close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本非破壊検査協会編
出版情報: 東京 : 日本非破壊検査協会, 2007.10  2冊 ; 26cm
シリーズ名: 非破壊検査技術シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 磁粉探傷試験に必要な基礎知識 1
   1.1 磁石 1
   1.2 電流が作る磁界 2
   1.3 磁束と磁束密度 4
   1.4 強磁性体と磁気特性 5
    1.4.1 磁化 5
    1.4.2 磁化曲線(B-H曲線) 6
    1.4.3 鉄鋼材料の磁気特性 7
   1.5 反磁界 7
   1.6 磁粉探傷試験の原理 8
   1.7 磁粉探傷試験の特徴 9
   1.8 磁化方法の種類と内容 9
    1.8.1 磁化電流 9
    1.8.2 磁化方法の分類 9
2 磁粉探傷試験 12
   2.1 前処理 12
   2.2 磁化操作と磁粉の適用時期 12
   2.3 磁粉の適用方法 13
   2.4 磁粉模様の形成 13
    2.4.1 磁粉模様の形成過程 13
    2.4.2 磁粉模様の形成に影響を及ぼす因子 15
   2.5 疑似模様 16
   2.6 磁粉模様の観察 17
   2.7 試験体の後処理と脱磁 17
3 各種磁化方法と探傷の実際 18
   3.1 極間法 18
    3.1.1 基礎 18
    3.1.2 溶接構造物の探傷の実際 26
   3.2 軸通電法及び電流貫通法 32
    3.2.1 基礎 32
    3.2.2 機械部品の探傷の実際 34
   3.3 プロッド法 35
    3.3.1 基礎 35
    3.3.2 溶接部の探傷の実際 36
   3.4 コイル法 38
    3.4.1 基礎 38
    3.4.2 機械部品の探傷の実際 40
   3.5 磁束貫通法による機械部品の探傷 41
4 A形及びC形標準試験片 42
   4.1 使用目的 42
   4.2 種類 42
   4.3 取扱い方法 44
5 試験に必要な磁化機器と材料 45
   5.1 磁化装置の種類 45
    5.1.1 極間法 45
    5.1.2 通電法及びコイル法 47
   5.2 磁粉 50
    5.2.1 乾式磁粉 50
    5.2.2 湿式磁粉 50
    5.2.3 蛍光磁粉と非蛍光磁粉 50
   5.3 検査液 51
    5.3.1 検査液の性質 51
    5.3.2 検査液濃度 52
   5.4 磁粉散布器 52
    5.4.1 手動式検査液散布器 52
    5.4.2 手動式磁粉散布器 53
   5.5 紫外線照射灯(ブラックライト) 53
   5.6 その他必要な器具及び材料 54
   5.7 保守と安全衛生 55
6 磁粉探傷試験で対象となるきずの種類 56
   6.1 きずの有害性 56
   6.2 製造時で検出の対象となるきず 57
    6.2.1 圧延材 57
    6.2.2 鋳造品 58
    6.2.3 鍛造品 61
    6.2.4 溶接部のきず(欠陥) 62
   6.3 保守検査で検出の対象となるきず 64
7 記録 66
   7.1 探傷条件に関する記録 66
   7.2 探傷結果の記録 67
    7.2.1 図面を書く際の基本 67
    7.2.2 探傷結果を示す図面の書き方 74
8 指示書 78
   8.1 指示書の目的 78
   8.2 定置式磁粉探傷装置による指示書の例 79
   8.3 極間式磁粉探傷装置による指示書の例 80
   1.1 磁界 1
   1.2 電流による磁界の発生 3
    1.2.1 アンペアの法則 3
    1.2.2 無限長電流による磁界 5
    1.2.3 中実丸棒の内部及び外部の磁界 5
    1.2.4 中空丸棒の内部及び外部の磁界 6
    1.2.5 コイルによる磁界 7
   1.3 磁性体,磁化及び磁束密度 9
   1.4 強磁性体の磁化 11
    1.4.1 磁化曲線 11
    1.4.2 磁気特性 12
   1.5 交流磁化における表皮効果 13
   1.6 反磁界 13
   1.7 磁気回路 15
   1.8 きずからの漏洩磁束 15
   1.9 磁束密度の分布 18
2 磁粉探傷試験 20
   2.1 磁粉探傷試験の原理と特徴 20
    2.1.1 原理 20
    2.1.2 特徴 20
   2.2 磁粉探傷試験の手順 21
    2.2.1 前処理 21
    2.2.2 磁化 22
    2.2.3 磁粉の適用 25
    2.2.4 磁粉模様の形成 27
    2.2.5 磁粉模様の観察 32
    2.2.6 疑似模様 33
    2.2.7 磁粉模様の解釈 34
    2.2.8 磁粉模様の評価 37
    2.2.9 磁粉模様の記録 38
    2.2.10 脱磁 38
    2.2.11 後処理 40
    2.2.12 試験結果の記録 40
3 各種磁化方法とその特徴 42
   3.1 軸通電法 42
   3.2 直角通電法 43
   3.3 電流貫通法 43
   3.4 コイル法 44
   3.5 プロッド法 47
   3.6 磁束貫通法 48
   3.7 極間法 49
   3.8 隣接電流法 50
4 磁気測定 52
   4.1 磁気素子による測定 52
   4.2 標準試験片及び対比試験片 53
    4.2.1 試験片の使用目的 53
    4.2.2 A形標準試験片 54
     4.2.2.1 A形標準試験片の種類と特性 54
     4.2.2.2 A形標準試験片の使用方法 55
    4.2.3 C形標準試験片 57
     4.2.3.1 C形標準試験片の種類と特性 57
     4.2.3.2 C形標準試験片の使用方法 58
    4.2.4 B形対比試験片 58
     4.2.4.1 B形対比試験片の種類と特性 58
     4.2.4.2 B形対比試験片の使用方法 58
    4.2.5 対比試験片タイプ1 58
     4.2.5.1 対比試験片タイプ1の種類と特性 58
     4.2.5.2 対比試験片タイプ1の使用方法 58
    4.2.6 対比試験片タイプ2 58
     4.2.6.1 対比試験片タイプ2の種類と特性 58
     4.2.6.2 対比試験片タイプ2の使用方法 59
5 磁粉探傷試験装置と試験材料 60
   5.1 磁粉探傷試験装置 60
    5.1.1 磁化装置 61
    5.1.2 磁粉散布器及び装置 70
    5.1.3 紫外線照射装置及び検査室 72
    5.1.4 脱磁器 74
    5.1.5 磁気計測器 74
    5.1.6 特殊装置 76
    5.1.7 紫外線強度計と照度計 77
   5.2 磁粉探傷試験材料 78
    5.2.1 磁粉 78
    5.2.2 検査液 82
6 探傷装置及び材料の管理と安全衛生 83
   6.1 探傷装置の管理 83
    6.1.1 日常点検 83
    6.1.2 検査場所の明るさと暗さの点検 85
    6.1.3 定期点検 85
   6.2 探傷材料の管理 87
    6.2.1 磁粉の性能点検 87
    6.2.2 検査液の性能点検 87
   6.3 安全衛生 89
7 磁粉探傷試験の実際 90
   7.1 きずの有害性 90
   7.2 製造時に用いる磁粉探傷試験 92
    7.2.1 鋼板 92
    7.2.2 棒鋼 93
    7.2.3 鋼管 94
    7.2.4 鋳鍛造品 95
    7.2.5 溶接部 103
   7.3 保守検査に用いる磁粉探傷試験 112
    7.3.1 保守検査の目的 112
    7.3.2 磁粉探傷試験の対象となるきず 112
    7.3.3 圧力容器 118
    7.3.4 橋梁,その他の大形鋼構造溶接物 119
    7.3.5 航空機,その他の機械部品 120
8 仕様書,手順書及び指示書 125
   8.1 定義 125
   8.2 仕様書,手順書,指示書の例 126
    8.2.1 仕様書 126
    8.2.2 手順書(NDT手順書) 128
    8.2.3 指示書(NDT指示書) 130
1 磁粉探傷試験に必要な基礎知識 1
   1.1 磁石 1
   1.2 電流が作る磁界 2
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
山中千代衛編
出版情報: 大阪 : レーザー技術総合研究所, 2007.11  464p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 創立の周年に寄せて
   レーザーは太ったフォトン[宮島 龍興] 1
   進化する光科学技術[霜田 光一] 2
   持続的成長の鍵[石田 寛人] 5
   光科学とレーザー[宅間 宏] 6
   研究と山勘[田幸 敏治] 8
   財団法人レーザー技術総合研究所の立ち上げに参加して[結城 章夫]11
   レーザー総研二十周年に寄せて[西津 潤一] 12
   高速点火核融合炉実現への期侍[苫米地 顯] 13
   ILTと光議連[坂田 東一] 17
   レーザー総研二十周年に寄せて[中原 恒雄] 18
   レーザー技術やレーザー技術総合研究所に対する思い出、エピソード[晝馬 輝夫] 21
   阪大レーザー研四半世紀前の思い[尾崎 正直] 22
   レーザー総研二十周年に寄せて[内田岱二郎] 25
   レーザー総研二十周年に寄せて[北田 幹夫] 27
   レーザー総研への期侍[尾形 仁士] 29
   レーザー核融合研究への参加の想い出[西川 恭治] 31
   手作りのレーザーが発振した日[櫛田 孝司]34
   社会とのむすびつき[田島 俊樹] 35
   レーザー技術総合研究所の萌芽時代[藤岡 知夫] 36
   プラズマ診断とレーザー[藤田 順治] 38
   小さいレーザ、大きいレーザ[伊賀 健一] 41
   レーザー総研二十周年に寄せて[佐々木三郎] 44
   光科学の意識改革[山内 薫] 48
   人工網膜LSIの着想と事業化まで[久間 和生] 49
   私の進学分野を変えたレーザーと光表面改質[村原 正隆] 52
   最新レーザ利用生産システムの発展[沓名 宗春] 53
   レーザー干渉計測定の進歩[永井 達二] 56
-海外からの祝辞-
   Jean-Paul Watrau 58
   Siegbert Witkowski 59
   Michael Key 60
   Guillermo Velarde 62
   Zhizhan Xu 63
   Heinrich Hora 64
   Allan Offenberger 66
2 レーザーと共に
   レーザー・光技術による新産業創成へ向けて[中井 貞雄] 67
   財団法人レーザー技術総合研究所創立二十周年を祝して[豊田 浩一] 70
   高エネルギー密度状態とレーザー核融合の研究と高出力レーザー科学[三間 圀興] 72
   レーザー核融合の波及効果開発[山中 正宣] 75
   レーザーEUV光源開発共同研究と今後のILTへの期待[西原 功修] 76
   太陽光励起レーザーが拓くマグネシウム社会[矢部 孝] 79
   非線形光学結晶CLBOからタンパク質結晶化への展開[森 勇介・佐々木孝友] 82
   ますます重要な環境問題[中島 信昭] 86
   FIREX計画[疇地 宏] 88
   レーザー総研二十周年に寄せて[田中 和夫] 93
   創立二十周年に寄せて[乗松 孝好] 96
   レーザー研の一員となって[萩行 正憲] 98
   レーザープラズマ極端紫外(EUV)光源開発研究[西村 博明] 102
   レーザー同位体分離の研究から思う基礎研究の重要性[阪部 周二] 105
   レーザー総研と阪大レーザー研について思うこと[猿倉 信彦] 110
   レーザー総研二十周年に寄せて[實野 孝久] 112
   原子法レーザー同位体分離[藤田 尚徳] 114
   原子力とレーザー同位体分離[仁木 秀明]117
   レーザー利用技術普及のさきがけ[河村 良行] 120
   光力[阪上 幸男] 123
   レーザー総研二十周年に寄せて[藤原 閲夫] 125
   粒子ビーム技術とレーザー技術[宮本 修治] 128
   私にとってのCO2レーザー[北嶋 巌] 130
   固体レーザーのルネサンス[金邉 忠] 132
   世界最大から最小まで[横谷 篤至] 135
   レーザー総研二十周年に寄せて[村上 匡且] 138
   活用したいバブルの遺産[吉田 実] 140
   レーザー同位体分離とレーザービーム伝播[陳 延偉] 143
   レーザー総研二十周年に寄せて[池田 直昭] 146
   レーザー総研二十周年に寄せて[遠藤 琢磨] 148
   核融合実験屋と光科学[中井 光男] 151
   レーザー総研二十周年に寄せて[陳 基忠] 153
   誘雷から太陽エネルギーサイクルへ[内田 成明] 154
   レーザー総研でお世話になった二年半[出口 博史] 156
   レーザー総研二十周年に寄せて[足立 智] 159
   レーザー総研での研究の思い出[草場 光博] 162
   レーザー総研での自由電子レーザー開発研究[浅川 誠] 165
   レーザー総研二十周年に寄せて[柴田 穣] 168
   レーザー総研二十周年に寄せて[橋田 昌樹] 170
3 レーザー総研の誕生[山中千代衛] 172
4 レーザー総研の構成
   レーザー総研の構成[山中千代衛] 187
   総研二十周年に寄せて[中塚 正大] 190
   自由電子レーザーを求めて[今崎 一夫] 192
   太陽光励起レーザーの開発[佐伯 拓] 195
   レーザーγ線による原子炉核変換消滅処理[今崎 一夫] 202
   超短パルスレーザーの開発[藤田 雅之] 205
   レーザー超音波リモートセンシング[島田 義則] 213
   白色光ライダーの開発[藤田 雅之] 216
   レーザー誘雷研究者の武勇伝[島田 義則] 221
   カーボンナノチューブの新応用研究(CNTを用いた化学有害物質の無害化処理)[山浦 道照] 225
   超短パルスレーザー加工[藤田 雅之] 228
   極端紫外(EUV)光源開発[砂原 淳] 234
   レーザー核融合炉設計研究[古河 裕之] 240
   結晶は呼吸する?[本越 伸二] 244
   溶液及び光活性蛋白質の超高遠光反応のダイナミクスとメカニズムの解明[又賀 曻] 247
   レーザー総研創立二十周年に寄せて[谷口 誠治] 249
   Ultrafast Fluorescence Dynamics of Proto-recptor Proteins: Early Studies Recent Developments[Haik Chosrowian] 253
   新しいニーズを求めて[本越 伸二] 256
5 光と蔭のはざま
   年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず 259
   教師の冥利 261
   夢か希望か 263
   大学のビッグバーン 264
   森理事長への感謝 266
   終戦六十年に際して 268
   中空的権力構造とリーダーシップ 270
   IFSA2005とテラー賞 272
   今年のノーベル科学賞決定に際して 274
   求めよ さらば与えられん 276
   規律の崩壊とその対策 278
   わが国のありすがた 280
   又賀 曻教授の日本学士院賞受章を祝う 282
   わが国の科学技術開発への願い 284
   人はパンのみにて生きるものにあらず 286
   世界に出て戦うには 288
   人脈について 290
   ILEとILTとOEL 292
   科学技術の未来予測 294
   ハイパワーレーザー研究四十年と今後の展望 297
   Seven Stars 299
   精神一到何事か成らざらん 301
   レーザー総研諮問会議 303
   IFE(慣性核融合エネルギー)フォーラム 305
   電気学会元会長会に出席して 307
   伏見康治先生白寿のお祝い 309
   リーダーの権限と能力 311
   レーザー学会年次大会に思う 313
   第三次科学技術基本計画に向けて 315
   (財)レーザー技術総合研究所の諮問会議発足 317
   IFE(Intertial Fusion Energy)フォーラムの会合について 320
   研究への導き 322
   科学技術立国と大学の現場 324
   池谷元伺教授の急逝を悼む 326
   日本の再生 328
   ILE参与会開催される 330
   (財)レーザー技術総合研究所の現況 333
   第二十九回ECLIMについて 335
   Spectrum誌について 337
   Allan Offenbergerの抱負 339
   研究ネットワークの価値 342
   慣性核融合研究開発史-レーザー核融合研究パイオニア物語-上梓決まる 344
   Entropia Laser Initiative 346
   大学の危機 348
   成果報告会を終えて 350
   修身斉家治国平天下 352
   レーザー研シンポジウム2006にて 354
   お盆の八月十五日 357
   夏の終わり 359
   三つ子の魂百まで 361
   「レーザークロス」 363
   潮の目は変るか 365
   戦術(Tactics)と戦略(Strategy) 367
   教育再生会議に期待すること 370
   大阪大学レーザーエネルギー学研究センター全国共同利用施設発足の祝典に当って 373
   団塊の世代とその前後 376
   本音と建前 378
   Velardeの悲願達成 380
   研究所作戦要務令 382
   教育再生会議に望む 384
   歴史の伝承 386
   改正教育基本法の成立 388
   新年会ILFメンバーに向けての餞 390
   阪大電気系新年交礼会スピーチ 393
   レーザー学会年次大会に出席して 395
   ポスト石油エネルギーをどうするか 398
   いつも浮ぶ三月の感想 400
   レーザー総研役員会開催 403
   レーザートライアングル 406
   (社)レーザー学会第三十五回通常総会にて 408
   レーザー技術総合研究所創立二十周年記念座談会 411
   攻めと守りとお手上げと 415
   8月に思う 417
   レーザーエネルギー統合研究戦略 419
   原子力ルネッサンス 422
   レーザー総研諮問会議 424
   第五回慣性核融合科学とその応用国際会議開催(IFSA 2007、 Kobe) 424
   第五回慣性核融合科学と応用国際会議(IFSA2007)を終えて(一) 430
   第五回慣性核融合科学と応用国際会議(IFSA2007)を終えて(二) 432
   慣性核融合研究(ICF)はどこまできたか 435
おわりに
編集後記
レーザー技術総合研究所所長 研究暦年表
1 創立の周年に寄せて
   レーザーは太ったフォトン[宮島 龍興] 1
   進化する光科学技術[霜田 光一] 2
3.

図書

図書
麻耶雄嵩[著]
出版情報: 東京 : 幻冬舎, 2007.10  438p ; 16cm
シリーズ名: 幻冬舎文庫
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
諏訪秋彦企画編集
出版情報: 東京 : 技術情報協会, 2007.10  549p ; 27cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
金邦夫著
出版情報: 東京 : 角川学芸出版 , 東京 : 角川グループパブリッシング (発売), 2007.10  278p ; 19cm
シリーズ名: 角川学芸ブックス
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
薦田憲久 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2007.12  viii, 175p ; 21cm
シリーズ名: 情報・技術経営シリーズ ; 13
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
ジョン・オシエー著 ; 菅野弘久訳
出版情報: 東京 : 法政大学出版局, 2007.11  290, 43p, 図版4枚 ; 20cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
由井武夫著 ; 原田大二郎さし絵
出版情報: 東京 : 新水社, 2007.10  353p ; 21cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
出版情報: 東京 : プレジデント社, 2007-  冊 ; 20cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
ヴェルナー・ハーマッハー著 ; 増田靖彦訳
出版情報: 調布 : 月曜社, 2007.11  196p ; 19cm
シリーズ名: 暴力論叢書 ; 2
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼