close
1.

図書

図書
Silverstein, Webster著 ; 荒木峻 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1999.9  xiv, 431p ; 26cm
シリーズ名: 有機化合物のスペクトルによる同定法
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
田隅三生, 吉原經太郎編集委員
出版情報: 東京 : 丸善, 1991.7-1993.6  3冊 ; 22cm
シリーズ名: 実験化学講座 / 日本化学会編 ; 6-8
所蔵情報: loading…
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Silverstein, Webster, Kiemle著 ; 荒木峻 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2006.9  xii, 483p ; 26cm
シリーズ名: 有機化合物のスペクトルによる同定法
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 質量分析法 1
   1・1はじめに 1
   1・2 装置 2
   1・3 イオン化法 3
    1・3・1 気相イオン化法 3
    1・3・2 脱離イオン化法 5
    1・3・3 蒸発イオン化法 7
   1・4 質量分離装置 10
    1・4・1 磁場型質量分析計 10
    1・4・2 四重極型質量分析計 11
    1・4・3 イオントラップ型質量分析計 12
    1・4・4 飛行時間型質量分析計 13
    1・4・5 フーリエ変換型質量分析計 13
    1・4・6 タンデム質量分析法 14
   1・5 EI質量スペクトルの解釈 15
    1・5・1 分子イオンピークの確認 15
    1・5・2 分子式の決定 16
    1・5・3 分子式の利用,不足水素指標 17
    1・5・4 フラグメンテーション 18
    1・5・5 転位 20
   1・6 数種類の同族列の質量スペクトル 21
    1・6・1 炭化水素 212
    1・6・2 ヒドロキシ化合物 24
    1・6・3 エーテル 26
    1・6・4 ケトン 28
    1・6・5 アルデヒド 29
    1・6・6 カルボン酸 30
    1・6・7 カルボン酸エステル 31
    1・6・8 ラクトン 33
    1・6・9 アミン 33
    1・6・10 アミド 34
    1・6・11脂肪族ニトリル 35
    1・6・12 ニトロ化合物 35
    1・6・13 脂肪族亜硝酸エステル 35
    1・6・14 脂肪族硝酸エステル 36
    1・6・15 硫黄化合物 36
    1・6・16 ハロゲン化合物 37
    1・6・17 複素芳香族化合物 39
   参考文献 40
   練習問題 41
   付録
    A.炭素,水素,窒素,酸素の各種組み合わせに対する式質量(FM) 50
    B.フラグメントイオン 71
    C.脱離するフラグメント 73
2章 赤外分光法 75
   2・1はじめに 75
   2・2 理論 75
    2・2・1 カップリング相互作用 78
    2・2・2 水素結合 80
   2・3 装置 81
    2・3・1 分散型IR分光光度計 81
    2・3・2 フーリエ変換赤外分光光度計(干渉計) 82
   2・4 試料調整 82
   2・5 スペクトルの解釈 84
   2・6 有機分子の特性基吸収帯 86
    2・6・1 直鎖アルカン(パラフィン) 86
    2・6・2 枝分かれアルカン 88
    2・6・3 環式アルカン 88
    2・6・4 アルケン 89
    2・6・5 アルキン 91
    2・6・6 単環式芳香族炭化水素 91
    2・6・7 多環式芳香族炭化水素 92
    2・6・8 アルコールおよびフェノール類 92
    2・6・9 エーテル,エポキシドおよび過酸化物 95
    2・6・10 ケトン 97
    2・6・11 アルデヒド 99
    2・6・12 カルボン酸 100
    2・6・13 カルボン酸アニオン 102
    2・6・14 エステルおよびラクトン 102
    2・6・15 酸ハロゲン化物 104
    2・6・16 カルボン酸無水物 104
    2・6・17 アミドおよびラクタム 105
    2・6・18 アミン 107
    2・6・19 アミン塩 108
    2・6・20 アミノ酸およびアミノ酸塩 108
    2・6・21 ニトリル 109
    2・6・22 イソニトリル,シアン酸エステル,イソシアン酸エステル,チオシアン酸エステル,イソチオシアン酸エステル 110
    2・6・23 アゾ基を含む化合物 110
    2・6・24 窒素-酸素結合を含む共有結合化合物 110
    2・6・25 有機硫黄化合物 111
    2・6・26 硫黄-酸素結合を含む化合物 112
    2・6・27 有機ハロゲン化合物 113
    2・6・28 ケイ素化合物 114
    2・6・29 リン化合物 114
    2・6・30 複素芳香族化合物 114
   参考文献 115
   練習問題 116
    A. 溶媒とペースト用油の透明領域 125
    B. 特性基吸収帯 126
    C. アルケンの吸収帯 131
    D. リン化合物の吸収帯 132
    E.複素芳香族化合物の吸収帯 132
3章 プロトンNMR分光法 133
   3・1 はじめに 133
   3・2 理論 133
    3・2・1 核の磁気的性質 133
    3・2・2 スピン1/2の核の励起 134
    3・2・3 緩和 138
   3・3 装置および試料調製 141
    3・3・1 装置 141
    3・3・2 NMRの実験の感度 142
    3・3・3 溶媒の選択 143
   3・4 化学シフト 144
   3・5 スピン結合,多重線,スピン系 150
    3・5・1 一次の簡単な多重線と複雑な多重線 150
    3・5・2 一次のスピン系 153
    3・5・3 Peopleの記号法 153
    3・5・4 簡単な一次のスピン系の他の例 155
    3・5・5 一次のパターンの解析 155
   3・6 酸素,窒素および硫黄原子についたプロトン.交換可能なプロトン 157
    3・6・1 酸素原子についたプロトン 157
    3・6・2 窒素についたプロトン 160
    3・6・3 硫黄についたプロトン 162
    3・6・4 塩素,臭素およびヨウ素の核についたまたは近くのプロトン 162
   3・7 プロトンと他の重要な核(19F,D,31P,29Siおよび13C)とのスピン結合 163
    3・7・1 プロトンと19Fとのスピン結合 163
    3・7・2 プロトンとDとのスピン結合 163
    3・7・3 プロトンと31Pとのスピン結合 164
    3・7・4 プロトンと29Siとのスピン結合 164
    3・7・5 プロトンと13Cとのスピン結合 164
   3・8 化学シフトの等価性 164
    3・8・1 対称操作による入れ替えを用いる化学シフトの等価性の決定 164
    3・8・2 標識(タグ)をつける(または置換を行う)方法による化学シフトの等価性の決定 166
    3・8・3 構造の早い相互変化による化学シフトの等価性 167
   3・9 磁気的等価性(スピン結合の等価性) 169
   3・10 三つのスピン結合定数をもつ固いAMX,ABXおよびABC系 171
   3・11 配座的に動きやすい開鎖の系仮想的スピン結合 173
    3・11・1 非対称の鎖式化合物 173
    3・11・2 対称的な鎖式化合物 174
    3・11・3 対称性の少ない鎖式化合物 175
   3・12 キラリティー 177
    3・12・1 1個のキラル中心,イプセノール 177
    3・12・1 2個のキラル中心 179
   3・13 ビシナルおよびジェミナル・スピン結合 179
   3・14 遠隔スピン結合 181
   3・15 選択的スピン・デカップリング二重共鳴 181
   3・16 核オーバーハウザー効果,差スペクトル,空間を通じた1H1Hの近接度 182
   3・17 結論 184
   参考文献 184
   練習問題 186
    A. 脂肪族化合物のプロトンの化学シフト 195
    B. 2個または3個の直接結合した官能基による化学シフトへの効果 197
    C. 脂環式および複素環式化合物の化学シフト 199
    D.不飽和系および芳香族の化学シフト 200
    E.水素結合の効果を受けたプロトン(ヘテロ原子についたプロトン) 203
    F.プロトン-スピン結合定義
    G.市販重水素化溶媒の残留プロトンの化学シフトおよび多重度 206
    H.通常の実験室用の溶媒中に痕跡不純物として存在するプロトンの化学シフト 207
    I.D₂O中におけるアミノ酸のプロトンNMR化学シフト 208
4章 炭素-13NMR分光法 209
   4・1 はじめに 209
   4・2 理論 209
    4・2・1 1Hデカリップリング法 209
    4・2・2 化学シフトのスケールと範囲 211
    4・2・3 T1緩和 212
    4・2・4 核オーバーハウザー効果によるシグナルの増強(NOE) 214
    4・2・5 13C-1Hスピン結合(j値) 214
    4・2・6 感度 215
    4・2・7 溶媒 216
   4・3 簡単な13Cスペクトルの解釈:フタル酸ジエチル 217
   4・4 13Cによる定量分析 219
   4・5 化学シフトの等価性 219
   4・6 DEPT 221
   4・7 化学種と化学シフト 223
    4・7・1 アルカン 224
    4・7・2 アルケン 226
    4・7・3 アルキン 228
    4・7・4 芳香族化合物 228
    4・7・5 複素環式芳香族化合物 229
    4・7・6 アルコール 229
    4・7・7 エーテル.アセタールおよびエポキシド 231
    4・7・8 ハロゲン化合物 231
    4・7・9 アミン 232
    4・7・10 チオール,スルフィドおよびジスルフィド 232
    4・7・11 炭素を含む官能基 233
   参考文献 234
   練習問題 235
    A.通常のNMRの溶媒の13C化学シフト,スピン結合定数および多重度 244
    B.痕跡の不純物としての通常の実験室用の溶媒の13C化学シフト 245
    C.種々の化学種に対する13C相関図 247
    D.天然物の13C NMRデータ(δ値) 248
5章 相関NMR分光法;二次元NMR 249
   5・1 はじめに 249
   5・2 理論 250
   5・3 相関分光法 253
    5・3・1 1H-1Hの相関:COSY 255
   5・4 イプセノール: 1H-1 HCOSY 255
    5・4・1 イプセノール:二量子フィルター1H-1H COSY 255
    5・4・2 炭素検出13C-1H COSY:HETCOR 258
    5・4・3 プロトン検出1H-13C COSY:HMQC 259
    5・4・4 イプセノール:HETCORおよびHMQC 259
    5・4・5 イプセノール:プロトン検出,遠隔1H-13C異核間の相関:HMBC 261
   5・5 カリオフィレンオキシド 263
    5・5・1 DQF-COSY 263
    5・5・2 HMQC 264
    5・5・3 HMBC 267
   5・6 13C-13Cの相関:INADEQUATE 269
    5・6・1 カリオフィレンオキシド 271
   5・7 ラクトース 271
    5・7・1 DQF-COSY 272
    5・7・2 HMQC 273
   5・8 リレー・コヒーレンス移動:TOCSY 275
    5・8・1 二次元TOCSY:ラクトース 277
    5・8・2 一次元TOCSY:ラクトース 277
   5・9 HMQC-TOCSY 278
    5・9・1 ラクトース 278
   5・10 ROESY 278
    5・10・1 ラクトース 280
   5・11 VGSE 281
    5・11・1 COSY 282
    5・11・2 TOCSY 283
    5・11・3 HMQC 283
    5・11・4 HMBC 285
    5・11・5 ROESY 286
   5・12 磁場勾配NMR法 286
   参考文献 287
   練習問題 288
6章 他の重要なスピン1/2核のNMR分光法 318
   6・1 はじめに 318
   6・2 16N核磁気共鳴 319
   6・3 19F核磁気共鳴 325
   6・4 29Si核磁気共鳴 327
   6・5 31P核磁気共鳴 330
   6・6 結論 332
   参考文献 332
   練習問題 334
    A. 磁気的に活性な核の性質 338
7章 問題の解き方 340
8章 演習問題 382
事項索引 475
化合物索引 480
1章 質量分析法 1
   1・1はじめに 1
   1・2 装置 2
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼