close
1.

図書

図書
岸輝雄, 桑原誠著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.6  xi, 214p ; 21cm
シリーズ名: 岩波講座現代工学の基礎 ; 材料系 ; 5
所蔵情報: loading…
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
K. Burger [et al.] (eds.)
出版情報: Poojapura : Research Trends, 1990-  v. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Structural and spectroscopic aspects of complexes containing terminal technetium oxo and nitrido multiple bonds John Baldas & Zlata Ivanov 1
Solvation structures of metal ions in non-aqueous solvents as studied by means of EXAFS spectroscopy Shigenobu Funahashi & Yasuhiro Inada 15
Recent advances in metallophthalocyanine-catalyzed carbon-hydrogen bond activation M. J. Chen & J. W. Rathke 29
X-ray absorption fine structure spectroscopy as a probe of chemical state of catalysts Yasuo Izumi 43
Rhenium complexes with poly(pyrazolyl)borates Antonio Paulo, Joao D. G. Correia & Isabel Santos 57
Important role of substrate in activation of dioxygen in biological oxygenases Yuzo Nishida 89
Interaction of compounds of chromium(VI) with organic bases, organic acids, amino acids, peptides and other molecules Pedro Gili & Pablo A. Lorenzo-Luis 105
Room temperature molten salt as medium for lithium battery and alloy electrodeposition-fundamental and application Y. S. Fung 117
Theoretical studies on small transition metal clusters Reinaldo Pis Diez & Alicia H. Jubert 125
Oxidation catalysis by biomimetic manganese complexes Ronald Hage & Judith Kerschner 145
Intercalation chemistry of electron donating species into metal chalcogenides with interlayer interactions R. Guzman, P. Lavela, C. Perez-Vicente & J. L. Tirado 161
Receptors for the electrochemical sensing of transition metal ions and anions in aqueous environments Ramon Martinez-Manez, Juan Soto, Jose Manuel Lloris & Teresa Pardo 183
NMR studies of paramagnetic multinuclear metalloproteins Li-June Ming 205
Structural and spectroscopic aspects of complexes containing terminal technetium oxo and nitrido multiple bonds John Baldas & Zlata Ivanov 1
Solvation structures of metal ions in non-aqueous solvents as studied by means of EXAFS spectroscopy Shigenobu Funahashi & Yasuhiro Inada 15
Recent advances in metallophthalocyanine-catalyzed carbon-hydrogen bond activation M. J. Chen & J. W. Rathke 29
3.

図書

図書
森正保著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2001.9  viii, 154p ; 21cm
シリーズ名: ベーシック化学シリーズ / 大木道則編集 ; 1
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
山崎昶編
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2003.3  v, 181p ; 21cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
平尾一之[ほか]著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2005.5  v, 181p ; 21cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小村照寿著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2004.10  viii, 252p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 原子構造, 化学結合, 熱力学的基礎
   1-1 原子のエネルギー状態を考える 1
    1-1-1 原子軌道とは 1
    1-1-2 多電子原子 5
   1-2 化学結合 13
    1-2-1 共有結合論 13
    1-2-2 電気陰性度と結合のイオン性 18
   1-3 熱力学的な基礎 21
   問題 29
2章 共有結合性化合物
   2-1 分子の形を決めるのは何か 30
    2-1-1 電子対間の静電的な反発 30
    2-1-2 混成軌道 32
   2-2 結合の強さを決めるのは何か 36
    2-2-1 14族元素の水素化合物 36
    2-2-2 15族元素の水素化合物 39
    2-2-3 16族元素の水素化合物 43
    2-2-4 14族元素の水素化合物 47
   問題 52
3章 イオン結晶
   3-1 結晶構造 53
    3-1-1 球の最密充填 53
    3-1-2 二元化合物MmXu 58
   3-2 イオン性化合物 65
    3-2-1 イオン性化合物の特徴 65
    3-2-2 イオン結晶の格子エネルギー 65
    3-2-3 どんなハロゲンが金属の高酸化状態を安定化するか 71
    3-2-4 熱分解に対する安定性は、主量子数によってどう変化するか 74
    3-2-5 遷移金属塩化物の安定度は、原子番号によってどう変化するか 76
   3-3 イオン結晶の溶解 79
    3-3-1 水中への溶解 79
    3-3-2 イオンの溶媒和 81
   問題 87
4章 酸と塩基
   4-1 酸や塩基の強さを決めるのは何か 88
   4-2 溶解中の酸・塩基反応 93
   4-3 溶媒の性質と酸・塩基の強さ 94
   4-4 水の特異な性質 98
   4-5 加水分解と金属元素の溶存状態 101
   4-6 オキソ酸の電荷分布と酸性度 105
   4-7 水溶液中の酸塩基平衡 108
   問題 112
5章 酸化と還元
   5-1 酸化・還元されやすさの尺度 113
    5-1-1 標準電位 113
    5-1-2 標準電位を決める因子 115
   5-2 水の酸化と還元 121
   5-3 水素イオン濃度によって酸化状態の安定性はどう変わるか 126
   5-4 固体の溶解度はなぜ酸化数によって変わるのか 130
   5-5 炭素による酸化物の還元 135
   問題 139
5章 錯体の反応
   6-1 錯体の立体構造 140
   6-2 錯体の安定度 142
    6-2-1 溶液内平衡 142
    6-2-2 金属イオンと配位子のどんな組み合わせが安定な錯体を生じるか 145
   6-3 有機金属化合物 153
   6-4 配位子置換反応はどのような機構で進むか 155
   問題 162
7章 錯体のエネルギー状態
   7-1 八面体型錯体におけるd軌道の分裂 163
   7-2 四面体型錯体におけるd軌道の分裂 165
   7-3 弱い八面体型配位子場でのエネルギー準位図 166
   7-4 強い八面体型配位子場での基底状態 170
   7-5 配位子場分裂の大きさ 171
   7-6 スピン対のつくりやすさ 172
   7-7 錯体の性質に対する配位子場分裂の効果 175
   7-8 八面体型錯体の光吸収スペクトル 180
   7-9 八面体型錯体の立体型変形 186
   7-10 平面四角形型d₈錯体 188
   問題 192
8章 固体の物性
   8-1 固体中の電子の動き 193
    8-1-1 固体のエネルギーバンド 193
    8-1-2 単体結晶の電気的性質 196
   8-2 不定比化合物 200
    8-2-1 格子欠陥 200
    8-2-2 格子欠陥と電気伝導 203
    8-2-3 固溶体の生成による電位的欠陥の発生 209
    8-2-4 固溶による格子欠陥の形成 210
   問題 217
9章 構造と機能
   9-1 イオン伝導体-α-Aglはなぜイオン伝導性を示すのか 218
   9-2 強磁性体-フェライトは、なぜ強磁性を示すのか 223
    9-2-1 スピネル型構造 223
    9-2-2 磁気的性質 226
   9-3 二次元性固体一層間化合物 231
   9-4 ホスト・ゲスト化合物 235
   9-5 強誘電体 239
   問題 245
付表 246
索引 249
1章 原子構造, 化学結合, 熱力学的基礎
   1-1 原子のエネルギー状態を考える 1
    1-1-1 原子軌道とは 1
7.

図書

図書
青木伸編
出版情報: 京都 : 化学同人, 2011.5  211p ; 26cm
シリーズ名: ベーシック薬学教科書シリーズ ; 4
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
西本右子, 小棹理子著
出版情報: 東京 : 丸善, 2010.12  vii, 165p ; 21cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
T.W. Swaddle [著] ; 石原浩二, 高木秀夫, 矢野良子訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1999.3  xiii, 468p ; 22 cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
千谷利三著
出版情報: 東京 : 産業図書, 1971.2  2, 4, p[1027]-1355, 101p ; 22cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼