close
1.

図書

図書
立屋敷哲著
出版情報: 東京 : 丸善, 2002.9  xiii, 255p ; 26cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
加藤明良, 鍋島達弥著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2001.4  vii, 130p ; 26cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
Andrew F. Parsons著 ; 村田滋訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2006.1  x, 237p ; 21cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
齋藤勝裕著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2005.3  vii, 165p ; 22cm
シリーズ名: わかる化学シリーズ ; 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ようこそ有機化学の世界へ 1
第Ⅰ部 有機化学を学ぶために
1章 いろいろな有機分子ができるわけ 5
   1.原子はどのような構造をしているのか 6
   2.電子はどのように存在するのか 7
   3.有機分子をつくる共有結合 10
   4.混成軌道がさまざまな形の分子を生み出す 15
   5.多重結合をつくる混成軌道 18
   6.分子間にも結合がある 20
    コラム イオン結合 12
第Ⅱ部 有機分子の構造を知る
2章 基本的な有機分子の構造 25
   1.構造式は分子のプロフィール 26
   2.アルカンの構造と名前 28
   3.アルケンおよびアルキンの構造と名前 31
   4.共役化合物の構造 33
   5.共役二重結合のπ結合 35
   6.芳香族化合物の構造 37
    コラム 環境を汚染する問題児 39
3章 有機分子は三次元の構造をとる 41
   1.どのような異性体があるのだろうか 42
   2.三次元で異性体を考える 43
   3.鏡に映せば重なる鏡像異性体 45
   4.立体異性体の書き表し方 48
   5.結合の回転に伴う配座異性体 49
    コラム R,S表記 47
    コラム メソ体 53
4章 有機分子を顔と体に分ける 55
   1.基本的な有機分子の姿 56
   2.官能基 58
   3.σ結合と置換基効果 61
   4.置換基効果の例 62
5章 有機分子の構造を決める 65
   1.元素分析 66
   2.分子量を決める 68
   3.スペクトルの原理 70
   4.UVスペクトルは二重結合の情報を与える 74
   5.IRスペクトルは官能基の情報を与える 75
   6.NMRスペクトルは原子と磁場の関係を利用する 77
   7.NMRスペクトルが教えてくれるもの 79
   8.分子の写真 81
第Ⅲ部 有機分子の反応を見る
6章 有機反応を進めるもの 85
   1.化学反応式の意味 86
   2.結合の切断と生成 88
   3.反応速度と半減期 90
   4.逐次反応と律速段階 92
   5.活性化エネルギー 93
7章 飽和結合の反応 97
   1.置換反応 98
   2.1分子求核置換反応:SN1反応 99
   3.SN1反応の反応速度 100
   4.2分子求核置換反応:SN2反応 103
   5.1分子脱離反応(E1反応)と2分子脱離反応(E2反応) 104
   6.試薬の大きさの影響 107
8章 不飽和結合の反応 111
   1.シス付加 112
   2.トランス付加 114
   3.非対称な分子の反応 116
   4.酸化反応 118
   5.芳香族化合物の反応 121
9章 官能基の反応 125
   1.アルコールはアルケンとエーテルになる 126
   2.エーテルはアルコールになる 128
   3.アルコールはアルデヒドになり,やがてカルボン酸になる 130
   4.カルボニル基の性質と置換反応 132
   5.カルボニル基の付加反応 135
   6.カルボン酸は酸性である 139
   7.アミンは塩基性である 139
   8.官能基はさまざまに変化する 142
第Ⅳ部 いろいろな分子をつくる
10章 有機分子の合成 147
   1.官能基を変えて合成する 148
   2.不飽和結合の導入とその応用 150
   3.逆に考えよう 152
   4.実際に合成してみよう 155
   5.実験器具と操作 158
   索引 161
ようこそ有機化学の世界へ 1
第Ⅰ部 有機化学を学ぶために
1章 いろいろな有機分子ができるわけ 5
5.

図書

図書
Susan McMurry [著]
出版情報: Belmont, Calif. : Brooks/Cole , 東京 : 東京化学同人 (発売), 2005.3  868p ; 28cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
薬学教育研究会編
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2009.9  xvii, 273p ; 21cm
シリーズ名: CBT対策と演習
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
Ursula Bünzli-Trepp
出版情報: Lausanne : EPFL Press, c2007  ix, 636 p. ; 30 cm.
シリーズ名: Fundamental sciences ; Chemistry
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Directions for Use of the Book / 1:
Fundamentals / 2:
Nomenclature terms and definitions used in the Book / 2.1:
Conventions for enclosing marks and vowels in names / 2.2:
Enclosing marks / 2.2.1:
Vowels / 2.2.2:
Guide to Name Construction and Name Interpretation / 3:
General procedure and choice of the senior compound class (choice of the principal group) / 3.1:
Nomenclature types / 3.2:
Substitutive nomenclature / 3.2.1:
Conjunctive nomenclature / 3.2.2:
Multiplicative nomenclature: compounds with identical structural units / 3.2.3:
Additive nomenclature / 3.2.4:
Subtractive nomenclature / 3.2.5:
Functional-class nomenclature / 3.2.6:
Determination of the molecular-skeleton parent / 3.3:
Numbering of the molecular-skeleton parent and of other structure components / 3.4:
Alphabetical order of prefixes or parent-substituent names / 3.5:
Molecular-Skeleton Parents / 4:
Preliminary notes / 4.1:
Hydrocarbon chains / 4.2:
Heterochains / 4.3:
Heterochains with irregularly placed heteroatoms: replacement nomenclature ('a' nomenclature) / 4.3.1:
Heterochains with regularly placed heteroatoms: homogeneous and heterogeneous heterochains / 4.3.3:
Carbomonocycles / 4.4:
Heteromonocycles / 4.5:
Heteromonocycles with compulsory trivial names / 4.5.1:
Heteromonocycles with ten or fewer ring members: extended Hantzsch-Widman nomenclature / 4.5.3:
Heteromonocycles with more than ten ring members: replacement nomenclature ('a' nomenclature) / 4.5.4:
Silicon-containing heteromonocycles / 4.5.5:
Fused polycycles (carbo- and heterocycles) / 4.6:
Fused polycycles with compulsory semitrivial or trivial names / 4.6.1:
Fused polycycles consisting of a parent component and attached components: fusion names / 4.6.3:
Fused polycycles with replacement names ('a' names) / 4.6.4:
Von Baeyer bridged polycycles (carbo- and heterocycles) / 4.7:
Bridged fused polycycles (carbo- and heterocycles) / 4.8:
Spiropolycycles (carbo- and heterocycles) / 4.9:
Spiropolycycles with carbomonocycle or heteromonocycle components / 4.9.1:
Spiropolycycles with at least one fused-polycycle component or one von Baeyer bridged-polycycle component / 4.9.3:
Ring assemblies of identical ring components (carbo- and heterocycles) / 4.10:
Substituent Prefixes / 5:
Prefixes of mononuclear substituents / 5.1:
Prefixes of hydrocarbon-chain substituents / 5.3:
Prefixes of heterochain substituents / 5.4:
Prefixes of carbocycle substituents / 5.5:
Prefixes of heterocycle substituents / 5.6:
Prefixes of ring-assembly substituents / 5.7:
Prefixes of composite substituents: choice of the parent substituent / 5.8:
Prefixes of carbonyl-containing substituents and analogs / 5.9:
Compound Classes / 6:
Radicals / 6.1:
Radical center at a molecular-skeletal parent / 6.2.1:
Radical center at a characteristic group / 6.2.3:
Polyradicals / 6.2.4:
Cations / 6.3:
Cation center by the formal addition of electrophiles E[superscript +] / 6.3.1:
Cation center by the formal removal of hydride ions H[superscript -] / 6.3.3:
Cation center resulting from skeletal bonding of a heteroatom / 6.3.4:
Cation center in spiropolycycles / 6.3.5:
Cation substituents (prefixes) / 6.3.6:
Polycations / 6.3.7:
Anions / 6.4:
Anion center by the formal removal of protons H[superscript +] / 6.4.1:
Anion center by the formal addition of hydride ions H[superscript -] / 6.4.3:
Anion substituents (prefixes) / 6.4.4:
Polyanions / 6.4.5:
Zwitterions / 6.5:
Radical ions / 6.6:
Carboxylic, carbothioic, carboselenoic, carbotelluroic, carbohydrazonic, carboximidic, and corresponding carboperoxoic acids and salts / 6.7:
Carboxylic acids / 6.7.1:
Carbothioic, carboselenoic, carbotelluroic, carbohydrazonic, and carboximidic acids / 6.7.3:
Carboperoxoic acids (peroxy acids) and their chalcogeno, hydrazono, and imido replacement analogs / 6.7.4:
Salts of carboxylic acids and of their chalcogeno, hydrazono, imido, and peroxy replacement analogs / 6.7.5:
Sulfonic, sulfinic, and sulfenic acids, selenonic, seleninic, and selenenic acids, telluronic, tellurinic, and tellurenic acids, their chalcogeno, hydrazono, imido, and peroxy replacement analogs, and corresponding salts / 6.8:
C-Oxoacids: carbonic and formic acid and their replacement analogs and corresponding salts / 6.9:
S-, Se-, Te-, and N-Oxoacids / 6.10:
P- and As-Oxoacids / 6.11:
Sb-, Bi-, Si-, and B-Oxoacids / 6.12:
Anhydrides / 6.13:
Esters and lactones / 6.14:
Acid halides / 6.15:
Amides, lactams, cyclic imides, and amidines / 6.16:
Hydrazides / 6.17:
Nitriles / 6.18:
Aldehydes and their oxime and hydrazone derivatives / 6.19:
Ketones and their oxime and hydrazone derivatives / 6.20:
Alcohols and phenols / 6.21:
Hydroperoxides / 6.22:
Amines / 6.23:
Imines / 6.24:
Nitrogen compounds / 6.25:
Phosphorus and arsenic compounds / 6.26:
Antimony and bismuth compounds / 6.27:
Boron compounds / 6.28:
Silicon, germanium, tin, and lead compounds / 6.29:
Oxygen compounds / 6.30:
Sulfur, selenium, and tellurium compounds / 6.31:
Carbon compounds / 6.32:
Halogen compounds / 6.33:
Organometallic and coordination compounds / 6.34:
Appendixes
Specialist nomenclatures / A.1:
Alkaloids / A.1.1:
Amino acids and peptides / A.1.3:
Carbohydrates / A.1.4:
Cyclitols / A.1.5:
Nucleosides, nucleotides, and nucleic acids / A.1.6:
Steroids / A.1.7:
Terpenes, carotenoids, and retinoids / A.1.8:
Vitamins / A.1.9:
Porphyrins and bile pigments / A.1.10:
Polymers / A.1.11:
References for specific compound classes, Internet addresses, and nomenclature software / A.1.12:
Multiplying affixes / A.2:
Modifying syllables / A.3:
Heteroatom syllables and element names / A.4:
Indicated H atom 'H' (indicated hydrogen) / A.5:
Configuration descriptors in names / A.6:
Definitions / A.6.1:
The CIP system for the specification of the configuration of a stereogenic center, axis or plane, or double bond / A.6.2:
Stereodescriptors for the denotation of the absolute and relative configuration in names / A.6.3:
Configuration of organometallic and coordination compounds / A.6.4:
Lambda ([lambda]) convention / A.7:
Isotopically modified compounds / A.8:
Isotopically modified compounds: IUPAC Recommendations / A.8.1:
Isotopically modified compounds: CA Guidelines / A.8.3:
Index
Directions for Use of the Book / 1:
Fundamentals / 2:
Nomenclature terms and definitions used in the Book / 2.1:
8.

図書

図書
國友順一, 横井利夫編集 ; 大石義孝 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2006.3  xix, 475p ; 21cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
Maitland Jones, Jr. and Henry L. Gingrich
出版情報: New York : Norton , 東京 : 東京化学同人(発売), 2006, c2005  x, 803 p. ; 28 cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
Paula Y. Bruice著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2006.9  xxvii, 615, 17, 9, 1, 16p ; 26cm
所蔵情報: loading…
11.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小林啓二著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2006.11  vii, 198p ; 26cm
シリーズ名: 21世紀の化学シリーズ / 戸嶋直樹 [ほか] 編集 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 有機化合物の成り立ち
   1章のプロローグ 1
   1.1 有機化合物 1
   1.2 官能基 2
   1.3 構造式 3
   1.4 異性体 4
   1.5 有機化合物の分類 5
   1章の問題 5
   1章のエピローグ 6
2 炭素原子がつくる結合
   2章のプロローグ 9
   2.1 原子軌道と共有結合 9
   2.2 混成軌道 12
   2.3 σ電子とπ電子 16
   2.4 立体配座 17
   2章の問題 20
   2章のエピローグ 21
3 有機分子の立体構造
   3章のプロローグ 24
   3.1 立体配置 24
   3.2 鏡像異性体 25
   3.3 絶対立体配置の表示法 28
   3.4 ジアステレオマー 30
   3.5 光学分割 32
   3章の問題 33
   3章のエピローグ 35
4 官能基が炭素の結合に与える影響
   4章のプロローグ 38
   4.1 結合の極性 38
   4.2 誘起効果 40
   4.3 メソメリー効果 40
   4.4 共鳴 42
   4.5 共鳴エネルギー 44
   4章の問題 45
   4章のエピローグ 47
5 アルカンとシクロアルカン
   5章のプロローグ 49
   5.1 アルカン 49
   5.2 シクロアルカン 50
   5.3 シクロヘキサン 52
   5.4 環状化合物のシス―トランス異性体 54
   5.5 アルカンの反応 55
   5章の問題 58
   5章のエピローグ 59
6 アルケンとアルキン
   6章のプロローグ 61
   6.1 アルケンと異性体 61
   6.2 アルケンの製法と反応 62
   6.3 求電子付加反応 66
   6.4 マルコウニコフ則 68
   6.5 共役二重結合 69
   6.6 テルペン 71
   6.7 アルキン 72
   6章の問題 73
   6章のエピローグ 74
7 炭化水素のハロゲン置換体
   7章のプロローグ 77
   7.1 物理的性質 77
   7.2 ハロゲン化アルキルの製法 78
   7.3 ハロゲン化アルキルの反応 79
   7.4 求核置換反応の機構 81
   7.5 脱離反応の機構 84
   7章の問題 86
   7章のエピローグ 87
8 芳香族化合物
   8章のプロローグ 90
   8.1 ベンゼン 90
   8.2 芳香族性 92
   8.3 求電子置換反応 94
   8.4 配向性 97
   8.5 芳香族ハロゲン化合物 100
   8章の問題 101
   8章のエピローグ 103
9 アルコール,フェノール,エーテル
   9章のプロローグ 106
   9.1 アルコール 106
   9.2 アルコールの製法 107
   9.3 アルコールの反応 109
   9.4 フェノール 111
   9.5 フェノールの製法と反応 113
   9.6 エーテル 114
   9.7 エーテルの製法と反応 115
   9章の問題 116
   9章のエピローグ 118
10 カルボニル化合物
   10章のプロローグ 120
   10.1 カルボニル基 120
   10.2 カルボニル化合物の製法と反応 122
   10.3 求核付加反応 124
   10.4 カルボニル基のα位の水素 127
   10.5 エノールおよびエノラートの反応 129
   10章の問題 131
   10章のエピローグ 132
11 カルボン酸とその誘導体
   11章のプロローグ 136
   11.1 カルボキシル基の酸性 136
   11.2 カルボン酸の製法と反応 138
   11.3 エステル 140
   11.4 エステルのα位の反応 143
   11.5 カルボン酸塩化物 144
   11.6 カルボン酸無水物 144
   11.7 アミド 145
   11章の問題 146
   11章のエピローグ 148
12 アミン
   12章のプロローグ 150
   12.1 アミンの性質と塩基性 150
   12.2 アミンの製法 152
   12.3 アミンの反応 153
   12.4 複素環式アミン 15
   12章の問題 157
   12章のエピローグ 158
13 有機化合物の命名法
   13章のプロローグ 161
   13.1 IUPAC 命名法 161
   13.2 炭化水素の命名 162
   13.3 ハロゲン化合物の命名 166
   13.4 アルコール,フェノール,エーテルの命名 167
   13.5 カルボニル化合物の命名 169
   13.6 カルボン酸とその誘導体の命名 170
   13.7 アミンの命名 173
   13章の問題 174
問題解答 176
索引 195
1 有機化合物の成り立ち
   1章のプロローグ 1
   1.1 有機化合物 1
12.

図書

図書
ブラウン, プーン[著] ; 池田正澄, 奥山格監訳
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2006.5  xxi, 710p ; 26cm
所蔵情報: loading…
13.

図書

図書
edited by Thomas J.J. Müller and Uwe H.F. Bunz
出版情報: Weinheim : Wiley-VCH, c2007  xx, 591 p. ; 25 cm.
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
List of Contributors
3-D Carbon-rich ?-Systems - Nanotubes and Segments / Part I:
Functionalization of Carbon Nanotubes / Andreas Hirsch ; Otto Vostrowsky1:
Introduction to Carbon Nanotubes - A New Carbon Allotrope / 1.1:
Covalent Functionalization / 1.2:
Noncovalent Exohedral Functionalization-Functionalization with Biomolecules / 1.4:
Endohedral Functionalization / 1.5:
Conclusions / 1.6:
Experimental / 1.7:
Cyclophenacene Cut Out of Fullerene / Yutaka Matsuo ; Eiichi Nakamura2:
Introduction / 2.1:
Synthesis of [10]Cyclophenacene ?-Conjugated Systems from [60]Fullerene / 2.2:
Conclusion / 2.3:
Strategic Advances in Chromophore and Materials Synthesis / 2.4:
Cruciform ?-Conjugated Oligomers / Frank Galbrecht ; Torsten W. Bünnagel ; Askin Bilge ; Ullrich Scherf ; Tony Farrell3:
Oligomers with a Tetrahedral Core Unit / 3.1:
Oligomers with a Tetrasubstituted Benzene Core / 3.3:
Oligomers with a Tetrasubstituted Biaryl Core / 3.4:
Design of ?-Conjugated Systems Using Organophosphorus Building Blocks / Philip W. Dyer ; Rgis Rau3.5:
Phosphole-containing ?-Conjugated Systems / 4.1:
Phosphine-containing ?-Conjugated Systems / 4.3:
Phosphaalkene- and Diphosphene-containing ?jugated Systems / 4.4:
Selected Experimental Procedures / 4.5:
Diversity-oriented Synthesis of Chromophores by Combinatorial Strategies and Multi-component Reactions / Thomas J. J. Müller5:
Combinatorial Syntheses of Chromophores / 5.1:
Novel Multi-component Syntheses of Chromophores / 5.3:
Conclusion and Outlook / 5.4:
Experimental Procedures / 5.5:
High-yield Synthesis of Shape-persistent Phenylene-Ethynylene Macrocycles / Sigurd Höger6:
Synthesis / 6.1:
Functional Materials via Multiple Noncovalent Interactions / Joseph R. Carlisle ; Marcus Weck6.3:
Biologically Inspired Materials via Multi-step Self-assembly / 7.1:
Small Molecule-based Multi-step Self-assembly / 7.3:
Polymer-based Self-assembly / 7.4:
Molecular Muscles, Switches and Electronics / 7.5:
Molecular Motors and Muscles / Sourav Saha ; J. Fraser Stoddart8:
Mechanically Interlocked Molecules as Artificial Molecular Machines / 8.1:
Chemically Induced Switching of the Bistable Rotaxanes / 8.3:
Electrochemically Controllable Bistable Rotaxanes / 8.4:
Photochemically Powered Molecular Switches / 8.5:
Diarylethene as a Photoswitching Unit of Intramolecular Magnetic Interaction / Kenji Matsuda ; Masahiro Irie8.6:
Photochromic Spin Coupler / 9.1:
Synthesis of Diarylethene Biradicals / 9.3:
Photoswitching Using Bis(3-thienyl)ethene / 9.4:
Reversed Photoswitching Using Bis(2-thienyl)ethene.9 / 9.5:
Preface
List of Contributors
3-D Carbon-rich ?-Systems - Nanotubes and Segments / Part I:
14.

図書

図書
奥田拓男編
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2007.3  x, 286p ; 27cm
所蔵情報: loading…
15.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
海老塚豊, 森田博史編集
出版情報: 東京 : 南江堂, 2007.4  xv, 330p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
総論 海老塚 豊 1
1. 天然物と医薬品開発 1
   A 素材となる生物 1
    1) 天然物を素材とする創薬研究 2
    2) 植物由来の医薬品 2
    3) 微生物由来の医薬品 3
    4) 海洋生物由来の抗がん剤候補天然物 3
   B 素材の選定・活性スクリーニング 4
    1) 生物素材 4
    2) 薬理活性の検定 4
    3) 構造決定法 5
    4) 有効安全性の評価 5
2. 天然物研究 5
   A 抽出・分離・精製 6
    1) 生物素材の扱い 6
    2) 抽出溶媒 6
   B アルカノイド・配糖体の文画例 7
   C 化学構造の決定 8
    1) 構造決定 8
    2) スペクトル法による構造決定 8
3. 天然物と二次代謝産物 11
    1) 生態相関物質 11
    2) 二次代謝領域 12
4. 生合成単位と生合成経路 12
    1) 一次代謝と二次代謝 12
    2) 生合成単位 14
    3) 生合成経路 16
   A 酢酸-マロン酸経路 16
    1) 飽和脂肪酸の生合成 16
    2) ポリケタノイド中間体の環化様式 17
    3) センノシドの生合成 17
    4) ポリケタイド化合物の多様性 19
   B フェニルプロパノイド経路 19
    1) フェニルプロパノイドの生合成 19
    2) リグニン、リグナンの生合成 19
    3) クマリンの生合成 21
   C フラボノイド経路 21
    1) フラボノイドの生合成 21
    2) イソフラボノイドの生合成 22
   D イソブレノイド(メバロン酸/MEP)経路 23
    1) メバロン酸の生合成 23
    2) MEP経路 23
    3) 各種テルペノイドの生合成 24
    4) FPP、GGPPの二量化 25
    5) モノテルペンの生合成 25
    6) セスキテルペン、ジテルペンの生合成 26
    7) オキシドスクワレンの閉環 (1) 26
    8) オキシドスクワレンの閉環 (2) 27
   E アミノ酸経路 29
   F 脂肪族アミノ酸起源のアルカロイド 29
    1) トロパンアルカロイドの生合成 29
    2) ピペリジンアルカロイドの生合成 31
   G 芳香酸アミノ酸起源のアルカロイド 31
    1) ベンジルイソキノリンアルカロイドの生合成 31
    2) ベルベリン、モルヒネの生合成 32
    3) インドールアルカロイドの生合成 33
    4) バッカクアルカロイドの生合成 34
    5) アミノ酸を生合成起源とする天然物 34
第1章 糖質 高橋邦夫 37
1. 単糖類 37
   A 単糖類 37
    1) 単糖類の2つの一般的な型 37
    2) ヘミアセタールとヘミケタールの形成 39
    3) コンフォメーション 40
    4) 糖の還元性 41
    5) アセタールとケタール 41
    6) 単糖類の命名法と略語 42
   B 単糖の誘導体 42
    1) アルドン酸、アルズロン酸、糖酸 42
    2) 糖アルコール 43
    3) デオキシ糖 43
    4) アミノ酸 43
    5) N-アセチルノイラミン酸 45
    6) イノシトール 45
    7) 1-デオキシノジリマイシン 45
2. 少糖類、オリゴ糖 45
   A 二糖類 46
    1) 麦芽糖(マルトース) 46
    2) 乳糖 46
    3) ショ糖 46
    4) トレハロース 47
    5) パラチノース 47
    6) スクラロース 47
    7) アガロビオース 47
   B 三糖類、四糖類 47
    1) ラフィノース、スタキオース 47
    2) シクロデキストリン 47
    3) アカルボース 48
3. 配糖体 49
   A 配糖体の分類 49
   B 配糖体の命名法 49
4. 多糖類 51
   A ホモ多糖 52
    1) アミロースとアミロペクチン 52
    2) グリコーゲン 53
    3) デキストラン 53
    4) リケナンとイソリケナン 53
    5) セルロース 54
    6) イヌリン 54
    7) ペクチン酸 55
    8) キチンとキトサン 55
    9) ポリシアル酸(コロミン酸) 55
   B ヘテロ多糖 55
    1) アラビアゴム 55
    2) ヘミセルロース 55
    3) コニャクマンナン 56
    4) 紅藻の多糖 56
    5) 褐藻の多糖 56
   C 複合糖質 57
    1) グリコサミノグリカン 57
    2) ペプチドグリカン 58
    3) 糖タンパク質 58
   コラム ビタミンC(アスコルビン酸) 44
   コラム アミノグリコシド (アミノサイクリトール)系抗生物質 50
   コラム サボテン科植物より得られたサポニンの糖鎖のNMRによる構造決定 50
   コラム 抗腫瘍多糖類 59
第2章 脂肪酸とポリケタイド 61
酢酸-マロン酸経路 森田博史 61
1. 脂肪酸と脂質 石橋正己 62
   A 脂肪酸 62
   B 単純脂質 63
   C 複合脂質 65
2. アラキドン酸誘導体 68
   A プロスタグランジン 69
   B トロンボキサンとプロスタサイクリン 71
   C ロイコトリエンとリポキシン 72
   D プロスタノイドと類似した構造をもつ天然物 74
3. 芳香族ポリケタイド 76
   A フェノール誘導体 77
    1) オルセリン酸とフロロアセトフェノン 77
   B アントラキノン誘導体 78
    1) エモジン型アントラキノン 78
    2) センノシド 78
    3) スカイリン類 79
    4) 延長キノン 80
   C その他の芳香族ポリケタイド 81
    1) ナフロピロン類 81
    2) キサントン類 81
    3) フタリド類 81
    4) テトラサイクリン 82
    5) アントラサイクリン 83
    6) グリセオフルピン 83
    7) アフラトキシン 84
    8) ウルシオール 85
4. 還元型ポリケタイド 86
   A マクロライド 86
    1) ゼアラレノン 87
    2) アンフォテリシンB 87
    3) タクロリムス 88
    4) エポチロン 88
    5) アンサマイシン 88
    6) 海産マクロライド 91
   B ポリエーテル 92
    1) ポリエーテル抗生物質 92
    2) 海産ポリエーテル 92
   コラム 冬虫夏草成分からの免疫抑制剤の開発 68
   コラム 非ステロイド性抗生炎症薬 75
   コラム マクロライド生合成酵素 88
   コラム FK506(タクロリムス) 90
   コラム スタチン類 95
第3章 芳香族化合物 97
   シキミ酸経路 森田博史 97
1 芳香族アミノ酸と安息香酸誘導体 太田富久 99
   A 芳香族アミノ酸 99
   B 安息香酸誘導体 99
    1) プロトカテキュー酸、没食子酸 99
    2) サリチル酸、2,3-ジヒドロキシ安息香酸 100
   C タンパク性芳香族アミノ酸 101
    1) L- フェニルアラニン,L-チロシン 102
    2) L-トリプトファン 103
2. フェニルプロパノイド,クマリン類,リグナン類 103
   A フェニルプロパノイド 104
    1) フェニルプロパノイド 104
    2) フェニルプロペン 105
   B クマリン類 106
    1) クマリン 106
    2) プレニルクマリン 107
    3) フラノクマリン 108
   C リグナン類 109
    1) リグナン 110
    2) ノルリグナン 112
    3) ネオリグナン 112
    4) セスキリグナン 113
3. フラボノイドとスチルベノイド 113
   A フラボノイド 113
    1) カルコン 114
    2) フラバノン,フラバノノール,フラバノール 115
    3) フラボン,フラボノール 115
    4) アントシアニジン 118
    5)イソフラボノイド 120
    6) プレニルフラボノイド 121
   B スチルベノイド 123
   コラム ワルファリン 107
   アジサイの七変化 119
4. タンニン類 細井信造 124
   A 加水分解性タンニン 124
    1) ガロタンニン 124
    2) エラジタンニン 124
    3) ゲラニイン 126
    4) コリラジン,ケプラグ酸,ケプリン酸 127
   B 縮合型タンニン 127
    1) ダイオウ(タデ科)のタンニン 130
    2) ケイヒ(クスノキ科)のタンニン 131
    3) アセヤンク(アカネ科)のタンニン 131
    4) チャ(ツバキ科)のタンニン 131
5. その他の芳香族化合物 132
   A ジアリールヘプタノイド 132
    1) クルクミン 133
    2) アセロシドI 133
   B ナフタレン系化合物 135
    1) ナフトキシン 133
   C その他のナフタレン化合物 135
    1) ゴシポール 135
   D クロマン類 135
    1) ビタミンE 135
    2) カンナビノイド 136
   コラム EGCG 132
   フレンチパラドックス 132
第4章 テルペノイドとステロイド 137
テルペノイドの生合成経路 森田博史 137
    1) メバロン酸経路 138
    2) MEP経路 (非メバロン酸経路) 138
   1. モノテルペン 139
   A 鎖状モノテルペン 139
    1) ゲラニオール,ネロール,シトロネロール 139
    2) シトラール 140
   B 環状モノテルペン 140
    1) メントール 140
    2) チモール 141
    3) リモネン 141
    4) カンファー(ショウノウ) 141
    5) α-ピネン 141
    6) ペオニフロリン 141
   C イリドイドおよびセコイリドイド 142
    1) ロガニン 142
    2) ゲニポシド 142
    3) カタルポール,カタルポシド 143
    4) マタタピラクトン 143
    5) ネベタラクトン 143
    6) セコロカニン 143
    7) ゲンチオピクロシド 143
    8) スウェルチアマリン 144
   D 変形モノテルペン 144
    1) ピレスロイド 144
    2) カンタリジン 144
    3) ヒノキチオール 144
2. セキステルペン 145
   A 鎖状セキステルペン 145
    1) ファルネソール 145
    2) ネロリドール 145
    3) ファルネセン 146
    4) 幼若ホルモン 146
    5) イポメアマロン 146
   B 環状セキステルペン 147
    1) フムレンおよびカリオフィレン 148
    2) ゲルマクラン 148
    3) エレマン 150
    4) オイデスマンおよびグアイアン 150
    5) エレモフィラン 151
    6) シクロファルネサン 151
    7) ビサボラン 153
    8) カジナン 153
    9) ツチンおよびコリアミルチン 153
    10) トリコテカン 154
   コラム ワラビの発がん物質,プタキロサイド 148
   コラム 抗マラリア薬,アルテミシニン 152
3. ジテルペン 小林淳一 ,久保田高明 154
   A 非環状ジテルペン 154
    1) フィトール 154
    2) ビタミンA 154
    3) プラウノートル 156
   B タブタン系列の環状ジテルペン 156
    1) ウラジロ 157
    2) 樹脂酸 157
    3) アビエチン酸 157
    4) アガチン酸 159
    5) アビエタン系化合物 159
    6) フォルスコリン 159
    7) タンシノン 160
    8) ステビア 160
    9) ent-カウラン系ジテルペン 160
    10) ジベレリン類 161
    11) アコニチン 161
    12) ギンコライド 162
   C センブラン系列の環状ジテルペン 162
    1) センブラン系化合物 162
    2) トウゴマ 163
    3) ハズ 164
    4) ダフネトキシン 164
    5) タキソール 165
   D その他のジテルペン 165
4. セスタテルペン 165
   A 非環状セスタテルペン 165
    1) ゲラニファルネソール 165
   B フラノセスタテルペン 166
   C オフィオボリン 166
   D 3環性セスタテルペン 166
   E 大環状セスタテルペン 167
   F レチゲラン酸 168
   G ケイランタトリオール 169
   H マノアリド 169
5. トリテルペンおよびトリテルペンサポニン 代田 修 169
   1) トリテルペン 169
   2) トリテルペンサポニン 171
   A 鎖状トリテルペン 173
    1) スクワレン 173
   B ダンマラン型トリペテルペン 174
    1) ギンセノシド類 174
    2) ジジフスサポニン類 175
   C オイファン型トリテルペン 176
    1) オイホール 176
   D ルパン型トリテルペン 176
    1) ベツリン 176
   E オレアナン型トリテルペン 177
    1) β-アミリン,オレアノール酸 177
    2) グリチルリチン酸 177
    3) ソーヤサポニン類 177
    4) ポリガラシン類,プラチコジン類 178
    5) サイコサポニン類 178
    6) チクセツサポニン類 178
    7) セネギン類 178
    8) オンジサポニン類 179
    9) アケポシド類 180
    10) ギムネマ酸類 180
   F ウルサン型トリテルペン 180
   G 変形トリテルペン 181
    1) リモノイド類 181
    2) カシノイド類 182
   H ラノスタン型トリテルペン 182
    1) ラノステノール 182
    2) エプリコ酸 182
    3) ホロトキシン類 182
   I プロトスタン型トリテルペン 182
    1) アリソール類 182
   J シクロアルタン型トリテルペン 182
    1) γ-オリザロール 182
    2) アストラガロシド類 183
    3) シミゲノール,シミシフゴシド 183
   K ククルビタン型トリテルペン 183
    1) ククルビタン類 183
    2) モモルジシン類 183
    3) モグロシド類 185
6. カロノイド 185
   A カロテン 185
    1) リコペン 185
    2) β-カロテン 186
   B キサントフィル 186
    1) β-クリプトキサンチン 186
    2) ルティン 186
    3) ゼアキサンチン 187
    4) ビオラキサンチン 187
    5) アスタキサンチン 187
    6) フコキサンチン 188
    7) カプサンチン 188
   C アポカロテノイド 189
    1) クロシン,クロセチン 189
    2) ピキシン,ノルピキシン 189
   D レチノイド 189
    1) レチノール 189
    2) デヒドロレチノール 189
    3) レチノイン酸 191
   コラム 視覚の化学 190
7. ステロイド 三巻祥浩 191
   A ステロイドとは 191
   B ステロイドの基本構造と名称 191
    1) ステロイドの基本骨格と環の結合様式 191
    2) ステロイドの立体配置の表示法 191
    3) ステロイドの分類と命名法 192
   C ステロール 194
    1) C₂₇-ステロール 194
    2) C₂₈-ステロール 195
    3) C₂₉-ステロール 198
   D ステロイドサポゲニンとステロイドサポニン 200
    1) ステロイドサポゲニンとステロイドサポニンの構造上の特徴 200
    2) スピロスタン型ステロイドサポニン 202
    3) フロスタン型ステロイドサポニン 204
    4) フロスピロスタン型テロイドサポニン 204
    5)その他のステロイド系サポニン 205
   E 強心ステロイド 205
    1) 強心配糖体の構造上の特徴 206
    2) カルデノライド配糖体 207
    3) ブファジエノライド配糖体 208
   F ブレグナン誘導体 208
   G 胆汁酸 210
   H ステロイドホルモン 210
    1) 男性ホルモン 211
    2) 女性ホルモン 211
    3) 副腎皮質ホルモン 212
   I ステロイドアルカロイド 213
    1) プレグナン型アルカロイド 213
    2) ピペリジン型アルカロイド 213
    3) 動物由来ステロイドアルカロイド 214
第5章 アルカロイドおよびその他の含窒素化合物 215
アルカロイドの生合成 森田博史 215
1. 脂肪族アミノ酸由来のアルカロイド 竹谷孝一 218
   A オルニチン由来のアルカロイド 218
    1) ピロリジン,トロパンアルカロイド 218
    2) ピロリチジンアルカロイド 221
   B リジン由来のアルカロイド 222
    1) ピペリジンアルカロイド 223
    2) キノリチジンアルカロイド 223
    3) インドリチジンアルカロイド 224
   C ニコチン酸由来のアルカロイド 225
   D グルタミン酸由来のアルカロイド 226
2. チロシン由来のアルカロイド 高山廣光 227
   A フェネチルアミン類 227
   B テトラヒドロイソキノリンアルカロイドの生成 227
   C 単純ベンジルイソキノリンアルカロイド 229
   D 修飾型ベンジルイソキノリンアルカロイド 229
    1) ビスベンジルイソキノリンアルカロイド 229
    2) アポルフィンアルカロイド 231
    3) アヘンアルカロイド 233
    4) ベルベリン型アルカロイド 234
    5) プロトベルベリン骨格由来の変形型イソキノリンアルカロイド 236
    6) エリスリナアルカロイド 237
   E フェネチルイソキノリンアルカロイド 237
   F ヒガンバナ科アルカロイド 238
   G モノテルペノイドイソキノリンアルカロイド 240
3. トリプトファン由来のアルカロイド 241
   A 単純インドールアルカロイド 241
   B モノテルペノイドインドールアルカロイド 242
    1) コリナンテ型,ヨヒンビン型アルカロイド 242
    2) サルパギン型アルカロイド 243
    3) ストリキニーネ 245
    4) アスピドスペルマ型,イボガ型アルカロイドと二重分子アルカロイド 247
    5) キナアルカロイド 248
    6) カンプトテシン 248
   C 麦角アルカロイド 250
   コラム クラーレ 231
   コラム アヘン 233
   コラム コルヒクム 238
   コラム ホミカ 245
   コラム ニチニチソウ 247
   コラム キナ 248
   コラム カンプトテシン 250
4. その他のアルカロイド 中西正恭 市丸百代 251
   A ヒスチジン由来のアルカロイド 251
    1) ピロカルピン 252
   B アントラニル酸由来のアルカロイド 252
    1) エボジアミン,ルタエカルピン 253
   C ニコチン酸由来のアルカロイド 253
    1) アレコリン 253
    2) リシニン 254
   D フェニルアラニン由来のアルカロイド 254
    1) エフェドリン 255
    2) カチノン 256
   E ポリケチド由来のアルカロイド 257
    1) コニイン 257
   F テルペノイド由来のアルカロイド 258
    1) モノテルペンアルカロイド 258
    2) セスキテルアルカロイド 259
    3) ジテルペンアルカロイド 259
    4) トリテルペンアルカロイド 260
    5) ステロイドアルカロイド 260
   G プリン由来のアルカロイド 264
    1) カフェイン,テオフィリン,テオブロミン 264
   コラム ドクニンジン 258
   コラム トリカブトと生薬ブシ(局)261
   コラム カフェイン 265
   コラム 海洋産アルカロイド、その他関連化合物 小林淳一,石井玄明 266
    1) 芳香族アルカロイド 266
    2) 脂肪族アルカロイド 269
    3) 有毒成分 271
    4) 核酸関連化合物およびその他 273
5. ペプチドおよびその他のアミノ酸誘導体 竹谷孝一 273
   A アミノ酸 273
    1) アミノ酸の立体化学 274
    2) タンパク質構成アミノ酸 275
    3) タンパク質構成アミノ酸以外の天然アミノ酸 277
    4) D- アミノ酸 279
   B ペプチド 森田博史 279
    1) リボソーム依存型ペプチド 280
    2) 非リボソーム依存型ペプチド 282
   C その他アミノ酸誘導体 290
    1) 青酸配糖体 290
    2) グルコシノレート 290
   コラム ニンニク 288
第6章 日本薬局方収載天然有機化合物一覧 野沢幸平 291
   A 糖類 291
   B 脂肪酸およびその誘導体 293
   C テルペノイド 293
   D ステロイド 294
   E その他の含酸素化合物 296
   F アミノ酸類 296
    1) ニンヒドリン反応 297
   G アルカロイド 297
    1) インドール系アルカロイド 296
    2) トロパン系アルカロイド 297
   H その他の含窒素化合物 299
   I 抗生物質 301
参考図書 305
索引 307
   和文 307
   欧文 319
総論 海老塚 豊 1
1. 天然物と医薬品開発 1
   A 素材となる生物 1
16.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
赤路健一, 福田常彦著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2008.10  viii, 182p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 有機化合物の結合と構造 1
   1.1 有機化合物 1
   1.2 化学結合 2
    1.2.1 原子の電子構造 2
    1.2.2 イオン結合 4
    1.2.3 共有結合 5
    1.2.4 結合の軌道論 8
    1.2.5 混成軌道 11
   1.3 官能基と命名法 13
    1.3.1 分子骨格による分類 13
    1.3.2 官能基による分類 15
    1.3.3 有機化合物の命名法 15
   1.4 有機反応のかたち 18
   章末問題 19
   本章のまとめ 20
   COLUMN
    ふっ素とオゾンホール 9
    寿限無寿限無… 17
2章 有機化合物の立体構造 21
   2.1 立体異性体 22
    2.1.1 鎖状アルカンの立体配座 22
    2.1.2 環状アルカンの立体配座 23
   2.2 立体配置 25
    2.2.1 不斉炭素と鏡像体 26
    2.2.2 立体化学の表し方 27
   章末問題 31
   本章のまとめ 32
   CLOUMN
    薬と毒は紙一重 26
3章 炭素骨格の性質と反応 33
   3.1 アルカンの性質と反応 33
    3.1.1 アルカンの性質 33
    3.1.2 アルカンの反応 34
   3.2 アルケンの性質と反応 35
    3.2.1 アルケンへの求電子付加反応 36
    3.2.2 共役ジエン 39
   3.3 芳香族化合物 40
    3.3.1 芳香族化合物の性質 40
    3.3.2 芳香族化合物の反応 41
   章末問題 47
   本章のまとめ 47
    ブルーベリーやニンジンは目にいい? 37
    「亀の甲」の功罪 41
4章 官能基の性質と反応 49
   4.1 有機ハロゲン化合物 49
    4.1.1 求核置換反応 49
    4.1.2 脱離反応 53
   4.2 アルコールとエーテル 57
    4.2.1 アルコールの性質 57
    4.2.2 アルコールの反応 60
    4.2.3 エーテル 62
   4.3 アルデヒドとケトン 63
    4.3.1 カルボニル基 64
    4.3.2 求核付加反応 64
   4.4 カルボン酸とその誘導体 69
    4.4.1 カルボン酸 69
    4.4.2 カルボン酸誘導体 71
   4.5 アルドール反応 74
    4.5.1 ケト・エノール互換異性 74
    4.5.2 アルドール型反応 77
   4.6 アミンとその誘導体 81
    4.6.1 構造と性質 82
    4.6.2 合成と反応 85
   章末問題 87
   本章のまとめ 88
    においの話 59
    ホルマリンとシックハウス症候群 65
5章 糖質の化学 91
   5.1 単糖の構造と性質 91
    5.1.1 単糖の立体異性体 92
    5.1.2 単糖の環状構造 94
    5.1.3 変旋光 95
    5.1.4 単糖の誘導体 95
    5.1.5 グリコシド結合の形成 97
   5.2 二糖の構造と性質 97
   5.3 多糖類の構造と性質 98
    5.3.1 ホモ多糖 98
    5.3.2 ヘテロ糖 103
    5.3.3 糖タンパク質 105
   章末問題 107
   本章のまとめ 108
    甘味料のいろいろ 100
    酵素をだます糖尿病治療薬 102
    PSA(前立腺特異的抗原によるがんの診断 106
6章 脂質の性質とその働き 109
   6.1 脂質の分類 109
    6.1.1 脂肪酸 109
    6.1.2 ろう 110
    6.1.3 トリアシルグリセロール 111
    6.1.4 グリセロリン脂質 112
    6.1.5 スフィンゴ脂質 113
    6.1.6 イソプレノイド 114
   6.2 リポタンパク質 117
   6.3 膜 118
   章末問題 119
   本章のまとめ 120
    コレステロールを減らせ! 116
7章 アミノ酸・ペプチド・タンパク質の化学 121
   7.1 アミノ酸とタンパク質の一次構造 121
    7.1.1 非極性で中性のアミノ酸 122
    7.1.2 極性をもつ中性のアミノ酸 124
    7.1.3 塩基性アミノ酸 124
    7.1.4 酸性アミノ酸 124
   7.2 アミノ酸の等電点 125
   7.3  タンパク質やペプチド中でのアミノ酸の修飾 126
   7.4 いろいろな生理活性ペプチド 127
   7.5 タンパク質の構造と性質 130
    7.5.1 タンパク質の構造 131
    7.5.2 タンパク質の一次構造の決定 131
    7.5.3 タンパク質の二次構造 135
    7.5.4 タンパク質の三次構造 138
    7.5.5 タンパク質の四次構造 139
   7.6 ミオグロビンとヘモグロビン
    7.6.1 ミオグロビンの構造と機能 139
    7.6.2 ヘモグロビン 140
   章末問題 141
   本章のまとめ 141
    前立腺がん治療薬 129
    固相法によるペプチド合成 130
8章 核酸の構造と役割 143
   8.1 核酸の構造 143
   8.2 核酸の立体構造 146
    8.2.1 DNAの二重らせん構造 146
    8.2.2 一本鎖RNA分子の構造 149
   8.3 核タンパク質 149
    8.3.1 クロマチン 149
    8.3.2 リポソーム 150
   8.4 核酸の複製とタンパク質の合成 151
    8.4.1 DNAの複製 151
    8.4.2 RNAの生合成 : 転写 154
    8.4.3 タンパク質の生合成 : mRNAの翻訳 156
   章末問題 158
   本章のまとめ 158
    PCR (Polymerase Chain Reaction)ポリメラーゼ連鎖反応 152
    DNAの配列決定法(サンガー法) 153
    抗ウイルス薬の仕組み 155
9章 代謝とエネルギー 159
   9.1 酵素 159
   9.2 補酵素の構造と機能 160
    9.2.1 ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)およびニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸(NADP) 160
    9.2.2 フラビンモノヌクレオチド(FMN)およびフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD) 161
    9.2.3 補酵素A(Conenzyme A ; CoA)とアシルキャリアータンパク質(ACP) 162
    9.2.4 ピリドキサル5'-リン酸 163
   9.3 生体成分の同化反応 165
    9.3.1 糖新生 167
    9.3.2 グリコーゲンの合成 167
    9.3.3 脂肪酸の合成 168
    9.3.4 アミノ酸の生合成 169
   9.4 生体成分の異化反応 170
    9.4.1 脂肪酸のβ酸化 170
    9.4.2 アミノ酸の分解 171
    9.4.3 解糖 172
    9.4.4 クエン酸回路 173
    9.4.5 電子伝達系と酸化的リン酸化 175
    9.4.6 異化経路の概観 176
   章末問題 177
   本章のまとめ 177
    フェニルケトン尿症 163
参考図書 178
索引 179
1章 有機化合物の結合と構造 1
   1.1 有機化合物 1
   1.2 化学結合 2
17.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
齋藤勝裕著 ; 講談社サイエンティフィク編集
出版情報: 東京 : 講談社, 2008.4  vi, 184p ; 21cm
シリーズ名: 絶対わかる化学シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに v
第Ⅰ部 基礎問題 1
1章 構造 2
   1 記号 2
   2 結合 4
   3 炭化水素の構造 6
   4 C-O結合の構造 8
   5 芳香族性 10
   6 不安定中間体 12
   7 置換基 14
2章 反応 16
   1 基礎反応 16
   2 官能基の反応 18
   3 単結合の反応 20
   4 不飽和結合の反応 22
   5 カルボニル基の反応 24
   5 共役系の反応 26
   7 芳香族の反応 28
   コラム : 反応機構の約束 30
第Ⅱ部 初級問題 31
3章 C=C結合の反応 32
   1 二重結合生成反応 32
   2 付加反応 34
   3 シス-トランス付加反応 36
   4 環状付加反応 38
   5 ジオール生成反応 40
   6 酸化切断反応 42
   7 三重結合の反応 44
4章 C=X結合の反応 46
   1 求核付加反応 46
   2 有機金属試薬の反応 48
   3 酸化還元反応 50
   4 不均化反応 52
   5 縮合反応 54
   6 転位反応 56
   7 エナミンの生成 58
5章 芳香族の反応 60
   1 求電子置換反応 60
   2 置換基変換反応 62
   3 配向性 64
   4 カップリング反応 66
   5 還元反応 68
   6 ベンゼン環上の転位反応 70
   7 ピリジンの反応 72
6章 分子軌道論的反応 74
   1 エネルギーと関数 74
   2 結合エネルギー 76
   3 分子軌道と反応性 78
   4 芳香族性 80
   5 閉環反応 82
   6 水素移動反応 84
   7 環状付加反応 86
   コラム : 反応機構の中間部分 88
第Ⅲ部 中級問題 89
7章 基礎的な反応 90
   1 ケトンからアミドへの転位反応 90
   2 ケトンから力ルボン酸への反応 92
   3 ケトンの酸化反応 94
   4 ケトンとマロン酸エステルの反応 96
   5 エナミンの反応 98
   6 ケトンとコハク酸の縮合反応 100
   7 2個のケトン間の反応 102
   コラム : 二重結合の転位・環状付加反応 104
8章 応用的な反応 106
   1 2個のアルデヒドの間の反応 106
   2 ベンゼン環上の転位反応 108
   3 アルデヒドとニトリル陰イオンの反応 110
   4 アセチル基とアミンの反応 112
   5 α-ハロエステルとケトンの反応 114
   6 α-ハロケトンの転位反応 116
   7 炭素鎖を伸ばす反応 118
9章 発展的な反応 120
   1 カルボン酸からアミンへの変化 120
   2 エステルと金属ナトリウムの反応 122
   3 アルコールから出発する反応 124
   4 二重結合から出発する反応 126
   5 1,3-ジケトンから出発する反応 128
   6 二重結合の転位反応 130
   7 活性メチレンの反応 132
   コラム : 中間体と生成物 134
第Ⅳ部 上級問題 135
10章 学部初学年 136
   1 反応機構の書き方 136
   2 環状ケトンの開環反応 138
   3 開環と閉環反応 140
   4 脱臭化水素と臭化水素付加 142
   5 二重結合の転位反応 144
   6 四員環ジケトンの開環反応 146
   7 立体的な問題 148
11章 学部中学年 150
   1 非共有電子対による力ルボニルの攻撃 150
   2 活性メチレンとエステルの反応 152
   3 環拡大反応 154
   4 三員環を経由する反応 156
   5 エポキシ環の開環反応 158
   6 ケトン環の開環と閉環 160
   7 ラクトン環の反応 162
   8 活性炭素による環化反応 164
12章 学部高学年 166
   1 エナミンの反応 166
   2 六員環ケトンからフェノール生成 168
   3 エーテル環の開裂反応 170
   4 三重結合の転位反応と環状付加反応 172
   5 八員環共役系からベンゼンへの転位反応 174
   6 二環状化合物の反応 176
   7 六員環共役ケトンの開環反応 178
   8 コラム的問題 180
索引 182
はじめに v
第Ⅰ部 基礎問題 1
1章 構造 2
18.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
T.W. Graham Solomons, Craig B. Fryhle, Robert G. Johnson [著] ; 池田正澄 [ほか] 監訳
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2008.4  vii, 279p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 有機化学の基礎 : 化学結合と分子構造 1
2. 代表的な炭素化合物 13
3. 有機化学反応序論 : 酸と塩基 19
4. アルカンとシクロアルカンの命名法と立体配座 27
5. 立体化学 : キラルな分子 39
6. イオン反応 : ハロゲン化アルキルの求核置換反応と脱離反応 51
7. アルケンとアルキンⅠ : 性質と合成.ハロゲン化アルキルの脱離反応 63
8. アルケンとアルキンⅡ : 付加反応 79
9. ラジカル反応 91
10. アルコール,エーテル,およびチオール 97
11. カルボニル化合物からアルコールの合成 : 酸化還元反応と有機金属化合物 109
12. 共役不飽和系 129
13. 芳香族化合物 141
14. 芳香族化合物の反応 147
15. アルデヒドとケトンⅠ : カルボニル基への求核付加 165
16. アルデヒドとケトンⅡ : エノールとエノラート 181
17. カルボン酸とその誘導体 : アシル炭素上の求核付加-脱離反応 197
18. β-ジカルボニル化合物の合成と反応 : エノラートの化学 213
19. アミン 231
20. フェノールとハロゲン化アリール : 芳香族求核置換反応 255
21. 炭水化物 265
22. 脂質 269
23. アミノ酸とタンパク質 273
24. 核酸とタンパク質合成 277
1. 有機化学の基礎 : 化学結合と分子構造 1
2. 代表的な炭素化合物 13
3. 有機化学反応序論 : 酸と塩基 19
19.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
奥忠武 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 講談社, 2006.3  ix, 195p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序文 ⅴ
   1 有機化学の基礎 1
    1.1 生物有機化学の概念 1
    1.2 有機化合物の構造と官能基 2
    1.2.1 炭素骨格による分類 4
    1.2.2 官能基による分類 7
    1.3 有機化合物の反応 14
    1.4 有機化合物の異性体 15
    1.4.1 構造異性体 16
    1.4.2 立体異性体 16
    1.5 生体関連物質の分離と分析 24
    1.5.1 抽出と分離・精製 24
    1.5.2 同定のための機器分析 25
2 生体物質の化学 35
    2.1 糖質の化学 35
    2.1.1 糖質の定義と分類 35
    2.1.2 糖質の構造と性質 36
    2.1.3 複合糖質と糖鎖生物学・糖鎖工学 47
    2.2 脂質の化学 53
    2.2.1 中性脂質と油脂 54
    2.2.2 複合脂質 54
    2.2.3 脂質の機能 56
    2.3 タンパク質の化学 57
    2.3.1 アミノ酸の定義,構造と性質 57
    2.3.2 ペプチドの構造と性質 67
    2.3.3 タンパク質の定義と分類 70
    2.3.4 タンパク質の構造と性質 71
    2.3.5 金属タンパク質による酸素運搬・貯蔵と電子伝達 87
    2.3.6 プロテオミクス 90
    2.4 酵素の化学 92
    2.4.1 酵素の定義と分類 92
    2.4.2 触媒としての特性 95
    2.4.3 酵素の活性中心 96
    2.4.4 誘導効果 98
    2.4.5 反応の機構 98
    2.4.6 酵素を用いる有機合成反応 101
    2.5 ビタミンの化学 109
    2.5.1 ビタミンの定義と分類 109
    2.5.2 ビタミンの化学構造と作用機構 110
    2.6 核酸の化学 118
    2.6.1 核酸の定義と分類 118
    2.6.2 遺伝子としてのDNA 120
    2.6.3 DNAの立体構造と物理化学的性質 121
    2.6.4 DNAの自己複製 124
    2.6.5 RNAを介した遺伝情報の発現 125
    2.6.6 遺伝子工学を支える基盤技術 128
    2.6.7 遺伝子工学の応用 132
3 生命現象の化学 137
    3.1 細胞構造に基づく生物の分類と進化 137
    3.1.1 細胞の構造と機能 137
    3.1.2 生物の分類と進化 140
    3.2 自由エネルギー 143
    3.3 代謝回路 144
    3.3.1 生体物質の代謝 144
    3.3.2 糖質の代謝 145
    3.3.3 脂質の代謝 148
    3.3.4 クエン酸回路 149
    3.3.5 物質代謝とエネルギー 150
    3.3.6 ATPの生成と貯蔵 152
    3.3.7 電子伝達系 152
    3.3.8 プロトンポンプ機構 154
    3.4 生化学的情報伝達 155
    3.4.1 情報伝達物質と受容体 155
    3.4.2 ホルモン 157
    3.4.3 神経伝達物質 163
    3.4.4 アゴニストとアンタゴニスト 166
    3.5 免疫の化学 169
    3.5.1 免疫の機構 169
    3.5.2 抗体の構造と多様性 170
    3.5.3 モノクローナル抗体とハイブリドーマ 173
    3.5.4 抗体の応用 176
   参考書 181
   付録 183
   索引 191
コラムー覧
   ・サリドマイドの光と影 23
   ・失敗は成功のもと 31
   ・特定保健用食品としてのオリゴ糖 42
   ・牛海綿状脳症(BSE) 79
   ・アルツハイマー病(Alzheheimer's disease) 85
   ・有機フッ素化合物を合成する酵素 107
   ・抗体触媒の作用を利用するドラッグデリバリーシステム 108
   ・ゲノムは生命の設計図 135
   ・クローン技術 142
   ・情報伝達物質としてのNOとバイアグラ 156
   ・神経ガス・サリンによる急性中毒 165
序文 ⅴ
   1 有機化学の基礎 1
    1.1 生物有機化学の概念 1
20.

図書

図書
太田博道編著
出版情報: 東京 : 放送大学教育振興会, 2006.3  271p ; 21cm
シリーズ名: 放送大学教材 ; 1892819-1-0611
所蔵情報: loading…
21.

図書

図書
井上将彦, 柳日馨編著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2006.4  197p ; 26cm
所蔵情報: loading…
22.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Maitland Jones, Jr.著 ; 奈良坂紘一 [ほか] 監訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2000.9-2000.11  2冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
上巻
序章
1.原子と分子;軌道と結合 1
   1・1 原子と原子軌道 2
   1・2 共有結合とLewis構造式 4
   1・3 共鳴構造入門 12
   1・4 原子軌道についての追加事項 16
   1・5 共有結合: 水素(H2) 23
   1・6 結合の強さ 28
   1・7 反応性入門: 酸と塩基 33
   1・8 量子力学と赤ん坊 34
   1・9 まとめ 35
   1・10 重要語句 37
   1・11 追加問題 39
2.アルカン 43
   2・1 メタン(CH4)の構造 44
   2・2 混成軌道: メタンのよりよいモデルをつくる 48
   a.sp混成 48
   b.sp2混成 50
   c.sp3混成: メタン再訪 51
   2・3 メタンの誘導体: メチル化合物(CH3X) 53
   2・4 メチルカチオン(+CH3),メチルアニオン(-:CH3),およびメチルラジカル(-:CH3) 55
   2・5 エタン(C2H6),エチル化合物(C2H5X),およびNewman投影式 57
   2・6 構造式の書き方 63
   2・7 プロパン(C3H8)とプロピル化合物(C3H7X) 64
   2・8 ブタン類(C4H10),ブチル化合物(C4H9X),配座解析 66
   2・9 ペンタン類(C5H12)とペンチル化合物(C5H11X) 70
   2・10 アルカンの命名法 72
   2・11 異性体を書き出す 74
   2・12 環状化合物 76
   2・13 アルカンとシクロアルカンの物理的性質 80
   2・14 13C核磁気共鳴分光法 81
   2・15 生体分子としてのアルカン 82
   2・16 まとめ 83
   2・17 重要語句 84
   2・18 追加問題 85
3.アルケンとアルキン 87
   3・1 アルケン: 構造と結合 87
   3・2 アルケンの誘導体,異性体,および名称 96
   3・3 アルケンの命名法 99
   3・4 Cahn-Ingold-Prelogの順位則 101
   3・5 アルケンの相対的安定性: 生成熱 104
   3・6 環内二重結合 106
   3・7 アルケンの物理的性質 111
   3・8 アルキン: 構造と結合 112
   3・9 アルキンの相対的安定性: 生成熱 114
   3・10 アルキンの誘導体と異性体 115
   3・11 環内三重結合 116
   3・12 アルキンの物理的性質 117
   3・13 アルキンの酸性度 117
   3・14 分子式と不飽和度 119
   3・15 アルケンと生物学 120
   3・16 まとめ 121
   3・17 重要語句 122
   3・18 追加問題 123
4.立体化学 125
   4・1 キラリティー 126
   4・2 鏡像異性体の性質: 物理的相違点 128
   4・3 R/S表示法 130
   4・4 光学活性の物理学的基礎 133
   4・5 鏡像異性体の性質: 化学的相違点 135
   4・6 動的平衡による鏡像異性体間の相互変換: ゴーシュ形ブタン 139
   4・7 ジアステレオマー: 二つ以上のキラル原子をもつ分子 140
   4・8 ジアステレオマーの物理的性質: 分割 145
   4・9 絶対立体配置の決定(RかSか) 147
   4・10 環状化合物の立体化学解析入門 148
   4・11 異性体の復習 151
   4・12 "四つの異なる基が結合した炭素"のないキラリティー 152
   4・13 実社会における立体化学: サリドマイド;キラリティーの間違いがもたらす結果 155
   4・14 まとめ 156
   4・15 重要語句 157
   4・16 追加問題 157
5.環状化合物 159
   5・1 環とひずみ 160
   5・2 ひずみエネルギーの定量的評価 167
   a.生成熱 168
   b.燃焼熱によるひずみの解析 169
   5・3 シクロヘキサンの立体化学: 配座解析 172
   5・4 一置換シクロヘキサン 174
   5・5 二置換環状化合物 179
   a.1,1-二置換シクロヘキサン 179
   b.1,2-二置換シクロヘキサン 180
   5・6 ビシクロ化合物 187
   5・7 多環化合物 192
   5・8 アダマンタン類 193
   5・9 まとめ 195
   5・10 重要語句 196
   5・11 追加問題 196
6.置換反応と脱離反応: SN2,SN1,E2,E1反応 199
   6・1 ハロゲン化アルキル: 命名法と構造 200
   6・2 反応機構: ブレンステッド酸・塩基 202
   6・3 矢印表記法 204
   6・4 ルイス酸とルイス塩基 205
   6・5 HOMO-LUMO相互作用 206
   6・6 ハロゲン化アルキルの反応: 置換反応 208
   6・7 二分子求核置換反応: SN2反応 209
   a.反応速度 209
   b.SN2反応の立体化学 209
   c.基質の構造による影響: R(アルキル)置換基 215
   d.求核試薬の影響 218
   e.脱離基の影響 222
   f.溶媒の影響 224
   6・8 生物化学におけるSN2反応 225
   6・9 一分子求核置換反応: SN1反応
   a.反応速度 226
   b.SN1 反応の立体化学 228
   c.基質の構造による影響: R(アルキル)置換基 230
   d.求核試薬の影響 232
   e.脱離基の影響 232
   f.溶媒の影響 233
   6・10 SN1およびSN2反応のまとめ 233
   6・11 一分子脱離反応: E1反応 236
   a.反応速度 236
   b.E1反応における脱離の配向性 236
   6・12 二分子脱離反応: E2反応 238
   a.反応速度 238
   b.E2およびSN2反応に対する基質の枝分かれの影響 239
   c.E2反応の立体化学 240
   d.E2反応における脱離の配向性 244
   6・13 置換反応の活用法: 合成への応用 249
   6・14 まとめ 251
   6・15 重要語句 254
   6・16 追加問題 255
7.平衡 261
   7・1 平衡 262
   7・2 ギブズの標準自由エネルギー変化 265
   7・3 化学反応の速度 267
   7・4 反応速度定数 269
   7・5 化学反応でのエネルギー障壁: 遷移状態と活性化エネルギー 270
   7・6 反応機構 277
   7・7 Hammondの仮説: 熱力学と速度論 279
   7・8 酵素と反応速度 285
   7・9 まとめ 286
   7・10 重要語句 287
   7・11 追加問題 288
8.アルケンへの付加1 291
   8・1 電気陰性度 292
   8・2 ハロゲン化水素のアルケンへの付加の反応機構 293
   8・3 位置選択性 295
   8・4 共鳴効果 296
   8・5 共鳴についての概説: いかに共鳴構造式を書くか 301
   8・6 共鳴とカルボカチオンの安定性 306
   8・7 誘起効果と付加反応 311
   8・8 H-X付加反応: 水和 313
   8・9 アルケンの二量化および多量化 316
   8・10 ヒドロホウ素化 318
   8・11 ヒドロホウ素化の有用性: アルコールの生成 327
   8・12 アルケンへのH-Xの付加に伴う転位反応 329
   8・13 生体内で起こる転位反応 333
   8・14 まとめ 335
   8・15 重要語句 337
   8・16 追加問題 337
9.アルケンへの付加2およびアルキンへの付加 343
   9・1 X2試薬の付加 343
   a.水素添加 343
   b.ハロゲンの付加 347
   9・2 水銀化合物を経由する水和: オキシ水銀化 354
   9・3 三員環を形成する他の付加反応: オキシランとシクロプロパン 356
   a.オキシラン 356
   b.Sharpless不斉エポキシ化 358
   c.オキシランの反応: 1,2-ジオールの生成 359
   d.カルベン 362
   e.三重項カルベン 365
   9・4 双極子付加反応 369
   a.オゾン分解 369
   b.過マンガン酸塩と四酸化オスミウムによる酸化 375
   9・5 アルキンへの付加: H-Xの付加 377
   9・6 アルキンへのX2試薬の付加 381
   9・7 アルキンの水和 381
   9・8 アルキンのヒドロホウ素化 383
   9・9 アルキンの水素添加: シン水素添加 385
   9・10 アンモニア中でのナトリウム還元: アンチ水素添加 386
   9・11 生物化学における三員環化合物 388
   9・12 まとめ 389
   9・13 重要語句 393
   9・14 追加問題 394
10.ラジカル反応 399
   10・1 ラジカルの生成と反応 400
   10・2 ラジカルの構造 408
   10・3 ラジカルの安定性 409
   10・4 アルケンへのラジカル付加 412
   a.HBr付加のラジカル連鎖反応 413
   b.阻害剤 415
   c.ラジカル付加の位置選択性: 逆Markovnikov付加 416
   d.アルケンへのHX付加の熱化学分析 418
   10・5 その他のラジカル付加反応 419
   10・6 アルキンへのHBrのラジカル付加 421
   10・7 光ハロゲン化 422
   a.メタン 422
   b.他のアルカン 425
   10・8 アリル位のハロゲン化 429
   10・9 ラジカルの転位について 432
   10・10 体の中のラジカル: ラジカルは老化の原因か 436
   10・11 まとめ 436
   10・12 重要語句 439
   10・13 追加問題 440
11.ジエン類およびアリル化合物: 共役系中の2p軌道 445
   11・1 アレン類: 1,2-ジエン 446
   11・2 アレンに関連する分子: ケテンとクムレン 448
   11・3 アルキンの異性化における中間体としてのアレン構造 449
   11・4 1,3-ジエン 452
   11・5 共役二重結合の特徴 455
   11・6 分子軌道と紫外スペクトル 459
   11・7 ポリエン類と視覚作用 467
   11・8 共役化合物の反応性: ジエンの付加反応 468
   a.HBrとHClの付加反応 468
   b.Br2とCl2の付加反応 469
   11・9 付加反応における熱力学支配と速度論支配 470
   11・10 アリル系: 三つの2p軌道の重なり 474
   11・11 アリルカチオン: アリル型ハロゲン化物のSN1反応 475
   11・12 アリル型ハロゲン化物のSN2反応 476
   11・13 アリルラジカル 477
   11・14 アリルアニオン 478
   11・15 ジエン類のDiels-Alder反応 478
   11・16 テルペン類の生合成 488
   11・17 ステロイド類の生合成 493
   11・18 まとめ 497
   11・19 重要語句 499
   11・20 追加問題 500
12.共役と芳香族性 505
   12・1 ベンゼンの構造 506
   12・2 ベンゼンの共鳴構造式 509
   12・3 ベンゼンの分子軌道 511
   12・4 ベンゼンの共鳴安定化の定量的評価(非局在化エネルギー) 513
   a.水素添加熱 513
   b.生成熱 514
   12・5 芳香族性の一般化: Hiickel(4n+2)則 515
   12・6 アヌレン 528
   12・7 置換ベンゼン 529
   a.一置換および二置換ベンゼン 529
   b.多置換ベンゼン 531
   12・8 置換ベンゼンの物理的性質 532
   12・9 芳香族複素環化合物 532
   12・10 縮合多環芳香族化合物 534
   12・11 ベンゼンの化学反応入門 537
   a.芳香族置換反応 537
   b.芳香族化合物のBirch還元 540
   12・12 ベンジル基とその反応性: ベンゼン環による隣接位(ベンジル位)の活性化 541
   a.ベンジル化合物の置換反応 541
   b.ベンジル位でのラジカル反応 543
   c.ベンジル位の酸化 545
   12・13 多環芳香族化合物の発がん機構 545
   12・14 まとめ 548
   12・15 重要語句 550
   12・16 追加問題 551
13.芳香族化合物の置換反応 555
   13・1 ベンゼン化合物への付加反応による非芳香族化合物の生成: 水素添加反応 556
   13・2 Diels-Alder反応 558
   13・3 ベンゼンへのさまざまな付加反応 559
   13・4 ベンゼンの置換反応 561
   13・5 芳香族求電子置換反応 564
   a.置換反応の一般論 564
   b.スルホン化 565
   c.ニトロ化 566
   d.ハロゲン化 567
   13・6 Friedel-Craftsアルキル化反応 568
   13・7 Firedel-Craftsアシル化反応 572
   13・8 "超強酸"中で安定なカルボカチオン 575
   13・9 これまでの芳香族置換反応のまとめ 576
   13・10 二置換ベンゼン: オルト,メタ,パラ置換体 581
   13・11 芳香族置換反応における誘起効果 592
   13・12 多置換芳香族化合物の合成 594
   13・13 芳香族求核置換反応 599
   13・14 ベンザイン 602
   13・15 芳香環の生合成: フェニルアラニン 604
   13・16 まとめ 606
   13・17 重要語句 610
   13・18 追加問題 610
14.機器分析 615
   14・1 クロマトグラフィー 616
   14・2 質量分析法 618
   14・3 赤外分光法 626
   a.赤外分光計 628
   b.赤外特性吸収 628
   14・4 核磁気共鳴(NMR)分光法 633
   a.NMR分光計 635
   b.化学シフト 637
   14・5 有機分子のNMRスペクトル 642
   a.アルカン 642
   b.電気陰性基による置換 642
   c.アリル水素 643
   d.アルケン 643
   e.芳香族化合物 644
   f.アルキン 645
   g.アルコールとアミン 645
   14・6 スピンースピン結合: 結合定数J 645
   14・7 複雑なスペクトル 652
   14・8 スピンデカップリング 656
   14・9 他の核のNMR 658
   14・10 複雑な生体分子の構造決定: マイトトキシン 659
   14・11 動的NMRスペクトル 660
   14・12 まとめ 664
   14・13 重要語句 665
   14・14 追加問題 666
   本書でよく使用される略号 677
   訳者補遺: 形式電荷と巻矢印表記法 679
   和文索引
   欧文索引
下巻
15.カルボニル基の化学1: 付加反応 683
   15・1 炭素-酸素二重結合の構造 683
   15・2 カルボニル化合物の命名法 686
   15・3 カルボニル化合物の物理的性質 689
   15・4 カルボニル化合物のスペクトル 689
   a.赤外スペクトル 689
   b.核磁気共鳴スペクトル 690
   c.紫外スペクトル 691
   d.質量スペクトル 692
   15・5 カルボニル化合物の反応: 可逆的付加反応 692
   15・6 付加反応における平衡 697
   15・7 他の付加反応: シアン化物イオンと亜硫酸水素イオンの付加 701
   15・8 水の脱離を伴う付加反応: アセタールの生成 703
   15・9 アミンの付加反応: イミンとエナミンの生成 708
   15・10 有機金属試薬 715
   15・11 不可逆的付加反応 718
   15・12 アルコールのカルボニル化合物への酸化 722
   15・13 Wittig反応 726
   15・14 生体内酸化反応 728
   15・15 まとめ 731
   15・16 重要語句 736
   15・17 追加問題 737
16.アルコールの化学: ジオール,エーテルおよび関連する硫黄化合物 743
   16・1 命名法 744
   16・2 アルコールの構造 745
   16・3 アルコールの物理的性質 746
   16・4 アルコールの分光学的性質 747
   a.赤外スペクトル 747
   b.核磁気共鳴スペクトル 748
   16・5 アルコールの酸性と塩基性 748
   16・6 アルコールの反応 752
   a.アルコキシドの生成 752
   b.置換反応 753
   c.脱離反応 754
   d.アルコールの反応における転位 755
   e.スルホン酸エステルの生成 755
   f.ハロゲン化物の生成 756
   g.アルコールの酸化 758
   16・7 アルコールの合成 759
   a.アルケンからの合成 759
   b.ハロゲン化アルキルからの合成 759
   c.カルボニル化合物からの合成 760
   d.特殊な合成法 761
   16・8 二価アルコール: ジオールまたはグリコール 761
   a.命名法 761
   b.ジオールの合成 762
   c.1,2-ジオールの反応 764
   d.1,2-ジオールの酸触媒による転位反応: ピナコール転位 765
   e.1,2-ジオールの酸化的開裂 768
   16・9 エーテル 768
   a.命名法 768
   b.物理的性質 769
   c.エーテルの構造 769
   d.酸性度と塩基性度 770
   e.スペクトル 770
   16・10 エーテルの合成 771
   a.アルコキシドからの合成 771
   b.アルケンからの合成 773
   c.芳香族エーテル 773
   16・11 エーテルの反応 774
   a.強酸による開裂 774
   b.アルコールの保護基 775
   c.自動酸化: 過酸化物の生成 776
   d.オキシランと求核試薬との反応 778
   16・12 チオールとスルフィド 780
   a.命名法 781
   16・13 チオールおよびスルフィドの反応と合成 782
   a.酸性度 782
   b.置換反応 782
   c.硫黄化合物のRaneyニッケルによる還元: ジチオアセタール 784
   d.酸化 784
   16・14 クラウンエーテル 786
   16・15 まとめ 788
   16・16 重要語句 794
   16・17 追加問題 794
17.カルボニル基の化学2: α位の反応 801
   17・1 弱いブレンステッド酸としてのアルデヒドおよびケトン 802
   17・2 エノール,エノラートの反応 812
   a.交換反応 812
   b.ラセミ化 812
   c.α位のハロゲン化 814
   d.アルキル化反応 819
   17・3 カルボニル化合物の付加反応: アルドール反応 823
   17・4 アルドール関連反応 833
   a.分子内アルドール反応 833
   b.交差アルドール反応 834
   c.Knoevenagel縮合と関連する反応 837
   d.Michael反応 840
   17・5 問題の解き方 844
   a.縮合反応の組合わせ 844
   17・6 α水素をもたないカルボニル化合物 847
   a.Cannizzaro反応 847
   b.Meerwein-Ponndorf-Verley-Oppenauer反応 848
   c.Bartlett-Condon-Schneider反応 850
   17・7 現実の世界でのアルドール反応: 現代の合成化学入門 853
   17・8 まとめ 856
   17・9 重要語句 860
   17・10 追加問題 861
18.カルボン酸 869
   18・1 カルボン酸の命名法と性質 870
   18・2 カルボン酸の構造 872
   18・3 カルボン酸の赤外およびNMRスペクトル 873
   18・4 カルボン酸の酸性度と塩基性度 874
   18・5 カルボン酸の反応 879
   a.エステルの生成: Fischerのエステル化 879
   b.アミドの生成 888
   c.酸塩化物の生成 890
   d.酸無水物の生成 892
   e.有機リチウム試薬および金属水素化物との反応 893
   f.脱二酸化炭素反応 896
   g.臭化アルキルの生成: Hunsdiecker反応 897
   18・6 カルボン酸のα位での反応性 899
   a.α-ハロカルボン酸の生成と反応: α位のアルキル化 899
   b.α位の臭素化: Hell-Volhard-Zelinsky反応 900
   18・7 カルボン酸の合成 904
   a.酸化的経路 904
   b.ハロホルム反応 904
   c.有機金属試薬と二酸化炭素の反応 905
   18・8 脂肪酸 906
   18・9 まとめ 908
   18・10 重要語句 912
   18・11 追加問題 914
19.カルボン酸誘導体: アシル化合物 919
   19・1 命名法 920
   19・2 アシル化合物の物理的性質と構造 924
   19・3 スペクトルにおける特徴 928
   a.赤外スペクトル 928
   b.NMRスペクトル 929
   19・4 酸塩化物の反応 930
   19・5 酸無水物の反応 934
   19・6 エステルの反応 935
   19・7 アミドの反応 940
   19・8 ニトリルの反応 944
   19・9 ケテンの反応 947
   19・10 エステルのエノラートイオンの化学: Claisen縮合および類似の縮合反応 948
   19・11 Claisen縮合の変形 954
   a.環状Claisen縮合: Dieckmann縮合 955
   b.交差Claisen縮合 955
   c.エステルとケトンの縮合 957
   d.Claisen縮合の逆反応 958
   19・12 生体内におけるClaisen縮合とその逆反応 959
   19・13 β-ケトエステルの反応 961
   a.アルキル化反応 961
   b.β-ジカルボニル化合物の加水分解と脱二酸化炭素 963
   c.エステルの直接アルキル化 967
   19・14 複雑な縮合反応の問題 967
   19・15 アシル化合物の新しい合成経路 969
   a.Baeyer-Villiger反応 969
   b.Beckmann転位 971
   19・16 エステルの熱分解 973
   19・17 まとめ 977
   19・18 重要語句 983
   19・19 追加問題 984
20.含窒素化合物の化学の基礎: アミン 991
   20・1 命名法 992
   20・2 アミンの構造と物理的性質 996
   20・3 アミンの分光学的性質 1000
   a.赤外スペクトル 1000
   b.NMRスペクトル 1000
   20・4 アミンの酸および塩基としての性質 1000
   20・5 アミンの反応 1005
   a.アミンのアルキル化 1005
   b.カルボニル基へのアミンの付加 1006
   c.アミンの脱離反応 1007
   d.芳香族アミンの反応 1008
   e.芳香族以外のアミンと亜硝酸の反応 1011
   f.N-オキシドの生成: Cope脱離 1014
   g.アミンの縮合反応: Mannich反応 1015
   20・6 アミンの合成 1017
   a.アミンのアルキル化 1017
   b.アミンの還元的合成 1018
   c.アミドからのアミンの合成 1020
   d.アミノ交換反応 1022
   20・7 アルカロイド 1025
   20・8 キニーネの合成 1030
   20・9 相間移動触媒: 有機合成におけるアンモニウムイオンの利用 1031
   20・10 まとめ 1032
   20・11 重要語句 1036
   20・12 追加問題 1037
21.遷移状態における芳香族性: 軌道の対称性 1043
   21・1 協奏反応 1044
   21・2 電子環状反応 1045
   21・3 付加環化反応 1055
   21・4 シグマトロピー転位 1060
   21・5 炭素のシグマトロピー転位 1070
   21・6 他のシグマトロピー転位 1073
   21・7 生体中で見られるCope転位 1077
   21・8 ゆらぎ構造をもつ分子 1077
   21・9 まとめ 1085
   21・10 重要語句 1087
   21・11 追加問題 1088
22.多官能性化合物: 分子内反応と隣接基関与 1093
   22・1 ヘテロ原子による隣接基関与 1095
   22・2 π電子の隣接基関与 1107
   a.芳香環の隣接基関与 1107
   b.炭素-炭素二重結合の隣接基関与 1110
   22・3 単結合の隣接基関与 1120
   22・4 Coatesのカチオン 1129
   22・5 アシル化合物の協奏的な転位反応 1130
   a.ジアゾケトン: Wolff転位 1130
   b.アシルアジド: Curtius転位 1133
   c.アミドのHofmann転位 1135
   22・6 まとめ 1136
   22・7 重要語句 1138
   22・8 追加問題 1139
23.多官能性天然物: 糖質 1143
   23・1 命名法と構造 1144
   23・2 糖質の反応 1155
   a.糖質の変旋光 1155
   b.アルカリ水溶液中における異性化 1155
   c.還元 1157
   d.酸化 1158
   e.エーテルおよびエステルの生成 1159
   f.オサゾンの生成 1163
   g.糖鎖の伸長と短縮 1166
   23・3 グルコースの環の大きさ 1168
   23・4 Fischer によるD-グルコース(および他の15種類のアルドヘキソース)の構造決定 1169
   23・5 二糖類と多糖類 1177
   23・6 まとめ 1183
   23・7 重要語句 1185
   23・8 追加問題 1186
24.複素環化合物 1189
   24・1 複素三員環化合物: オキシラン,チイラン,アジリジン 1189
   a.合成法 1190
   b.複素三員環化合物の反応 1196
   24・2 複素四員環化合物: オキセタン,チエタン,アゼチジン 1198
   24・3 複素五員環および複素六員環化合物 1199
   24・4 2個以上のヘテロ原子を含む非芳香族系複素環化合物 1201
   24・5 含窒素芳香族複素環化合物 1204
   a.構造 1204
   b.酸および塩基としての性質 1206
   c.ピリジンの求核性 1207
   d.ピリジンおよびピロールの芳香族求電子置換反応: 芳香族複素環化合物の共鳴エネルギー 1208
   e.ピリジンおよびピロールの芳香族求核置換反応 1210
   f.α位での反応 1213
   g.ピリジンおよびピロール誘導体の合成 1213
   h.ピロールのDiels-Alder反応 1216
   24・6 フランおよびチオフェン 1217
   a.構造 1217
   b.フランおよびチオフェンの反応: 芳香族求電子置換反応 1217
   c.芳香族性が失われる反応: Diels-Alder反応ならびに関連する付加反応 1217
   d.フランおよびチオフェンの合成 1219
   24・7 2個以上のヘテロ原子を含む芳香族複素環化合物 1220
   24・8 二環性複素環化合物 1220
   a.インドール,ベンゾフラン,ベンゾチオフェン 1220
   b.インドール合成 1221
   c.キノリンおよびイソキノリン 1224
   24・9 生物活性をもつ複素環化合物: ペニシリンならびに関連する抗生物質 1226
   24・10 まとめ 1230
   24・11 重要語句 1236
   24・12 追加問題 1237
25.アミノ酸,ペプチド,タンパク質 1243
   25・1 アミノ酸 1244
   a.アミノ酸の命名法 1244
   b.アミノ酸の構造 1246
   c.酸-塩基としてのアミノ酸 1247
   d.アミノ酸の合成 1249
   e.アミノ酸の分割 1253
   25・2 アミノ酸の反応 1256
   a.アシル化反応 1256
   b.エステル化反応 1256
   c.ニンヒドリン反応 1256
   25・3 ペプチドの化学 1258
   a.命名法と構造 1258
   b.タンパク質の構造決定 1263
   c.ペプチドの合成 1271
   25・4 ヌクレオシド,ヌクレオチド,核酸 1278
   25・5 まとめ 1283
   25・6 重要語句 1286
   25・7 追加問題 1288
   本書でよく使用される略号 1293
   和文索引 1295
   欧文索引 1329
上巻
序章
1.原子と分子;軌道と結合 1
23.

図書

図書
竹中克彦[ほか]著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2000.9  iv, 139p ; 26cm
シリーズ名: ニューテック・化学シリーズ
所蔵情報: loading…
24.

図書

図書
務台潔著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2000.9  vii, 212p ; 21cm
シリーズ名: 基本化学シリーズ ; 14
所蔵情報: loading…
25.

図書

図書
杉森彰著
出版情報: 東京 : サイエンス社, 2000.10  x, 240p ; 21cm
シリーズ名: サイエンスライブラリ化学 ; 3
所蔵情報: loading…
26.

図書

図書
Maitland Jones, Jr. and Henry L. Gingrich
出版情報: New York : Norton , 東京 : 東京化学同人(発売), 2001, c2000  x, 787 p. ; 28 cm
所蔵情報: loading…
27.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
山口達明著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2000.4  xiv, 225p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
0 化学の方法
   0.1 化学とは何だろうか 2
   0.2 化学はいかに創られたか 4
   (1)19世紀の化学-原子と分子 4
   (2)20世紀の化学-電子 6
   (3)21世紀の化学-原子核とオービタル 7
   0.3 化学の理論とはどういうものなのか 9
   (1)電子配置(ボーア模型) 9
   (2)共有結合(原子価と電子対) 12
   (3)電気陰性度 15
   (4)水素結合 19
   (5)水分子の構造 21
   0.4 有機化学をどう学んだらよいのだろうか 25
   (1)有機化学の学問構成-どんなことを学ぶのか 25
   (2)共鳴理論-何のために考えだされたのか 問題点は? 27
   (3)有機電子論-なぜ電子のことを学ぶのか 29
   (4)量子有機化学-量子力学が有機化学とどう関係するのか 34
1 有機化合物の結合と物性
   1.1 波動方程式とオービタル 38
   1.1.1 シュレーディンガーの波動方程式を解くことによってどうして電子の存在が求められるのか.波動方程式の正しいことはどうして証明されるのか 38
   1.1.2 p軌道の交差部分はどうなっているのか 42
   1.1.3 pオービタルにおいて、ひとつの電子が節面の上下に同時に存在するのはおかしいのではないか.また,どうやって電子は節面を横切るのか 44
   1.1.4 pオービタルにつけられた符号は何を意味するのか 46
   1.1.5 反結合性オービタルは何のために必要なのか 48
   1.1.6 どうしたら混成オービタルを作ることができるのか 51
   1.2 共有結合と分子構造 54
   1.2.1 化学結合の本質は何か.2つの原子オービタルが重なり合うと,どうして共有結合が形成されるのか 54
   1.2.2 なぜπ電子はσ電子にくらべて‘動きやすい'のか 57
   1.2.3 炭素-炭素四重結合はあるのか,ないのか 60
   1.2.4 結合角・結合距離はどうやって決まるのか 63
   1.2.5 ニトロ基の構造はどうなっているのか 65
   1.2.6 カルボカチオンが平面型であるのに,なぜカルバニオンはピラミッド型なのか 67
   1.2.7 一酸化炭素やカルベンなどの炭素の原子価はどうなっているのか 69
   1.2.8 シクロプロパンが開環反応をしやすいのはなぜか 73
   1.3 結合エネルギーと分極性 76
   1.3.1 原子の組み合わせが違うとなぜ結合エネルギーが違ってくるのか 76
   1.3.2 C-C,C=C,C≡Cの順に結合距離が短くなり,結合エネルギーが増大するのはなぜか 80
   1.3.3 過酸化物はなぜ不安定なのか 83
   1.3.4 ハロゲン化水素の結合エネルギーは大きいのに,水に溶かすとなぜ容易に完全解離するのか 85
   1.3.5 テフロンなどのように有機フッ素化合物は,他のハロゲン化物に比べて異常に安定なのはなぜか 86
   1.3.6 置換基の電子供与性,電子吸引性はどうして決まるのか 88
   1.4 共鳴理論と分子の安定性 90
   1.4.1 共鳴するとなぜ分子は安定するのか.共鳴エネルギーはどこから発生するのか 90
   1.4.2 なぜ4n+2個のπ電子が共役した環状化合物だけが芳香族性を示すのか 92
   1.4.3 シクロペンタジエルニアニオンは安定なのに,同じカチオンやラジカルがそれほど安定に存在しないのはなぜか 96
   1.4.4 二重結合が1つおきにあるとなぜ共役が起こるのか 98
   1.4.5 鎖状ポリエンにおいて共役系が長いほど,①非局在化エネルギーが大きく安定となるのはなぜか,②着色するようになるのはなぜか 101
   1.4.6 超共役はどうして起こるのか 105
   1.4.7 三級カルボカチオンが最も安定なのはどうしてか.カルボアニオンは電子吸引基によって安定化されるのはなぜか 108
   1.5 酸性と塩基性 110
   1.5.1 酸性物質のプロトンの解離のしやすさは何によって決まるか 110
   1.5.2 なぜフェノールは酸性を示すのか 113
   1.5.3 なぜカルボン酸はアルコールより酸性が強いのか 116
   1.5.4 末端アセチレンの水素はなぜ活性なのか 119
   1.5.5 アルコール・フェノールに比べてチオール・チオフェノールはなぜ酸性が強いのか 121
   1.5.6 酸素化合物である水やエーテルに比べて,対応する窒素化合物であるアンモニアやアミンはなぜ塩基性が強いのか 124
   1.5.7 なぜアニリンの塩基性はアルキルアミンより弱いのか 125
   1.5.8 どういった化合物がルイス酸になるのか 128
   1.6 立体化学と異性体 130
   1.6.1 光学異性体だけが立体異性ではないのではないか 130
   1.6.2 不斉炭素があるとどうして旋光性を示すのか 132
   1.6.3 幾何異性体の物性はどうして違うのか 135
   1.6.4 なぜ一般にエノール型はケト型より不安定なのか 137
2 有機化学反応の速度と機構
   2.1 化学反応速度 140
   2.1.1 反応速度の違いはどうして起こるのか 140
   2.1.2 なぜすべての化学反応にエネルギー障壁(活性化エネルギー)を考えねばならないのか.また,反応座標とは何を表しているのか 144
   2.1.3 活性錯合体と遷移状態とは同じことなのか 148
   2.1.4 多段階反応において律速段階の速度だけで全反応速度を議論してもほんとうによいのか 150
   2.1.5 反応温度によって主生成物が異なることがあるのはなぜか 153
   2,2 求核的置換反応 156
   2.2.1 一分子だけで反応が始まるというS N1反応機構はおかしくはないか 156
   2.2.2 求核試薬の反応性(求核性)は何によって決まるのか,求核性と塩基性の違いは何か 159
   2.2.3 求核試薬の求核性が高いほどS N2機構になりやすいのはなぜか.どのような基が置換反応の脱離基として有効か 161
   2.2.4 ハロゲン化アルキルのアルキル基の種類によってS N2反応とE2反応で起こりやすさが逆になるのはなぜか 164
   2.2.5 エノレートのC-アルキル化とO-アルキル化は何によって決まるのか 166
   2.2.6 カルボン酸誘導体に対する求核的置換反応は,ハロゲン化アルキルに対する反応とどこが違うのか 168
   2.2.7 カルボン酸誘導体の加水分解のしやすさ,反応性の順をきめているものは何か 170
   2.2.8 アルドール縮合とエステル縮合の類似点と相違点はなにか 173
   2.3 求電子的置換反応 176
   2.3.1 芳香環は,求電子的な置換反応をしやすいのに付加反応しにくいのはなぜか 176
   2.3.2 電気陰性基であるはずのNH2やOHなどが,どうしてベンゼン環への求電子的置換反応を活性化し,オルト・パラ配向性を示すのか 179
   2.3.3 クロロベンゼンは,なぜ求電子的置換の反応性が低下し,オルト・パラ配向性を示すのか 185
   2.3.4 芳香族化合物の置換反応は,オルト,メタ,パラの位置しか起こらないのか 188
   2.3.5 ジアゾニウムのカップリングはどうしてα位ではなくてβ位の窒素で起こるのか.また,脱窒素して置換する場合もあるのはなぜか 192
   2.3.6 アルカンを塩素と反応させるのになぜ光が必要なのか 194
   2.4 付加反応と脱離反応 196
   2.4.1 ハロゲン付加反応に関してC≡CよりC=Cの方が反応しやすいのはなぜか 196
   2.4.2 アルケンに対する臭素付加反応において,どうしてカルボカチオンより環状のブロモニウムを経てトランス付加するのか 199
   2.4.3 アルケンに対するHBrのラジカル付加だけが,どうして逆マルコニコフ型付加になるのか 201
   2.4.4 1,3-ブタジエンはどうして1,4-付加物を生成するのか 205
   2.4.5 第4アンモニウムの脱離反応は,どうしてザイツェフ則でなくホフマン則に従うのか 209
   2.5 酸化反応と還元反応 211
   2.5.1 C-H→C-Xとなることがどうして酸化反応になるのか 211
   2.5.2 H +付加は,どうして還元ではないのか.酸・塩基と酸化・還元はどこが違うのか 214
   2.5.3 アルコールとチオールとでは,酸化反応の受け方が全く違うのはなぜか 216
   2.5.4 NaBH4はアルケンを還元しないのに,ジボランはアルケンをホウ水素化するのはどうしてか 219
   参考文献 221
   索引 223
   読書ノート
   “レオナルド・ダヴィンチの手記” 50
   リービッヒ,“プロイセンにおける化学の状態”(1840) 75
   シェリング,“学問論”(1803) 91
   ポアンカレ,“科学と仮説”(1902) 95
   ルクレーティウス,“物の本質について”(B.C.1) 115
   デュ・ボア・レイモン,“自然認識の限界について”(1881) 149
   ポアンカレ,“科学と方法”(1908) 178
   エンゲルス,“自然の弁証法”(1879) 198
   化学史ノート
   化学者ファラデー 41,53
   ケクレの夢 64,72
   化学者エジソン 79,87
   実験室ノート
   廃棄物は宝の山 109112
   ブランクの効用 120123
   理論と実験 163172
   熱拡散効果とメタンの化学 184195
   北国の原野に眠る草炭の夢 200215
0 化学の方法
   0.1 化学とは何だろうか 2
   0.2 化学はいかに創られたか 4
28.

図書

図書
上村明男著
出版情報: 東京 : 丸善, 2000.12  vii, 154p ; 21cm
所蔵情報: loading…
29.

図書

図書
ロジャー・W.アルダー, レイ・ベーカー, ジョン・M.ブラウン著 ; 井上喜晴訳
出版情報: 大阪 : 国際通信社 , 東京 : 星雲社 (発売), 2000.12  325p ; 30cm
所蔵情報: loading…
30.

図書

図書
[edited by] Jerry Workman, Jr
出版情報: San Diego : Academic Press, 2001  3 v. ; 29 cm
所蔵情報: loading…
31.

図書

図書
大嶌幸一郎著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2000.2  vii, 217p ; 26cm
所蔵情報: loading…
32.

図書

図書
貫名学 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2000.3  viii, 195p ; 21cm
所蔵情報: loading…
33.

図書

図書
Joshua Howarth [著] ; 大勝靖一, 吉田泰彦共訳
出版情報: 東京 : 丸善, 2000.4  xix, 291p ; 21cm
所蔵情報: loading…
34.

図書

図書
P.W.グランドウォーター, G.A.テイラー著 ; 安藤喬志, 木村隆英, 中澤知男共訳
出版情報: 京都 : 化学同人, 2000.4  xii, 226p ; 26cm
所蔵情報: loading…
35.

図書

図書
Susan McMurry
出版情報: 東京 : 東京化学同人 (発売), 2000.4  361p ; 24cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
A Note for Students
Structure and Bonding; Acids and Bases / 1:
Atomic Structure / 1.1:
Electron Configuration of Atoms / 1.2:
Development of Chemical Bonding Theory / 1.3:
The Nature of Chemical Bonds / 1.4:
Forming Covalent Bonds: Valence Bond Theory / 1.5:
Hybridization: sp[superscript 3] Orbitals and the Structure of Methane / 1.6:
Hybridization: sp[superscript 3] Orbitals and the Structure of Ethane / 1.7:
Hybridization: sp[subscript 2] Orbitals and the Structure of Ethylene / 1.8:
Hybridization: sp Orbitals and the Structure of Acetylene / 1.9:
Polar Covalent Bonds: Electronegativity / 1.10:
Acids and Bases: The Bronsted--Lowry Definition / 1.11:
Acids and Bases: The Lewis Definition / 1.12:
The Nature of Organic Compounds: Alkanes / 2:
Functional Groups / 2.1:
Alkanes and Alkyl Groups: Isomers / 2.2:
Naming Branched-Chain Alkanes / 2.3:
Properties of Alkanes / 2.4:
Conformations of Ethane / 2.5:
Drawing Chemical Structures / 2.6:
Cycloalkanes / 2.7:
Cis--Trans Isomerism in Cycloalkanes / 2.8:
Conformations of Some Cycloalkanes / 2.9:
Axial and Equatorial Bonds in Cyclohexane / 2.10:
Conformational Mobility of Cyclohexane / 2.11:
The Nature of Organic Reactions: Alkenes / 3:
Naming Alkenes / 3.1:
Electronic Structure of Alkenes / 3.2:
Cis--Trans Isomers of Alkenes / 3.3:
Sequence Rules: The E,Z Designation / 3.4:
Kinds of Organic Reactions / 3.5:
How Reactions Occur: Mechanisms / 3.6:
The Mechanism of an Organic Reaction: Addition of HCl to Ethylene / 3.7:
Describing a Reaction: Reaction Energy Diagrams and Transition States / 3.8:
Describing a Reaction: Intermediates / 3.9:
Reactions of Alkenes and Alkynes / 4:
Addition of HX to Alkenes: Hydrohalogenation / 4.1:
Orientation of Alkene Addition Reactions: Markovnikov's Rule / 4.2:
Carbocation Structure and Stability / 4.3:
Addition of H[subscript 2]O to Alkenes: Hydration / 4.4:
Addition of X[subscript 2] to Alkenes: Halogenation / 4.5:
Addition of H[subscript 2] to Alkenes: Hydrogenation / 4.6:
Oxidation of Alkenes: Hydroxylation and Cleavage / 4.7:
Biological Addition Reactions of Alkenes / 4.8:
Addition of Radicals to Alkenes: Polymers / 4.9:
Conjugated Dienes / 4.10:
Stability of Allylic Carbocations: Resonance / 4.11:
Drawing and Interpreting Resonance Forms / 4.12:
Alkynes and Their Reactions / 4.13:
Aromatic Compounds / 5:
Structure of Benzene: The Kekule Proposal / 5.1:
Structure of Benzene: The Resonance Proposal / 5.2:
Naming Aromatic Compounds / 5.3:
Electrophilic Aromatic Substitution Reactions: Bromination / 5.4:
Other Electrophilic Aromatic Substitution Reactions / 5.5:
The Friedel--Crafts Alkylation and Acylation Reactions / 5.6:
Substituent Effects in Electrophilic Aromatic Substitution / 5.7:
An Explanation of Substituent Effects / 5.8:
Oxidation and Reduction of Aromatic Compounds / 5.9:
Polycyclic Aromatic Hydrocarbons / 5.10:
Organic Synthesis / 5.11:
Stereochemistry / 6:
Stereochemistry and the Tetrahedral Carbon / 6.1:
The Reason for Handedness in Molecules: Chirality / 6.2:
Optical Activity / 6.3:
Specific Rotation / 6.4:
Pasteur's Discovery of Enantiomers / 6.5:
Sequence Rules for Specifying Configuration / 6.6:
Diastereomers / 6.7:
Meso Compounds / 6.8:
Molecules with More Than Two Stereocenters / 6.9:
Racemic Mixtures and the Resolution of Enantiomers / 6.10:
Physical Properties of Stereoisomers / 6.11:
A Brief Review of Isomerism / 6.12:
Chirality in Nature / 6.13:
Alkyl Halides / 7:
Naming Alkyl Halides / 7.1:
Preparing Alkyl Halides / 7.2:
Reactions of Alkyl Halides: Grignard Reagents / 7.3:
Nucleophilic Substitution Reactions / 7.4:
The S[subscript N]2 Reaction / 7.5:
The S[subscript N]1 Reaction / 7.6:
Eliminations: The E2 Reaction / 7.7:
Eliminations: The E1 Reaction / 7.8:
A Summary of Reactivity: S[subscript N]1, S[subscript N]2, E1, E2 / 7.9:
Substitution Reactions in Living Organisms / 7.10:
Alcohols, Phenols, and Ethers / 8:
Naming Alcohols, Phenols, and Ethers / 8.1:
Properties of Alcohols, Phenols, and Ethers: Hydrogen Bonding / 8.2:
Properties of Alcohols and Phenols: Acidity / 8.3:
Synthesis of Alcohols / 8.4:
Reactions of Alcohols / 8.5:
Synthesis and Reactions of Phenols / 8.6:
Synthesis and Reactions of Ethers / 8.7:
Cyclic Ethers: Epoxides / 8.8:
Thiols and Sulfides / 8.9:
Aldehydes and Ketones: Nucleophilic Addition Reactions / 9:
The Nature of Carbonyl Compounds / 9.1:
Naming Aldehydes and Ketones / 9.2:
Synthesis of Aldehydes and Ketones / 9.3:
Oxidation of Aldehydes / 9.4:
Nucleophilic Addition Reactions of Aldehydes and Ketones: Reduction / 9.5:
Nucleophilic Addition of Water: Hydration / 9.6:
Nucleophilic Addition of Alcohols: Acetal Formation / 9.7:
Nucleophilic Addition of Amines: Imine Formation / 9.8:
Nucleophilic Addition of Grignard Reagents: Alcohol Formation / 9.9:
Conjugate Nucleophilic Addition Reactions / 9.10:
Some Biological Nucleophilic Addition Reactions / 9.11:
Carboxylic Acids and Derivatives / 10:
Naming Carboxylic Acids and Derivatives / 10.1:
Occurrence and Properties of Carboxylic Acids / 10.2:
Synthesis of Carboxylic Acids / 10.3:
Nucleophilic Acyl Substitution Reactions / 10.4:
Reactions of Carboxylic Acids / 10.5:
Chemistry of Acid Halides / 10.6:
Chemistry of Acid Anhydrides / 10.7:
Chemistry of Esters / 10.8:
Chemistry of Amides / 10.9:
Chemistry of Nitriles / 10.10:
Polymers from Carbonyl Compounds: Nylons and Polyesters / 10.11:
Carbonyl Alpha-Substitution Reactions and Condensation Reactions / 11:
Keto--Enol Tautomerism / 11.1:
Reactivity of Enols: The Mechanism of Alpha-Substitution Reactions / 11.2:
Alpha Halogenation of Aldehydes and Ketones / 11.3:
Acidity of Alpha Hydrogen Atoms: Enolate Ion Formation / 11.4:
Reactivity of Enolate Ions / 11.5:
Alkylation of Enolate Ions / 11.6:
Carbonyl Condensation Reactions / 11.7:
Condensations of Aldehydes and Ketones: The Aldol Reaction / 11.8:
Dehydration of Aldol Products: Synthesis of Enones / 11.9:
Condensations of Esters: The Claisen Condensation Reaction / 11.10:
Biological Carbonyl Reactions / 11.11:
Amines / 12:
Naming Amines / 12.1:
Structure and Properties of Amines / 12.2:
Basicity of Amines / 12.3:
Synthesis of Amines / 12.4:
Reactions of Amines / 12.5:
Heterocyclic Amines / 12.6:
Alkaloids: Naturally Occurring Amines / 12.7:
Structure Determination / 13:
Infrared Spectroscopy and the Electromagnetic Spectrum / 13.1:
Infrared Spectroscopy of Organic Molecules / 13.2:
Ultraviolet Spectroscopy / 13.3:
Interpreting Ultraviolet Spectra: The Effect of Conjugation / 13.4:
Nuclear Magnetic Resonance Spectroscopy / 13.5:
The Nature of NMR Absorptions / 13.6:
Chemical Shifts / 13.7:
Chemical Shifts in [superscript 1]H NMR Spectra / 13.8:
Integration of [superscript 1]H NMR Spectra: Proton Counting / 13.9:
Spin--Spin Splitting in [superscript 1]H NMR Spectra / 13.10:
Uses of [superscript 1]H NMR Spectra / 13.11:
[superscript 13]C NMR Spectroscopy / 13.12:
Biomolecules: Carbohydrates / 14:
Classification of Carbohydrates / 14.1:
Configurations of Monosaccharides: Fischer Projections / 14.2:
D,L Sugars / 14.3:
Configurations of Aldoses / 14.4:
Cyclic Structures of Monosaccharides: Hemiacetal Formation / 14.5:
Monosaccharide Anomers: Mutarotation / 14.6:
Reactions of Monosaccharides / 14.7:
Polysaccharides / 14.9:
Other Important Carbohydrates / 14.10:
Cell-Surface Carbohydrates and Carbohydrate Vaccines / 14.11:
Biomolecules: Amino Acids, Peptides, and Proteins / 15:
Structures of Amino Acids / 15.1:
Isoelectric Points / 15.2:
Peptides and Proteins / 15.3:
Covalent Bonding in Peptides / 15.4:
Peptide Structure Determination: Amino Acid Analysis / 15.5:
Peptide Sequencing: The Edman Degradation / 15.6:
Peptide Synthesis / 15.7:
Classification of Proteins / 15.8:
Protein Structure / 15.9:
Enzymes / 15.10:
How Do Enzymes Work? Citrate Synthase / 15.11:
Biomolecules: Lipids and Nucleic Acids / 16:
Lipids / 16.1:
Fats and Oils / 16.2:
Soaps / 16.3:
Phospholipids / 16.4:
Steroids / 16.5:
Nucleic Acids and Nucleotides / 16.6:
Structure of DNA / 16.7:
Base Pairing in DNA: The Watson--Crick Model / 16.8:
Nucleic Acids and Heredity / 16.9:
Replication of DNA / 16.10:
Structure and Synthesis of RNA: Transcription / 16.11:
RNA and Protein Biosynthesis: Translation / 16.12:
Sequencing DNA / 16.13:
The Polymerase Chain Reaction / 16.14:
The Organic Chemistry of Metabolic Pathways / 17:
An Overview of Metabolism and Biochemical Energy / 17.1:
Catabolism of Fats: [beta]-Oxidation Pathway / 17.2:
Catabolism of Carbohydrates: Glycolysis / 17.3:
The Citric Acid Cycle / 17.4:
Catabolism of Proteins: Transamination / 17.5:
The Organic Chemistry of Metabolic Pathways: A Summary / 17.6:
Appendixes
Nomenclature of Polyfunctional Organic Compounds / A:
Glossary / B:
Answers to Selected In-Chapter Problems / C:
Index
Preface
A Note for Students
Structure and Bonding; Acids and Bases / 1:
36.

図書

図書
磯村計明 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 丸善, 2000.4  xii, 217p ; 21cm
シリーズ名: 化学教科書シリーズ / 塩川二朗 [ほか] 監修
所蔵情報: loading…
37.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小林啓二著
出版情報: 東京 : 裳華房, 2008.11  viii, 262p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   注 : sp[3]の[3]は上つき文字
   注 : sp[2]の[2]は上つき文字
   注 : S[N]1の[N]は下つき文字
   
1.有機化合物-分子レベルの視点
   1.1 有機化合物 1
   1.2 有機化合物の単離と精製 2
   1.3 構造式 5
   1.4 有機化合物の分類 7
   問題 9
2.結合の方向性と分子の構造
   2.1 原子の電子構造 11
   2.2 共有結合 13
   2.3 炭素原子のsp[3]混成軌道 14
   2.4 sp[2]混成とsp混成 : π結合 16
   2.5 混成軌道の比較 19
   2.6 立体配座 20
   2.7 立体配置 23
   問題 24
3.分子の中の電子のかたより
   3.1 結合の極性 26
   3.2 官能基の中の電子のかたより 28
   3.3 誘起効果 29
   3.4 メソメリー効果 31
   3.5 共鳴 32
   3.6 結合の開裂 34
   3.7 分子間力 35
   問題 36
4.アルカンとシクロアルカン
   4.1 アルカン 39
   4.2 アルカンの命名法 40
   4.3 アルカンの反応 43
   4.4 ラジカル反応 44
   4.5 反応におけるエネルギー変化 45
   4.6 シクロアルカン 48
   4.7 シクロヘキサンの立体構造 49
   4.8 環状化合物の立体異性問題 51
   問題 52
5.アルケンとアルキン
   5.1 アルケン 54
   5.2 アルケンの合成 55
   5.3 アルケンの反応 57
   5.4 共役ジエン 62
   5.5 アルキン 65
   5.6 アルキンの合成と反応 65
   問題 67
6.鏡像異性
   6.1 鏡像異性体 70
   6.2 光学活性 71
   6.3 立体配置の表示法 73
   6.4 ジアステレオ異性体 76
   6.5 不斉炭素原子をもたない鏡像異性体 77
   6.6 光学分割と不斉合成 78
   問題 80
7.アルカンのハロゲン置換体
   7.1 炭化水素のハロゲン置換体 82
   7.2 ハロゲン化アルキルの合成と反応 83
   7.3 求核置換反応の機構 85
   7.4 S[N]1反応の起こりやすさ 87
   7.5 脱離反応 88
   問題 90
8.アルコールとエーテル
   8.1 アルコール 92
   8.2 アルコールの合成 94
   8.3 アルコールの反応 96
   8.4 エーテル 99
   8.5 エーテルの合成と反応 100
   8.6 環状エーテル 101
   問題 102
9.ベンゼンと芳香族炭化水素
   9.1 ベンゼンの構造 105
   9.2 芳香族性 107
   9.3 芳香族炭化水素 108
   9.4 芳香族求電子置換反応 110
   9.5 求電子置換反応の配向性と活性化効果 113
   9.6 σ錯体の安定性 114
   問題 117
10.ベンゼン環に置換した官能基
   10.1 フェノール 119
   10.2 芳香族炭化水素のハロゲン置換体 122
   10.3 アニリン 124
   10.4 ジアゾニウム塩 126
   問題 127
11.カルボニル化合物
   11.1 カルボニル化合物の酸化と還元 130
   11.2 アルデヒド 132
   11.3 ケトン 134
   11.4 求核付加反応 135
   11.5 求核付加と脱離 138
   11.6 ケト-エノールの平衡 140
   11.7 エノールおよびエノラートイオンの反応 141
   問題 144
12.カルボン酸とその誘導体
   12.1 カルボン酸 147
   12.2 カルボン酸の酸性 149
   12.3 カルボン酸の合成と反応 151
   12.4 エステル 154
   12.5 カルボン酸の塩化物と無水物 156
   12.6 カルボン酸アミドとニトリル 158
   問題 161
13.アミンとニトロ化合物
   13.1 アミン 164
   13.2 アミンの塩基性 166
   13.3 アミンの合成と反応 168
   13.4 複素環式アミン 171
   13.5 ニトロ化合物 173
   問題 174
14.生体構成物質
   14.1 糖類 177
   14.2 単糖 178
   14.3 二糖 180
   14.4 多糖 181
   14.5 脂質 183
   14.6 テルペンとステロイド 186
   14.7 アミノ酸 187
   14.8 タンパク質 190
   14.9 ポリペプチドの合成 191
   問題 193
15.パイ共役化合物と分子軌道
   15.1 π電子の分子軌道 195
   15.2 HOMOとLUMO 196
   15.3 電子スペクトル 198
   15.4 有機化合物の色 199
   15.5 カルボニル基の分子軌道 201
   15.6 光化学反応 202
   15.7 ペリ環状反応 204
   問題 206
16.有機合成反応
   16.1 逆合成 209
   16.2 求電子的炭素 210
   16.3 活性メチレン基の求核的炭素 211
   16.4 1個の電子求引基に隣接する求核的炭素 213
   16.5 塩基なしで生成する求核的炭素 215
   16.6 有機金属化合物の求核的炭素 216
   16.7 ヘテロ原子により安定化された求核的炭素 217
   問題 219
問題解答 222
索引 256
   注 : sp[3]の[3]は上つき文字
   注 : sp[2]の[2]は上つき文字
   注 : S[N]1の[N]は下つき文字
38.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Thomas N. Sorrell [著]
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2009  2冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
15 有機金属反応剤と化学合成 403
   15.1 炭素-炭素結合の生成 403
   15.2 有機マグネシウム反応剤と有機リチウム反応剤 405
   15.3 有機遷移金属化合物 412
   15.4 逆合成 419
   15.5 合成において判断すべき選択性 423
16 不斉反応と合成 433
   16.1 キラル化合物 433
   16.2 光学分割 436
   16.3 不斉合成 438
   16.4 エナンチオ選択的付加反応 445
   16.5 キラル分子の合成計画 454
17 ベンゼンおよび関連化合物の化学 463
   17.1 芳香族化合物の構造 463
   17.2 ベンゼンの求電子置換反応 470
   17.3 ベンゼン誘導体の求電子置換反応 475
   17.4 ベンゼンおよび関連化合物のその他の反応 485
18 アルデヒドとケトンの求核付加反応 499
   18.1 求核付加反応の概観 499
   18.2 求核付加反応 502
   18.3 アルデヒドとケトンの還元反応 505
   18.4 アルデヒドとケトンの酸化反応 514
19 アルデヒドとケトンの付加置換反応 : 糖質の化学 523
   19.1 ヘミアセタールとアセタール 523
   19.2 保護基としてのアセタール 527
   19.3 糖質 530
   19.4 配糖体 538
   19.5 糖の酸化還元反応 544
20 アルデヒドとケトンの付加脱離反応 551
   20.1 炭素-窒素二重結合をもつ化合物 551
   20.2 イミンの化学と生化学 556
   20.3 エナミン 562
   20.4 イリド 564
21 カルボン酸および関連化合物の付加脱離反応 577
   21.1 構造と反応性の概観 577
   21.2 カルボン酸の反応 582
   21.3 酸塩化物,チオエステル,酸無水物の化学 585
   21.4 エステルの化学 589
   21.5 アミドの化学 593
   21.6 ニトリルの化学 597
   21.7 有機金属反応剤との反応 598
   21.8 カルボン酸および関連化合物の還元反応 601
22 カルボニル化合物の酸と塩基の化学 611
   22.1 カルボニル化合物の酸性度 611
   22.2 エノールとエノラートイオン 616
   22.3 エノラートイオンの反応 623
   22.4 ジカルボニル化合物 629
   22.5 アミドおよびイミドイオンの反応 635
23 エノラートイオンの求核付加反応 645
   23.1 アルドール反応 645
   23.2 交差アルドール反応 649
   23.3 Claisen縮合 659
   23.4 交差Claisen縮合 663
24 不飽和カルボニル化合物の共役付加反応 677
   24.1 α,β-不飽和カルボニル化合物 678
   24.2 共役付加反応 681
   24.3 カルボアニオンの共役付加反応 686
   24.4 還元反応 695
25 多環状および複素環の芳香族化合物の化学 705
   25.1 多環状芳香族化合物 705
   25.2 ピリジンおよび関連複素環化合物 710
   25.3 ピロールおよび関連複素環化合物 718
   25.4 アゾール類 723
26 ポリマーと重合 735
   26.1 ポリマーとその性質 735
   26.2 連鎖重合 739
   26.3 逐次重合 745
   26.4 ポリマーの修飾 751
27 アミノ酸,ペプチド,タンパク質 759
   27.1 アミノ酸 759
   27.2 アミノ酸の化学合成 765
   27.3 アミノ酸の不斉合成 767
   27.4 ペプチド合成と分析 771
   27.5 タンパク質の構造 778
28 核酸と分子認識 787
   28.1 ヌクレオシドとヌクレオチド 787
   28.2 核酸の構造 795
   28.3 分子認識 800
   28.4 クラウンエーテルとクリプタンド 801
   28.5 内部空間をもつ分子 807
   28.6 水素結合による分子認識 809
付録 官能基調製法 819
用語解説 823
欧文索引 835
和文索引 841
15 有機金属反応剤と化学合成 403
   15.1 炭素-炭素結合の生成 403
   15.2 有機マグネシウム反応剤と有機リチウム反応剤 405
39.

図書

図書
岩村秀, 山口健太郎編著
出版情報: 東京 : 放送大学教育振興会, 2003.3  251p ; 21cm
シリーズ名: 放送大学教材 ; 1665316-1-0311
所蔵情報: loading…
40.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小宮山真著
出版情報: 東京 : 裳華房, 2004.2  x, 146p ; 21cm
シリーズ名: 化学新シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 生物有機化学とは
   1.1 生物有機化学の誕生 1
   1.2 生物の何を真似るのか? 3
   1.3 生物有機化学の目標 3
第2章 タンパク質の構造と機能
   2.1 アミノ酸 7
   2.2 タンパク質の階層構造 8
   2.3 一次構造の分析法 12
   2.4 タンパク質の変性と再生 14
   2.5 アミノ酸側鎖のイオン化状態のpH依存性 15
   演習問題 17
第3章 核酸
   3.1 遺伝情報の流れ : セントラル・ドグマ 18
   3.2 核酸の構造 19
    3.2.1 DNA 21
    3.2.2 RNA 22
   3.3 トリプレット・コドン 22
   3.4 核酸の溝の重要性 … 24
   3.5 核酸の化学合成 25
   3.6 核酸の合成アナログ : PNA 27
   演習問題 30
第4章 バイオテクノロジー
   4.1 遺伝子操作の概要 31
   4.2 制限酵素 33
   4.3 組換えDNAの細胞への導入 34
    4.3.1 コンピテント細胞 34
    4.3.2 リン酸カルシウム法 34
    4.3.3 遺伝子導入用試薬 35
    4.3.4 パーティクル・ガン 35
    4.3.5 レトロウイルスの利用 36
   4.4 タンパク質の生産 36
   4.5 生物有機化学の役割 37
   演習問題 39
第5章 生体反応のエネルギー源 : ATP
   5.1 ATPはなぜ高エネルギー物質として働くのか? 41
   5.2 生体反応ではATPはどのように用いられるのか? 42
   5.3 ペプチドの生合成 42
   5.4 DNAとRNAの生合成 44
   5.5 自由エネルギー変化と化学平衡 46
   演習問題 49
第6章 触媒作用の基礎
   6.1 反応速度と自由エネルギー変化 50
   6.2 化学反応の速度を決める因子 51
   6.3 触媒作用の本質 53
   6.4 一般塩基触媒作用と一般酸触媒作用-酵素が利用する触媒作用- 55
    6.4.1 一般塩基触媒作用 55
    6.4.2 一般酸触媒作用 56
   6.5 一般酸塩基触媒作用の効率を支配するのは何か? 57
   演習問題 59
第7章 酵素の構造と機能
   7.1 酵素の種類 61
   7.2 酵素の構造 62
   7.3 ミカエリス・メンテン型反応-酵素反応の速度論的な特徴- 62
   7.4 酵素パラメーターの実験的な決定法 65
   7.5 酵素反応は,なぜミカエリス・メンテン型である必要があるのか? 66
   7.6 酵素の機能発現に必須な構成要素は? 68
   演習問題 70
第8章 代表的な酵素(α-キモトリプシン)の作用機構
   8.1 全体構造 71
   8.2 特異性 72
   8.3 基質結合部位と触媒官能基群 74
   8.4 触媒機構 76
   8.5 アシル化と脱アシル化 78
   8.6 種々のセリンプロテアーゼと基質特異性 79
   演習問題 82
第9章 補酵素
   9.1 補因子の役割-補酵素と金属イオン- 83
   9.2 ピリドキサルリン酸 85
    9.2.1 アミノ基転移反応 86
    9.2.2 ラセミ化反応 88
    9.2.3 脱炭酸 89
   9.3 ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NADH) 89
   9.4 補酵素のモデル反応 91
    9.4.1 ピリドキサルリン酸のモデル反応 91
    9.4.2 ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドのモデル反応 91
   演習問題 92
第10章 分子内反応と分子内触媒作用
   10.1 分子内反応と分子間反応 93
   10.2 有効触媒濃度 95
   10.3 分子内反応はなぜ効率が高いのか? 95
    10.3.1 反応活性化パラメーター 95
    10.3.2 物理化学的解釈 97
   10.4 分子配向の重要性 97
    10.4.1 分子内酸無水物の形成 98
    10.4.2 分子内エステル(ラクトン)の形成 99
   演習問題 100
第11章 複数の官能基の協同触媒作用
   11.1 電荷伝達系のモデル 101
    11.1.1 イミダゾールによる分子内一般塩基触媒作用 101
    11.1.2 カルボキシラートの効果は? 102
   11.2 RNAの加水分解 103
    11.2.1 反応スキーム 103
    11.2.2 RNAを加水分解する酵素 : リボヌクレアーゼ 105
    11.2.3 協同触媒作用を利用した人工系によるRNA加水分解 106
   11.3 協同触媒効果はどのようにして確認するのか? 108
   11.4 さらに優れた触媒系を目指して 110
   演習問題 110
第12章 人エホスト
   12.1 特異的反応と分子認識 111
   12.2 環状ホスト 112
    12.2.1 シクロデキストリン 112
    12.2.2 クラウンエーテル 113
    12.2.3 カリックスアレン 115
   12.3 環状ホストの化学修飾によるゲスト認識能の向上 116
   12.4 分子溝ホスト 117
   12.5 分子インプリント法 118
    12.5.1 基本原理 118
    12.5.2 ホスト分子の規則的会合体の合成 120
   演習問題 122
第13章 人工酵素
   13.1 人工酵素の分子設計 123
   13.2 シクロデキストリンによるエステル加水分解 124
    13.2.1 セリンプロテアーゼの反応スキームとの類似 124
    13.2.2 基質特異性 126
   13.3 アニリドの加水分解 127
   13.4 シクロデキストリンの化学修飾によるさらに優れた人工酵素の構築 129
    13.4.1 セリンプロテアーゼのモデル 129
    13.4.2 リポヌクレアーゼのモデル 130
   13.5 補酵素を人エホストに結合する 131
   13.6 なぜ人工酵素が必要なのか? 133
   13.7 人工制限酵素 134
    13.7.1 必要性 134
    13.7.2 設計と構築 135
   演習問題 136
   おわりに 137
   演習問題略解 139
   索引 143
   囲み記事 : セレンを含むアミノ酸!〔16〕/ゲル電気泳動〔28〕/PCR法〔38〕/ATPはどのように作られるか?〔47〕
   アセチルコリンエステラーゼとサリン〔81〕/シクロデキストリンを食べる〔122〕
第1章 生物有機化学とは
   1.1 生物有機化学の誕生 1
   1.2 生物の何を真似るのか? 3
41.

図書

図書
岩村秀, 東千秋, 飯田汎編著
出版情報: 東京 : 放送大学教育振興会, 2004.3  243p ; 21cm
シリーズ名: 放送大学教材 ; 1231111-1-0411
所蔵情報: loading…
42.

図書

図書
Società Chimica Italiana Divisione di Chimica Organica
出版情報: [Milano] : Società Chimica Italiana, 2001  695 p. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Giancarlo Jommi Memorial Lectures
Dipole-stabilized Carbanions. The Complex Induced Proximity Effect. The Endocyclic Restriction Test. Dynamic Thermodynamic Resolution / P. Beak
Carbohydrates for the Life Science
Glycal of Common Monosaccharides: Useful Intermediates for the Synthesis of Rare Bioactive Carbohydrates / G. Catelani ; F. D'andrea
Glycidic Scaffolds in Peptidomimetics Synthesis / F. Nicotra ; F. Peri ; L. Cipolla ; E. Forni ; B. La Ferla ; E. Caneva
Methods for Carbon-Linked Glycosyl Amino Acid Synthesis. The Gateway to Artificial Glycopeptides / A. Dondoni
NMR Spectroscopic Methods for the Determination of Stereogenic Elements
Selected NMR Techniques for the Determination of Absolute Configuration / Donatella Potenza
Relative Configuration Analysis of Flexible Systems by NMR Spectroscopy / L. Gomez-Paloma ; G. Bifulco ; C. Bassanello ; P. Cimino
Special Organometallic Bases in Organic Synthesis
Organometallic Bases Induced Rearrangements / A. Mordini ; M. Valacchi
Oxiranyl and Aziridinyl Anions: Applications in Synthesis / S. Florio
Low Environmental Impact Processes
Low Environmental Impact Processes in the Pharmaceutical Industry / T. Rossi
Recent Advances in Polymer Assisted Solution Phase Synthesis / L. Raveglia
Ethics of Research
Critical Surveys Covering the Year 2000 / G. Marino
Introduction and Transformation of Functional Groups / A. Marra
Solid Supported Synthesis / E. Perrotta
Total Synthesis of Natural Products / L. Lay ; F. Compostella
Compounds in Organic Synthesis / M. Comes-Franchini
Giancarlo Jommi Memorial Lectures
Dipole-stabilized Carbanions. The Complex Induced Proximity Effect. The Endocyclic Restriction Test. Dynamic Thermodynamic Resolution / P. Beak
Carbohydrates for the Life Science
43.

図書

図書
秋久俊博 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2002.11  vii, 264p ; 26cm
所蔵情報: loading…
44.

図書

図書
T.W. Graham Solomons, Craig B. Fryhle, Robert G. Johnson [著] ; 花房昭静, 池田正澄, 上西潤一監訳
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2002.10  vii, 262, 55p ; 26cm
所蔵情報: loading…
45.

図書

図書
井上喜晴著
出版情報: 大阪 : 国際通信社 , 東京 : 星雲社(発売), 2002.11  182p ; 30cm
所蔵情報: loading…
46.

図書

図書
Robert J. Ouellette著 ; 高橋知義 [ほか] 訳
出版情報: 京都 : 化学同人, 2002.10  xiii, 602p ; 26cm
所蔵情報: loading…
47.

図書

図書
T. W. Graham Solomons, Craig B. Fryhle [著] ; 花房昭静, 池田正澄, 上西潤一監訳
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2002.10  2冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
48.

図書

図書
Reinhard Bruckner
出版情報: San Diego : Hercourt/Academic Press, c2002  xxi, 636 p. ; 24 cm
シリーズ名: Advanced organic chemistry series
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Foreword
Preface to the English Edition
Preface to the German Edition
Acknowledgments
Radical Substitution Reactions at the Saturated C Atom / 1:
Bonding and Preferred Geometries in C Radicals, Carbenium Ions and Carbanions / 1.1:
Stability of Radicals / 1.2:
Relative Rates of Analogous Radical Reactions / 1.3:
Radical Substitution Reactions: Chain Reactions / 1.4:
Radical Initiators / 1.5:
Radical Chemistry of Alkylmercury(II) Hydrides / 1.6:
Radical Halogenation of Hydrocarbons / 1.7:
Autoxidations / 1.8:
Defunctionalizations via Radical Substitution Reactions / 1.9:
References
Nucleophilic Substitution Reactions at the Saturated C Atom / 2:
Nucleophiles and Electrophiles; Leaving Groups / 2.1:
Good and Poor Nucleophiles / 2.2:
Leaving Groups and the Quality of Leaving Groups / 2.3:
S[subscript N]2 Reactions: Kinetic and Stereochemical Analysis--Substituent Effects on Reactivity / 2.4:
S[subscript N]1 Reactions: Kinetic and Stereochemical Analysis; Substituent Effects on Reactivity / 2.5:
When Do S[subscript N] Reactions at Saturated C Atoms Take Place According to the S[subscript N]1 Mechanism and When Do They Take Place According to the S[subscript N]2 Mechanism? / 2.6:
Unimolecular S[subscript N] Reactions That Do Not Take Place via Simple Carbenium Ion Intermediates: Neighboring Group Participation / 2.7:
Preparatively Useful S[subscript N]2 Reactions: Alkylations / 2.8:
Additions to the Olefinic C=C Double Bond / 3:
The Concept of cis and trans Addition / 3.1:
Vocabulary of Stereochemistry and Stereoselective Synthesis I / 3.2:
Additions That Take Place Diastereoselectivity as cis Additions / 3.3:
Enantioselective cis Additions to C=C Double Bonds / 3.4:
Additions That Take Place Diastereoselectively as trans Additions (Additions via Onium Intermediates) / 3.5:
Additions That Take Place or Can Take Place without Stereocontrol Depending on the Mechanism / 3.6:
[beta]-Eliminations / 4:
Concepts of Elimination Reactions / 4.1:
[beta]-Eliminations of H/Het via Cyclic Transition States / 4.2:
[beta]-Eliminations of H/Het via Acyclic Transition States: The Mechanistic Alternatives / 4.3:
E2 Eliminations of H/Het and the E2/S[subscript N]2 Competition / 4.4:
E1 Elimination of H/Het from R[subscript tert]--X and the E1/S[subscript N]1 Competition / 4.5:
E1[subscript cb] Eliminations / 4.6:
[beta]-Eliminations of Het[superscript 1]/Het[superscript 2] / 4.7:
Substitution Reactions on Aromatic Compounds / 5:
Electrophilic Aromatic Substitutions via Wheland Complexes ("Ar-S[subscript E] Reactions") / 5.1:
Ar-S[subscript E] Reactions via Wheland Complexes: Individual Reactions / 5.2:
Electrophilic Substitution Reactions on Metallated Aromatic Compounds / 5.3:
Nucleophilic Substitution Reactions in Aryldiazonium Salts / 5.4:
Nucleophilic Substitution Reactions via Meisenheimer Complexes / 5.5:
Nucleophilic Aromatic Substitution via Arynes, cine Substitution / 5.6:
Nucleophilic Substitution Reactions on the Carboxyl Carbon (Except through Enolates) / 6:
C=O-Containing Substrates and Their Reactions with Nucleophiles / 6.1:
Mechanisms, Rate Laws, and Rate of Nucleophilic Substitution Reactions at the Carboxyl Carbon / 6.2:
Activation of Carboxylic Acids and of Carboxylic Acid Derivatives / 6.3:
Selected S[subscript N] Reactions of Heteroatom Nucleophiles on the Carboxyl Carbon / 6.4:
S[subscript N] Reactions of Hydride Donors, Organometallics, and Heteroatom-Stabilized "Carbanions" on the Carboxyl Carbon / 6.5:
Additions of Heteroatom Nucleophiles to Heterocumulenes. Additions of Heteroatom Nucleophiles to Carbonyl Compounds and Follow-up Reactions / 7:
Additions of Heteroatom Nucleophiles to Heterocumulenes / 7.1:
Additions of Heteroatom Nucleophiles to Carbonyl Compounds / 7.2:
Addition of Heteroatom Nucleophiles to Carbonyl Compounds in Combination with Subsequent S[subscript N]1 Reactions: Acetalizations / 7.3:
Addition of Nitrogen Nucleophiles to Carbonyl Compounds in Combination with Subsequent E1 Eliminations: Condensation Reactions of Nitrogen Nucleophiles with Carbonyl Compounds / 7.4:
Addition of Hydride Donors and Organometallic Compounds to Carbonyl Compounds / 8:
Suitable Hydride Donors and Organometallic Compounds and a Survey of the Structure of Organometallic Compounds / 8.1:
Chemoselectivity of the Addition of Hydride Donors to Carbonyl Compounds / 8.2:
Diastereoselectivity of the Addition of Hydride Donors to Carbonyl Compounds / 8.3:
Enantioselective Addition of Hydride Donors to Carbonyl Compounds / 8.4:
Addition of Organometallic Compounds to Carbonyl Compounds / 8.5:
1,4-Additions of Organometallic Compounds to [alpha],[beta]-Unsaturated Ketones / 8.6:
Reaction of Ylides with Saturated or [alpha],[beta]-Unsaturated Carbonyl Compounds / 9:
Ylides/Ylenes / 9.1:
Reactions of S Ylides with Saturated Carbonyl Compounds or with Michael Acceptors: Three-Membered Ring Formation / 9.2:
Condensation of P Ylides with Carbonyl Compounds: Wittig Reaction / 9.3:
Horner-Wadsworth-Emmons Reaction / 9.4:
Chemistry of the Alkaline Earth Metal Enolates / 10:
Basic Considerations / 10.1:
Alkylation of Quantitatively Prepared Enolates and Aza-Enolates; Chain-Elongating Syntheses of Carbonyl Compounds and Carboxylic Acid Derivatives / 10.2:
Hydroxyalkylation of Enolates with Carbonyl Compounds ("Aldol Addition"): Synthesis of [beta]-Hydroxyketones and [beta]-Hydroxyesters / 10.3:
Condensation of Enolates with Carbonyl Compounds: Synthesis of Michael Acceptors / 10.4:
Acylation of Enolates / 10.5:
Michael Additions of Enolates / 10.6:
Rearrangements / 11:
Nomenclature of Sigmatropic Shifts / 11.1:
Molecular Origins for the Occurrence of [1,2]-Rearrangements / 11.2:
[1,2]-Rearrangements in Species with a Valence Electron Sextet / 11.3:
[1,2]-Rearrangements without the Occurrence of a Sextet Intermediate / 11.4:
Claisen Rearrangement / 11.5:
Thermal Cycloadditions / 12:
Driving Force and Feasibility of One-Step [2 + 4]- and [2 + 2]-Cycloadditions / 12.1:
Transition State Structures of Selected One-Step [2 + 4]- and [2 + 2]-Cycloadditions / 12.2:
Diels-Alder Reactions / 12.3:
[2 + 2]-Cycloadditions with Dichloroketene / 12.4:
1,3-Dipolar Cycloadditions / 12.5:
Transition Metal-Mediated Alkenylations, Arylations, and Alkynylations / 13:
Alkenylation and Arylation of Copper-Bound Organyl Groups / 13.1:
Alkenylation and Arylation of Grignard Compounds / 13.2:
Palladium-Catalyzed Alkenylation and Arylation of Organometallic Compounds / 13.3:
Alkynylation of Copper Acetylides / 13.4:
Heck Reactions / 13.5:
Oxidations and Reductions / 14:
Oxidation States of Organic Chemical Compounds, Oxidation Numbers in Organic Chemical Compounds, and Organic Chemical Redox Reactions / 14.1:
Cross-References to Redox Reactions Already Discussed in Chapters 1-13 / 14.2:
Oxidations / 14.3:
Reductions / 14.4:
Index
Foreword
Preface to the English Edition
Preface to the German Edition
49.

図書

図書
Società chimica italiana Divisione di chimica organica
出版情報: [Milano] : Società chimica italiana, 2001  1 v. (various pagings) ; 24 cm
所蔵情報: loading…
50.

図書

図書
東郷秀雄著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2009.1  vi, 244p, 図版[2]p ; 21cm
所蔵情報: loading…
51.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
北川勲, 磯部稔著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2008.5  ix, 369p ; 22cm
シリーズ名: 朝倉化学大系 ; 13 . 天然物化学・生物有機化学||テンネンブツ カガク・セイブツ ユウキ カガク ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
I 序章
1 はじめに 2
2 天然化学物質の研究-その歩み・今そしてこれから- 3
   2.1 天然物化学の誕生-ヒトとくすりとの関わりの中で- 3
   2.2 日本の天然物化学-黍明とその歩み- 6
   2.3 天然物化学の進展 10
   2.3.1 有機化学の進歩とともに 11
   2.3.2 研究手法の進歩を促す 6
   2.3.3 天然物質研究の潮流 24
Ⅱ 天然化学物質の生合成
3 一次代謝と二次代謝 30
4 生合成研究の歩み-biogenesisからbiosynthesisヘ- 31
   4.1 R.Robinsonの仮説(1917) 31
   4.2 C.Schpfの生理的条件下の合成(1937) 32
   4.3 生物細胞内での有機化学反応 33
   4.4 biosynthesis 37
   4.4.1 morphineの生合成 37
   4.4.2 gibberellin類の生合成経路で 39
   4.4.3 安定同位元素とFT-NMR法の活用 39
5 二次代謝産物の生合成経路 43
   5.1 概観 43
   5.2 酢酸-マロン酸経路 44
   5.2.1 脂肪酸系の生合成 44
   5.2.2 polyketide鎖の生成 47
   5.2.3 polyketide鎖からの変化 48
   5.2.4 polyketide鎖の環化と変化 50
   5.2.5 マクロリド抗生物質 58
   5.2.6 ポリエン抗かび活性物質 60
   5.3 シキミ酸-ケイヒ酸経路 60
   5.4 メバロン酸(MVA)-リン酸メチルエリスリトール(MEP)経路 64
   5.4.1イソプレン則からメバロン酸-非メバロン酸経路へ 64
   5.4.2 モノテルペン 68
   5.4.3 セスキテルペン 70
   5.4.4 ジテルペン 72
   5.4.5 セスタテルペン 77
   5.4.6 トリテルペン 80
   5.4.7 様々なステロイド 85
   5.4.8 サポニン 88
   5.5 アミノ酸経路 90
   5.5.1 アルカロイド研究の始まり 90
   5.5.2 アルカロイド化学構造の成り立ち 91
   5.5.3 ornithine-lysine由来のアルカロイド 92
   5.5.4 phenylalanine-tyrosine由来のアルカロイド 98
   5.5.5 tryptophan由来のアルカロイド 107
   5.5.6 histidine由来のアルカロイド 117
   5.5.7 アルカロイドのN原子がその他さまざまな経路で導入される場合 118
   5.6 配糖体の生合成 125
   5.6.1 cyanogenic glycoside (青酸配糖体) 127
   5.6.2 glucosinolate (芥子油配糖体) 129
   5.6.3 辛味成分と刺激性成分 131
6 生合成研究の進展-組織培養と細胞培養- 134
   6.1 薬用植物バイオテクノロジー 134
   6.2 ムラサキの組織培養・細胞培養とシコニンの生産 134
Ⅲ 天然化学物質の科学
7 天然化学物質の探索 140
   7.1 天然薬物とヒトとのかかわり 140
   7.2 インドネシアの天然薬物調査 141
   7.2.1 研究の背景と概要 141
   7.2.2 調査資料の整理と化学的研究 142
   7.3 海洋天然物化学の研究 143
   7.4 動物起源の毒 147
   7.5 微生物起源の天然物質 147
   7.6 生体起源の活性天然物質 147
8 天然薬物成分の化学-天然薬物の科学的評価- 150
   8.1 伝承を解明する 150
   8.1.1 麻黄の抗炎症成分と麻黄根の降圧成分 151
   8.1.2 菌蒿の利胆活性成分 152
   8.1.3 生薬の修治における化学過程 153
   8.2 伝承にこだわらない 158
   8.2.1 茜草根の抗腫傷活性中環状ペプチド 158
   8.2.2 莪の薬理活性成分 159
9 天然作用物質 161
   9.1 モルヒネとオピオイド活性 161
   9.1.1 ケシとmorphine 161
   9.1.2 新しいオピオイド作動化合物 163
   9.2  マラリアとの闘い 163
   9.2.1 インドネシア天然薬物 164
   9.2.2 ニガキ科植物quassinoid 166
   9.2.3 天然薬物「常山」の場合 166
   9.2.4 海綿成分のperoxide 167
   9.3 微生物代謝産物とその展開 168
   9.3.1 medical antibiotic 168
   9.3.2 agrochemical antibiotic(fungicide) 169
   9.3.3 pharmacological antibiotic 169
   9.3.4 海洋生物由来のantibiotic 173
   9.4 甘味物質-味覚受容体への作用物質- 176
   9.4.1 甘味化合物 176
   9.4.2 天然甘味物質 177
   9.4.3 osladinの場合 178
   9.4.4 ざらなる甘味物質の探求 179
10 情報伝達物質 181
   10.1 生物体内で働く(内因性)天然物質 182
   10.1.l ヒト体内での情報伝達 182
   10.1.2 八放サンゴのプロスタノイド 184
   10.1.3 昆虫の場合 187
   10.1.4 動物個体間で働く天然物質 193
   10.1.5 植物ホルモンの一つであるジベレリン 193
   10.1.6 植物の運動を支配する化学物質 197
   10.1.7 植物間アレロパシーに関与する天然物質 201
   10.1.8 微生物の生活環に働いている天然物質 202
   10.2 異なる生物kingdom間の情報伝達物質 204
   10.2.1 植物の繁殖と防御 204
   10.2.2 微生物に対する防御と感染 207
   10.2.3 微生物の毒 212
   10.2.4 野生霊長類の自己治療行動 213
11 海洋天然物質の化学 217
   11.1 海藻の性フェロモンと磯の香り 218
   11.1.1 褐藻の雄性配偶子誘引活性物質 219
   11.1.2 褐藻の性誘引物質の生合成 221
   11.1.3 雄性配偶子における受容体 221
   11.2 アレロケミック-アロモンとカイロモン- 222
   11.2.1 アロモン 223
   11.2.2 カイロモン 225
   11.3 シノモン-共生をとりもつフェロモン- 225
   11.3.1 共生のはじまり 226
   11.3.2 シノモンの化学 227
   11.4 着生制御行動と変態誘起 228
   11.4.1 フジツボ幼生に対する着生阻害物質 228
   11.4.2 ホヤ幼生に対する変態誘起物質 232
   11.5 海洋から医薬を 235
   11.5.1 海綿動物の成分 236
   11.5.2 海綿のPhyllospongia foliascens(沖縄県小浜島産)の場合 238
   11.5.3 海綿Xestospongia supra(沖縄県座間味島産)の場合 239
   11.5.4 パラオ諸島で採取した海綿Asteropus sarasinosumの場合 240
   11.5.5 沖縄県新城島で採取したXestpongia属海綿の場合 242
   11.5.6 海綿Theonella swinhoeiの場合 244
12 発がんと抗腫瘍に関わる天然物質 251
   12.1 発がん二段階説 251
   12.1.1 放線菌代謝物 252
   12.1.2 陸上植物由来 253
   12.1.3 海洋生物由来 254
   12.2 ワラビの発がん物質 257
   12.2.1 ワラビの毒性と発がん性 257
   12.2.2 プタキロシドの抽出・分離 258
   12.2.3 プタキロシドの化学構造 259
   12.2.4 プタキロシドの生物活性 261
   12.3 がん化学療法剤 262
   12.3.1 植物由来 262
   12.3.2 微生物由来 264
   12.3.3 海洋天然物質由来 266
13 自然毒,とりわけ海洋生物の毒 276
   13.1 微細生物が産生する海洋生物毒 276
   13.1.l テトロドトキシン 277
   13.1.2 サキシトキシンとその同族体 278
   13.1.3 シガテラ 280
   13.1.4 マイトトキシン 283
   13.1.5 ブレベトキシン 286
   13.1.6 パリトキシン 287
   13.1.7 下痢性貝毒 289
   13.1.8 その他のトキシン 290
   13.2 二枚貝の毒ピンナトキシン類 291
   13.2.1 ピンナトキシンA 291
   13.2.2 ピンナトキシンDの相対立体配置 293
   13.2.3 ピンナトキシンBおよびC 294
   13.2.4 プテリアトキシン類 294
   13.2.5 ピンナミン,二枚貝の有毒アルカロイド 295
Ⅳ 天然物質の化学変換
14 アルカロイド研究の過程で 308
   14.1 sinomenineとmorphineの関連づけ 308
   l4.2 cinchonine(キノリン系)とcinchonamine(インドール系)の関連づけ 310
   14.3 a-アミノ酸を用いる不斉合成 312
   14.3.1 不斉誘起反応 313
   14.3.2 生合成的不斉合成 314
15 テルペノイド・ステロイド研究の中から 316
   15.1 セスキテルペンeudesmanolideからeremophilanolideへの生合成経路類似型の転位反応 316
   15.2 cholesterolからwool fat lanosterol類への誘導 319
   15.2.1 cholesterolからlanostenolの合成 320
   15.2.2 lanostenolからlanosterol,agnosterolへの誘導 321
   15.3 aldosteroneの合成 322
   15.3.1 新規光化学反応 322
   15.3.2 corticosterone acetateからaldosteroneの合成 323
16 糖質を素材とする化学変換-配糖体の研究から- 326
   16.1 配糖体結合の開裂 327
   16.1.1 Smith分解法 327
   16.1.2 土壌微生物淘汰培養法 329
   16.2 グルクロニド結合の選択的開裂 331
   16.2.1 光分解法 331
   16.2.2 四酢酸鉛-アルカリ分解法 332
   16.2.3 無水醋酸-ピリジン分解法 335
   16.2.4 電極酸化分解法 336
   16.3 ウロン酸から擬似糖質への化学変換 338
   16.3.1 糖類から光学活性シクリトール類への化学変換 338
   16.3.2 アミノ配糖体抗生物質の合成 341
   16.3.3 擬似糖質の合成 344
あとがき 353
事項索引 355
人名索引 368
I 序章
1 はじめに 2
2 天然化学物質の研究-その歩み・今そしてこれから- 3
52.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Maitland Jones, Jr.著 ; 大石茂郎 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2006.3  2冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
上巻
1.原子と分子;軌道と結合 1
   1・1はじめに 1
   1・2原子と原子軌道 3
   1・3共有結合とLewis構造式 11
   1・4共鳴構造入門 19
   1・5共有結合:水素(H2) 24
   1・6結合の強さ 29
   1・7反応性入門:酸と塩基 35
   1・8トピックス:量子力学と赤ん坊 36
   1・9まとめ 36
   1・10追加問題 39
2.アルカン 43
   2・1はじめに 43
   2・2混成軌道:メタンの構造モデルをつくる 45
   2・3メタンの誘導体:メチル化合物(CH3X) 53
   2・4メチルカチオン(+CH3),メチルアニオン(-:CH3),およびメチルラジカル(・CH3) 55
   2・5エタン(C2H6),エチル化合物(C2H5X),およびNewman投影式 57
   2・6構造式の書き方 64
   2・7プロパン(C3H8)とプロピル化合物(C3H7X) 65
   2・8ブタン類(C4H10),ブチル化合物(C4H9X),および配座解析 67
   2・9ペンタン類(C5H12)とペンチル化合物(C5H11X) 70
   2・10アルカンの命名法 72
   2・11演習問題:異性体を書き出す 75
   2・12環状化合物 76
   2・13アルカンとシクロアルカンの物理的性質 80
   2・14核磁気共鳴分光法 82
   2・15酸と塩基再訪:さらなる化学反応の例 84
   2・16生体分子としてのアルカン 85
   2・17まとめ 86
   2・18追加問題 88
3.アルケンとアルキン 91
   3・1はじめに 91
   3・2アルケン:構造と結合 92
   3・3アルケンの誘導体および異性体 101
   3・4アルケンの命名法 104
   3・5Cahn-Ingold-Prelogの順位則 106
   3・6アルケンの相対的安定性:生成熱 109
   3・7環内二重結合 112
   3・8アルケンの物理的性質 116
   3・9アルキン:構造と結合 117
   3・10アルキンの相対的安定性:生成熱 119
   3・11アルキンの誘導体と異性体 120
   3・12環内三重結合 122
   3・13アルキンの物理的性質 123
   3・14アルキンの酸性度 123
   3・15分子式と不飽和度 124
   3・16アルケンとアルキンの付加反応入門 125
   3・17電気陰性度 126
   3・18ハロゲン化水素のアルケンヘの付加の機構 126
   3・19付加反応の位置選択性 131
   3・20触媒によるアルケンヘの付加:水和反応 134
   3・21合成:その第一歩 135
   3・22トピックス:アルケンと生物学 136
   3・23まとめ 137
   3・24追加問題 139
4.立体化学 141
   4・1はじめに 141
   4・2キラリティー 143
   4・3鏡像異性体の性質:物理的相違点 145
   4・4R/S表示法 146
   4・5光学活性の物理学的基礎 150
   4・6鏡像異性体の性質:化学的相違点 152
   4・7動的平衡による鏡像異性体間の相互変換:ゴーシュ形ブタン 156
   4・8ジアステレオマー:2つ以上のキラル原子をもつ分子 157
   4・9ジアステレオマーの物理的性質:分割 162
   4・10絶対立体配置の決定(RかSか) 165
   4・11環状化合物の立体化学解析入門 166
   4・12異性体のまとめ 169
   4・13トピックス:“4つの異なる基が結合した炭素”のないキラリティー 170
   4・14トピックス:実社会における立体化学:サリドマイド;キラリティーの間違いがもたらす結果 172
   4・15まとめ 174
   4・16追加問題 175
5.環状化合物 177
   5・1はじめに 177
   5・2環とひずみ 178
   5・3ひずみエネルギーの定量的評価 185
   5・4シクロヘキサンの立体化学:配座解析 189
   5・5一置換シクロヘキサン 191
   5・6二置換環状化合物 196
   5・7ビシクロ化合物 204
   5・8トピックス:多環化合物 209
   5・9トピックス:アダマンタン類 210
   5・10まとめ 212
   5・11追加問題 213
6.ハロゲン化アルキル,アルコール,アミン,エーテル,およびその含硫黄類縁体 215
   6・1はじめに 215
   6・2ハロゲン化アルキル:命名法と構造 216
   6・3ハロゲン化アルキルから有機金属試薬の調製:炭化水素の合成 219
   6・4アルコール 221
   6・5有機化学における溶媒の役割 230
   6・6ジオールまたはグリコール 232
   6・7アミン 232
   6・8エーテル 242
   6・9トピックス:チオールとスルフィド 244
   6・10トピックス:クラウンエーテル 246
   6・11トピックス:複雑な構造をもつ含窒素天然化合物;アルカロイド 248
   6・12まとめ 249
   6・13追加問題 251
7.置換反応と脱離反応:SN2,SN1,E2,E1反応 253
   7・1はじめに 253
   7・2ルイス酸とルイス塩基の復習 255
   7・3ハロゲン化アルキルの反応:置換反応 258
   7・4二分子求核置換反応:SN2反応 260
   7・5生物化学におけるSN2反応 280
   7・6一分子求核置換反応:SN1反応 281
   7・7SN1およびSN2反応のまとめ 288
   7・8一分子脱離反応:E1反応 290
   7・9二分子脱離反応:E2反応 293
   7・10置換反応の活用法:合成への応用 304
   7・11まとめ 314
   7・12追加問題 316
8.平衝 325
   8・1はじめに 325
   8・2平衡 327
   8・3ギブズの標準自由エネルギー変化 330
   8・4化学反応の速度 332
   8・5反応速度定数 334
   8・6化学反応でのエネルギー障壁:遷移状態と活性化エネルギー 335
   8・7反応機構 342
   8・8Hammondの仮説:熱力学と速度論 344
   8・9トピックス:酵素と反応速度 350
   8・10まとめ 351
   8・11追加問題 352
9.アルケンヘの付加 1355
   9・1はじめに 355
   9・2ハロゲン化水素のアルケンヘの付加の反応機構 356
   9・3位置選択性 357
   9・4共鳴効果 358
   9・5共鳴についての概説:いかに共鳴構造式を書くか 363
   9・6共鳴とカルボカチオンの安定性
   9・7誘起効果と付加反応 373
   9・8H-X付加反応:水和 375
   9・9アルケンの二量化および多量化 379
   9・10アルケンヘのH-Xの付加に伴う転位反応 381
   9・11ヒドロホウ素化 385
   9・12ヒドロホウ素化を用いる合成:アルコールの生成 394
   9・13生体内で起こる転位反応 396
   9・14まとめ 398
   9・15追加問題 400
10.アルケンヘの付加2およびアルキンヘの付加 405
   10・1はじめに 405
   10・2X2試薬の付加 406
   10・3水銀化合物を経由する水和:オキシ水銀化 417
   10・43員環を形成する他の付加反応:オキシランとシクロプロパン 419
   10・5双極子付加反応:オゾン分解とカルボニル化合物(R2C=0)の合成 433
   10・6アルキンヘの付加:H-Xの付加 441
   10・7アルキンヘのX2試薬の付加 446
   10・8アルキンの水和 446
   10・9アルキンのヒドロホウ素化 448
   10・10アルキンの水素化:シン水素化によるアルケンの合成 450
   10・11アンモニア中でのナトリウム還元:アンチ水素化によるアルケンの合成 450
   10・12トピックス:生物化学における3員環化合物 453
   10・13まとめ 455
   10・14追加問題 459
11.ラジカル反応 465
   11・1はじめに 465
   11・2ラジカルの生成と反応 466
   11・3ラジカルの構造 475
   11・4ラジカルの安定性 475
   11・5アルケンヘのラジカル付加 479
   11・6その他のラジカル付加反応 487
   11・7アルキンヘのHBrのラジカル付加 488
   11・8光ハロゲン化 489
   11・9アリル位のハロゲン化:合成に有用な反応 496
   ll・10トピックス:ラジカルの転位について 500
   11・11トピックス:体の中のラジカル;ラジカルは老化の原因か 504
   11・12まとめ 504
   11・13追加問題 507
12.ジエン類およびアリル化合物:共役系中の2p軌道 511
   12・1はじめに 511
   12・2アレン類:1,2-ジエン
   12・3アレンに関連する分子:ケテンとクムレン 515
   12・4アルキンの異性化における中間体としてのアレン 516
   12・51,3-ジエン 519
   12・6共役二重結合の特徴 521
   12・7分子軌道と紫外スペクトル 526
   12・8ポリエン類と視覚作用 533
   12・9共役化合物の反応性:ジエンの付加反応 535
   12・10付加反応における熱力学支配と速度論支配 537
   12・11アリル系:3つの2p軌道の重なり 542
   12・12ジエン類のDiels-Alder反応 545
   12・13トピックス:テルペン類の生合成 555
   12・14トピックス:ステロイド類の生合成 560
   12・15まとめ 565
   12・16追加問題 567
13.共役と芳香族性 573
   13・1はじめに 573
   13・2ベンゼンの構造 575
   13・3ベンゼンの共鳴構造式 577
   13・4ベンゼンの分子軌道 579
   13・5ベンゼンの共鳴安定化(非局在化エネルギー)の定量的評価 581
   13・6芳香族性の一般化:Huckel(4n+2)則 583
   13・7アヌレン 596
   13・8置換ベンゼン 597
   13・9置換ベンゼンの物理的性質 601
   13・10ヘテロベンゼン類とその他の芳香族複素環化合物 601
   13・11縮合多環芳香族化合物 605
   13・12ベンゼンの化学反応入門 608
   13・13ベンジル基とその反応性:ベンゼン環による隣接位(ベンジル位)の活性化 612
   13・14トピックス:縮合多環芳香族化合物による発がんの機構 616
   13・15まとめ 619
   13・16追加問題 621
14.芳香族化合物の置換反応 625
   14・1はじめに 625
   14・2ベンゼン化合物への付加反応による非芳香族化合物の生成:水素化反応 627
   14・3Diels-Alder反応 629
   14・4芳香族化合物の置換反応 632
   14・5炭素-炭素結合の形成:Friedel-Craftsアルキル化反応 641
   14・6Friedel-Craftsアシル化反応 645
   14・7これまでの芳香族置換反応のまとめとその合成的利用 648
   14・8芳香族複素環化合物の求電子置換反応 654
   14・9二置換ベンゼン:オルト,メタ,パラ置換体 656
   14・10芳香族置換反応における誘起効果 668
   14・11多置換芳香族化合物の合成 670
   14・12芳香族求核置換反応 676
   14・13トピックス:“超強酸”中で安定なカルボカチオン 682
   14・14トピックス:ベンザイン 683
   14・15トピックス:芳香環の生合成;フェニルアラニン 685
   14・16まとめ 687
   14・17追加問題 691
訳者補遺:形式電荷と巻矢印表記法 696
上巻
1.原子と分子;軌道と結合 1
   1・1はじめに 1
53.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
任田康夫著
出版情報: 大阪 : プレアデス出版, 2008.7  206p ; 21cm
シリーズ名: リベラル・アーツナチュラルサイエンスシリーズ ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 3
第1章 有機化学の曙―二つのパラダイム転換をなしとげた若い科学者達の物語― 11
   序 11
   §1 便利なパラダイム 11
   §2 十九世紀初頭の二つのパラダイム転換 12
   §3 パラダイムの背景 13
   §4 科学者の決闘とパラダイムの個人的打破 15
   §5 有機物の定義の変遷 17
   §6 人類初の有機化合物の合成 18
   コラム セレンディピテイ(serendipity) 19
   §7 リーピッヒの偉大な功績 20
第2章 ケクレの仮説とケクレ構造式の威力―炭素の原子価は4― 23
   序 理論有機化学の始まり 23
   §1 炭化水素の多様性 24
   §2 全ての有機化合物に当てはまると考えた「ケクレの仮説」26
   §3 ベンゼンの構造に対するケクレの提案(1864年) 28
   §4 今日的な意味における共鳴式と反応式、平衡式 30
   コラム ガス灯と点灯夫 33
   コラム 灯りになる炎、ならない炎 33
   §5 新しい三次元的炭素原子モデルの出現:炭素原子正四面体説 33
   §6 ケクレの仮説の拡大とその適用範囲 38
第3章 省略構造式と西洋茜色素の人工合成 41
   序 美しい色を求めて 41
   §1 複雑な炭化水素の構造式の合理的な表し方:省略構造式 41
   §2 西洋茜の色素成分、アリザリンの構造推測 44
   §3 草木染の化学:染料から顔料への化学変化 50
   §4 タマネギ染め 52
   §5 ベンゼンの非論理的簡略式 54
第4章 ケクレ構造式から藍の色素の人工合成 57
   序 簡単な目標から難しい目標へ 57
   §1 炭化水素分子の不飽和度と構造の関係 58
   §2 藍の色素インジゴの構造決定と人工合成 61
   コラム どちらが環境に優しい? 64
   §3 藍染を化学する:昔からの藍染の方法 64
第5章 ソーダ産業の発展と石鹸の使用の始まり 71
   序 セッケンの発見と普及 71
   §1 炭酸ソーダの工業的製法の発明とルブランの悲劇 72
   コラム ルソーの文明批判とワーズワースの自然美発見 75
   §2 ソルベーのアンモンニア触媒法 76
   §3 炭酸ナトリウムから水酸化ナトリウムの合成法 79
   §4 セッケンの作り方(レシピ) 80
   §5 セッケンの構造とケン化反応 83
   §6 脂肪酸の種類と化学構造の関係 85
   コラム トランス脂肪(trans fat) 88
   コラム 果物の香りは低級脂肪酸エステル 90
第6章 石鹸の科学 91
   序 水と油と界面活性剤 91
   §1 分子性物質の極性 91
   §2 陽イオンと陰イオン 96
   §3 イオン性物質とイオン結合 101
   §4 イオン性物質、食塩の水への溶解(1) イオンの水和による安定化 102
   §5 イオン性物質、食塩の水への溶解(2) エントロピー増加による安定化 104
   §6 セッケン分子の特徴的な性質 106
   §7 界面活性剤としてのセッケンの独特の性質 108
   §8 界面活性剤による表面張力の低下 109
   §9 セッケン水の乳化作用 110
   コラム マヨネーズと牛乳 110
第7章 様々な洗剤と界面活性剤 113
   序 進化する洗剤 113
   §1 合成洗剤以前と洗剤のビルダー 113
   §2 第一世代の中世洗剤ABS 114
   §3 第二世代中性洗剤から第三世代中性洗剤へ 117
   §4 シャンプーは弱酸性がお薦め 120
   §5 シャンプーの構造と弱酸性の原因 121
   §6 アニオン界面活性剤とカチオン界面活性剤 123
第8章 酒の化学 127
   序 人間と酒 127
   §1 発酵とは 127
   §2 乳酸発酵 128
   §3 アルコール発酵 129
   §4 呼吸 130
   §5 人体へのアルコールの害毒作用 131
   §6 アルコールの生理作用 133
   §7 人体中でのアルコール分解の仕組み 134
   コラム 酒に強くなる方法 136
   §8 醸造酒の作り方 136
   コラム 古代ギリシャ人のワインの飲み方 137
   コラム 恐ろしいワインの改質剤:サパとジエチレングリコール 137
   コラム ドライビール 140
   §9 蒸留酒 142
第9章 香りの化学 145
   序 人間と香り 145
   §1 香りの正体と役割 146
   §2 香水の香りの分類 147
   §3 テルペン類:化学的な明確な特徴をもった良い香りの一群 149
   §4 テルペンの分類 151
   §5 人工合成できる香料 152
   §6 悪臭物質 155
第10章 農薬とダイオキシン 159
   序 農薬の重要性 159
   §1 農薬の分類 159
   §2 殺菌剤としての農薬の始まり 160
   §3 殺虫剤としての農薬の始まり 161
   §4 除草剤としての農薬、2,4-Dおよび2,4,5-T 161
   §5 ベトナム戦争から猛毒ダイオキシン(TCDD)の発見 163
   §6 ダイオキシン(TCDD)の構造と生理作用 166
   §7 ごみ焼却場から発生するダイオキシン:デノボ合成 168
   §8 自然界にあるダイオキシン 170
   §9 ダイオキシン対策 171
   §10 PCBからカネミ油症事件:日本発のダイオキシン 172
   §11 環境撹乱物質(通称,環境ホルモン) 174
   §12 正しい有機化合物の付き合い方 175
第11章 八電子則によるケクレ仮説の拡張 177
   序 ケクレ構造式の発展としての八電子則 177
   §1 太陽系原子モデルの妥当性 177
   §2 内殻原子軌道,価原子軌道,空原子軌道の区別 179
   §3 太陽系原子モデルの表記法 180
   §4 18族元素の原子の電子配置の特徴と八電子則 180
   §5 単原子イオン形成による八電子則の充たし方 183
   §6 共有結合の本質とケクレ構造式とルイス構造式の関係 184
   §7 形式電荷をもった原子の原子価:ケクレ仮説の拡大 187
   §8 ブレンステッドの酸・塩基反応と八電子則の応用 190
   §9 ルイスの酸塩基反応と八電子則 191
   §10 八電子則からの逸脱と構造の安定性の評価 194
   §11 ケクレ構造式の安定性の評価法と極限構造式の寄与の評価法 196
あとがき 199
   §1 自然科学の特性 199
   §2 自然科学の学び方:自然科学原理主義者になろう 201
索引 203
はじめに 3
第1章 有機化学の曙―二つのパラダイム転換をなしとげた若い科学者達の物語― 11
   序 11
54.

図書

図書
池田正澄 [ほか] 編著
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2009.1  x, 315p ; 21cm
所蔵情報: loading…
55.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
長澤寛道著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2008.3  vi, 203p, 図版 [2] p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 生物活性物質の基礎 1
   1・1 天然有機化合物の由来 1
   1・2 生物活性物質 3
   1・3 生物検定 4
   1・4 生物活性物質の精製,単離 10
   1・4・1 化合物の物理化学的性質と精製法 11
   1・4・2 精製法の実際例 12
   1・5 生物活性物質研究の意義と歴史 17
2章 生合成から見た生物活性物質 19
   2・1 主要な生合成経路 19
   2・1・1 天然有機化合物の生合成の全体像 24
   2・1・2 生合成と酵素反応 25
   2・2 脂肪酸とその関連化合物 25
   2・2・1 長鎖脂肪酸および不飽和脂肪酸 27
   2・2・2 プロスタグランジンおよびトロンボキサン 29
   2・2・3 ロイコトリエン 30
   2・2・4 蛾の性フェロモン 30
   2・2・5 女王物質 31
   2・2・6 青葉アルコール 32
   2・2・7 ジャスモン酸 32
   2・3 ポリケチドとその関連化合物 33
   2・3・1 置換基を有するベンゼン誘導体 34
   2・3・2 ナフトキノン類 34
   2・3・3 アントラキノン類 36
   2・3・4 テトラサイクリン系抗生物質 37
   2・3・5 多様なポリケチド化合物 37
   2・3・6 ポリケチド生合成酵素とその遺伝子 40
   2・4 テルペノイドとその関連化合物 42
   2・4・1 モノテルペン 47
   2・4・2 セスキテルペン 48
   2・4・3 ジテルペン 50
   2・4・4 セスタテルペン 52
   2・4・5 トリテルペン 54
   2・4・6 テトラテルペン 60
   2・5 シキミ酸経路を経て生合成される化合物 60
   2・6 アルカロイド 65
   2・6・1 オルニチンから導かれるアルカロイド 66
   2・6・2 チロシンから導かれるアルカロイド 66
   2・6・3 トリプトファンから導かれるアルカロイド 67
   2・6・4 その他のアルカロイド 69
   2・7 ペプチド類 69
   2・7・1 ペプチド結合の切断 71
   2・7・2 N末端の修飾 72
   2・7・3 C末端の修飾 73
   2・7・4 糖鎖の付加 74
   2・7・5 リン酸化 75
   2・7・6 硫酸化 76
   2・7・7 ジスルフィド架橋 76
   2・7・8 その他の修飾 77
   2・7・9 遺伝情報によらないペプチドの生合成 78
3章 機能から見た内因性生物活性物質 81
   3・1 ホルモン 81
   3・1・1 植物のホルモン 84
   3・1・2 脊椎動物のホルモン 92
   3・1・3 無脊椎動物のホルモン 108
   3・1・3・1 昆虫のホルモン 108
   3・1・3・2 甲殻類のホルモン 115
   3・1・3・3 その他の無脊椎動物のホルモン 120
   3・1・3・4 脊椎動物と無脊椎動物のホルモンの関係 122
   3・1・4 微生物のホルモン 122
   3・2 フェロモン 123
   3・2・1 動物のフェロモン 123
   3・2・2 微生物のフェロモン 129
   3・3 増殖因子 132
   3・3・1 動物の増殖因子 132
   3・3・2 植物培養細胞の増殖因子 135
   3・4 その他の内因性生物活性物質 136
4章 機能から見た外因性生物活性物質 140
   4・1 植物生長調節物質 140
   4・1・1 他感物質 140
   4・1・2 植物病原菌がつくる毒素 142
   4・2 植物由来の薬理活性物質 142
   4・2・1 モルヒネ 143
   4・2・2 微小管(チューブリン)に作用する化合物 144
   4・2・3 その他の薬理活性物質 145
   4・3 ビタミン 146
   4・3・1 脂溶性ビタミン 146
   4・3・2 水溶性ビタミン 149
   4・4 昆虫成長調節物質 153
   4・4・1 植物由来の脱皮ホルモン様物質および抗脱皮ホルモン物質 153
   4・4・2 植物由来の幼若ホルモン様物質および抗幼若ホルモン物質 154
   4・4・3 天然殺虫性物質 155
   4・4・4 摂食阻害物質 156
   4・4・5 昆虫病原菌が生産する昆虫成長阻害物質 156
   4・5 抗生物質 157
   4・5・1 細胞壁合成阻害 157
   4・5・2 細胞膜合成阻害 161
   4・5・3 DNA,RNA機能阻害 162
   4・5・4 タンパク質合成阻害 166
   4・6 細胞機能調節物質 171
   4・6・1 免疫調節物質 171
   4・6・2 細胞周期制御物質 172
   4・7 酵素阻害物質 172
   4・8 生物毒 177
   4・8・1 高等植物の毒 178
   4・8・2 キノコの毒 179
   4・8・3 動物の毒 180
   4・9 その他の外因性生物活性物質 185
付録A 生物活性物質に関するノーベル賞受賞者 189
付録B 天然のアミノ酸の種類と構造 191
参考書 192
索引 194
コラム
   もうひとつの二酸化炭素固定反応 2
   イネ馬鹿苗病の原因究明 7
   生合成研究-同位体の利用 35
   火落酸とメバロン酸 43
   高峰譲吉と農芸化学 83
   視床下部ペプチドの同定をめぐる熾烈な研究競争と日本人研究者 96
   非ステロイド化合物の内分泌撹乱作用 101
   日本の養蚕業と昆虫ホルモン研究 112
   「ファーブルの昆虫記」と性フェロモン研究 125
   アヘンをめぐる政治と科学 145
   ビタミンBと鈴木梅太郎 151
   日本におけるペニシリン研究 160
   フグ毒の研究史と毒の起源 184
   狂牛病の原因タンパク質プリオンの検出法 186
1章 生物活性物質の基礎 1
   1・1 天然有機化合物の由来 1
   1・2 生物活性物質 3
56.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
東田卓著
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2008.3  viii, 158p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに i
入門編 化学の基礎
第1章 化学とは 3
   1.1 身の回りの化学 3
   1.2 有機化学の歴史 4
   1.3 有機化合物と無機化合物 5
第2章 化学結合 9
   2.1 共有結合とイオン結合 9
   2.2 σ結合とπ結合 13
基礎編 有機化合物の種類と働き
第3章 炭化水素 19
   3.1 アルカン 19
   3.1.1 アルカンとは 19
   3.1.2 アルカンの命名法 19
   3.1.3 アルカンの性質 21
   3.2 アルケン 22
   3.2.1 アルケンとは 22
   3.2.2 アルケンの命名法と構造 22
   3.2.3 アルケンの性質と合成 23
   3.3 アルキン 25
   3.4 芳香族化合物 25
   3.4.1 芳香族化合物とは 25
   3.4.2 芳香族化合物の命名法 25
   3.4.3 芳香族化合物の性質と反応 26
   3.4.4 構造式の簡略化した表記法 27
第4章 ハロゲン化アルキル 29
   4.1 ハロゲン化アルキルとは 29
   4.2 ハロゲン化アルキルの命名法 29
   4.3 ハロゲン化アルキルの性質 30
   4.4 ハロゲン化アルキルの合成と反応 31
第5章 アルコールとエーテル 35
   5.1 アルコール 35
   5.1.1 アルコールとは 35
   5.12 アルコールの命名法 35
   5.1.3 アルコールの性質 36
   5.1.4 アルコールの合成 37
   5.1.5 アルコールの利用用途 38
   5.2 エーテル 40
   5.2.1 エーテルとは 40
   5.2.2 エーテルの命名法 40
   5.2.3 エーテルの性質 40
   5.2.4 エーテルの合成 41
   5.2.5 エーテルの利用用途 41
第6章 アルデヒドとケトン 43
   6.1 アルデヒド 43
   6.1.1 アルデヒドとは 43
   6.1.2 アルデヒドの命名法 43
   6.1.3 アルデヒドの性質 44
   6.1.4 アルデヒドの合成と反応 44
   6.2 ケトン 47
   6.2.1 ケトンとは 47
   6.2.2 ケトンの命名法 47
   6.2.3 ケトンの合成と反応 47
第7章 カルボン酸とその誘導体 51
   7.1 カルボン酸 51
   7.1.1 カルボン酸とは 51
   7.1.2 カルボン酸の命名法 51
   7.1.3 カルボン酸の性質 52
   7.1.3 カルボン酸の合成 53
   7.2 カルボン酸誘導体 54
   7.2.1 カルボン酸誘導体とは 54
   7.2.2 カルボン酸誘導体の命名法と構造 54
   7.2.3 カルボン酸誘導体の性質 54
   7.2.4 カルボン酸誘導体の合成と反応 55
第8章 アミン 57
   8.1 アミンとは 57
   8.2 アミンの命名法 57
   8.3 アミンの性質 58
   8.4 アミンの合成と反応 59
応用編 有機化合物の応用例
第9章 アミノ酸とタンパク質 63
   9.1 アミノ酸 63
   9.1.1 アミノ酸とは 63
   9.1.2 アミノ酸の立体配置 63
   9.1.3 アミノ酸の分類 64
   9.1.4 アミノ酸の性質 66
   9.1.5 アミノ酸の合成 67
   9.1.6 アミノ酸の反応 68
   9.2 タンパク質 70
   9.2.1 タンパク質とは 70
   9.2.2 ペプチドの性質 71
   9.2.3 タンパク質の構造 73
   9.2.4 タンパク質の分析と合成 76
第10章 糖質 79
   10.1 糖質とは 79
   10.2 糖質の分類 80
   10.3 糖質の反応 82
   10.4 糖質の構造 83
   10.5 二糖類 85
   10.6 多糖類 87
第11章 脂質 93
   11.1 脂質とは 93
   11.2 油脂の構造 93
   11.3 油脂の反応 95
   11.4 ろう 98
   11.5 複合脂質 99
   11.6 ステロイド 101
   11.7 テルペン103
   11.8 プロスタグランジン 104
第12章 核酸 107
   12.1 核酸とは 107
   12.2 核酸の構造 108
   12.3 DNAの構造 110
   12.4 RNAの構造 112
   12.5 遺伝子の暗号 112
   12.6 タンパク質の合成 114
   12.7 ウイルスRNA 115
   12.8 遺伝子工学 116
第13章 有機化学材料 119
   13.1 有機化学材料とは 119
   13.2 フラーレン 119
   13.3 カーボンナノチューブ 120
   13.4 色素材料 121
   13.5 感光色素 122
   13.6 太陽電池用材料 123
   13.7 ディスプレイ用材料 125
   13.8 有機電導性化合物 126
   13.9 包摂化合物 127
第14章 高分子 129
   14.1 高分子とは 129
   14.2 高分子の構造 129
   14.3 高分子の分類 130
   14.4 高分子のリサイクル 132
〈付録〉 有機化合物の分析装置-有機化合物の正体を覗き込む-
   Ⅰ. ガスクロマトグラフィー 135
   Ⅱ. 高速液体クロマトグラフィー 138
   Ⅲ. 赤外線吸収スペクトル 140
   Ⅳ. NMR 142
   Ⅴ. 可視・紫外吸収スペクトル 147
   Ⅵ. マススペクトル 149
索引 153
はじめに i
入門編 化学の基礎
第1章 化学とは 3
57.

図書

図書
John McMurry著 ; 伊東椒 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2001  3冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
58.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ロジャー・W・アルダー, レイ・ベイカー, ジョン・M・ブラウン著 ; 井上喜晴訳
出版情報: 大阪 : 国際通信社 , 東京 : 星雲社 (発売), 2005.5  [5], 350p ; 30cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 反応機構と反応性 1
   1.1 序論 1
   1.2 基底状態のエネルギー 3
   1.3 遷移状態のエネルギー 8
   1.4 一次動力学的同位体効果 11
   1.5 二次動力学的同位体効果 13
   1.6 反応性の影響する因子 15
   1.6.1 立体因子と歪み因子 15
   1.6.2 立体電子効果 17
   1.6.3 電子効果 20
   1.6.4 直線的自由エネルギー関係 22
   1.7 媒体効果 31
   1.7.1 分子間力と溶媒和のタイプ 33
   1.7.2 溶媒効果の相関 34
   1.7.3 プロトン性、双極性、および非プロトン性溶媒の効果についての熱力学的解釈 38
   1.8 触媒作用 40
   1.8.1 求電子性および求核性触媒作用 41
   1.8.2 非イオン性反応機構の触媒作用 43
   1.8.3 物理的触媒作用 44
   1.8.4 酸-塩基触媒作用 45
   1.8.5 分子内触媒作用 54
   1.8.6 酵素触媒作用 55
   1.9 問題 56
第2章 解離プロセス 61
   2.1 カルボカチオン 61
   2.1.1 カルボカチオンの安定性 61
   2.1.2 SN1反応の速度論的根拠 64
   2.1.3 SN1反応の立体化学 65
   2.1.4 イオン対 67
   2.1.5 反応性に影響する構造的因子 72
   2.1.6 隣接基関与 76
   2.1.7 カルボカチオンの反応 78
   2.1.8 カルボカチオンのフラグメンテーション 80
   2.1.9 橋かけカルボカチオンの転位と生成 83
   2.1.10 σ-結合の関与 88
   2.2 カルボアニオン 95
   2.2.1 アニオン性炭素の安定化 99
   2.2.1.1 混成効果 99
   2.2.1.2 共役効果 : pπ-共役 101
   2.2.1.3 共役効果 : dπ-共役 103
   2.2.1.4 誘起効果 106
   2.2.2 カルボアニオンが関与する反応 107
   2.2.2.1 異性化と転位 107
   2.2.2.2 電子移動による還元 109
   2.2.2.3 両性アニオンの反応 111
   2.2.3 溶液中で安定なカルボアニオン 112
   2.3 カルベン 115
   2.3.1 二価炭素中間体の構造 116
   2.3.2 カルベンの反応 118
   2.3.2.1 メチレン 118
   2.3.2.2 アルキルカルベンとアシルカルベン 119
   2.3.2.3 ハロゲノカルベン 122
   2.4 フリーラジカル 124
   2.4.1 フリーラジカルの発生と安定性 126
   2.4.2 フリーラジカルの反応 129
   2.4.2.1 水素原子引き抜き反応 129
   2.4.2.2 電子移動 130
   2.4.2.3 分子内反応 132
   2.4.3 フリーラジカルの検出 133
   2.4.3.1 反応中間体としてのフリーラジカルの検出(CIDNP) 134
   2.5 問題 135
第3章 同時反応 143
   3.1 2分子求電子置換反応 144
   3.1.1 求電子試薬としてのプロトン 144
   3.1.1.1 塩基性溶媒中のプロトン交換 144
   3.1.1.2 酸性溶媒中のプロトン交換 147
   3.1.1.3 炭素-金属結合のプロトンによる開裂 149
   3.1.2 求電子試薬としての金属 151
   3.2 SN2置換反応 153
   3.2.1 電子効果、溶媒効果と立体効果 155
   3.2.2 求核性 160
   3.2.3 硬い酸、塩基と軟らかい酸、塩基 162
   3.2.4 SN2 ' 反応 164
   3.3 2分子脱離反応 165
   3.3.1 E1cB機構 166
   3.3.2 E2脱離の遷移状態 168
   3.3.3 E2脱離の配向 169
   3.3.4 E2脱離の立体化学 174
   3.3.5 脱離と置換の競争 180
   3.3.6 熱的syn脱離 182
   3.3.7 y - 脱離 183
   3.4 問題 184
第4章 多中心反応 187
   4.1 はじめに 187
   4.2 軌道対象性の法則 : 環状電子反応 190
   4.2.1 シクロ付加反応 193
   4.2.2 シグマトロピー反応 195
   4.3 環状電子反応のメカニズム 197
   4.4 シクロ付加反応のメカニズム 201
   4.5 シグマトロピー反応のメカニズム 209
   4.6 問題 216
第5章 会合性反応 220
   5.1 非極性結合の会合性反応 220
   5.1.1 求電子芳香族置換反応 221
   5.1.1.1 反応性への置換基効果 223
   5.1.1.2 同位体効果 226
   5.1.1.3 オルト置換 227
   5.1.1.4 “異常”置換 228
   5.1.1.5 縮合系とヘテロ原子系の置換反応 229
   5.1.2 ホモリティック芳香族置換反応 231
   5.1.3 不飽和系への求電子付加 232
   5.1.3.1 試薬のタイプ 234
   5.1.3.2 “電荷支配”の付加 235
   5.1.3.3 “電荷支配”の付加の立体化学 238
   5.1.3.4 “重なり支配”の付加 240
   5.1.3.5 歪みを有する環状オレフィン 241
   5.1.3.6 アセチレンへの求電子付加 242
   5.1.4 オレフィンへのフリーラジカル付加 243
   5.2 求核会合性反応 245
   5.2.1 求核付加 249
   5.2.2 アルデヒドおよびケトンと求核付加-脱離反応 254
   5.2.3 アシル化反応 260
   5.2.3.1 エステル加水分解 260
   5.2.3.2 濃硫酸溶液中の酢酸エステルの加水分解 263
   5.2.3.3 他のアシル移動反応のメカニズム 266
   5.2.3.4 リン酸エステルとカルボン酸エステル加水分解の比較 267
   5.2.4 求核ビニル置換反応 269
   5.2.5 求核芳香族置換反応 271
   5.2.5.1 ベンザイン中間体経由の置換反応 274
   5.2.5.2 フェニルカチオン経由の反応 275
   5.3 問題 276
付録 演習問題 282
   1. 一般的な理論に関する問題 282
   2. 反応に関する問題 288
   3. 反応機構に関する問題 293
   4. 合成に関する問題 300
   演習問題の解答 303
   1. 一般的な理論に関する問題の解答 303
   2. 反応に関する問題の解答 312
   3. 反応機構に関する問題の解答 323
   4. 合成に関する問題の解答 335
索引 341
第1章 反応機構と反応性 1
   1.1 序論 1
   1.2 基底状態のエネルギー 3
59.

図書

図書
坂本恵一著
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 2004.6  4, 249p ; 21cm
所蔵情報: loading…
60.

図書

図書
石渡良志, 山本正伸共編
出版情報: 東京 : 培風館, 2004.10  ix, 291p ; 22cm
シリーズ名: 地球化学講座 / 日本地球化学会監修 ; 4
所蔵情報: loading…
61.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
宮城陽著
出版情報: 東京 : 丸善, 2007.5  xix, 406p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
本書を読むにあたって xiii
   1 有機化学とは・有機化合物とは xiii
   2 有機化学の特徴:有機化学は変化に富んでる xiii
   3 有機化学で用いられる構造式や特殊な記号についての説明 xvi
第Ⅰ部 有機化合物群の科学
1 アルカン 1
   1.1 アルカンの構造および物理的性質 1
    アルカンの異性体 1
    物質の状態および沸点 2
    アルカンの溶解性 2
    立体構造の表し方 3
   1.2 アルカンの合成 4
    アルケンの接触水素化 4
    グリニャール試薬の加水分解 5
   1.3 アルカンの反応 5
    アルカンの塩素化 (光塩素化) 5
    アルカンの燃焼 7
2 アルケン 9
   2.1 アルケンの構造と異性体 9
    構造異性体 9
    幾何異性体 9
    アルケン異性体の安定性 11
    代表的なアルケン 11
   2.2 アルケンの合成 12
    アルコールの脱水 :ザイツェフ則 12
    ハロゲン化アルキルの脱ハロゲン化水素 14
    隣接二臭化物の脱臭素 15
    ケトン (またはアルデヒド) とリンイリドの反応 : ウィッティッヒ反応 15
   2.3 アルケンの反応 17
    アルケンの接触水素化 : シス付加 17
    アルケンへのハロゲンの付加 : トランス付加 19
    アルケンへのハロゲン化水素の付加 : マルコウニコフ則 20
    有機過酸素化物存在下での臭化水素の付加 : 逆マルコウニコフ付加 21
    アルケンへの硫酸の付加および水の付加 22
    アルケンのヒドロホウ素化とトリアルキルボランの酸化 23
    過マンガン酸イオンによるジヒドロキシ化 25
    ベルオキシカルボン酸によるエボキシ化 26
    オゾン分解 27
    シクロブロバン化反応 : シモンズ・スミス反応 29
3 アルキン 31
   3.1 アルキンの構造など 31
    アルキンの構造 31
    アルキンの共役塩基 (アセチリド) 31
    代表的なアルキン 32
   3.2 アルキンの合成 32
    カルシウムカーバイトを経るアセチレンの工業的合成 32
    アセチリドとハロゲン化アルキルの反応 33
    1,2-ジハロアルケンの脱ハロゲン化水素 33
   3.3 アルキンの反応 34
    アルキンの接触水素化 34
    アルキンへのハロゲン化水素の付加 35
    アルキンへのハロゲン (塩素および臭素) の付加 37
    アルキンへの水の付加 (水和) 37
4 ジエンおよびポリエン 39
   4.1 ジエン 39
    共役ジエンと非共役ジエン 39
    共役ジエンの合成 40
    共役ジエンの反応 41
   4.2 ポリエン 43
    テルペン 43
    ポリイソブレン (ゴム) 44
    カロテノイド 46
   4.3 アレン 48
5 アルコール (アルカノール) 51
   5.1 アルコールの性質 51
    アルコールの構造と水素結合 51
    アルコールの沸点と水素結合 52
    アルコールの水に対する溶解性 53
    アルコールの酸性と塩基性 55
   5.2 アルコールの合成 56
    メタノールおよびエタノールの工業的合成 56
    アルケンへの水の付加 58
    アルケンのヒドロホウ累化とトリアルキルボランの酸化 58
    ハロゲン化アルキルの水素化アルカリ水溶液による分解 58
    アルデヒド、ケトン、カルボン酸およびエステルの金属水素化物による還元 60
    アルデヒドおよびケトンの接触水素化 63
    カルボニル化合物とグリニャール試薬との反応 64
   5.3アルコールの反応 65
    アルコールとナトリウムの反応 65
    アルコールと強塩基の反応 65
    アルコールとハロゲン化水素との反応 66
    アルコールと硫黄化合物およびリン化合物の反応 68
    アルコールの脱水 69
    アルコールの酸化 69
   5.4多価アルコール (ポリオール) 71
    二価アルコール (ジオール) 71
    三価アルコール (トリオール) 72
6 ハロアルカン 75
   6.1 ハロアルカンの性質 76
    ハロアルカンの密度 76
    ハロアルカンの難燃性 76
   6.2 ハロアルカンの合成 77
    アルカンの光塩素化 77
    アルケンとハロゲン化水素の反応 77
    アルコールとハロゲン化水素の反応 77
   6.3 ハロアルカンの反応 77
    第一級ハロゲン化アルキルの置換反応 77
    ハロゲン化アルキルの脱ハロゲン化水素 79
    グリニャール試薬の生成 79
7 エーテル 83
   7.1 エーテルの性質 83
    代表的なエーテル 83
    水素結合とエーテル 83
    エーテルのオキソニウム塩 84
    エーテルの自動酸化 84
   7.2 エーテルの合成 85
    アルコールの脱水反応 85
    アルコキシドとハロゲン化アルキルの反応 : ウイリアムソンのエーテル合成 87
   7.3 エーテルの反応 89
    ハロゲン化水素によるエーテル結合の開裂 89
    ベンジルエーテルの水素化分解 90
   7.4 エポキシド 90
    エポキシドの合成 90
    エポキシドの反応 91
8 アルデヒドおよびケトン 95
   8.1 カルボニル基の構造 95
    C=O 結合の構造 95
    C=O 結合の分極 95
   8.2 代表的なアルデヒドおよびケトン 96
    代表的なアルデヒドおよびケトンの名称と沸点 96
    ホルムアルデヒド 97
    アセトアルデヒド 98
    低級アルデヒドへの水の付加 (水和) 99
   8.3 アルデヒドおよびケトンの合成 99
    アルコールの酸化 99
    アルケンのオゾン分解 100
    アルキンへの水の付加 (水和) 100
    酸塩化物 (塩化アシル) の水素化分解 : ローゼンムント還元 100
    1,2-ジオールの酸触媒による転位 : ビナコール-ビナコロン転位 100
   8.4 アルデヒドおよびケトンの反応 (I) : 還元 101
    接触水素化 101
    金属水素化物による還元 102
    ヒドラジンによる還元 : ウォルフ-キッシュナー還元 102
    亜鉛アマルガムによる還元 : クレメンゼン還元 102
   8.5 アルデヒド・ケトンの反応 (II) : 酸化 103
    アルデヒドの酸化 103
    ケトンの酸化 104
   8.6 アルデヒド・ケトンの反応 (III) : 付加反応 105
    アルデヒド・ケトンの付加反応の概略的説明 105
    カルボニル基への求核剤の付加 : 酸の共存を必要としない反応 106
    酸の共存下での求核剤の付加 109
    金属原子 (ルイス酸) により促進される求核剤の付加 : グリニャール試薬の付加 114
    アルカリ金属原子との反応 : 電子の付加 114
    ケトン (またはアルデヒド) とリンイリドの反応 : ウィッティッヒ反応 115
   8.7 アルデヒド・ケトンの反応(IV) : エノール・エノラートの反応 116
    エノールおよびエノラート 116
    エノラートの反応 118
    エノールの反応 123
   8.8 アルデヒド・ケトンの反応 (V) : α,β-不飽和カルボニル化合物の付加反応 126
    共役エノンへの求核剤の1,4-付加 : マイケル反応 126
    共役エノンへの1,4-付加 : ハロゲン化水素の付加 127
   8.9 ケテン 127
    ケテンの構造 127
    ケテンの合成 127
    ケテンの反応 128
9 カルボン酸およびその誘導体 129
   9.1 カルボン酸 129
    カルボキシル基の構造 129
    カルボン酸のおもな性質 130
    カルボン酸の合成 132
    カルボン酸の反応 133
    ジカルボン酸 135
    ヒドロキシ酸 137
   9.2 酸塩化物 139
    代表的な酸塩化物 139
    酸塩化物の合成 140
    酸塩化物の反応 140
   9.3 カルボン酸エステル 142
    代表的なカルボン酸エステル 142
    カルボン酸エステルの合成 143
    カルボン酸エステルの反応 145
    1,1-ジカルボン酸エステルおよびβ-ケトカルボン酸エステルの反応 150
   9.4 酸アミドおよび関連化合物 (イミド・ラクタム・尿素など) 155
    代表的な酸アミド 155
    酸アミドの合成 156
    酸アミドの反応 157
    代表的なイミド 159
    イミドの合成 159
    イミドの反応 160
    ラクタム 161
    炭酸の誘導体である酸アミド 162
   9.5 酸無水物 163
    代表的な酸無水物 163
    酸無水物の合成 164
    酸無水物の反応 165
   9.6 ニトリル 166
    代表的なニトリルおよびその性質 166
    ニトリルの合成 167
    ニトリルの反応 168
10 窒素化合物および過酸化物 171
   10.1 アミン 171
    代表的なアミンとそのおもな性質 171
    アミンの合成 174
    アミンの反応 175
   10.2 ニトロ化合物 179
    ニトロ基の構造およびニトロ化合物の性質 179
    ニトロ化合物の合成 179
    ニトロ化合物の反応 180
   10.3 有機過酸化物 182
    ヒドロペルオキシド 182
    ジアルキルペルオキシド 184
    ペルオキシカルボン酸 185
    過酸化ジアシル 186
    過酸エステル (ペルオキシエステル) 186
11 芳香族化合物 187
   11.1芳香族化合物の概略的説明 187
    芳香族化合物と芳香族性 187
    共鳴による芳香環構造の説明 188
    分子軌道法による芳香環構造の説明 : ヒュッケル則 189
   11.2 芳香族化合物の種類 190
    芳香環の種類 190
    「芳香環に置換基がある化合物」 の異性体と名称 192
   11.3 芳香化合物の合成と反応 (I) : 芳香族求電子置換反応 194
    芳香族求電子置換反応の概略的説明 195
    ニトロ化 196
    ハロゲン化 197
    アルキル化 : フリーデル-クラフツアルキル化 198
    アシル化 : フリーデル-クラフツアシ化 199
    スルホン化 200
   11.4 芳香族化合物の合成と反応 (II) : ベンジル位の反応 201
    トルエンの塩素化 201
    トルエンの酸化 202
    ベンジルエーテルの水素化分解 204
   11.5 芳香族化合物の合成と反応 (III) : フェノールの合成の反応 205
    フェノールの酸性 205
    フェノールの合成 206
    フェノールの反応 : フェニルエーテルの合成 207
   11.6 芳香族化合物の合成と反応 (IV) : アニリンの合成と反応 208
    アニリンの合成 208
    アニリンの反応 208
   11.7 芳香族化合物の合成と反応 (V) : 芳香環の酸化と還元 212
    芳香環の酸化 : キノンの生成と反応 212
    芳香環の還元 : バーチ還元 215
   11.8 ベンゼン環の合成 216
12 生体物質 : 糖 ・アミノ酸・油脂 219
   12.1 糖類 219
    単糖 219
    単糖の鎖状構造と環状構造 221
   12.2 α-アミノ酸 229
    α-アミノ酸の定義と構造 229
    α-アミノ酸の種類 230
    α-アミノ酸の性質 : 等電点 230
    α-アミノ酸の合成 231
    α-アミノ酸の反応 232
   12.3 油脂 235
    グリセリド 235
    グリセリドを構成する脂肪酸 237
    ロウ(蝋) 240
第Ⅱ部 有機化合物群に共通の基礎的知識
13 結合 244
   13.1 原子軌道 244
    原子軌道の種類 244
    軌道のエネルギー 247
    原子軌道への電子配置 247
   13.2 分子の結合 248
    水素分子の結合 248
    飽和炭素原子の結合 249
    不飽和炭素原子の結合 (I) : sp2混成軌道 251
    不飽和炭素原子の結合 (II) : sp 混成軌道 253
    ポリエンの結合 : ヒュッケル分子軌道法 255
    ベンゼンのπ結合 258
   13.3 共鳴 259
    共鳴と極限構造 259
    共鳴エネルギー 260
   13.4 超共役 262
   13.5 結合の分極 263
    炭素原子とヘテロ原子の結合 263
    電気陰性度 263
    結合の分極 264
    反結合性軌道の役割 265
   13.6 分子どうしに働く力 267
    水素結合 267
    分子間力 268
14 異性体と立体有機化学 271
   14.1 異性体の種類 271
   14.2 鏡像異性体 273
    鏡像異性体の定義 273
    鏡像異性体の検出 276
    立体配置の基準物質と立体配置の表示方法 278
    ラセミ体とラセミ分割 (鏡像異性体の分離) 281
   14.3 ジアステレオマー 283
    ジアステレオマー 283
    メソ異性体 284
    エリトロ形とトレオ形 286
    回転異性 287
    環反転 290
    縮合環化合物のジアステレオマー 294
15 反応の概略および酸と塩基 297
   15.1 反応の分類 297
    結合の開裂形式による分類 297
    反応前後での原子配列の変化様式による分類 299
    誘導される原子 (原子団) による分類 300
    その他の要素による分類 300
   15.2 反応の進行 300
    反応に関わる分子数 300
    反応とエネルギー 301
    反応中間体 303
   15.3 反応に対する官能基の制御 : 保護基 305
   15.4 酸と塩基 306
    酸・塩基の定義 306
    酸および塩基の強さ 307
    共役酸と共役塩基 309
16 反応中間体 311
   16.1 カルボカチオン 311
    アルキルカチオンの構造 311
    アルキルカチオンの安定性 313
    定量的に得られるアルキルカチオン 314
    反応中間体としてのアルキルカチオンの生成 316
    その他のカルボカチオン 317
   16.2 カルボアニオン 321
    カルボアニオンの種類 321
    アルキルアニオン 321
    カルボアニオンの生成 323
    有機リチウム化合物 324
    カルボアニオンの反応 326
   16.3 ラジカル 327
    ラジカルの種類 328
    ラジカルの生成 329
    安定遊離基 (単離できるラジカル) 330
    ラジカルの反応 331
   16.4 その他の反応中間体 332
    カチオンライジカル 332
    アニオンラジカル 332
    カルベン 333
    カルベノイド 334
    イリド 335
    1,3-双極子 336
    ベンザイン 336
    ニトレン 337
17 求核置換反応 339
   17.1 求核置換反応の概略 339
   17.2 一分子求核置換反応および関連反応 341
    一分子求核置換反応 (SN1反応) 341
    Sn1 反応に付随する反応 346
   17.3二分子求核置換反応 352
    二分子求核置換反応 (SN2 反応) の概略 352
    二分子求核置換反応の立体科学 : ワルデン反転 352
    反応化合物の種類 354
    求核剤の種類および求核性 356
    脱離基および脱離能 357
    SN1 反応と SN2 反応の相違点 358
    炭素以外の原子が反応中心である SN2 反応 358
18 脱離反応 359
   18.1 脱離反応の概略 359
   18.2 二分子脱離反応 (E2 反応)の概略 359
   18.3 二分子脱離反応の立体科学 361
   18.4 ハロゲン化アルキルの二分子脱離反応 363
    ザイツェフ則に従うアルケンの生成 363
    trans - アルケン生成の優先性 364
   18.5 ホフマン分解およびホフマン脱離 365
    ホフマン分解 365
    ホフマン脱離 367
   18.6 その他の1,2 -脱離反応 (E1 および E1cB 反応) 368
    一分子脱離反応 (E1 反応) 368
    共役塩基の一分子脱離反応 (E1cB反応) 368
19 芳香族置換反応 369
   19.1 芳香族求電子置換反応 369
    置換ベンゼンの反応 369
    オルト-パラ配向性置換基 370
    メタ配向性置換基 374
    活性化置換基と不活性化置換基 376
   19.2 芳香族求核置換反応 380
    芳香族求核置換反応の概略 380
    ニトロクロロベンゼンとアルコキシドの反応 381
    ベンゼンスルホン酸とアルカリ水酸化物の反応 (アルカリ融解) 382
付録 命名法の解説 383
本書を読むにあたって xiii
   1 有機化学とは・有機化合物とは xiii
   2 有機化学の特徴:有機化学は変化に富んでる xiii
62.

図書

図書
豊田真司著
出版情報: 東京 : 丸善, 2002.12  x, 180p ; 27cm
シリーズ名: シリーズ有機化学の探険
所蔵情報: loading…
63.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
T.W. Graham Solomons, Craig B. Fryhle [著] ; 池田正澄 [ほか] 監訳
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2008  2冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Chap.1 有機化学の基礎 : 化学結合と分子構造 1
   1.1 有機化学と生命 1
   1.2 有機化合物の構造論 3
   1.3 異性体 : 構造式の重要性 4
   1.4 化学結合とオクテット則 6
   1.5 Lewis構造の書き方 8
   1.6 オクテット則の例外 10
   1.7 形式電荷 12
   1.8 共鳴 15
   1.9 量子力学と原子の構造 18
   1.10 原子軌道と電子配置 20
   1.11 分子軌道 22
   1.12 メタンとエタンの構造 : sp³混成 26
   1.13 エテン(エチレン)の構造 : sp²混成 32
   1.14 エチン(アセチレン)の構造 : sp混成 38
   1.15 量子力学から得られる重要な概念のまとめ 41
   1.16 分子の形 : 原子価殻電子対反発(VSEPR)モデル 42
   1.17 構造式の書き方 46
   1.18 基本的原理の適用 52
   補充問題 52
Chap.2 代表的な炭素化合物 57
   2.1 炭素―炭素共有結合 57
   2.2 炭化水素 : 代表的なアルカン,アルケン,アルキンおよび芳香族化合物 57
   2.3 極性共有結合 60
   2.4 極性分子と無極性分子 62
   2.5 官能基 66
   2.6 ハロゲン化アルキルまたはハロアルカン 67
   2.7 アルコール 69
   2.8 エーテル 71
   2.9 アミン 71
   2.10 アルデヒドとケトン 73
   2.11 カルボン酸,エステル,アミド 74
   2.12 ニトリル 76
   2.13 重要な官能基のまとめ 77
   2.14 物理的性質と分子構造 77
   2.15 電気的引力のまとめ 84
   2.16 基本的原理の適用 85
   補充問題 86
Chap.3 有機化学反応序論 : 酸と塩基 89
   3.1 反応とその機構 89
   3.2 酸塩基反応 92
   3.3 炭素との結合のヘテロリシス : カルボカチオンとカルボアニオン 97
   3.4 カーブした矢印の使い方 98
   3.5 酸・塩基の強さ : KaとpKa 99
   3.6 酸塩基反応の結果の予測 103
   3.7 構造と酸性度の関係 105
   3.8 エネルギー変化 109
   3.9 平衡定数と標準自由エネルギー変化△G°の関係 112
   3.10 カルボン酸の酸性度 113
   3.11 酸性度に及ぼす溶媒の効果 118
   3.12 有機化合物の塩基としての役割 119
   3.13 有機反応の機構 121
   3.14 非水溶液中の酸と塩基 123
   3.15 酸塩基反応と重水素およびトリチウム標識化合物の合成 125
   3.16 基本原理の適用 126
   補充問題 126
Chap.4 アルカンとシクロアルカンの命名法と立体配座 131
   4.1 アルカンとシクロアルカン 131
   4.2 アルカンの形 133
   4.3 アルカン,ハロゲン化アルキル,およびアルコールのIUPAC命名法 136
   4.4 シクロアルカンの命名法 145
   4.5 アルケンとシクロアルケンの命名法 148
   4.6 アルキンの命名法 151
   4.7 アルカンとシクロアルカンの物理的性質 152
   4.8 シグマ結合と結合の回転 155
   4.9 ブタンの配座解析 159
   4.10 シクロアルカンの相対的安定性 : 環のひずみ 161
   4.11 シクロプロパンとシクロブタンにおける環のひずみの起源 : 角度ひずみとねじれひずみ 164
   4.12 シクロヘキサンの立体配座 166
   4.13 置換シクロヘキサン : アキシアルとエクアトリアル水素 169
   4.14 二置換シクロアルカン : シス―トランス異性 174
   4.15 二環式および多環式アルカン 178
   4.16 アルカンの化学反応 181
   4.17 アルカンとシクロアルカンの合成 181
   4.18 分子式から得られる構造に関する情報 : 水素不足指数 182
   4.19 基本的原理の適用 184
   補充問題 185
Chap.5 立体化学 : キラルな分子 187
   5.1 キラリティーの生物学的重要性.その1 187
   5.2 異性体 : 構造異性体と立体異性体 188
   5.3 エナンチオマーとキラル分子 190
   5.4 キラリティーの生物学的重要性.その2 194
   5.5 立体化学の歴史的始まり 195
   5.6 キラリティーの判別 : 対称面 196
   5.7 エナンチオマーの命名法 : (R-S)規則 197
   5.8 エナンチオマーの性質 : 光学活性 202
   5.9 光学活性発現の原因 207
   5.10 キラル分子の合成 210
   5.11 キラルな薬物 212
   5.12 キラル中心を2個以上もつ分子 214
   5.13 環式化合物の立体異性 218
   5.14 キラル中心の結合が開裂しない反応を使って立体配置を関係付けること 222
   5.15 エナンチオマーの分離 : 光学分割 225
   5.16 炭素以外のキラル中心をもつ化合物 226
   5.17 キラル中心をもたないキラル分子 226
   補充問題 228
Chap.6 イオン反応 : ハロゲン化アルキルの求核置換反応と脱離反応 231
   6.1 有機ハロゲン化物 231
   6.2 求核置換反応 233
   6.3 求核試薬 235
   6.4 脱離基 236
   6.5 求核置換反応の速度論 : SN2反応 237
   6.6 SN2反応の機構 239
   6.7 遷移状態論 : 自由エネルギー図 240
   6.8 SN2反応の立体化学 244
   6.9 塩化tert―ブチルと水酸化物イオンの反応 : SN1反応 247
   6.10 SN1反応の機構 248
   6.11 カルボカチオン 250
   6.12 SN1反応の立体化学 253
   6.13 SN1およびSN2反応の反応速度に影響する因子 255
   6.14 有機合成 : SN2反応を用いる官能基の変換 267
   6.15 ハロゲン化アルキルの脱離反応 269
   6.16 E2反応 271
   6.17 E1反応 272
   6.18 置換反応と脱離反応の比較 274
   6.19 まとめ 277
   補充問題 279
Chap.7 アルケンとアルキンI : 性質と合成.ハロゲン化アルキルの脱離反応 285
   7.1 はじめに 285
   7.2 アルケンのジアステレオマーの(E-Z)規則 286
   7.3 アルケンの相対的な安定性 288
   7.4 シクロアルケン 290
   7.5 脱離反応によるアルケンの合成 291
   7.6 ハロゲン化アルキルの脱ハロゲン化水素 292
   7.7 アルコールの酸触媒脱水 298
   7.8 カルボカチオンの安定性と分子転位 304
   7.9 脱離反応によるアルキンの合成 307
   7.10 末端アルキンの酸性度 309
   7.11 末端アルキンのアセチレン水素原子の置換 310
   7.12 アルキニドアニオンのアルキル化 : 構造と反応性に関するいくつかの一般原理 311
   7.13 アルケンの水素化 312
   7.14 水素化 : 触媒の役割 314
   7.15 アルキンの水素化 316
   7.16 有機合成化学へのいざない.その1 317
   補充問題 322
Chap.8 アルケンとアルキンⅡ : 付加反応 325
   8.1 はじめに.アルケンヘの付加 325
   8.2 ハロゲン化水素のアルケンヘの求電子付加 : 反応機構とMarkovnikovの法則 328
   8.3 アルケンに対するイオン付加の立体化学 334
   8.4 硫酸のアルケンヘの付加 335
   8.5 アルケンヘの水の付加 : 酸触媒水和 336
   8.6 オキシ水銀化―脱水素化反応によるアルケンからアルコールの合成 : Markovnikov付加 338
   8.7 ヒドロホウ素化―酸化反応によるアルケンからアルコールへの変換 : 逆Markovnikov―シン水和反応 342
   8.8 ヒドロホウ素化 : アルキルボランの合成 343
   8.9 アルキルボランの酸化と加水分解 346
   8.10 アルケンの水和のまとめ 349
   8.11 アルキルボランのプロトン化分解 349
   8.12 アルケンヘの臭素および塩素の求電子付加 350
   8.13 ハロゲンのアルケンヘの付加の立体化学 352
   8.14 ハロヒドリンの生成 356
   8.15 2価の炭素化合物 : カルベン 358
   8.16 アルケンの酸化 : シン1,2―ジヒドロキシ化 360
   8.17 アルケンの酸化的開裂 361
   8.18 臭素と塩素のアルキンヘの付加 364
   8.19 ハロゲン化水素のアルキンヘの付加 365
   8.20 アルキンの酸化的開裂 366
   8.21 有機合成化学へのいざない.その2 366
   補充問題 370
Chap.9 ラジカル反応 373
   9.1 はじめに 373
   9.2 結合解離エネルギー 375
   9.3 アルカンとハロゲンの反応 380
   9.4 メタンの塩素化 : 反応機構 382
   9.5 メタンの塩素化 385
   9.6 他の高級アルカンのハロゲン化 386
   9.7 アルキルラジカルの構造 389
   9.8 四面体キラル中心ができる反応 389
   9.9 アルケンヘのラジカル付加 : 臭化水素の逆Markovnikov付加 390
   9.10 アルケンのラジカル重合.連鎖重合体 393
   9.11 その他の重要なラジカル反応 395
   補充問題 399
Chap.10 アルコール,エーテル,およびチオール 401
   10.1 構造と命名法 401
   10.2 アルコールとエーテルの物理的性質 405
   10.3 重要なアルコールとエーテル 407
   10.4 アルケンからアルコールの合成 409
   10.5 アルコールの反応 411
   10.6 酸としてのアルコール 412
   10.7 アルコールからハロゲン化アルキルへの変換 413
   10.8 アルコールとハロゲン化水素の反応によるハロゲン化アルキルの合成 414
   10.9 アルコールとPBr₃またはSOCl₂の反応によるハロゲン化アルキルの合成 417
   10.10 トシラート,メシラート,トリフラート : よい脱離基をもつアルコール誘導体 418
   10.11 エーテルの合成 421
   10.12 エーテルの反応 425
   10.13 エポキシド 426
   10.14 エポキシドの反応 430
   10.15 エポキシド経由によるアルケンのアンチ1,2-ジヒドロキシ化 433
   10.16 クラウンエーテル : 相間移動触媒を用いる非プロトン性無極性溶媒中における求核置換反応 438
   10.17 アルケン,アルコール,およびエーテルの反応のまとめ 442
   10.18 チオール 443
   補充問題 447
Chap.11 カルボニル化合物からアルコールの合成 : 酸化還元反応と有機金属化合物 451
   11.1 はじめに 451
   11.2 有機化学における酸化還元反応 453
   11.3 カルボニル化合物の還元によるアルコールの合成 455
   11.4 アルコールの酸化 459
   11.5 有機金属化合物 464
   11.6 有機リチウム化合物と有機マグネシウム化合物の合成 465
   11.7 有機リチウムと有機マグネシウム化合物の反応 467
   11.8 Grignard試薬によるアルコールの合成 470
   11.9 保護基 480
   補充問題 481
Chap.12 共役不飽和系 487
   12.1 はじめに 487
   12.2 アリル位置換とアリルラジカル 488
   12.3 アリルラジカルの安定性 493
   12.4 アリルカチオン 495
   12.5 共鳴の規則のまとめ 497
   12.6 アルカジエンとポリ不飽和炭化水素 501
   12.7 1,3-ブタジエン : 電子の非局在化 503
   12.8 共役ジエンの安定性 505
   12.9 共役ジエンヘの求電子攻撃 : 1,4付加 506
   12.10 Diels-Alder反応 : ジエンの1,4―付加環化反応 511
   補充問題 517
Chap.13 芳香族化合物 521
   13.1 芳香族化合物 : その名の由来 521
   13.2 ベンゼン誘導体の命名法 523
   13.3 ベンゼンの反応 526
   13.4 ベンゼンのKekulé構造 527
   13.5 ベンゼンの安定性 528
   13.6 ベンゼンの構造の近代理論 530
   13.7 Hückel則:(4n+2)π電子則 533
   13.8 その他の芳香族化合物 540
   13.9 複素環式芳香族化合物 545
   13.10 生化学における芳香族化合物 546
   補充問題 549
Chap.14 芳香族化合物の反応 553
   14.1 芳香族求電子置換反応 553
   14.2 芳香族求電子置換反応の一般的反応機構 : アレーニウムイオン 554
   14.3 ベンゼンのハロゲン化 557
   14.4 ベンゼンのニトロ化 559
   14.5 ベンゼンのスルホン化 560
   14.6 Friedel-Craftsアルキル化反応 562
   14.7 Friedel-Craftsアシル化反応 564
   14.8 Friedel-Crafts反応の問題点 566
   14.9 Friedel-Craftsアシル化反応の合成化学的応用 : Clemmensen還元 568
   14.10 置換基の影響 : 反応性と配向性 570
   14.11 芳香族求電子置換反応の置換基効果の理論 575
   14.12 アルキルベンゼン側鎖の反応 586
   14.13 アルケニルベンゼン 589
   14.14 合成化学的応用 592
   14.15 ハロゲン化アリルとハロゲン化ベンジルの求核置換反応 597
   14.16 芳香族化合物の還元 598
   補充問題 600
索引 1
Chap.15 アルデヒドとケトンI : カルボニル基への求核付加 603
   15.1 はじめに 603
   15.2 アルデヒドとケトンの命名法 604
   15.3 物理的性質 606
   15.4 アルデヒドの合成法 608
   15.5 ケトンの合成法 613
   15.6 炭素―酸素二重結合への求核付加反応 615
   15.7 アルコールの付加 : ヘミアセタールとアセタール 619
   15.8 第一級および第二級アミン類の付加 627
   15.9 シアン化水素の付加 630
   15.10 イリドの付加 : Wittig反応 632
   15.11 アルデヒドの酸化 637
   15.12 アルデヒドとケトンの化学分析 637
   補充問題 638
Chap.16 アルデヒドとケトンⅡ : エノールとエノラート 641
   16.1 カルボニル化合物のα水素の酸性度 : エノラートイオン 641
   16.2 ケト―エノール互変異性体 643
   16.3 エノールやエノラートアニオンを経由する反応 644
   16.4 アルドール反応 : エノラートアニオンのアルデヒドとケトンヘの付加 651
   16.5 交差アルドール反応 657
   16.6 アルドール縮合を用いる環化反応 663
   16.7 リチウムエノラート 665
   16.8 α,β-不飽和アルデヒドとケトンヘの付加反応 669
   補充問題 673
Chap.17 カルボン酸とその誘導体 : アシル炭素上の求核付加―脱離反応 677
   17.1 はじめに 677
   17.2 命名法および物理的性質 678
   17.3 カルボン酸の合成 687
   17.4 アシル炭素上の求核付加―脱離反応 690
   17.5 塩化アシル 693
   17.6 カルボン酸無水物 695
   17.7 エステル 697
   17.8 アミド 704
   17.9 炭酸の誘導体 713
   17.10 カルボン酸の脱炭酸 716
   17.11 アシル化合物の化学的試験法 718
   補充問題 718
Chap.18 β-ジカルボニル化合物の合成と反応 : エノラートの化学 723
   18.1 はじめに 723
   18.2 C1aisen縮合 : β-ケトエステルの合成 725
   18.3 アセト酢酸エステル合成 : メチルケトン(置換アセトン)の合成 732
   18.4 マロン酸エステル合成 : 置換酢酸の合成 738
   18.5 活性メチレン化合物のその他の反応 742
   18.6 エステルの直接アルキル化 743
   18.7 1,3-ジチアンのアルキル化 744
   18.8 Knoevenagel縮合 746
   18.9 Michael付加 746
   18.10 Mannich反応 748
   18.11 エナミンの合成 : Storkのエナミン反応 749
   18.12 バルビツール酸誘導体 752
   補充問題 754
Chap.19 アミン 759
   19.1 命名法 759
   19.2 アミンの物理的性質と構造 761
   19.3 アミンの塩基性 : アンモニウム塩 763
   19.4 アミンの合成 773
   19.5 アミンの反応 781
   19.6 亜硝酸とアミンとの反応 783
   19.7 芳香族ジアゾニウム塩の置換反応 786
   19.8 芳香族ジアゾニウム塩のカップリング反応 790
   19.9 アミンと塩化スルホニルとの反応 794
   19.10 サルファ剤の合成 799
   19.11 アミンの化学分析 800
   19.12 アンモニウム化合物を含む脱離反応 800
   19.13 アルカロイド 802
   補充問題 809
Chap.20 フェノールとハロゲン化アリール : 芳香族求核置換反応 813
   20.1 フェノールの構造と命名法 813
   20.2 天然産のフェノール 814
   20.3 フェノールの物理的性質 815
   20.4 フェノールの合成 816
   20.5 フェノールの酸としての反応 819
   20.6 フェノールのO-H基のその他の反応 822
   20.7 アルキルアリールエーテルの開裂 823
   20.8 フェノールのベンゼン環の反応 823
   20.9 Claisen転位 825
   20.10 キノン 827
   20.11 ハロゲン化アリールと芳香族求核置換反応 829
   補充問題 837
Chap.21 炭水化物 841
   21.1 はじめに 841
   21.2 単糖 842
   21.3 変旋光 848
   21.4 グリコシドの生成 850
   21.5 単糖の反応 853
   21.6 単糖の酸化反応 854
   21.7 単糖の還元 : アルジトール 856
   21.8 単糖とフェニルヒドラジンとの反応 : オサゾン 856
   21.9 D系列のアルドース 858
   21.10 FischerによるD-(+)-グルコースの立体配置の決定 858
   21.11 二糖類 860
   21.12 多糖 864
   21.13 窒素を含む糖 868
Chap.22 脂質 871
   22.1 はじめに 871
   22.2 脂肪酸とトリアシルグリセリン 872
   22.3 テルペンとテルペノイド 879
   22.4 ステロイド 883
   22.5 プロスタグランジン 892
   22.6 リン脂質 894
   22.7 ろう 898
Chap.23 アミノ酸とタンパク質 899
   23.1 はじめに 899
   23.2 アミノ酸 901
   23.3 α-アミノ酸の合成 907
   23.4 ポリペプチドとタンパク質 911
   23.5 ポリペプチドとタンパク質の一次構造 914
   23.6 ポリペプチドとタンパク質の一次構造の例 918
   23.7 ポリペプチドとタンパク質の合成 921
   23.8 タンパク質の二次,三次,四次構造 927
Chap.24 核酸とタンパク質合成 933
   24.1 はじめに 933
   24.2 ヌクレオチドとヌクレオシド 934
   24.3 ヌクレオシドとヌクレオチドの実験室的合成法 938
   24.4 デオキシリボ核酸(DNA) 941
   24.5 RNAとタンパク質合成 948
Chap.1 有機化学の基礎 : 化学結合と分子構造 1
   1.1 有機化学と生命 1
   1.2 有機化合物の構造論 3
64.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
齋藤勝裕, 奥山恵美著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2008.10  vii, 148p ; 22cm
シリーズ名: わかる有機化学シリーズ ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   注 : S[N]1の[N]は下つき文字
   注 : S[N]2の[N]は下つき文字
   
第Ⅰ部 有機立体化学を学ぶまえに
1章 基本的な有機分子の繕造 3
   1 原子の構造 3
   2 有機分子をつくる共有結合 6
   3 混成軌道が有機分子の構造を決める 9
   4 メタンとエタンの構造 12
   5 エチレンの構造 14
   6 アセチレンの構造 16
   7 特殊な結合をもつ有機分子 18
2章 異性体の種類と構造異性体 23
   1 有機分子の基本的な姿 23
   2 異性体にはどのようなものがあるのだろうか 25
   3 おもな構造異性体 27
   4 環状分子の構造異性体 30
   5 その他の構造異性体 31
第Ⅱ部 基礎的な立体異性体
3章 立体異性体の基礎 37
   1 立体異性体の分類 37
   2 基本的な立体配座異性体 38
   3 立体配座の相互変換 40
   4 シス-トランス異性体 47
   5 窒素を含む二重結合に関する異性体 49
   コラム ねじれひずみエネルギーの原因 43
   コラム 立体配座の命名法 47
   コラム 二重結合の回転 52
4章 環状分子の立体異性体 53
   1 シクロアルカンの構造 53
   2 シクロヘキサンの立体配座 55
   3 いす形シクロヘキサンの立体的な環境 58
   4 二置換シクロヘキサンの立体異性 61
   5 多環状分子の立体異性 62
   6 架橋された環状分子の立体異性 64
5章 立体配置異性体―エナンチオマー 67
   1 エナンチオマーってどんなもの 67
   2 エナンチオマーの光学的性質 70
   3 ラセミ体 73
   4 エナンチオマーの生理作用 74
   5 エナンチオマーの分離 76
   コラム エナンチオマーにおける生理作用の違い 76
第Ⅲ部 複雑な立体異性
6章 立体異性の表示法 83
   1 相対配置と絶対配置 83
   2 絶対配置の表示法 87
   3 シス・トランスで区別できない場合の表示法 92
   コラム D/L表示 87
7章 キラル中心をもたないエナンチオマー 95
   1 分子の対称性とキラル 95
   2 キラル軸をもつエナンチオマー 98
   3 キラル面をもつエナンチオマー 100
   4 らせん構造などをもつエナンチオマー 101
   5 炭素原子以外のキラル中心をもつエナンチオマー 103
   コラム アミンのキラリテイー 104
8章 複数のキラル中心による立体異性 105
   1 ジアステレオマー 105
   2 メソ化合物 106
   3 エリトロ/トレオ表示法 107
   4 ORDスペクトルとコットン効果 110
   5 コツトン効果による立体構造の推定 112
   コラム エナンチオマーとジアステレオマーの関係 109
第Ⅳ部 有機反応と立体化学
9章 立体選択的反応 117
   1 シス・トランス付加 117
   2 S[N]1反応とS[N]2反応 120
   3 付加環化反応 123
   4 カルベンの付加反応 126
   5 脱離反応の立体化学 129
   コラム デイールス-アルダー反応の物理化学的考察 126
10章 不斉合成 133
   1 キラルプールの利用 133
   2 キラル補助剤の利用 135
   3 キラル触媒の利用 137
   4 キラル試薬の利用 140
   コラム 触媒的不斉合成 141
索引 144
   注 : S[N]1の[N]は下つき文字
   注 : S[N]2の[N]は下つき文字
   
65.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
服部憲治郎, 山本靖著
出版情報: 市川 : 米田出版 , 東京 : 産業図書 (発売), 2008.7  x, 212p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   はしがき
第1章 ナノテクノロジーと有機化合物 1
   1.1 ナノテクノロジーとは 1
    1.1.1 ナノメートルの大きさ 1
    1.1.2 ナノテクノロジーの世界の特徴―ナノテクノロジーの定義とサイズ効果― 2
    1.1.3 ナノ物質・ナノ材料 5
    1.1.4 ナノ物質の創製・構造制御技術 6
   1.2 有機化合物とナノテクノロジー 7
    1.2.1 有機化合物の特徴 7
    1.2.2 有機化合物と「ホスト―ゲストの化学」 10
   1.3 暮らしの中の有機材料とナノテクノロジー 10
   参考文献 14
   休憩時間(1) 15
第2章 炭素資源と有機化合物
   2.1 炭素資源とナノテクノロジー 17
   2.2 化石資源系原料 17
    2.2.1 石炭(Coal)系原料 20
    2.2.2 石油(Petroleum)系原料 23
    2.2.3 天然ガス系原料 32
   2.3 バイオマス資源系原料 33
   参考文献 34
   休憩時間(2) 35
第3章 油脂と界面化学材料 37
   3.1 油脂(Oil&Fat) 37
    3.1.1 油脂と脂質 37
    3.1.2 脂肪酸 38
    3.1.3 脂肪アルコール 40
    3.1.4 製油工程 41
    3.1.5 油脂加工工程 42
   3.2 界面化学材料 43
    3.2.1 界面活性剤とナノサイズ 43
    3.2.2 潤滑剤 50
   参考文献 52
   休憩時間(3) 53
第4章 香料材料 55
   4.1 においと香料の化学構造―ナノサイズで働く香粧材料― 55
   4.2 香料の種類と用途 58
   4.3 テルペン 59
   4.4 香料の合成 61
    4.4.1 モノテルペン系化合物を原料とする合成経路 61
    4.4.2 石油化学原料を出発原料とする合成経路 62
    4.4.3 芳香族系香料の合成 62
   4.5 化粧品と有機材料 64
    4.5.1 化粧品の種類 64
    4.5.2 化粧品を構成する素材 65
    4.5.3 化粧品の種類と構成素材 67
   4.6 調合香料と食品香料 68
    4.6.1 調合香料 68
    4.6.2 食品香料(フレーバー) 69
   参考文献 70
   休憩時間(4) 71
第5章 色素材料 73
   5.1 染料 74
    5.1.1 分子構造と色 74
    5.1.2 染色性 76
    5.1.3 染色法 77
    5.1.4 染料の種類 78
   5.2 顔料と塗料 80
    5.2.1 顔料 80
    5.2.2 塗料 80
   5.3 色素材料のそのほかの応用例 84
   参考文献 86
   休憩時間(5) 87
第6章 印写材料 89
   6.1 写真材料 89
    6.1.1 銀塩写真感光材料 89
    6.1.2 カラーフィルムの原理と有機材料 92
   6.2 印刷材料 97
    6.2.1 印刷版の形式 98
    6.2.2 カラー印刷 99
    6.2.3 印刷インキ 100
   6.3 ジアゾ感光複写 101
   6.4 感圧・感熱記録材料 102
   参考文献 104
   休憩時間(6) 105
第7章 エレクトロニクス材料 107
   7.1 感光性有機材料とエレクトロニクス 109
    7.1.1 感光性樹脂 109
    7.1.2 光リソグラフィーとレジスト材料 113
    7.1.3 フォトクロミック材料 114
   7.2 表示材料 115
    7.2.1 有機EL材料 116
    7.2.2 液晶材料 118
   参考文献 123
   休憩時間(7) 124
第8章 医薬と農薬 125
   8.1 医薬品 125
    8.1.1 医薬品の分類 127
    8.1.2 医薬品化合物の構造と薬理作用 127
   8.2 農薬 137
    8.2.1 殺虫剤 138
    8.2.2 殺菌剤 140
    8.2.3 除草剤 141
    8.2.4 植物成長調節剤 141
   参考文献 143
   休憩時間(8) 144
第9章 有機ケイ素材料(シリコーン) 145
   9.1 ケイ素材料の特徴 145
   9.2 シリコーンモノマー(シラン)とポリシロキサンの製造 147
    9.2.1 クロロシランの製造法 147
    9.2.2 オルガノクロロシランの加水分解とボリシロキサン合成 147
   9.3 シリコーンオイル 150
    9.3.1 シリコーンオイルの種類 150
    9.3.2 ストレートシリコーンオイルの性質 151
    9.3.3 シリコーンオイルの応用 154
   9.4 シリコーンゴム 156
    9.4.1 シリコーンゴムの種類 156
    9.4.2 熱加硫シリコーンゴム 156
    9.4.3 シリコーンゴムの特徴 157
    9.4.4 液状シリコーンゴム 160
    9.4.5 シリコーンゴムの応用 162
   参考文献 164
   休憩時間(9) 165
第10章 有機フッ素材料 167
   10.1 フッ素元素とフッ化水素 167
    10.1.1 フッ素源 167
    10.1.2 フッ化水素およびフッ素 167
    10.1.3 フッ素およびフッ素材料の特徴 169
   10.2 有機フッ素材料 173
    10.2.1 フロン 173
    10.2.2 フッ素ファイン材料 177
    10.2.3 フッ素樹脂およびフッ素ゴム 180
   参考文献 185
   休憩時間(10) 186
第11章 有機材料と環境 187
   11.1 環境と化学 188
    11.1.1 大気と環境 188
    11.1.2 水と環境 192
   11.2 化石資源 195
    11.2.1 有機材料の炭素源としての化石資源 195
    11.2.2 有機材料と化石資源エネルギー 197
   11.3 有機材料合成とグリーン・サステイナブル・ケミストリー 198
    11.3.1 グリーン・サステイナブル・ケミストリーとは 198
    11.3.2 グリーン度を示す指標とグリーンプロセス 200
   11.4 おわりに 203
   参考文献 204
   休憩時間(11) 205
   事項索引 207
   はしがき
第1章 ナノテクノロジーと有機化合物 1
   1.1 ナノテクノロジーとは 1
66.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
奥山格, 山高博著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2005.1  vi, 301p ; 22cm
シリーズ名: 朝倉化学大系 ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 有機反応機構とその研究 1
   1.1 反応機構 1
   1.2 反応生成物の決定 7
   1.3 立体化学 11
   1.4 同位体標識 12
   1.5 交差実験 13
   1.6 反応中間体 14
   1.7 反応機構研究の展開 18
2 反応のエネルギーと反応速度 23
   2.1 ポテンシャルエネルギー 23
   2.2 BEP モデル 29
   2.3 平衡と反応速度 34
   2.4 遷移状態理論と反応速度 39
   2.5 活性化パラメーター 42
   2.6 反応速度則 45
   2.7 実際の反応系 49
   2.8 律速段階の変化 53
3 分子軌道法と分子間相互作用 57
   3.1 分子間相互作用 57
   3.2 分子軌道理論と有機電子論 60
   3.3 軌道相互作用と反応性 61
   3.4 フロンティア分子軌道 62
   3.5 ペリ環状反応の軌道相関 67
   3.6 量子化学計算 71
4 溶媒効果 76
   4.1 気相反応と溶液反応 76
   4.2 溶媒の分類 77
   4.3 溶液の構造 80
   4.4 溶解のエネルギー 83
   4.5 混合溶媒 87
   4.6 ソルパトクロミズム 91
   4.7 溶媒パラメーター 96
   4.8 溶媒効果と反応機構 104
   4.9 理論的取扱い 110
5 酸・塩基と求電子種・求核種 122
   5.1 Brφnsted 酸と塩基 122
   5.2 媒質の酸性度 130
   5.3 Lewis 酸と塩基 139
   5.4 求核種と求電子種 141
   5.5 カルポアニオンとカルポカチオン 149
6 反応速度同位体効果 155
   6.1 同位体効果とは 155
   6.2 同位体効果の理論 155
   6.3 同位体効果の大きさ 157
   6.4 一次同位体効果と二次同位体効果 159
   6.5 反応経路の決定 160
   6.6 遷移状態構造の推定 168
   6.7 溶媒同位体効果 172
7 置換基効果 178
   7.1 酸解離平衡と反応速度 178
   7.2 電子効果と立体効果 179
   7.3 Hammett 則 181
   7.4 置換基定数の多様性 183
   7.5 湯川 - 都野式 186
   7.6 脂肪族飽和系における置換基効果 191
   7.7 置換基効果と反応機構 192
8 触媒反応 199
   8.1 特異触媒と一般触媒の区別 200
   8.2 特異酸触媒反応 202
   8.3 一般酸触媒反応 203
   8.4 塩基触媒反応 203
   8.5 特異酸・一般塩基触媒反応 204
   8.6 Brφnsted 則 204
   8.7 pH と速度の関係 209
   8.8 強酸中における反応 215
   8.9 求核触媒反応 224
   8.10 求電子触媒反応 227
   8.11 多官能性触媒と分子内触媒 231
9 反応経路と反応機構 240
   9.1 中間体寿命と反応機構 240
   9.2 飽和炭素における求核置換反応 244
   9.3 不飽和炭素における求核置換反応 251
   9.4 脱離反応 257
10 電子移動と極性反応 266
   10.1 一電子移動 267
   10.2 Marcus 理論 269
   10.3 電子移動反応と極性反応 272
   10.4 Marcus 理論の水素移動への拡張 285
索引 289
コラム
   ipso と cine 置換 9
   塩化ニトロベンジル反応と von Richter 反応の機構 10
   プロモニウムイオンとベンゼニウムイオン 15
   反応性 - 選択性の原理 31
   Thornton 則 32
   安定性 36
   理論とモデル 111
   George Olah と超強酸中のカチオン中間体 136
   求電子種と求核種および化学種と分子種 149
   カルベニウムイオンとカルボニウムイオン {ヨーロッパとイギリス} 154
   Brφnsted 係数について (その一) 209
   Brφnsted 係数について (その二) ニトロアルカン異常性 210
   SN2 反応中間体と超原子価結合 250
   有機金属反応剤の会合状態 280
1 有機反応機構とその研究 1
   1.1 反応機構 1
   1.2 反応生成物の決定 7
67.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
有機合成化学協会編
出版情報: 京都 : 化学同人, 2006.12  vii, 224p ; 24cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 有機反応・合成編
   1 イソニトリル新反応剤の開発 伊藤 嘉彦 2
   2 それは希土類元素から始まった! 今本 恒雄 6
   3 ホスゲンを吸って死ななかった話 植村 榮 11
   4 トリエチルボランとの幸運な出合い 大嶌幸一郎 14
   5 金色した有機結晶を発見! 小倉 克之 18
   6 予断は禁物 香月 勗 23
   7 有機スズ化合物の反応にこだわり続けて 小林 正紀 28
   8 ケイ素σ-π共役の発見に立ち会って 櫻井 英樹 31
   9 再現性“ゼロ”からの出発 柴崎 正勝 35
   10 不純物酸素が反応を促進した? 鈴木 章 40
   11 有機合成=ペンシルロケット説 鈴木 啓介 44
   12 銅触媒からの二つの贈り物 薗頭 健吉 48
   13 ヘテロ元素化学への方向を決めたセレンとの出会い 園田 昇 52
   14 新しい発見は一人ではできない 玉尾 皓平 57
   15 パラジウムの有機化学事始め 辻 二郎 62
   16 Wittig転位の成長物語 中井 武 67
   17 合成化学者が理論化学に魅せられたとき 中村 栄一 72
   18 実験の中からの掘り出しもの 奈良坂紘一 76
   19 電子で有機化合物を変換させる 西口 郁三 81
   20 感動を与え続けでくれたこと 根岸 英一 86
   21 NHK反応 発見裏話 野崎 一 91
   22 研究テーマとの幸運な巡り合い 橋本 俊一 95
   23 施光度計がゴロンと動いた 林 民生 100
   24 HIYAMA COUPLINGの誕生と新展開 檜山爲次郎 104
   25 ハワイ大学大学院での感動の一瞬 丸岡 啓二 108
   26 鈴木クロスカップリング反応との出会い 宮浦 憲夫 112
   27 若い人に伝えたいこと 向山 光昭 116
   28 発見ノススメ 村井 眞二 119
   29 カルベンのスピンに魅せられて 村橋 俊一 123
   30 夢の実現-窒素を使って 森 美和子 128
   31 有機金属化学の草創期に立ち会って 山本 明夫 133
   32 ハーバード大学で学んだこと 山本 尚 137
   33 小さな発見の繰り返しが大きな流れへ 山本 嘉則 141
   34 分子機能化学の創出に携わって 吉田 善一 146
第2部 天然物合成編
   35 天然物全合成にかけた夢 磯部 稔 152
   36 海洋天然物は生理活性物質の宝庫 上村 大輔 157
   37 エリスロマイシンAの合成研究に挑む 大石 武 161
   38 青春追えば 大野 雅二 165
   39 心に残る二つの微生物二次代謝産物の合成 大村 智 169
   40 個から広がる研究 北 泰行 174
   41 嘘からでたまこと 北川 勲 179
   42 忘れがたい奇跡の瞬間! 北原 武 184
   43 「自然免疫」の本質にせまる 楠本 正一 188
   44 タキソールの不斉全合成に挑戦! 桑嶋 功 192
   45 天然の全合成で起こった予想通りの奇跡 竜田 邦明 196
   46 太古の化合物ギンコライドの周辺 中西香爾 200
   47 有機合成から自然原理の発見へ 平間 正博 206
   48 天然合成は面白い! 福山 透 210
   49 自然の謎に挑み続けて 村井 章夫 214
   50 生物活性物質合成への道 森 謙治 218
   51 私を魅了した自然からの贈り物 山村 庄亮 222
第1部 有機反応・合成編
   1 イソニトリル新反応剤の開発 伊藤 嘉彦 2
   2 それは希土類元素から始まった! 今本 恒雄 6
68.

図書

図書
editor, Lewis Rothberg ; [sponsored by the National Science Foundation Center]
出版情報: Singapore : World Scientific, c2000  ix, 232 p. ; 23 cm
所蔵情報: loading…
69.

図書

図書
S.R. Buxton, S.M. Roberts著 ; 小倉克之, 川井正雄訳
出版情報: 京都 : 化学同人, 2000.9  xiii, 327p ; 21cm
所蔵情報: loading…
70.

図書

図書
大木道則著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2001.9  x, 210p ; 21cm
シリーズ名: ベーシック化学シリーズ / 大木道則編集 ; 2
所蔵情報: loading…
71.

図書

図書
平山令明編著
出版情報: 東京 : 丸善, 2000.4  ix, 243p ; 22cm
所蔵情報: loading…
72.

図書

図書
Susan McMurry [著]
出版情報: Belmont, Calif. : Brooks/Cole , 東京 : 東京化学同人 (発売), c2008  900 p ; 28cm
所蔵情報: loading…
73.

図書

図書
Susan McMurry
出版情報: Belmont : Thomson Brooks/Cole , 東京 : 東京化学同人 (発売), 2009, c2007  666 p. ; 28 cm
所蔵情報: loading…
74.

図書

図書
齋藤軍治著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2006.11  ix, 206p, 図版[2]p ; 26cm
所蔵情報: loading…
75.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
John McMurry著 ; 伊東椒 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2005.3  3冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
中巻
15.ベンゼンと芳香族性
   15・1芳香族炭化水素の供給源 524
   15・2芳香族化合物の命名法 525
   15・3ベンゼンの構造と安定性 528
   15・4ベンゼンの分子軌道法による表現 530
   15・5芳香族性とHucke1の4n+2則 531
   15・6芳香族イオン 534
   15・7複素環式芳香族化合物:ピリジンとピロール 537
   15・8なぜ4n+2なのか 539
   15・9多環式芳香族化合物:ナフタレン 541
   15・10芳香族化合物の分光学 542
   化学余話アスピリン,NSAID,COX-2阻害剤 546
   まとめと重要語句 548
   練習問題 548
16.ベンゼンの化学:芳香族求電子置換
   16・1芳香環の臭素化 557
   16・2その他の芳香族置換 560
   16・3芳香環のアルキル化:Friede1-Crafts反応 563
   16・4芳香環のアシル化 568
   16・5置換芳香環における置換基効果 569
   16・6置換基効果の説明 573
   16・7三置換ベンゼン:効果の加成性 578
   16・8芳香族求核置換 580
   16・9ベンザイン 583
   16・10芳香族化合物の酸化 585
   16・11芳香族化合物の還元 587
   16・12三置換ベンゼンの合成 590
   化学余話コンビナトリアルケミストリー 595
   まとめと重要語句 597
   反応のまとめ 597
   練習問題 600
   有機反応の復習
   1有機反応の種類のまとめ 609
   H反応機構のまとめ 613
17.アルコールとフェノール
   17・1アルコールとフェノールの命名法 619
   17・2アルコールとフェノールの性質:水素結合 621
   17・3アルコールとフェノールの性質:酸性度と塩基性度 623
   17・4アルコールの製法:復習 627
   17・5カルボニル化合物の還元によるアルコールの合成 629
   17・6カルボニル化合物へのGrignard試薬の付加によるアルコールの合成 632
   17・7アルコールの反応 636
   17・8アルコールの酸化 642
   17・9アルコールの保護 645
   17・10フェノールの製法と用途 647
   17・11フェノールの反応 650
   17・12アルコールとフェノールの分光学 651
   化学余話エタノールは化学薬品,薬物,毒物である 655
   まとめと重要語句 656
   反応のまとめ 657
   練習問題 660
18.エーテルとエポキシド;チオールとスルフィド
   18・1エーテルの命名法 672
   18・2エーテルの構造,性質および供給源 673
   18・3Williamsonエーテル合成 674
   18・4アルケンのアルコキシ水銀化 675
   18・5エーテルの反応 : 酸開裂 677
   18・6エーテルの反応:Claisen転位 679
   18・7環状工一テル:エポキシド 680
   18・8エポキシドの開環反応 682
   18・9クラウンエーテル 687
   18・10チオールとスルフィド 688
   18・11工一テルの分光学 692
   化学余話エポキシ樹脂と接着剤 694
   まとめと重要語句 695
   反応のまとめ 695
   練習問題 697
   カルボニル化合物の予習
   Ⅰ.カルボニル化合物の種類 705
   Ⅱ.カルボニル基の性質 706
   Ⅲ.カルボニル化合物の一般的な反応 708
   IV.まとめ 713
19.アルデヒドとケトン:求核付加反応
   19・1アルデヒドとケトンの命名法 716
   19・2アルデヒドとケトンの製法 718
   19・3アルデヒドとケトンの酸化 721
   19・4アルデヒドとケトンの求核付加反応 722
   19・5アルデヒドとケトンの反応性の比較 724
   19・6H20の求核付加:水和 726
   19・7HCNの求核付加:シアノヒドリンの生成 728
   19・8Grignard試薬とヒドリド試薬の求核付加1アルコールの生成 730
   19・9アミンの求核付加:イミンとエナミンの生成 731
   19・10ヒドラジンの求核付加:Wolff-Kis6hner反応 736
   19・11アルコールの求核付加:アセタールの生成 739
   19・12リンイリドの求核付加:Wittig反応 743
   19・13Cannizzaro反応:生物学的還元 746
   19・14α,β一不飽和アルデヒドおよびケトンに対する共役求核付加 749
   19・15生体内求核付加反応 753
   19・16アルデヒドとケトンの分光学 754
   化学余話エナンチオ選択的合成 758
   まとめと重要語句 759
   反応のまとめ 760
   練習問題 763
20.カルボン酸と二トリル
   20・1カルボン酸とニトリルの命名法 776
   20・2カルボン酸の構造と物理的性質 778
   20・3カルボン酸の解離 779
   20・4酸性度に及ぼす置換基効果 782
   20・5置換安息香酸における置換基効果 783
   20・6カルボン酸の製法 785
   20・7カルボン酸の反応:概論 788
   20・8カルボン酸の還元 788
   20・9ニトリルの化学 789
   20・10カルボン酸とニトリルの分光学 794
   化学余話ビタミンC 796
   まとめと重要語句 798
   反応のまとめ 799
   練習問題 800
21.カルボン酸誘導体と求核アシル置換反応
   21・1カルボン酸誘導体の命名法 810
   21・2求核アシル置換反応 813
   21・3カルボン酸の求核アシル置換反応 818
   21・4酸ハロゲン化物の化学 822
   21・5酸無水物の化学 822
   21・6エステルの化学 829
   21・7アミドの化学 835
   21・8チオエステルとアシルリン酸:生体内のカルボン酸誘導体 837
   21・9ポリアミドとポリエステル:遂次成長ポリマー 839
   21・10カルボン酸誘導体の分光学 843
   化学余話β一ラクタム系抗生物質 844
   まとめと重要語句 846
   反応のまとめ 847
   練習問題 850
22.カルボニルα置換反応
   22・1ケトーエノール互変異性 861
   22・2エノールの反応性:α置換反応の機構 864
   22・3アルデヒドとケトンのαハロゲン化 865
   22・4カルボン酸のα臭素化lHe11-Volhard-ZeHnskii反応 868
   22・5α水素原子の酸性度:エノラートイオンの生成 869
   22・6エノラートイオンの反応性 873
   22・7エノラートイオンのハロゲン化:ハロホルム反応 874
   22・8エノラートイオンのアルキル化 875
   化学余話有機化学における珍しい元素 884
   まとめと重要語句 885
   反応のまとめ 886
   練習問題 887
23.カルボニル縮合反応
   23・1カルボニル縮合反応の機構 895
   23・2アルデヒドとケトンの縮合:アルドール反応 897
   23・3カルボニル縮合反応とα置換反応の比較 899
   23・4アルドール生成物の脱水:エノンの合成 900
   23・5合成におけるアルドール反応の利用 903
   23・6混合アルドール反応904
   23・7分子内アルドール反応 906
   23・8Claisen縮合反応 908
   23・9混合Claisen縮合 910
   23・10分子内Claisen縮合:Diec㎞ann環化 911
   23・11Michae1反応 914
   23・12Storkエナミン反応 917
   23・13合成におけるカルボニル縮合反応:Robinson環形成反応 920
   23・14生体内カルボニル縮合反応 921
   化学余話代謝へのプロローグ 922
   まとめと重要語旬 924
   反応のまとめ 925
   練習間題 927
   和文索引
   欧文索引
中巻
15.ベンゼンと芳香族性
   15・1芳香族炭化水素の供給源 524
76.

図書

図書
Paul J. Dyson and J. Scott Mclndoe
出版情報: Amsterdam : Gordon and Breach Science, c2000  xi, 166 p. ; 26 cm
シリーズ名: Advanced chemistry texts ; v. 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Foreword
Preface
Introduction / Chapter 1:
Definition and Scope / 1.1:
Transition Metal Carbonyl Clusters / 1.2:
When Does a Cluster Become Metal-like? / 1.2.1:
Growth in Transition Metal Carbonyl Cluster Chemistry / 1.2.2:
Electron Counting and Metal-Metal Bonding / Chapter 2:
The Ligands / 2.1:
The Eighteen-Electron Rule / 2.2:
The Effective Atomic Number (EAN) Rule / 2.3:
Wade's Rules / 2.4:
The Isolobal Principle / 2.5:
Polyhedral Skeletal Electron Pair Theory (PSEPT) / 2.6:
The Capping Principle / 2.7:
Condensed Polyhedra / 2.8:
Structure / Chapter 3:
Mononuclear and Dinuclear Complexes / 3.1:
Trinuclear and Tetranuclear Clusters / 3.2:
Pentanuclear and Hexanuclear Clusters / 3.3:
Capped Polyhedra / 3.4:
Coupled and Condensed Polyhedra / 3.5:
Open and Planar Clusters / 3.6:
Larger Clusters / 3.7:
Clusters with Metal-Metal Multiple Bonds / 3.8:
Ligands / Chapter 4:
Carbon Monoxide / 4.1:
Bonding Modes of CO / 4.1.1:
Other Effects / 4.1.2:
Ligands Related to CO / 4.2:
Phosphorus Ligands / 4.3:
Interstitial Main Group Atoms / 4.4:
Hydride Ligands / 4.5:
Unsaturated Organic Ligands / 4.6:
Alkene and Alkyne Ligands / 4.6.1:
Unsaturated Rings / 4.6.2:
Other Ligands / 4.7:
Characterisation Techniques / Chapter 5:
Infrared Spectroscopy / 5.1:
Mass Spectrometry / 5.2:
Nuclear Magnetic Resonance Spectroscopy / 5.3:
[superscript 1]H NMR Spectroscopy / 5.3.1:
Variable-temperature NMR Spectroscopy / 5.3.2:
[superscript 13]C NMR Spectroscopy / 5.3.3:
X-ray Crystallography / 5.4:
Representations of X-ray Structures / 5.4.1:
Disorder / 5.4.2:
Neutron Diffraction / 5.4.3:
Miscellaneous Characterisation Techniques / 5.5:
Electron Paramagnetic Resonance Spectroscopy / 5.5.1:
UV-visible Spectroscopy / 5.5.2:
Mossbauer Spectroscopy / 5.5.3:
Cluster-surface Analogy / 5.6:
Synthesis / Chapter 6:
Simple Homoleptic Carbonyls / 6.1:
High Nuclearity Carbonyl Clusters / 6.2:
Preparation from Salts / 6.2.1:
Thermolysis and Pyrolysis / 6.2.2:
Reduction and Oxidation / 6.2.3:
Redox Condensation Reactions / 6.2.4:
Cluster Build-up Reactions from Preformed High Nuclearity Clusters / 6.2.5:
Reactivity / Chapter 7:
Reduction / 7.1:
Protonation / 7.2:
Substitution / 7.3:
Association and Dissociation / 7.4:
Oxidative Addition and Reductive Elimination / 7.5:
Carbide Formation / 7.6:
Cluster Decomposition Reactions / 7.7:
Reactions with Organic Ligands / Chapter 8:
Alkyl and Alkylidyne Clusters / 8.1:
Alkenes, Alkynes and Allyls / 8.2:
C[subscript 5]-Rings / 8.3:
C[subscript 6]-Rings / 8.4:
C[subscript 7] and C[subscript 8]-Rings / 8.5:
Heterocycles / 8.6:
Heteronuclear Carbonyl Clusters / Chapter 9:
Condensation Reactions / 9.1:
Ligand Displacement / 9.1.2:
Addition Reactions / 9.1.3:
Redox Condensation / 9.1.4:
Bridging Ligands / 9.1.5:
Condensation with Electrophilic Capping Groups / 9.1.6:
Serendipitous Syntheses / 9.1.7:
Heterosite Reactivity / 9.2:
Organic Transformations Using Stoichiometric and Catalytic Quantities of Clusters / Chapter 10:
Establishing Catalysis by Clusters / 10.1:
Hydrogenation Reactions / 10.2:
Hydroformylation / 10.3:
The Water-Gas Shift Reaction / 10.4:
C-H Bond Activation and C-C Bond Formation / 10.5:
Mixed-metal Clusters in Catalysis / 10.6:
Supported Cluster Catalysis and Use of Non-organic Solvents / 10.7:
Solid Supported Clusters / 10.7.1:
Biphasic 'Liquid-liquid' Supports / 10.7.2:
Further Reading
Index
Cluster Formula Index
Foreword
Preface
Introduction / Chapter 1:
77.

図書

図書
M.J.T. ロビンソン著 ; 豊田真司訳
出版情報: 京都 : 化学同人, 2002.8  xii, 154p ; 24cm
所蔵情報: loading…
78.

図書

図書
Jerry March, Michael B. Smith著 ; 秋山隆彦 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 丸善, 2003.3  2冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
79.

図書

図書
夏苅英昭, 高橋秀依編
出版情報: 京都 : 化学同人, 2008.12  458p ; 26cm
シリーズ名: ベーシック薬学教科書シリーズ ; 5
所蔵情報: loading…
80.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Paula Y. Bruice著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2009  2冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   注 : Antabuse[○R]の[○R]は上つきの合成文字
   
 訳者一覧 iii
Part5 芳香族化合物 707
 14章 芳香族性・ベンゼンの反応 708
   14.1 芳香族化合物は異常に安定である 709
   14.2 芳香族性の二つの定義 710
   14.3 芳香族性の定義の応用 711
   14.4 芳香族複素環化合物 714
   14.5 芳香族性が化学反応性に与える影響 716
   14.6 反芳香族性 719
   14.7 芳香族と反芳香族の分子軌道による説明 719
   14.8 一置換ベンゼンの命名法 721
   14.9 ベンゼンはどのように反応するか 723
   14.10 芳香族求電子置換反応の一般的な機構 724
   14.11 ベンゼンのハロゲン化 725
   14.12 ベンゼンのニトロ化 727
   14.13 ベンゼンのスルホン化 728
   14.14 ベンゼンのFriedel-Craftsアシル化 730
   14.15 ベンゼンのFriedel-Craftsアルキル化 732
   14.16 アシル化-還元によるベンゼンのアルキル化 734
   14.17 カップリング反応を用いるベンゼンのアルキル化 735
   14.18 複数の変換反応をもつことは重要である 736
   14.19 ベンゼン環上の置換基はどのようにして化学的に変換できるか 737
    まとめ 741
    反応のまとめ 741
    キーワード 743
    章末問題 743
   問題解答の指針 718
   コラム
    バッキーボールとエイズ 713
    ベンゼンの毒性 722
    チロキシン 727
    できかけの第一級カルボカチオン 734
 15章 置換ベンゼンの反応 747
   15.1 二置換ベンゼンと多置換ベンゼンの命名法 748
   15.2 ある置換基はベンゼン環の反応性を増大させ,あるものはベンゼン環の反応性を減少させる 751
   15.3 配向性に及ぼす置換基の効果 757
   15.4 pKa に及ぼす置換基の効果 762
   15.5 オルトーパラ比 764
   15.6 置換基効果に関するさらなる考察 765
   15.7 合成デザインⅣ:一置換ベンゼンと二置換ベンゼンの合成 767
   15.8 三置換ベンゼンの合成 769
   15.9 アレーンジアゾニウム塩を用いる置換ベンゼンの合成 770
   15.10 求電子剤としてのアレーンジアゾニウムイオン 774
   15.11 アミンと亜硝酸との反応の機構 776
   15.12 芳香族求核置換:付加-脱離機構 778
   15.13 芳香族求核置換:ベンザイン中間体を形成する脱離-付加機構 781
   15.14 多環ベンゼノイド炭化水素 783
    まとめ 784
    反応のまとめ 785
    キーワード 786
    章末問題 786
   問題解答の指針 763
    毒性の測定 749
    ニトロソアミンとがん 778
Part6 カルボニル化合物 795
 16章 カルボニル化合物Ⅰ : 求核アシル置換反応 796
   16.1 カルボン酸とカルボン酸誘導体の命名法 798
   16.2 カルボン酸とカルボン酸誘導体の構造 804
   16.3 カルボニル化合物の物理的性質 805
   16.4 天然に存在するカルボン酸とカルボン酸誘導体 806
   16.5 分類Ⅰのカルボニル化合物はどのように反応するか 809
   16.6 カルボン酸とカルボン酸誘導体の反応性の比較 813
   16.7 求核アシル置換反応の一般的機構 815
   16.8 ハロゲン化アシルの反応 816
   16.9 酸無水物の反応 819
   16.10 エステルの反応 821
   16.11 酸触媒によるエステルの加水分解とエステル交換反応 824
   16.12 水酸化物イオンで促進されるエステルの加水分解 829
   16.13 求核アシル置換反応の機構はどのようにして決められたか831
   16.14 セッケン,洗剤,およびミセル 834
   16.15 カルボン酸の反応 836
   16.16 アミドの反応 838
   16.17 アミドの加水分解は酸によって触媒される 840
   16.18 イミドの加水分解 : 第一級アミンの合成法 843
   16.19 ニトリルの加水分解 844
   16.20 合成デザインⅤ : 環状化合物の合成 846
   16.21 化学者はカルボン酸をどのように活性化するか 847
   16.22 細胞はどのようにしてカルボン酸を活性化するか 849
   16.23 ジカルボン酸とその誘導体 853
    まとめ 857
    反応のまとめ 858
    キーワード860
    章末問題 860
   問題解答の指針 812,837
    ペニシリンの発見 808
    ダルメシアン : 黒ぶちは高くつく 809
    アスピリン 822
    セッケンの製造 835
    天然の睡眠薬 840
    治療に用いられるペニシリン 842
    ペニシリンと薬剤耐性843
    神経衝撃,麻輝,および殺虫剤 853
    合成ポリマー 855
    可溶縫合糸 856
 17章 カルボニル化合物Ⅱ : アルデヒドとケトンの反応・カルボン酸誘導体のその他の反応・α,β-不飽和カルボニル化合物の反応 870
   17.1 アルデヒドおよびケトンの命名法 872
   17.2 カルボニル化合物の反応性の比較 876
   17.3 アルデヒドとケトンはどのように反応するか 878
   17.4 Grignard反応剤とカルボニル化合物との反応 879
   17.5 カルボニル化合物とアセチリドイオンとの反応 883
   17.6 カルボニル化合物とヒドリドイオンとの反応 884
   17.7 アルデヒドとケトンとシアン化水素との反応 888
   17.8 アルデヒドおよびケトンとアミンおよびアミン誘導体との反応 890
   17.9 アルデヒドおよびケトンと水との反応 899
   17.10 アルデヒドおよびケトンとアルコールとの反応 901
   17.11 保護基 905
   17.12 硫黄求核剤の付加 907
   17.I3 Wittig反応によってアルケンが生成する 908
   17.14 求核付加反応の立体化学:Re面とSi面 912
   17.15 合成デザインⅥ:切断,シントン,および合成等価体 913
   17.16 α,β-不飽和アルデヒドおよびケトンヘの求核付加反応 916
   17.17 α,β-不飽和カルボン酸誘導体への求核付加反応 921
   17.18 α,β-不飽和カルボニル化合物への酵素触媒による付加反応 922
    まとめ 923
    反応のまとめ 924
    キーワード 927
    章末問題 928
   問題解答の指針 882,903
    ブタンジオン : 不快な化合物 875
    アルデヒドとケトンの非分光学的同定 896
    生物標本の保存 901
    β-カロテン 911
    酵素触媒によるカルボニルヘの付加反応 913
    有機化合物の合成 916
    半合成医薬品 916
    がんの化学療法 920
    酵素触媒によるシス-トランス相互変換 922
 18章 カルボニル化合物Ⅲ : α炭素上での反応 938
   18.1 α水素の酸性度 939
   18.2 ケト-エノール互変異性体 943
   18.3 エノール化 944
   18.4 エノールとエノラートイオンはどのように反応するか 946
   18.5 アルデヒドおよびケトンのα炭素のハロゲン化 948
   18.6 カルボン酸のα炭素のハロゲン化 : Hell-Volhard-Zelinski反応 950
   18.7 α-ハロ置換カルボニル化合物は合成において有用である 951
   18.8 LDAを用いるエノラートイオンの生成 952
   18.9 カルボニル化合物のα炭素のアルキル化 953
   18.10 エナミン中間体を用いるα炭素のアルキル化とアシル化 957
   18.11 β炭素のアルキル化 : Michael反応 959
   18.12 アルドール付加はβ‐ヒドロキシアルデヒドやβ‐ヒドロキシケトンを生成する 961
   18.13 アルドール付加生成物の脱水はα,β-不飽和アルデヒドとケトンを生成する 963
   18.14 交差アルドール付加 964
   18.15 Claisen縮合はβ-ケトエステルを生成する 966
   18.16 混合Claisen縮合 969
   18.17 分子内縮合と分子内付加反応 971
   18.18 3-オキソカルボン酸は脱炭酸される 976
   18.19 マロン酸エステル合成 : カルボン酸を合成する一方法 978
   18.20 アセト酢酸エステル合成 : メチルケトンを合成する一方法 979
   18.21 合成デザインⅦ : 新しい炭素-炭素結合の形成 981
   18.22 生体系におけるα炭素上での反応 983
    まとめ 987
    反応のまとめ 988
    キーワード 991
    章末問題 991
   問題解答の指針 942,955,975
    アスピリンの合成 955
Part7 酸化-還元反応に関するさらなる考察とアミン 1001
 19章 酸化-還元反応に関するさらなる考察 1002
   19.1 還元反応 1005
   19.2 アルコールの酸化 1012
   19.3 アルデヒドとケトンの酸化 1015
   19.4 合成デザインⅧ : 立体化学の制御 1017
   19.5 アルケンのヒドロキシ化 1019
   19.6 1,2~ジオールの酸化的開裂 1021
   19.7 アルケンの酸化的開裂 1023
   19.8 アルキンの酸化的開裂 1028
   19.9 合成デザインⅨ : 官能基相互変換 1029
    まとめ 1031
    反応のまとめ 1031
    キーワード 1033
    章末問題 1033
   問題解答の指針 1022
    第一級アルコールの酸化における水和物の役割 1013
    Antabuse[○R]を用いるアルコール中毒の治療 1014
    胎児性アルコール症候群 1014
 20章 アミンに関するさらなる考察・複素環化合物 1041
   20.1 アミンの命名法についての追加 1042
   20.2 アミンの酸-塩基の性質についてのさらなる考察 1043
   20.3 アミンは塩基としても求核剤としても反応する 1044
   20.4 水酸化第四級アンモニウムは脱離反応を進行させる 1046
   20.5 相間移動触媒 1050
   20.6 アミンの酸化・Cope脱離反応 1052
   20.7 アミンの合成 1053
   20.8 芳香族複素五員環化合物 1055
   20.9 芳香族複素六員環化合物 1060
   20.10 複素環化合物のアミンは自然界で重要な役割を担っている 1067
    まとめ 1071
    反応のまとめ 1071
    キーワード 1073
    章末問題 1074
    味はまずいが役に立つ化合物の話 1049
    ポルフィリン,ビリルビンと黄恒 1070
Part8 生体有機化合物 1079
 21章 炭水化物 1080
   21.1 炭水化物の分類 1082
   21.2 D,L表記法 1083
   21.3 アルドースの立体配置 1085
   21.4 ケトースの立体配置 1087
   21.5 塩基性溶液中での単糖の反応 1088
   21.6 単糖のレドックス反応 1089
   21.7 単糖は結晶性のオサゾンを生成する 1092
   21.8 炭素鎖の伸長 : Kiliani-Fischer合成 1093
   21.9 炭素鎖の短縮 : Wohl分解 1094
   21.10 グルコースの立体化学 : Fischerの証明 1095
   21.11 単糖は環状へミアセタールを生成する 1098
   21.12 グルコースは最も安定なアルドヘキソースである 1102
   21.13 グリコシドの生成 1104
   21.14 アノマー効果 1106
   21.15 還元糖と非還元糖 1107
   21.16 二糖 1107
   21.17 多糖 1111
   21.18 炭水化物由来のいくつかの天然物 1115
   21.19 細胞表面の炭水化物 1117
   21.20 合成甘味料 1119
    まとめ 1121
    反応のまとめ 1122
    キーワード 1124
    章末問題 1124
    糖尿病患者の血糖値の測定 1093
    グルコースとデキストロース 1097
    ラクトース不耐症 1110
    ガラクトース血症 1110
    歯医者が正しいわけ 1113
    ノミの駆除 1114
    へパリン 1116
    ビタミンC 1117
    発見のすばらしさ1120
    一日許容摂取量 1121
 22章 アミノ酸,ペプチド,およびタンパク質 1127
   22.1 アミノ酸の分類と命名法 1128
   22.2 アミノ酸の立体配置 1133
   22.3 アミノ酸の酸-塩基としての性質 1136
   22.4 等電点 1138
   22.5 アミノ酸の分離 1139
   22.6 アミノ酸の合成 1144
   22.7 アミノ酸のラセミ混合物の分割 1147
   22.8 ペプチド結合とジスルフィド結合 1148
   22.9 いくつかの興味深いペプチド 1152
   22.10 ペプチド結合の合成戦略 : N末端の保護とC末端の活性化 1154
   22.11 自動ペプチド合成 1157
   22.12 タンパク質の構造の基礎 1160
   22.13 タンパク質の一次構造はどのようにして決定されるか 1161
   22.14 タンパク質の二次構造 1169
   22.15 タンパク質の三次構造 1172
   22.16 タンパク質の四次構造 1174
   22.17 タンパク質の変性 1175
    まとめ 1175
    キーワード 1176
    章末問題 1177
   問題解答の指針 1163
    タンパク質と栄養 1133
    アミノ酸と病気 1134
    ペプチド性抗生物質 1135
    硬水軟化装置 : 陽イオン交換クロマトグラフィーの利用例 1144
    髪の毛 : ストレートかそれともパーマか 1151
    一次構造と進化 1160
    β-ペプチド : 自然に改良を加える試み 1172
 23章 触媒作用 1181
   23.1 有機化学反応における触媒作用 1184
   23.2 酸触媒作用 1184
   23.3 塩基触媒作用 1188
   23.4 求核触媒作用 1189
   23.5 金属イオン触媒作用 1191
   23.6 分子内反応 1193
   23.7 分子内触媒作用 1195
   23.8 生体反応における触媒作用 1198
   23.9 酵素触媒反応 1200
    まとめ 1215
    キーワード1215
    章末問題 1216
    ノーベル賞 1183
 24章 補酵素の有機反応機構 1219
   24.1 代謝の基礎 1222
   24.2 多くのレドックス反応に必要なビタミン : ビタミンB3 1222
   24.3 フラビンアデニンジヌクレオチドとフラビンモノヌクレオチド : ビタミンB2 1229
   24.4 チアミンピロリン酸 : ビタミンB1 1233
   24.5 ビオチン : ビタミンH 1238
   24.6 ピリドキサールリン酸 : ビタミンB6 1240
   24.7 補酵素B12 : ビタミンB12 1247
   24.8 テトラヒドロ葉酸 : 葉酸 1249
   24.9 ビタミンKH2 : ビタミンK 1254
    まとめ 1258
    キーワード 1258
    章末問題 1259
    ビタミンB1 1221
    ビタミン―生命に必要なアミン 1221
    ナイアシン欠乏症 1224
    心臓発作後の損傷の測定 1244
    最初の抗菌剤 1254
    ブロッコリーはもうたくさん 1257
 25章 代謝の化学 1262
   25.1 異化の四つの段階 1263
   25.2 ATPは化学エネルギーの輸送体である 1264
   25.3 リン酸転移反応には三つの機構がある 1267
   25.4 リン酸無水物結合の“高エネルギー”特性 1269
   25.5 細胞内でATPはなぜ速度論的に安定なのか 1271
   25.6 脂肪の異化 1272
   25.7 炭水化物の異化 1275
   25.8 ピルビン酸の運命 1279
   25.9 タンパク質の異化 1281
   25.10 クエン酸回路 1284
   25.11 酸化的リン酸化 1287
   25.12 同化 1287
    まとめ 1288
    キーワード 1288
    章末問題 1289
   問題解答の指針 1279
    代謝の違い 1263
    フェニルケトン尿症 : 先天性の代謝障害 1283
    アルカプトン尿症 1283
    基礎代謝率 1288
 26章 脂質 1291
   26.1 脂肪酸は長鎖のカルボン酸である 1292
   26.2 ろうは高分子量のエステルである 1294
   26.3 油脂 1295
   26.4 リン脂質とスフィンゴ脂質が膜の成分である 1299
   26.5 プロスタグランジンは生体反応を調節している 1303
   26.6 テルペンは5の倍数の炭素原子を含んでいる 1307
   26.7 ビタミンAはテルペンである 1310
   26.8 テルペンはどのようにして生合成されるか 1311
   26.9 ステロイドは化学伝達物質である 1318
   26.10 自然はどのようにコレステロールを合成しているか 1322
   26.11 合成ステロイド 1323
    まとめ 1324
    キーワード1325
    章末問題 1326
    ω脂肪酸 1294
    クジラと反響定位 1298
    オレストラ : 味付きの脱脂食品 1299
    へビ毒 1302
    チョコレートは健康食品か 1302
    多発性硬化症とミエリン鞘 1303
    コレステロールと心臓病 1321
    高コレステロール症の治療 1322
 27章 ヌクレオシド,ヌクレオチド,および核酸 1329
   27.1 ヌクレオシドとヌクレオチド 1330
   27.2 ほかの重要なヌクレオチド 1334
   27.3 核酸はヌクレオチドサブユニットで構成されている 1335
   27.4 DNAは安定であるがRNAは容易に切断される 1340
   27.5 DNAの生合成は複製と呼ばれる 1341
   27.6 RNAの生合成は転写と呼ばれる 1342
   27.7 3種類のRNAがある 1343
   27.8 タンパク質の生合成は翻訳と呼ばれる 1346
   27.9 DNAはなぜウラシルの代わりにチミンをもつのか 1351
   27.10 DNAの塩基配列はどのように決定されるか 1352
   27.11 ポリメラーゼ連鎖反応(PCR) 1355
   27.12 遺伝子工学 1356
   27.13 DNA鎖の実験室合成 1357
    まとめ 1362
    キーワード 1363
    章末問題 1364
    DNAの構造 : WATSON,CRICK,FRANKLIN,および WILKINS 1331
    鎌状赤血球貧血 1350
    翻訳を阻害することにより機能する抗生物質 1351
    DNAフィンガープリンティング 1356
    除草剤抵抗性 1357
Part9 特筆すべき有機化学のトピックス 1367
 28章 合成高分子 1368
   28.1 合成高分子には2種類の大きなグループがある 1370
   28.2 連鎖重合体 1371
   28.3 重合の立体化学・Ziegler-Natta触媒 1382
   28.1 ジエンの重合・ゴムの製造 1384
   28.5 共重合体 1386
   28.6 逐次重合体 1387
   28.7 高分子の物理的性質 1393
    まとめ 1396
    キーワード 1397
    章末問題 1398
    リサイクルシンボル 1376
    ポリマーの設計 1394
 29章 ペリ環状反応 1402
   29.1 3種類のペリ環状反応 1403
   29.2 分子軌道と軌道対称性 1406
   29.3 電子環状反応 1410
   29.4 付加環化反応 1418
   29.5 シグマトロピー転位 1422
   29.6 生体系におけるペリ環状反応1428
   29.7 ペリ環状反応の選択則のまとめ 1431
    まとめ 1432
    キーワード 1432
    章末問題 1433
    ルミネセンス 1421
    太陽光によるビタミン 1430
 30章 医薬品の有機化学 : 発見とデザイン 1437
   30.1 医薬品の命名 1441
   30.2 リード化合物 1442
   30.3 分子修飾 1442
   30.4 ランダムスクリーニング 1446
   30.5 医薬品の開発におけるセレンディピティー 1448
   30.6 受容体 1449
   30.7 酵素阻害剤としての医薬品 1453
   30.8 自殺型阻害剤のデザイン 1457
   30.9 定量的構造活性相関(QSAR) 1458
   30.10 分子モデリング 1460
   30.11 コンビナトリアル有機合成 1461
   30.12 抗ウイルス薬 1463
   30.13 医薬品の経済性・政府による規制 1464
    まとめ 1465
    キーワード 1465
    章末問題 1466
    薬の安全性 1447
    オーファンドラッグ 1464
付 録
   問題の解答 A-1
   写真版権一覧 P-1
   用語解説 G-1
   索引 I-1
   注 : Antabuse[○R]の[○R]は上つきの合成文字
   
 訳者一覧 iii
81.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
H. ハート, L.E. クレーン, D.J. ハート共著 ; 秋葉欣哉, 奥彬共訳
出版情報: 東京 : 培風館, 2002.11  xv, 620p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
0. 学生諸君へ 1
   有機化学とは何か? 1
   合成有機化合物 2
   合成の意義 2
   日常生活と有機化学 4
   本書の内容と組み立て方 4
   A Word Aboutについて 5
   練習問題を解くことの大切さについて 5
1. 結合と構造異性 7
   1.1 原子における電子の配置 7
   1.2 イオン結合および共有結合 10
   1.3 炭素と共有結合 14
   1.4 炭素-炭素結合 15
   1.5 分極した共有結合 16
   1.6 多重共有結合 18
   1.7 原子価 20
   1.8 構造異性 21
   1.9 構造式の書き方 22
   1.10 簡略化した構造式の書き方 25
   1.11 形式電荷 27
   1.12 共鳴 28
   1.13 矢印の意味と利用法 30
   1.14 結合の軌道論的な考え方; σ結合 32
   1.15 炭素原子のsp3混成軌道 34
   1.16 炭素の正四面体構造; メタンの結合 36
   1.17 分子の骨格による分類 37
   1.18 官能基にもとずく分類 40
   章末問題 42
2. アルカンとシクロアルカン : 配座異性および幾何異性 47
   2.1 アルカンの構造 48
   2.2 有機化合物の命名法 50
   2.3 アルカンの命名に関するIUPACの規則 50
   2.4 アルキルおよびハロゲン置換基 53
   2.5 IUPACの規則の使い方 55
   2.6 アルカンの天然資源 56
   A WORD ABOUT : 異性体, 可能なものと不可能なもの 56
   2.7 アルカンの物理的性質と非結合性分子間相互作用 57
   2.8 アルカンの立体配座 54
   2.9 シクロアルカン : 命名法と立体配座 62
   2.10 シクロアルカンのcis-trans異性 67
   2.11 異性体に関するまとめ 68
   2.12 アルカンの反応 69
   2.13 ハロゲン化の遊離基連鎖機構 73
   A WORD ABOUT : メタン, 沼気およびMillerの実績 72
   反応のまとめ 75
   反応機構のまとめ 75
   章末問題 76
3. アルケンとアルキン 79
   3.1 定義と分類 80
   3.2 命名法 81
   3.3 二重結合の特徴 84
   3.4 二重結合の軌道モデル : π結合 85
   3.5 アルケンのcis-trans異性 88
   A WORD ABOUT : 視覚の化学 88
   3.6 付加反応と置換反応の比較 90
   3.7 極性付加反応 91
   3.8 非対称なアルケンへの非対称な反応剤の付加 : Markovnikov則 93
   3.9 アルケンへの求電子付加反応の機構 95
   3.10 Markovnikov則の説明 97
   3.11 反応における平衡 : 何が反応を進行させるのか 99
   3.12 反応速度 : 反応はどのような速さで進行するのか 101
   3.13 アルケンのホウ水素化 104
   3.14 水素の付加 105
   3.15 共役系への付加 106
   3.16 遊離基付加 : ポリエチレン 109
   3.17 アルケンの酸化 111
   A WORD ABOUT:エチレン : 工業用原料と植物ホルモン 112
   3.18 三重結合に関するいくつかの事実 115
   3.19 三重結合の軌道モデル 115
   3.20 アルキンの付加反応 116
   3.21 アルキンの酸性度 120
   A WORD ABOUT : 石油,ガソリンおよびオクタン価 118
   反応のまとめ 121
   反応機構のまとめ 123
   章末問題 123
4. 芳香族化合物 127
   4.1 ベンゼンについて 128
   4.2 ベンゼンのKekulé構造式 130
   4.3 ベンゼンの共鳴構造モデル 130
   4.4 ベンゼンの軌道モデル 131
   4.5 ベンゼンの書き方 132
   4.6 芳香族化合物の命名法 133
   4.7 ベンゼンの共鳴エネルギー 135
   4.8 芳香族化合物における求電子置換反応 136
   4.9 芳香族化合物の求電子置換反応の機構 137
   4.10 芳香族環を活性化する置換基と不活性化する置換基 142
   4.11 o-, p-配向基とm-配向基 143
   4.12 合成反応における配向効果の重要性 148
   4.13 多環式芳香族化合物 149
   A WORD ABOUT : 多環式芳香族炭化水素とがん 151
   A WORD ABOUT:芳香族の球体C∞ : フラーレン 152
   反応のまとめ
   反応機構のまとめ 155
   章末問題 156
5. 立体異性 159
   5.1 キラリティと対掌体 160
   5.2 不斉中心 : 不斉炭素原子 162
   5.3 立体配置とR-S表示法 166
   5.4 cis-trans異性体のE-Z表示法 170
   5.5 偏光と光学活性 171
   A WORD ABOUT : Pasteurの実績とvan't Hoff-LeBelの理論 174
   5.6 対掌体の性質 176
   5.7 Fischer投影式 178
   5.8 2つ以上の不斉中心をもつ化合物 : ジアステレオマー 179
   5.9 メソ化合物 : 酒石酸の立体異性体 181
   5.10 立体化学における定義の要約 183
   5.11 立体化学と化学反応性 185
   5.12 ラセミ混合物の光学分割 186
   A WORD ABOUT : 対掌体およびその生理活性について 188
   章末問題 188
6. 有機ハロゲン化合物 : 置換反応と離脱反応 195
   6.1 求核置換反応 196
   6.2 求核置換の反応の例 197
   6.3 求核置換反応の機構 200
   6.4 Sx2反応の機構 200
   6.5 Sx1反応の機構 204
   6.6 Sx1とSx2反応機構の比較 206
   6.7 脱ハロゲン化水素, 脱離反応 : E2とE1脱離反応 208
   6.8 置換反応と脱離反応の競合 210
   A WORD ABOUT : 殺虫剤と除草剤 212
   6.9 多ハロゲン置換された脂肪族化合物 214
   A WORD ABOUT : OFCとオゾン層, その功罪 214
   反応のまとめ 217
   反応機構のまとめ 217
   章末問題 218
7. アルコール, フェノール, チオール 221
   7.1 アルコールの命名法 222
   7.2 アルコールの分類 223
   7.3 フェノール命名法 223
   7.4 アルコールおよびフェノールの水素結合 224
   7.5 酸性と塩酸性についての考察 225
   7.6 アルコールおよびフェノールの酸性度 228
   7.7 アルコールおよびフェノールの塩基性 231
   7.8 アルコールの脱水反応によるアルケンの生成 232
   7.9 アルコールとハロゲン化水素の反応 233
   7.10 アルコールからハロゲン化アルキルをつくるほかの方法 235
   7.11 アルコールとフェノールの違い 236
   7.12 アルコールの酸化によるアルデヒドならびにケトンの生成 236
   7.13 水酸基を二つ以上持つアルコール 238
   7.14 フェノールにおける芳香族置換反応 239
   A WORD ABOUT : 工業的に生産されているアルコール類 240
   7.15 フェノールの酸化反応 241
   A WORD ABOUT : 生化学的に重要なアルコールとフェノール 242
   7.16 アルコールならびにフェノールの硫黄類似体としてのチオール 244
   A WORD ABOUT : まっすぐな毛髪, カールした毛髪 245
   反応のまとめ 246
   章末問題 247
8. エーテルとエポキシド 251
   8.1 エーテルの命名法 252
   8.2 エーテルの物理的性質 253
   8.3 エーテルの溶媒としての用途 253
   8.4 Grignard試薬と有機金属化合物 254
   8.5 エーテルのつくり方 257
   8.6 エーテルの開裂 259
   A WORD ABOUT : エーテルと麻酔剤 260
   8.7 エポキシド(オキシラン) 261
   A WORD ABOUT : マイマイガのエポキシド 262
   8.8 エポキシドの反応 262
   8.9 環状エーテル 264
   反応のまとめ 267
   章末問題 268
9. アルデヒドとケトン 271
   9.1 アルデヒドとケトンの命名法 272
   9.2 一般的なアルデヒドとケトン 273
   9.3 アルデヒドとケトンの合成 275
   A WORD ABOUT : キノンと爆弾カブトムシ 276
   9.4 天然に存在するアルデヒドとケトン 277
   9.5 カルボニル基 277
   9.6 カルボニル基に対する求核付加反応 : 機構的考察 279
   9.7 アルコールの付加 : アルデヒドおよびアセタールの生成 281
   9.8 水の付加 : ヘミアセタールおよびケトンの水和反応 285
   9.9 Grignard試薬およびアセチリドの付加反応 285
   9.10 シアン化水素の付加 : シアノヒドリンの生成 288
   9.11 窒素系の球核剤の付加反応 289
   9.12 カルボニル化合物の還元反応 290
   9.13 カルボニル化合物の酸化反応 291
   9.14 ケトーエノール互変異性 293
   A WORD ABOUT : 互変異性ホトクロミズム 294
   9.15 δ-水素の酸性度 : エノラートアニオンついて 295
   9.16 カルボニル化合物における重水素交換反応 296
   9.17 アルドール縮合 298
   9.18 混合アルドール縮合 299
   9.19 アルドール縮合を用いる工業的合成 300
   反応のまとめ 301
   反応機構のまとめ 302
   章末問題 303
10. カルボン酸とその誘導体 307
   10.1 カルボン酸の命名法 308
   10.2 カルボン酸の物理的性質 312
   10.3 酸性度および酸性度定数 312
   10.4 カルボン酸が酸性を示す理由 314
   10.5 酸性度に与える構造の影響, 誘起効果の適用 315
   10.6 カルボン酸からの塩の形成 316
   10.7 カルボン酸の合成法 317
   10.8 カルボン酸の誘導体 320
   10.9 エステル 321
   10.10 エステルの合成, Fischerのエステル化 322
   10.11 酸触媒エステル化反応の機構 : 求核的アシル基置換反応 322
   10.12 ラクトン 325
   10.13 エステルのけん化 325
   10.14 エステルの加アンモニア分解 326
   10.15 エステルとGrignard試薬の反応 327
   10.16 エステルの還元 327
   10.17 活性化されたアシル化合物の用途 328
   10.18 酸ハロゲン化物 329
   10.19 酸無水物 331
   A WORD ABOUT : 天然物に存在するアシル基 活性化基としてのチオエステル 333
   10.20 アミド 334
   A WORD ABOUT : 尿素 336
   10.21 カルボン酸誘導体についてのまとめ 337
   10.22 エステルα位の水素とClaisen縮合反応について 339
   合反応について 339
   反応のまとめ 342
   反応機構のまとめ 344
   章末問題 344
11. アミンとそれに関連した窒素化合物 349
   11.1 アミンの分類と構造 350
   11.2 アミンの命名法 351
   11.3 アミンの物理的性質と分子間相互作用 353
   11.4 アミンのつくり方 : アンモニアおよびアミンのアルキル化 354
   11.5 アミンのつくり方 : ニトロ化合物の還元 356
   11.6 アミンの塩基性 358
   11.7 アミンとアミドの塩基性の比較 361
   11.8 アミンと強酸との反応 : アミン塩の生成 362
   A WORD ABOUT : アルカロイドと吹矢毒蛙のはなし 364
   11.9 光学分割試薬としてのキラルなアミン 364
   11.10 酸誘導体を用いたアミンのアシル化反応 366
   11.11 第四級アンモニウム化合物 368
   11.12 芳香族ジアゾニウム化合物 369
   11.13 ジアゾカップリングとアゾ染料 371
   反応のまとめ 374
   反応機構のまとめ 375
   章末問題 376
12. スペクトル分光法による分子構造の決定 381
   12.1 分光法の理論 382
   12.2 核磁気共鳴スペクトル(NMR) 384
   12.3 13C NMRスペクトル 396
   A WORD ABOUT : 生化学と医学におけるNMR 398
   12.4 赤外スペクトル 400
   12.5 可視スペクトルと紫外スペクトル 405
   12.6 マススペクトル 408
   章末問題 412
13. 複素環化合物 419
   13.1 ビリジン, その結合様式と塩基性 420
   13.2 ビリジンにおける置換反応 421
   13.3 その他の6員環複素環化合物 424
   13.4 5員環複素環化合物 : フラン, ピロール, チオフェン 428
   13.5 フラン, ピロール, チオフェンにおける求電子置換反応 430
   13.6 その他の5員環複素環化合物 : アゾール化合物 431
   A WORD ABOUT:ポルフィリン類のこと : 血が赤く草が緑なわけ 432
   13.7 縮合環をもった5員環複素環化合物 : インドールとプリン 434
   A WORD ABOUT : モルヒネをはじめとする含窒素医薬品 436
   反応のまとめ 439
   反応機構のまとめ 440
   章末問題 440
14. 合成高分子 443
   14.1 高分子の分類 444
   14.2 ラジカル連鎖重合 445
   14.3 カチオン連鎖重合 451
   14.4 アニオン連鎖重合 452
   14.5 立体規則性ポリマー : Ziegler-Natta重合 453
   14.6 ジエンポリマー : 天然ゴムと合成ゴム 455
   14.7 共重合体 457
   14.8 逐次重合 : ポリエステルとナイロン 458
   A WORD ABOUT : 分解性ポリマー 460
   14.9 ポリウレタンならびにその他の逐次生長ポリマー 463
   A WORD ABOUT : 新しいポリアミドのアラミドについて 464
   反応のまとめ 467
   反応機構のまとめ 468
   章末問題 469
15. 脂質と洗剤 471
   15.1 脂肪と油脂 : グリセリン三エステル類 471
   15.2 植物油の水素添加 475
   15.3 脂肪および油脂のけん化 : セッケンの製造 476
   15.4 セッケンの働き 477
   15.5 合成洗剤 479
   A WORD ABOUT : 市販の洗剤について 482
   15.6 リン脂質 483
   15.7 プロスタグランジン, ロイコトリエン, リボキシン 484
   15.8 ワックス 485
   A WORD ABOUT : プロスタグランジン, アスピリンと痛み 486
   15.9 テルペンとステロイド 486
   反応とまとめ 492
   章末問題 493
16. 炭水化物 495
   16.1 定義と分類 496
   16.2 単糖類 497
   16.3 単糖のキラリティ : Fischer投影式とn, L-糖 498
   16.4 単糖の環状ヘミアセタール構造 502
   16.5 アノマー炭素と変旋光 504
   16.6 ビラノース構造とフラノース構造 505
   16.7 ビラノース立体配座 507
   16.8 単糖類のニステルとエーテル 508
   16.9 単糖の還元反応 509
   16.10 単糖の酸化反応 509
   16.11 単糖からのグリコシドの生成 510
   16.12 二糖類 512
   A WORD ABOUT : 甘さと甘味料 516
   16.13 多糖類 516
   A WORD ABOUT : 炭水化物からつくられる油脂代替物 521
   16.14 糖のリン酸エステル 522
   16.15 デオキシ糖 523
   16.16 アミノ酸 523
   16.17 アスコルビン酸 (ビタミンC) 524
   反応のまとめ 525
   章末問題 527
17. アミノ酸, ペプチド, タンパク質 531
   17.1 天然に存在するアミノ酸 531
   A WORD ABOUT : アミノ酸による年代測定法 534
   17.2 アミノ酸の酸・塩基特性 535
   17.3 酸性基または塩基性基を二つ以上もつアミノ酸の酸・塩基特性 538
   17.4 電気泳動法 540
   17.5 アミノ酸の反応 541
   17.6 ニンヒドリン反応 541
   17.7 ペプチド 542
   A WORD ABOUT : 天然物中のペプチド 542
   17.8 ジスルフィド縮合 545
   17.9 タンパク質 545
   17.10 タンパク質の1次構造 546
   17.11 アミノ酸配列を決定する手順 550
   17.12 ペプチドの合成 552
   A WORD ABOUT : タンパク質のアミノ酸配列と進化 554
   17.13 タンパク質の2次構造 558
   17.14 タンパク質の3次構造 : 繊維状タンパク質と球状タンパク質 562
   17.15 タンパク質の4次構造 564
   反応のまとめ 565
   章末問題 567
18. ヌクレオチドと核酸 571
   18.1 核酸の一般的な構造 571
   18.2 デオキシリボ核酸 (DNA) の構成 572
   18.3 ヌクレオシド 573
   18.4 ヌクレオチド 574
   18.5 DNAの1次構造 576
   18.6 核酸の配列順序の決定方法 577
   A WORD ABOUT : DNAと犯罪 578
   18.7 実験室での核酸合成 579
   18.8 DNAの2次構造 : 2重らせん構造 580
   18.9 DNAの複製 583
   18.10 リボ核酸 (RNA) 585
   18.11 遺伝暗号の伝達機構とタンパク質の生合成 587
   18.12 生物学的に重要なその他のヌクレオチド 590
   A WORD ABOUT : 核酸とウイルス 592
   反応のまとめ 596
   章末問題 596
出典 (写真) 599
付録 601
事項索引 605
化合物索引 613
0. 学生諸君へ 1
   有機化学とは何か? 1
   合成有機化合物 2
82.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
柴崎正勝監修
出版情報: 東京 : シーエムシー出版, 2006.11  x, 337p ; 26cm
シリーズ名: CMC books
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 総論-有機分子触媒の展望 柴﨑正勝 3
【不斉合成編】
第2章 多点認識型有機分子触媒の開発  柴﨑正勝,大嶋孝志
   1 はじめに 7
   2 新規多点認識型不斉相間移動触媒(TaDiAS)の設計 8
   3 光学活性α-アミノ酸の合成(不斉アルキル化反応,不斉Michael付加反応) 9
   4 触媒の回収・再利用 11
   5 Aeruginosin 298-Aおよび誘導体の不斉合成への応用 12
   6 光学活性α,β-ジアミノ酸の合成(不斉Mannich型反応) 13
   7 (+)-Cylindricine C の短工程合成ルートの開発(エノンに対する触媒的不斉Michael付加反応) 14
   8 おわりに 16
第3章 デザイン型キラル相間移動触媒を用いる実用的不斉合成プロセスの開拓 丸岡啓二
   1 はじめに 19
   2 光学活性α-モノアルキルアミノ酸の合成 20
   3 光学活性α,α-ジアルキルアミノ酸の合成 21
   4 スピロ型キラル相間移動触媒の単純化 22
   5 直截的な不斉アルドール合成 24
   6 ペプチド類の末端官能基化 24
   7 リサイクル可能なフルオラスキラル相間移動触媒のデザイン 25
   8 β-ケトエステル類の不斉アルキル化 26
   9 ニトロアルカンの不斉共役付加 26
   10 キラル相間移動触媒の単純化 27
   11 ラセン型キラル相間移動触媒を用いるかさ高いα-アルキルアミノ酸の合成 28
   12 不斉エポキシ化反応 29
   13 マロン酸エステルの不斉共役付加反応 29
   14 不斉ニトロアルドール合成 30
   15 おわりに 31
第4章 キラル相間移動触媒を用いる不斉マイケル反応の開発 荒井秀 33
第5章 中性配位型有機触媒の開発 小川知香子,小林修
   1 中性配位型有機触媒(Neutral-Coord inate Organocatalyst:NCO)の定義 42
   2 新規NCOの開発 43
   2.1 N-アシルヒドラゾンのアリルトリクロロシランを用いるアリル化反応における新規NCOの探索 43
   2.2 スルホキシドの構造と活性の相関関係 44
   2.3 反応条件の最適化 44
   2.4 キラルスルホキシドの探索 46
   2.5 光学活性ホモアリルアミンヘの誘導および絶対立体配置の決定 48
   3 ホスフィンオキシドをNCOとするN-アシルヒドラゾンのアリル化反応の開発 49
   4 キラルNCOを用いる効率的α~アミノ酸誘導体合成法の開発 52
   5 結び 57
第6章 N-オキシド・ホスフィンオキシドを触媒とする不斉合成反応 中島誠
   1 はじめに 59
   2 N-オキシドを触媒とする不斉反応 60
   2.1 アリルトリクロロシランによるアルデヒドの不斉アリル化反応 60
   2.2 ワンポット法による不斉アリル化関連反応 64
   2.3 四塩化ケイ素を用いたmeso-エポキシド不斉開環反応 65
   2.4 トリクロロシリルエノールエーテルの不斉アルドール反応 66
   3 ホスフィンオキシドを触媒とする不斉反応 66
   3.1 アリルトリクロロシランによるアルデヒドの不斉アリル化反応 67
   3.2 四塩化ケイ素を用いたmeso-エポキシドの不斉開環反応 68
   3.3 トリクロロシリルエノールエーテルの不斉アルドール反応 68
   4 おわりに 69
第7章 シンコナアルカロイドを用いる不斉Baylis-Hillman反応 畑山範
   1 はじめに 71
   2 β-ICD-HFIPA法 72
   3 活性エステルHFIPA 73
   4 β-ICDの合成法 74
   5 β-ICDの構造と触媒活性 76
   6 反応機構 77
   7 キラルα-アミノアルデヒドの反応 79
   8 不斉アザBay1is-Hi11man反応 81
   9 β-ICD-HFIPA法を活用する天然物合成 82
   9.1 Mycestericin E の合成 82
   9.2 Epopromycin B の合成 82
   10 おわりに 83
第8章 キラルブレンステッド酸を用いるニトロソアルドール反応 椴山儀恵,山本尚
   1 はじめに 85
   2 エナミンを求核剤とする位置選択的ニトロソアルドール反応 87
   2.1 エノラート等価体としてのエナミン 87
   2.2 位置選択性の発現 88
   2.3 ブレンステッド酸による位置選択性の制御と反応促進効果 89
   3 キラルブレンステッド酸触媒を用いる立体選択的ニトロソアルドール反応 91
   3.1 キラルブレンステッド酸とアキラルエナミン 91
   3.2 キラルカルボン酸を触媒とするエナンチオ選択的O-ニトロソアルドール反応 92
   3.3 キラルアルコールを触媒とするエナンチオ選択的N-ニトロソアルドール反応 96
   4 位置選択的かつ立体選択的ニトロソディールズ・アルダー型環状化合物合成への応用 98
   4.1 連続型ニトロソアルドール・マイケル反応 98
   4.2 光学活性トリスアリールシリルビナフトールを触媒とするN-ニトロソアルドール・マイケル反応 100
第9章 プロリン誘導体を用いたアルドール反応の新展開 林雄二郎
   1 有機触媒を用いる直接的不斉アルドール反応について 106
   2 反応のメカニズム 108
   3 触媒の改良 109
   4 反応の適用範囲 113
   5 不斉の起源との関連 116
   6 水中での不斉触媒アルドール反応 117
   6.1 アルドール反応における水の役割 117
   6.2 有機溶媒を用いない,水のみを溶媒とする不斉触媒アルドール反応 118
   7 おわりに 120
第10章 酸・塩基複合型高活性キラル有機分子触媒の設計 石原一彰
   1 はじめに 126
   2 不斉Diels-Alder触媒の設計 126
   3 不斉アシル化触媒の設計 131
   4 不斉アルキル付加触媒の設計 133
   5 おわりに 136
第11章 プロリン誘導体を有機分子触媒として用いる速度論的分割 折山剛
   1 はじめに 137
   2 アルコールの不斉アシル化 138
   2.1 ラセミ第二級アルコールの速度論的分割 138
   2.2 ラセミ第一級アルコールの速度論的分割 140
   2.3 対称ジオール類の不斉アシル化による非対称化 142
   3 その他の官能基変換による速度論的分割 143
   4 炭素一炭素結合生成反応を伴う速度論的分割 145
第12章 プロリン誘導体を用いる不斉合成反応 小槻日吉三
   1 はじめに 148
   2 Mannich反応 148
   3 Michael付加反応 150
   4 α-オキシ化反応 153
   5 α‐アミノ化反応 154
   6 α‐スルフェニル/セレニル化反応 155
   7 α-ハロゲン化反応 156
   8 環化付加反応 157
   9 その他の反応 158
   9.1 C-C結合形成反応 158
   9.2 エポキシ化反応 159
   9.3 還元反応 159
第13章 チオ尿素系不斉有機分子触媒の創製 竹本佳司
   1 はじめに 167
   2 ウレア触媒を用いたニトロンヘの求核付加反応 168
   2.1 TMSCNの付加反応 168
   2.2 ケテンシリルアセタールの付加反応 169
   3 多機能性ウレア触媒を用いた不斉反応 169
   3.1 多機能性チオウレア触媒の合成 169
   3.2 ニトロオレフィンヘの1,3-ジカルボニル化合物の不斉マイヶル反応 170
   3.3 ダブルマイケル反応を用いた4-ニトロシクロヘキサノン誘導体の不斉合成 172
   3.4 不飽和イミドヘの活性メチレン化合物の不斉マイケル反応 173
   3.5 イミンとニトロアルカンの不斉aza-Henry反応 175
   4 おわりに 178
第14章 機能性グアニジン触媒の創成 石川勉
   1 はじめに 180
   2 有機合成ツールとしてのグアニジン型化合物 181
   2.1 構造的分類,合成例 181
   2.2 キラルグアニジン 183
   2.3 不斉合成への応用 183
   2.3.1 有機塩基としての利用 183
   2.3.2 キラルテンプレートとしての利用 188
   3 おわりに 188
第15章 環状/鎖状グアニジン有機触媒による不斉炭素一炭素結合形成反応 長澤和夫,五月女宜裕
   1 はじめに 191
   2 五環性グアニジン触媒(環状アニジン化合物)の創製と不斉アルキル化反応の開発 191
   2.1 環状グアニジン触媒の設計と合成 191
   2.2 環状グアニジン触媒を用いる不斉アルキル化反応 193
   3 グアニジン/チオウレア型有機触媒(鎖状グアニジン化合物)の創製と不斉へンリー反応の開発 195
   3.1 鎖状グアニジン触媒の設計と合成 195
   3.2 グアニジン/チオウレア型有機触媒9を用いるエナンチオ選択的へンリー反応 197
   3.3 グアニジン/チオウレア型有機触媒9aを用いるジアステレオ選択的へンリー反応 199
   3.4 グアニジン/チオウレア型有機触媒9aを用いるエナンチオ-ジアステレオ選択的へンリー反応 200
   4 おわりに 202
第16章 有機分子触媒による不斉Friedel-Crafts反応 寺田眞浩
   1 はじめに 204
   2 イミニウムイオン形成による求電子剤の活性化 205
   2.1 アミン触媒によるα,β-不飽和カルボニル化合物の活性化 205
   2.2 イミニウムイオン形成に基づく不斉1,4-Friedel-Crafts反応 205
   3 水素結合を介した求電子剤の活性化 208
   3.1 キラルBrnsted酸触媒 208
   3.2 キラルリン酸触媒の設計開発 209
   3.3 不斉リン酸触媒による不斉1,2-アザFriedel-Crafts反応 211
   3.4 キラルチオ尿素触媒による不斉Friedel-Crafts反応 213
   3.5 キラルスルホンアミド触媒による不斉Friedel-Crafts反応 216
   4 電子豊富多重結合の活性化を経る不斉Friedel-Crafts反応 216
   5 おわりに 217
第17章 キラルブレンステッド酸触媒を用いた不斉合成反応 秋山隆彦
   1 序 220
   2 研究の背景 220
   3 触媒のデザイン 221
   4 マンニッヒ型反応 222
   5 ヒドロホスホニル化反応 223
   6 へテロDiels-Alder反応 224
   7 他のリン酸誘導体 225
   8 反応機構に関する考察 226
   9 関連する研究成果 227
   10 結語 229
第18章 酸-塩基型不斉有機分子触媒によるaza-Morita-Bay1is-Hillman反応 笹井宏明,滝澤忍,松井嘉津也
   1 はじめに 231
   2 二重活性化能を有する有機分子触媒の開発 235
   3 アミノピリジル基を有する酸-塩基型不斉有機分子触媒の開発 236
   4 動的軸性キラリティーを活用する酸-塩基型不斉有機分子触媒の開発 238
   5 おわりに 242
第19章 アゾリウム塩を用いる極性転換反応 鈴木啓介,瀧川紘
   1 はじめに 243
   2 チアゾリウム塩を用いるベンゾイン生成反応 244
   3 トリアゾリウム塩を用いるベンゾイン生成反応 246
   4 交差ベンゾイン生成反応 248
   4.1 二種類のアルデヒド間での反応 248
   4.2 アルデヒドと電子求引性基によって活性化された二重結合との反応 249
   4.3 アシルアニオン等価体とイミン,イミニウムとの分子間反応 251
   4.4 アルデヒドとケトンとの分子内反応 252
   5 分子内酸化還元反応を伴う分子変換 253
   6 おわりに 256
第20章 シンコナアルカロイド類を触媒とするアミノ酸誘導体の速度論的光学分割反応の工業化 三上雅史,石井裕
   1 はじめに 259
   2 シンコナアルカロイド類を触媒とするアミノ酸誘導体の速度論的光学分割反応の工業化 260
   2.1 不斉有機触媒の台頭 260
   2.2 シンコナアルカロイド誘導体を利用した不斉合成反応 261
   2.3 シンコナアルカロイド類を触媒とするアミノ酸誘導体の速度論的光学分割反応と環状酸無水物の非対称化反応 261
   2.4 シンコナアルカロイド触媒の改良 264
   2.5 プロパルギルグリシンの速度論的光学分割 266
   3 おわりに 267
【非不斉反応編】
第21章 フラビン分子触媒によるグリーン酸化反応 今田泰嗣,直田健
   1 はじめに 271
   2 過酸化水素を用いる酸化反応 272
   3 分子状酸素を用いる酸化反応 276
   3.1 アミン,スルフィドの酸素酸化反応 276
   3.2 分子状酸素によるBaeyer-Villiger反応 278
   4 分子状酸素によるオレフィンの水素化反応 280
   5 おわりに 282
第22章 有機ニトロキシルラジカル型高活性アルコール酸化触媒1-Me-AZADOの開発 岩渕好治
   1 はじめに 284
   2 研究の背景 : TEMPOの酸化 284
   3 ニトロキシルラジカルの化学 285
   4 アルコール酸化能の発見とTEMPO酸化の発展 286
   5 TEMPO酸化の特性と反応機構 287
   6 有機ニトロキシルラジカルの安定性 288
   7 アザアダマンタン型ニトロキシルラジカルの潜在的機能性 289
   8 アザアダマンタン型ニトロキシルラジカルの構造-活性相関 292
   9 おわりに 293
第23章 有機超強塩基触媒を用いる分子変換反応 根東義則
   1 はじめに 296
   2 脱プロトン化反応 297
   3 ケイ素化求核剤の触媒的活性化 299
   3.1 酸素-ケイ素結合の活性化 300
   3.2 系内にケイ素化剤を添加する求核置換反応の新触媒システム 303
   3.3 芳香族ケイ素化合物の触媒的活性化 305
   3.4 触媒的Peterson型縮合反応 306
   4 おわりに 308
第24章 アミン触媒の特徴を活かした汎用反応の実用的合理化 御前智則,田辺陽
   1 はじめに 309
   2 アミン触媒を用いるアルコールの効率的スルホニル化 309
   2.1 発端 309
   2.2 立体的嵩高さの小さい第三級アミンが有効 310
   3 アミン触媒の特性を活かした実用的エステル化・アミド化・チオエステル化反応 311
   3.1 はじめに 311
   3.2 MeNSOCl/MeNR(R=Me,Bu)縮合剤を用いるエステル化・アミド化 312
   3.3 p-TsCl/N-methylimidazole 縮合剤を用いるエステル化・アミド化・チオエステル化 312
   3.4 水溶媒中でエステル化・アミド化 : TMEDA/N-methylimidazoleのシナジー作用 314
   3.5 アンモニウムトリフラート触媒(PFPAT)を用いる接触的エステル化・チオエステル化・マクロラクトン化反応 315
   4 アルコール・ケトンの効率的シリル化におけるアミン触媒 316
   4.1 TBAF触媒を用いる接触的シリル化 316
   4.2 O-シリルベンズアミド(Si-BEZA)/PyH・OTf触媒を用いる接触的シリル化 317
   4.3 TiC1-AcOEt or CHNO錯体を用いる効率的脱TBS化 317
   4.4 シラザン/塩基触媒(NaHまたはDBU)を用いるケトンのシリル化 : エノールシリルエーテルの触媒的合成 318
   5 Ti-Claisen 縮合を機軸とする効率的アシル化反応におけるアミン触媒の効果 319
   5.1 はじめに 319
   5.2 交差型Ti-Claisen縮合の開発とその応用 319
   5.3 不斉交差型Ti-Claisen縮合への展開 320
   5.4 α,α‐ジアルキル置換エステルのC1aisen縮合 321
   6 おわりに 322
第25章 有機酸触媒含有イオン液体を用いた糖質の合成反応 戸嶋一敦
   1 はじめに 325
   2 グリコシル化反応に適した有機酸触媒含有イオン液体の調製 327
   3 有機酸触媒含有イオン液体の環境調和性を活用したグリコシル化反応 329
   4 有機酸触媒含有イオン液体のデザイン性を活用したグリコシル化反応 331
   5 有機酸触媒含有イオン液体を用いたC‐グリコシル化反応 334
   6 おわりに 336
第1章 総論-有機分子触媒の展望 柴﨑正勝 3
【不斉合成編】
第2章 多点認識型有機分子触媒の開発  柴﨑正勝,大嶋孝志
83.

図書

図書
Jonathan Clayden ... [et al.]
出版情報: New York : Oxford University Press, 2001  1512 p. ; 28 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
List
What is Organic Chemistry? / 1:
Organic Structures / 2:
Determining Organic Structures / 3:
Structure of Molecules / 4:
Organic Reactions / 5:
Nucleophilic Addition to the C=O Group / 6:
Conjugation/Delocalisation and UV spectra / 7:
Acidity and Basicity of Organic Molecules / 8:
Formation of C-C fromC=O Bonds by Organo-Metallic reagents / 9:
Conjugate Addition and Substitution / 10:
Proton NMR Spectroscopy / 11:
Nucleophilic Substitution at the C=O Group / 12:
Review Chapter: Summary of Mechanistic Principles / 13:
Addition to C=O with Loss of Carbonyl Oxygen / 14:
Review Chapter on SpectroscopicMethods / 15:
Stereochemistry / 16:
Nucleophilic Substitution at Saturated Carbon / 17:
Conformational Analysis / 18:
Elimination Reactions / 19:
Electrophilic Addition to Alkenes / 20:
Formation and Reactions of Enolates / 21:
Electrophilic Aromatic Substitution / 22:
Electrophilic Alkenes: ConjugateAddition, Allylic Systems and Nucleophilic Aromatic Substitution / 23:
Chemoselectivity, Protection, Oxidation and Reductio / 24:
List
What is Organic Chemistry? / 1:
Organic Structures / 2: