close
1.

図書

図書
平野博之著
出版情報: 東京 : 丸善, 2001.2  xiv, 208p ; 21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
越塚誠一著 ; 日本計算工学会編
出版情報: 東京 : 丸善, 2005.2  xiv, 144p ; 22cm
シリーズ名: 計算力学レクチャーシリーズ ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1粒子法の概要 1
   1.1粒子法の特徴 1
   1.2さまざまな粒子法 4
   1.3粒子法の研究の歴史 7
2MPS法の基礎 9
   2.1MPS法 9
   2.2粒子間相互作用モデル 9
   2.2.1重み関数 9
   2.2.2勾配モデル 12
   2.2.3発散モデル 14
   2.2.4ラプラシアンモデル 15
   2.3粒子の大きさが非均一な場合 19
3非圧縮性流れの計算法 21
   3.1非圧縮性流れの計算アルゴリズム 21
   3.1.1非圧縮性流れ 21
   3.1.2半陰的アルゴリズム 22
   3.1.3計算モデルのパラメータの値 28
   3.1.4時間刻み幅の制限 28
   3.1.5限られた圧縮性を考慮する場合 29
   3.2境界条件 31
   3.2.1自由表面 31
   3.2.2壁境界 33
   3.2.3流入・流出境界 34
   3.2.4周期境界 35
   3.3混相流に関する計算モデル 35
   3.3.1表面張力 35
   3.3.2温度場 38
   3.3.3沸騰 38
   3.3.4凝固・融解 40
   3.3.5密度差の大きい2流体の計算アルゴリズム 41
   3.4MPS-MAFL法 42
   3.5他のメッシュレス法 46
   3.5.1SPH法 46
   3.5.2最小二乗法を用いる方法 47
   3.5.3多項式近似あるいはテイラー展開による方法 49
4弾性体の計算法 51
   4.1弾性体の動的計算アルゴリズム 51
   4.1.l厚肉弾性体 51
   4.1.23次元の場合 58
   4.1.3接触 60
   4.1.4破壊 62
   4.2流体一構造連成解析のアルゴリズム 63
   4.2.1剛体・厚肉弾性体 63
   4.2.2薄肉弾性体 66
   4.3全エネルギーの保存性と時間差分スキーム 69
   4.3.12次元弾性体 70
   4.3.2非圧縮性流れ 75
5MPS法を用いた計算例 77
   5.1自由表面流れ 78
   5.1.1水柱の崩壊 78
   5.1.2砕波 82
   5.1.3液面振動 85
   5.1.4流体による衝撃圧 88
   5.2乱流 91
   5.3混相流 91
   5.3.1単一液滴の振動 92
   5.3.2単一気泡の上昇 93
   5.3.3単一液滴のブレークアップ 95
   5.3.4ジェットのブレークアップ 96
   5.3.5核沸騰 99
   5.3.6その他の混相流 102
   5.4構造解析 103
   5.5マルチフィジックス解析 105
   5.5.1剛体と流体との相互作用 105
   5.5.2構造物と流体との相互作用 106
   5.5.3土砂と流体とめ相互作用 109
   5.5.4相変化を伴う熱流動 109
   5.5.5マイクロ流体 111
   5.6大規模計算 113
   5.7コンピュータグラフイックス 114
   A2次元MPS流体解析コードの解説 117
   A.1収納ファイルの説明 117
   A.1.1収納ファイルの一覧 117
   A.1.2mps.c 117
   A.1.3mps.exe 118
   A.1.4mps.data 118
   A.1.5mps.grid 118
   A.1.6mps.prof 118
   A.1.7MPSView.exe 118
   A.2水柱の崩壊における計算の実行 122
   A.3計算結果の表示 122
   A.3.1基本的な操作 122
   A.3.2速度ベクトルの表示 123
   A.3.3PC上で動くムービーファイルにしたいとき 123
   参考文献 125
   索引 139
1粒子法の概要 1
   1.1粒子法の特徴 1
   1.2さまざまな粒子法 4
3.

図書

図書
W. G. Hoover著 ; 志田晃一郎訳
出版情報: 東京 : 森北出版, 2008.12  viii, 243p, 図版[8]p ; 22cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼