close
1.

図書

図書
飯塚肇, 古谷立美, 山口喜教共著
出版情報: 東京 : オーム社, 1982.2  ix, 226p ; 22cm
シリーズ名: マイクロコンピュータ基礎講座 ; 1
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
田丸啓吉 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : オーム社, 1982.3  220p ; 22cm
シリーズ名: マイクロコンピュータ基礎講座 ; 2
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
可児賢二編著
出版情報: 東京 : オーム社, 1982.2  232p ; 22cm
シリーズ名: マイクロコンピュータ基礎講座 ; 3
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
P. Treleaven, M. Vanneschi (eds.)
出版情報: Berlin ; Tokyo : Springer-Verlag, c1987  iv, 492 p. ; 25 cm
シリーズ名: Lecture notes in computer science ; 272
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
edited by Mathai Joseph and Rudrapatna Shyamasundar
出版情報: Berlin ; Tokyo : Springer-Verlag, 1984  viii, 468 p. ; 25 cm
シリーズ名: Lecture notes in computer science ; 181
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
福永邦雄著
出版情報: 東京 : CQ出版, 1982.4  212p ; 21cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
佐々政孝 [著]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1989.10  xxiii, 602p ; 23cm
シリーズ名: 岩波講座ソフトウェア科学 / 長尾真 [ほか] 編 ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ソフトウェア科学を学ぶために
まえがき
学習の手引き
1 言語処理系とそのなかま
   1.1 プログラム言語とその処理 2
   1.2 コンパイラのなかま 7
   1.3 コンパイラとプログラミング環境 10
   第1章のまとめ・演習問題1 12
2 コンパイラのあらまし
   2.1 コンパイラの構成 16
   (a) 字句解析 19
   (b) 記号表 22
   (c) 構文解析 24
   (d) 意味解析 34
   (e) 中間コード生成 37
   (f) 最適化 41
   (g) コード生成 43
   2.2 誤り処理とエラーメッセージ 45
   2.3 コンパイラの物理の構造 47
   (a) パス 47
   (b) コンパイラのさまざまな構成 49
   (c) フロントエンドとバックエンド 50
   2.4 コンパイラ生成系 51
   第2章のまとめ・演習問題2 53
3 字句解析
   3.1 字句解析のあらまし 56
   3.2 正規表現と有限オートマトン 58
   (a) 正規表現 58
   (b) 有限オートマトン 61
   (c) 正規表現から非決定性有限オートマトンへ 64
   (d) 非決定性有限オートマトンから決定性有限オートマトンへ 67
   (e) 決定性オートマトンの状態数の最小化 70
   3.3 字句解析器 73
   (a) 字句解析器の構成 73
   (b) 文字読取り器 74
   (c) 文字読取り器の効率化 77
   (d) 字句読取り器 80
   (e) 字句読取り器の効率化 88
   (f) 字句読取り器についての補足 88
   3.4 字句解析における誤り処理 89
   3.5 字句解析器生成系 90
   第3章のまとめ・演習問題3 93
4 構文解析
   4.1 構文解析のあらまし 98
   4.2 文脈自由文法と構文の記述 99
   (a) 文脈自由文法 99
   (b) 導出と還元 106
   (c) 解析木 108
   (d) 文法のあいまいさ,演算子の優先順位と結合性 110
   (e) 正規右辺文法 118
   4.3 種々の構文解析法と構文誤り処理 120
   (a) 文脈自由文法と構文解析法との関係 120
   (b) 構文解析器と他のフェーズとの協同 122
   (c) 構文誤りの処理 123
   4.4 下向き構文解析 126
   (a) 後戻りつき下向き構文解析 126
   (b) 下向き構文解析の問題点 129
   (c) 予測的構文解析 136
   (d) 後戻りなしの再帰降下構文解析 137
   (e) 非再帰予測的構文解析 144
   (f) FIRST,FOLLOW,DIRECTOR集合と構文解析表の計算 148
   (g) LL(1)文法 157
   4.5 下向き構文解析における誤り処理 159
   4.6 上向き構文解析 161
   (a) シフト還元構文解析 162
   (b) 演算子順位構文解析 165
   (c) LR構文解析 170
   4.7 LR構文解析における誤り処理 206
   4.8 構文解析法の比較 209
   4.9 構文解析器生成系 211
   第4章のまとめ・演習問題4 217
5 意味解析
   5.1 意味解析のあらまし 222
   5.2 属性文法 223
   (a) 属性文法のあらまし 223
   (b) 属性評価 228
   (c) 属性文法の定義 231
   5.3 プログラム言語の意味解析 233
   (a) スコープ規則の意味解析 233
   (b) 宣言部の意味解析 241
   (c) 型の解析 249
   5.4 意味誤りの処理 255
   5.5 記号表とその処理 257
   (a) 記号表内の情報 257
   (b) 記号表の操作とデータ構造 259
   (c) 記号表における入れ子型スコープの扱い 268
   5.6 属性文法のクラスと属性評価 273
   (a) 非循環属性文法とその属性評価 274
   (b) 絶対非循環性文法とその属性評価 279
   (c) 1パス型の属性文法とその属性評価 284
   (d) 属性評価の最適化 296
   (e) 属性文法クラスの包含関係 299
   5.7 意味解析器生成系 301
   第5章のまとめ・演習問題5 306
6 実行時環境
   6.1 記憶管理 312
   (a) 実行時記憶 312
   (b) 活性レコード 314
   (c) 手続き呼出しと戻り時の処理 321
   6.2 非局所名の参照 325
   (a) 入れ子のあるブロックにおける名前の割当て 325
   (b) 入れ子の手続きでの非局所名の参照 326
   (c) 静的リンク法 327
   (d) ディスプレイ法 330
   6.3 パラメタの渡し方 333
   (a) 値呼び 334
   (b) 参照呼び 334
   6.4 記憶領域の動的割当て 336
   (a) 単一寸法の領域の動的記憶管理 337
   (b) 多種寸法の領域の動的記憶管理 338
   第6章のまとめ・演習問題6 342
7 中間コード生成
   7.1 中間コード生成のあらまし 348
   7.2 中間言語の種類 349
   (a) 抽象構文木とdag 349
   (b) 後置コード 355
   (c) 3番地コード,四つ組,三つ組 360
   (d) 本書で用いる拡張3番地コード 364
   7.3 代入文と配列の中間コード 367
   (a) 混合演算と型変換 368
   (b) 配列要素 370
   (c) レコード 372
   7.4 制御文と論理式の中間コード 373
   (a) 制御文の中間コード 373
   (b) 論理式の中間コード 375
   (c) 論理式の飛越し型中間コード 378
   7.5 手続き呼出しの中間コード 384
   7.6 中間コード生成の効率化 385
   (a) 意味規則の書換えによる効率化 385
   (b) バックパッチング 387
   第7章のまとめ・演習問題7 391
8 コード生成
   8.1 コード生成のあらまし 396
   (a) 中間言語と目的言語 396
   (b) 記憶割当ての時期 397
   (c) 命令の選択と目的コードの効率 398
   (d) レジスタ割当てと評価順序 399
   8.2 目的機械のモデル 401
   8.3 式のコード生成 402
   (a) 変数の参照 403
   (b) 配列やレコードの参照 404
   (c) 式の最適なコード 405
   8.4 文の列に対するコード生成 418
   (a) 諸定義 419
   (b) グラフ彩色によるレジスタ割当て 420
   (c) 一時名に対する記憶割当て 424
   (d) 基本ブロックのコード生成 425
   (e) 条件飛越しのコード生成 427
   (f) 手続き呼出しのコード生成 429
   8.5 コード生成器生成系 431
   (a) 木の書換え規則による代入文のコード生成の定式化 432
   (b) 木の下向きパタンマッチングによるコード生成 435
   (c) LR構文解析を利用するコード生成 438
   第8章のまとめ・演習問題8 439
9 コード最適化
   9.1 コード最適化のあらまし 442
   9.2 最適化の例 444
   (a) 代数的性質の利用 445
   (b) コピー伝播 445
   (c) 共通部分式の除去 446
   (d) 不要コードの除去 447
   (e) ループの最適化 447
   (f) インライン展開 451
   (g) パイプライン制御の考慮 452
   (h) その他の最適化 452
   9.3 基本ブロックの最適化 453
   9.4 基本ブロックを越える最適化 459
   (a) 制御フロー解析 460
   (b) ループ 461
   (c) データフロー解析 464
   (d) 最適化変換とコード生成器への情報渡し 465
   9.5 データフロー解析と各種最適化変換 465
   (a) 到達する定義 465
   (b) 構造的プログラム言語のデータフロー解析(到達する定義) 467
   (c) 一般のプログラムのデータフロー解析(到達する定義) 471
   (d) 利用可能式と大域的共通部分式の除去 476
   (e) 生存変数と不要コードの除去 480
   (f) データフロー方程式の分類 482
   (g) ループの最適化 483
   9.6 のぞき穴最適化 493
   9.7 その他の最適化手法 496
   第9章のまとめ・演習問題9 497
10 インタプリタ
   10.1 インタプリタの概念 502
   10.2 スタック仮想機械と後置コード 505
   (a) PL/0機械 505
   (b) PL/0コード 507
   (c) PL/0プログラムのPL/0コードへの翻訳 509
   10.3 インタプリタのプログラム 513
   (a) インタプリタの構成 513
   (b) PL/0インタプリタ 515
   (c) インタプリタの効率化 515
   第10章のまとめ・演習問題10 516
付録A 言語処理系の移植 519
付録B 生成系を用いたPL/0言語の処理系 525
演習問題の解答 553
参考書 583
索引 595
ソフトウェア科学を学ぶために
まえがき
学習の手引き
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼