close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小川浩平, 黒田千秋, 吉川史郎共著
出版情報: 東京 : 培風館, 2002.5  ix, 107p ; 21cm
シリーズ名: Creative chemical engineering course ; 16
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 流体の流動特性(リオロジー) 1
   1.1 ニュートン流体 3
   1.2 非ニュートン流体 4
2. 流れの状態の表現 7
   2.1 ラグランジュの方法とオイラーの方法 7
   2.2 定常流と非定常流 7
   2.3 一様流と非一様流 8
   2.4 流線、流跡線、流管 8
   2.5 層流と乱流 9
   2.5.1 層流と乱流の定義 9
   2.5.2 乱流の種類 10
   2.5.3 乱流場の変動量の平均量 11
3. 収支式 13
   3.1 時間変化率の表示法 13
   3.2 物質収支 14
   3.2.1 一般的な物質収支 14
   3.2.2 乱流場の物質収支式 17
   3.3 運動量収支 17
   3.3.1 一般的な運動量収支 18
   3.3.2 乱流場のナビエーストークスの運動方程式 25
   3.3.3 運動方程式の無次元化 29
   3.4 エネルギー収支 30
   3.4.1 一般的エネルギー収支 30
   3.4.2 ベルヌイの定理 30
   3.5 運動量の法則 34
4. 流れの数値シミュレーション 35
   4.1 数値シミュレーションの方法 36
   4.1.1 差分法 36
   4.1.2 有限要素法 38
   4.2 乱流モデル 38
5. 管路内の流れ 39
   5.1 円管内の流れ 39
   5.1.1 層流における速度分布 41
   5.1.2 乱流における平均速度分布 44
   5.1.3 円管におけるエネルギー損失 48
   5.1.4 配管におけるエネルギー損失 52
   5.2 異形管内流れ 55
   5.2.1 速度分布 55
   5.2.2 エネルギー損失 56
6. 物体周りの流れ 59
   6.1 重力場を沈降する単一球の周りの流れと抵抗力 59
   6.2 粒子群の沈降 64
   6.3 流動層 66
   6.4 固定層 67
7. 境界層内の流れ 71
   7.1 境界層の形成に影響する因子 74
   7.2 境界層方程式 76
8. 反応と流れ 79
   8.1 時間スケールの問題 79
   8.2 化学反応を伴う流れの解析 81
   8.3 乱流場での反応 84
9. 流速測定法 87
   9.1 ピトー静圧管 87
   9.2 超音波流速計 89
   9.3 レーザー流速計 90
   9.4 微粒子(影)追跡法 93
   9.5 熱式流速計 94
   9.6 電極反応流速計 96
   9.7 流速計の選択 98
10. 応力の測定 99
   10.1 圧力測定法 99
   10.2 粘性の測定 102
索引 105
1. 流体の流動特性(リオロジー) 1
   1.1 ニュートン流体 3
   1.2 非ニュートン流体 4
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
盛川仁, 丸山敬著
出版情報: 京都 : 京都大学学術出版会, 2001.6  v, 200p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに I
第1章 定常確率過程論の基礎 1
   1.1 「確率」とは 1
   1.2 確率の定義と演算規則 3
   1.2.1 事象と確率 3
   1.2.2 条件付確率と独立性 5
   1.3 確率変数と確率分布 6
   1.3.1 確率変数,確率分布,確率密度 6
   1.3.2 多次元確率分布 9
   1.3.3 確率分布を特徴づけるパラメータ 11
   1.3.4 確率変数の変数変換 16
   1.4 確率分布モデル 21
   1.5 中心極限定理 25
   1.6 定常確率過程 27
   1.6.1 確率過程 27
   1.6.2 定常性とエルゴード性 28
   1.6.3 自己相関関数とパワースペクトル 31
   1.7 定常過程のスペクトル表示 35
   1.8 多次元定常過程 37
   1.9 初通過問題の解法 40
   1.9.1 閾値通過の発生率 40
   1.9.2 初通過問題の解 43
第2章 条件付確率場の基本理論 47
   2.1 確率論的現象における条件付問題 47
   2.1.1 一般問題 47
   2.1.2 どのような問題を扱うか? 51
   2.1.3 問題の設定 53
   2.2 条件付確率過程U [1/1/n-1](t)の誘導 55
   2.2.1 共分散行列の要素を用いた表現 56
   2.2.2 複素共分散行列を用いた行列表現 60
   2.3.3 パワースペクトルを用いた表現 63
   2.2.4 調和成分の振幅と位相を用いた表現 65
   2.3 条件付確率過程の確率論的性質 70
   2.3.1 特別な場合の条件付確率過程 70
   2.3.2 平均値過程と分散 74
   2.3.3 変動成分のパワースペクトル 77
   2.4 条件付確率過程U 「l/m/n-m](t)- 一般の場合 78
第3章 条件付確率場の理論の展開 83
   3.1 条件付確率場の数値シミュレーション 83
   3.1.1 「厳密」なシミュレーション法 83
   3.1.2 効果的なシミュレーションのための打切りのテクニック 87
   3.2 条件付確率過程の初通過問題 88
   3.3 混合条件下での条件付確率場 96
   3.3.1 定常正規過程の再帰的表現 97
   3.3.2 最大値によって条件づけられた確率過程 101
   3.3.3 混合条件下での条件付確率場のシミュレーション手法 104
第4章 波形の生成 109
   4.1 はじめに 109
   4.2 条件付近似 111
   4.3 統計量の設定 114
   4.4 波形生成の手順 114
   4.4.1 計算点の取り方と逐次生成 114
   4.4.2 参照波の選択 116
   4.4.3 生成順序の違いによる変化 121
   4.5 変動波の生成例 123
   4.5.1 乱流境界層内の変動風速場 123
   4.5.2 乱流場の統計的性質 126
   4.5.3 変動風速波の生成 132
   4.5.4 鉛直面内での生成 136
   4.6 まとめ 140
第5章 応用例 141
   5.1 概観 141
   5.2 乱流境界層の数値シミュレーション 145
   5.2.1 計算方法 146
   5.2.2 流入境界における変動風速場 149
   5.2.3 数値実験結果 154
   5.2.4 乱流統計量の違いによる変化 157
   5.3 まとめ 159
付録A レイノルズ数 161
付録B 対数法則 162
付録C レイノルズ応力・レイノルズ平均 163
付録D テイラーの仮説 165
付録E べき法則 166
付録F 変動波形の発生プログラム 167
参考文献 193
索引 199
はじめに I
第1章 定常確率過程論の基礎 1
   1.1 「確率」とは 1
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼