close
1.

図書

図書
立屋敷哲著
出版情報: 東京 : 丸善, 2002.9  xiii, 255p ; 26cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
加藤明良, 鍋島達弥著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2001.4  vii, 130p ; 26cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
Andrew F. Parsons著 ; 村田滋訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2006.1  x, 237p ; 21cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
齋藤勝裕著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2005.3  vii, 165p ; 22cm
シリーズ名: わかる化学シリーズ ; 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ようこそ有機化学の世界へ 1
第Ⅰ部 有機化学を学ぶために
1章 いろいろな有機分子ができるわけ 5
   1.原子はどのような構造をしているのか 6
   2.電子はどのように存在するのか 7
   3.有機分子をつくる共有結合 10
   4.混成軌道がさまざまな形の分子を生み出す 15
   5.多重結合をつくる混成軌道 18
   6.分子間にも結合がある 20
    コラム イオン結合 12
第Ⅱ部 有機分子の構造を知る
2章 基本的な有機分子の構造 25
   1.構造式は分子のプロフィール 26
   2.アルカンの構造と名前 28
   3.アルケンおよびアルキンの構造と名前 31
   4.共役化合物の構造 33
   5.共役二重結合のπ結合 35
   6.芳香族化合物の構造 37
    コラム 環境を汚染する問題児 39
3章 有機分子は三次元の構造をとる 41
   1.どのような異性体があるのだろうか 42
   2.三次元で異性体を考える 43
   3.鏡に映せば重なる鏡像異性体 45
   4.立体異性体の書き表し方 48
   5.結合の回転に伴う配座異性体 49
    コラム R,S表記 47
    コラム メソ体 53
4章 有機分子を顔と体に分ける 55
   1.基本的な有機分子の姿 56
   2.官能基 58
   3.σ結合と置換基効果 61
   4.置換基効果の例 62
5章 有機分子の構造を決める 65
   1.元素分析 66
   2.分子量を決める 68
   3.スペクトルの原理 70
   4.UVスペクトルは二重結合の情報を与える 74
   5.IRスペクトルは官能基の情報を与える 75
   6.NMRスペクトルは原子と磁場の関係を利用する 77
   7.NMRスペクトルが教えてくれるもの 79
   8.分子の写真 81
第Ⅲ部 有機分子の反応を見る
6章 有機反応を進めるもの 85
   1.化学反応式の意味 86
   2.結合の切断と生成 88
   3.反応速度と半減期 90
   4.逐次反応と律速段階 92
   5.活性化エネルギー 93
7章 飽和結合の反応 97
   1.置換反応 98
   2.1分子求核置換反応:SN1反応 99
   3.SN1反応の反応速度 100
   4.2分子求核置換反応:SN2反応 103
   5.1分子脱離反応(E1反応)と2分子脱離反応(E2反応) 104
   6.試薬の大きさの影響 107
8章 不飽和結合の反応 111
   1.シス付加 112
   2.トランス付加 114
   3.非対称な分子の反応 116
   4.酸化反応 118
   5.芳香族化合物の反応 121
9章 官能基の反応 125
   1.アルコールはアルケンとエーテルになる 126
   2.エーテルはアルコールになる 128
   3.アルコールはアルデヒドになり,やがてカルボン酸になる 130
   4.カルボニル基の性質と置換反応 132
   5.カルボニル基の付加反応 135
   6.カルボン酸は酸性である 139
   7.アミンは塩基性である 139
   8.官能基はさまざまに変化する 142
第Ⅳ部 いろいろな分子をつくる
10章 有機分子の合成 147
   1.官能基を変えて合成する 148
   2.不飽和結合の導入とその応用 150
   3.逆に考えよう 152
   4.実際に合成してみよう 155
   5.実験器具と操作 158
   索引 161
ようこそ有機化学の世界へ 1
第Ⅰ部 有機化学を学ぶために
1章 いろいろな有機分子ができるわけ 5
5.

図書

図書
薬学教育研究会編
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2009.9  xvii, 273p ; 21cm
シリーズ名: CBT対策と演習
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
日本薬学会編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2011.3  136p ; 26cm
シリーズ名: プライマリー薬学シリーズ / 日本薬学会編 ; 3 . 薬学の基礎としての化学||ヤクガク ノ キソ トシテノ カガク ; 2
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
太田博道著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2010.11  viii, 134p ; 26cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
深宮斉彦[ほか]著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2010.11  ix, 232p ; 26cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
小夫家芳明著
出版情報: 東京 : 丸善, 1998.12  viii, 189p, 図版2枚 ; 27cm
シリーズ名: シリーズ有機化学の探険
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
國友順一, 横井利夫編集 ; 大石義孝 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2006.3  xix, 475p ; 21cm
所蔵情報: loading…
11.

図書

図書
Paula Y. Bruice著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2006.9  xxvii, 615, 17, 9, 1, 16p ; 26cm
所蔵情報: loading…
12.

図書

図書
ブラウン, プーン[著] ; 池田正澄, 奥山格監訳
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2006.5  xxi, 710p ; 26cm
所蔵情報: loading…
13.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
赤路健一, 福田常彦著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2008.10  viii, 182p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 有機化合物の結合と構造 1
   1.1 有機化合物 1
   1.2 化学結合 2
    1.2.1 原子の電子構造 2
    1.2.2 イオン結合 4
    1.2.3 共有結合 5
    1.2.4 結合の軌道論 8
    1.2.5 混成軌道 11
   1.3 官能基と命名法 13
    1.3.1 分子骨格による分類 13
    1.3.2 官能基による分類 15
    1.3.3 有機化合物の命名法 15
   1.4 有機反応のかたち 18
   章末問題 19
   本章のまとめ 20
   COLUMN
    ふっ素とオゾンホール 9
    寿限無寿限無… 17
2章 有機化合物の立体構造 21
   2.1 立体異性体 22
    2.1.1 鎖状アルカンの立体配座 22
    2.1.2 環状アルカンの立体配座 23
   2.2 立体配置 25
    2.2.1 不斉炭素と鏡像体 26
    2.2.2 立体化学の表し方 27
   章末問題 31
   本章のまとめ 32
   CLOUMN
    薬と毒は紙一重 26
3章 炭素骨格の性質と反応 33
   3.1 アルカンの性質と反応 33
    3.1.1 アルカンの性質 33
    3.1.2 アルカンの反応 34
   3.2 アルケンの性質と反応 35
    3.2.1 アルケンへの求電子付加反応 36
    3.2.2 共役ジエン 39
   3.3 芳香族化合物 40
    3.3.1 芳香族化合物の性質 40
    3.3.2 芳香族化合物の反応 41
   章末問題 47
   本章のまとめ 47
    ブルーベリーやニンジンは目にいい? 37
    「亀の甲」の功罪 41
4章 官能基の性質と反応 49
   4.1 有機ハロゲン化合物 49
    4.1.1 求核置換反応 49
    4.1.2 脱離反応 53
   4.2 アルコールとエーテル 57
    4.2.1 アルコールの性質 57
    4.2.2 アルコールの反応 60
    4.2.3 エーテル 62
   4.3 アルデヒドとケトン 63
    4.3.1 カルボニル基 64
    4.3.2 求核付加反応 64
   4.4 カルボン酸とその誘導体 69
    4.4.1 カルボン酸 69
    4.4.2 カルボン酸誘導体 71
   4.5 アルドール反応 74
    4.5.1 ケト・エノール互換異性 74
    4.5.2 アルドール型反応 77
   4.6 アミンとその誘導体 81
    4.6.1 構造と性質 82
    4.6.2 合成と反応 85
   章末問題 87
   本章のまとめ 88
    においの話 59
    ホルマリンとシックハウス症候群 65
5章 糖質の化学 91
   5.1 単糖の構造と性質 91
    5.1.1 単糖の立体異性体 92
    5.1.2 単糖の環状構造 94
    5.1.3 変旋光 95
    5.1.4 単糖の誘導体 95
    5.1.5 グリコシド結合の形成 97
   5.2 二糖の構造と性質 97
   5.3 多糖類の構造と性質 98
    5.3.1 ホモ多糖 98
    5.3.2 ヘテロ糖 103
    5.3.3 糖タンパク質 105
   章末問題 107
   本章のまとめ 108
    甘味料のいろいろ 100
    酵素をだます糖尿病治療薬 102
    PSA(前立腺特異的抗原によるがんの診断 106
6章 脂質の性質とその働き 109
   6.1 脂質の分類 109
    6.1.1 脂肪酸 109
    6.1.2 ろう 110
    6.1.3 トリアシルグリセロール 111
    6.1.4 グリセロリン脂質 112
    6.1.5 スフィンゴ脂質 113
    6.1.6 イソプレノイド 114
   6.2 リポタンパク質 117
   6.3 膜 118
   章末問題 119
   本章のまとめ 120
    コレステロールを減らせ! 116
7章 アミノ酸・ペプチド・タンパク質の化学 121
   7.1 アミノ酸とタンパク質の一次構造 121
    7.1.1 非極性で中性のアミノ酸 122
    7.1.2 極性をもつ中性のアミノ酸 124
    7.1.3 塩基性アミノ酸 124
    7.1.4 酸性アミノ酸 124
   7.2 アミノ酸の等電点 125
   7.3  タンパク質やペプチド中でのアミノ酸の修飾 126
   7.4 いろいろな生理活性ペプチド 127
   7.5 タンパク質の構造と性質 130
    7.5.1 タンパク質の構造 131
    7.5.2 タンパク質の一次構造の決定 131
    7.5.3 タンパク質の二次構造 135
    7.5.4 タンパク質の三次構造 138
    7.5.5 タンパク質の四次構造 139
   7.6 ミオグロビンとヘモグロビン
    7.6.1 ミオグロビンの構造と機能 139
    7.6.2 ヘモグロビン 140
   章末問題 141
   本章のまとめ 141
    前立腺がん治療薬 129
    固相法によるペプチド合成 130
8章 核酸の構造と役割 143
   8.1 核酸の構造 143
   8.2 核酸の立体構造 146
    8.2.1 DNAの二重らせん構造 146
    8.2.2 一本鎖RNA分子の構造 149
   8.3 核タンパク質 149
    8.3.1 クロマチン 149
    8.3.2 リポソーム 150
   8.4 核酸の複製とタンパク質の合成 151
    8.4.1 DNAの複製 151
    8.4.2 RNAの生合成 : 転写 154
    8.4.3 タンパク質の生合成 : mRNAの翻訳 156
   章末問題 158
   本章のまとめ 158
    PCR (Polymerase Chain Reaction)ポリメラーゼ連鎖反応 152
    DNAの配列決定法(サンガー法) 153
    抗ウイルス薬の仕組み 155
9章 代謝とエネルギー 159
   9.1 酵素 159
   9.2 補酵素の構造と機能 160
    9.2.1 ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)およびニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸(NADP) 160
    9.2.2 フラビンモノヌクレオチド(FMN)およびフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD) 161
    9.2.3 補酵素A(Conenzyme A ; CoA)とアシルキャリアータンパク質(ACP) 162
    9.2.4 ピリドキサル5'-リン酸 163
   9.3 生体成分の同化反応 165
    9.3.1 糖新生 167
    9.3.2 グリコーゲンの合成 167
    9.3.3 脂肪酸の合成 168
    9.3.4 アミノ酸の生合成 169
   9.4 生体成分の異化反応 170
    9.4.1 脂肪酸のβ酸化 170
    9.4.2 アミノ酸の分解 171
    9.4.3 解糖 172
    9.4.4 クエン酸回路 173
    9.4.5 電子伝達系と酸化的リン酸化 175
    9.4.6 異化経路の概観 176
   章末問題 177
   本章のまとめ 177
    フェニルケトン尿症 163
参考図書 178
索引 179
1章 有機化合物の結合と構造 1
   1.1 有機化合物 1
   1.2 化学結合 2
14.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
齋藤勝裕著 ; 講談社サイエンティフィク編集
出版情報: 東京 : 講談社, 2008.4  vi, 184p ; 21cm
シリーズ名: 絶対わかる化学シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに v
第Ⅰ部 基礎問題 1
1章 構造 2
   1 記号 2
   2 結合 4
   3 炭化水素の構造 6
   4 C-O結合の構造 8
   5 芳香族性 10
   6 不安定中間体 12
   7 置換基 14
2章 反応 16
   1 基礎反応 16
   2 官能基の反応 18
   3 単結合の反応 20
   4 不飽和結合の反応 22
   5 カルボニル基の反応 24
   5 共役系の反応 26
   7 芳香族の反応 28
   コラム : 反応機構の約束 30
第Ⅱ部 初級問題 31
3章 C=C結合の反応 32
   1 二重結合生成反応 32
   2 付加反応 34
   3 シス-トランス付加反応 36
   4 環状付加反応 38
   5 ジオール生成反応 40
   6 酸化切断反応 42
   7 三重結合の反応 44
4章 C=X結合の反応 46
   1 求核付加反応 46
   2 有機金属試薬の反応 48
   3 酸化還元反応 50
   4 不均化反応 52
   5 縮合反応 54
   6 転位反応 56
   7 エナミンの生成 58
5章 芳香族の反応 60
   1 求電子置換反応 60
   2 置換基変換反応 62
   3 配向性 64
   4 カップリング反応 66
   5 還元反応 68
   6 ベンゼン環上の転位反応 70
   7 ピリジンの反応 72
6章 分子軌道論的反応 74
   1 エネルギーと関数 74
   2 結合エネルギー 76
   3 分子軌道と反応性 78
   4 芳香族性 80
   5 閉環反応 82
   6 水素移動反応 84
   7 環状付加反応 86
   コラム : 反応機構の中間部分 88
第Ⅲ部 中級問題 89
7章 基礎的な反応 90
   1 ケトンからアミドへの転位反応 90
   2 ケトンから力ルボン酸への反応 92
   3 ケトンの酸化反応 94
   4 ケトンとマロン酸エステルの反応 96
   5 エナミンの反応 98
   6 ケトンとコハク酸の縮合反応 100
   7 2個のケトン間の反応 102
   コラム : 二重結合の転位・環状付加反応 104
8章 応用的な反応 106
   1 2個のアルデヒドの間の反応 106
   2 ベンゼン環上の転位反応 108
   3 アルデヒドとニトリル陰イオンの反応 110
   4 アセチル基とアミンの反応 112
   5 α-ハロエステルとケトンの反応 114
   6 α-ハロケトンの転位反応 116
   7 炭素鎖を伸ばす反応 118
9章 発展的な反応 120
   1 カルボン酸からアミンへの変化 120
   2 エステルと金属ナトリウムの反応 122
   3 アルコールから出発する反応 124
   4 二重結合から出発する反応 126
   5 1,3-ジケトンから出発する反応 128
   6 二重結合の転位反応 130
   7 活性メチレンの反応 132
   コラム : 中間体と生成物 134
第Ⅳ部 上級問題 135
10章 学部初学年 136
   1 反応機構の書き方 136
   2 環状ケトンの開環反応 138
   3 開環と閉環反応 140
   4 脱臭化水素と臭化水素付加 142
   5 二重結合の転位反応 144
   6 四員環ジケトンの開環反応 146
   7 立体的な問題 148
11章 学部中学年 150
   1 非共有電子対による力ルボニルの攻撃 150
   2 活性メチレンとエステルの反応 152
   3 環拡大反応 154
   4 三員環を経由する反応 156
   5 エポキシ環の開環反応 158
   6 ケトン環の開環と閉環 160
   7 ラクトン環の反応 162
   8 活性炭素による環化反応 164
12章 学部高学年 166
   1 エナミンの反応 166
   2 六員環ケトンからフェノール生成 168
   3 エーテル環の開裂反応 170
   4 三重結合の転位反応と環状付加反応 172
   5 八員環共役系からベンゼンへの転位反応 174
   6 二環状化合物の反応 176
   7 六員環共役ケトンの開環反応 178
   8 コラム的問題 180
索引 182
はじめに v
第Ⅰ部 基礎問題 1
1章 構造 2
15.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
T.W. Graham Solomons, Craig B. Fryhle, Robert G. Johnson [著] ; 池田正澄 [ほか] 監訳
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2008.4  vii, 279p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 有機化学の基礎 : 化学結合と分子構造 1
2. 代表的な炭素化合物 13
3. 有機化学反応序論 : 酸と塩基 19
4. アルカンとシクロアルカンの命名法と立体配座 27
5. 立体化学 : キラルな分子 39
6. イオン反応 : ハロゲン化アルキルの求核置換反応と脱離反応 51
7. アルケンとアルキンⅠ : 性質と合成.ハロゲン化アルキルの脱離反応 63
8. アルケンとアルキンⅡ : 付加反応 79
9. ラジカル反応 91
10. アルコール,エーテル,およびチオール 97
11. カルボニル化合物からアルコールの合成 : 酸化還元反応と有機金属化合物 109
12. 共役不飽和系 129
13. 芳香族化合物 141
14. 芳香族化合物の反応 147
15. アルデヒドとケトンⅠ : カルボニル基への求核付加 165
16. アルデヒドとケトンⅡ : エノールとエノラート 181
17. カルボン酸とその誘導体 : アシル炭素上の求核付加-脱離反応 197
18. β-ジカルボニル化合物の合成と反応 : エノラートの化学 213
19. アミン 231
20. フェノールとハロゲン化アリール : 芳香族求核置換反応 255
21. 炭水化物 265
22. 脂質 269
23. アミノ酸とタンパク質 273
24. 核酸とタンパク質合成 277
1. 有機化学の基礎 : 化学結合と分子構造 1
2. 代表的な炭素化合物 13
3. 有機化学反応序論 : 酸と塩基 19
16.

図書

図書
竹中克彦[ほか]著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2000.9  iv, 139p ; 26cm
シリーズ名: ニューテック・化学シリーズ
所蔵情報: loading…
17.

図書

図書
務台潔著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2000.9  vii, 212p ; 21cm
シリーズ名: 基本化学シリーズ ; 14
所蔵情報: loading…
18.

図書

図書
杉森彰著
出版情報: 東京 : サイエンス社, 2000.10  x, 240p ; 21cm
シリーズ名: サイエンスライブラリ化学 ; 3
所蔵情報: loading…
19.

図書

図書
Maitland Jones, Jr. and Henry L. Gingrich
出版情報: New York : Norton , 東京 : 東京化学同人(発売), 2001, c2000  x, 787 p. ; 28 cm
所蔵情報: loading…
20.

図書

図書
上村明男著
出版情報: 東京 : 丸善, 2000.12  vii, 154p ; 21cm
所蔵情報: loading…
21.

図書

図書
ロジャー・W.アルダー, レイ・ベーカー, ジョン・M.ブラウン著 ; 井上喜晴訳
出版情報: 大阪 : 国際通信社 , 東京 : 星雲社 (発売), 2000.12  325p ; 30cm
所蔵情報: loading…
22.

図書

図書
Joshua Howarth [著] ; 大勝靖一, 吉田泰彦共訳
出版情報: 東京 : 丸善, 2000.4  xix, 291p ; 21cm
所蔵情報: loading…
23.

図書

図書
P.W.グランドウォーター, G.A.テイラー著 ; 安藤喬志, 木村隆英, 中澤知男共訳
出版情報: 京都 : 化学同人, 2000.4  xii, 226p ; 26cm
所蔵情報: loading…
24.

図書

図書
Susan McMurry
出版情報: 東京 : 東京化学同人 (発売), 2000.4  361p ; 24cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
A Note for Students
Structure and Bonding; Acids and Bases / 1:
Atomic Structure / 1.1:
Electron Configuration of Atoms / 1.2:
Development of Chemical Bonding Theory / 1.3:
The Nature of Chemical Bonds / 1.4:
Forming Covalent Bonds: Valence Bond Theory / 1.5:
Hybridization: sp[superscript 3] Orbitals and the Structure of Methane / 1.6:
Hybridization: sp[superscript 3] Orbitals and the Structure of Ethane / 1.7:
Hybridization: sp[subscript 2] Orbitals and the Structure of Ethylene / 1.8:
Hybridization: sp Orbitals and the Structure of Acetylene / 1.9:
Polar Covalent Bonds: Electronegativity / 1.10:
Acids and Bases: The Bronsted--Lowry Definition / 1.11:
Acids and Bases: The Lewis Definition / 1.12:
The Nature of Organic Compounds: Alkanes / 2:
Functional Groups / 2.1:
Alkanes and Alkyl Groups: Isomers / 2.2:
Naming Branched-Chain Alkanes / 2.3:
Properties of Alkanes / 2.4:
Conformations of Ethane / 2.5:
Drawing Chemical Structures / 2.6:
Cycloalkanes / 2.7:
Cis--Trans Isomerism in Cycloalkanes / 2.8:
Conformations of Some Cycloalkanes / 2.9:
Axial and Equatorial Bonds in Cyclohexane / 2.10:
Conformational Mobility of Cyclohexane / 2.11:
The Nature of Organic Reactions: Alkenes / 3:
Naming Alkenes / 3.1:
Electronic Structure of Alkenes / 3.2:
Cis--Trans Isomers of Alkenes / 3.3:
Sequence Rules: The E,Z Designation / 3.4:
Kinds of Organic Reactions / 3.5:
How Reactions Occur: Mechanisms / 3.6:
The Mechanism of an Organic Reaction: Addition of HCl to Ethylene / 3.7:
Describing a Reaction: Reaction Energy Diagrams and Transition States / 3.8:
Describing a Reaction: Intermediates / 3.9:
Reactions of Alkenes and Alkynes / 4:
Addition of HX to Alkenes: Hydrohalogenation / 4.1:
Orientation of Alkene Addition Reactions: Markovnikov's Rule / 4.2:
Carbocation Structure and Stability / 4.3:
Addition of H[subscript 2]O to Alkenes: Hydration / 4.4:
Addition of X[subscript 2] to Alkenes: Halogenation / 4.5:
Addition of H[subscript 2] to Alkenes: Hydrogenation / 4.6:
Oxidation of Alkenes: Hydroxylation and Cleavage / 4.7:
Biological Addition Reactions of Alkenes / 4.8:
Addition of Radicals to Alkenes: Polymers / 4.9:
Conjugated Dienes / 4.10:
Stability of Allylic Carbocations: Resonance / 4.11:
Drawing and Interpreting Resonance Forms / 4.12:
Alkynes and Their Reactions / 4.13:
Aromatic Compounds / 5:
Structure of Benzene: The Kekule Proposal / 5.1:
Structure of Benzene: The Resonance Proposal / 5.2:
Naming Aromatic Compounds / 5.3:
Electrophilic Aromatic Substitution Reactions: Bromination / 5.4:
Other Electrophilic Aromatic Substitution Reactions / 5.5:
The Friedel--Crafts Alkylation and Acylation Reactions / 5.6:
Substituent Effects in Electrophilic Aromatic Substitution / 5.7:
An Explanation of Substituent Effects / 5.8:
Oxidation and Reduction of Aromatic Compounds / 5.9:
Polycyclic Aromatic Hydrocarbons / 5.10:
Organic Synthesis / 5.11:
Stereochemistry / 6:
Stereochemistry and the Tetrahedral Carbon / 6.1:
The Reason for Handedness in Molecules: Chirality / 6.2:
Optical Activity / 6.3:
Specific Rotation / 6.4:
Pasteur's Discovery of Enantiomers / 6.5:
Sequence Rules for Specifying Configuration / 6.6:
Diastereomers / 6.7:
Meso Compounds / 6.8:
Molecules with More Than Two Stereocenters / 6.9:
Racemic Mixtures and the Resolution of Enantiomers / 6.10:
Physical Properties of Stereoisomers / 6.11:
A Brief Review of Isomerism / 6.12:
Chirality in Nature / 6.13:
Alkyl Halides / 7:
Naming Alkyl Halides / 7.1:
Preparing Alkyl Halides / 7.2:
Reactions of Alkyl Halides: Grignard Reagents / 7.3:
Nucleophilic Substitution Reactions / 7.4:
The S[subscript N]2 Reaction / 7.5:
The S[subscript N]1 Reaction / 7.6:
Eliminations: The E2 Reaction / 7.7:
Eliminations: The E1 Reaction / 7.8:
A Summary of Reactivity: S[subscript N]1, S[subscript N]2, E1, E2 / 7.9:
Substitution Reactions in Living Organisms / 7.10:
Alcohols, Phenols, and Ethers / 8:
Naming Alcohols, Phenols, and Ethers / 8.1:
Properties of Alcohols, Phenols, and Ethers: Hydrogen Bonding / 8.2:
Properties of Alcohols and Phenols: Acidity / 8.3:
Synthesis of Alcohols / 8.4:
Reactions of Alcohols / 8.5:
Synthesis and Reactions of Phenols / 8.6:
Synthesis and Reactions of Ethers / 8.7:
Cyclic Ethers: Epoxides / 8.8:
Thiols and Sulfides / 8.9:
Aldehydes and Ketones: Nucleophilic Addition Reactions / 9:
The Nature of Carbonyl Compounds / 9.1:
Naming Aldehydes and Ketones / 9.2:
Synthesis of Aldehydes and Ketones / 9.3:
Oxidation of Aldehydes / 9.4:
Nucleophilic Addition Reactions of Aldehydes and Ketones: Reduction / 9.5:
Nucleophilic Addition of Water: Hydration / 9.6:
Nucleophilic Addition of Alcohols: Acetal Formation / 9.7:
Nucleophilic Addition of Amines: Imine Formation / 9.8:
Nucleophilic Addition of Grignard Reagents: Alcohol Formation / 9.9:
Conjugate Nucleophilic Addition Reactions / 9.10:
Some Biological Nucleophilic Addition Reactions / 9.11:
Carboxylic Acids and Derivatives / 10:
Naming Carboxylic Acids and Derivatives / 10.1:
Occurrence and Properties of Carboxylic Acids / 10.2:
Synthesis of Carboxylic Acids / 10.3:
Nucleophilic Acyl Substitution Reactions / 10.4:
Reactions of Carboxylic Acids / 10.5:
Chemistry of Acid Halides / 10.6:
Chemistry of Acid Anhydrides / 10.7:
Chemistry of Esters / 10.8:
Chemistry of Amides / 10.9:
Chemistry of Nitriles / 10.10:
Polymers from Carbonyl Compounds: Nylons and Polyesters / 10.11:
Carbonyl Alpha-Substitution Reactions and Condensation Reactions / 11:
Keto--Enol Tautomerism / 11.1:
Reactivity of Enols: The Mechanism of Alpha-Substitution Reactions / 11.2:
Alpha Halogenation of Aldehydes and Ketones / 11.3:
Acidity of Alpha Hydrogen Atoms: Enolate Ion Formation / 11.4:
Reactivity of Enolate Ions / 11.5:
Alkylation of Enolate Ions / 11.6:
Carbonyl Condensation Reactions / 11.7:
Condensations of Aldehydes and Ketones: The Aldol Reaction / 11.8:
Dehydration of Aldol Products: Synthesis of Enones / 11.9:
Condensations of Esters: The Claisen Condensation Reaction / 11.10:
Biological Carbonyl Reactions / 11.11:
Amines / 12:
Naming Amines / 12.1:
Structure and Properties of Amines / 12.2:
Basicity of Amines / 12.3:
Synthesis of Amines / 12.4:
Reactions of Amines / 12.5:
Heterocyclic Amines / 12.6:
Alkaloids: Naturally Occurring Amines / 12.7:
Structure Determination / 13:
Infrared Spectroscopy and the Electromagnetic Spectrum / 13.1:
Infrared Spectroscopy of Organic Molecules / 13.2:
Ultraviolet Spectroscopy / 13.3:
Interpreting Ultraviolet Spectra: The Effect of Conjugation / 13.4:
Nuclear Magnetic Resonance Spectroscopy / 13.5:
The Nature of NMR Absorptions / 13.6:
Chemical Shifts / 13.7:
Chemical Shifts in [superscript 1]H NMR Spectra / 13.8:
Integration of [superscript 1]H NMR Spectra: Proton Counting / 13.9:
Spin--Spin Splitting in [superscript 1]H NMR Spectra / 13.10:
Uses of [superscript 1]H NMR Spectra / 13.11:
[superscript 13]C NMR Spectroscopy / 13.12:
Biomolecules: Carbohydrates / 14:
Classification of Carbohydrates / 14.1:
Configurations of Monosaccharides: Fischer Projections / 14.2:
D,L Sugars / 14.3:
Configurations of Aldoses / 14.4:
Cyclic Structures of Monosaccharides: Hemiacetal Formation / 14.5:
Monosaccharide Anomers: Mutarotation / 14.6:
Reactions of Monosaccharides / 14.7:
Polysaccharides / 14.9:
Other Important Carbohydrates / 14.10:
Cell-Surface Carbohydrates and Carbohydrate Vaccines / 14.11:
Biomolecules: Amino Acids, Peptides, and Proteins / 15:
Structures of Amino Acids / 15.1:
Isoelectric Points / 15.2:
Peptides and Proteins / 15.3:
Covalent Bonding in Peptides / 15.4:
Peptide Structure Determination: Amino Acid Analysis / 15.5:
Peptide Sequencing: The Edman Degradation / 15.6:
Peptide Synthesis / 15.7:
Classification of Proteins / 15.8:
Protein Structure / 15.9:
Enzymes / 15.10:
How Do Enzymes Work? Citrate Synthase / 15.11:
Biomolecules: Lipids and Nucleic Acids / 16:
Lipids / 16.1:
Fats and Oils / 16.2:
Soaps / 16.3:
Phospholipids / 16.4:
Steroids / 16.5:
Nucleic Acids and Nucleotides / 16.6:
Structure of DNA / 16.7:
Base Pairing in DNA: The Watson--Crick Model / 16.8:
Nucleic Acids and Heredity / 16.9:
Replication of DNA / 16.10:
Structure and Synthesis of RNA: Transcription / 16.11:
RNA and Protein Biosynthesis: Translation / 16.12:
Sequencing DNA / 16.13:
The Polymerase Chain Reaction / 16.14:
The Organic Chemistry of Metabolic Pathways / 17:
An Overview of Metabolism and Biochemical Energy / 17.1:
Catabolism of Fats: [beta]-Oxidation Pathway / 17.2:
Catabolism of Carbohydrates: Glycolysis / 17.3:
The Citric Acid Cycle / 17.4:
Catabolism of Proteins: Transamination / 17.5:
The Organic Chemistry of Metabolic Pathways: A Summary / 17.6:
Appendixes
Nomenclature of Polyfunctional Organic Compounds / A:
Glossary / B:
Answers to Selected In-Chapter Problems / C:
Index
Preface
A Note for Students
Structure and Bonding; Acids and Bases / 1:
25.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Thomas N. Sorrell [著]
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2009  2冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
15 有機金属反応剤と化学合成 403
   15.1 炭素-炭素結合の生成 403
   15.2 有機マグネシウム反応剤と有機リチウム反応剤 405
   15.3 有機遷移金属化合物 412
   15.4 逆合成 419
   15.5 合成において判断すべき選択性 423
16 不斉反応と合成 433
   16.1 キラル化合物 433
   16.2 光学分割 436
   16.3 不斉合成 438
   16.4 エナンチオ選択的付加反応 445
   16.5 キラル分子の合成計画 454
17 ベンゼンおよび関連化合物の化学 463
   17.1 芳香族化合物の構造 463
   17.2 ベンゼンの求電子置換反応 470
   17.3 ベンゼン誘導体の求電子置換反応 475
   17.4 ベンゼンおよび関連化合物のその他の反応 485
18 アルデヒドとケトンの求核付加反応 499
   18.1 求核付加反応の概観 499
   18.2 求核付加反応 502
   18.3 アルデヒドとケトンの還元反応 505
   18.4 アルデヒドとケトンの酸化反応 514
19 アルデヒドとケトンの付加置換反応 : 糖質の化学 523
   19.1 ヘミアセタールとアセタール 523
   19.2 保護基としてのアセタール 527
   19.3 糖質 530
   19.4 配糖体 538
   19.5 糖の酸化還元反応 544
20 アルデヒドとケトンの付加脱離反応 551
   20.1 炭素-窒素二重結合をもつ化合物 551
   20.2 イミンの化学と生化学 556
   20.3 エナミン 562
   20.4 イリド 564
21 カルボン酸および関連化合物の付加脱離反応 577
   21.1 構造と反応性の概観 577
   21.2 カルボン酸の反応 582
   21.3 酸塩化物,チオエステル,酸無水物の化学 585
   21.4 エステルの化学 589
   21.5 アミドの化学 593
   21.6 ニトリルの化学 597
   21.7 有機金属反応剤との反応 598
   21.8 カルボン酸および関連化合物の還元反応 601
22 カルボニル化合物の酸と塩基の化学 611
   22.1 カルボニル化合物の酸性度 611
   22.2 エノールとエノラートイオン 616
   22.3 エノラートイオンの反応 623
   22.4 ジカルボニル化合物 629
   22.5 アミドおよびイミドイオンの反応 635
23 エノラートイオンの求核付加反応 645
   23.1 アルドール反応 645
   23.2 交差アルドール反応 649
   23.3 Claisen縮合 659
   23.4 交差Claisen縮合 663
24 不飽和カルボニル化合物の共役付加反応 677
   24.1 α,β-不飽和カルボニル化合物 678
   24.2 共役付加反応 681
   24.3 カルボアニオンの共役付加反応 686
   24.4 還元反応 695
25 多環状および複素環の芳香族化合物の化学 705
   25.1 多環状芳香族化合物 705
   25.2 ピリジンおよび関連複素環化合物 710
   25.3 ピロールおよび関連複素環化合物 718
   25.4 アゾール類 723
26 ポリマーと重合 735
   26.1 ポリマーとその性質 735
   26.2 連鎖重合 739
   26.3 逐次重合 745
   26.4 ポリマーの修飾 751
27 アミノ酸,ペプチド,タンパク質 759
   27.1 アミノ酸 759
   27.2 アミノ酸の化学合成 765
   27.3 アミノ酸の不斉合成 767
   27.4 ペプチド合成と分析 771
   27.5 タンパク質の構造 778
28 核酸と分子認識 787
   28.1 ヌクレオシドとヌクレオチド 787
   28.2 核酸の構造 795
   28.3 分子認識 800
   28.4 クラウンエーテルとクリプタンド 801
   28.5 内部空間をもつ分子 807
   28.6 水素結合による分子認識 809
付録 官能基調製法 819
用語解説 823
欧文索引 835
和文索引 841
15 有機金属反応剤と化学合成 403
   15.1 炭素-炭素結合の生成 403
   15.2 有機マグネシウム反応剤と有機リチウム反応剤 405
26.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小宮山真著
出版情報: 東京 : 裳華房, 2004.2  x, 146p ; 21cm
シリーズ名: 化学新シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 生物有機化学とは
   1.1 生物有機化学の誕生 1
   1.2 生物の何を真似るのか? 3
   1.3 生物有機化学の目標 3
第2章 タンパク質の構造と機能
   2.1 アミノ酸 7
   2.2 タンパク質の階層構造 8
   2.3 一次構造の分析法 12
   2.4 タンパク質の変性と再生 14
   2.5 アミノ酸側鎖のイオン化状態のpH依存性 15
   演習問題 17
第3章 核酸
   3.1 遺伝情報の流れ : セントラル・ドグマ 18
   3.2 核酸の構造 19
    3.2.1 DNA 21
    3.2.2 RNA 22
   3.3 トリプレット・コドン 22
   3.4 核酸の溝の重要性 … 24
   3.5 核酸の化学合成 25
   3.6 核酸の合成アナログ : PNA 27
   演習問題 30
第4章 バイオテクノロジー
   4.1 遺伝子操作の概要 31
   4.2 制限酵素 33
   4.3 組換えDNAの細胞への導入 34
    4.3.1 コンピテント細胞 34
    4.3.2 リン酸カルシウム法 34
    4.3.3 遺伝子導入用試薬 35
    4.3.4 パーティクル・ガン 35
    4.3.5 レトロウイルスの利用 36
   4.4 タンパク質の生産 36
   4.5 生物有機化学の役割 37
   演習問題 39
第5章 生体反応のエネルギー源 : ATP
   5.1 ATPはなぜ高エネルギー物質として働くのか? 41
   5.2 生体反応ではATPはどのように用いられるのか? 42
   5.3 ペプチドの生合成 42
   5.4 DNAとRNAの生合成 44
   5.5 自由エネルギー変化と化学平衡 46
   演習問題 49
第6章 触媒作用の基礎
   6.1 反応速度と自由エネルギー変化 50
   6.2 化学反応の速度を決める因子 51
   6.3 触媒作用の本質 53
   6.4 一般塩基触媒作用と一般酸触媒作用-酵素が利用する触媒作用- 55
    6.4.1 一般塩基触媒作用 55
    6.4.2 一般酸触媒作用 56
   6.5 一般酸塩基触媒作用の効率を支配するのは何か? 57
   演習問題 59
第7章 酵素の構造と機能
   7.1 酵素の種類 61
   7.2 酵素の構造 62
   7.3 ミカエリス・メンテン型反応-酵素反応の速度論的な特徴- 62
   7.4 酵素パラメーターの実験的な決定法 65
   7.5 酵素反応は,なぜミカエリス・メンテン型である必要があるのか? 66
   7.6 酵素の機能発現に必須な構成要素は? 68
   演習問題 70
第8章 代表的な酵素(α-キモトリプシン)の作用機構
   8.1 全体構造 71
   8.2 特異性 72
   8.3 基質結合部位と触媒官能基群 74
   8.4 触媒機構 76
   8.5 アシル化と脱アシル化 78
   8.6 種々のセリンプロテアーゼと基質特異性 79
   演習問題 82
第9章 補酵素
   9.1 補因子の役割-補酵素と金属イオン- 83
   9.2 ピリドキサルリン酸 85
    9.2.1 アミノ基転移反応 86
    9.2.2 ラセミ化反応 88
    9.2.3 脱炭酸 89
   9.3 ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NADH) 89
   9.4 補酵素のモデル反応 91
    9.4.1 ピリドキサルリン酸のモデル反応 91
    9.4.2 ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドのモデル反応 91
   演習問題 92
第10章 分子内反応と分子内触媒作用
   10.1 分子内反応と分子間反応 93
   10.2 有効触媒濃度 95
   10.3 分子内反応はなぜ効率が高いのか? 95
    10.3.1 反応活性化パラメーター 95
    10.3.2 物理化学的解釈 97
   10.4 分子配向の重要性 97
    10.4.1 分子内酸無水物の形成 98
    10.4.2 分子内エステル(ラクトン)の形成 99
   演習問題 100
第11章 複数の官能基の協同触媒作用
   11.1 電荷伝達系のモデル 101
    11.1.1 イミダゾールによる分子内一般塩基触媒作用 101
    11.1.2 カルボキシラートの効果は? 102
   11.2 RNAの加水分解 103
    11.2.1 反応スキーム 103
    11.2.2 RNAを加水分解する酵素 : リボヌクレアーゼ 105
    11.2.3 協同触媒作用を利用した人工系によるRNA加水分解 106
   11.3 協同触媒効果はどのようにして確認するのか? 108
   11.4 さらに優れた触媒系を目指して 110
   演習問題 110
第12章 人エホスト
   12.1 特異的反応と分子認識 111
   12.2 環状ホスト 112
    12.2.1 シクロデキストリン 112
    12.2.2 クラウンエーテル 113
    12.2.3 カリックスアレン 115
   12.3 環状ホストの化学修飾によるゲスト認識能の向上 116
   12.4 分子溝ホスト 117
   12.5 分子インプリント法 118
    12.5.1 基本原理 118
    12.5.2 ホスト分子の規則的会合体の合成 120
   演習問題 122
第13章 人工酵素
   13.1 人工酵素の分子設計 123
   13.2 シクロデキストリンによるエステル加水分解 124
    13.2.1 セリンプロテアーゼの反応スキームとの類似 124
    13.2.2 基質特異性 126
   13.3 アニリドの加水分解 127
   13.4 シクロデキストリンの化学修飾によるさらに優れた人工酵素の構築 129
    13.4.1 セリンプロテアーゼのモデル 129
    13.4.2 リポヌクレアーゼのモデル 130
   13.5 補酵素を人エホストに結合する 131
   13.6 なぜ人工酵素が必要なのか? 133
   13.7 人工制限酵素 134
    13.7.1 必要性 134
    13.7.2 設計と構築 135
   演習問題 136
   おわりに 137
   演習問題略解 139
   索引 143
   囲み記事 : セレンを含むアミノ酸!〔16〕/ゲル電気泳動〔28〕/PCR法〔38〕/ATPはどのように作られるか?〔47〕
   アセチルコリンエステラーゼとサリン〔81〕/シクロデキストリンを食べる〔122〕
第1章 生物有機化学とは
   1.1 生物有機化学の誕生 1
   1.2 生物の何を真似るのか? 3
27.

図書

図書
秋久俊博 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2002.11  vii, 264p ; 26cm
所蔵情報: loading…
28.

図書

図書
T.W. Graham Solomons, Craig B. Fryhle, Robert G. Johnson [著] ; 花房昭静, 池田正澄, 上西潤一監訳
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2002.10  vii, 262, 55p ; 26cm
所蔵情報: loading…
29.

図書

図書
井上喜晴著
出版情報: 大阪 : 国際通信社 , 東京 : 星雲社(発売), 2002.11  182p ; 30cm
所蔵情報: loading…
30.

図書

図書
Robert J. Ouellette著 ; 高橋知義 [ほか] 訳
出版情報: 京都 : 化学同人, 2002.10  xiii, 602p ; 26cm
所蔵情報: loading…
31.

図書

図書
T. W. Graham Solomons, Craig B. Fryhle [著] ; 花房昭静, 池田正澄, 上西潤一監訳
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2002.10  2冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
32.

図書

図書
Reinhard Bruckner
出版情報: San Diego : Hercourt/Academic Press, c2002  xxi, 636 p. ; 24 cm
シリーズ名: Advanced organic chemistry series
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Foreword
Preface to the English Edition
Preface to the German Edition
Acknowledgments
Radical Substitution Reactions at the Saturated C Atom / 1:
Bonding and Preferred Geometries in C Radicals, Carbenium Ions and Carbanions / 1.1:
Stability of Radicals / 1.2:
Relative Rates of Analogous Radical Reactions / 1.3:
Radical Substitution Reactions: Chain Reactions / 1.4:
Radical Initiators / 1.5:
Radical Chemistry of Alkylmercury(II) Hydrides / 1.6:
Radical Halogenation of Hydrocarbons / 1.7:
Autoxidations / 1.8:
Defunctionalizations via Radical Substitution Reactions / 1.9:
References
Nucleophilic Substitution Reactions at the Saturated C Atom / 2:
Nucleophiles and Electrophiles; Leaving Groups / 2.1:
Good and Poor Nucleophiles / 2.2:
Leaving Groups and the Quality of Leaving Groups / 2.3:
S[subscript N]2 Reactions: Kinetic and Stereochemical Analysis--Substituent Effects on Reactivity / 2.4:
S[subscript N]1 Reactions: Kinetic and Stereochemical Analysis; Substituent Effects on Reactivity / 2.5:
When Do S[subscript N] Reactions at Saturated C Atoms Take Place According to the S[subscript N]1 Mechanism and When Do They Take Place According to the S[subscript N]2 Mechanism? / 2.6:
Unimolecular S[subscript N] Reactions That Do Not Take Place via Simple Carbenium Ion Intermediates: Neighboring Group Participation / 2.7:
Preparatively Useful S[subscript N]2 Reactions: Alkylations / 2.8:
Additions to the Olefinic C=C Double Bond / 3:
The Concept of cis and trans Addition / 3.1:
Vocabulary of Stereochemistry and Stereoselective Synthesis I / 3.2:
Additions That Take Place Diastereoselectivity as cis Additions / 3.3:
Enantioselective cis Additions to C=C Double Bonds / 3.4:
Additions That Take Place Diastereoselectively as trans Additions (Additions via Onium Intermediates) / 3.5:
Additions That Take Place or Can Take Place without Stereocontrol Depending on the Mechanism / 3.6:
[beta]-Eliminations / 4:
Concepts of Elimination Reactions / 4.1:
[beta]-Eliminations of H/Het via Cyclic Transition States / 4.2:
[beta]-Eliminations of H/Het via Acyclic Transition States: The Mechanistic Alternatives / 4.3:
E2 Eliminations of H/Het and the E2/S[subscript N]2 Competition / 4.4:
E1 Elimination of H/Het from R[subscript tert]--X and the E1/S[subscript N]1 Competition / 4.5:
E1[subscript cb] Eliminations / 4.6:
[beta]-Eliminations of Het[superscript 1]/Het[superscript 2] / 4.7:
Substitution Reactions on Aromatic Compounds / 5:
Electrophilic Aromatic Substitutions via Wheland Complexes ("Ar-S[subscript E] Reactions") / 5.1:
Ar-S[subscript E] Reactions via Wheland Complexes: Individual Reactions / 5.2:
Electrophilic Substitution Reactions on Metallated Aromatic Compounds / 5.3:
Nucleophilic Substitution Reactions in Aryldiazonium Salts / 5.4:
Nucleophilic Substitution Reactions via Meisenheimer Complexes / 5.5:
Nucleophilic Aromatic Substitution via Arynes, cine Substitution / 5.6:
Nucleophilic Substitution Reactions on the Carboxyl Carbon (Except through Enolates) / 6:
C=O-Containing Substrates and Their Reactions with Nucleophiles / 6.1:
Mechanisms, Rate Laws, and Rate of Nucleophilic Substitution Reactions at the Carboxyl Carbon / 6.2:
Activation of Carboxylic Acids and of Carboxylic Acid Derivatives / 6.3:
Selected S[subscript N] Reactions of Heteroatom Nucleophiles on the Carboxyl Carbon / 6.4:
S[subscript N] Reactions of Hydride Donors, Organometallics, and Heteroatom-Stabilized "Carbanions" on the Carboxyl Carbon / 6.5:
Additions of Heteroatom Nucleophiles to Heterocumulenes. Additions of Heteroatom Nucleophiles to Carbonyl Compounds and Follow-up Reactions / 7:
Additions of Heteroatom Nucleophiles to Heterocumulenes / 7.1:
Additions of Heteroatom Nucleophiles to Carbonyl Compounds / 7.2:
Addition of Heteroatom Nucleophiles to Carbonyl Compounds in Combination with Subsequent S[subscript N]1 Reactions: Acetalizations / 7.3:
Addition of Nitrogen Nucleophiles to Carbonyl Compounds in Combination with Subsequent E1 Eliminations: Condensation Reactions of Nitrogen Nucleophiles with Carbonyl Compounds / 7.4:
Addition of Hydride Donors and Organometallic Compounds to Carbonyl Compounds / 8:
Suitable Hydride Donors and Organometallic Compounds and a Survey of the Structure of Organometallic Compounds / 8.1:
Chemoselectivity of the Addition of Hydride Donors to Carbonyl Compounds / 8.2:
Diastereoselectivity of the Addition of Hydride Donors to Carbonyl Compounds / 8.3:
Enantioselective Addition of Hydride Donors to Carbonyl Compounds / 8.4:
Addition of Organometallic Compounds to Carbonyl Compounds / 8.5:
1,4-Additions of Organometallic Compounds to [alpha],[beta]-Unsaturated Ketones / 8.6:
Reaction of Ylides with Saturated or [alpha],[beta]-Unsaturated Carbonyl Compounds / 9:
Ylides/Ylenes / 9.1:
Reactions of S Ylides with Saturated Carbonyl Compounds or with Michael Acceptors: Three-Membered Ring Formation / 9.2:
Condensation of P Ylides with Carbonyl Compounds: Wittig Reaction / 9.3:
Horner-Wadsworth-Emmons Reaction / 9.4:
Chemistry of the Alkaline Earth Metal Enolates / 10:
Basic Considerations / 10.1:
Alkylation of Quantitatively Prepared Enolates and Aza-Enolates; Chain-Elongating Syntheses of Carbonyl Compounds and Carboxylic Acid Derivatives / 10.2:
Hydroxyalkylation of Enolates with Carbonyl Compounds ("Aldol Addition"): Synthesis of [beta]-Hydroxyketones and [beta]-Hydroxyesters / 10.3:
Condensation of Enolates with Carbonyl Compounds: Synthesis of Michael Acceptors / 10.4:
Acylation of Enolates / 10.5:
Michael Additions of Enolates / 10.6:
Rearrangements / 11:
Nomenclature of Sigmatropic Shifts / 11.1:
Molecular Origins for the Occurrence of [1,2]-Rearrangements / 11.2:
[1,2]-Rearrangements in Species with a Valence Electron Sextet / 11.3:
[1,2]-Rearrangements without the Occurrence of a Sextet Intermediate / 11.4:
Claisen Rearrangement / 11.5:
Thermal Cycloadditions / 12:
Driving Force and Feasibility of One-Step [2 + 4]- and [2 + 2]-Cycloadditions / 12.1:
Transition State Structures of Selected One-Step [2 + 4]- and [2 + 2]-Cycloadditions / 12.2:
Diels-Alder Reactions / 12.3:
[2 + 2]-Cycloadditions with Dichloroketene / 12.4:
1,3-Dipolar Cycloadditions / 12.5:
Transition Metal-Mediated Alkenylations, Arylations, and Alkynylations / 13:
Alkenylation and Arylation of Copper-Bound Organyl Groups / 13.1:
Alkenylation and Arylation of Grignard Compounds / 13.2:
Palladium-Catalyzed Alkenylation and Arylation of Organometallic Compounds / 13.3:
Alkynylation of Copper Acetylides / 13.4:
Heck Reactions / 13.5:
Oxidations and Reductions / 14:
Oxidation States of Organic Chemical Compounds, Oxidation Numbers in Organic Chemical Compounds, and Organic Chemical Redox Reactions / 14.1:
Cross-References to Redox Reactions Already Discussed in Chapters 1-13 / 14.2:
Oxidations / 14.3:
Reductions / 14.4:
Index
Foreword
Preface to the English Edition
Preface to the German Edition
33.

図書

図書
日本化学会編
出版情報: 東京 : 学会出版センター, 1984.11  vii, 198p ; 26cm
シリーズ名: 化学総説 ; No.45
所蔵情報: loading…
34.

図書

図書
日本化学会編
出版情報: 東京 : 学会出版センター, 1985.2  ix,257p ; 26cm
シリーズ名: 化学総説 ; No.46
所蔵情報: loading…
35.

図書

図書
ティモンズ [著] ; 真崎光夫訳
出版情報: 東京 : 広川書店, 1973.6  9, 374p ; 22cm
所蔵情報: loading…
36.

図書

図書
三井生喜雄著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1970.12  2冊 ; 22cm
シリーズ名: 講座有機反応機構 / 井本稔編 ; 13
所蔵情報: loading…
37.

図書

図書
ハメット著 ; 都野雄甫, 藤尾瑞枝, 三島正章共訳
出版情報: 東京 : 広川書店, 1974.3  xxi,440p ; 22cm
所蔵情報: loading…
38.

図書

図書
稲本直樹, 中川一朗, 岩村秀編集
出版情報: 東京 : 南江堂, 1980.4  257p ; 26cm
所蔵情報: loading…
39.

図書

図書
後藤俊夫著
出版情報: 東京 : 丸善, 1984.7  vii, 197p ; 22cm
シリーズ名: 有機化学講座 / 丸山和博編 ; 10
所蔵情報: loading…
40.

図書

図書
井本稔著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1971.9  2冊 ; 22cm
シリーズ名: 現代化学シリーズ ; 8,9
所蔵情報: loading…
41.

図書

図書
P. Sykes著 ; 久保田尚志訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1971.4  2冊 ; 22cm
シリーズ名: 現代化学シリーズ ; 24,25
所蔵情報: loading…
42.

図書

図書
向山光昭編
出版情報: 東京 : 丸善, 1983.11  309p ; 26cm
所蔵情報: loading…
43.

図書

図書
野崎一著
出版情報: 東京 : 裳華房, 1987.4  x, 274p ; 22cm
所蔵情報: loading…
44.

図書

図書
森謙治著
出版情報: 東京 : 養賢堂, 1988.9  xi, 340p ; 22cm
シリーズ名: 農芸化学全書 ; . 有機化学||ユウキ カガク ; 2
所蔵情報: loading…
45.

図書

図書
谷田博著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1966.9  iv, 210p ; 22cm
シリーズ名: 講座有機反応機構 / 井本稔編 ; 7
所蔵情報: loading…
46.

図書

図書
小方芳郎 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1958-1960  4冊 ; 22cm
シリーズ名: 大有機化学 / 井本稔 [ほか] 編 ; 9-12
所蔵情報: loading…
47.

図書

図書
熊田誠 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1957.12  2, 5, 525p ; 22cm
シリーズ名: 大有機化学 / 井本稔 [ほか] 編 ; 18
所蔵情報: loading…
48.

図書

図書
市川克彦著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1968.1  ii, 189p ; 22cm
シリーズ名: 講座有機反応機構 / 井本稔編 ; 4
所蔵情報: loading…
49.

図書

図書
井本英二著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1967.8  iv, 221p ; 22cm
シリーズ名: 講座有機反応機構 / 井本稔編 ; 11
所蔵情報: loading…
50.

図書

図書
井本稔著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1961  2冊 ; 22cm
シリーズ名: 現代化学シリーズ ; 8,9
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼