close
1.

図書

図書
Clifford F. Gray, Erik W. Larson
出版情報: Boston : McGraw-Hill/Irwin, c2006  xviii, 574 p. ; 26 cm
シリーズ名: The Irwin/McGraw-Hill series in operations and decision sciences
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
Michael Begon, Colin R. Townsend, John L. Harper
出版情報: Malden, Mass. : Blackwell Publishing, 2006  xii, 738 p. ; 27 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
Introduction: Ecology and its Domain
Introduction
Organisms / Part 1:
Organisms in their environments: the evolutionary backdrop / 1:
Organisms in their Environments: the Evolutionary Backdrop
Conditions / 2:
Resources / 3:
Life, death and life histories / 4:
Intraspecific competition / 5:
Life, Death and Life Histories / 6:
Dispersal, dormancy and metapopulations
Ecological applications at the level of organisms and single-species populations / 7:
Intraspecific Competition
Species Interactions / Part 2:
Dispersal, Dormancy and Metapopulations / 8:
Interspecific competition
The nature of predation / 9:
Ecological Applications at the Level of Organisms and Single-Species Populations: Restoration, Biosecurity and Conservation
The population dynamics of predation / 10:
Decomposers and detritivores / 11:
Interspecific Competition / 12:
Parasitism and disease
Symbiosis and mutualism / 13:
The Nature of Predation
Abundance / 14:
The Population Dynamics of Predation / 15:
Ecological applications at the level of population interactions
Communities And Ecosystems / Part 3:
Decomposers and Detritivores
The nature of the community / 16:
Parasitism and Disease / 17:
The flux of energy through ecosystems
The flux of matter through ecosystems / 18:
Symbiosis and Mutualism
The influence of population interactions on community structure / 19:
Food webs / 20:
Patterns in species richness / 21:
Ecological Applications at the Level of Population Interactions: Pest Control and Harvest Management
Ecological applications at the level of communities and ecosystems / 22:
Communities and Ecosystems
References
Organism Index
Subject Index
The Nature of the Community: Patterns in Space and Time
The Flux of Energy through Ecosystems
The Flux of Matter through-Ecosystems
The Influence of Population Interactions on Community Structure
Food Webs
Patterns in Species Richness
Ecological Applications at the Level of Communities and Ecosystems: Management Based on the Theory of Succession, Food Webs, Ecosystem Functioning and Biodiversity
Preface
Introduction: Ecology and its Domain
Introduction
3.

図書

図書
Richard P. Feynman, Michael A. Gottlieb, Ralph Leighton ; with a memoir by Matthew Sands ; exercises and answers by Robert B. Leighton and Rochus E. Vogt
出版情報: San Francisco ; Tokyo : Pearson, Addison-Wesley, c2006  xiii, 162 p. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
Robert L. Mott
出版情報: Upper Saddle River, N.J. : Pearson/Prentice Hall, c2006  xiv, 626 p. ; 26 cm.
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
The Nature of Fluids and the Study of Fluid Mechanics / 1:
Basic Introductory Concepts
The International System of Units (SI)
The U.S. Customary System
Weight and Mass
Temperature
Consistent Units in an Equation
The Definition of Pressure
Compressibility
Density, Specific Weight, and Specific Gravity
Surface Tension
Viscosity of Fluids / 2:
Dynamic Viscosity
Kinematic Viscosity
Newtonian Fluids and Nonnewtonian Fluids
Variation of Viscosity with Temperature
Viscosity Measurement
SAE Viscosity Grades
ISO Viscosity Grades
Hydraulic Fluids for Fluid Power Systems
Pressure Measurement / 3:
Absolute and Gage Pressure
Relationship Between Pressure and Elevation
Development of the Pressure-Elevation Relation
Pascal's Paradox
Manometers
Barometers
Pressure Expressed as the Height of a Column of Liquid
Pressure Gages and Transducers
Forces Due to Static Fluids / 4:
Gases Under Pressure
Horizontal Flat Surfaces Under Liquids
Rectangular Walls
Submerged Plane Areas General
Development of the General Procedure for Forces on Submerged Plane Areas
Piezometric Head
Distribution of Force on a Submerged Curved Surface
Effect of a Pressure Above the Fluid Surface
Forces on a Curved Surface with Fluid Below It
Forces on Curved Surfaces with Fluid Above and Below
Buoyancy and Stability / 5:
Buoyancy
Buoyancy Materials
Stability of Completely Submerged Bodies
Stability of Floating Bodies
Degree of Stability
Flow of Fluids and Bernoulli's Equation / 6:
Fluid Flow Rate and the Continuity Equation
Commercially Available Pipe and Tubing
Recommended Velocity of Flow in Pipe and Tubing
Conservation of Energy Bernoulli's Equation
Interpretation of Bernoulli's Equation
Restrictions on Bernoulli's Equation
Applications of Bernoulli's Equation
Torricelli's Theorem
Flow Due to a Falling Head
General Energy Equation / 7:
Energy Losses and Additions
Nomenclature of Energy Losses sand Additions
Power Required by Pumps
Power Delivered to Fluid Motors
Reynolds Number, Laminar Flow, Turbulent Flow, and Energy Losses Due to Friction / 8:
Reynolds Number
Critical Reynolds Numbers
Darcy's Equation
Friction Lass in Laminar Flow
Friction Loss in Turbulent Flow
Equations for Friction Factor
Hazen-Williams Formula for Water Flow
Other Forms of the Hazen-Williams Formula
Nomograph for Solving Hazen-Williams Formula
Velocity Profiles for Circular Sections and Flow in Noncircular Sections / 9:
Velocity Profiles
Velocity Profile for Laminar Flow
Velocity Profile for Turbulent Flow
Flow in Noncircular Sections
Minor Losses / 10:
Resistance Coefficient
Sudden Enlargement
Exit Loss
Gradual Enlargement
Sudden Contraction
Gradual Contraction
Entrance Loss
Resistance Coefficients for Valves and Fittings
Application of Standard Valves
Pipe Bends
Pressure Drop in Fluid Power Valves
Flow Coefficients for Valves Using Cv
Plastic Valves
Series Pipe Line Systems / 11:
Systems / Class I:
Spreadsheet Aid for Class I Problems
Pipeline Design for Structural Integrity / Class II:
Parallel Pipe Line Systems / 12:
Systems with Two Branches
Systems with Three or More Branches Networks
Pump Selection and Application / 13:
Parameters Involved in Pump Selection
Types of Pumps
Positive Displacement Pumps
Kinetic Pumps
Performance Data for Centrifugal Pumps
Affinity Laws for Centrifugal Pumps
Manufacturer's Data for Centrifugal Pumps
The Operating Point of a Pump and Pump Selection
Net Positive Suction Head
Suction Line Details
Discharge Line Details
Piping System Design and Pump Selection Procedure
Alternate System Operating Modes
Pump Selection and Specific Speed
Life Cycle Costs for Pumped Fluid System
Software for Piping System Design and Pump Selection
Open Channel Flow / 14:
Classification of Open Channel Flow
Hydraulic Radius and Reynolds Number in Open Channel Flow
Kinds of Open Channel Flow
Uniform Steady Flow in Open Channels
The Geometry of Typical Open Channels
The Most Efficient Shapes for Open Channels
Critical Flow and Specific Energy
Hydraulic Jump
Open Channel Flow Measurement
Flow Measurement / 15:
Flowmeter Selection Factors
Variable Head Meters
Variable Area Meters
Turbine Flowmeter
Vortex Flowmeter
Magnetic Flowmeter
Ultrasonic Flowmeters
Positive Displacement Meters
Mass Flow Measurement
Velocity Probes
Level Measurement
Computer-Based Data Acquisition and Processing
Forces Due to Fluids in Motion / 16:
Force Equation
Impulse-Momentum Equation
Problem-Solving Method Using the Force Equations
Forces on Stationary Objects
Forces on Bends in Pipe Lines
Forces on Moving Objects
Drag and Lift / 17:
Drag Force Equation
Pressure Drag
Drag Coefficient
Friction Drag on Spheres in Laminar Flow
Vehicle Drag
Compressibility Effects and Cavitation
Lift and Drag on Airfoils
Fans, Blowers, Compressors, And The Flow Of Gases / 18:
Gas Flow Rates and Pressures
Classification of Fans, Blowers, and Compressors
Flow of Compressed Air and Other Gases in Pipes
Flow of Air and Other Gases through Nozzles
Flow Of Air In Ducts / 19:
Energy Losses in Ducts
Duct Design
Energy Efficiency and Practical Consideration in Duct Design
Appendixes
Properties of Water
Properties of Common Liquids
Typical Properties of Petroleum Lubricating Oils
Properties of Air
Dimensions of Steel Pipe
Dimensions of Steel Tubing
Dimensions of Type K Copper Tubing
Dimensions of Ductile Iron Pipe
Areas of Circles
Conversion Factors
Properties of Areas
Properties of Solids
Gas Constant, Adiabatic Exponent, and Critical Pressure Ratio for Selected Gases
Answers to Selected Problems
Index
The Nature of Fluids and the Study of Fluid Mechanics / 1:
Basic Introductory Concepts
The International System of Units (SI)
5.

図書

図書
ロバート・F・マーフィー著 ; 辻信一訳
出版情報: 東京 : 平凡社, 2006.2  430p ; 16cm
シリーズ名: 平凡社ライブラリー ; 566
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
C.S.ルイス著 ; 中村妙子訳
出版情報: 東京 : 平凡社, 2006.2  251p ; 16cm
シリーズ名: 平凡社ライブラリー ; 565
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
ユダヤ大事典編纂委員会編 ; 滝川義人 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 荒地出版社, 2006.2  294p ; 21cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
宮風耕治 [著]
出版情報: 東京 : 東洋書店, 2006.2  63p ; 21cm
シリーズ名: ユーラシア・ブックレット / ユーラシア・ブックレット編集委員会企画・編集 ; no. 90
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
亀山郁夫著
出版情報: 東京 : 小学館, 2006.2  319p ; 22cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
J-L・フランドラン, M・モンタナーリ編 ; 菊地祥子, 末吉雄二, 鶴田知佳子訳
出版情報: 東京 : 藤原書店, 2006.1-2006.3  3冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
11.

図書

図書
黒岩俊介著
出版情報: 東京 : 中央公論美術出版, 2006.1  382p ; 22cm
所蔵情報: loading…
12.

図書

図書
斎藤昌三著
出版情報: 東京 : 国書刊行会, 2006.1  725p ; 22cm
シリーズ名: 知の自由人叢書
所蔵情報: loading…
目次情報:
書痴の散歩
書淫行状記
紙魚供養
書痴の散歩
書淫行状記
紙魚供養
13.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
江藤良純, 梅本益雄共著 ; 映像情報メディア学会編
出版情報: 東京 : コロナ社, 2006.2  viii, 160p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1.映像システムの概要
   1.1テレビジョンの要素技術 1
   1.2テレビジョンおよび映像システムの進展 3
   1.3ディジタル技術の特徴 5
2.視覚と画質
   2.1表示画面のアスペクト比 7
   2.2毎秒像数 8
   2.3視覚の空間的特性 9
   2.4目が感じる明るさ(測光量) 11
   2.5色の数値化(表色系) 13
   2.6関連用語 18
3.テレビジョン方式の基礎
   3.1走査と同期 19
   3.2走査方式 20
   3.3垂直解像度および水平解像度 23
   3.4走査方式の変換 26
   3.5カラーテレビジョンの色再現 28
   3.6カラーテレビジョン信号の基本形式 32
   3.7ガンマ補正処理 34
   3.8定輝度の原理 35
4.アナログカラーテレビジョンの信号形態
   4.1NTSC方式によるカラーテレビジョン信号の伝送 37
   4.1.1搬送波抑圧直交変調方式 37
   4.1.2輝度信号と搬送色信号の周波数インタリーブ 41
   4.2他の国のカラーテレビジョン方式 : PAL,SECAM 44
   4.3アナログ信号形態によるカラーテレビジョン方式の展開 45
   4.3.1EDTV 45
   4.3.2MUSE 46
   4.4信号伝送の基礎 48
5.ディジテルカラーテレビジョンの信号形態
   5.1カラーテレビジョン信号のディジタル化 53
   5.2各種ディジタル信号規格 55
   5.2.1コンポジット信号のディジタル化 55
   5.2.2コンポーネント信号のディジタル化 57
   5.3その他の映像信号フォーマット : テレビ電話、パソコン系 60
   5.4関連用語 63
6.ディジタル映像における情報圧縮
   6.1映像圧縮の実用化状況 66
   6.2映像圧縮の一般的手法 67
   6.3空間的冗長度の除去―離散コサイン変換(DCT)と量子化 69
   6.4時間的冗長度の除去―動き補償予測 72
   6.5統計的偏りの利用 74
   6.6圧縮、復元の全体構成 76
7.映像のディジタル変調、誤り訂正
   7.1伝送用ディジタル変調 78
   7.1.1単一搬送波による変調 78
   7.1.2複数搬送波による変調 81
   7.2記録用ディジタル変調 83
   7.2.1データのランダム化 84
   7.2.2データのブロック変換 85
   7.3符号誤りの訂正 86
   7.3.1符号間距離 87
   7.3.2誤り訂正符号の実際の使用形態 89
8.撮像システム
   8.1テレビカメラと撮像素子 91
   8.1.1テレビカメラの構成 91
   8.1.2撮像素子の基本機能 92
   8.2撮像管 93
   8.3固体撮像素子 94
   8.3.1CCD撮像素子 95
   8.3.2CMOS撮像素子 96
   8.43原色信号への色分解 97
   8.5カラーテレビジョンにおける撮像素子数 98
   8.5.13撮像素子カラーテレビカメラ 98
   8.5.2単一撮像素子カラーテレビカメラ 99
   8.6テラビカメラにおける信号処理 99
   8.6.1非線形処理 99
   8.6.2輪郭強調 100
   8.6.3色補正 101
9.映像表示システム
   9.1表示システムの基本機能と種類 103
   9.2自己発光型表示素子 104
   9.2.1受像管 104
   9.2.2プラズマ表示素子 106
   9.2.3発光ダイオード表示素子 107
   9.2.4有機EL表示素子 107
   9.3光変調型表示素子 107
   9.3.1液晶表示素子 107
   9.3.2マイクロミラー表示素子 109
   9.4投射型表示システム 110
   9.5マルチ画面表示システム 110
   9.63次元表示システム 111
10.映像記録システム
   10.1アナログ記録からディジタル記録へ 114
   10.2磁気テープ記録 116
   10.2.1回転ヘッド 116
   10.2.2ヘリカル走査 117
   10.2.3VHS方式 118
   10.2.4DV方式 119
   10.3光ディスク記録 121
   10.4ハードティスク記録 123
   10.5半導体メモリ記録 124
   10.6ランダムアクセス性、高速性と新しい記録機能 125
   10.6.1ランダムアクセス性 125
   10.6.2高速性 127
11.放送システムへの応用
   11.1テレビジョン放送方式 128
   11.1.1地上波放送と衛星放送 128
   11.1.2放送用映像フォーマット 128
   11.2テレビジョン放送システムの変遷 130
   11.3デジタル放送 131
   11.4将来の放送形態例 133
12.映像通信および映像配信システム
   12.1関連通信システムの進展 135
   12.1.1インターネット 135
   12.1.2モバイル通信 137
   12.1.3CATVとその他の通信系 138
   12.2テレビ電話、テレビ会議 142
   12.3映像配信システムの要素技術 144
   12.3.1映像配信の形態 144
   12.3.2限定受信 145
   12.3.3コンテンツ保護 147
   12.4映像配信システムの応用例 148
   12.4.1ホームサーバ 149
   12.4.2ITS 150
   12.5関連用語 152
   引用・参考文献 154
   索引 158
1.映像システムの概要
   1.1テレビジョンの要素技術 1
   1.2テレビジョンおよび映像システムの進展 3
14.

図書

図書
ピーター・バート著 ; 小野光子訳
出版情報: 東京 : 音楽之友社, 2006.2  335p ; 22cm
所蔵情報: loading…
15.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
菊池泰二編
出版情報: 秦野 : 東海大学出版会, 2006.1  xviii, 371p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 干潟,砂泥質潮間帯のベントス 1
第1章 砂質干潟のベントス群集 天草の海辺から有明海へ・・・玉置昭夫 2
   1. はじめに 2
   2. 富岡湾干潟における長期研究 7
   3. メタ個体群の観点からみたハルマンスナモグリとイボキサゴ 17
   4. 白川干潟ベントス群集の優占種個体群についてわかってきたこと 20
   5. おわりに―統一仮説(ボトムアップ仮説)の提唱 26
   引用文献 27
第2章 全生活史を網羅した個体群動態学のすすめ コメツキガニを例に・・・鈴木廣志 33
   1. はじめに 33
   2. 各期の生息数の推定 34
   3. 総産卵数,有効卵数の推定 36
   4. 浮遊幼生期の生態および動態 42
   5. 定着数の推定 47
   6. 全生活史を網羅した個体群動態 48
   7. おわりに 51
   引用文献 53
第3章 テナガツノヤドカリの貝殻利用と個体群動態・・・・朝倉 彰 59
   はじめに 59
   1. 生活史 59
   2. 成長の性差 64
   3. 種内競争 75
   4. 性比と行動圏の性差問題 82
   5. 配偶様式と行動の性差 85
   おわりに 88
   引用文献 89
第4章 干潟のベントス 河口域を中心に・・・大森浩二 93
   1. 干潟の環境特性と生息場所 93
   2. 干潟生物 99
   3. 干潟生物の生活史戦略 114
   4. まとめ 120
   引用文献 122
第2部 岩礁地、転石地潮間帯のベントス 127
第5章 クロフジツボ個体群の長期変動 128
   1. はじめに 128
   2. 調査地および調査方法 130
   3. 結果 132
   4. 考察とまとめ 139
   引用文献 142
第6章 岩礁潮間帯生物群集のダイナミクス ヒザラガイからみた磯の風景・・・西濱士郎 144
   1. はじめに 144
   2. 研究の出発点 : ヒザラガイのブルドーザー効果 145
   3. ヒザラガイという生き物 147
   4. 藻食性貝類の影響をどうやって調べるか : その方法と問題点 149
   5. ヒザラガイの固着生物に対する影響 : 野外実験による検証 153
   6. ヒザラガイ個体群を制御する要因と岩礁の景観生態学 161
   7. おわりに : 読者へのメッセージ 165
   引用文献 166
第7章 転石海岸の群集と巻貝タマキビの季節移動 168
   1. 曲崎の地史 169
   2. 転石海岸の生息場所としての特徴 170
   3. 転石海岸の生物群集 172
   4. 巻貝タマキビの個体群 180
   5. 生物群集の歴史 187
   引用文献 188
第8章 曲崎のアオガイ類の多様性維持機構 190
   1. はじめに : 曲崎のアオガイ類の多様性 190
   2. アオガイ類の生物学 195
   3. アオガイ類の垂直分布と生理的耐性 195
   4. 垂直分布のダイナミクス 199
   5. サイズ組成の潮位間変異と生理的耐性の個体差 201
   6. 種間相互作用のダイナミクスとニッチ類似限界理論 204
   7. ソース・シンクメタ個体群 210
   8. おわりに : 転石海岸の生物多様性の維持機構 211
   引用文献 212
第3部 沿岸岩礁底のベントス個体群と群集 215
第9章 分類と行動そして個体群へ 藻場葉上性ワレカラ研究のたどった道・・・青木優和 216
   1. ワレカラ研究の始まり 216
   2. はじめに知りたかったことは何か? 218
   3. 研究の壁(1) : 種の同定ができない! 219
   4. 壁(1)の突破 : まずは分類学的研究から 219
   5. 研究の壁(2) : 固体群解析ができない! 223
   6. 壁(2)の突破 : 飼育実験の導入 225
   7. 研究の壁(3) : 夏に行方がわからない! 230
   8. 壁(3)の突破 : あの手この手で奮戦中 232
   9. おわりに : 研究の螺旋階段 235
   引用文献 237
第10章 造礁サンゴの個体群生態 240
   1. はじめに 240
   2. サンゴ礁の機能的役割 240
   3. 造礁サンゴの分布 242
   4. 造礁サンゴの帯状分布/垂直分布 243
   5. 造礁サンゴの群体性と単位性 246
   6. 造礁サンゴの個体群 247
   7. 生殖様式および生殖 247
   8. 卵放出型と幼生放出型 248
   9. 分散 250
   10. リーフ間の幼生分散 252
   11. 定着 253
   12. 種サンゴの新規加入 258
   13. 種サンゴの加入,定着/加入初期の成長,生存(生残) 258
   14. 加入に対するグレーザーの影響 260
   15. サンゴの成長量と成長パターン 261
   16. 深度による成長の違い 264
   17. 緯度による成長の違い 264
   18. 生殖年令 266
   19. サンゴの生存(生残) 266
   20. おわりに 267
   引用文献 268
第4部 閉鎖性内湾のベントスと有機汚染指標種の生態 275
第11章 内湾域のベントス群集と有機汚泥への適応・・・堤 裕昭 276
   1. 内湾域の海底環境と底生生物群集 276
   2. 有機汚泥の推積と底生生物群集の変遷 280
   3. 環境が不安定化した有機汚泥域に生息するイトゴカイの個体群動態 287
   4. 有機汚泥解消に対する底生生物の利用 304
   引用文献 306
第12章 シズクガイの個体群動態と生息分布・・・田中雅生 311
   はじめに 311
   1. シズクガイの個体群動態 312
   2. シズクガイの分布要因解析―八代海の場合 325
   3. 総合考察 330
   引用文献 334
第5部 沿岸域の生物相解明と,自然環境の変遷と生物相の貧困化 337
第13章 沿岸域の生物相解明と,自然環境の変遷と生物相貧困化・・・菊池泰二 338
   1. 地方の生物相の解明についての臨界実験所の貢献 338
   2. 沿岸自然環境の変遷と生物相の貧困化 350
   索引 363
第1部 干潟,砂泥質潮間帯のベントス 1
第1章 砂質干潟のベントス群集 天草の海辺から有明海へ・・・玉置昭夫 2
   1. はじめに 2
16.

図書

図書
ミシェル・フーコー著 ; 慎改康之訳
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2006.2  viii, 469, ivp ; 22cm
シリーズ名: ミシェル・フーコー講義集成 / ミシェル・フーコー著 ; 4
所蔵情報: loading…
17.

図書

図書
高谷好一著
出版情報: 京都 : 京都大学学術出版会, 2006.2  xiii, 235p ; 19cm
シリーズ名: 学術選書 ; 008
所蔵情報: loading…
18.

図書

図書
マーク・L.マックフェラン [著] ; 米澤茂, 脇條靖弘訳
出版情報: 東京 : 法政大学出版局, 2006.2  xiii, 371, 157p ; 20cm
シリーズ名: 叢書・ウニベルシタス ; 836
所蔵情報: loading…
19.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
松田修著
出版情報: 東京 : 東京図書, 2006.2  x, 285p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   微分積分 基礎理論と展開
   監修者のことば 微分積分を学ぶことは意義深い 飯高 茂
   はじめに
第1章 ε-δ論法と微分積分への準備 1
   §1.1 ε-δ論法とマスター 2
   関数値の極限の基本定理 8
   §1.3 関数の連続性について 12
   §1.4 数列に関するε-ηο論法 14
   §1.5 極限値が存在する必要十分条件 18
   §1.6 数の連続性 20
   §1.7 数列に関する3つの定理 25
   §1.8 連続関数に関する3つの定理 33
   数学史断章(1) 古代エジプトの数学 40
第2章 微分積分学の基本定理の証明 41
   §2.1 微分係数と導関数 42
   §2.2 平均値の定理と不定積分 47
   §2.3 リーマン和と定積分 50
   §2.4 微分積分学の基本定理 57
   数学史断章(2) アルキメデス 62
第3章 逆関数と微分積分 63
   §3.1 テイラーの定理 64
   §3.2 逆関数 68
   §3.3 逆関数の微分公式 71
   §3.4 三角関数 73
   §3.5 指数関数,対数関数 77
   §3.6 双曲線関数 82
   §3.7 主な関数の微分積分公式 84
   §3.8 広義積分とレムニスケート関数 88
   数学史断章(3) 古代インドの数学 91
第4章 微分積分の応用 93
   §4.1 関数のグラフの概形 94
   §4.2 不定形の極限 99
   §4.3 曲線の長さ 103
   §4.4 関数のグラフの面積と体積 109
   §4.5 図形のモーメントと重心 113
   数学史断章(4) 初期の数学記号 116
第5章 数値計算法 117
   §5.1 ニュートン法 118
   §5.2 マクローリン級数による近似 122
   §5.3 定積分の近似公式 124
   §5.4 マチンの公式によるπの数値計算 127
   §5.5 広義積分の数値計算 131
   数学史断章(5) ニュートン 136
第6章 多変数関数の微分 137
   §6.1 多変数関数と極限の定義 138
   §6.2 多変数の関数値の極限の基本定理 142
   §6.3 多変数の連続関数 143
   §6.4 5つの基本定理 145
   §6.5 超平面 147
   §6.6 偏微分 149
   §6.7 全微分 151
   §6.8 合成関数の遍微分 158
   数学史断章(6) ライプニッツ 161
第7章 多変数関数の積分 163
   §7.1 面積とは 164
   §7.2 重積分 168
   §7.3 累次積分 174
   §7.4 η次元球体の体積 179
   §7.5 重積分における変数変換 181
   §7.6 重積分における広義積分 191
   §7.7 曲面の面積 195
   数学史断章(7) ガウスとその息子ユージン 197
第8章 遍微分法の応用 199
   §8.1 高次遍導関数と多変数のテイラーの定理 200
   §8.2 多変数関数の極大と極小 204
   §8.3 2変数の陰関数の存在定理 212
   §8.4 条件付き極地問題 216
   §8.5 一般的な陰関数の存在定理 220
   §8.6 微分形式と多様体のはなし 226
   数学史断章(8) アーベル 233
第9章 級数 235
   §9.1 級数 236
   §9.2 正項級数 238
   §9.3 関数級数と一様収束 242
   §9.4 ベキ級数 248
   §9.5 ベキ級数の微分積分 253
   §9.6 パスカル三角形とベキ級数 257
   §9.7 コイン投げゲームの確率問題 262
   §9.8 複素関数のはなし 267
   数学史断章(9) グロタンディエク 272
   参考文献 273
   練習問題の解答またはヒント 274
   索引 280
   微分積分 基礎理論と展開
   監修者のことば 微分積分を学ぶことは意義深い 飯高 茂
   はじめに
20.

図書

図書
細川英雄著
出版情報: 東京 : 東京図書, 2006.2  xv, 183p ; 21cm
所蔵情報: loading…
21.

図書

図書
大澤直著
出版情報: 東京 : 日本規格協会, 2006.1  190p ; 19cm
シリーズ名: おはなし科学・技術シリーズ
所蔵情報: loading…
22.

図書

図書
edited by Paul Biran, Octav Cornea and François Lalonde
出版情報: Dordrecht : Springer, c2006  xiv, 462 p. ; 25 cm
シリーズ名: NATO science series ; ser. 2 . Mathematics, physics and chemistry ; v. 217
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
Contributors
Lectures on the Morse Complex for Infinite-Dimensional Manifolds / A. Abbondandolo ; P. Majer
A few facts from hyperbolic dynamics / 1:
Adapted norms / 1.1:
Linear stable and unstable spaces of an asymptotically hyperbolic path / 1.2:
Morse vector fields / 1.3:
Local dynamics near a hyperbolic rest point / 1.4:
Local stable and unstable manifolds / 1.5:
The Grobman - Hartman linearization theorem / 1.6:
Global stable and unstable manifolds / 1.7:
The Morse complex in the case of finite Morse indices / 2:
The Palais - Smale condition / 2.1:
The Morse - Smale condition / 2.2:
The assumptions / 2.3:
Forward compactness / 2.4:
Consequences of compactness and transversality / 2.5:
Cellular filtrations / 2.6:
The Morse complex / 2.7:
Representation of delta in terms of intersection numbers / 2.8:
How to remove the assumption (A8) / 2.9:
Morse functions on Hilbert manifolds / 2.10:
Basic results in transversality theory / 2.11:
Genericity of the Morse - Smale condition / 2.12:
Invariance of the Morse complex / 2.13:
The Morse complex in the case of infinite Morse indices / 3:
The program / 3.1:
Fredholm pairs and compact perturbations of linear subspaces / 3.2:
Finite-dimensional intersections / 3.3:
Essential subbundles / 3.4:
Orientations / 3.5:
Compactness / 3.6:
Two-dimensional intersections / 3.7:
Bibliographical note / 3.8:
Notes on Floer Homology and Loop Space Homology / M. Schwarz
Introduction
Main result
Loop space homology
Floer homology for the cotangent bundle
Ring structures and ring-homomorphisms
The pair-of-pants product
The ring homomorphisms between free loop space Floer homology and based loop space Floer homology and classical homology
Morse-homology on the loop spaces Lambda and Omega, and the isomorphism / 4:
Products in Morse-homology / 5:
Ring isomorphism between Morse homology and Floer homology.- Homotopical Dynamics in Symplectic Topology / J.-F. Barraud ; O. Cornea5.1:
Elements of Morse theory
Connecting manifolds
Operations
Applications to symplectic topology
Bounded orbits
Detection of pseudoholomorphic strips and Hofer's norm.- Morse Theory, Graphs, and String Topology / R. L. Cohen
Graphs, Morse theory, and cohomology operations
String topology
A Morse theoretic view of string topology
Cylindrical holomorphic curves in the cotangent bundle.- Topology of Robot Motion Planning / M. Farber
First examples of configuration spaces
Varieties of polygonal linkages
Short and long subsets
PoincarF polynomial of M(a)
Universality theorems for configuration spaces
A remark about configuration spaces in robotics
The motion planning problem / 6:
Tame motion planning algorithms / 7:
The Schwarz genus / 8:
The second notion of topological complexity / 9:
Homotopy invariance / 10:
Order of instability of a motion planning algorithm / 11:
Random motion planningalgorithms / 12:
Equality theorem / 13:
An upper bound for TC(X) / 14:
A cohomological lower bound for TC(X) / 15:
Examples / 16:
Simultaneous control of many systems / 17:
Another inequality relating TC(X) to the usual category / 18:
Topological complexity of bouquets / 19:
A general recipe to construct a motion planning algorithm / 20:
How difficult is to avoid collisions in $ mathbb{R}$m? / 21:
The case m = 2 / 22:
TC(F($ mathbb{R}$m; n) in the case m $ geq$ 3 odd / 23:
Shade / 24:
Illuminating the complement of the braid arrangement / 25:
A quadratic motion planning algorithm in F($ mathbb{R}$m; n) / 26:
Configuration spaces of graphs / 27:
Motion planning in projective spaces / 28:
Nonsingular maps / 29:
TC(($ mathbb{R}$Pn) and the immersion problem / 30:
Some open problems.- Application of Floer Homology of Langrangian Submanifolds to Symplectic Topology / K. Fukaya31:
Lagrangian submanifold of $ mathbb{C}$n
Perturbing Cauchy - Riemann equation
Maslov index of Lagrangian submanifold with vanishing second Betti number
Floer ho
Preface
Contributors
Lectures on the Morse Complex for Infinite-Dimensional Manifolds / A. Abbondandolo ; P. Majer
23.

図書

図書
青木均編著 ; 嶌末政憲, 川原康雄著
出版情報: 東京 : 丸善, 2006.1  xii, 358p ; 21cm
所蔵情報: loading…
24.

図書

図書
田中拓道著
出版情報: 京都 : 人文書院, 2006.1  300p ; 22cm
所蔵情報: loading…
25.

図書

図書
松下冽編 ; 井出文紀 [ほか執筆]
出版情報: 京都 : 法律文化社, 2006.2  viii, 283p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
アジアにおける「国家と企業」 : 産業政策の変容と「国家」の役割をめぐって / 井出文紀 [執筆]
改革解放時代の中国 : 「国家」と「市場」の関係 / 下野寿子 [執筆]
NAFTAとメキシコ社会の変化 / ビクトル・ロペス・ビジャファーニェ [執筆]
途上国における軍の役割 : フィリピンにおける国軍の政治関与の諸相 / 山根健至 [執筆]
民主化時代のインドネシアにおける国家暴力の変容 / 本名純 [執筆]
中東政治におけるイスラーム主義運動の位置 : 多様化・多極化する方向性 / 吉川卓郎 [執筆]
韓国における市民社会と公共圏 : デジタル・デモクラシーの射程 / 文京洙 [執筆]
途上国の子どもをめぐる危機と「子ども参加」の実践 : インドの事例をもとに / 中根智子 [執筆]
交錯するエスニシティとネイション : 中央アメリカの先住民運動を例に / 小澤卓也 [執筆]
ラテンアメリカにおける都市遺産の保護と復興 : 90年代に開花した新たな「官-民」管理モデルに向けて / イグナシオ・アリスティムニョ [執筆]
華人ネットワークと中国僑郷の事例研究 : 「福州」新移民の動向と僑郷の変容について / 小木裕文 [執筆]
国連の民主化政策及びアフリカの人権 / 龍澤邦彦 [執筆]
帝国の逆襲 : グローバルな世界の南側におけるグローバリゼーション, テロとの戦い, そして人間の安全保障 (の欠如) / ジョルジョ・シャーニー [執筆]
アジアにおける「国家と企業」 : 産業政策の変容と「国家」の役割をめぐって / 井出文紀 [執筆]
改革解放時代の中国 : 「国家」と「市場」の関係 / 下野寿子 [執筆]
NAFTAとメキシコ社会の変化 / ビクトル・ロペス・ビジャファーニェ [執筆]
26.

図書

図書
edited by I. Ciufolini ... [et al.]
出版情報: Boca Raton, FL : CRC Press, Taylor & Francis Group, 2006  xiii, 498 p. ; 25 cm
シリーズ名: Institute of Physics conference series ; no. 176
所蔵情報: loading…
27.

図書

図書
日本薬学会編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2006.2  xi, 192p ; 26cm
シリーズ名: スタンダード薬学シリーズ / 日本薬学会編 ; 7
所蔵情報: loading…
28.

図書

図書
H.シュミット著 ; シドラ房子訳
出版情報: 東京 : シュプリンガー・フェアラーク東京, 2006.1  xxi, 217p ; 20cm
所蔵情報: loading…
29.

図書

図書
マルクス・アウレリウス [著] ; 鈴木照雄訳
出版情報: 東京 : 講談社, 2006.2  258p ; 15cm
シリーズ名: 講談社学術文庫 ; [1749]
所蔵情報: loading…
30.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
堀内行蔵, 向井常雄著
出版情報: 東京 : 東洋経済新報社, 2006.2  x, 229p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   はしがき
第1章21世紀のビジョンと企業の環境経営 3
   はじめに 3
   1.121世紀のビジョン 4
   1.2先進国はゼロ成長経済 10
   1.3持続可能な社会のビジヨン 14
   1.4環境経営と持続可能な社会 21
   むすび 25
第2章産業公害問題から地球環境問題へ 29
   はじめに 29
   2.1産業公害と対応策 32
   2.2地球温暖化問題(グロマバルな問題) 45
   2.3リサイクル(循環型社会の構築) 53
   2.4土壌汚染(資産価値の維持,リスク回避) 57
   2.5環境問題とビジネスチャンス 64
第3章戦略的環境経営 69
   はじめに 69
   3.1市場経済のビジジョンと企業の社会的責任 69
   3.2環境問題と企業経営の推移 77
   3.3エコ効率性 80
   3.4競争的環境戦略 85
   3.5競争的環境戦略の類型 89
   3.6競争的環境戦略の概念図 93
   3.7エコ効率性の経済計算 99
第4章環境マネジメントシステムの戦略的活用 109
   はじめに 109
   4.1ISO14001(EMS)規格の意図 111
   4.2リスク・マネジメント 116
   4.3ライフサイクル・アセスメント(LCA) 134
   4.4環境適合設計(DfE) 138
   4.5環境ラベル 143
   4.6環境会計(EA) 153
   4.7環境報告書 165
   4.8環境情報システム(EIS) 172
第5章企業の社会的責任 177
   はじめに 177
   5.1企業と社会との関係 177
   5.2市場経済と企業経営の変化 181
   5.3企業の社会的責任(CSR)の定義とステークホルダー 185
   5.4CSRに関する先人の見解 196
   まとめ 215
   事項索引 221
   入名索引 228
   はしがき
第1章21世紀のビジョンと企業の環境経営 3
   はじめに 3
31.

図書

図書
ノーム・チョムスキー著 ; 寺島隆吉, 寺島美紀子訳
出版情報: 東京 : 明石書店, 2006.2  395p ; 20cm
所蔵情報: loading…
32.

図書

図書
中野翠著
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2006.2  230p ; 18cm
シリーズ名: 文春新書 ; 490
所蔵情報: loading…
33.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Janine M. Benyus著 ; 吉野美耶子訳
出版情報: 東京 : オーム社, 2006.2  397p, 図版 [4] p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   日本語版に寄せて 3
第1章自然界のこだまを返す 11
   こだまを返す発明 13
   バイオミミックスたちとの出会い 15
   静けさの前のあらし17生体内の天才 18
   警告の物語 21
   エルダの帰還-ふるさと地球への回帰 23
第2章いかに食べていくか 25
   いかにしてわれわれは工業化農業の深淵に陥ってしまったのか 29
   大草原物語39多年生の楽観主義者たち 47
   混作栽培ショック 51
   世界各地で実っている証拠 58
   革新の門出-いかにして踏み車を降りるか 70
   工ディーに乗り入れて 83
第3章いかにエネルギーを活用するか 87
   太陽につながるへその緒91電子ピンボール 95
   太陽の錬金術 100
   膜をかけるーパワーパックをもつ触媒面 116
   水素の夢 119
   光速コンピュータ120脚
   光酵素 123
第4章いかにものづくりをするか 133
   加熱、加圧、化学処理 135
   まずは固いものから 136
   ソフトタッチな材料科学-八イテク有機体 161
第5章いかに自分で病を治すか 197
   化学物質戦争-トケイソウ方式 199
   かしこい食事-野生のグルメ 203
   残された時間はあまりない 231
   干し草の山から一本の針を探し出すごとく 235
   生態学的な探偵物語-生物学的に合理性のある医薬の発見 239
   うぬぼれをぐっと飲みこんで 243
第6章学んだことを、いかに蓄積するか 247
   まさか!?コンピュータがない? 250
   移植はしないで-コンピュータは巨大な頭脳ではない 252
   ジグソー・コンピューティング 268
   炭素由来のシリコン・コンピューティング 281
   意識の足場 289
   巡回セールスマン、DNAに相談せよ 303
   生物学の豊かさを取りもどす-真の追求 308
第7章いかにビジネスをやりとげるか 313
   フルートループスと人類の未来 315
   愚行を限界まで続けるのか 316
   産業のグリーン化 319
   適者生存-自然の経済に学ぶ 326
   プタクサよりもレッドウッドをめざす 331
   目標にたどりつくには-ニッチ移動のための対策ツール 364
   ビジネスはジャングルだ-産業生態学の有望なる前途 371
第8章われわれはどこに向かうのか 373
   バイオミミクリー的未来をめざす四段階 377
   こだまを返すためにつくられた生物種 387
   参考文献 391
   索引 397
   日本語版に寄せて 3
第1章自然界のこだまを返す 11
   こだまを返す発明 13
34.

図書

図書
マイケル・トマセロ著 ; 大堀壽夫 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 勁草書房, 2006.2  vi, 306, xxxviiip ; 20cm
シリーズ名: シリーズ認知と文化 ; 4
所蔵情報: loading…
35.

図書

図書
ジェイムス K.ミッチェル編
出版情報: 東京 : 古今書院, 2006.1  ix, 386p ; 23cm
所蔵情報: loading…
36.

図書

図書
吉川幸次郎著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2006.2  332p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 青(33)-152-3
所蔵情報: loading…
37.

図書

図書
横田好太郎著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2006.2  189p ; 18cm
シリーズ名: 新潮新書 ; 153
所蔵情報: loading…
38.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
新井仁之著
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2006.2  x, 197p ; 21cm
シリーズ名: はじめよう数学 / 上野健爾, 浪川幸彦, 高橋陽一郎編集 ; 8
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   ●目次
   はじめに
   記号
   第1部 1変数の世界 1
第1章 接線の問題と微分の誕生 3
   §1 接線の問題 3
   §2 極限の考え方 7
   §3 極限の厳密な定義-ε-δ論法(エプシロン・デルタ論法) 8
   §4 接線の定義 17
   §5 微分の定義 18
第2章 微分と物理一変化をとらえる微分 21
   §1 微分と変化率 21
   §2 微分と速度,加速度 25
第3章 積分一微分積分の基本定理に向けて 26
   §1 はじめに 26
   §2 微分に関するある問題 27
   §3 面積とは何か? 32
   §4 連続関数 36
第4章 微分積分の基本定理 42
   §1 微分積分の基本定理の定式化 42
   §2 微分積分の基本定理 44
   §3 新たな疑問 48
   §4 もう一つの微分積分の基本定理 51
第5章 微分と積分に関する便利な計算公式 53
   第II部 多変数の微分と積分 59
第6章 2変数関数の微分 61
   §1 2変数関数の偏微分 62
   §2 偏微分と開集合 63
   §3 偏導関数と高階の偏微分 67
   §4 偏微分可能性と連続性 69
   §5 偏微分の順序交換について 71
   §6 Ck級関数の導入 75
   §7 合成関数の微分 76
第7章 3変数関数の偏微分 79
第8章 微分積分の基本定理の多変数化(その1) 85
   §1 問題の設定 85
   §2 解けるための条件 86
   §3 解を探す 88
   §4 直方体上の微分積分の基本定理 92
第9章 微分積分の基本定理の多変数化(その2) 96
   §1 直方体以外の領域での微分積分の基本定理 96
   §2 より一般的な領域への拡張I 98
   §3 より一般的な領域への拡張II 104
   §4 より一般的な領域への拡張III 108
第10章 空間曲線の微分幾何一力学への応用のための準備 117
   §1 はじめに 117
   §2 空間ベクトルについて 118
   §3 空問曲線の接ベクトル 122
   §4 空聞曲線の主法線ベクトル 126
   §5 空間曲線の従法線ベクトルト 130
   §6 フレネ・セレーの定理 136
第11章 力学と微分積分の基本定理 139
   §1 速度と加速度 139
   §2 線積分と仕事 142
   §3 保存力と力学的エネルギー保存の法則 145
   §4 ベクトル場のポテンシャル 147
第12章 多変数関数の積分 150
   §1 2変数関数の積分の定義 150
   §2 長方形以外の集合上の積分 152
   §3 逐次積分 158
   §4 曲面上の積分 163
   付録A 連続と一様連続一微分積分学の基礎 166
   §1 微分積分学の基礎をなす七つの基本定理 166
   §2 平均値の定理とテイラーの定理 174
   §3 定理3.2,3.3の証明 176
   §4 微分記号と積分記号の交換 180
   付録B 座標交換について 183
   付録C 補題9.3の証明 187
   付録D 本書を読まれた後に 192
   参考文献 194
   索引 196
   ●目次
   はじめに
   記号
39.

図書

図書
服部幸應, 市田ひろみ, 山本成一郎監修
出版情報: 京都 : 淡交社, 2006.2  167p ; 21cm
所蔵情報: loading…
40.

図書

図書
西本武彦, 林静夫編
出版情報: 東京 : 早稲田大学出版部, 2006.1  iv, 223p ; 21cm
所蔵情報: loading…
41.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
越智, 光一 ; 沼田, 俊一 ; 岸, 肇 ; 福井, 太郎
出版情報: 東京 : シーエムシー出版, 2006.1-2011.1  2冊 ; 27cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
【第Ⅰ編 電子部品用エポキシ樹脂と副資材】
第1章 エポキシ樹脂
   1. ノボラック型エポキシ樹脂(押見克彦) 3
    1.1 はじめに 3
    1.2 ナフタレン含有ノボラック型エポキシ樹脂3
    1.3 ビスフェノールAノボラック型エポキシ樹脂 4
    1.4 トリスフェノールメタン型エポキシ樹脂 5
    1.5 テトラキスフェノールエタン型エポキシ樹脂 5
    1.6 ジシクロペンタジエン型エポキシ樹脂 5
    1.7 フェノール・ビフェニル型エポキシ樹脂 6
    1.8 結晶性エポキシ樹脂とノボラック型エポキシ樹脂の混合物 6
   2. ビフェニル型エポキシ樹脂(村田保幸) 8
    2.1 ビフェニル型エポキシ樹脂の構造と特徴 8
    2.2 ビフェニル型エポキシ樹脂の種類 9
    2.3 ビフェニル型エポキシ樹脂の封止材用としての特性 9
     2.3.1 溶融粘度 9
     2.3.2 成形性 10
     2.3.3 吸湿性 11
     2.3.4 低応力性 11
     2.3.5 接着性 11
     2.3.6 耐熱性 11
    2.4 ビフェニル型エポキシ樹脂の展開 11
     2.4.1 新しい半導体技術への対応 11
     2.4.2 新規なビフェニル型エポキシ 樹脂の開発12
    2.5 まとめ 12
   3. 多環芳香族 型エポキシ樹脂(梶正史)14
    3.1 はじめに 14
    3.2 ナフタレン構造を有するエポキシ樹脂 14
    3.3 アントラセン構造を有するエポキシ樹脂 16
    3.4 ピレン構造を有するエポキシ樹脂 17
    3.5 おわりに 17
   4. 水添脂環式エポキシ樹脂(大沼吉信) 19
    4.1 はじめに 19
    4.2 水添脂環式エポキシ樹脂の合成方法 19
    4.3 硬化物物性 20
    4.4 光および熱劣化性 20
    4.5 水添脂環式エポキシ樹脂のTg向上方法 22
    4.6 おわりに 23
   5. メソゲン骨格エポキシ樹脂(原田美由紀) 24
    5.1 はじめに 24
    5.2 メソゲン骨格エポキシ樹脂の特徴 24
    5.3 液晶性エポキシ樹脂のミクロ配列制御 25
    5.4 外場による液晶性エポキシ樹脂ネットワークの配列制御 27
    5.5 液晶性エポキシ樹脂の配列によって得られる新規な機能 30
    5.6 おわりに 30
第2章 硬化剤
   1. フェノール系硬化剤(梶正史) 33
    1.1 はじめに 33
    1.2 ナフタレン構造を有する硬化剤 33
     1.2.1 ナフタレン系ノボラック型硬化剤 33
     1.2.2 アラルキル構造を有するナフタレン系硬化剤 34
     1.2.3 その他の多環芳香族構造を有するエポキシ硬化剤 36
    1.3 おわりに 37
   2. 酸無水物類(小林明洋) 39
    2.1 はじめに 39
    2.2 酸無水物系硬化剤の種類 39
    2.3 酸無水物系硬化剤の使用にあたって 40
     2.3.1 配合に関して 40
     2.3.2 吸湿,揮散に関して 42
     2.3.3 安全性に関して 42
    2.4 酸無水物系硬化剤の開発動向 43
    2.5 おわりに 44
   3. 塩基性硬化剤(鎌形一夫) 45
    3.1 はじめに 45
    3.2 イミダゾール化合物 45
     3.2.1 触媒型硬化剤としてイミダゾール化合物 46
     3.2.2 イミダゾール化合物とイソシアヌル酸との分子間化合物 48
    3.3 その他の塩基性硬化剤 50
    3.4 触媒型硬化剤によるエポキシ樹脂の硬化反応 50
     3.4.1 イミダゾールの硬化反応および硬化物の特徴 51
     3.4.2 ビニル基を持つトリアジン化合物を含む硬化物 52
第3章 添加剤
   1. フィラー(永田員也) 54
    1.1 フィラーの種類 54
    1.2 フィラーの表面 57
    1.3 フィラーの表面処理 57
     1.3.1 シランカップリング剤 57
     1.3.2 チタネートカップリング剤 59
     1.3.3 脂肪酸,界面活性剤などのイオン結合性有機化合物 60
    1.4 電子材料に主に用いられるフィラー 61
     1.4.1 シリカ 61
     1.4.2 導電性フィラー 62
     1.4.3 その他 65
   2. エラストマー(中村吉伸) 67
    2.1 はじめに 67
    2.2 エラストマーの種類 67
    2.3 エラストマー変性の効果 68
     2.3.1 強靭化 68
     2.3.2 低内部応力化 70
     2.3.3 流動性の改良 71
     2.3.4 低線膨張率化 71
   3. 難燃剤(西沢仁) 73
    3.1 はじめに 73
    3.2 難燃剤の種類と需要動向 73
    3.3 難燃剤の難燃化機構,各種難燃剤の最近の動向 73
     3.3.1 難燃剤の難燃化機構 73
     3.3.2 各種難燃剤の最新動向 76
   4. カップリング剤と離型剤(中村吉伸) 82
    4.1 はじめに 82
    4.2 シランカップリング剤の種類 82
    4.3 処理方法 82
    4.4 反応機構 83
    4.5 シランカップリング剤処理の効果 84
    4.6 離型剤 86
【第Ⅱ編 エポキシ樹脂配合物の機能化】
第4章 力学的機能
   1. 高強靱化(越智光一) 91
    1.1 はじめに 91
    1.2 エポキシ樹脂のエラストマーによる強靱化 91
    1.3 エポキシ樹脂のエンジニアリングプラスチックスによる強靱化 93
    1.4 エポキシ樹脂の網目鎖配列の制御による強靱化 95
   2. 低応力化(越智光一) 99
    2.1 はじめに 99
    2.2 内部応力の発生機構 99
    2.3 内部応力の低下法 101
     2.3.1 無機質の充填 101
     2.3.2 エラストマーによる変性 102
    2.4 おわりに 104
第5章 熱的機能
   1. 高耐熱化(松田聡,岸肇,村上惇) 105
    1.1 はじめに 105
    1.2 耐熱性骨格を有するエポキシ樹脂 105
    1.3 エポキシ樹脂・シリカハイブリッドによるTgレス化 107
    1.4 アイオノマーを用いたエポキシ樹脂のTgレス化 108
     1.4.1 アイオノマーを添加したエポキシ樹脂のTgレス現象 109
     1.4.2 Tgレス挙動発現機構の解明 110
     1.4.3 アイオノマーを用いたエポキシ樹脂のTgレス化のまとめ 112
    1.5 おわりに 112
   2. 高熱伝導化(竹澤由高) 114
    2.1 はじめに 114
    2.2 高熱伝導性付与の考え方 114
    2.3 モノメソゲン(ビフェニル基)型樹脂の諸特性 116
    2.4 ツインメソゲン型樹脂の諸特性 119
    2.5 おわりに 120
【第Ⅲ編 電子部品用途におけるエポキシ樹脂の環境対応】
第6章 リサイクル
   1. 易分解性電気絶縁材料(三村研史) 125
    1.1 はじめに  125
    1.2 分子鎖解裂による硬化物の分解 125
    1.3 ポリマーアロイ化技術の適用による硬化物の分解 126
     1.3.1 モルホロジーの制御 126
     1.3.2 分解性の検証 127
     1.3.3 モルホロジーが硬化物特性に及ぼす影響 129
     1.3.4 相構造傾斜材料 130
    1.4 おわりに 131
   2. 解体性接着技術(佐藤千明) 133
    2.1 はじめに 133
    2.2 解体性接着剤の種類 134
    2.3 発泡剤の種類と特徴・特性 136
     2.3.1 熱膨張性マイクロカプセルとその構造 136
     2.3.2 熱膨張性マイクロカプセルの膨張力 136
    2.4 高強度解体性接着 138
     2.4.1 熱膨張性マイクロカプセル混入エポキシ樹脂の膨張特性 138
     2.4.2 解体性 139
     2.4.3 接着強度 141
     2.4.4 解体のメカニズム 141
    2.5 おわりに 142
   3. エポキシ樹脂のケミカルリサイクル(久保内昌敏) 143
    3.1 はじめに 143
    3.2 エポキシ樹脂におけるケミカルリサイクルの現状 143
    3.3 ケミカルリサイクルのための分解 144
    3.4 ケミカルリサイクル研究の現状 145
     3.4.1 超臨界・亜臨界流体の利用 145
     3.4.2 加溶媒分解 146
     3.4.3 水素供与性溶媒を用いた分解(テトラリン) 146
     3.4.4 有機アルカリによる方法 147
     3.4.5 有機溶媒とアルカリを組み合わせる方法 148
     3.4.6 アミン硬化エポキシ樹脂を硝酸で分解する方法 148
    3.5 おわりに 149
   4. 積層板の高性能炭素材料へのリサイクル(北川和男,島村哲朗,佐藤昌利) 151
    4.1 はじめに 151
    4.2 炭素前駆体を用いた成形及び焼結 153
     4.2.1 鋳込み成形 153
     4.2.2 押し出し成形 154
     4.2.3 炭素焼結体 154
    4.3 炭素前駆体から得られた高性能活性炭とそれらの成形及び焼結 155
    4.4 熱分解液のノボラックエポキシ化とその利用 156
     4.4.1 熱分解液のノボラックエポキシ化 156
     4.4.2 リサイクルエポキシ樹脂を用いた排水性舗装トップコート工法の試験施工 157
    4.5 臭素系難燃剤含有使用済みフェノール樹脂の加熱分解における臭素化合物の挙動 159
    4.6 おわりに 160
第7章 健康障害と環境管理
   1. 電子部品用エポキシ樹脂の安全性(中西義則) 162
    1.1 はじめに 162
    1.2 エポキシ樹脂に関する法規制 162
     1.2.1 消防法・危険物規則 162
     1.2.2 化審法・第二種監視化学物質 164
     1.2.3 労働安全衛生法・変異原性化学物質 164
     1.2.4 労働災害認定化学物質 167
     1.2.5 化学物質管理促進法(PRTR) 168
    1.3 エポキシ樹脂の人健康影響 169
     1.3.1 急性毒性 169
     1.3.2 皮膚等への刺激性及び感作性 171
     1.3.3 変異原性及び慢性毒性(発がん性) 172
    1.4 エポキシ樹脂の環境影響 173
   2. エポキシ樹脂と硬化剤による健康障害と対策(原一郎) 175
    2.1 はじめに 175
    2.2 エポキシ樹脂とアミン系硬化剤による健康障害 175
    2.3 酸無水物による健康障害 175
    2.4 対策 177
     2.4.1 エポキシ樹脂とアミン系硬化剤について 177
     2.4.2 酸無水物について 177
【第Ⅳ編 電子部品用エポキシ樹脂の用途と要求物性】
第8章 機能性封止材
   1. パワーデバイス用封止材(内田健) 183
    1.1 樹脂の高熱伝導化と熱抵抗 183
    1.2 高熱伝導性封止樹脂の設計 184
    1.3 高熱伝導性フィラー 184
    1.4 フィラーの高充填化 185
    1.5 高熱伝導性封止樹脂における技術的課題 188
    1.6 製品への適用 188
   2. 半導体片面モールド封止材(永井晃) 190
    2.1 はじめに 190
    2.2 熱応力発生要因と封止材の物性 191
    2.3 反応収縮の低減 193
    2.4 熱収縮の低減 195
    2.5 見かけの熱膨張係数と反りとの関係 196
    2.6 おわりに 196
   3. 環境対応型封止材(位地正年) 198
    3.1 背景 198
    3.2 自己消火性エポキシ樹脂組成物の開発 199
    3.3 環境対応型の半導体封止材としての実用性 202
    3.4 まとめと今後 204
   4. 白色LED用樹脂とLEDパッケージの最新技術(宮脇芳照,大山紀隆,奥野敦史) 206
    4.1 はじめに 206
    4.2 白色用封止樹脂の開発 207
     4.2.1 輝度劣化試験 208
     4.2.2 透明性の改善 210
    4.3 封止方法 211
    4.4 封止バラツキ試験 214
    4.5 結論 214
   5. 液状封止材(尾形正次) 218
    5.1 はじめに 218
    5.2 液状封止材の用途 218
    5.3 液状封止材に対する要求特性 219
    5.4 液状封止材の種類 219
    5.5 エポキシ樹脂系液状封止材の概要 220
     5.5.1 基本組成 220
     5.5.2 製造方法 220
     5.5.3 封止方法 221
     5.5.4 液状封止材の特性制御 221
    5.6 新規パッケージ用エポキシ樹脂系液状封止材の開発動向 226
     5.6.1 TAB型パッケージ用液状封止材 226
     5.6.2 ワイヤボンディング型パッケージ用液状封止材 227
     5.6.3 フリップチップ実装型パッケージ用アンダーフィル材 228
     5.6.4 WL-CSP用液状封止材 230
第9章 実装材料
   1. 新規ダイシング・ダイボンディングテープ(江部和義,山崎修) 233
    1.1 緒言 233
    1.2 新規製造プロセス 234
    1.3 粘接着剤の硬化挙動 235
    1.4 半導体パッケージ製造工程への適用 236
     1.4.1 紫外線硬化 236
     1.4.2 熱硬化 238
    1.5 まとめ 240 241
   2. 印刷ダイボンドペースト(田中一安) 241
    2.1 はじめに 244
    2.2 実用例 244
     2.2.1 エイブルフレックス 6202C 244
     2.2.2 エイブルフレックス 6202Cの特徴 244
     2.2.3 エイブルフレックス 8006NS 246
     2.2.4 エイブルフレックス 8006NSの特徴 247
   3. 異方導電フィルム(中澤孝) 250
    3.1 異方導電フィルムの概要 250
    3.2 FPDにおける実装方式の分類 251
    3.3 COF用ACFに要求される特性 252
    3.4 COFアウターリード用ACF「AC-4000シリーズ」の開発 252
    3.5 大型パネルへのCOG用ACFの適用 255
    3.6 大型パネルCOG用ACFの開発 257
    3.7 おわりに 258
   4. 導電ペースト(ハンダ代替導電性接着剤)(白井恭夫) 260
    4.1 導電ペースト(ハンダ代替導電性接着剤)をとりまく環境 260
    4.2 ハンダ代替導電性接着剤の現状 260
    4.3 今後のハンダ代替導電性接着剤の課題 264
     4.3.1 接着剤の耐久性と寿命に関する研究 264
     4.3.2 リサイクル化に伴うリペア性 264
第10章 PWB基板材料
   1. 高速通信用PWB基板材料(藤原弘明) 265
    1.1 はじめに 265
    1.2 高速通信用PWB基板材の要求特性 266
     1.2.1 銅張積層板の材料構成 266
     1.2.2 高速通信材料への要求物性 266
     1.2.3 絶縁樹脂 268
     1.2.4 ガラス基材 268
     1.2.5 銅箔 269
    1.3 低誘電エポキシ樹脂銅張積層板 269
    1.4 おわりに 271
   2. 環境対応型PWB基板材料(小笠原健二) 273
    2.1 はじめに 273
    2.2 PWB基板材料に求められる特性  273
    2.3 PWB基板材料に適用可能な難燃剤・難燃技術 274
    2.4 環状フェノキシホスファゼン 277
    2.5 難燃性の評価方法に関して 279
    2.6 おわりに 280
   3. 極薄高密度PWB基板材料(高野希) 281
    3.1 はじめに 281
    3.2 高耐熱高弾性率基板材料 281
     3.2.1 開発コンセプト 281
     3.2.2 フィラを高充填化した高耐熱高弾性率基板材料(E-679FG(S))の特長 284
    3.3 折り曲げ可能な基板材料 285
     3.3.1 開発コンセプト 286
     3.3.2 折り曲げ可能な基板材料(Cuteシリーズ)の特長 286
    3.4 おわりに 289
【第Ⅰ編 電子部品用エポキシ樹脂と副資材】
第1章 エポキシ樹脂
   1. ノボラック型エポキシ樹脂(押見克彦) 3
42.

図書

図書
中村俊介著
出版情報: [東京] : 翔泳社, 2006.1  334p ; 19cm
所蔵情報: loading…
43.

図書

図書
大江守之, 岡部光明, 梅垣理郎編
出版情報: 東京 : 慶應義塾大学出版会, 2006.2  vii, 268p ; 22cm
所蔵情報: loading…
44.

図書

図書
麻生雅久著
出版情報: [東京] : PHP研究所, 2006.1  223p ; 19cm
所蔵情報: loading…
45.

図書

図書
福田和也著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2006.2  228p ; 20cm
所蔵情報: loading…
46.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
鈴木博之 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2006.2  iv, 390, iip ; 22cm
シリーズ名: シリーズ都市・建築・歴史 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   記念的建造物の成立
   鈴木博之・石山修武・伊藤毅・山岸常人編
   序 古代社会と建築・都市 山岸常人 1
1 日本の古代宮都―内裏の構造変遷と日本の古代権力 橋本義則 15
   第一節 平城宮の内裏とその歴史的変遷 17
   第二節 奈良時代の諸宮都と長岡・平安両宮の内裏 35
   第三節 内裏の変遷から見た古代権力の盛衰 54
2 寺院造営と生産 上原真人 85
   第一節 古代寺院の造営と経営―寺院造営の基礎となる生産活動 86
   第二節 飛鳥寺と豊浦寺の創建―瓦博士とその後継者たち 105
   第三節 寺院に直属した工房―寺院工房の類型と消長 125
3 中国の都城とアジア世界 妹尾達彦 151
   第一節 中国の都城とアフロ・ユーラシア大陸の歴史 153
   第二節 長安・洛陽から見たアジア世界 175
4 ギリシア・ローマの都市と建築 伊藤重剛 223
   第一節 地中海古代都市 223
   第二節 ギリシアの記念建造物 243
   第三節 ギリシア・ローマの空間概念 262
   第四節 エピローグ 283
5 建築技術の多様性―先史・古代における木の建築をつくる技術の歴史 渡邉 晶 291
   第一節 木の建築をつくる技術 292
   第二節 日本先史・古代における建築技術 298
   第三節 建築専門工人と技術の多重性 329
   第四節 ユーラシア大陸の東西における建築技術 335
   第五節 むすび 348
6 横穴式石室築造の思想―古墳時代の霊魂観をめぐって 広瀬和雄 365
   第一節 巨石墳―石舞台古墳―の表すもの 366
   第二節 畿内における横穴式石室の変遷 370
   第三節 横穴式石室と霊肉分離の観念 373
   第四節 装飾古墳から見た他界観 378
   第五節 古墳時代後期の他界観 386
   執筆者・編者略歴 ⅰ
   記念的建造物の成立
   鈴木博之・石山修武・伊藤毅・山岸常人編
   序 古代社会と建築・都市 山岸常人 1
47.

図書

図書
半澤孝麿著
出版情報: 東京 : 創文社, 2006.2  x, 389, 10p ; 19cm
シリーズ名: 長崎純心レクチャーズ ; 第8回
所蔵情報: loading…
48.

図書

図書
化学工業日報社
出版情報: 東京 : 化学工業日報社, 2006.1  1冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
49.

図書

図書
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2006.1  191p ; 21cm
シリーズ名: KAWADE道の手帖
所蔵情報: loading…
50.

図書

図書
山崎怜, 多田憲一郎編
出版情報: 京都 : 昭和堂, 2006.2  x, 244p ; 22cm
所蔵情報: loading…
51.

図書

図書
松島悠佐著
出版情報: 東京 : ゴマブックス, 2006.1  133p ; 21cm
所蔵情報: loading…
52.

図書

図書
谷光太郎著
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2006.1  viii, 183p ; 21cm
シリーズ名: B&Tブックス
所蔵情報: loading…
53.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
レン・フィッシャー著 ; 林一訳
出版情報: 東京 : 新潮社, 2006.1  255p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   はじめに 7
第1章魂の重さを量る 11
   死にゆく病人を計量したマクドウーガル医師と熱の重さを測定しようと試みたランフォード伯爵
第2章物体を動かす 33
   アリストテレスをあざ笑った反逆児ガリレオの若き日の過ち
第3章 ツー・フィンガーをニュートンに 53
   執念ぶかいニュートン崇拝者に袋叩きにされた生真面目ヤングの「光の波動論」
第4章 コルセットを通る稲妻 75
   アメリカ建国の父フランクリンと英国王室画家ウィルソン 二人のベンジャミンの避雷針論争の21世紀的結末
第5章 愚か者の金? 95
   近代化学を創始した懐疑の人ボイルと、ニュートン、スターキーら錬金術仲間たち
第6章 フランケンシュタインのいのち 115
   生物電気の発見者ガルヴァーニvs電気の天才ヴォルタ科学界を二分した大論争がもたらした「電池の発明」
第7章生命とは何か? 135
   生命は物質なのか、それとも超越的ななにものなのか? 機械論者ルーと生気論者ドリーシュの論争
第8章結論「必要な謎」 161
   付録「必要な謎」の小カタログ 165
   ノート 181
章扉図版解説/図版出典 254
   はじめに 7
第1章魂の重さを量る 11
   死にゆく病人を計量したマクドウーガル医師と熱の重さを測定しようと試みたランフォード伯爵
54.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
上野嘉久著
出版情報: 京都 : 学芸出版社, 2006.1  262p ; 27cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
100基礎と地盤 15
   110基礎の分類と索引 15
   120主要用語 18
   130構造関係法令の基礎知識 19
   140基礎に関する「法」「令」「告示」 22
   141「令」38条 22
   142平12建告1347 23
   143「令」93条 25
   144平13国交告1113 26
   145「法」90条、「令」136条の3 26
200地盤調査 30
   210地盤調査の種類と方法 30
   220土質試験について 32
   221物理試験 33
   222力学試験 34
   223化学試験 35
   230[構造設計の定石]地盤調査の仕様 36
   240土と地盤 41
   241地盤の分類 41
   242日本統一土質分類法 41
   250地盤の実務的分類 43
   251実務で用いられる土質名、土質記号とN値 43
   252許容地耐力を求めるための分類 43
   253土、地盤の種類の現場的識別方法 43
   254地震力に係わる地盤種別 43
   255地層と地質時代 48
300基礎構造の選定 49
   310直接基礎と地業の選定 49
   311[構造設計の定石]直接基礎か杭基礎かの選定表 49
   312地業の選定 49
   320杭基礎の選定 52
   321杭基礎の選定表 52
   322既製杭について 52
   323既製コソクリート杭の施工法 54
   324埋込み杭工法の選定 54
   325場所打ちコンクリート杭工法の選定 54
   330[構造設計の定石]支持杭に頼りすぎていないか 59
400地盤の許容応力度 61
   410ボーリング調査結果等による地盤の許容応力度qaの算定 62
   411qa算定式(平13国交告1113第2(1)項) 62
   412qa算定式の解説 63
   413[構造設計の定石]qa算定の実務式 63
   414[構造設計の定石]qa算定式の係数の求め方 64
   415[構造設計の定石]N値と許容地財力 68
   416[設計例1] qaの算定(砂質地盤の場合) 70
   420平板載荷試験結果による地盤の許容応力度qaの算定 71
   421qa算定式(平13国交告H13第2(2)項) 71
   422qa算定式の解説 71
   423[設計例2]平板載荷試験によるqaの算定 73
   430スウェーデン式サウンディングによる地盤の許容応力度qaの算定 75
   431qa算定式(平13国交告1113第2(3)項) 75
   432「設計例3]スウェーデン式サウンディングと許容地耐力 76
500地盤改良の設計 77
   510地盤の改良体の許容応力度 78
   520深層混合処理工法 78
   521改良地盤の鉛直支持力の検討 79
   522[設計例4]深層混合処理工法の設計 84
   530浅層混合処理工法 86
   531改良地盤の鉛直支持力の検討 86
   532[設計例5]浅層混合処理工法の設計 88
600沈下量の検討 90
   610沈下量の限界値 90
   620地中応力の計算 92
   621集中荷重による地中応力 92
   622分布荷重による地中応力(長方形分割法) 92
   630即時沈下量SEの算定(砂質地盤) 94
   631SEの算定式 94
   632[設計例6]SEの算定 95
   640圧密沈下量Sの算定(粘土質地盤) 97
   641Sの算定式 97
   642[設計例7]Sの算定 98
700杭の許容支持力 99
   710地盤に対する許容支持力Raの求め方 99
   711支持杭のRa算定式 100
   712摩擦杭のRa算定式 101
   713杭、地盤アンカーの引抜き方向の許容支持力 102
   714支持杭における負の摩擦力の検討 103
   715[構造設計の定石]各種の杭のRa算定式一覧表 105
   716[構造設計の定石]Nの求め方および支持層への根入れ深さ 106
   717[構造設計の定石]RF算定で杭周面摩擦力を無視しなければならない地盤 107
   718[構造設計の定石]N値と1軸圧縮強度quの関係 108
   719[構造設計の定石]意外と大きい抗周面摩擦力RF 108
   720杭体の許容耐力Paの求め方 111
   721Paの算定式 111
   722杭体等に用いる材料の許容応力度 111
   723杭体の継手、長さ径比による低減率 115
   724杭体の許容応力度および低減率一覧表 116
   725各種の杭のPa 117
   730打込み杭の設計 119
   731支持力算定式によるRaの算定 119
   732打込み杭の先端閉そく効果率(昭53通達806) 120
   733[設計例8]打込み杭のRaの算定 120
   740埋込み杭の設計 121
   741支持力算定式によるRaの算定 122
   742[設計例9]埋込み杭のRaの算定 122
   743[構造設計の定石]高止まりの対策 123
   750場所打ちコンクリート杭の設計 124
   751支持力算定式によるRaの算定 124
   752[設計例10]場所打ちコソクリート杭のRaの算定 125
   753[構造設計の定石]配筋設計のポイント 126
   760異形摩擦杭の設計 127
   761異形摩擦杭の工法 129
   762異形摩擦杭のRa算定式 129
   763[設計例11]異形摩擦杭のRaの算定 130
800地震力に対する基礎設計 132
   810地震時設計用外力 132
   811基礎構造に作用する地震時設計用外力 132
   812杭基礎における基礎スラブ根入れ効果による水平力の低減 136
   813[構造設計の定石]地震力により生じる鉛直力の増減 137
   820直接基礎の設計 139
   821地盤災害について 139
   822[構造設計の定石]転倒の力学 139
   823めり込みの検討方法 141
   824[計算例]短期最大地盤応力度σeの計算 143
   825滑動の検討 144
   830杭基礎の設計 144
   831地震力により生じる鉛直力に対する検討 144
   832水平力に対する検討 146
   833水平方向地盤反力係数Khの求め方 148
   834βの一覧表 149
   835基礎スラブと杭の接合(半固定、剛接合)について 150
   836[構造設計の定石]杭径が異なる場合の水平力負担率 153
   837[構造設計の定石]基礎に作用する軸方向力と地震力用基礎重量 156
   840 杭体の断面設計 156
   841PHC杭の断面設計 156
   842場所打ちコンクリート杭の断面設計 162
   850地震力に対する杭基礎設計例 165
   851[設計例12]PHC杭の断面設計例 165
   852[設計例13]場所打ちコンクリート杭の断面設計例 171
900基礎スラブの設計 176
   910独立フーチング基礎の分類 176
   920独立基礎の設計 177
   921直接独立基礎の設計 177
   922独立基礎の断面、配筋のポイント 181
   923偏心独立基礎 183
   924[設計例14]直接独立基礎の設計 191
   925[設計例15]偏心独立基礎の設計 194
   926[構造設計の定石]基礎スラブ設計と基礎自重 198
   930杭基礎の設計 199
   931設計上の留意点 199
   932杭の間隔およびへりあき 201
   933杭独立基礎の設計 201
   934偏心杭独立基礎の設計 203
   935「設計例16]杭独立基礎の設計 205
   936「設計例17]偏心杭独立基礎の設計 206
   937場所打ちコソクリート杭の基礎スラブ設計 207
   940基礎スラブ設計のための定石 209
   941[構造設計の定石]基礎各部の荷重・反力の取り方 209
   942[構造設計の定石]基礎自体が偏心した独立偏心(杭)基礎の設計ポイント 214
   943[構造設計の定石]鉄骨造基礎に作用するMの取扱い 217
1000基礎梁付偏心杭基礎 220
   1010[構造設計の定石]直接基礎の基礎梁付偏心基礎の設計ポイント 220
   1020基礎梁付偏心杭基礎の設計 222
   1021基礎梁付偏心杭基礎の設計ポイント 222
   1022[構造設計の定石]杭反力とせん断力 225
   1023両側偏心杭基礎の計算プロセス 227
   1030基礎梁付偏心杭基礎の設計例 228
   1031[設計例18]基礎梁付偏心杭基礎の設計(場所打ちコンクリート杭) 228
   1032[設計例19]基礎梁付偏心杭基礎の設計(PHC杭) 234
   1040[構造設計の定石]Me算定時に基礎梁自重を加算しない理由 241
1100栗コン・埋込み基礎 242
   1110栗石コンクリート地業(栗コン) 242
   1111[構造設計の定石]栗コンの設計法(長期) 242
   1112[設計例20]粟コンの設計例(長期) 243
   1120埋込み基礎、鉄柱等の受働土圧を考慮した基礎設計 245
   1121[構造設計の定石]埋込み基礎設計法 245
   1122[設計例21]広告塔埋込み基礎設計 247
   1123[構造設計の定石]設計上の注意点 249
   付録 257
実務図表リスト
   実務図表1・1基礎構造の大分類と索引 15
   実務図表1・2実務から見た基礎の分類と索引 16
   実務図表1・3杭工法の分類と索引 17
   実務図表1・4基礎スラブ工法の分類と索引 17
   実務図表1・5地盤設計の分類と索引 16
   実務図表1・6建築基準法令読み方便覧(慣用語句等の一覧) 20
   実務図表1・7法令の構成 27
   実務図表1・8土圧Pの算定式(H≦3mの場合) 27
   実務図表1・9切築、矢板に用いるときの木材の許容応力度 28
   実務図表1・10腹起しに用いるときの木材の許容応力度 28
   実務図表1・11山留めに用いるときの鋼材の許容応力度 28
   実務図表1・12山留めに用いるときの鉄筋の許容応力度 28
   実務図表1・13山留めに用いるときのコソクリートの許容応力度 28
   実務図表2・1力学試験一覧表 35
   実務図表2・2建物規模別による調査項目選定表(一般用) 38
   実務図表2・3建物規模別による調査項目選定表(地盤が良好な地域用) 39
   実務図表2・4砂質地盤・砂質土と粘土質地盤・粘性土の比較 44
   実務図表2・5地霊力に係わる地盤種別の判定表 47
   実務図表3・1基礎構造の選定順序図 50
   実務図表3・2直接基礎の選定表 51
   実務図表3・3地業の選定表 50
   実務図表3・4杭基礎の選定表 53
   実務図表3・5既製杭の選定表 52
   実務図表3・6既製コンクリート杭の施工法の分類 55
   実務図表3・7埋込み杭工法の選定表 56
   実務図表3・8場所打ちコンクリート杭工法の選定表 58
   実務図表4・1地盤の単位体積重量γ 64
   実務図表4・2N値と内部摩擦角φの関係 66
   実務図表4・3支持力係数と内部摩擦角φの関係 67
   実務図表7・1tRa算定式に用いる場所打ちコンクリート杭の自重wp 103
   実務図表7・2杭の地盤に対する許容支持力Ra算定式一覧表 106
   実務図表7・3根入れ深さとNの求め方 107
   実務図表7・4場所打ちコンクリート杭に用いるコソクリートの許容応力度実務値(掘削時に水・泥水を使用する場合) 112
   実務図表7・5杭体の許容応力度および低減率一覧表 116
   実務図表7・6RC杭の許容耐力Pa一覧表 117
   実務図表7・7PHC杭の許容耐力Pa一覧表 117
   実務図表7・8鋼管杭の許容耐力Pa一覧表(長期) 118
   実務図表7・9場所打ちコンクリート杭の許容耐力Pa一覧表(長期) 118
   実務図表7・10300/3NApの算定表(先端閉鎖断面) 119
   実務図表7・11200/3NApの算定表 122
   実務図表7・12150/3NApの算定表 125
   実務図表8・1建物に転倒モーメソトが作用した場合の基礎底面の応力 141
   実務図表8・2e/lより接地圧係数αを求める図表 142
   実務図表8・3滑動の検討のための摩擦係数μ 144
   実務図表8・4長杭の設計式一覧表 146
   実務図表8・5砂質地盤のKh算定表 148
   実務図表8・6E0を求めるための地盤調査の範囲 149
   実務図表8・7PHC杭のβ一覧表 151
   実務図表8・8場所打ちコンクリート杭のβ一覧表 151
   実務図表8・9基礎設計用軸方向力および地震力用基礎重量 154
   実務図表9・1独立フーチング基礎の種類と索引 177
   実務図表9・2独立基礎の設計ポイント 180
   実務図表9・3偏心独立基礎の設計ポイント 190
   実務図表9・4既製杭の間隔、へりあき 200
   実務図表9・5場所打ちコンクリート杭の間隔、へりあき 200
   実務図表9・6場所打ちコンクリート杭(柱直下)のフーチング厚さの最小寸法D 208
   実務図表9・7独立偏心(杭)基礎の偏心距離εとM 215
   実務図表9・8鉄骨造の各種架構の基礎を基礎自体が偏心した独立偏心基礎とする場合の偏心距離εの取り方 219
   付 録
   付1単位のバリエーション 251
   付2材料の単位体積重量 252
   付3鉄筋の断面積および周長 253
   付4平成13年7月2日国土交通省告示第1113号[地盤の許容応力度及び基礎ぐいの許容支持力を求めるための地盤調査の方法並びにその結果に基づき地盤の許容応力度及び基礎ぐいの許容支持力を定める方法等を定める件] 254
100基礎と地盤 15
   110基礎の分類と索引 15
   120主要用語 18
55.

図書

図書
vol. ed.: D.M.P. Mingos ; with a contribution by R. Boča
出版情報: Berlin : Springer, c2006  276 p. ; 25 cm
シリーズ名: Structure and bonding ; 117
所蔵情報: loading…
56.

図書

図書
西原博史著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2006.2  iii, 213p ; 18cm
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 993
所蔵情報: loading…
57.

図書

図書
藤原正範著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2006.2  viii, 212p ; 18cm
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 995
所蔵情報: loading…
58.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Jon Edney, William A.Arbaugh著
出版情報: 東京 : 構造計画研究所 , 東京 : 共立出版 (発売), 2006.2  xxi, 473p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   第Ⅰ部セキュリティの基礎知識 1
第1章はじめに 2
   1.1背景 2
   1.2本書のロードマップ 4
   1.3本書についての注意 5
第2章セキュリティの原理 7
   2.1セキュリティとは何か? 7
   2.2正しいセキュリティの考え方 8
   2.2.1知らない相手と話をしてはならない 9
   2.2.2保証のないものを受け入れてはならない 10
   2.2.3そうでないとわかるまで、すべてが敵だと思え 12
   2.2.4味方をいつまでも信用するな 13
   2.2.5十分試された解決方法を選択せよ 14
   2.2.6足元の地面にひび割れがないか気をつけろ 17
   2.3セキュリティ用語 19
   2.4まとめ 22
第3章なぜWi-Fiはアタックされやすいのか? 23
   3.1セキュリティモデルを変える 23
   3.2敵は何者か? 24
   3.2.1ゲームタイプのアタッカ 26
   3.2.2利益・復讐タイプのアタッカ 28
   3.2.3エゴタイプのアタッカ 30
   3.3伝統的なセキュリティアーキテクチャ 31
   3.3.1オプション1:信頼できない区域に無線LANを置く 33
   3.3.2オプション2:Wi-Fi LANを信頼できるものにする 34
   3.4覗き見の危険性 36
   3.5まとめ 37
第4章様々なタイプのアタック 38
   4.1アタックの分類 39
   4.2鍵を使わないアタック 41
   4.2.1スヌーピング 41
   4.2.2Man-in-the-Middle攻撃(改ざん) 43
   4.3鍵に対するアタック 47
   4.3.1ワンタイムパスワード 47
   4.3.2鍵の隠蔽 48
   4.3.3無線アタック 50
   4.3.4ブルートフォースによる鍵へのアタック 53
   4.3.5辞書攻撃 54
   4.3.6アルゴリズム攻撃 56
   4.4まとめ 56
   第Ⅱ部Wi-Fiセキュリティの設計 59
第5章IEEE802.11プロトコルの概要 60
   5.1階層構造 60
   5.2無線LANの構成 62
   5.3インフラストラクチャモードの動作の基本 63
   5.3.1ビーコン 65
   5.3.2プロービング 65
   5.3.3APに接続する 66
   5.3.4ローミング 66
   5.3.5データの送信 66
   5.4プロトコルの詳細 67
   5.4.1一般的なフレームフォーマット 67
   5.4.2MACヘッダ 68
   5.4.3マネジメントフレーム 70
   5.4.4タイムスタンプ 72
   5.4.5ビーコン間隔 72
   5.4.6ケーパビリティ情報 73
   5.4.7SSID 73
   5.4.8サポートするデータレート 73
   5.4.9無線パラメータ 73
   5.4.10省電力フラグ(TIM) 73
   5.4.11その他 74
   5.5無線によるビット表現 74
   5.6まとめ 76
第6章IEEE802.11WEPの機能と弱点 77
   6.1はじめに 77
   6.2認証 80
   6.3プライバシ 83
   6.3.1RC4アルゴリズムの利用 84
   6.3.2初期化ベクトル(IV) 85
   6.3.3WEPキー 87
   6.4WEPのメカニズム 96
   6.4.1フラグメンテーション 96
   6.4.2完全性チェック値(ICV) 97
   6.4.3送信するフレームの準備 98
   6.4.4RC4暗号化アルゴリズム 99
   6.5WEPはなぜ安全でないのか 102
   6.5.1認証 104
   6.5.2アクセス制御 106
   6.5.3リプレイ防御 107
   6.5.4メッセージ改ざんの検知 108
   6.5.5メッセージのプライバシ 110
   6.5.6RC4の弱鍵 114
   6.5.7直接鍵アタック 116
   6.6まとめ 117
第7章WPA、RSN、とIEEE802.11i 118
   7.1Wi-FiとIEEE802.11の関係 118
   7.2IEEE802.11iとは何か 120
   7.3WPAとは 121
   7.4RSNとWPAの違い 121
   7.5セキュリティコンテキスト 123
   7.6鍵 124
   7.7セキュリティ階層 126
   7.7.1階層は、どのように実装されるか 128
   7.8各標準間の関係 129
   7.8.1標準の一覧 129
   7.8.2視覚的マップ 129
   7.9まとめ 131
第8章アクセス防御:IEEE802.1X、EAP、RADIUS 133
   8.1アクセス制御の重要性 133
   8.2ダイヤルインユーザの認証 136
   8.3IEEE802.1X 139
   8.3.1シンプルなスイッチングハブを用いる環境でのIEEE802.1X 141
   8.3.2Wi-Fi LANにおけるIEEE802.1X 145
   8.4EAPの原理 146
   8.4.1EAPメッセージフォーマット 149
   8.5EAPOL 150
   8.5.1EAPOL-Start 151
   8.5.2EAPOL-Key 152
   8.5.3EAPOL-Packet 152
   8.5.4EAPOL-Logoff 152
   8.6IEEE802.1Xで使われるメッセージ 153
   8.6.1認証シーケンス 153
   8.7実装時に考慮すべき事項 155
   8.8RADIUS 157
   8.8.1RADIUSの機構 159
   8.8.2EAP over RADIUS 164
   8.8.3WPAとRSNにおけるRADIUSの使用 166
   8.9まとめ 167
第9章上位層認証 169
   9.1はじめに 169
   9.2誰が利用すべき認証方式を決めるのだろうか? 170
   9.3上位層認証における鍵の使用方法 171
   9.3.1対象鍵 171
   9.3.2非対称鍵 172
   9.3.3証明書と認証局 174
   9.4上位認証方式の詳細 175
   9.5トランスポート層セキュリティ(TLS) 176
   9.5.1TLSの機能 177
   9.5.2ハンドシェーク交換 180
   9.5.3TLSハンドシェークとWPA/RSNとの関係 186
   9.5.4TLS over EAP 187
   9.5.5TLSのまとめ 191
   9.6Kerberoa V5 191
   9.6.1チケットの使用 192
   9.6.2Kerberosチケット 193
   9.6.3発券用チケットの取得 194
   9.6.4サービスチケット 196
   9.6.5ドメイン間アクセス 198
   9.6.6チケットの動作 199
   9.6.7RSNでのKerberosの使用 202
   9.7Cisco Light EAP(LEAP) 209
   9.8Protected EAP Protocol(PEAP) 212
   9.8.1フェーズ1 214
   9.8.2フェーズ2 214
   9.8.3PEAPの状況 215
   9.9携帯電話における認証:EAP-SIM 215
   9.9.1GSMネットワークにおける認証の概要 217
   9.9.2GSMセキュリティとWi-Fi LANセキュリティのリンク 219
   9.9.3EAP-SIM 220
   9.9.4GSM-SIM認証の状況 223
   9.10まとめ 223
第10章WPAとRSNの鍵階層化 225
   10.1ペアキーとグループキー 225
   10.2ペアキー階層 227
   10.2.1一時鍵の計算 229
   10.2.3鍵情報の交換と検証 231
   10.2.4ハンドシェークの完了 234
   10.3グループキー階層 235
   10.3.1鍵確立プロセスのまとめ 238
   10.4AES-CCMPを用いた鍵階層 239
   10.5混成環境 240
   10.6鍵階層化のまとめ 240
   10.7WPAにおける鍵生成の詳細 242
   10.7.14ウェイハンドシェーク 245
   10.7.2グループキーハンドシェーク 251
   10.8ナンス値の選択 253
   10.9一時鍵の計算 255
   10.10まとめ 259
第11章TKIP 260
   11.1TKIPとは何か、なぜTKIPが開発されたのか 260
   11.2TKIPのあらまし 263
   11.2.1メッセージの完全性 264
   11.2.2IVの選択と利用 267
   11.3パケットごとの鍵合成 274
   11.4TKIP実装の詳細 276
   11.5メッセージの完全性-Michael 280
   11.5.1カウンタメジャー 281
   11.5.2MICの計算 284
   11.6パケットごとの鍵合成の詳細 287
   11.6.1置換テーブルまたはSボックス 288
   11.6.2フェーズ1の計算 289
   11.6.3フェーズ2の計算 290
   11.7まとめ 292
第12章AES-CCMP 294
   12.1はじめに 294
   12.2なぜAESなのか? 295
   12.3AESの概要 297
   12.3.1オペレーションモード 298
   12.3.2OCBモード 303
   12.4RSNにおけるCCMPの使われ方 304
   12.4.1送信データの暗号化手順 304
   12.4.2CCMPヘッダ 306
   12.4.3実装の概要 307
   12.4.4MPDU暗号化の手順 308
   12.4.5MPDUの復号 312
   12.5まとめ 313
第13章Wi-Fi LANコーディネーション:ESSとIBSS 315
   13.1ネットワークコーディネーション 315
   13.1.1ESSとIBSS 316
   13.1.2ESSネットワークへの参加 316
   13.2WPA/RSNの情報エレメント 318
   13.2.1情報エレメントの検証 319
   13.3IEEE802.1Xを用いた事前認証 320
   13.4IBSSアドホックネットワーク 323
   13.5まとめ 327
   第Ⅲ部Wi-Fiセキュリティの実際 329
第14章公衆ホットスポット 330
   14.1ホットスポットの発達 330
   14.1.1公衆無線接続の定義 331
   14.1.2発展の障壁 331
   14.2公衆ホットスポットのセキュリティ問題 334
   14.3ホットスポットの構成法 335
   14.3.1加入者 336
   14.3.2アクセスポイント 337
   14.3.3ホットスポットコントローラ 339
   14.3.4認証サーバ 341
   14.4様々なタイプのホットスポット 342
   14.4.1空港 342
   14.4.2ホテル 343
   14.4.3コーヒーショップ 343
   14.4.4家庭 344
   14.5ホットスポット利用時の自己防衛策 345
   14.5.1パーソナルファイアウォールソフトウェア 346
   14.5.2Virtual Private Network(VPN) 347
   14.6まとめ 349
第15章既知の攻撃:テクニカルレビュー 351
   15.1基本的なセキュリティメカニズムの再確認 351
   15.1.1機密性 352
   15.1.2完全性 354
   15.2既存のIEEE802.11セキュリティメカニズムの再確認 356
   15.2.1機密性 357
   15.2.2RC4とWEP 357
   15.2.3完全性と認証 361
   15.3既存のIEEE802.11セキュリティメカニズムに対するアタック 363
   15.3.1機密性 363
   15.3.2アクセス防御 371
   15.3.3認証 372
   15.4Man-in-the-Middle攻撃 372
   15.4.1マネジメントフレームを利用したMiM攻撃 373
   15.4.2ARPなりすましを利用したMiM攻撃 374
   15.5Man-in-the-Middle攻撃によって生じる問題 374
   15.5.1IEEE802.1XとEAP 375
   15.5.2PEAP 375
   15.6DoS攻撃 376
   15.6.1すべてのWi-Fiベースの標準に対する第2層DoS攻撃 376
   15.6.2WPA暗号に対するDoS攻撃 377
   15.7まとめ 378
第16章実際の攻撃ツール 380
   16.1アタッカの目的 381
   16.2プロセス 381
   16.2.1偵察 382
   16.3シナリオ例 389
   16.3.1計画立案 389
   16.3.2情報収集 391
   16.3.3分析 393
   16.3.4実行 395
   16.4その他の興味深いツール 395
   16.4.1Airsnort 395
   16.4.2Airjack 396
   16.5まとめ 397
第17章オープンソースを利用した実装例 399
   17.1一般的なアーキテクチャ設計ガイドライン 399
   17.2既設ネットワークの防御 401
   17.2.1トラフィックの分離とキャナライズ 401
   17.2.2ファームウェアのWPAへのアップグレード 402
   17.2.3何もできないなら、どうするか 403
   17.3WPAネットワーク導入計画 404
   17.4インフラストラクチャの導入 404
   17.4.1RADIUSサーバにIEEE802.1Xサポートを追加する 405
   17.4.2クライアント証明書にPKI(公開鍵暗号方式)を使用 405
   17.4.3IEEE802.1Xサプリカントソフトウェアをクライアントにインストール 405
   17.5オープンソースプロジェクトをベースにした実例 406
   17.5.1サーバインフラストラクチャ 406
   17.5.2オープンソースアクセスポイントの構築 420
   17.5.3すべてを動かす 422
   17.6まとめ 430
   17.7謝辞 430
   17.8参考文献と補足情報 430
   付録 431
   付録AAESブロック暗号の概要 432
   A.1有限体演算 433
   A.1.1加算 434
   A.1.2減算 435
   A.1.3乗算 435
   A.1.4除算 436
   A.1.5ガロア体GF() 437
   A.1.6結論 442
   A.2AES暗号化プロセスの手順 442
   A.2.1ラウンドキー 443
   A.2.2ラウンドの計算 445
   A.2.3SubBytes 445
   A.2.4ShiftRows 446
   A.2.5MixColumns 446
   A.2.6XorRoundKey 447
   A.2.7復号 447
   A.2.8AESのまとめ 4484
   付録Bメッセージ改ざんの例 450
   B.1メッセージ改ざんの例 451
   付録Cダウンロードファイルの完全性検証 453
   C.1MD5ダイジェストのチェック 453
   C.2GPG署名のチェック 454
   略語一覧 458
   参考文献 461
   索引 465
   第Ⅰ部セキュリティの基礎知識 1
第1章はじめに 2
   1.1背景 2
59.

図書

図書
森林環境研究会編著 ; 井上真, 鷲谷いづみ責任編集
出版情報: 東京 : 森林文化協会 , 東京 : 朝日新聞社書籍編集部(出版サービス)(発売), 2006.2  271p ; 21cm
シリーズ名: 森林環境 ; 2006
所蔵情報: loading…
60.

図書

図書
柴田力著
出版情報: 東京 : 工業調査会, 2006.2  264p ; 21cm
所蔵情報: loading…
61.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
アリス・W・フラハティ著 ; 吉田利子訳
出版情報: 東京 : ランダムハウス講談社, 2006.2  351p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   謝辞 7
   はじめに 9
第一章ハイパーグラフィア―書きたいという病 31
第二章文学的創造力と衝動 74
第三章精神状態としてのライターズ・ブロック 108
第四章脳の状態としてのライターズ・ブロック 150
第五章どうやって書くのか―皮質 192
第六章なぜ書くのか―辺縁系 234
第七章暗喩、内なる声、詩神 288
   <解説>現代人のためのロマンティック・サイエンス茂木健一郎 344
   謝辞 7
   はじめに 9
第一章ハイパーグラフィア―書きたいという病 31
62.

図書

図書
米津宏雄著
出版情報: 東京 : 工学図書, 2006.2  175p ; 19cm
所蔵情報: loading…
63.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
鈴木恂著
出版情報: 東京 : 彰国社, 2006.2  223p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   風景の狩人
   鈴木恂
   はじめに 004
I風景の狩人 009
   風景の狩人 010
Ⅱ実測小論 023
   実測小論―空間の関係性を測る 024
   ヨーロッパ・スケッチより―家と村を描く 032
   メキシコ・スケッチより―集落と遺跡 037
   遠近の視点 038
   マスクの聖所―マヤ遺跡コパン 043
   エジプト・スケッチより―場所のコンパス 049
   王の家を掘る 051
   マルカタ王宮都市の図像学的方位概念 055
Ⅲ街並の連続 059
   街並の連続―「並み」のシークエンス 060
   壁面の発見 080
   路地の構造 098
   街角の舞台 118
   地中海からの手紙 130
Ⅳ風景のモザイク 139
   風景のモザイク―アンダルシカから 140
   アンデス逍遥 146
   ナイル三景 154
   ジェルバ―チュニジアの小島 160
   中国―大きな風景を見て思うこと 168
   隠されたバリ―都市の裏側に輝きを 174
   イタリア、北から南ヘ―広場、回廊、塔、屋根 180
Ⅴ達人との対話 189
   水景を語る【対談=イサム・ノグチ+鈴木恂】 190
   場所の記憶【講演=吉阪隆正全スケッチの世界】 204
   あとがき 222
   風景の狩人
   鈴木恂
   はじめに 004
64.

図書

図書
vol. eds.: X. Duan, D.G. Evans
出版情報: Berlin : Springer, c2006  x, 234 p. ; 25 cm
シリーズ名: Structure and bonding ; 119
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Structural Aspects of Layered Double Hydroxides / D. G. Evans ; R. C. T. Slade
Preparation of Layered Double Hydroxides / J. He ; M. Wei ; B. Li ; Y. Kang ; D. G Evans ; X. Duan
In Situ Polymerization and Intercalation of Polymers in Layered Double Hydroxides / C. Taviot-Gueho ; F. Leroux
Mechanistic and Kinetic Studies of Guest Ion Intercalation into Layered Double Hydroxides Using Time-Resolved, In-situ X-ray Powder Diffraction / G. R. Williams ; A. I. Khan ; D. O'Hare
Applications of Layered Double Hydroxides / F. Li
Author Index Volumes 101-119
Subject Index
Structural Aspects of Layered Double Hydroxides / D. G. Evans ; R. C. T. Slade
Preparation of Layered Double Hydroxides / J. He ; M. Wei ; B. Li ; Y. Kang ; D. G Evans ; X. Duan
In Situ Polymerization and Intercalation of Polymers in Layered Double Hydroxides / C. Taviot-Gueho ; F. Leroux
65.

図書

図書
戸井佳奈子著
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2006.2  xi, 224p ; 22cm
所蔵情報: loading…
66.

図書

図書
S.ワインバーグ著 ; 本間三郎訳
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2006.2  429p ; 15cm
シリーズ名: ちくま学芸文庫 ; [ワ-10-1]
所蔵情報: loading…
67.

図書

図書
吉村英恭著
出版情報: 東京 : 桐書房, 2006.2  159p ; 21cm
所蔵情報: loading…
68.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
深澤義朗編著
出版情報: 東京 : 山海堂, 2006.2  xv, 381p, 図版 [2] 枚 ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   序文 i
   まえがき iv
   ▼東海道新幹線前史 3
   ◎広狭軌間論争 3
   ◎弾丸列車 5
   ◎弾丸列車以外の東京~大阪間広軌新幹線計画 9
   ▼東海道新幹線の世界的評価 12
   ◎世界に誇る東海道新幹線12 12
   ◎鉄道復権の旗手、東海道新幹線13 13
   ▼轍(わだち) 18
   ▼保線の移り変わり 20
   ◎保線の現場組織、仕事の流れ 22
   ◎機械化 28
   ▼安全を守る 38
   ◎旅客の安全 39
   ◎保守要員の安全 43
   ▼あらまし 48
   ▼まねだけでは走れない 51
   ◎新幹線開業までの在来線の速度向上 51
   ◎時速二〇キロメートルから時速二一〇キロメートルへの飛躍 53
   ◎建設基準 54
   ◎軌道力学の研究経緯 56
   ▼ロングレール・全仝高速区間に導入 77
   ◎ロングレール研究の経緯 77
   ◎橋上ロングレール…三か月で理論構築 84
   ◎レール溶接 92
   ▼五〇Tレール厳しい予算の象徴 96
   ◎レールサイズ決定の背景 96
   ◎五〇Tレールの改良点 97
   ▼線形および軌道の構成 103
   ◎線形 104
   ◎車両限界 105
   ◎カント 106
   ◎緩和曲線 107
   ◎軌道構造 108
   ◎レール締結装置 112
   ◎PCまくらぎ 114
   ◎木まくらぎ 124
   ◎木ブロック 126
   ◎二ブロックまくらぎ 128
   ◎分岐器 128
   ◎伸縮継目 132
   ▼鴨宮モデル線での走行試験 133
   ◎モデル線の建設 133
   ◎モデル線の線形・軌道構造等 136
   ◎軌道関係の基本試験 138
   ◎特殊条件下での試験 141
   ◎施工指示・検収のルールつくり 152
   ◎モデル線試験のまとめ 159
   ▼東海道新幹線スタート 164
   ▼保守勢力 167
   ◎東海道新幹線支社の体制 168
   ◎現場の体制 170
   ◎請負体制 171
   ◎破壊量に追いつけ、追い越せ! 173
   ▼一三か月間の闘い 177
   ◎路盤沈下 177
   ◎崩壊、陥没「雨に弱い新幹線」の汚名を頂戴 187
   ◎雨による運転規制ルールの整備 194
   ◎陰の功労者たち 199
   ▼臨時総点検 207
   ▼恒久対策の背景…行き詰った軌道保守 211
   ◎レール損傷 212
   ◎路盤噴喝、道床細粒化 214
   ▼若返り大作戦の取り組み 216
   ◎計画の策定 216
   ◎重軌条化 218
   ◎テルミット溶接部の除去 221
   ◎道床更新 221
   ◎大難関の列車余裕時分…大英断の長大工事間合設定 224
   ◎保守基地と設備の増強 230
   ▼大作戦の実施と効果 238
   ◎重軌条化の強力な助っ人…レール支持装置の開発 238
   ◎どうする、長大かつ超重量のシーサス分岐器 239
   ◎作戦の効果 241
   ▼掛川地区の路盤噴泥…バラストクリーナー登場 249
   ▼保守基地の整備とBSの導入 253
   ▼道床更換無徐行化への取り組み 256
   ▼世界一のシステム・NBSの実力 262
   ▼軌道検測車…保線屋が頼る正確な情報源 268
   ▼軌道整備工事指示・検収システムの開発 274
   ▼線形整備 280
   ◎乗り心地の悪化とその原因 280
   ◎試験車データの活用で効率アップ 284
   ◎マルタイ施工で奮闘の汗…ときには冷や汗 287
   ▼定波長軌道整備の導入 288
   ◎速度一〇キロメートルのアップで苦情が急増 288
   ◎組織・系統の垣根を越え「乗り心地改善」を研究 289
   ◎乗り心地対策は四〇メートル弦管理と決定295 295
   ◎どうやって普及させるか…まずはチャート出力からスタート 298
   ◎施工法の開発…発想の転換で行き詰まりを打破 299
   ◎効果てきめん四〇メートル弦整備が一世を風び 304
   ▼保守基準 306
   ▼スピードアップ…総延長約二五〇キロメートルにわたる軌道の大工事 309
   ◎スピードアップとその背景 309
   ◎時速二七〇キロメートル計画…保線屋は半信半疑 310
   ◎スピードアップに見合った線路への改良…どんな手順でやるか 311
   ◎「どうせやるなら楽しくやろう」の声で一同発奮 313
   ◎計画線形図の作成…多くの支障物との闘い 315
   ◎カント改良工事で列車を徐行 317
   ◎速度向上試験 320
   ▼絶え間なき挑戦…原波形整備と乗り心地レベル評価の導入 333
   ◎浮上した新たな課題 333
   ◎原波形整備に至る334 334
   ◎乗り心地レベル評価の導入 340
   ▼乗り心地対策全体を振り返って 340
   ◎軌道材料の確実な更換・管理があればこそ 346
   ◎次々に登場する新しい車両の技術 347
   ▼保守作業時間帯と確認車 354
   ▼線路防護柵と新幹線特例法 361
   ▼進化する安全システム……悲惨な事故を越えて 363
   あとがき 373
   序文 i
   まえがき iv
   ▼東海道新幹線前史 3
69.

図書

図書
ピエール・ブーレーズ著 ; クロード・サミュエル聞き手 ; 笠羽映子訳 ; Gilbert Amy [ほか寄稿]
出版情報: 東京 : 青土社, 2006.2  427, 15p ; 20cm
所蔵情報: loading…
70.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
東京大学教養学部理工系生命科学教科書編集委員会編
出版情報: 東京 : 羊土社, 2006.2  157p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   序 3
1章生物の多様性と一様性 10
   Ⅰ生物の多様性と一様性 10
   Ⅱ生物とは 10
   生物と細胞/ 11
   自己の複製/ 11
   刺激外の応答/ 11
   エネルギー通貨ATP/ 11
   Ⅲ生物の系統 11
   系統樹での分類/ 11
   細胞内小器官での分類/ 13
   生体物質の大きさ/ 14
   Ⅳ生体を構成する物質 14
   タンパク質/ 14
   脂質/ 14
   糖/ 16
   無機塩類/ 18
   Columnウイルスとプリオン/ 12
   アミノ酸の話/ 17
2章遺伝情報の複製
   Ⅰ細胞増殖とDNA複製 20
   細胞増殖は細胞の最も基本的な機能/ 20
   DNA複製の特殊性/ 20
   ⅡDNAとはどのような分子か 20
   単位としての核酸/ 20
   高分子核酸/ 22
   DNAは二本鎖である/ 23
   RNAは一本鎖である/ 24
   原核生物は環状,真核生物は直鎖状の二本鎖DNAをもつ/ 24
   Ⅲ遺伝子とDNA 25
   遺伝子の定義/ 25
   ゲノム/ 25
   生物のDNA量/ 25
   生物の潰伝平数/ 26
   真核生物は遺伝子でないDNA領域をたくさんもっている/ 26
   ⅣDNAの複製 26
   DNA複製のアウトライン/ 26
   複製には鋳型を必要とする/ 27
   複製は不連続である/ 28
   複製開始点と複製終了点がある/ 30
   ColumnDNAの変性・再生/ 24
   DNAは細くて長い糸である/ 24
   DNAの損傷と修復/ 27
   複製の正確さ/ 28
   複製にかかわる酵素はたくさんある/ 29
   PCR(polymerasechainreaction)/ 30
3章遺伝子の発現 32
   Ⅰ遺伝子の転写と翻訳 32
   セントラルドグマ/ 32
   遺伝子の暗号/ 32
   DNAのセンス鎖/ 33
   遺伝子の発現/ 33
   Ⅱ遺伝子の転写 33
   RNAの種類/ 33
   転写の特徴/ 35
   転写の基本/ 35
   Ⅲ転写後の修飾 37
   RNAの切断/ 37
   塩基の修飾/ 37
   真核生物のmRNAプロセシング/ 38
   Ⅳ遺伝子の翻訳 39
   アミノアシルtRNAの合成/ 39
   リボソーム/ 40
   mRNAの構造/ 41
   タンパク質合成/ 42
   転写と翻訳の協調/ 44
   Column真核生物にはもっと多くの非翻訳RNAがあるのかもしれない/ 36
   RNA複製と逆転写/ 37
   大腸菌リボソームの構造/ 40
   翻訳の開始/ 41
   ペプチド鎖の延長/ 42
   翻訳の終了/ 43
   21番目のアミノ酸/ 44
4章遺伝子発現の調節 46
   Ⅰ発現からみた遺伝子の種類 46
   すべての生物でハウスキーピング遺伝子が働く/ 46
   多細胞生物ではさらに多くの遺伝子が働く/ 46
   一人のヒトの体細胞は同じ遺伝子をもっている/ 46
   発現が調節される遺伝子と調節されない遺伝子/ 47
   Ⅱ原核生物の遺伝子発現調節 47
   大腸菌のβガラクトシダーゼ遺伝子は正と負に調節される/ 47
   Ⅲ真核生物細胞の遺伝子発現調節 49
   転写調節と転写後調節/ 49
   真核生物はより複雑な転写調節機構をもつ/ 50
   クロマチンリモデリングによる調節/ 51
   クロマチン構造と遺伝子発現調節/ 53
   Columnリンパ球だけは遺伝子が異なる/ 47
   複数の遺伝子を同時に発現調節するしくみ/ 48
   オペロンとレギュロン/ 49
   miRNAによる遺伝子発現調節/ 50
   非翻訳RNAの多くはmiRNAかもしれない/ 51
   遺伝学と逆遺伝学/ 52
   ヘテロクロマチンとユークロマチン/ 52
   DNAのメチル化,発生,体細胞クローン動物/ 53
   ゲノム,トランスクリプ卜ーム,プロテオーム/ 54
5章細胞の膜構造と細胞内小器官 56
   Ⅰ細胞の膜構造 56
   原核細胞と真核細胞/ 56
   真核細胞の細胞内小器官/ 56
   Ⅱ生体膜の脂質と膜タンパク質 58
   脂質二重層の性質/ 58
   膜タンパク質/ 58
   Ⅲ生体膜の機能 59
   バリアー機能と物質の選択的な輸送/ 59
   膜電位/ 61
   受容体による情報の伝達/ 63
   細胞膜を介しての細胞骨格と細胞外基質との結合/ 63
   Ⅳ細胞内小器官の形成と物質輸送 63
   細胞内小器官へのタンパク質の選別輸送/ 63
   核への物質輸送と核からの物質輸送/ 64
   ミトコンドリアや葉緑体へのタンパク質輸送/ 64
   小胞体へのタンパク質輸送/ 64
   小胞輸送/ 66
   細胞外の物質の取り込み経路/ 66
   Column細胞膜のコレステロール/ 60
   膜を貫通する構造をもたなくても膜に結合するタンパク質/ 62
   細胞膜電位を計算するネルンストの式/ 63
   神経の興奮と伝達/ 64
   核膜孔輸送にはGタンパク質が働く/ 65
   細胞内小器官の起源に関する推論/ 67
6章細胞骨格
   Ⅰ細胞骨格の種類とその分子構造 69
   アクチン繊維/ 69
   微小管/ 70
   中間径繊維/ 71
   Ⅱ細胞骨格の動的な変化 72
   Ⅲモータータンパク質 73
   キネシン/ 73
   ダイニン/ 73
   ミオシン/ 74
   Ⅳ筋細胞の収縮 76
   Ⅴ細胞内の物質輸送 78
   Columnトレツドミリング/ 70
   鞭毛の構造と運動のしくみ/ 75
7章代謝 80
   Ⅰ細胞活動と熱力学:代謝の意義 80
   Ⅱ自由エネルギー変化と生体エネルギー通貨としてのATP 80
   Ⅲ酵素 81
   酵素の特異性と反応機構/ 82
   酵素反応速度論/ 82
   酵素の分類/ 83
   Ⅳ基本的な代謝の流れ 83
   Ⅴ代謝の基本反応 86
   リン酸化反応(キナーゼ)/ 86
   脱リン酸化反応(ホスファターゼ)/ 86
   C-C結合の生成・切断反応/ 86
   脱水素反応/ 87
   Ⅵエネルギー産生系 87
   解糖系/ 87
   クエン酸回路(トリカルボン酸サイクル)/ 87
   Ⅶ酵素活性の調節 88
   アロステリック制御/ 88
   リン酸化による酵素活性の調節/ 89
   代謝調節のパラダイム:フィードバック制御とカスケード/ 90
   Column熱力学の法則:自由工ネルギー変化と平衡定数/ 81
   Michaelis-Mentenの式の導き
   方/83炭素と窒素の固定回路/85代謝経路のバイオインフォマティクス(生物情報学)/ 85
   メタボロミクス/88代謝経路はなぜ丸い?/ 90
8章エネルギー 92
   Ⅰ生体エネルギー 92
   Ⅱ呼吸鎖と酸化的リン酸化の概略 93
   Ⅲ酸化還元反応と呼吸鎖 93
   ⅣATP合成酵素 95
   Ⅴ光合成の概要 96
   Ⅵ光エネルギーの吸収 96
   Ⅶ光化学反応と電子伝達 97
   Ⅷ暗反応:炭酸固定反応 99
   ⅨC4光合成 100
   Ⅹミトコンドリアと葉緑体のトポロジー 101
   ColumnATP合成酵素の回転の実証/ 97
   光合成の炭酸固定経路図(カルビン回路)/ 98
   共役と光による調節/ 99
   地球大気の二酸化炭素濃度の変遷と光合成/ 100
9章シグナル伝達と細胞の増殖 102
   Ⅰシグナル伝達 102
   Ⅱ細胞内シグナル伝達 103
   タンパク質のリン酸化と脱リン酸化/ 103
   Gタンパク質/ 103
   低分子の二次メッセンジャー/ 104
   Ⅲ受容体を介した細胞内シグナル伝達経路 106
   酵素型受容体/ 106
   Gタンパク質其役型受容体/ 107
   チャネル型受容体/ 107
   転写因子型受容体/ 108
   Ⅳ細胞周期 108
   細胞周期とは/ 108
   対称分裂と非対称分裂/ 109
   Ⅴ細胞増殖の制御 109
   正と負の制御/ 109
   Ⅵ細胞増殖開始のシグナル伝達 110
   細胞増殖開始までのシグナル伝達/ 110
   正と負の制御/ 110
   サイクリンとCDKは細胞周期の各ステップで働く/ 111
   Ⅶ細胞周期のチェックポイント機構 111
   Ⅷガンとガン遺伝子 112
   ガン遺伝子/ 112
   ガン抑制遺伝子/ 113
   ガンの自立的増殖/ 113
   Ⅸ細胞死のシグナル 114
   Column受容体とシグナル分子の関係/ 105
   タンパク質の分解による細胞内シグナル伝達/ 106
   オーファン受容体と医薬品開発/ 108
10章発生と分化 116
   Ⅰ卵形成ll 6
   Ⅱ受精と卵割 116
   Ⅲ胚の方向性の決定 117
   ショウジョウバエの発生/ 118
   カエルの発生/ 121
   Ⅳ細胞分化と幹細胞 122
   Ⅴ誘導作用と形態形成運動 123
   形態形成運動/123神経誘導/ 125
   Ⅵ器官形成 126
   Column線虫の細胞系譜/ 118
   ホメオボックス遺伝子/ 120
   カエルの背側決定における母性因子の役割/ 121
   植物の花器官形成のしくみ/ 126
11章細胞間のコミュニケーションと組織構築 128
   Ⅰ細胞同士の接着 128
   カドヘリンの発見とその性質/ 128
   カドヘリンの役割/ 129
   その他の細胞同士の接着/ 130
   Ⅱ細胞外基質 130
   繊維性の成分/ 130
   グリコサミノグリカンとプロテオグリカン/ 130
   糖タンパク質/ 130
   Ⅲ細胞と細胞外基質との接着 132
   インテグリン/ 132
   Ⅳ細胞間のコミュニケーション 133
   細胞接着と細胞内情報伝達/ 133
   細胞認識/ 134
   細胞接着と移動運動/ 134
   植物細胞の原形質連絡/ 135
   Ⅴ組織構築 137
   上皮組織/ 137
   細胞極性/ 138
   Column基底板/ 131
   植物の細胞外基質/ 133
   神経とシナプス/ 136
   結合部複合体/ 137
12章生殖と減数分裂
   Ⅰ有性生殖と無性生殖 140
   Ⅱ体細胞分裂と減数分裂 141
   Ⅲ減数分裂の意義 142
   Ⅳ遺伝的組換え 143
   一般的組換え/ 143
   部位特異的組換え/ 144
   Ⅴ配偶子の形成 144
   Ⅵ配偶子の特殊化 146
   Ⅶ受精 148
   受精の準備/ 148
   受精の過程/ 148
   Ⅷ種と性 150
   Column性の決定と性転換/ 142
   アグロバクテリアと遺伝子組換え植物/ 145
   クローン動物/ 151
   ノックアウトマウス/ 152
   索引 154
   執筆者一覧 158
   序 3
1章生物の多様性と一様性 10
   Ⅰ生物の多様性と一様性 10
71.

図書

図書
春日孝之著
出版情報: 東京 : 晶文社, 2006.2  324p ; 20cm
所蔵情報: loading…
72.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
新井朝雄著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2006.2  x, 535p ; 22cm
シリーズ名: 朝倉物理学大系 / 荒船次郎 [ほか] 編集 ; 12
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   量子現象の数理
1 物理量の共立性に関わる数理 1
   1.1 はじめに 1
   1.2 単独の物理量に関する測定(Ⅰ)ー純点スペクトル的な物理量の場合 3
   1.3 単独の物理量に関する測定(Ⅱ)ー一般の場合 5
   1.4 複数の物理量の測定による状態の一意的決定(Ⅰ)ー純点スペクトル的な物理量の組の場合 16
   1.5 複数の物理量の測定による状態の一意的決定(Ⅱ)ー一般の場合 21
   1.6 代表的な特徴づけ 28
   付録A 可分なヒルベルト空間の巡回ベクトルによる直交分解 32
   ノート 35
   第1章 演習問題 36
   関連図書 37
2 物理量の自己共役性 38
   2.1 はじめに 38
   2.2 小さい摂動 42
   2.3 加藤-レリッヒの定理の応用-シュレーディンガー型作用素の自己共役性、原子と物質の弱安定性 52
   2.4 必ずしも小さくない摂動 71
   2.5 混合型ポテンシャルをもつ場合 78
   2.6 交換子定理 79
   2.7 解析ベクトル定理 85
   2.8 準双線形形式と自己共役作用素 89
   2.9 形式による摂動-KLMN定理 108
   2.10 ディラック型作用素の本質的自己共役性 110
   付録B 作用素の和が閉であるための条件 116
   付録C 閉対称作用素の基本的性質 117
   付録D 閉対称作用素が自己共役拡大をもつ条件 119
   付録E 交換子に関する基本公式 122
   ノート 123
   第2章 演習問題 123
   関連図書 127
3 正準交換関係の表現と物理 128
   3.1 はじめに 128
   3.2 予備的考察 130
   3.3 ヴァイル型表現 137
   3.4 シュレーディンガー表現のヴァイル型性 140
   3.5 ヴァイル型表現の構造-フォン・ノイマンの一意性定理 142
   3.6 CCRの非同値表現とアハラノフ-ボーム効果 154
   3.7 弱ヴァイル型表現 169
   3.8 時間作用素 174
   ノート 183
   第3章 演習問題 184
   関連図書 185
4 量子力学における対称性 188
   4.1 はじめに-対称性とはどういうものか 188
   4.2 群 189
   4.3 量子力学における対称性の原理的耕造 197
   4.4 一般の表現 213
   4.5 物理量の対称性 219
   4.6 シュレーディンガー型作用素の対称性 224,
   4.7 対称性と保存則 226,
   4.8 回転対称性と軌道角運動量作用素の保存 227,
   4.9 軌道角運動量の固有空間による直和分解(Ⅰ)ー2次元空間の場合 229,
   4.10 軌道角運動量の固有空間による直和分解(Ⅱ)ー3次元空間の場合 235,
   4.11 リー代数的構造と対称性 245,
   付録F 位相空間 255,
   ノート 257,
   第4章 演習問題 258,
   関連図書 259,
5 物理量の摂動と固有値の安定性 261,
   5.1 はじめに 261,
   5.2 複素変数とパナッハ空間値関数 263,訂正
   5.3 閉素変数と羃等作用素 270,1行追加、訂正
   5.4 物理量の摂動の一般的クラス-解析的摂動 279,
   5.5 応用 289,
   5.6 埋蔵固有値の摂動、共鳴極、生き残り確率 297
   5.7 フリードリスクモデル 304
   付録G バナッハ空間の双対空間とハーンーバナッハの定理 317
   付録H ある2重積分の計算 320
   ノート 321
   第5章 演習問題 322
   関連図書 323
6 物理量のスペクトル 324
   6.1 はじめに 324
   6.2 離散スペクトルと真性スペクトルの特徴づけ 324
   6.3 最小-最大原理 329
   6.4 コンパクト作用素 343
   6.5 真性スペクトルの安定性 352
   6.6 シュレーデインガー型作用素の真性スペクトル 354
   6.7 シュレーデインガー型ハミルトニアンの離散スペクトル 361
   ノート 367
   第6章 演習問題 368
   関連図書 369
7 散乱理論 370
   7.1 はじめにー発見法的議論 370
   7.2 数学的準備-絶対連続スペクトルと特異スペクトル 376
   7.3 散乱理論の一般的枠組み 390
   7.4 波動作用素の存在に対する判定条件 399
   7.5 波動作用素の完全性に対する判定条件 402
   7.6 散乱作用素の積分表示と漸近展開 403
   ノート 406
   第7章 演習問題 406
   関連図書 407
8 虚数時間と汎関数積分の方法 409
   8.1 はじめに-量子動力学の虚数時間への拡張 409
   8.2 熱半群、スペクトルの下限、基底状態 412
   8.3 汎関数積分および確率過程との接続-発見法的議論 418
   8.4 確率過程の存在 430
   8.5 ブラウン運動 434
   8.6 ファインマン-カッツの公式 440
   8.7 基底状態過程 445
   付録I 確率論の基本事項 450
   付録J ガウス型確率過程 454
   付録K 確率過程の連続性に対する判定条件 458
   ノート 460
   第8章 演習問題 460
   関連図書 462
9 超対称的量子力学 464
   9.1 はじめに-超対称性とはどういうものか 464
   9.2 超空間、超場および超対称性代数 465
   9.3 公理論的超対称的量子力学 476
   9.4 超対称性と特異摂動-摂動法の破綻 499
   9.5 ウィッテンモデル 502
   9.6 縮退した零エネルギー基底状態をもつモデル 510
   付録L トレース型作用素 513
   付録M 自己共役作用素の強レゾンヴェント収束 516
   付録N 簡単な超関数方程式の解 518
   ノート 519
   第9章 演習問題 520
   関連図書 524
   索引 527
   量子現象の数理
1 物理量の共立性に関わる数理 1
   1.1 はじめに 1
73.

図書

図書
野城真理著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2006.2  v, 140p ; 21cm
所蔵情報: loading…
74.

視聴覚資料

AV
紀伊國屋書店, BSFUJI, オルタスジャパン制作著作 ; ポルケDVD製作
出版情報: [東京] : 紀伊國屋書店 (発売・販売), 2006  ビデオディスク1枚 (58分) ; 12cm, (箱入 19cm)
シリーズ名: 日本の近代化遺産 / 紀伊國屋書店, BSフジ, オルタスジャパン制作・著作 ; 第4巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
琵琶湖疎水南禅寺水路閣
同志社大学今出川キャンパス彰栄館
旧梅小路機関車庫
旧毎日新聞社京都支局(1928ビル)
琵琶湖疎水南禅寺水路閣
同志社大学今出川キャンパス彰栄館
旧梅小路機関車庫
75.

視聴覚資料

AV
紀伊國屋書店, BSFUJI, オルタスジャパン制作著作 ; ポルケDVD製作
出版情報: [東京] : 紀伊國屋書店 (発売・販売), 2006  ビデオディスク1枚 (52分) ; 12cm, (箱入 19cm)
シリーズ名: 日本の近代化遺産 / 紀伊國屋書店, BSフジ, オルタスジャパン制作・著作 ; 第5巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
大丸心斎橋店
大阪府立中之島図書館
大阪市中央公会堂
綿業会館
大阪市立愛珠幼稚園
大丸心斎橋店
大阪府立中之島図書館
大阪市中央公会堂
76.

図書

図書
Hoon Hong, Dongming Wang (eds.)
出版情報: Berlin : Springer, c2006  x, 211 p. ; 24 cm
シリーズ名: Lecture notes in computer science ; 3763 . Lecture notes in artificial intelligence
所蔵情報: loading…
77.

図書

図書
Vito Di Gesù, Francesco Masulli, Alfredo Petrosino (eds.)
出版情報: Berlin : Springer, c2006  x, 342 p. ; 24 cm
シリーズ名: Lecture notes in computer science ; 2955 . Lecture notes in artificial intelligence
所蔵情報: loading…
78.

図書

図書
上田拓治著
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2006.2  xi, 196p ; 21cm
所蔵情報: loading…
79.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
川嵜智佑著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2006.2  vi, 266p ; 27cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章熱力学の基本的概念 1
   1.1序論 1
   1.2単位 4
   1.3系 5
   1.4相 6
   1.5成分 6
   1.6状態と性質 8
   1.7モル分率 9
   1.8示量変数と示強変数 10
   1.9同次関数 11
   1.10部分モル量 12
   1.11部分モル体積の性質 12
   1.12熱力学第0法則と温度 15
   1.13熱力学第1法則 16
   1.14エンタルピー 17
   1.15熱容量 18
   1.16実在過程と可逆過程 20
   1.17エンタロピー 21
   1.18熱平衡 22
   1.19エントロピーと熱 22
   1.20化学ポテンシャル 24
   1.21熱力学関数 26
   1.22Legendre変換 28
   1.23Gibbs-Duhemの関係式 28
   1.24相反定理(Maxwellの関係式) 29
   1.25Gibbsの相律 29
   1.26凝縮系の相律 32
   1.27Goldschmidtの鉱物学的相律 32
   1.28化学反応と化学平衡 34
   1.29Hessの法則 37
   1.30熱力学関数の温度依存性 37
   1.31熱力学関数の圧力依存性 39
   1.32熱力学関数の温度圧力依存性 40
   1.33相平衡図の解析 42
   1.34熱力学第3法則 45
第2章活動度,標準状態,平衡定数 47
   2.1序論 47
   2.2絶対活動度 47
   2.3相対活動度 48
   2.4標準状態をTK,1barとした場合の活動度 49
   2.5フイガシティ 50
   2.6標準状態をTK,Pbarとした場合の活動度 51
   2.7標準状態を298K,1barとした場合の活動度 52
   2.8Van'tHoffの式 53
   2.9標準状態をTK,1barとした場合のAl2SiO5鉱物の相境界 54
   2.10標準状態をTK,Pbarとした場合のAl2SiO5鉱物の相境界 56
   2.11平衡定数 56
   2.12石英-コーサイト転移 58
   2.13カンラン石-斜方輝石間のFe2+-Mg2+交換反応の平衡定数 61
   2.14カンラン石-スピネル間のFe2+-Mg2+交換反応の平衡定数 64
第3章理想溶液 67
   3.1序論 67
   3.2固溶体の組成 68
   3.3部分モル量の性質 69
   3.4Duhem-Margulesの関係式 72
   3.5Boltzmannの原理 73
   3.6理想気体の混合エントロピー 73
   3.7理想溶液の混合エントロピー 75
   3.8理想溶液の自由エネルギー 77
   3.9Vegardの経験則 78
   3.10理想溶液の化学ポテンシャルと活動度 80
   3.11理想溶液とRaoultの法則 83
   3.12Henryの法則 84
   3.13石英とルチルの間のTi-Si分配 86
   3.14Nernstの分配法則 88
   3.15Nernstの分配法則に従う溶液の相図 90
   3.16部分溶融 92
   3.17分別結晶化作用 93
   3.18帯域溶融 94
   3.19固相と液相の自由エネルギー曲線と相図 96
   3.20固相線と液相線の計算 101
   3.21共融系の相図 104
   3.22気相平衡 105
   3.23Mg2(Si,Ge)O4カンラン石-スピネル転移 108
第4章非理想溶液 111
   4.1序論 111
   4.2剰余関数 111
   4.3過剰体積 112
   4.4剰余関数の多項式展開 114
   4.5対称型固溶体 114
   4.6正則溶液 114
   4.72相分離 116
   4.8(Ca,Fe)FeSiO4カンラン石 120
   4.9対称型3成分系正則溶液 123
   4.10非対称型正則溶液 130
   4.11(Ca,Mg)MgSiO4カンラン石 136
   4.123成分系非対称型正則溶液 141
   4.13灰長石の分解反応と(Mg,Ca)3Al2Si3O12ザクロ石の熱力学的性質 144
   4.14酸化還元反応とFeSiO3成分の活動度 149
   4.15正則溶液間の元素分配 150
   4.16カンラン石-ザクロ石間のFe2+-Mg2+交換反応 155
   4.17カンラン石-斜方輝石間のFe2+-Mg2+交換反応 158
   4.18カンラン石とCaに富む単斜輝石間のFe2+-Mg2+交換反応 161
   4.19元素分配反応の解析と最小2乗法の応用 165
第5章多席固溶体 171
   5.1序論 171
   5.2CaMgSi2O6-Mg2Si2O6輝石類の相関係 174
   5.3相反溶液 178
   5.4CaMgSi2O6-Ca2Si2O6輝石 183
   5.5理想多席固溶体 184
   5.6理想多席固溶体と単一席固溶体間の元素交換平衡 190
   5.7結晶内交換平衡を行う非理想多席固溶体 193
   5.8MgO-Al2O3-SiO2斜方輝石 195
   5.8.1ザクロ石と共存する斜方輝石へのAl2O3固溶反応 197
   5.8.2スピネルと共存する斜方輝石へのAl2O3固溶反応 200
   5.9FeO-MgO-SiO2-Al2O3斜方輝石 201
   5.10カンラン石-斜方輝石-ザクロ石地質温度計圧力計 206
   5.11(Ca,Fe,Mg)2SiO4カンラン石 213
   5.12CaO-FeO-MgO-SiO2単斜輝石 223
   5.13CaO-FeO-MgO-SiO2系カンラン石と単斜輝石の平衡 227
   5.14CaO-FeO-MgO-SiO2系カンラン石と単斜輝石の平衡(近似解) 234
   あとがき 239
   参考書 241
   付録A定数と記号 243
   付録B引用文献 245
   索引 261
第1章熱力学の基本的概念 1
   1.1序論 1
   1.2単位 4
80.

図書

図書
Jürgen Dix, Stephen J. Hegner (eds.)
出版情報: Berlin : Springer, c2006  x, 330 p. ; 24 cm
シリーズ名: Lecture notes in computer science ; 3861
所蔵情報: loading…
81.

図書

図書
Jean Christophe Filliâtre, Christine Paulin-Mohring, Benjamin Werner (eds.)
出版情報: Berlin : Springer, c2006  viii, 273 p. ; 24 cm
シリーズ名: Lecture notes in computer science ; 3839
所蔵情報: loading…
82.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
石田保夫, 飯嶋俊比古, 畔柳昭雄編
出版情報: 東京 : 新建築社, 2006.2  151p ; 30cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   ALUMINIUM
   アルミニウムの空間
   刊行にあたって 3
   アルミ建築の可能性 難波和彦 6
   アルミ建築の基礎知識 飯嶋俊比古 11
第1章 パネル系構法
   SUS福島工場社員寮 16
   アイランドシティ中央公園便所 24
   桜上水K邸 26
   アルミコテージ・プロジェクト 30 伊藤豊雄建築設計事務所
   静岡M邸 36 石田保夫+畔柳昭雄+宮崎均/SUS+REP研究所
   aLuminum-House 42 アトリエ・天工人/山下保博+壷岐敏直
第2章 軸組系構法
   実験住宅アルミエコハウス 50
   箱の宗-83[丹羽邸]普及版アルミエコハウス 54
   コスモポリタン・エコハウス 60 難波和彦+界工作舎
   エコムスホール 62 根村修建築研究室
   アルミの家 64 GK設計建築設計部
第3章 スライス連結・積層構法
   福島エコムスパビリオン 72
   エコムスハウス エコムスファクトリー 79 山本理顕設計工場
   フロニンゲンアルミブリックハウジング 82 伊東豊雄建築設計事務所
第4章 汎用性
   tsubomi ALUMINlUM SPACE PACKAGING SYSTEM 88 石田保夫・飯嶋俊比古・畔柳昭雄
   つくばスタイルフェスタ東京ガスコンセプト住宅 92 シーラカンスK&H
   アルミの海の家Ⅱラ・プラージュ 94
   アルミの海の家Ⅰ 100 畔柳昭雄+日本大学理工学部畔柳研究室
   CROSSKUBIC 104 コクヨRDIセンター
   素庵/アルミの茶室 108 鈴木敏彦
   アルミの茶室 110 貴志雅樹+環境企画室
第5章 家具
   A WALL―ON/OFFを仕切るアルミの壁 116
   AHF shelving system 117
   mobile lCHIJO 1号/2号 118
   mobile HANJO 119 鈴木敏彦
   ecoms fit 120 家具プロデュース : 山本理顕設計工場
第6章 可能性
   sudare 126
   ブルージュパビリオン 128 伊東豊雄建築設計事務所
   蓮池濠手洗所 132 渡辺明+池田昌弘
   バイオ・ストラクチャー 136 斎藤公男+空間構造デザイン研究室
   小田急電鉄50000形特急車ロマンスカーVSE 138 統括デザイン : 岡部憲明アーキテクチャーネットワーク
   ポータブル・アーキテクチャーKH-2 140 みかんぐみ
   COLUMN
   伊藤豊雄さんとの協働を通して 新谷眞人 46
   アルミ建築と輻射冷暖房 南井克夫 68
   アルミ建築の部材開発と供給 石田保夫 84
   tsubomi空間を検証する―陰・陽礼賛 長岡貞夫 112
   対談 : 既存の技術に新しい視点で新しい使い方を与える 山中俊治x山本理顕 122
   アルミニウムのイメージ構造 畔柳昭雄 佐久間孝市 142
   建築データ 144
   プロフィル 151
   ALUMINIUM
   アルミニウムの空間
   刊行にあたって 3
83.

図書

図書
Patrick Healy, Nikola S. Nikolov (eds.)
出版情報: Berlin : Springer, c2006  xvii, 536 p. ; 24 cm
シリーズ名: Lecture notes in computer science ; 3843
所蔵情報: loading…
84.

視聴覚資料

AV
紀伊國屋書店, BSFUJI, オルタスジャパン制作著作 ; ポルケDVD製作
出版情報: [東京] : 紀伊國屋書店 (発売・販売), 2006  ビデオディスク1枚 (55分) ; 12cm, (箱入 19cm)
シリーズ名: 日本の近代化遺産 / 紀伊國屋書店, BSフジ, オルタスジャパン制作・著作 ; 第6巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
釣島灯台
旧大浜埼船舶航行潮流信号所
旧呉鎮守府庁舎
旧呉鎮守府司令長官官舎
本庄水源地堰堤
別子銅山貯鉱庫跡・策道基地跡
旧広瀬邸
倉敷アイビースクエア
釣島灯台
旧大浜埼船舶航行潮流信号所
旧呉鎮守府庁舎
85.

図書

図書
Horst Bunke, A. Lawrence Spitz (eds.)
出版情報: Berlin : Springer, c2006  xiii, 630 p. ; 24 cm
シリーズ名: Lecture notes in computer science ; 3872
所蔵情報: loading…
86.

視聴覚資料

AV
紀伊國屋書店, BSFUJI, オルタスジャパン制作著作 ; ポルケDVD製作
出版情報: [東京] : 紀伊國屋書店 (発売・販売), 2006  ビデオディスク1枚 (56分) ; 12cm, (箱入 19cm)
シリーズ名: 日本の近代化遺産 / 紀伊國屋書店, BSフジ, オルタスジャパン制作・著作 ; 第7巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
神奈川県庁本庁舎
横浜税関本関庁舎
横浜市開港記念館
ホテルニューグランド本館
旧横須賀製鉄所ドライドック
東京湾要塞猿島砲台
東京湾第三海堡
神奈川県庁本庁舎
横浜税関本関庁舎
横浜市開港記念館
87.

図書

図書
ローレンス・バンジョー, アーネスト・ソウザ著 ; 上枝美典訳
出版情報: 東京 : 産業図書, 2006.2  xiv, 320p ; 22cm
所蔵情報: loading…
88.

図書

図書
Stefano Spaccapietra ... [et al.] (eds.)
出版情報: Berlin : Springer, c2006  x, 236 p. ; 24 cm
シリーズ名: Lecture notes in computer science ; 3870
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Third International Conference on Semantics of a Networked World (ICSNW 2004)
Semantic Interoperation Among Data Systems at a Communication Level / Miren I. Bagüés ; Jesús Bermúdez ; Arantza Illarramendi ; Alberto Tablado ; Alfredo Goñi
Matching Ontologies in Open Networked Systems: Techniques and Applications / Silvana Castano ; Alfio Ferrara ; Stefano Montanelli
23rd International Conference on Conceptual Modeling (ER2004)
A Method for Pruning Ontologies in the Development of Conceptual Schemas of Information Systems / Jordi Conesa ; Antoni Olive
XSLTGen: A System for Automatically Generating XML Transformations Via Semantic Mappings / Stella Waworuntu ; James Bailey
An Ontology-Guided Approach to Change Detection of the Semantic Web Data / Li Qin ; Vijayalakshmi Atluri
Conceptual Modelling Patterns for Roles / Jordi Cabot ; Ruth Raventos
First International Conference on Ontologies, DataBases, and Applications of Semantics for Large Scale Information Systems (ODBASE'04)
Heuristic Strategies for the Discovery of Inclusion Dependencies and Other Patterns / Andreas Koeller ; Elke A. Rundensteiner
Aligning Ontologies, Evaluating Concept Similarities and Visualizing Results / Kleber Xavier Sampaio de Souza ; Joseph Davis ; Silvio Roberto de Medeiros Evangelista
Author Index
Third International Conference on Semantics of a Networked World (ICSNW 2004)
Semantic Interoperation Among Data Systems at a Communication Level / Miren I. Bagüés ; Jesús Bermúdez ; Arantza Illarramendi ; Alberto Tablado ; Alfredo Goñi
Matching Ontologies in Open Networked Systems: Techniques and Applications / Silvana Castano ; Alfio Ferrara ; Stefano Montanelli
89.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
淡路剛久 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 有斐閣, 2006.2  xiv, 396, ivp ; 22cm
シリーズ名: リーディングス環境 / 淡路剛久 [ほか] 編 ; 第2巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   権利と価値
   淡路剛久・川本隆史・植田和弘・長谷川公一
   『リーディングス環境』の刊行にあたって 編者一同
   解題 1 ●植田和弘
   Ⅰ被害・損失・費用 13
1社会的費用の本質とその重要性 15 ●K・W・カップ(篠原泰三訳)『私的企業と社会的費用―現代資本主義における公害の問題』より
2環境被害論 24 ●寺西俊一「〈環境被害〉論序説」淡路剛久・寺西俊一編『公害環境法理論の新たな展開』より
   問題の多様化と広がり―新たな現実をどう受け止めるか 24
   「被害論」の重要性とその理論的位置(24)「被害論」の再構築に求められる四つの視点(25)
   求められる〈環境被害〉論の展開―それをどう組み立てるか 27
   新たなキイ概念としての〈環境被害〉(27)各種の〈環境被害〉をめぐる若干の課題(28)
3自動車の社会的費用 34 ●宇沢弘文『自動車の社会的費用』より
   社会的費用の概念(34)自動車の社会的費用とその内部化(38)
4被害の社会構造 40 ●飯島伸子『環境問題と被害者運動』より
   被害構造のイメージ 41
   四つの被害レベル(4)被害度の規定要因(44)
   生命・健康の破壊―被害認識をめぐる問題点 47
5環境問題への社会学的視座 50 ●船橋晴俊「環境問題への社会学的視座―『社会的ジレンマ論』と『社会制御システム論』」『環境社会学研究』創刊号、より
   はじめに 50
   環境問題と社会的ジレンマ論 51
   環境問題をめぐる社会的ジレンマの基本特徴(51)社会的ジレンマの七類型(53)社会的ジレンマ論の長所と適合的な対象の限界(56)解決論への示唆(56)
   社会制御システムの両義性と交錯性 58
   市場、行政、社会運動の対抗性と相補性(58)社会制御システムの基本特性(59)社会制御システムにおける社会的ジレンマの解決過程(59)公論形成の場と環境社会学の課題(61)
6実践モデルとしての環境正義 62 ●Bullard、Robert D.、Dumpling in Dixie : Race, Class, and Environmental Quality、2nd ed., Chap.6(ロバート・ブラード、原口弥生・長谷川公一訳『アメリカ南部諸州の投棄問題―人種・階級と環境の質』第6章)より
   政府の行動を待って(62)システム変革の原動力(63)過去の不衡平の改善(64)モデルとなる環境正義の枠組(65)草の根レベルでの勝利(69)結論(73)
7環境破壊の構造とエリート主義 75 ●戸田清『環境的公正を求めて』より
   環境革命の時代 75
   環境的公正の追求 76
   エリート主義対参加民主主義 78
   概念規定をめぐって(78)環境問題からのエリート批判(79)環境破壊の構造(原因、影響、対策)とエリート主義(80)エリート主義の逆説事象(82)
   Ⅱ環境権の考え方 87
8公共信託―環境権の新しい憲章 89 ●J・L・サックス(山川洋一郎・高橋一修訳)『環境の保護―市民のための法的戦略』より
9東京宣言 100 ●国際社会科学評議会・環境破壊常置委員会主催の国際シンポジウムで公表された「東京宣言」(淡路剛久訳)より
10環境権―確立のための提言と差止請求における位置づけ 102
   ●大阪弁護士会環境権研究会編『環境権』第Ⅱ編第二章第一節六(真鍋正一)、第Ⅱ編第二章・第四章(川村俊雄・滝井繁男)より
   環境権の意義とその性質 102
   意義(102)性質(103)
   環境権と差止請求―環境権の位置づけ 105
   環境権の意義(106)権利の主体(108)権利の性質(108)権利の内容(111)
11環境権の確立を求めて 116 ●淡路剛久「環境権の確立を求めて」『公害研究』第二〇巻第一〇号、より
   環境権をめぐるわが国の状況 116
   環境権をめぐる推移(116)環境権をめぐる現状(117)
   外国における環境権の動向 118
   環境権規定の憲法への導入(118)環境権の直接的ないし実質的保護の方法(120)
   結語―環境権の確立を求めて 121
12環境権の内容 124 ●沢井裕『公害差止の法理』より
   絶対的差止基準の設定 124
   違法性判断の相対的基準 125
   被侵害利益の評価(126)侵害行為の態様(128)
13環境行政の位置づけ 138 ●原田尚彦『環境権と裁判』より
   環境行政法の性質 138
   環境行政訴訟の役割 141
14法をわれらに(一九七三年八月~十九七四年三月)145 ●松下竜一『豊前環境権裁判』より
   提訴(145)
15良好な環境を享受する権利 154 ●畠山武道『アメリカの環境保護法』より
   連邦憲法と環境権…………… 154
   はじめに(154)
   州法による環境権の保護 155
   州憲法と環境権保護(155)まとめ(155)
16財産権とアメニティ権 159 ●E・J・ミシャン(都留重人監訳)『経済成長の代価』より
   Ⅲ自然の権利 167
17自然の権利 169 ●ロデリック・F・ナッシュ(松野弘訳)『自然の権利―環境倫理の文明史』より
   「自然権」思想から「自然の権利」思想へ(169)「環境運動」の新しい倫理的志向性(171)地球という名の奴隷解放(172)自然保護思想から環境主義思想の文脈へ(175)「次なる革命」としての環境主義思想(178)自然権哲学の伝統への回帰を(179)
18動物の権利の擁護論 181 ●トム・レーガン(青木玲訳)「動物の権利の擁護論」小原秀雄監修、鬼頭秀一ほか編・解説『環境思想の系譜3環境思想の多様な展開』より
   菜食主義、功利主義、および動物の権利(181)権利と環境倫理―ついでに(182)要約と結論(184)
19倫理と自然物の権利 190 ●K・S・シュレーダー=フレチェット(谷本光男訳)「倫理と自然物の権利」シュレーダー=フレチェット編(京都生命倫理研究会訳)『環境の倫理』上、より
   地球の利益と人間の利益(191)自然物の権利を擁護する議論(192)自然の権利を認めることに関する哲学的問題(193)自然の権利を認めることに関する実際上の問題(195)結論(197)
20樹木の当事者適格―自然物の法的権利について 200 ●クリストファー・ストーン(岡嵜修・山田敏雄訳)「樹木の当事者適格―自然物の法的権利について」『現代思想』一九九〇年一一-一二月号、より
   序―途方もないこと(200)実質的権利に向けて(203)精神的・社会心理的側面(205)
   Ⅳ環境の価値 225
21環境倫理確立をめざして 227 ●都留重人『環境教育―何が規範か』より
22環境評価の共通問題 233 ●鷲田豊明『環境評価入門』より
   自然科学的評価と社会経済的評価(223)環境の多次元性(236)環境の全体性と倫理意識(238)指数・物量評価と貨幣評価(241)「正しい評価」という問題(242)
23エコロジー的評価と経済的評価 245 ●J・マルチネス=アリエ(工藤秀明訳)『エコロジー経済学』増補改訂新版、より
   エコロジー的認識と環境政策アジェンダ(245)計量しえない外部性としての地球温暖化(247)疑わしい原子力の経済性(249)エネルギーと経済―歴史的概観(250)略奪経済(253)エコロジー的社会主義の成長(254)エコロジーと社会主義経済における経済計算論争(256)エコロジー的合理性の限界(259)政治的結論(262)
24価値のエコロジカル・モデル 264 ●間瀬啓允『エコフィロソフィ提唱―人間が生き延びるための哲学』より
   「こと」としての生命(264)生命中心の倫理(265)価値のローカス(265)価値のエコロジカル・モデル(267)人間中心主義を超えるもの(268)
25環境危機とディープ・エコロジー運動 270 ●マルネ・ネス(斎藤直輔・開龍美訳)『ディープ・エコロジーとは何か―エコロジー・共同体・ライフスタイル』より
   状況の深刻さ(270)生産と消費―イデオロギーと実践(272)私たちの生態学的知識は著しく制限されている―エコ政治から見た無知の影響(273)ディープ・エコロジー運動(274)ディープ・エコロジー運動の綱領(276)
26共に生きる 280 ●森崎和江『いのちの素顔』より
   Ⅴ環境と所有・責任 289
27共有地の悲劇 291 ●ギャレット・ハーディン(桜井徹訳)K・Sシュレーダー=フレチェット編(京都生命倫理研究会訳)『環境の倫理』下、より
   共有地における自由という悲劇(291)汚染(293)「自制」をいかに法制化するか?(294)「出産の自由」は許されない(295)良心は自らを消滅させていく(297)良心という病原(297)相互に合意された、相互的強制(299)必要性の認識(301)
28人口爆発と環境危機の真実 304 ●バリー・コモナー(松岡信夫訳)『地に平和を―エコロジー危機克服のための選択』より
   人間が多すぎる?(304)地球の限界についての混乱(304)人口よりも技術が問題(306)貧しいから飢える(309)生活水準が人口を決める(310)人口抑制の神話(312)植民地主義が人口を爆発させた(314)償いとしての富の再配分(315)
29アメリカ法における緑の所有権論 317 ●吉田邦彦「環境権と所有理論の新展開」山田卓生編集代表、藤岡康宏編集『新・現代損害賠償法講座』第二巻(吉田『民法解釈と揺れ動く所有論』収録)より
   概況(317)環境倫理の展開(318)法学者へのメッセージ及び法原理化(319)コモンズの経済学としての説明(320)
30そこに住む者の権利 326 ●鳥越皓之「そこに住む者の権利」三戸公・佐藤慶幸編『環境破壊』より
   はじめに―問題関心 326
   環境権の当面の限界(326)共同占有権の存在(327)
   主体性と共同占有との関連 327
   問題の所在(327)
   共同占有の研究史上の位置づけ 329
   生活環境主義の所有論(329)総有論(329)入会地と共同占有(330)
   都市における共同占有 331
   市民の共同占有活動(331)各地区にみられる住民自身の意志決定(332)
   行政による住民参加への具体的施策 333
   住民の主体性鼓舞(333)まちづくり条例(333)まとめ(334)
31環境社会学の所有論的パースペクティブ 336 ●池田寛二「環境社会学の所有論的パースペクティブ―『グローバル・コモンズの悲劇』を超えて」『環境社会学研究』創刊号、より
   地球環境問題と地域環境問題を結ぶ所有論の視点(336)所有の諸類型―自然人の所有と法人所有、占有、専有、所有、管理(339)所有の複合作用と環境問題―法人所有と市場システム(343)結語(345)
32コモンズとしての熱帯林 348 ●井上真「コモンズとしての熱帯林―カリマンタンでの実証調査をもとにして」『環境社会学研究』第三号、より
   はじめに(348)熱帯林地域の発展におけるコモンズの意義―規範的コモンズ論(349)ケニァ人による森林利用の持続性―実証的コモンズ論(351)東カリマンタンにおける森林地域発展の方向性(353)おわりに(356)
33損害賠償の経済分析 359 ●浜田宏一『損害賠償の経済分析』より
34事故の費用 363 ●グイド・カラブレイジ(小林秀文訳)『事故の費用―法と経済学による分析』より
   事故法の目標と下位目標 363
   正義(363)事故費用の低減(365)
35土壌汚染浄化法 370 ●大塚直「土壌汚染浄化法制の現状と課題」加藤一郎・森島昭夫・大塚直・柳憲一郎監修、安田火災海上保険(株)・(株)安田総合研究所編『土壌汚染と企業の責任』より
   ヨーロッパ主要国の動向(370)アメリカのスーパーファンド法(378)
36循環経済および廃棄物法 384 ●松村弓彦「循環経済及び廃棄物法―循環経済の促進及び廃棄物の環境に適合した処分の確保に関する法律」『主要国における最新廃棄物法制』(『別冊NBL』四八号)より
   循環経済及び廃棄物法の概要(384)廃棄物と土壌汚染(394)おわりに(395)
   出典一覧
   権利と価値
   淡路剛久・川本隆史・植田和弘・長谷川公一
   『リーディングス環境』の刊行にあたって 編者一同
90.

図書

図書
武川正吾編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2006.2  iv, 329p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
調査の目的と概要 / 武川正吾, 小渕高志, 上村泰裕著
医療格差への反対理由 / 田村誠著
高齢者介護と介護サービスに関する意識 / 高野和良著
住宅の所有形態と生活意識 / 祐成保志著
地域格差と社会政策 / 平岡公一著
ジェンダーからみた福祉国家 : 政府への責任期待と家庭内性別役割分業観に着目して / 白波瀬佐和子著
高齢者扶養と家族責任 / 田渕六郎著
家族形態と福祉意識 / 山田昌弘著
リスク認知と不安の増幅 / 藤村正之著
階層化社会における平等・格差意識 / 三重野卓著
福祉国家を支える価値意識 / 武川正吾著
「高福祉民営化」志向の分析 / 神山英紀著
ポスト・マテリアリズムによる社会政策意識の変化 : イングルハート指標による社会政策意識の計測 / 小渕高志著
日本のなかの「3つの世界」 : 地方分権と社会政策 / 上村泰裕著
調査の目的と概要 / 武川正吾, 小渕高志, 上村泰裕著
医療格差への反対理由 / 田村誠著
高齢者介護と介護サービスに関する意識 / 高野和良著
91.

図書

図書
スティーヴ・フリートウッド著 ; 佐々木憲介, 西部忠, 原伸子訳
出版情報: 東京 : 法政大学出版局, 2006.2  xx, 305, 15p ; 22cm
所蔵情報: loading…
92.

図書

図書
出版情報: 東京 : ニュートンプレス, 2006.3  159p ; 28cm
シリーズ名: NEWTONムック
所蔵情報: loading…
93.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
電子情報通信学会「技術と歴史」研究会編
出版情報: 東京 : コロナ社, 2006.3  viii, 264p ; 26cm
シリーズ名: 電子情報通信レクチャーシリーズ / 電子情報通信学会編 ; A-2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 電気・電子・情報通信技術の誕生
   1.1 はじめに 1
   1.2 1900年頃までの電気・電子・情報通信技術の歴史展開 2
   談話室 回路理論の誕生史 9
   1.3 おわりに 15
   2. 電気回路と信号処理―波形を理解し活用する―
   2.1 フェーザを用いる電気回路解析から回路合成論の確立ヘ 17
   談話室 1. フェーザの導入 19
2. フェーザ解析の貢献者の横顔 20
   2.2 ディジタルシグナルプロセッサの歴史 24
3. 通信―時間と距離を越えて―
   3.1 アナログ通信からディジタル通信へ 27
   3.2 クロスバ交換機の開発 37
   3.3 マイクロ波ディジタル通信の開発 47
   3.4 G3ファクシミリとその符号化の標準化 56
   3.5 同期ディジタルハイアラーキ(SDH)の標準化 62
   3.6 MPEG方式の標準化―情報圧縮技術の必要性― 68
   3.7 インターネットの技術と歴史 76
   談話室 iモードの開発 84
4. 光技術―より大量の情報を扱うために―
   4.1 光ファイバ通信の発展 86
   4.2 光ファイバ製造技術の研究開発,そして光回路へ 95
   4.3 半導体レーザ―面発光レーザによる変革― 100
   談話室 1. レーザの研究 105
   2. 半導体はどうして光るか? 106
   4.4 光ファイバの測定技術―OTDRによる障害点探索技術― 106
   4.5 光磁気ディスクの開発 112
   談話室 光ファイバ融着技術 117
5. 放送とテレビジョン―リアルな臨場感を求めて―
   5.1 アナログ放送からデジタル放送へ 119
   5.2 東京オリンピック衛星中継から 衛星放送の実用化・安定化への道 125
   5.3 ハイビジョン 130
   5.4 地上デジタル放送システム 136
   5.5 高感度撮像デバイス 141
   5.6 液晶ディスプレイ 146
   5.7 プラズマディスプレイ 151
   5.8 家庭用VTR「VHS」 156
   談話室 情報バリアフリー放送 162
6. 情報技術―コンピュータは世界を変える―
   6.1 コンピュータの誕生と発展 164
   6.2 符号技術 169
   6.3 暗号技術 175
   6.4 TRON OS 181
   6.5 JRの座席予約システム 187
   6.6 ゲームマシン 192
   談話室 アタリショック 195
   6.7 ベクトル形スーパーコンピュータ 198
   談話室 パルテノン 204
7. エレクトロニクス―電子の運動を理解し活用する―
   7.1 真空デバイスから固体・半導体デバイスへ 206
   7.2 トランジスタの誕生 212
   7.3 HEMTの開発 217
   7.4 フラッシュメモリ 223
   7.5 弾性表面波デバイス 228
   談話室 大電力マグネトロンの話 235
   付録―日本を中心とした電子情報通信技術史年表 237
   引用・参考文献 244
   編集後記 257
   索引 258
1. 電気・電子・情報通信技術の誕生
   1.1 はじめに 1
   1.2 1900年頃までの電気・電子・情報通信技術の歴史展開 2
94.

図書

図書
Jean-Michel Bruel (ed.)
出版情報: Berlin : Springer, c2006  xiii, 360 p. ; 24 cm
シリーズ名: Lecture notes in computer science ; 3844
所蔵情報: loading…
95.

図書

図書
Rokia Missaoui, Jürg Schmid (eds.)
出版情報: Berlin : Springer, c2006  x, 308 p. ; 24 cm
シリーズ名: Lecture notes in computer science ; 3874 . Lecture notes in artificial intelligence
所蔵情報: loading…
96.

図書

図書
Michael Kohlhase (ed.)
出版情報: Berlin : Springer, c2006  xi, 403 p. ; 24 cm
シリーズ名: Lecture notes in computer science ; 3863
所蔵情報: loading…
97.

図書

図書
鎌倉惠子監修
出版情報: 東京 : 成美堂出版, 2006.2  191p ; 22cm
所蔵情報: loading…
98.

図書

図書
Kay Römer, Holger Karl, Friedemann Mattern (eds.)
出版情報: Berlin : Springer, c2006  xi, 341 p. ; 24 cm
シリーズ名: Lecture notes in computer science ; 3868
所蔵情報: loading…
99.

図書

図書
竹原和彦編集
出版情報: 東京 : 医歯薬出版, 2006.2  109p ; 26cm
シリーズ名: 別冊・医学のあゆみ
所蔵情報: loading…
100.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
町村敬志編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2006.2  x, 417p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章「佐久間ダム」研究の課題と方法 町村敬志 1
   1.研究の課題-「醒めていく夢」と「捏造される夢」の狭間で 1
   2.資源開発期プロジェクトとしての佐久間ダム-「開発」依存の出発点 2
   3.開発が生成される「時間と空間」-構造分析を根づかせるために 6
   4.「開発の20世紀」に佐久間ダムを位置づける-開発の比較・歴史社会学 9
   5.先取りされた「ポスト開発」-重層化する「開発」の語りのなかで 12
   6.「縮小していく社会」の新しい基盤を求めて 17
1章佐久間ダム建設と流域経済圏の変容-水利権の視点から- 山本唯人 29
   1.はじめに-電源開発政策の展開と「水利権」問題 29
   2.視点-日本型資源開発モデルの構築と「河川流域経済」の再編成 31
   3.佐久間ダム建設と天竜川流域における「水利権」問題 34
   4.ダム建設と新しい交流の基盤-「流域経済圏」の再編成に向けて 43
   5.おわりに-開発体制の揺らぎと「河川空間」の行方 48
2章「理想追求への火」-TVA思想,民主化,そして自立- 宮田伊知郎 51
   1.「理想追求への火」 51
   2.「TVA観念運動」-国家開発と民主主義の接点 52
   3.「自立」とTVAの物語 62
   4・民衆の場所-フォンタナそして佐久間 67
3章ダム建設という「開発パッケージ」-「外地」から「国土」そして「アジア」へ- 河村雅美 73
   1.はじめに-ダム建設という「開発パッケージ」 73
   2.「狭い内地」からの脱出-赴戦江・鴨緑江開発 74
   3.「残された国土」での開発-佐久間ダム 78
   4.再び「狭い日本」からアジアへ-賠償とメコン河開発 81
   5.むすび 88
4章地域社会における「開発」の受容-動員と主体化の重層的過程- 町村敬志 93
   1.「開発の物語」への疑い-なぜ佐久間はダムを受け入れたのか 93
   2.誘致に向かう主体たち-繕われる語りと作り出される「未開性」 96
   3.村の体験としての「開発」 102
   4.開発へ包摂される主体とその象徴的基盤 114
   5.開発の終わりへ 126
5章佐久間ダム開発と地域婦人会活動-戦後日本における民主化と女性- 神山育美 133
   1.民主化政策の受け皿としての地域婦人会 133
   2.ダム・ブームの到来-日常生活の変化 134
   3.都市的生活様式の来訪 140
   4・男性労働者の増大と社会的緊張 144
   5.「民主化」の沈殿,「生活防衛」という地域参加の回路 148
6章佐久間ダム建設という「技術の勝利」-教科書・児童書による開発と科学の構築- 児玉麗音 153
   1.「開発」主体としての子どもたち 153
   2.ダムを語る子どもたち 155
   3.教科書のなかの「開発」 161
   4.「技術の勝利」を越えて 165
7章ポスト・ダム開発の半世紀-地域社会に刻まれる佐久間ダム建設のインパクト- 町村敬志 171
   1.「ポスト・ダム開発」の半世紀とその終焉 171
   2.人口変動から見た「ポスト・ダム開発」期 173
   3.限界集落の苦境 180
   4.産業構造の変容 184
   5.財政構造の変容-税収入に占める佐久間ダムの位置 187
   6.ダム開発がもたらした構造と意識-一方的な犠牲者でもなく,単なる受益者でもなく 191
8章ポスト佐久間ダム開発期における地域文化統合様式の歴史変容 寺田篤生 195
   1.地域統合の揺らぎ-危機のなかで要請される文化統合 195
   2.<慰霊/祝祭>のもとでの文化統合-「豊かさ」の頂点のなかで 196
   3.<過疎/定住社会>のもとでの文化統合-辺境性との闘い 208
   4.ポスト佐久間ダム開発期における地域文化統合様式の歴史変容 225
9章記憶のなかの佐久間ダム-「ぶれ」と「濁り」の創発力- 町村敬志 233
   1.「ダムを背負う」町の記憶 233
   2.社会的属性による記憶の差異 238
   3.変容する記憶-時間的経過の影響 242
   4.佐久間ダムへの評価 247
   5.「開発の記憶」の構造とその変容-「開発」を忘れる力へ 254
10章佐久間ダム開発後の山村生活-ある木材業者とその家族の暮らしぶり- 田中研之輔 259
   1.佐久間ダム開発と地元住民の暮らし 259
   2.佐久間住民の半世紀-「個人の語り」と「生活記録」を素材として 261
   3.佐久間で暮らす或る家族の山村生活 263
   4.佐久間ダム開発後の地元住民の暮らしぶり 279
11章交通開発と地域社会-「ポスト・ダム開発」期の佐久間- 松林秀樹 283
   1.「地方」における鉄道建設の位置付け 283
   2.佐久間線建設に至る背景 285
   3.佐久間線の建設とその中止 290
   4.三遠南信自動車道の建設 296
   5.交通開発と地域社会 300
12章佐久間町における「地域リーダー」の変遷-町村合併以降にみる政治勢力の構図- 神山育美 307
   1.町村合併と政治構造 307
   2,分析の方針 308
   3.佐久間町の成立 308
   4.町長選出の基盤 311
   5.町議会議員選出の基盤 315
   6.町三役・町議会議員と地域組織 317
   7.変化する勢力基盤と地域リーダーの変貌 318
13章まちづくりの担い手は誰か-地域再生に向けた取り組みの現状- 相川陽一 327
   1.はじめに-問題の所在 327
   2・人口と高齢化率からみた佐久間町と周辺地域 327
   3・山香地区における地域活性化への取り組み-他出者とのつながりの構築 334
   4.自助型の集落維持活動-吉沢自治区しゃくなげ会 343
   5.広域合併と地域自治のゆくえ-NPO「がんばらまいか佐久間」の成立 346
   6.むすびに代えて 351
14章「平成の大合併」と地域社会の論理-佐久間町の浜松市広域編入合併をめぐって- 丸山真央 357
   1.はじめに-広域合併に向かう佐久間町 357
   2.水窪町との2町合併の模索 559
   3.「天竜川・浜名湖地域合併」構想の急浮上 365
   4.おわりに-「住民まるごと参加型」NPOとポスト大合併段階のガヴァナンス 374
終章開発の時代を超えて 町村敬志 381
   1.開発の内側から開発を超える 381
   2.「脱ダム」へのはるかな,しかし確実な道のり 383
   3.重層的な領域をローカルな資源に変えるために 387
   4.いま,新しい「開発の時間 開発の空間」を前にして 393
   付録調査票・単純集計 399
序章「佐久間ダム」研究の課題と方法 町村敬志 1
   1.研究の課題-「醒めていく夢」と「捏造される夢」の狭間で 1
   2.資源開発期プロジェクトとしての佐久間ダム-「開発」依存の出発点 2
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼