1.4.2 廃棄物 4
    1.4.3 薬品の取り扱い(秤量と溶液の作成) 5
    1.4.4 測定値の取り扱い 5
    1.4.5 器具の種類と使用法 7
    1.4.6 機器類の使用法と注意 10
    1.4.7 実験の基本操作 11
第2章 無機イオンの反応とイオン平衡
   2.1 無機イオンの反応 18
    2.1.1 液量の把握 19
    2.1.2 塩類の溶解 20
    2.1.3 可溶性の塩と溶解度 24
   2.2 陽イオンの系統的分析 28
    2.2.1 金属イオンと硫化水素の反応,硫化物の生成と分解 28
    2.2.2 金属水酸化物 31
   2.3 無機イオン混合物の分離と確認(未知試料の分析) 34
第3章 合成
   3.1 アセチルサリチル酸の合成 40
    3.1.1 アセチルサリチル酸の合成 40
    3.1.2 融点測定 41
   3.2 トリオキサラト鉄(Ⅲ)酸カリウムの合成 43
    3.2.1 トリオキサラト鉄(Ⅲ)酸カリウムの合成 43
    3.2.2 トリオキサラト鉄(Ⅲ)酸カリウムの光化学反応 44
第4章 容量分析と滴定
   4.1 酸・塩基滴定と滴定曲線 48
    4.1.1 1価の酸の滴定 50
    4.1.2 多価の酸の滴定 51
   4.2 酸化還元滴定と水のCOD測定 53
   4.3 キレート滴定 56
第5章 電磁波のエネルギーとスペクトル
   5.1 様々な光源のスペクトル 60
    5.1.1 原子スペクトルと原子の構造 61
    5.1.2 各種光源のスペクトル 64
   5.2 物質の構造と吸収スペクトル 65
    5.2.1 吸収スペクトルと物質の構造 65
    5.2.2 吸光光度法による濃度の測定 66
第6章 化学反応の速度とエネルギー
   6.1 化学的振動反応 74
   6.2 ヨウ素イオンの分解反応 77
第7章 レポートの書き方
第1章 共通基本事項
   1.1 化学実験のねらいと実験に臨む基本姿勢 2
   1.2 実験の安全について 3
30.

図書

図書
John M. Butler著 ; 藤宮仁 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 共立出版, 2009.6  xix, 560p, 図版 [6] p ; 27cm
所蔵情報: loading…
31.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小杉山晃一著
出版情報: 東京 : 学報社 , 東京 : 大学図書 (発売), 2009.5  vii, 148p ; 26cm
シリーズ名: ビオトープブック ; [1]
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに iii
第1章 生物多様性の縮小 1
   1.1 絶滅のおそれのある生き物はいまどうなっているのか 2
   レッドデータ 2
   日本の絶滅危惧種の現状 5
   種の保存法 8
   1.2 何が絶滅のきっかけになるのだろうか 10
   生息場所の状況の悪化 10
   有害物質による環境汚染 15
   感染症の拡大 16
   採集・捕獲(狩猟) 17
   侵略的外来種の侵入 18
   1.3 どのようにして絶滅へと進むのだろうか 20
   絶滅危惧種の特徴 20
   個体数の減少による悪影響 22
   絶滅の連鎖 23
第2章 生物多様性の評価と保全 27
   2.1 生物多様性が高いとはどういうことなのだろうか 28
   群集構造の多様性 28
   遺伝的多様性 31
   2.2 何を保全すればよいのだろうか 35
   指標生物 35
   種間相互作用 38
   生活史全体の生息条件 39
   個体群の配置 41
   人工繁殖 41
   戦略的保全計画 42
   2.3 どのように保全すればよいのだろうか 44
   様々な保全手法 44
   ワイズユース 46
   ミティゲーション 46
   MAB計画 49
   ランドスケープの視点 50
   保全区画の面積 51
   区画の個数 52
   区画の配置 53
   区画の境界線―形とエコトーン 54
   コリドー 56
   ハビタットの構造 57
   2.4 ドイツではどのようにビオトープ保全を進めているのだろうか 58
   ビオトープの定義について 58
   ビオトープカルテ 60
   ドイツのビオトープ制度 62
   ビオトープタイプ 64
   2.5 人工的にすみかを作るにはどうすればよいのだろうか 65
   工学的手法 65
第3章 生物が多様であることの意義 69
   3.1 多様であるほど群集の持続性が保障される 70
   多層的な種間関係 70
   資源の有効利用 71
   物質循環 72
   3.2 多様であるほど種の絶滅の危険性は低下する 75
   種の持続性 75
   3.3 生物多様性は人間社会にとっても価値がある 77
   人間にとっての自然環境 77
   利用価値 78
   環境保全 79
   栄養循環 80
   ミレニアム生態系評価 80
   固有価値論 82
第4章 生息環境の多様性と生物の多様性 85
   4.1 多様な環境はどのように分布しているのだろうか 86
   地形 86
   気候 87
   天体現象 89
   土壌 90
   国土区分 90
   テロワール 91
   4.2 多様な生き物はどのように分布しているのだろうか 92
   多様な環境 92
   多様性の歴史 93
   分布の拡大 94
   人の影響 95
   野生の世界 96
   4.3 遺伝的な多様性はどのように成り立っているのだろうか 98
   遺伝子 98
   突然変異 99
   細胞レベルの共生 101
   4.4 新しい種はどのように生まれたのだろうか 104
   自然淘汰 104
   選択庄 105
   隔離 106
   進化の制約 107
参考文献 111
あとがき 113
参考資料 115
はじめに iii
第1章 生物多様性の縮小 1
   1.1 絶滅のおそれのある生き物はいまどうなっているのか 2
32.

図書

図書
Alison M. Smith ... [et al.]
出版情報: New York, NY : Garland Science, c2010  xv, 664 p. ; 28 cm
所蔵情報: loading…
33.

図書

図書
R.S.K. Barnes [ほか著]
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2009.6  xii, 575p ; 27cm
所蔵情報: loading…
34.

図書

図書
西沢直木著
出版情報: [東京] : 翔泳社, 2009.5  xii, 299p ; 23cm
所蔵情報: loading…
35.

図書

図書
Robert K. Murray ... [et al.]
出版情報: New York : McGraw-Hill Medical, c2009  x, 693 p. ; 28 cm
シリーズ名: A Lange medical book
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Biochemistry and Medicine / 1:
Water & PH / 2:
Amino Acids and Peptides / 3:
Proteins: Determination of Primary Structure / 4:
Proteins: Higher Orders of Structure / 5:
Proteins: Myoglobin and Hemoglobin / 6:
Enzymes: Mechanisms of Action / 7:
Enzymes: Kinetics / 8:
Enzymes: Regulation of Activities / 9:
Bioenergetics: The Role of ATP / 10:
Biologic Oxidation / 11:
The Respiratory Chain & Oxidative Phosphorylation / 12:
Carbohydrates of Physiologic Significance / 13:
lipids of Physiologic Significance / 14:
Overview of Metabolism / 15:
The Citric acid Cycle: The Catabolism of Acetyl-CoA / 16:
Glycolysis and Oxidation of Pyruvate / 17:
Metabolism of Glycogen / 18:
Gluconeogenesis and Control of the Blood Glucose / 19:
The Pentose Phosphate Pathway & other Pathways of Hexose Metabolism / 20:
Biosynthesis of Fatty Acids / 21:
Oxidation of Fatty Acids: Ketogenesis / 22:
Metabolism of Unsaturated Fatty Acids & Eicosanoids / 23:
Metabolism of Acyglycerols and Sphingolipids / 24:
Lipid Transport And Storage / 25:
Cholesterol Synthesis, Transport and Excretion / 26:
Integration of Metabolism- the Provision of Metabolic Fuels / 27:
Biosynthesis of Nutritionally Nonessential Amino Acids / 28:
Catabolism of Proteins & of Amino Acid Nitrogen / 29:
Catabolism of the Carbon Skeletons of Amino Acids / 30:
Conversion of Amino Acids / 31:
Porphyrins & Bile Pigments / 32:
Nucleotides / 33:
Metabolism of Purine & Pyrimidine Nucleotides / 34:
Nucleic Acid Structure and Function / 35:
DNA Organization, Replication and Repair / 36:
RNA Synthesis, Processing and Modifications / 37:
Protein Synthesis and Genetic Code / 38:
Regulation of Gene Expression / 39:
Molecular Genetics, Recombinant DNE and Genomic Technology / 40:
Membranes: Structure and Function / 41:
The Diversity of Endocrine System / 42:
Hormone Action and Signal Transduction / 43:
Nutrition, Digestion and Absorption / 44:
Vitamins and Minerals / 45:
Intracellular Traffic and Sorting of Proteins / 46:
Glycoprotein / 47:
The Extracellular Matrix / 48:
Muscle and the Cytoskeleton / 49:
Plasma Proteins and Immunoglobulins / 50:
Homeostasis and Thrombosis / 51:
The Red and White Blood Cells / 52:
Metabolism of Xenobiotics / 53:
The Human Genome Project / 54:
Biochemistry and Medicine / 1:
Water & PH / 2:
Amino Acids and Peptides / 3:
36.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
藤坂博一 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 培風館, 2009.6  viii, 205p ; 22cm
シリーズ名: 非線形科学シリーズ ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1.散逸力学系カオスの基礎 1
   1.1 散逸力学系 1
   1.2 アトラクターと分岐現象 6
   1.3 カオスの統計性 16
   1.4 フラクタル 23
2.カオス動力学における大偏差統計 29
   2.1 粗視化と漸近評価(大偏差統計) 29
   2.2 大偏差統計量の観測データからの計算法 33
   2.3 大偏差統計量の基礎方程式からの導出 36
3.散逸系カオスの大偏差統計の例 41
   3.1 双曲系と非双曲系 41
   3.2 非双曲系区分線形写像モデル 42
   3.3 大偏差統計性と加算無限状態マルコフチェーン 44
4.変数の逓減とランジュバンダイナミクス 51
   4.1 ランジュバンダイナミクスとフォッカー-プランク方程式 51
   4.2 森方程式と連分数展開法 56
   4.3 カオス動力学における動的相関の新しい展開法(マルコフ法) 59
5.散逸系カオスの展開 67
   5.1 時間相関関数の周期軌道による決定(多数の周期軌道、1本の軌道) 67
   5.2 離散時間有限状態マルコフ過程とカルマン写像 76
   5.3 大偏差統計とレベルダイナミクス 83
6.カオス拡散 91
   6.1 決定論的拡散 91
   6.2 1次元拡散から2次元拡散への転移(オンオフ拡散) 108
   6.3 拡散現象の一般化(大偏差統計との関連、一般化拡散係数) 112
   6.4 フラクタル拡散係数 119
7.結合カオス系 123
   7.1 カオス完全同期 123
   7.2 カオス位相同期 134
8.乱流の力学モデルと統計理論 155
   8.1 発達した乱流における自己相似カスケード 155
   8.2 乱流の力学モデル 162
付録 169
   A. リヤプノフスペクトルの計算法 169
   B. ウイナー-ヒンチンの定理 173
   C. 1次元写像系における時間相関関数の例 175
   D. フローベニウス-ペロン演算子とクープマン演算子 178
   E. 大偏差統計量のデータからの近似計算法 181
   F. 大偏差統計関数の評価 186
   G. 2状態マルコフ過程の計算における初期条件 191
   H. 結合写像方程式の導出 192
   I. 回転数の計算 195
あとがき 197
参考文献 199
索引 204
1.散逸力学系カオスの基礎 1
   1.1 散逸力学系 1
   1.2 アトラクターと分岐現象 6
37.

図書

図書
中村祐輔著
出版情報: 東京 : 羊土社, 2009.7  125p ; 26cm
所蔵情報: loading…
38.

図書

図書
金子克美編集委員長
出版情報: 東京 : リアライズ理工センター, 2009.6  12, 399, 6p ; 30cm
所蔵情報: loading…
39.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
粉体工学会編
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2009.6  xvi, 226p ; 21cm
シリーズ名: 粉体工学叢書 ; 第7巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
粉体工学叢書 発刊のことば i
粉体工学叢書 序文 iii
粉体工学叢書 編集委員 v
第7巻 粉体層の操作とシミュレーション はじめに vii
第7巻 粉体層の操作とシミュレーション 執筆者一覧 xvi
第1章 粒子充填状態
   1.1 規則充填とランダム充填 1
    1.1.1 ユニットセル 2
    1.1.2 ランダム充填 4
   1.2 充填状態表現法 6
    1.2.1 空間率と充填率,見かけ密度 6
    1.2.2 配位数 8
    1.2.3 その他の表現法 10
   1.3 粒子充填性におよぼす粒子径の影響 11
    1.3.1 自重と付着力 11
    1.3.2 ローラーの式 12
   1.4 粒子充填性におよぼす粒子径分布の影響 13
    1.4.1 ファーナスの式 13
    1.4.2 鈴木らのモデル式 15
    1.4.3 大小2成分,大中小3成分充填層の空間率 17
    1.4.4 空間率におよぼす粒子径分布の影響 17
   1.5 粒子充填性におよぼす粒子形状の影響 20
    1.5.1 粒子全体形状の影響 20
    1.5.2 粒子表面凹凸状態の影響 21
   参考・引用文献 23
第2章 粉体層の力学
   2.1 垂直応力と剪断応力 25
    2.1.1 最大主応力と最小主応力 26
    2.1.2 中間主応力と応力楕円体 27
   2.2 モールの応力円 27
    2.2.1 任意の微小面に働く応力のバランス 27
    2.2.2 モールの応力円 29
    2.2.3 粉体崩壊曲線 31
    2.2.4 クーロン粉体 31
    2.2.5 ワーレン・スプリング式 33
    2.2.6 すべり面 33
    2.2.7 受動状態と主動状態 34
    2.2.8 主応力空間での崩壊条件 36
   2.3 ロスコー状態図 38
    2.3.1 粉体崩壊曲線におよぼす空間率の影響 38
    2.3.2 引張り特性と圧縮特性 39
    2.3.3 圧密崩壊曲線と限界状態線 41
    2.3.4 ロスコー状態図での剪断過程 42
   2.4 粉体崩壊曲線の測定 45
    2.4.1 三軸圧縮試験 46
    2.4.2 一面剪断試験 46
    2.4.3 引張り試験 49
    2.4.4 圧縮試験 52
   参考・引用文献 53
第3章 粉体層の静的ならびに動的挙動
   3.1 静的粉体圧 55
    3.1.1 ヤンセンの式による円筒容器内の粉体圧推定 55
    3.1.2 逆円錐ホッパ内の粉体圧推定 58
   3.2 動的粉体圧 60
   3.3 容器からの流出 60
   3.4 レオロジーモデル 61
    3.4.1 線形粘弾性モデル 62
    3.4.2 マックスウェルモデル 62
    3.4.3 フォークトモデル 63
   3.5 粉体層のレオロジー挙動 65
    3.5.1 チクソトロピー 65
    3.5.2 ダイラタンシー 65
   3.6 回転型レオメータによる動的物性測定 66
   3.7 流動性の表現 67
    3.7.1 圧縮度 67
    3.7.2 安息角 68
    3.7.3 カーの流動性指数 69
    3.7.4 剪断試験による流動性指数 69
   参考・引用文献 72
第4章 粒子・流体混相流の基礎
   4.1 流体中での単一粒子運動 73
    4.1.1 粒子の運動方程式 73
    4.1.2 粒子の緩和時間とストークス数 74
    4.1.3 圧力勾配による浮力 75
    4.1.4 流体抵抗力 75
    4.1.5 揚力 76
    4.1.6 仮想質量力とバセット力 77
    4.1.7 回転抵抗トルク 79
    4.1.8 終末沈降速度 80
   4.2 濃厚系の圧力損失 82
    4.2.1 層流における管内単相流の圧力損失式(ハーゲン・ポアズイユの式) 82
    4.2.2 ブラック式 82
    4.2.3 コゼニー・カルマン式 84
    4.2.4 高濃度域における乱流圧力損失(エルガンの式) 86
   参考・引用文献 88
第5章 貯 蔵
   5.1 粉粒体の貯蔵方法 91
   5.2 貯槽の種類と特徴 93
    5.2.1 貯槽の機能 93
    5.2.2 貯槽の分類 94
    5.2.3 貯槽の構造形式 98
   5.3 貯蔵粉体の条件 99
    5.3.1 貯蔵粉体の種類 99
    5.3.2 貯蔵粉体の物性 103
   5.4 サイロの計画および設計 107
    5.4.1 サイロ規模の選定 107
    5.4.2 構造形式の選定 109
    5.4.3 投入・払出計画 110
    5.4.4 構造設計 111
   5.5 サイロ設計の実施例 117
    5.5.1 大型石炭サイロ 117
    5.5.2 セメントプラント 119
    5.5.3 穀物サイロ 120
   5.6 サイロの計測 122
    5.6.1 計測計画 122
    5.6.2 計測機器の設置 124
    5.6.3 モニタリング 124
   参考・引用文献 125
第6章 供給
   6.1 粉粒体の供給方法 127
   6.2 供給装置の種類と特徴 129
    6.2.1 材料による違い 129
    6.2.2 機能による違い 130
    6.2.3 供給装置の分類 131
   6.3 供給装置の計画および設計 142
    6.3.1 プロセスの計画 142
    6.3.2 供給量の設定 143
    6.3.3 供給方式の選定 143
    6.3.4 供給装置の選定 144
    6.3.5 モニタリング 144
   参考・引用文献 146
第7章 輸送
   7.1 空気輸送 149
    7.1.1 空気輸送の特徴 149
    7.1.2 空気輸送装置の構成 150
    7.1.3 空気輸送の難易度 153
    7.1.4 流動様式と流動様式から見た輸送方法 154
    7.1.5 低濃度輸送装置とその特徴 156
    7.1.6 低濃度輸送における圧力損失 157
    7.1.7 低濃度輸送の最小輸送流速 158
    7.1.8 高濃度輸送装置とその特徴 160
    7.1.9 高濃度輸送における圧力損失 161
   7.2 水力輸送 166
    7.2.1 水力輸送の特徴 166
    7.2.2 水力輸送装置の構成 166
    7.2.3 流動様式と圧力損失 167
    7.2.4 圧力損失の計算 168
   7.3 機械式輸送 170
    7.3.1 機械式輸送の分類と特徴 170
    7.3.2 チェーン式輸送 171
    7.3.3 ベルト式輸送 176
    7.3.4 振動トラフ式輸送 176
    7.3.5 スクリュー式輸送 178
   参考・引用文献 178
第8章 粉体シミュレーション
   8.1 粉体シミュレーションの役割と種類 183
    8.1.1 連続体モデル 184
    8.1.2 離散要素法 185
    8.1.3 オートマトン 185
    8.1.4 SP法(smoothed particle法) 187
    8.1.5 DSMC法(direct simulation of Monte-Carlo method) 188
   8.2 離散要素法シミュレーション 190
    8.2.1 シミュレーションモデル 190
    8.2.2 粒子相互作用力 193
    8.2.3 材料定数および計算条件 197
   8.3 離散要素法シミュレーションの信頼性 198
    8.3.1 貯槽内粒子群流動挙動の観察実験 198
    8.3.2 貯槽内粒子群流動挙動のシミュレーション 199
    8.3.3 シミュレーションの信頼性 200
   8.4 離散要素法シミュレーションの課題 203
    8.4.1 計算アルゴリズムの最適化 203
    8.4.2 コンピュータ環境の最適化 205
    8.4.3 並列化による高速化 206
    8.4.4 ハードウエアの利用による高速化 208
    8.4.5 モデルの構築による高速化 208
    8.4.6 粒子形状の考慮 208
   8.5 貯槽シミュレーション 209
    8.5.1 解析条件 209
    8.5.2 投入解析 210
    8.5.3 払出解析 212
   参考・引用文献 216
索引 223
粉体工学叢書 発刊のことば i
粉体工学叢書 序文 iii
粉体工学叢書 編集委員 v
40.

図書

図書
長谷川和久著
出版情報: 東京 : 養賢堂 (発売), 2009.5  9, 219p, 図版[4]p ; 21cm
所蔵情報: loading…
41.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
澤山茂樹著
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2009.6  159p ; 21cm
シリーズ名: B&Tブックス ; . 今日からモノ知りシリーズ||キョウ カラ モノシリ シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 バイオガスってどんなもの?
   1 バイオガスとは?「メタンが主成分の気体燃料」 10
   2 バイオガスが生まれるまで「酸素が嫌いな微生物たちが働く」 12
   3 バイオガスプラントとは?「メタン発酵槽で生成」 14
   4 使おうバイオガス「発電や自動車燃料に使える」 16
   5 バイオガス化で肥料もできる「窒素やリンのリサイクル」 18
   6 減らそう二酸化炭素排出量「エネルギー変換効率はどれくらい」 20
   7 身近なメタン発酵「水田や牛のげっぷ」 22
   8 再生可能なバイオマスが原料「バイオマスは古くて新しい資源」 24
   9 期待されるバイオ燃料「気体・液体・固体燃料」 26
   10 循環型社会形成を目指して「バイオガス化でリサイクル」 28
   11 微生物の力で変換する「バイオ変換技術のあれこれ」 30
第2章 バイオガスができるまで
   12 原料の収集・分別・破砕「生ごみはまず分けて」 34
   13 初めの反応は酸発酵「可溶化・低分子化する」 36
   14 酸発酵の微生物「酸発酵をする多様な細菌群」 38
   15 有機物を酵素で分解「微生物が作り出す酵素」 40
   16 バイオガスが生まれるメタン発酵「偏性嫌気で生成」 42
   17 メタンを生成する微生物「酢酸と水素を資化するメタン生成菌」 44
   18 いろいろなメタン発酵法「温度や水分含量の違い」 46
   19 微生物に必要な微量の元素「コバルトやニッケルがないと困る」 48
   20 メタン発酵を阻害するのは?「pH酸性とアンモニア」 50
   21 バイオガスをきれいにしよう「硫化水素を除く」 52
   22 残ったものはリサイクル「コンポスト化で資源の有効利用」 54
   23 活性汚泥法で発酵液を処理「好気性微生物を利用」 56
第3章 バイオガスの原料はどんなもの?
   24 どんなバイオマスが原料に?「湿った廃棄物系を利用」 60
   25 生ごみを先に分けるか後で分けるか?「どちらも一長一短」 62
   26 しょうゆ・焼酎・コーヒー・芋の皮「いろいろな食品廃棄物」 64
   27 食品工場の廃水も利用できる「有機性廃水は適した原料」 66
   28 牛のふん尿は良い原料「肥料も再生産」 68
   29 下水汚泥とはどんなもの?「日本では300カ所で」 70
   30 ナイトソイルの利活用「浄化槽汚泥の処理」 72
   31 ごみ埋め立て地「地下でバイオガス化」 74
   32 食品リサイクル法「食品系廃棄物のバイオガス化を促進」 76
   33 1972年のロンドン条約「海洋投棄の禁止」 78
   34 家畜排せつ物の適正管理「メタンを抑制」 80
第4章 バイオガスを利用しよう
   35 コージェネか燃料として利用「その場で使うかそれとも」 84
   36 利用しやすいボイラ「熱エネルギーを利用」 86
   37 実績のあるガスエンジン「小型ガスエンジンも開発」 88
   38 マイクロガスタービン「小規模のコージェネ」 90
   39 燃やさない燃料電池「クリーンな排ガス」 92
   40 自動車燃料にも利用できる「CNG車をCBG車に」 94
   41 都市ガスの原料になる「下水汚泥由来」 96
   42 バイオガスを集めて使おう「バイオガスネットワーク」 98
   43 RPS法とは?「新エネルギーの使用義務」 100
第5章 もっと知りたい!バイオガス化事情
   44 家庭の生ごみをバイオガスへ「膜分離法の利用」 104
   45 事業系生ごみをバイオガスへ「たい肥も製造」 106
   46 生ごみの乾式メタン発酵「廃液処理が不要」 108
   47 ショッピングセンターでリサイクル「好気的な可溶化が特徴」 110
   48 しょうゆ粕の再資源化「脱ボイラを実現」 112
   49 焼酎粕からバイオガス「脱海洋投棄」 114
   50 ビール工場廃液を再資源化「燃料電池で発電」 116
   51 牛のふん尿を有効利用「発酵液を農地還元へ」 118
   52 養豚場のふん尿を利用「低コスト処理へ」 120
   53 下水汚泥からの消化ガス「嫌気性消化を行う」 122
   54 先進的な汚泥再生処理センター「生ごみと下水汚泥」 124
   55 バイオガス先進国ドイツ「売電目的でバイオガス発電」 126
第6章 バイオガス化の新しい技術
   56 DNAで微生物を探る「DNAバーコードで同定」 130
   57 55℃で高温メタン発酵「高温発酵はメリットが多い」 132
   58 固定床が微生物のすみか「バイオフィルムを活用」 134
   59 微生物を膜分離で保持「高濃度で発酵させる」 136
   60 紙粘土のような乾式メタン発酵「固形状でも発酵できる」 138
   61 微生物の塊で廃水を処理「グラニュールを利用」 140
   62 水素・メタン発酵「可溶化を促進」 142
   63 エタノール・メタン発酵「バイオエタノールも生み出す」 144
   64 水熱や超音波で前処理「分解率の向上」 146
   65 微生物で脱硫する「硫黄酸化細菌を活用」 148
   66 地下と嫌気性微生物「油田に残った石油からバイオガス」 150
   67 バイオ水素「もう1つのバイオガス」 152
   68 未来のバイオガス社会「日本に適した技術を」 154
【コラム】
   カーボンニュートラル 32
   酸素が嫌いな破傷風菌 58
   天然ガスも枯渇する? 82
   LNG(液化天然ガス) 102
   植物からメタンが発生? 128
   環境と人口 156
参考文献 157
索引 158
第1章 バイオガスってどんなもの?
   1 バイオガスとは?「メタンが主成分の気体燃料」 10
   2 バイオガスが生まれるまで「酸素が嫌いな微生物たちが働く」 12
42.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小島盛男著
出版情報: 東京 : アグネ技術センター, 2009.6  x, 299p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
プロローグ i
1章 序論 1
   1.1 本書で扱う結晶性高分子 2
    1.1.1 ポリエチレンの結晶 2
    1.1.2 ポリプロピレンの結晶 4
    1.1.3 ポリホスファゼンの結晶 7
   1.2 顕微鏡と試料の準備 10
    1.2.1 光学顕微鏡 11
    1.2.2 走査型電子顕微鏡 13
    1.2.3 原子力間顕微鏡 14
    1.2.4 透過型電子顕微鏡 15
   1.3 検鏡用試料の作成方法 17
    1.3.1 レプリカ法 17
    1.3.2 超薄切片法 18
    1.3.3 溶液キャスト法 19
    1.3.4 溶融成膜法 20
   1.4 高分子の流れ特性と加工 21
    1.4.1 分子量と流れ特性 22
    1.4.2 分岐構造 25
   【ひとくちメモ】
    プロピレン,エチレンの重合触媒 4
    高分子試料のX線回折 6
    シャドウイング 19
2章 高分子結晶の誕生と成長 31
   2.1 重合直後のポリプロピレン,ポリエチレン粒子 32
   2.2 希薄溶液から成長する結晶 40
    2.2.1 ポリエチレンの単結晶 40
    2.2.2 ポリプロピレンの単結晶 42
    2.2.3 PE,PPの分子鎖の折り畳み構造 44
    2.2.4 低分子量ポリプロピレン 47
    2.2.5 ポリホスファゼンの結晶 49
     2.2.5.1 側鎖にアルコキシ基,アルキル基を持つポリホスファゼン 50
     2.2.5.2 側鎖にアリルオキシ基,アリル基を持つポリホスファゼン 57
   2.3 双晶 67
    2.3.1 溶液から成長するポリプロピレン,ポリエチレンの双晶 68
    2.3.2 ポリホスファゼンの60°回転双晶 73
    自種結晶化法 53
    側鎖のベンゼン誘導体とポリホスファゼンの名称 67
3章 球晶の成長 79
   3.1 プロピレン,エチレン単独重合体の球晶 80
    3.1.1 二次元成長 80
     3.1.1.1 ラメラ晶の成長と方位 80
     3.1.1.2 ポリプロピレンのβ型球晶 88
     3.1.1.3 トランスクリスタル 91
    3.1.2 三次元成長 92
     3.1.2.1 溶融結晶化 92
     3.1.2.2 濃厚溶液結晶化 94
   3.2 プロピレンを主成分とする多成分高分子の球晶 96
   3.3 ポリホスファゼンの球晶 101
     3.3.1 溶液成長球晶 101
     3.3.2 溶融成長球晶 103
    共重合体 97
    単結晶マット 105
4章 熱処理と結晶形態の変化 109
   4.1 ポリプロピレン,ポリエチレンの熱処理 111
    4.1.1 単結晶の形態変化 111
    4.1.2 球晶 115
   4.2 ポリホスファゼン結晶の熱的挙動と形態の変化 117
    4.2.1 ポリホスファゼンの液晶性 117
    4.2.2 ポリ[ビス(トリフロロエトキシ)ホスファゼン] 123
     4.2.2.1 単独重合体 123
     4.2.2.2 共重合体 127
    4.2.3 ポリ[ビス(フェノキシ)ホスファゼン] 130
    転位 114
    高分子液晶の分類 122
5章 成型加工と製品のモルホロジー 137
   5.1 溶融成型 137
    5.1.1 射出成型 138
    5.1.2 押出成型 140
   5.2 固相成型 145
    5.2.1 圧延加工(ロールトルージョン法) 146
    5.2.2 引き抜き加工 153
    5.2.3 押出加工 154
    二重配向と二軸配向 145
    ポリプロピレンのヒンジ効果 156
   【横道散策】イオンエッチング法 148
6章 紡糸とポリプロピレン繊維 159
   6.1 溶融紡糸法 159
   6.2 ポリプロピレン繊維のS型構造形成と高強度化 163
   6.3 複合繊維 166
    6.3.1 PP/PE複合繊維 166
    6.3.2 不織布 170
    結晶化速度 164
    ナイロンとケブラー 169
7章 多成分系高分子 173
   7.1 ブレンド 174
    7.1.1 PP/PEブレンド 174
    7.1.2 PP/EPR/HDPEブレンド 178
   7.2 エチレン・プロピレン共重合体 181
    7.2.1 ランダム共重合体 181
    7.2.2 ブロック共重合体 183
   7.3 変形と白化 190
   7.4 新素材 195
    7.4.1 熱可塑性エラストマー 195
    7.4.2 ポリプロピレン系アロイ 200
     7.4.2.1 ブレンドタイプ 200
     7.4.2.2 重合タイプ 203
   【横道散策】クレーズ 194
   【ひとくちメモ】ミクロ相分離構造と金属二元合金の共晶組織 197
8章 引張変形と配向 207
   8.1 一軸延伸 209
    8.1.1 単結晶と積層ラメラ晶 209
    8.1.2 球晶 212
   8.2 二軸(多軸)延伸 217
    繊維組織 208
    多軸延伸 219
9章 配向物の機能特性とモルホロジー 221
   9.1 硬弾性繊維(ハードエラスチックファイバー) 222
   9.2 高強度,高弾性繊維 226
    9.2.1 伸びきり分子鎖結晶とシシカバブ構造 226
    9.2.2 ゲル延伸 228
    9.2.3 ゾーン延伸・熱処理法 229
10章 高分子材料の破面 233
   10.1 ポリホスファゼンフィルム 235
   10.2 ポリプロピレンと関連高分子 244
    10.2.1 単独重合体 244
    10.2.2 ブレンドと共重合体 251
   【ひとくちメモ】身のまわりにある小さなビーズ 243
   【横道散策】造核剤 246
エピローグ 259
謝辞 262
主な高分子の名前と略語 265
主な測定法の略語 266
追補 顕微鏡観測のための試料の作り方と諸準備 267
   1 観測試料の作り方 267
    1.1 球晶試料
     二次元成長球晶の作り方 267
     三次元球晶成長の作り方 268
    1.2 薄膜試料 269
     希薄溶液から無配向薄膜を作る 269
     希薄溶液から配向薄膜を作る 270
     溶液状態から薄膜を作る 271
     特殊な薄膜を作る 271
    1.3 単結晶の作り方 274
     ポリプロピレン 276
     テトラメチル-p-シルフェニレン・シロキサン/ジメチルシロキサンブロック共重合体277
     ポリホスファゼン278
     単結晶マット 278
    1.4 溶液から繊維状の配向結晶化物を作る 279
    1.5 厚い試料の内部の観察 281
   2 TEM観測のための準備 281
    2.1 カーボン支持膜をメッシュに貼る 281
    2.2 コロジオンし支持膜をメッシュに貼る 283
    2.3 試料の処理法 284
     2.3.1 酸による染色固定 284
      四酸化ルテニウムによる染色 284
     四酸化オスミウムによる染色 285
     2.3.2 腐食 286
     2.3.3 ゴールドデコレーション 286
索引 289
プロローグ i
1章 序論 1
   1.1 本書で扱う結晶性高分子 2
43.

図書

図書
副島隆彦, 植草一秀著
出版情報: 東京 : 祥伝社, 2009.7  252p ; 20cm
所蔵情報: loading…
44.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
渡邊肇著
出版情報: 東京 : 中央経済社, 2009.5  5, 7, 183p ; 21cm
シリーズ名: 知的財産法実務シリーズ ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 ライセンスとは何か 1
第2章 約定に基づくライセンス 3
   第1 特許権の約定実施権 4
   1 専用実施権 4
   2 通常実施権 7
   (1) 許諾対象特許について 8
   (2) 許諾対象実施行為について 8
   (3) 許諾対象製品について 9
   (4) 許諾地域について 9
   (5) 許諾期間について 9
   3 通常実施権者の損害賠償請求権および差止請求権 13
   (1) 損害賠償請求権 13
   (2) 差止請求権 14
   4 仮専用実施権,仮通常実施権(平成20年改正法) 15
   (1) 仮実施権の許諾・設定の方法 16
   (2) 仮専用実施権・仮通常実施権の効果 17
   (3) 仮実施権登録制度の概要 18
   第2 商標権の約定使用権 19
   1 専用使用権 19
   2 通常使用権 20
   第3 著作権の利用許諾 20
   第4 サブライセンスとクロスライセンス 21
   1 サブライセンス 22
   2 クロスライセンス 23
   第5 約定に基づくライセンス契約とその他の契約との差異 23
   1 特許権譲渡契約との差異 23
   2 販売代理店契約との差異 24
   3 共同開発契約との差異 25
第3章 法律の規定に基づくライセンス 26
   第1 法定実施権 26
   1 職務発明について,使用者が有する通常実施権 26
   2 先使用による通常実施権 27
   3 中用権 28
   4 意匠権の存続期間満了後の実施権 28
   5 再審後の実施権 29
   第2 裁定実施権 29
   1 不実施の場合の実施権 29
   2 自己の特許発明の実施のための裁定 29
   3 公共の利益のための裁定 29
   第3 商標法の定める法定使用権 30
   1 中用権 30
   2 特許権等の存続期間満了後の商標使用権 30
第4章 権利の消尽とライセンス 31
   第1 特許権の消尽とは何か 37
   第2 ライセンス契約と特許権の消尽 32
   1 ライセンス契約における特許製品の販売先の制限と特許権の消尽 32
   2 並行輸入品とライセンス 33
   第3 方法特許のライセンスと特許権の消尽 36
   第4 製造行為と特許権の消尽 37
   第5 米国の状況 38
第5章 下請人の製造行為とライセンス契約 41
第6章 実施料の算定 43
   第1 実施料の算定方法 43
   第2 差別的実施料 44
   第3 パッケージライセンスと実施料 45
   第4 特許製品以外の製品の製造販売に基づく実施料の算定 46
   第5 実施料の返還義務 46
第7章 ライセンス契約と独占禁止法 48
   第1 知的財産権と独占禁止法の関係一独占禁止法21条の解釈 49
   第2 特許権のライセンス契約の各条項と不公正な取引方法との関係 51
   1 旧ガイドラインの考え方 52
   2 新ガイドラインの考え方 54
   3 新旧ガイドラインにおいて独占禁止法上問題となる主要な条項 56
   (1) 販売価格,再販売価格の指定 56
   (2) 特許権消滅後等における使用制限または実施料支払義務 57
   (3) 研究開発活動の制限 57
   (4) 改良発明等の譲渡・独占的ライセンス義務 58
   (5) 競争品の製造販売,使用等または競争技術の採用の制限(契約終了後の場合) 59
   (6) 一括ライセンス 59
   (7) 不争義務・非係争義務 59
   第3 パテント・プールの諸問題 60
   1 独占禁止法上の問題点 60
   2 実施料の算定方法および配分方法 62
   第4 ライセンス契約に対する米国およびEUの独占禁止法上の考え方 63
   1 米国における状況 63
   2 EUにおける状況 64
第8章 ライセンス契約と倒産法-ライセンサーの倒産への対応 66
   第1 問題状況 66
   第2 我が国の法制 67
   第3 ライセンス契約作成上の留意点 68
第9章 ライセンス契約と税務 69
   第1 実施料に対する源泉徴収税 69
   1 我が国税法の問題 69
   2 租税条約の考え方 69
第10章 ライセンス契約書の典型的条項と,条項作成にあたっての留意点 71
   第1 契約書作成の意義 71
   第2 ライセンス契約の典型的条項とその留意点 72
   1 前文(Whereas条項) 72
   2 Definition(定義) 87
   3 Grant of License(実施権の許諾) 86
   4 Sublicense(再実施権の許諾) 96
   5 Royalty(実施料) 100
   6 Report and Audit(実施料報告書および監査) 114
   7 Representation and Warranty(表明保証) 125
   8 Indemnifications(免責) 139
   9 Improvements(改良発明) 156
   10 Non-Dispute(不争義務) 157
   11 Confidentiality(機密保持) 158
   12 TermandTermination(契約期間と契約終了事由) 167
   13 GoverningLaw(準拠法),DisputeSolution(紛争解決) 172
事項索引 179
判例索引 182
第1章 ライセンスとは何か 1
第2章 約定に基づくライセンス 3
   第1 特許権の約定実施権 4
45.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
原克著
出版情報: 東京 : 柏書房, 2009.7-  冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   はじめに 9
Ⅰすてきなマイホーム
   合理化する台所
    自動販売機専用コーナー 25
    食器洗い機 26
    ショッピングカート 27
    スーパーマーケット 28
    電気調理器 29
    電子レンジ 30
    透明ラッピング 31
    ドライブイン 32
    電気冷蔵庫 33
    冷凍食品 34
   快適な空間
    家の引っ越し 37
    椅子 38
    扇風機 39
    クーラー 40
    脱臭剤 41
    暖房装置 42
    携帯暖房器 43
    電気毛布 44
    プレハブ住宅 45
    防音装置 46
   衛生というトラウマ
    ゴミバケツ 49
    ゴミ収集車 50
    殺菌ランプ 52
    散水車 53
    清掃車 54
    洗濯機 55
    簡易洗濯機 56
    コインランドリー 57
    電気掃除機・家庭用 58
    マルチプレイヤー掃除機 60
    大型掃除機 62
Ⅱ20世紀身体論
   機械仕掛けの身体
    花粉症グッズ 69
    骨折ギプス 70
    コンタクトレンズ 71
    酸素マスク 72
    不眠症マスク 73
    身体能力計測器 74
    頭痛グッズ 76
    体温計 77
    体重計 78
    太陽ランプ 79
    電気カミソリ 80
    電動ハブラシ 91
    バスタブ 82
    日焼けランプ 83
    フィットネス器具 84
    美容マシン 86
    ヘアドライヤー 87
    マッサージ器具 88
   スポーツの世紀
    アメリカンフットボール 91
    大型スタジアム 92
    泳ぐ機械 93
    高速度撮影機 94
    スポーツ実況中継 95
    ゴルフグッズ 96
    電光掲示板 98
    ナイター照明 99
    ボウリング 100
    ボクシング 101
    ベースボールマシン 102
    ピッチングマシン 104
    野球速報ボード 105
    ローラースケート 106
Ⅲ都市という劇場
   劇場化する都市
    案内図 113
    エスカレーター 114
    エレベーター 115
    自動ドア 116
    キオスク 117
    靴磨きマシン 118
    高層ビル 119
    サーチライト 120
    スカイライター 121
    地下施設 122
    テーマバーク 123
    ネオンサイン 124
    プリクラ 125
    マンホール 126
   警戒する都市
    ウソ発見器 129
    火災報知器 130
    監視カメラ 131
    救急車 132
    金属探知機 133
    現金輸送車 134
    サイレン 135
    消防車 136
    パトカー 137
    防弾チョッキ 138
    防犯グッズ 139
    身分証明システム 140
    夜間銀行 142
Ⅳマイカーの世紀
   マイカー進化論
    安全バンパー 149
    安全ベルト 150
    カークーラー 151
    カーナピゲーション 152
    カーラジオ 154
    車上荒らし対策グッズ 155
    サイドローラー 156
    ジャッキ 157
    ナンバープレート 158
    方向指示器 159
    ワイパー 160
    マイカー銀河系
    アルコール検出器 163
    オフローダー 164
    カーウォッシャー 165
    ガソリンスタンド 166
    カートレーラー 168
    自動車教習所 169
    スピード計測器 170
    タンクローリー 171
    パーキングメーター 172
    立体駐車場 173
    レッカー車 174
Ⅴ走る都市
   速度の時代
    一輪自動車 181
    オートバイ 182
    高速道路 183
    自動券売機 184
    信号機 185
    スクーター 186
    タクシー 187
    通勤電車 188
    通勤バス 189
    道路標識 190
    リニアモーターカー 191
    ロケットカー 192
   大空への飛鋼
    浮かぶ飛行島 195
    打ち上げロケット 196
    宇宙飛行士 198
    空中給油機 199
    月面探査車 200
    高々度飛行服 201
    飛行船 202
    ヘリコプター 203
    旅客機 204
    マイカー飛行機 206
Ⅵ情報のかたち
   データ化する世界
    気送管 213
    キーボード 214
    教育の機械 215
    タイプライター 216
    卓上計算機 218
    コピー機 219
    コンピュータ 220
    タイムレコーダー 222
    ダイヤル 223
    電送写真 224
    パンチカード 225
    プッシュホン 226
    マイクロフィッシュ 227
    レジスター 228
   幻視する都市
    カメラ 231
    立体画像 232
    テレビジョン 234
    テレビ共同受信 236
    テレビアンテナ 237
    多用途テレビ 238
    テストパターン 239
    テレビリモコン 240
    トーキー映画 241
    野外映画 242
   音響の世界
    スピーカー 245
    テープレコーダー 246
    紙テープ録音機 248
    プラスチック録音機 249
    ワイヤー録音機 250
    携帯電話 251
    電話 252
    公衆電話 254
    テレビ電話 256
    留守番電話 257
    トランシーバー 258
    無線機 259
    ラジオ 260
    携帯用小型ラジオ 262
Ⅶ自然とアトミックエイジ
   自然というトラウマ
    送電鉄塔 269
    森林伐採マシン 270
    気象コントロール 272
    大気汚染対策グッズ 273
    ソーラーシステム 274
    電気栽培 276
    コンバイン 277
    電動ノコギリ 278
    バッテリー 280
    風力発電 281
    油田パイプライン 282
   核の時代
    核エネルギー 285
    家庭用核シエルター 286
    アトミック日用品 287
    核戦争グッズ 288
    原子力発電 289
    ラジウム健康器 290
おわりに 291
索引 302
   はじめに 9
Ⅰすてきなマイホーム
   合理化する台所
46.

図書

図書
David S.Ebert [ほか] 編 ; 川西裕幸翻訳
出版情報: 東京 : ボーンデジタル, 2009.7  xxi, 601p, ; 27cm
所蔵情報: loading…
47.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ナタリー・アンジェ [著] ; 西田美緒子訳
出版情報: 東京 : 近代科学社, 2009.6  447p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに  科学を知ってほしいのは、楽しいから、それだけ 7
   科学は子どもっぽい?
   科学好きはオタク?
   サイエンスライターとして
   科学を知る必要はある?
   必要だからではなく、楽しいから
   科学の世界の入口へ
   案内役は科学者たち
第一章 自分を客観的に見つめる 科学的に考える 29
   科学と聞いて、クイズ番組の正解を思いおこしてはいけない
   ひとつずつ、ていねいに
   客観的な事実がある
   謎は解かれる
   数学は大切だけれど
   数量に親しむ
   一番の敵は先入観
   大発見は疑ってかかれ
   不確かさこそが力の源
   批判的思考のコツ
   知ってるつもり
   自分の頭のなかを見直そう
第二章 誰がために「釣鐘曲線」はある 確率 73
   偶然はわざとらしい
   偶然が迷信に変わるとき
   奇跡は日常
   世界は広い
   確率の感覚を惑わすリンダ
   サンプル空間が大きければ
   頭の体操
   統計のウソ
   人生の教訓を語る釣鐘曲線
   相関関係と因果関係
   数字を鵜呑みにしないために
第三章 ものさしで遊ぶ 計測 107
   感覚はあてにならない
   人間中心のものさしから抜けだす
   便利な科学表記
   短い時間に目をこらす
   長い時間をさかのぼる
   気が遠くなるほど広大な宇宙
   目に見えないほど小さいライフサイズ
第四章 何もなくて十分 物理学 131
   あらゆる科学の土台になるもの
   原子はどんなふうに見える?
   原子の中身
   力の種類は全部で四つだけ
   休みなく飛びつづけている電子
   電子の反発力に感謝
   落ち着きのない電子の大移動
   何気なく電気を使っているけれど
   エネルギーがなければ動かない
   電流が磁石を作り、磁石が電流を起こす
   エネルギーの源は太陽
   光のいろいろ
   自然界はリサイクルが得意
   エネルギーは不滅
   アイスクリームは溶け、熱いコーヒーは冷める
   完璧なものはない
   エントロピーは増大する
第五章 火、氷、スパイ、そして生命 化学 186
   中くらいが大好きな少女、ゴルディロックス
   ジェームズ・ボンドの科学
   電子の共有が分子を作る
   塩をうむイオンの力
   水にはミッキーマウスがいっぱい
   鉛筆で書けるわけ
   生命の循環とダイヤモンド
   生命に彩をもたらす結合
   変化の科学
   ニュートンの人柄を変えてしまった金属
   うわべだけの変化
   ワインも化学から
   熱を吸い、熱を出す
第六章 生命の糸 進化生物学 230
   作りもののような本物
   信じない人たち
   なりゆきを見てきたわけではないが
   仮説から科学理論へ
   理論は先を読む
   ゆっくり、それとも急激に
   完璧でなくてよかった
   生き残りをかけて
   化石が残った幸運
   クジラとウマの系譜
   ヒトの系譜
   大地を共有する
   生命の樹をたどる
   同じ作戦
   手持ちの材料で応急処置
   子孫を残す努力
   進化論を疑う人たち
   血を止めるピタゴラ装置
   たったひとつの暗号
第七章 細胞の才能 分子生物学 288
   虫歯にとりつく植物相
   なくてはならない細菌もある
   生命の歴史の最高傑作
   世界一小さい生命の小包
   小さいことはいいことだ
   曲線美をほこる活発なマシン
   眠らない街の仕事人たち
   有名になりすぎた分子
   大きいのに単純
   たんぱく質のレシピ
   たんぱく質工場の生産工程
   つながりは精密でゆるやか
   日常の仕事と専門の仕事
   コピーとミス
   ひとりでは何もできないゲノム
第八章 生命の惑星 地質学 338
   落ち着きのない惑星
   ただの石こそが宝石
   熱よ、宇宙へ!
   誰も見たことのない世界
   地球は工事現場
   ポセイドンのベルトコンベア
   恵みの水
   なくてはならない空気
   生命と酸素のあいだがら
   青いビー玉
第九章 天の贈り物 天文学 375
   夜空のファンタジー
   純粋なイメージ
   光に頼って過去を見る
   すべてのはじまり
   銀河はみんな逃げていく
   風船の実験
   フィルムを逆にまわせば見えてくる
   膨張をうたいあげる最古の光
   ゆらぎから生まれた星くず
   ガスの塊から金が生まれるまで
   太陽のスカートから
   星の子の仲間たちは
   いつか会える日を
解題 424
訳者あとがき 429
索引 447
はじめに  科学を知ってほしいのは、楽しいから、それだけ 7
   科学は子どもっぽい?
   科学好きはオタク?
48.

図書

図書
マーヴィン・ミンスキー著 ; 竹林洋一訳
出版情報: 東京 : 共立出版, 2009.7  xxiv, 463p ; 22cm
所蔵情報: loading…
49.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
山田淳監修
出版情報: 東京 : シーエムシー出版, 2009.6  vii, 305p, 図版[3]p ; 27cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
総論 プラズモンナノ材料関連の最近の動向(山田淳)
   1. はじめに 1
   2. 金・銀ナノ構造の作製アプローチ 2
   2.1 リソグラフィー 3
   2.2 鋳型法 4
   2.3 金属ナノ粒子のボトムアップ作製法 4
   3. プラズモニクス関連の動向 7
   4. おわりに 9
第1章 プラズモンの基礎
   1. 伝搬型表面プラズモンと局在型表面プラズモン―表面プラズモンのここが知りたいQ&A―(林真至) 12
   1.1 はじめに 12
   1.2 伝搬型表面プラズモンは,光の分散関係との交点で励起されるとよく言われるのですが? 12
   1.3 局在型表面プラズモンは直接光で励起できると言われるのですが? 16
   1.4 Mie散乱の理論がよく分からないのですが? 17
   1.5 金属表面に吸着した分子のラマン散乱や蛍光の増強はどうして起きるのでしょうか? 20
   1.6 文献にホットサイト(ホットスポット)での増強という言葉がよく出てくるのですが? 24
   1.7 おわりに 25
   2. プラズモニックナノ構造の光学特性(田丸博晴) 27
   2.1 はじめに 27
   2.2 電子の閉じ込めと光の閉じ込め 27
   2.3 プラズモンと負の誘電率 29
   2.4 光の閉じ込めと表面ポラリトン 32
   2.5 電場増強効果 34
   2.6 サイズ効果 35
   2.7 おわりに 37
   3. ナノ材料から観るプラズモニクス(栗原隆) 39
   3.1 はじめに 39
   3.2 化学の外から内へ 39
   3.3 ナノ材料の機能化 40
   3.4 ナノ材料の構造化における課題 41
   3.5 フラクタル的手法の適用 42
   3.6 おわりに(将来への期待) 43
第2章 プラズモニックナノ構造の最新動向
   1. イオン液体を用いる金属ナノ粒子の新規合成法の開発(岡崎健一,桑畑進,鳥本司) 45
   1.1 はじめに 45
   1.2 イオン液体を用いる金属ナノ粒子の液相化学合成 46
   1.3 真空蒸着法を利用する金属ナノ粒子の液相合成 48
   1.4 イオン液体への金属のスパッタ蒸着によるナノ粒子作製 49
   1.4.1 イオン液体へのスパッタ蒸着による金ナノ粒子の作製 49
   1.4.2 スパッタ蒸着条件による銀ナノ粒子のサイズ制御 52
   1.4.3 二成分同時蒸着による金銀合金ナノ粒子の作製 53
   1.5 イオン液体中に生成した金属ナノ粒子の固定化と機能材料への応用 54
   1.6 将来展望と謝辞 55
   2. 金ナノロッド 58
   2.1 合成技術と表面処理技術(溝口大剛,平田寛樹,山田淳) 58
   2.1.1 金ナノロッドの特徴 58
   2.1.2 合成方法の概要 59
   2.1.3 各種合成法の詳細 61
   2.1.4 まとめ 66
   2.2 組織化技術(中島寛) 68
   2.2.1 はじめに 68
   2.2.2 金ナノロッドの1次元組織化構造 68
   2.2.3 金ナノロッドの多次元(2次元,3次元)組織化構造 71
   2.2.4 ポリマー修飾金ナノロッドの組織化構造 74
   2.2.5 テンプレート材を用いた金ナノロッドの組織化構造制御 77
   2.2.6 おわりに 79
   2.3 バイオ関連分野への応用展開(新留琢郎,新留康郎) 81
   2.3.1 はじめに 81
   2.3.2 バイオコンパチブル化 82
   2.3.3 バイオセンシング技術 85
   2.3.4 細胞イメージング技術とフォトサーマル細胞傷害 86
   2.3.5 in vivoイメージング 88
   2.3.6 in vivoにおけるフォトサーマル治療 89
   2.3.7 近赤外光に応答する薬物放出 90
   2.3.8 遺伝子デリバリー 91
   2.3.9 おわりに 92
   3. コア-シェル型有機-金属ヘテロナノ界面の設計・創成(及川英俊,小野寺恒信,増原陽人,笠井均,中西八郎) 95
   3.1 はじめに 95
   3.2 金属コア-共役系高分子シェル型ハイブリッドナノ構造体 96
   3.3 共役系高分子コア-金属シェル型ハイブリッドナノ構造体 99
   3.4 おわりに 102
第3章 プラズモンダイナミクス
   1. プラズモンのイメージング(岡本裕巳) 105
   1.1 プラズモンの光学的イメージング 105
   1.2 近接場光学顕微鏡 106
   1.3 金属ナノ微粒子のプラズモンモードのイメージング 108
   1.3.1 近接場透過イメージング 108
   1.3.2 近接場二光子励起イメージング 109
   1.4 金属ナノ微粒子集合体における電場の空間分布 111
   1.5 おわりに 114
   2. プラズモニックナノ粒子の超高速分光(玉井尚登) 116
   2.1 はじめに 116
   2.2 単一金ナノ微粒子の発光ダイナミクス 116
   2.3 金ナノロッドの近赤外領域におけるプラズモン消失スペクトル 118
   2.4 金ナノロッドの近赤外領域過渡吸収スペクトル 120
   2.5 金ナノロッドの近赤外領域過渡吸収ダイナミクスの振動構造―コヒーレント音響フォノン 121
   2.6 金ナノロッドのヤング率―時間分解分光による解析 125
   3. 金属-半導体界面での光電子移動(古部昭広) 129
   3.1 はじめに 129
   3.2 実験  131
   3.2.1 測定試料 131
   3.2.2 測定方法 131
   3.3 結果と考察 132
   3.3.1 金ナノ粒子から酸化チタンナノ粒子への電子移動速度 132
   3.3.2 金ナノ粒子から酸化チタンナノ粒子への電子移動収率 133
   3.3.3 金ナノ粒子から酸化チタンナノ粒子への電子移動収率の波長依存性 133
   3.3.4 酸化チタンナノ粒子から金ナノ粒子への逆電子移動過程 134
   3.3.5 近赤外光励起による電子移動  135
   3.4 まとめ 136
第4章 光-分子強結合場とプラズモニクス
   1. 光-分子強結合反応場と多光子反応(上野貢生,三澤弘明) 138
   1.1 はじめに 138
   1.2 金属ナノ構造が示す光電場増強効果 139
   1.3 電子ビーム露光による金属ナノ構造体の作製 139
   1.4 金ナノブロック構造の光学特性 141
   1.5 2光子重合反応 143
   1.6 おわりに 145
   2. 規則ポーラス構造による微小空間形成と光電場増強場への応用(益田秀樹,近藤敏彰) 147
   2.1 はじめに 147
   2.2 Alの陽極酸化にもとづく規則ポーラス構造の形成 147
   2.3 ポーラスアルミナにもとづく金属ナノドットアレーの形成 148
   2.4 金属ナノドットアレーにもとづく光電場増強  150
   2.5 ポーラスアルミナにもとづく3次元規則構造の形成と光電場増強場 153
   2.6 おわりに 155
第5章 計測・センシング応用技術
   1. 生体分子反応計測への応用(石田昭人) 157
   1.1 はじめに 157
   1.2 表面プラズモン共鳴分光法(SPR) 157
   1.2.1 インタラクトーム研究における応用 157
   1.2.2 表面プラズモン共鳴イメージング 167
   1.3 プラズモン増強蛍光分光 169
   1.3.1 プラズモン増強蛍光分析 169
   1.3.2 プラズモン増強蛍光イメージング 170
   1.4 まとめ 174
   2. バイオセンシング(前田瑞夫) 176
   2.1 プラズモン材料とバイオセンシング 176
   2.2 非架橋機構によるバイオセンシング 177
   2.3 DNA修飾金ナノ粒子の自己凝集 178
   2.4 金ナノ粒子を用いる遺伝子診断 179
   2.5 DNA修飾金ナノ粒子を用いる分子センシング 181
   2.6 おわりに 182
   3. 近赤外センシング(池羽田晶文,尾崎幸洋) 184
   3.1 はじめに 184
   3.2 近赤外光による伝播表面プラズモン励起 184
   3.3 表面プラズモン共鳴近赤外分光法 187
   3.4 表面プラズモン共鳴と偏光 188
   3.5 吸収応答SPRの実際 189
   3.6 高分散試料のためのSPRスペクトル解析 190
   3.7 低分散試料のためのスペクトル解析 190
   3.8 潜り込みはどの範囲まで及んでいるか 192
   3.9 おわりに 192
   4. 表面増強分光計測の原理とその検証(伊藤民武,吉川裕之,尾崎幸洋) 194
   4.1 はじめに 194
   4.2 表面増強分光計測の原理 194
   4.3 表面増強ラマン散乱(SERS)分光計測 196
   4.4 表面増強ハイパーラマン(SEHRS)分光計測 199
   4.5 おわりに 202
   5. 質量分析への応用展開(芝本幸平) 204
   5.1 はじめに 204
   5.2 表面プラズモン励起と分析技術との接点 204
   5.3 LDI-MS法の現状 206
   5.4 SP励起を誘起する金ナノ微粒子のLDI-MS法における利用法 207
   5.5 SP-LDI-MSにおけるイオン化機構へのアプローチ 208
   5.6 SP-LDI-MS法の検出限界の向上へのアプローチ 209
   5.7 実試料測定に向けた様々な試料分子の測定 211
   5.8 まとめと今後の展望 211
第6章 パターン形成・加工技術
   1. 単分子膜リソグラフィによる微細加工 : 金ナノ粒子の選択配置(杉村博之) 214
   1.1 はじめに 214
   1.2 単分子膜のマイクロ加工と微細オブジェクトの集積化 216
   1.2.1 UVリソグラフィによるアミノシランSAMのマイクロ加工 216
   1.2.2 VUVリソグラフィによるSAMのマイクロ加工 217
   1.2.3 VUVマイクロ加工によるテンプレート加工と金ナノ粒子空間選択集積 219
   1.2.4 マイクロコンタクト電気化学変換 222
   1.2.5 ナノプローブ加工と金ナノ粒子配置 224
   1.3 おわりに 226
   2. 微細光学素子と計測への応用(田和圭子,西井準治) 228
   2.1 はじめに 228
   2.2 周期構造基板の作製 230
   2.2.1 ガラス表面への周期構造の形成 230
   2.2.2 プラスチック表面への周期構造の形成 230
   2.2.3 GC-SPR基板の作製 231
   2.3 格子カップリング表面プラズモン共鳴 231
   2.4 格子カップリング表面プラズモン共鳴による増強蛍光 233
   2.5 バイオへの応用 233
   2.6 今後の展開 234
第7章 エネルギー転換技術
   1. 貴金属ナノ構造の光電変換への応用(秋山毅,山田淳) 237
   1.1 はじめに 237
   1.2 無機半導体太陽電池における貴金属ナノ粒子の効果 237
   1.3 有機光電変換素子における貴金属ナノ構造の効果 239
   1.4 まとめ 243
   2. 金属ナノ粒子-半導体系における光誘起電荷分離とその応用(立間徹) 245
   2.1 はじめに 245
   2.2 金ナノ粒子-酸化チタン系におけるプラズモン誘起電荷分離 245
   2.3 銀ナノ粒子-酸化チタン系の挙動 246
   2.4 金属ナノ粒子-半導体系材料の作製 246
   2.5 マルチカラーフォトクロミズムの挙動 247
   2.6 粒子サイズ変化の寄与 248
   2.7 その他の変化の寄与 249
   2.8 紫外光による再着色と色の保持 250
   2.9 その他の応用 251
   2.10 おわりに 252
   3. 光触媒への応用展開(大谷文章,エバ=コワルスカ) 254
   3.1 従来の光触媒 254
   3.2 酸化チタン光触媒の現状と課題 255
   3.3 貴金属微粒子担持光触媒 255
   3.4 局在表面プラズモン励起光触媒反応の可能性 256
   3.5 金微粒子を担持させたさまざまな酸化チタン 256
   3.6 金微粒子担持酸化チタンによる光触媒反応 258
   3.7 作用スペクトル解析 259
   3.8 反応機構 260
   3.9 おわりに 261
   4. 表面プラズモン―蛍光分子間のエネルギー移動―(岡本隆之) 263
   4.1 はじめに 263
   4.2 蛍光分子から表面プラズモンへのエネルギー移動 264
   4.3 蛍光増強 266
   4.4 プラズモニック結晶による蛍光増強 267
   4.5 有機EL素子におけるエネルギー移動 269
   4.6 おわりに 270
第8章 光デバイス応用技術
   1. 非線形光学効果を利用する光回路(岡本敏弘,原口雅宣,福井萬壽夫) 271
   1.1 はじめに 271
   1.2 表面プラズモンを用いた光回路・光デバイス 272
   1.3 光カー効果を利用した局在表面プラズモン型光スイッチ 273
   1.3.1 ナノサイズコア-シェル型微粒子の非線形光学応答計算機シミュレーション 273
   1.3.2 ナノサイズコア-シェル構造の作製 275
   1.3.3 ナノサイズコア-シェル構造における非線形光学特性の実験観測 277
   1.4 今後の展望 281
   2. プラズモニック導波路の新展開(高原淳一) 283
   2.1 はじめに 283
   2.2 プラズモニック導波路の基礎 283
   2.2.1 光閉じ込めの原理 283
   2.2.2 基本構造 284
   2.2.3 ナノ光導波路としての性質 284
   2.3 プラズモニック導波路の最近の展開 285
   2.3.1 超集束 285
   2.3.2 機能性導波デバイス 286
   2.3.3 長距離伝搬モードの応用 287
   2.4 おわりに 287
   3. テラヘルツ領域での展開(萩行正憲,宮丸文章,高野恵介) 289
   3.1 はじめに 289
   3.2 金属開口配列のテラヘルツ波透過特性 290
   3.3 金属表面付近の誘電体薄膜の影響と高感度センシングへの応用 293
   3.4 まとめ 297
   4. 電子デバイスへの応用展開(山田亮) 299
   4.1 はじめに 299
   4.2 金属/無機半導体(MS)接合における光電流増強 299
   4.3 金属/絶縁体/金属(MIM)トンネル接合における光励起トンネリングの増強 299
   4.4 シリコンp-n接合における金属ナノ粒子を利用した光電変換および発光効率の増強 301
   4.5 有機半導体/金属接合および有機物/ナノ粒子コンポジットにおける光電流増強 301
   4.6 有機電界発光素子(有機EL)における発光効率の増強 302
   4.7 ギャップモードを利用した光透過電極の作製と光電子素子への応用 302
   4.8 SPPによる金属薄膜を介した長距離エネルギー移動の利用 303
   4.9 SPP発生/検出素子 304
   4.10 まとめ 304
総論 プラズモンナノ材料関連の最近の動向(山田淳)
   1. はじめに 1
   2. 金・銀ナノ構造の作製アプローチ 2
50.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
八木康一編著 ; 能野秀典, 矢沢道生, 桑山秀人共著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2009.6  ix, 155p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 元素と原子の性質
   1.1 はじめに 1
    1.1.1 化学の誕生 1
    1.1.2 元素,原子とは 2
    1.1.3 “モル”化学で最も大切な単位 3
   1.2 原子の構造 5
    1.2.1 原子の大きさ 5
    1.2.2 陽子の数と質量 6
    1.2.3 同位体 6
    1.2.4 電子配置と軌道 7
    1.2.5 典型元素と遷移元素 9
   1.3 周期表 9
    1.3.1 周期表に基づく元素の分類 9
    1.3.2 イオン化エネルギー 10
    1.3.3 電子親和力 11
   1.4 化学結合 11
    1.4.1 結合に関わる最外殻電子” 11
    1.4.2 イオン結合 12
    1.4.3 共有結合 12
    1.4.4 配位結合 12
    1.4.5 分子の極性 13
   練習問題 14
2章 希ガス(O族)元素と水素
   2.1 希ガス(O族)元素 15
    2.1.1 希ガスの化学的性質と電子構造(閉殻構造と八隅子説) 15
   2.2 水 素 17
    2.2.1 水素原子の構造,水素化合物の例 17
    2.2.2 水素イオン(H+) 19
    2.2.3 生物にとって重要な水素化合物“水” 20
   練習問題 21
3章 典型元素Ⅰ(s元素)
   3.1 s元素とは 22
   3.2 1A族元素(アルカリ金属元素) 22
    3.2.1 一般的性質 22
    3.2.2 主な化合物 24
   3.3 2A族元素(アルカリ土類金属元素) 25
    3.3.1 一般的性質 25
    3.3.2 主な化合物 26
4章 典型元素Ⅱ(p元素)
   4.1 p元素とは 28
   4.2 3A族元素(ホウ素族元素;B, Al, Ga, In, Tl) 29
    4.2.1 一般的性質 29
    4.2.2 アルミニウム(Al) 30
   4.3 4A族元素(炭素族元素;C, Si, Ge, Sn, Pb) 32
    4.3.1 一般的性質 32
    4.3.2 炭 素(C) 33
    4.3.3 ケイ素(Si) 36
   4.4 5A族元素(窒素族元素;N, P, As, Sb, Bi) 37
    4.4.1 一般的性質 37
    4.4.2 窒 素(N) 38
    4.4.3 リ ン(P) 42
   4.5 6A族元素(酸素族元素;O, S, Se, Te, Po) 43
    4.5.1 一般的性質 43
    4.5.2 酸 素(O) 44
    4.5.3 硫 黄(S) 50
    4.5.4 セレン(Se) 52
   4.6 7A族元素(ハロゲン元素;F, Cl, Br, I, At) 54
    4.6.1 一般的性質 54
    4.6.2 フッ素(F) 55
    4.6.3 塩 素(Cl) 56
    4.6.4 ヨウ素(I) 57
   練習問題 58
5章 電解質(Electrolyte)(水,弱酸の取り扱い)
   5.1 水,イオン 59
    5.1.1 電解質 59
    5.1.2 モル電気伝導度,Λo 60
    5.1.3 イオン独立移動の法則 61
    5.1.4 電離度,α 62
    5.1.5 水の場合を考える 62
    5.1.6 弱酸(弱電解質である酸)の取り扱い 63
   5.2 弱酸に塩基を加える(中和反応) 65
    5.2.1 中和反応 65
    5.2.2 弱酸の中和反応 65
   5.3 生体内における重要なpH酸緩衝作用 67
    5.3.1 リン酸系 67
    5.3.2 炭酸緩衝系 68
   練習問題 69
6章 遷移元素(d元素)
   6.1 d元素の一般的性質 71
   6.2 d元素のイオン化 73
    6.2.1 イオン化傾向 73
    6.2.2 d元素のイオン化エネルギー 73
    6.2.3 d元素イオンの外殻電子 74
    6.2.4 イオンの水和 75
   6.3 d元素と錯体 76
    6.3.1 錯体と配位子 76
    6.3.2 d元素イオンの配位結合と希ガス型電子構造 77
    6.3.3 配位子に依存するd元素イオンの安定な原子価 80
    6.3.4 配位子に依存する錯イオンの色と構造 80
    5.3.5 多座配位子 81
    6.3.6 化学平衡と錯体の安定度定数 83
   6.4 d元素と酸化・還元反応 84
    6.4.1 遷移金属イオンの酸化と還元 84
    6.4.2 酸化還元の反応方向と電池の起電力 85
    6.4.3 標準電極電位 86
    6.4.4 実際の酸化還元反応と標準電極電位 87
    6.4.5 錯体の分子構造と分子軌道 89
   6.5 生物における遷移元素 90
    6.5.1 バナジウム 90
    6.5.2 クロムとモリブデン 91
    6.5.3 マンガン 93
    6.5.4 鉄 95
    6.5.5 コバルト 98
    6.5.6 ニッケル 98
    6.5.7 銅 99
    6.5.8 亜鉛とカドミウム 100
   練習問題 101
7章 生命現象と金属元素
   7.1 細胞膜を隔てたイオン濃度のバランス 104
    7.1.1 細胞の内外でイオンの分布は異なる 104
    7.1.2 イオンポンプとイオンチャンネル 105
    7.1.3 細胞内イオン濃度と浸透圧の調節 109
    7.1.4 イオンチャンネルと神経 109
   7.2 生命活動とエネルギー 111
    7.2.1 細胞が使えるエネルギー 111
    7.2.2 アデノシン三リン酸(ATP) 112
    7.2.3 ミトコンドリアでのATP合成 113
    7.2.4 クロロプラストでの光合成とATPの合成 116
    7.2.5 電子キャリアの構造 119
   7.3 物質の輸送 123
    7.3.1 ヘモグロビンと酸素の輸送 124
    7.3.2 ヘモグロビンと二酸化炭素の輸送 128
    7.3.3 その他の物質の輸送 129
   7.4 生命活動と物質の変換 129
    7.4.1 金属イオンと酵素 130
    7.4.2 酸素の酸化力と毒性 133
   7.5 化学反応速度の調節と生命 134
    7.5.1 酵素活性の調節 135
    7.5.2 刺激に対する細胞の応答-酵素の活性化 135
   7.6 遺伝情報と金属元素 138
    7.6.1 核酸はヌクレオシドリン酸のポリマー 138
    7.6.2 DNAは二重らせん構造 139
    7.6.3 遺伝情報の発現と調節-金属元素が機能出来る過程 140
    7.6.4 遺伝子構造の変異と損傷-進化と発がん 144
練習問題の解答例 147
索引 153
1章 元素と原子の性質
   1.1 はじめに 1
    1.1.1 化学の誕生 1
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼