close
1.

図書

図書
長谷川如是閑作
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2011.4  268p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 青(33)-176-3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ふたすじ道
お猿の番人になるまで
象やの粂さん
叔母さん
ふたすじ道
お猿の番人になるまで
2.

図書

図書
梶尾真治著
出版情報: 東京 : 平凡社, 2010.6  350p ; 16cm
シリーズ名: 平凡社ライブラリー ; 703
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
織田作之助作
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2013.7  402p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 緑(31)-185-2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
夫婦善哉
続 : 夫婦善哉
雪の夜
放浪
湯の町
俗臭
子守唄
黒い顔
聴雨
勝負師
姉妹
木の都
夫婦善哉
続 : 夫婦善哉
雪の夜
概要: 代表作「夫婦善哉」に、二〇〇七年に発見された「続 夫婦善哉」をあわせて“正続”とし、その他、芥川賞候補作「俗臭」、作者が「或る意味で私の処女作」という「雨」、あるいは伝説の棋士坂田三吉を主人公にした「聴雨」など、織田作之助(一九一三‐四七) のおもに戦中期の代表的短篇を収録する。 続きを見る
4.

図書

図書
久生十蘭作
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2016.1  384p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 緑(31)-184-2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
骨仏
生霊
雲の小径
墓地展望亭
湖畔
ハムレット
虹の橋
妖婦アリス芸談
骨仏
生霊
雲の小径
概要: 現世では死者となって社会から身を隠し純愛を貫く物語「墓地展望亭」「湖畔」、人間心理の深奥に迫る名作「ハムレット」、巧みな語りにサスペンスが湛えられた掌篇「骨仏」など、“小説の魔術師”久生十蘭(1902‐57)の、彫琢につぐ彫琢によって磨きぬ かれた掌篇、短篇あるいは中篇を精選。「生霊」「雲の小径」「虹の橋」「妖婦アリス芸談」を併収。 続きを見る
5.

図書

図書
尾崎士郎作 ; 紅野謙介編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2016.4  493p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 緑(31)-204-1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
獄室の暗影
蜜柑の皮
大逆事件
菎蒻
八達嶺
十三夜—マニラ籠城日記
落日
運命について
瀧について
鶺鴒の巣
河鹿
落葉と蝋燭
三等郵便局
秋風と母
瓢山河
叛骨・中野正剛—主観的な覚え書き
獄室の暗影
蜜柑の皮
大逆事件
概要: 尾崎士郎は長篇小説『人生劇場』で知られるが、短篇小説こそ人と作品が渾然一体となった作家の特質が最も良く表現されている。「大逆事件」を取り上げた小説、戦時下の従軍文学、内省的な抒情小説、哀感と情熱溢れる自伝的作品から、多彩な尾崎文学の真価を示 す小説16作を精選する。 続きを見る
6.

図書

図書
泉鏡花作
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2017.6  154p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 緑-27-2, 31-027-2
所蔵情報: loading…
概要: 私はね...お仲間の按摩を一人殺しているんだ。—寒月冴えわたる桑名の夜、流しの若き旅芸人が酒をあおり語り始めたのは、芸へのおごりが招いたある悲劇。同刻、近くの旅宿では、二人の老客が薄幸な芸妓の身の上話に耳を傾ける。揺らめく町の行燈。交錯する 二つの場の語り。それらが混然と融合した時、新たな世界が立ち現れる。 続きを見る
7.

図書

図書
江戸川乱歩作
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2017.10  454p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 緑(31)-181-3
所蔵情報: loading…
目次情報:
少年探偵団
知恵の一太郎ものがたり / 抄
超人ニコラ
少年探偵団
知恵の一太郎ものがたり / 抄
超人ニコラ
概要: 「少年探偵団」は、変幻自在の黒い怪物が出現、明智小五郎や小林少年たちが対決する代表作。「超人ニコラ」は、乱歩最後の作品、晩年まで少年物に執念を示した。戦時下、筆名を変えて執筆した連作小篇集「知恵の一太郎ものがたり」からも収録。
8.

図書

図書
大江健三郎作
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2014.9  456p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 緑(31)-197-2
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
織田作之助作
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2013.11  543p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 緑(31)-185-3
所蔵情報: loading…
目次情報:
わが町
青春の逆説
わが町
青春の逆説
概要: 人間はからだを責めて働かな嘘や—不屈の精神で孫娘を育てあげる男の明治から昭和にわたる波瀾の生涯を描いた「わが町」。自意識過剰で不器用な青年の成長の日々を点綴した自伝的小説「青春の逆説」。織田作之助(一九一三‐四七)の代表的長篇二篇。
10.

図書

図書
泉鏡花作
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2013.11  322p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 緑(31)-027-18
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
化鳥
清心庵
三尺角
木精 / 三尺角拾遺
朱日記
第二菎蒻本
革鞄の怪
茸の舞姫
化鳥
清心庵
三尺角
概要: 「まあ、嘸この葉も痛むこッたろうねえ」(「三尺角」)。思いや痛みが境界を融かし、草木、鳥獣、死者と人とが結びあう—物語は鮮やかに世界を読み換える。表題作の他「朱日記」「第二菎蒻本」「茸の舞姫」など六篇を収録、詳細な注を付す。
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼