close
1.

図書

図書
陽捷行編著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1998.1  x, 216p, 図版4枚 ; 21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
デボラ・キャドバリー著 ; 古草秀子訳
出版情報: 東京 : 集英社, 1998.2  371p, 図版1枚 ; 20cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
吉田尚弘編・訳
出版情報: 東京 : 丸善, 1998.2  134p ; 21cm
シリーズ名: ポップサイエンス
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 気候変動―大気と海洋の相互作用 1
   単純な循環―地球と太陽
   冷たい空気のための熱い空気―ハドレーセル
   すべては海洋で起こる―旋回する表層海流
   深層に向かって―海洋のコンベアーベルト
   寒冷に保たれるメカニズム―氷河期と大陸移動
   [コラム]一気候区分―おだやかな地域と厳しい地域 13
2 炭素サイクル 17
   炭素の循環―フラックスと流れ
   大気中の炭素―温室効果
   メタンのソース―牛と石炭鉱末
   炭素の収支―未来のために
   [コラム]炭素の複雑な化学 23
   [コラム]光合成の生産物とプロセス 31
3 植物と水サイクル 35
   細胞内にかかる圧力―浸透圧と膨圧
   頂上への道―根から葉へ
   外との境界―葉から大気へ
   進行しつつある変化―気候と森林伐採
   [コラム]水ポテンシャル 43
   [コラム]孔の制御 46
4 地球温暖化と植物 49
   寛容の限界―何がどこで育つか?
   地球大気に関する楽観―みえざる肥料
5 地下水―その循環のしくみ 63
   丘陵を下り、谷を上る被圧井
   長期の滞留―自然の倉庫
   安全な飲料水―どの程度の処理が必要だろうか?
   [コラム]活動している帯水層―ぬれたタオルと乾いた夏 69
   [コラム]水の供給―蛇口つきの地下水 77
6 土壌や水中の硝酸塩 79
   硝酸塩と健康―チアノーゼ症(青色児)症候群
   天然の窒素リザーバー―活動的なバクテリア
   どのくらい窒素は溶出するのだろう?―答えは土壌にある
   耕作するだけでなく、土に触れてみよう
   [コラム]飲料水中の硝酸塩―法による規制 85
   [コラム]どのようにして化学肥料への投資を減らし、環境を保護するか? 93
7 光化学 95
   光に仕事させる―跳びあがる電子
   地球上の生命を守る―大気中の活動
   光産業―働く電子
   [コラム]光化学者が利用する光源 101
   [コラム]肌と光化学 105
   [コラム]またたく間の乾燥 109
8 ガイア 113
   ガイア支持論―調節機能と修復機能
   ガイアに対する反論―進化論と偶然論
   地球のためのガイア入門―二酸化炭素のポンプ作用
   雲とプランクトン―太陽光線の変化
   生きている惑星―独創的な思想
   [コラム]ガイア仮説を検証する 121
   [コラム]デイジーワールドの環境 123
   さらに知りたい人のために[参考文献] 129
   訳者あとがき 131
   執筆者紹介 134
1 気候変動―大気と海洋の相互作用 1
   単純な循環―地球と太陽
   冷たい空気のための熱い空気―ハドレーセル
4.

図書

図書
多賀光彦, 那須淑子共著
出版情報: 東京 : 三共出版, 1998.3  vii, 219p ; 26cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
環境庁編
出版情報: 東京 : 大蔵省印刷局, 1998.6  4, 519p, 図版 [18] p ; 21cm
シリーズ名: 環境白書 / 環境庁編 ; 平成10年版 総説
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
ガレス・ポーター, ジャネット・ウェルシュ・ブラウン著 ; 村上朝子 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 有斐閣, 1998.5  xviii, 292p ; 22cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
パトリック・マッカリー著 ; 鷲見一夫訳
出版情報: 東京 : 築地書館, 1998.6  xvi, 412p ; 22cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
諏訪雄三著
出版情報: 東京 : 新評論, 1998.5  xvii, 456p ; 21cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
市川一夫編著 ; 諏訪亜紀共著
出版情報: 岡山 : 西日本法規出版 , 東京 : 星雲社 (発売), 1998.3  125p ; 21cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
栗原康著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1998.6  vi, 206, 2p ; 16cm
シリーズ名: 同時代ライブラリー ; 347
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 要素を足しても全体にはならない : 危険な共生
人類の負のフィードバック
超正常刺激 ほか
2 自然界にはパイプもボックスもない : 匂いについて
地球と共存できるか
ネットワーク的思考 ほか
3 テクノロジーの進歩で気になること : 技術の多面性
二極分化
閉鎖系について ほか
4 生物の論理・人間の論理 : 攻撃と防衛
自然からのアメとムチ
人間にとってのテリトリー ほか
1 要素を足しても全体にはならない : 危険な共生
人類の負のフィードバック
超正常刺激 ほか
概要: 加速度的に進む地球環境の破壊と汚染。神への冒涜ともなりかねない生命操作。生態系における遺伝情報の攪乱。自己家畜化する人間...。本書は自然の掟をみつめながら、生命体と環境の操縦者としての「人間」と、生物進化の産物としての「ヒト」との調和ある 関係を模索する。有限の環境を見すえた新しい人間学をめざす書下しエッセイ集。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼