close
1.

図書

図書
前野徹著
出版情報: 東京 : 講談社, 2005.3  363p ; 16cm
シリーズ名: 講談社+α文庫
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
茂木清夫著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1998.12  xi, 254p ; 18cm
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 595
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
佃為成著
出版情報: 東京 : ソフトバンククリエイティブ, 2007.10  234p ; 18cm
シリーズ名: サイエンス・アイ新書 ; SIS-039
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
湯川秀樹 [著]
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.2  489p ; 15cm
シリーズ名: 講談社学術文庫 ; [1983]
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき 3
第一部 開放的世界観 13
   私の人生の変遷 14
    科学と人生論 34
    おりにふれて 59
    暗中模索 59
    長岡先生の休学 62
    六十の手習い 66
    知魚楽 69
    一冊の本 老子 72
    アテネの集い 75
   科学と平和 80
    現代科学者の任務 80
    ケンブリッジ再見 84
    戦争のない一つの世界 88
    日本国憲法と世界平和 92
    核兵器体系の現状を憂える 100
   宇宙と人間 109
    人間の宇宙的地位 109
    知性と創造と幸福 111
    この地球に生れあわせて 115
第二部 象徴と創造 133
   物質と思考 134
    無限分割 134
    物理と数理 137
    物質とシンボル 143
    思考とイメージ 151
   同定ということ 157
    一 民族の歴史と創造性
    二 開放的世界観
    三 開いた世界における創造
    四 類推ということ
    五 同定と創造性
    六 同定過程の高度化
   同定の理論序章 189
   天才の諸相 197
    一 ギリシャの自然と天才
    二 デカルト
    三 二十世紀物理学史上の天才群
第三部 物理的世界 227
   古代の物質観と現代科学 228
    一 古代印度の自然観
    二 現代の物質観との対比
    三 因果と時間の問題
   物理学的世界について 235
    一 物理学的世界の成立
    二 古典論的世界
    三 相対論的世界
    四 量子力学の形成過程
    五 量子力学的世界の構造
    六 物理学的世界と心理学的世界
   事実と法則 260
    一 常識の立場
    二 精密科学の立場
   場の理論の基礎について 278
    一 中間子の問題
    二 原因と結果の非分離性
    三 力学的観点と統計力学的観点
    四 基本法則と附加条件
    五 場と粒子
    六 素粒子と時空
   素粒子論の基礎について 337
    一 素粒子と素過程
    二 素粒子の背後にあるもの
   素粒子の時空的記述 343
    一 はじめに
    二 拡がりをもった粒子の簡単なモデル
    三 アイソスピンの解釈
    四 四面体モデル
    五 相互作用の問題
    六 むすび
   原子論と空間・時間の分割可能性 373
    二 素領域と素粒子
    三 モデルの修正
    四 むすび
   たとえ話 396
    シュレーディンガーの猫 396
    天地万物逆旅 402
    力とは何か 406
    「この世」と「あの世」 413
    背後にあるもの 417
    道可道非常道 421
対話による解説<創造への飛躍> 湯川秀樹・小松左京 425
あとがき 477
湯川博士の素粒子論と超弦理論 川合光 483
まえがき 3
第一部 開放的世界観 13
   私の人生の変遷 14
5.

図書

図書
中村政雄著
出版情報: 東京 : 日本電気協会新聞部, 2005.3  234p ; 18cm
シリーズ名: 電気新聞ブックス ; . エネルギー新書||エネルギー シンショ
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
寺島実郎著
出版情報: 東京 : PHP研究所, 2010.1-  冊 ; 18cm
シリーズ名: PHP新書 ; 646, 749
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
竹村公太郎著
出版情報: 東京 : PHP研究所, 2013.10-  冊 ; 15cm
シリーズ名: PHP文庫
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
関ヶ原勝利後、なぜ家康はすぐ江戸に戻ったか—巨大な敵とのもう一つの戦い
なぜ信長は比叡山延暦寺を焼き討ちしたか—地形が示すその本当の理由
なぜ頼朝は鎌倉に幕府を開いたか—日本史上最も狭く小さな首都
元寇が失敗に終わった本当の理由とは何か—日本の危機を救った「泥」の土地
半蔵門は本当に裏門だったのか—徳川幕府百年の復讐1
赤穂浪士の討ち入りはなぜ成功したか—徳川幕府百年の復讐2
なぜ徳川幕府は吉良家を抹殺したか—徳川幕府百年の復讐3
四十七士はなぜ泉岳寺に埋葬されたか—徳川幕府百年の復讐4
なぜ家康は江戸入り直後に小名木川を造ったか—関東制圧作戦とアウトバーン
江戸100万人の飲み水をなぜ確保できたか—忘れられたダム「溜池」
なぜ吉原遊郭は移転したのか—ある江戸治水物語
実質的な最後の「征夷大将軍」は誰か—最後の“狩猟する人々”
なぜ江戸無血開戦が実現したか—船が形成した日本人の一体感
なぜ京都が都になったか—都市繁栄の絶対条件
日本文明を生んだ奈良は、なぜ衰退したか—交流軸と都市の盛衰
なぜ大阪には緑の空間が少ないか—権力者の町と庶民の町
脆弱な土地・福岡はなぜ巨大都市となったか
「二つの遷都」はなぜ行われたか—首都移転が避けられない時
なぜ日本は欧米列国の植民地にならなかったか : 1—地形と気象からの視点
なぜ日本は欧米列国の植民地にならなかったか : 2—「海の中」を走った日本初の鉄道
日本人の平均寿命をV字回復させたのは誰か—命の水道水と大正10年の謎
なぜ家康は「利根川」を東に曲げたか—もう1つの仮説
なぜ江戸は世界最大の都市になれたか : 1—「地方」が支えた発展
なぜ江戸は世界最大の都市になれたか : 2—エネルギーを喰う大都市
なぜ江戸は世界最大の都市になれたか : 3—広重の『東海道五十三次』の謎
貧しい横浜村がなぜ、近代日本の表玄関になれたか—家康が用意した近代
「弥生時代」のない北海道でいかにして稲作が可能になったか—自由の大地が未来の日本を救う
上野の西郷隆盛像はなぜ「あの場所」に建てられたか—樺山資紀の思い〔ほか〕
なぜ信長は「安土の小島」に壮大な城を築いたか—水面と湿地に刻まれた「原風景」
なぜ「日本の稲作文明」は湿地帯を克服できたか—田植えは「胸まで浸かる」もの
なぜ家康は「街道筋の駿府」を終の棲家に選んだか—最後まで頼朝に学んだ「鎌倉の相似形」
なぜ世界一の「リサイクル都市」江戸は崩壊したか—近代下水道と「におい」の追放
なぜ日本列島は「生きたリン鉱脈」の宝庫なのか—受け継がれる「天然の肥料工場」
なぜ江戸城の「天守閣」は再建されなかったか—「過去の幻」と「未来への洞察」
なぜ勝海舟は「治水と堤防」で明治新政府に怒ったか—沖積平野に潜む「八岐の大蛇」
なぜ正倉院の「神秘の宝物」は盗掘されなかったか—「肩を寄せ合う」濃密な奈良の迷路
なぜ江戸時代には、車の動力が「人間」に退化したか—「道路後進国」1000年の空白
なぜ9歳の本因坊秀策は「東海道を一人旅」できたか—江戸の「追いはぎ」「雲助」の謎
なぜ京都が日本の「線路誕生の地」となったか—「車石」がもたらした交通革命
なぜ大阪の街は「五・十日」渋滞が名物なのか—「不合理」に息づく商売の原点
なぜ大阪は日本の「都市の原点」であり続けるか—「空間・歴史・人情」の密度の濃さ
なぜ「間引きされた地図」は伝える力を高めるか—情報を「削り取る」高度な知的作業
なぜ「世界屈指の雪国」で高度文明が創られたか—「島」と「雪」が日本人を閉じこめた
なぜ日本文明は「海面上昇」でも存続できるか—温暖化で30m上昇した「if」
なぜ日本語は「分裂」せず、現代まで生き残ったか—参勤交代が生んだ「束ねる力」
なぜ日本は「100年後の未来」にも希望があるか—「縮小」に打ち克つ日本史の知恵
関ヶ原勝利後、なぜ家康はすぐ江戸に戻ったか—巨大な敵とのもう一つの戦い
なぜ信長は比叡山延暦寺を焼き討ちしたか—地形が示すその本当の理由
なぜ頼朝は鎌倉に幕府を開いたか—日本史上最も狭く小さな首都
概要: 京都が日本の都となったのはなぜか。頼朝が狭く小さな鎌倉に幕府を開いたのはなぜか。関ヶ原勝利後、家康がすぐに江戸に帰ったのはなぜか。日本全国の「地形」を熟知する著者が、歴史の専門家にはない独自の視点で日本史の様々な謎を解き明かす。歴史に対する 固定観念がひっくり返る知的興奮と、ミステリーの謎解きのような快感を同時に味わえる1冊。<br />日本全国の「地形」と「気象」を熟知する著者が、人文社会分野の専門家にはない独自の視点で、日本の歴史・文明・文化の様々な謎を解き明かす。ベストセラーとなった前作『日本史の謎は「地形」で解ける』同様、定説がひっくり返る知的興奮と、ミステリーの謎解きのような快感を同時に味わえる1冊。古代エジプトのピラミッド建設の謎に挑んだ「番外編(第17章・18章)」も必読。<br />前代未聞の安土城を築いた信長の「原風景」とは何か。家康の終の棲家・駿府が「鎌倉と瓜二つ」というのはなぜか。かつて日本人の稲作が「苛酷」だった理由とは—。本書は、日本全国の“地勢と気象”に注目する著者が、歴史の謎に新たな光を当てるベストセラー第3弾。数千年の長きにわたり、日本文明を存続させてきた「環境・民族」の秘密を“地形”から解き明かすシリーズ集大成の一冊!文庫オリジナル。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼