close
1.

図書

図書
ロジャー・パルバース著 ; 堤淑子訳
出版情報: 東京 : サイマル出版会, 1988.11  240p ; 19cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
H.W.グレイブス著 ; 三神尚,関本博訳
出版情報: 東京 : 現代工学社, 1983.10  337p ; 24cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 -序説
第1章 原子力発電所の系統と機器 2
   1.1エネルギー変換の諸段階 2
   1.2原子力蒸気供給システムの型式 3
   1.3代表的なPWR原子力蒸気供給システム 8
   1.4原子炉の炉心 13
   原子炉構成要素の機能的説明 13
   原子炉構成要素の物理的説明 16
第2章 核燃料サイクル 22
   2.1燃料サイクルの型式 23
   ワンスースルーサイクル 23
   再濃縮サイクル 25
   炉心-ブランケット燃料サイクル 26
   2.2上流側燃料サイクル活動 26
   ウランの採鉱と初期段階での処理 27
   同位体分離 28
   燃料成型加工 33
   2.3下流側燃料サイクル活動 35
   使用済燃料の貯蔵と輸送 35
   使用済燃料の再処理 37
   高放射性廃棄物の処理 39
   2.4燃料サイクルの術語 40
   演習問題 41
第3章 原子炉の設計と燃料装荷の必要事項 43
   3.1設計基準 43
   技術設計書 44
   3.2経済評価 45
   処理費 45
   減損費 46
   インベントリ費 46
   3.3原子炉性能の評価 48
   燃料運転限界 48
   ピーク対平均線出力密度 49
   原子炉冷却材の条件 49
   3.4原子炉燃料格子の最適化 50
   減速材/燃料比 50
   燃料棒直径 53
   燃料濃縮度 54
   種々の効果の要約 55
   3.5要約 56
   演習問題 57
第2部 核設計の解析
第4章 原子炉解析のための解析モデル 60
   4.1中性子拡散理論 62
   4.2反応率と反応率比 64
   4.3多群定数の作成 67
   燃料形状の取り扱い 69
   均質取り扱い 70
   非均質セル取り扱い 71
   共鳴領域の取り扱い 71
   4.4少数群定数 73
   4.5群定数の増分の評価79
   4.6解析手順 82
   演習問題 84
第5章 反応度制御要求 88
   5.1反応度制御要求 88
   温度欠損 89
   出力欠損 90
   平衡核分裂生成毒物 90
   燃焼 91
   スクラム要求 91
   他の効果 91
   5.2反応度制御の方法 92
   5.3可動制御棒 93
   熱中性子価値 95
   熱外中性子価値 95
   吸収材減少効果 96
   制御棒の性能に関係する他の要因 97
   制御棒価値の評価 98
   5.4化学的粗調整制御 102
   毒物の出し入れ 103
   反応度の過渡変化の制御 104
   5.5可燃性毒物 108
   均質可燃性毒物 108
   非均質可燃性毒物 110
   5.6反応度制御管理 112
   出力分布に及ぼす制御棒効果 113
   微分及び積分制御棒価値に対する制限 118
   演習問題 120
第6章 原子炉出力分布の評価 124
   6.1少数群拡散理論 125
   6.2中性子束シンセシス 127
   6.3粗メッシュ計算法 130
   修正1群理論 130
   有限要素法 131
   ノード法 131
   6.4 2群ノード法 132
   ノード方程式の導出 133
   相互作用ノードの選択 136
   結合係数の評価 138
   6.5燃料以外の要素での出力 142
   演習問題 144
第7章 燃焼解析 146
   7.1核種変化基礎方程式 147
   238U変換連鎖 149
   232Th変換連鎖 153
   7.2核分裂生成物毒作用 155
   1次核分裂生成物 158
   2次核分裂生成物 160
   核分裂生成物による出力過渡変動 162
   7.3燃料管理への適用 163
   演習問題 164
第3部出力生成能力の評価
第8章 核燃料設計と運転制限 168
   8.1燃料被ふく管の力学的性質 169
   降伏強さ 170
   クリープ速度 172
   疲労強度 173
   被ふく管応力の発生源 174
   8.2酸化ウランの性能特性 175
   熱変形とペレットのひび割れ 175
   燃料の焼きしまり 177
   燃料のスエリングと核分裂生成ガスの放出 177
   8.3燃料設計パラメータの選択 180
   被ふく管の厚さ 180
   ペレット-被ふく管間げき 182
   ペレットの幾何形状 183
   燃料不純物の規格 183
   8.4燃料性能に対する負荷変動の影響 184
   8.5燃料集合体の設計基準 187
   8.6要約 187
   演習問題 188
第9章 燃料棒の熱設計 190
   9.1燃料から被ふく管への熱伝達 190
   燃料中の熱伝達 191
   燃料の熱伝導度 194
   燃料-被ふく管ギャップコンダクタンス 196
   被ふく管温度降下 196
   9.2水冷却原子炉での被ふく管表面からの冷却材への熱伝達 198
   強制対流熱伝達 200
   核沸騰熱伝達 202
   冷却材のエンタルピとクオリティ 203
   限界熱流束 204
   限界熱流束に対する流動様式の影響 206
   演習問題 208
第10章 原子炉の熱水力解析 212
   10.1 単相流の圧力降下の計算 212
   摩擦損失 214
   形状損失 214
   10.2 2相流の圧力降下 219
   冷却材のスリップ比とボイド率 219
   加速圧力損失 221
   2相摩擦圧力降下 223
   2相流における形状損失 224
   10.3単一流路の熱解析 225
   水冷却炉での軸方向温度分布 228
   10.4出力と冷却材ボイドの空間的な相互作用 230
   10.5ホットチャネル(熱水路)熱解析 233
   燃料集合体中の出力ピーキング 233
   冷却材流量が一様でない効果 234
   サブチャネルの熱水力解析 235
   ホットチャネル係数(熱水路係数) 236
   燃料集合体の寸法許容値 237
   10.6過渡変化時の性能解析 238
   演習問題 239
第4部核燃料管理の解析
第11章 原子力の経済評価 244
   11.1エネルギー費の構成 244
   112資金の時間的価値 246
   複式利子 247
   倍入資金の返済 247
   発電所建設期間における利子 250
   資本の利益率 251
   11.3エネルギー費に対する設備資本の寄与 252
   発電所資本費の構成成分 252
   年間エネルギー発生 254
   11.4運転費と保守費 257
   115エネルギー費に対する核燃料サイクルの寄与 258
   核燃料サイクル操作 258
   燃料サイクル投資一時間図表 263
   エネルギー費の燃料サイクル成分 266
   燃料費の細目 267
   演習問題 269
第12章炉心燃料管理 272
   12.1燃料装荷変数と制限 273
   12.2燃料取替え率の決定 275
   一様減損率 276
   非一様な減損率の場合 280
   燃料交換停止時間 281
   平衡サイクル 281
   12.3サイクル間の結合効果 282
   12.4燃料および制御棒配置計画 284
   一様出力密度となるような燃料装荷 285
   Ha1ingの原理 286
   その他の燃料配置・制御棒計画 289
   12.5原子炉のサィクル延長(ストレッチ-アウト)運転 290
   出力コーストダウン 290
   減速材密度の増加 291
   演習問題 292
第13章 動力炉におけるプルトニウムの利用 295
   13.1燃料の有効利用-転換と増殖 297
   13.2熱中性子炉におけるプルトニウムのリサイクル 299
   混合酸化物燃料集合体の成型加工 301
   混合酸化物燃料の核的性質 302
   13.3 高速増殖炉 306
   増殖比と増殖利得 306
   核分裂性物質の倍増時間 308
   高速増殖炉燃料設計の特性 309
   演習問題 311
付録
   A核データ 315
   B代表的LWR2群定数 317
   C代表的原子動力炉のデータ 318
   使用単位 321
索引 323
第1部 -序説
第1章 原子力発電所の系統と機器 2
   1.1エネルギー変換の諸段階 2
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
藤井信生著
出版情報: 東京 : 昭晃堂, 1984.3  255p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 電子回路に必要な基礎
   1.1 電源 1
   1.2 重ねの理 7
   1.3 テブナンの定理 8
   1.4 電力比,電圧比,電流比の表し方 9
   1.5 周波数特性の表現 11
   演習問題 15
第2章 トランジスタの動作と等価回路
   2.1 真性半導体と不純物半導体 17
   2.2 半導体中のキャリアの移動 22
   2.3 pn接合とダイオード 25
   2.4 バイポーラトランジスタの動作と特性 30
   2.5 FETの動作と特性 40
   2.6 トランジスタの等価回路 44
   演習問題 51
第3章 小信号基本増幅回路
   3.1 直流と交流の分離 53
   3.2 トランジスタのバイアス回路 54
   3.3 FETのバイアス回路 63
   3.4 増幅器の特性を表す諸量 65
   3.5 トランジスタ基本増幅回路 66
   3.6 FET基本増幅回路 74
   3.7 基本増幅回路の縦続接続 77
   演習問題 80
第4章 トランジスタの高周波等価回路と小信号増幅回路の周波数特性
   4.1 トランジスタの高周波等価回路 84
   4.2 増幅器のミラー効果 90
   4.3 ミラー効果を考慮した小信号増幅器の周波数特性 91
   4.4 多段増幅器の周波数特性 93
   4.5 広帯域増幅回路 96
   演習問題 98
第5章 負帰還増幅回路
   5.1 負帰還の原理 100
   5.2 負帰還の効果 102
   5.3 負帰還の種類 104
   5.4 負帰還による入出力インピーダンスの変化 105
   5.5 負帰還回路の実際 107
   5.6 負帰還回路の安定性 112
   5.7 負帰還回路の位相補償 113
   演習問題 115
第6章 集積基本電子回路
   6.1 直流電流源回路 118
   6.2 差動増幅回路 121
   6.3 高利得増回路 129
   6.4 ダーリングトン接続トランジスタ 131
   6.5 直流増幅回路 133
   6.6 乗算回路 139
   6.7 大信号増幅回路 141
   6.8 集積回路の概要 148
   演習問題 152
第7章 演算増幅器回路
   7.1 理想演算増幅器と等価回路 155
   7.2 演算増幅器の基本回路 161
   7.3 演算増幅器の線形演算回路への応用 164
   7.4 演算増幅器の非線形演算回路への応用 168
   7.5 演算増幅器の内部回路 176
   演習問題 178
第8章 発振回路
   8.1 発振回路の発振条件 180
   8.2 低周波RC発振回路 181
   8.3 高周波LC発振回路 183
   8.4 電圧制御発振回路とPLL 189
   演習問題 195
第9章 変復調回路
   9.1 振幅変調回路 197
   9.2 振幅変調波の復調回路 202
   9.3 周波数変調回路 205
   9.4 周波数変調波の復調回路 210
   演習問題 215
第10章 電子計算機による電子回路解析の概要
   10.1 電子計算機による解析の意義 217
   10.2 回路解析手法の概要 218
   10.3 電子計算機による解析例 221
   問題解答 227
   索引 249
第1章 電子回路に必要な基礎
   1.1 電源 1
   1.2 重ねの理 7
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
高橋渉著
出版情報: 東京 : 近代科学社, 1988.5  iv, 241p ; 22cm
シリーズ名: 現代数学ゼミナール ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1.非線形関数解析学を学ぶための準備 1
   1.1 位相空間 1
   1.2 Banach空間,Hilbert空間 9
   1.3 下半連続関数と凸関数 17
   1.4 完備距離空間における存在定理 24
   1.5 Banach limit と invariant mcan 31
2.Hilbert空間における不動点理論 38
   2.1 Hilbert空間での不動点定理 38
   2.2 不動点への収束定理 45
   2.3 Rayの定理 51
   2.4 非可換半群の不動点定理 58
   2.5 一般化された非線形エルゴード定理 64
   2.6 種々の非線形エルゴード定理 70
   2.7 Ergodic retraction 76
3.Banach空間の幾何学 82
   3.1 Banach空間の凸性 82
   3.2 双対写像とノルムの微分可能性 88
   3.3 双対写像とノルムの微分可能性(2) 95
   3.4 nonexpansive写像の不動点定理 102
   3.5 写像族に対する不動点定理 109
   3.6 増大作用素 116
4.Banach空間における収束定理 123
   4.1 Resolventの収束 123
   4.2 Resolventの収束(2) 129
   4.3 Banach空間での非線形エルゴード定理 135
   4.4 線形作用素に対するエルゴード定理 143
5.線形位相空間における不動点理論 150
   5.1 Fan-Browderの不動点定理 150
   5.2 拡張された不動点定理 155
   5.3 minimax定理 161
   5.4 Mazur-Orliczの定理 168
   5.5 分離定理,最短距離定理 174
6.不動点理論の応用 180
   6.1 変分不等式と相補性問題 180
   6.2 ゲームのcore 186
   6.3 線形作用素への応用 192
   6.4 線形不等式と最小ノルム問題 199
参考文献 207
問題の略解 219
和文索引 236
欧文索引 238
記号一覧 240
1.非線形関数解析学を学ぶための準備 1
   1.1 位相空間 1
   1.2 Banach空間,Hilbert空間 9
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
森雅夫 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1989.7  iv, 189p ; 22cm
シリーズ名: 経営工学ライブラリー ; 4 . オペレーションズリサーチ||オペレーシヨンズ リサーチ ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1.ソフトなOR手法 〔森 雅夫〕 1
   1.1.階層的意思決定手法(AHP) 1
   1.2.過程決定計画図(PDPC) 7
2.シミュレーション 〔宮沢 政清〕 11
   2.1.シミュレーションの目的 11
   2.2.シミュレーションモデル 12
   2.3.確定的シミュレーション 16
   2.4.確率的シミュレーション 21
   2.5.シミュレーション結果の利用法 27
3.動的計画法 〔生田 誠三〕 30
   3.1.資金の配分問題 30
   3.2.多段階決定過程 40
   3.3.マルコフ決定過程 47
4.在庫問題 〔生田 誠三〕 61
   4.1.在庫問題の例 61
   4.2.在庫問題に関連する要因 62
   4.3.総在庫保持費用の計算 64
   4.4.在庫管理とは 66
   4.5.確定的モデル:EOQモデル 67
   4.6.確率的モデル:定期・定量発注方式 73
   4.7.確率的モデル:s-S政策 79
   4.8.ロットサイズ決定問題とその解法 〔森戸 晋〕 83
5.日程計画とスケジューリング 〔森戸 晋〕 91
   5.1.繰返し型スケジューリングの問題例と代表的解法 91
   5.2.繰返し型スケジューリングの類型と分析方法 101
   5.3.プロジェクトスケジューリング 109
6.待ち行列 〔宮沢 政清〕 117
   6.1.待ち行列とは何か 117
   6.2.考え方の基本 120
   6.3.単一型モデル 134
   6.4.ネットワーク型モデル 142
   6.5.待ち行列モデル利用上の注意 151
7.システムの信頼性 〔森 雅夫〕 154
   7.1.信頼性の評価 154
   7.2.システムの信頼性 159
   7.3.保全とその効果 164
8.OR実施上の諸問題とその研究 〔山田 善靖〕 170
   8.1.実施問題とは何か 171
   8.2.実施問題研究 175
   8.3.実施問題解決への新しい方向 180
   参考文献 181
   索引 187
1.ソフトなOR手法 〔森 雅夫〕 1
   1.1.階層的意思決定手法(AHP) 1
   1.2.過程決定計画図(PDPC) 7
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
宗宮重行, 守吉佑介共編
出版情報: 東京 : 内田老鶴圃, 1987.11  vii, 488p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき i
1 焼結における塑性変形の役割
   F.V.Lenel(渡辺龍三) 5
2 分散強化鉄のA3変態の研究
   今井勇之進・宮崎 享(渡辺龍三) 29
3 珪素と炭素 高機能な高温用複合材料の鍵となる元素
   E.Fitzer(安田榮一) 43
4-1 粘性流動,蒸発凝縮,自己拡散による焼結
   W.D.Kingery・M.Berg(守吉佑介) 77
4-2 液相存在下の焼結における緻密化I.理論
   W.D.Kingery(植松敬三) 91
4-3 液相存在下の焼結における緻密化II.実験
   W.D.Kingery・M.D.Marasimhan(牧島亮男) 101
4-4 液相存在下での焼結における緻密化におよぼす加圧効果
   W.D.Kingery・J.M.Woulbroun・F.R.Charvat(水谷惟恭) 109
4-5 液相存在下における焼結,酸化物および炭化物-金属組成
   W.D.Kingery・E.Niki・M.D.Marasimhan(植松敬三) 119
4-6 プロセス制御についての焼結理論の含蓄
   W.D.Kingery(笹本 忠) 133
4-7 加圧応力下における溶解-析出変形
   W.D.Kingery・M.P.Lepie(牧島亮男) 145
4-8 結晶性酸化物の焼結I.粒界と気孔の相互作用
   W.D.Kingery・B.Francois(伊熊泰郎) 147
4-9 結晶性酸化物の焼結II.UO2の緻密化と微構造の発達
   W.D.Kingery・B.Francois(守吉佑介) 163
4-10 復氷,表面拡散と氷の焼結
   W.D.Kingery(牧島亮男) 179
5-1 液相焼結の基礎機構
   G.Petzow・W.A.Kaysser(高城重彰) 193
5-2 添加物を含む焼結
   G.Petzow(高城重彰) 209
6-1 変態誘起靭性PSZセラミックスの開発の私の経歴
   R.C.Garvie(佐久間健人・吉澤友一) 233
6-2 セラミック スチール?
   R.C.Garvie・R.H.J.Hannink・R.T.Pascoe(横川善之・野間竜男・吉村昌弘) 247
6-3 CaO-ZrO2系部分安定化ジルコニアの構造および熱機械的性質
   R.C.Garvie・P.S.Nicholson(井奥洪二・野間竜男・吉村昌弘) 251
6-4 共析点以下での時効処理によるMg-PSZの昇温熱衝撃抵抗の向上
   R.C.Garvie・R.H.J.Hannink(岡野知水・野間竜男・吉村昌弘) 265
6-5 CaO-ZrO2系変態強化ジルコニアの破壊機構の研究
   R.C.Garvie・R.H.J.Hannink・C.Urbani(花上康宏・野間竜男・吉村昌弘) 275
6-6 カルシア部分安定化ジルコニアの等温時効時の微構造変化
   R.C.Garvie・R.H.J.Hannink・K.A.Johnson・R.T.Pascoe(八島正知・野間竜男・吉村昌弘) 287
7 超微粒子の結晶学
   上田良二 311
8 フェライト開発初期に現れた発想と失敗
   武井 武 333
9-1 気孔のないセラミックス
   J.E.Burke(中川善兵衛) 341
9-2 セラミックスにおける再結晶と焼結
   J.E.Burke(加藤悦朗・李 春廷) 355
9-3 焼結における粒界の役割
   J.E.Burke(加藤悦朗・李 春廷) 373
10 電子顕微鏡による粉体の研究 微粒子の形態,晶癖および微構造
   水渡英二(吉村昌弘・井奥洪二) 389
11 焼結中の気孔の成長と収縮
   O.J.Whittemore・J.A.Varela(木村脩七) 409
12 高温プロセスにおける固体の反応性
   J.Hlavac(佐多敏之) 429
13 焼結過程を支配する熱力学的ならびに幾何学的因子
   J.A.Pask(塗師幸夫) 445
14-1 金属粒子の焼結における自己拡散
   G.C.Kuczynski(渡辺龍三) 459
14-2 均質な合金を焼結させた際の偏析
   G.C.Kuczynski・G.Matsumura・B.D.Gullity(野間竜男) 475
索引 485
まえがき i
1 焼結における塑性変形の役割
   F.V.Lenel(渡辺龍三) 5
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
山根正之著
出版情報: 東京 : 内田老鶴圃, 1989.7  ix, 195p ; 21cm
シリーズ名: セラミックス基礎講座 / 東京工業大学工学部無機材料工学科編 ; 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序文 i
1 ガラスの定義と作り方 1
   1.1 物質のガラス状態 1
   1.2 溶融法によって得られるガラスの特徴 8
   参考文献 10
2 化合物のガラス形成能 11
   2.1 ガラス形成能を支配する因子 11
   2.2 酸化物のガラス形成能をあらわす基準 13
   2.3 多成分系のガラス形成能 18
   (1) SiO2系 20
   (2) B2O3系 21
   (3) P2O5系 23
   (4) GeO2,As2O3,Sb2O5,V2O5系など 24
   2.4 ハロゲン化物のガラス形成能 25
   参考文献 28
3 ガラス化範囲と臨界冷却速度 29
   3.1 冷却速度の影響 29
   3.2 T-T-T曲線と臨界冷却速度 40
   参考文献 45
4 化学組成に基づくガラスの分類 47
   4.1 酸化物ガラス 47
   (1) シリカガラスおよびけい酸塩ガラス 47
   (2) ほう酸塩ガラス 53
   (3) りん酸塩ガラス 56
   (4) ゲルマン酸塩ガラス 58
   (5) 亜テルル酸塩ガラス 58
   (6) アルミン酸塩ガラス 59
   (7) バナジン酸塩ガラス 59
   4.2 非酸化物ガラス 62
   (1) カルコゲン化物ガラス 62
   (2) ハロゲン化物ガラス 64
   (3) 非晶質合金 68
   4.3 混合ガラス 69
   (1) オキシナイトライドガラス 69
   (2) オキシハライドガラス 71
   (3) カルコハライドガラス 71
   参考文献 74
5 ガラスの組成と性質との関係 77
   5.1 性質に影響を及ぼす因子 77
   5.2 けい酸塩ガラスの性質に及ぼす各種成分の影響 80
   (1) 網目形成酸化物 80
   (2) アルカリ酸化物とアルカリ土類酸化物の寄与 81
   (3) アルカリ酸化物間の相違 83
   (4) 混合アルカリ効果 85
   (5) アルカリ土類酸化物間の比較とその他の修飾酸化物 86
   (6) 配位数の変化する成分の影響 87
   (7) 微量成分の影響 87
   5.3 けい酸塩ガラスの性質における加成性 90
   参考文献 97
6 化学的耐久性 99
   6.1 けい酸塩ガラスの化学的耐久性に対するpHの影響 99
   (1) 耐 水 性 99
   (2) 耐アルカリ性 101
   (3) 耐 酸 性 101
   6.2 けい酸塩ガラスの科学的耐久性に対する各種成分の影響 102
   参考文献 111
7 ガラス溶融に必要な器具と設備 113
   7.1 るつぼの選択 113
   (1) 白金るつぼ 114
   (2) 白金 ロジウムるつぼ 115
   (3) 金 る つ ぼ 115
   (4) イリジウムるつぼ 115
   (5) アルミナ磁器 115
   (6) 石英ガラスるつぼ 116
   (7) 炭素るつぼ 117
   7.2 電 気 炉 118
   (1) 形状と温度 118
   (2) 雰囲気制御 120
   7.3 モールドと徐冷炉 123
   (1) モールド 123
   (2) 徐 冷 炉 123
   参考文献 125
8 調合原料(バッチ)の調製 127
   8.1 原料化合物の選定 127
   (1) 主要成分 129
   8.2 調 合 計 算 131
   (1) 鉱物を原料としたバッチの計算例 132
   (2) 試薬を原料としたバッチの計算例 133
   8.3 微量成分の添加 134
   参考文献 136
9 ガラスの溶融 137
   9.1 融液と形成 137
   9.2 清澄と均質化 139
   (1) 清 澄 139
   (2) 均 質 化 141
   9.3 成 形 143
   9.4 るつぼの洗浄 144
   参考文献 146
10 調製したガラスの評価 147
   10.1 ガラス転移点の測定 147
   10.2 密度の測定 151
   10.3 残留歪および気泡,不均質の検出 152
   参考文献 154
11 ガラス転移域における現象 155
   11.1 ガラス転移域 155
   11.2 ガラスの安定化 156
   11.3 永久歪と徐冷 158
   参考文献 163
12 結晶の析出 165
   12.1 核 生 成 165
   (1) 均一核生成 165
   (2) 不均一核生成 172
   12.2 結 晶 成 長 173
   参考文献 178
13 分 相 179
   13.1 混合の自由エネルギーとガラスの微細組織 179
   13.2 熱処理による分相の発達 186
   13.3 分相の影響の大きくあらわれる性質 188
   参考文献 191
索 引 193
序文 i
1 ガラスの定義と作り方 1
   1.1 物質のガラス状態 1
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼