close
1.

図書

図書
G.B. Beestman, D.I.B. Vander Hooven, editors
出版情報: Philadelphia, PA : ASTM, c1987  234 p. ; 23 cm
シリーズ名: ASTM special technical publication ; 968
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
出版情報: 東京 : ポスティコーポレーションシューズポスト事業部, 1987-  冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
解説編 : 21世紀の潮流
総説
紳士・婦人・子ども革靴
スポーツシューズ
スニーカー
子ども靴
健康・快適シューズ(高齢者・要介護者用
アウトドアシューズ
ウォーキングシューズ
ラバー・プラスチックブーツ
ワークシューズ
ケミカルシューズ
靴用品 : シューケア &
フットケアグッズ
シューズ用マテリアル
企業編
名簿編
紳士・婦人・子ども革靴 ほか
企業編 : メーカー
卸商社
小売り
名簿編 : 名簿編
団体名簿
広告索引
解説編 : 21世紀の潮流
総説
紳士・婦人・子ども革靴
3.

図書

図書
安藤昌益研究会編集・執筆
出版情報: 東京 : 農山漁村文化協会, 1987.3  411p ; 22cm
シリーズ名: 安藤昌益全集 / 安藤昌益研究会編集・執筆 ; 別巻
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
ルイス・キャロル [著] ; 鈴木瑠璃子, 長島富太郎編訳
出版情報: 東京 : 大修館書店, 1987.2  viii, 180p ; 19cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
飯田賢一著
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 1987.1  286p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序説 技術の歴史について
1 技術史の三つの段階 2
2 日本鉄鋼技術のはじまり 3
3 技術近代化のための土壌 5
4 現代日本鉄鋼技術の段階 8
5 本書の構成について 13
第一部分 近代鉄鋼史への序曲 西欧技術受容土壌
1 技術書の成立と普及 16
   (a)平瀬徹斎の『山海名物図会』巻一 18
   (b)下原重仲の『鉄山必用記事』 20
   (c)周辺領域の技術書 22
2 西欧冶金学の理解 23
   (a)馬場貞由の『泰西七金訳説』 23
   (b)ヒュゲェニン原著『ロイク国立鉄製大砲鋳造所における鋳造法』 27
3 佐賀藩の技術者たちと『鉄砲全書』 29
   (a)佐賀藩の技術者たち 29
   (b)伊東玄朴ほか訳『鉄砲全書』 33
   (c)佐賀藩の技術選択 37
4 反射炉から高炉技術へ 40
   (a) 薩摩藩における高炉技術 40
   (b) 近代産業技術としての高炉技術 45
第二部 近代技術の確立をみちびいた人びと
5 大島高任(一八二六~一九〇一) 近代鉄鋼技術の源流をひらく 52
   (a)史跡・橋野高炉跡と鉄の記念日 52
   (b)高任の資質と「みちのく」の風土 55
   (c)洋式高炉法の工業的成功 57
   (d)殖産興業と科学・技術教育への努力 60
   (e)工業界発展の基歴づけ 62
6 クルト・ネットー(一八四七~一九〇七)とアドルフ・レーデプーア(一八三七~一九〇六) 日本の冶金学の恩人 63
   (a)ネットーをめぐる人びと 63
   (b)わが国最初の近代冶金技術学書 『涅氏冶金学』 65
   (c)豊かな科学性と学際性 66
   (d)日本の若き鉄冶金技術者たちの最大の恩師・レーデプーア 67
   (e)製鉄工業近代化への示唆 68
   (f)日本鉄鋼界への貢献 73
7 野呂景義(一八五四~一九二三) 近代鉄鋼技術の巨匠 75
   (a)日本鉄鋼協会の生みの母 75
   (b)野呂景義の生い立ち 77
   (c)制鉄所建設運動の展開 79
   (d)導入技術の欠陥の克服 自主技術開発への道 84
   (e)「学理」と「実業」との連けいを目ざして 88
   (f)晩年の諸業績 91
   (g)関東大地震災と野呂の死 93
8 田中長兵衛一族と香村小録(一八六六~一九三八) 釜石鉱山田中製鉄所の人びと 97
   (a)十九世紀「明治」のおわり 97
   (b)鉱山事業家としての田中長兵衛父子 98
   (c)初代田中長兵衛の生い立ち 101
   (d)釜石鉱山田中製鉄所の創業と旧工部省高炉の復活 105
   (e)香村小録と恩師との共山技術活動の進発 111
   (f)その後の香村小録 116
9 今泉嘉一郎(一八六七~一九四一) 自主技術開発の先駆者 119
   (a)技術開発の一つの原点 日本鋼管創業の精神 119
   (b)日本鉄鋼技術史上の諸業績 123
   (c)資源技術開発の源流 126
   (d)新しい製鋼法をめざして 129
10 土橋長兵衛(一八六八~一九三九)と寒川恒貞(一八七五~一九四五) 特殊鋼・電気製鋼と「地域の時代」の夜あけ 134
   (a)文化としての産業技術 134
   (b)わが国特殊鋼製造技術のはじまり 137
   (c)土橋長兵衛と信州の産業革命 140
   (d)技術経営者・寒川恒貞の特質 144
   (e)岸敬二郎・福沢桃介と出会いと電抱炉製鋼法への出発 146
   (f)川崎舎恒三とのチームワークと電気炉の設計・製作 151
   (g)《小さくとも美しい技術》の大道 155
第三部分 現代技術の発展をみちびいた人びと
11 本多光太郎(一八七〇~一九五四)と俵国一(一八七二~一九五八)と三島徳七(一八九三~一九七五) 鉄鋼技術の科学化・国際化への道すじ 160
   (a)本多光太郎と俵国一の歴史的位置づけ 160
   (b)科学的技術への道 161
   (c)本多光太郎の恩師たち 164
   (d)KS磁石鋼の発明 166
   (e)本多光太郎の学風 167
   (f)近代鉄冶金学教育の父・俵国一 171
   (g)総合研究の推進 172
   (h)本多・俵の研究の継承 三島徳七 174
   12 黒田泰造(一八八三~一九六一) 製鉄化学・資源技術の開発と黒田式コークス炉の発明 177
   (a)大正デモクラシーと科学・技術 177
   (b)黒田式コークス炉が生まれるまで 180
   (c)国際水準をこえた黒田式コークス炉 185
   (d)工業教育者・科学技術の啓蒙家としての活動 189
   (e)資源衛効利用技術の開発 192
13 浅田長平(一八八七~一九七〇)と山岡武(一八九一~一九八二) 総合経営・共山研究の推進者たち 195
   (a)両大戦間における技術成果 195
   (b)日本鉄鋼協会による二人の小伝 199
   (c)浅田長平の本領 204
   (d)大型高炉開発の先駆者・山岡武 211
14 西山弥太郎(一八九三~一九六六) 戦後鉄鋼技術革新の先導者 218
   (a)鉄のイノベーター 218
   (b)西山弥太郎の生い立ち 219
   (c)「平炉の西山」の大成とその業績 223
   (d)銑鋼一貫製鉄所の建設に向って 227
   (e)千葉製鉄所の完成とその後 232
   15 岩崎航介(一九〇三~一九六七) 玉鋼刃物にかけた学問的執念 237
   (a)古刀の精神を現代に生かす 237
   (b)岩崎航介の生い立ち 243
   (c)玉鋼打刃物の開発とその伝承 248
   (d)その後の三条製作所 251
16 湯川正夫(一九〇三~一九六九) 現代鉄鋼技術の発展に原点を据えた国際人 253
   (a)科学的精神と詩のこころ 253
   (b)湯川正夫の生い立ち 256
   (c)鉄鋼対策技術委員会委員長 259
   (d)海に築く製鉄所とOG法の開発 260
   (e)海外技術協力の原点 263
   (f)鉄鋼技術の国際交流 266
あとがき 269
主要参考文献 273
人名索引 巻末
付表 日本鉄鋼技術のあゆみと恩人たち
序説 技術の歴史について
1 技術史の三つの段階 2
2 日本鉄鋼技術のはじまり 3
6.

図書

図書
ジョン・タイドマン, エレン・ジェイクス・ケルム共著 ; 石川周三監訳
出版情報: 東京 : メディアハウス出版会, 1987.1  394p ; 22cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
湯浅, 泰雄(1925-2005) ; 竹本, 忠雄(1932-) ; 日仏協力筑波国際シンポジウム
出版情報: 東京 : 青土社, 1987.1  v,226p ; 20cm
シリーズ名: 科学・技術と精神世界 : 日仏協力筑波国際シンポジウム / 湯浅泰雄, 竹本忠雄編 ; 3
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
広瀬立成著
出版情報: 東京 : 培風館, 1987.1  iv, 121p ; 26cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
矢田敏夫著
出版情報: 東京 : 森北出版, 1987.1  vi, 97p ; 26cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
関島久雄編
出版情報: 東京 : 日本経済評論社, 1987.4  296p ; 22cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼