close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
高橋渉著
出版情報: 東京 : 近代科学社, 1988.5  iv, 241p ; 22cm
シリーズ名: 現代数学ゼミナール ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1.非線形関数解析学を学ぶための準備 1
   1.1 位相空間 1
   1.2 Banach空間,Hilbert空間 9
   1.3 下半連続関数と凸関数 17
   1.4 完備距離空間における存在定理 24
   1.5 Banach limit と invariant mcan 31
2.Hilbert空間における不動点理論 38
   2.1 Hilbert空間での不動点定理 38
   2.2 不動点への収束定理 45
   2.3 Rayの定理 51
   2.4 非可換半群の不動点定理 58
   2.5 一般化された非線形エルゴード定理 64
   2.6 種々の非線形エルゴード定理 70
   2.7 Ergodic retraction 76
3.Banach空間の幾何学 82
   3.1 Banach空間の凸性 82
   3.2 双対写像とノルムの微分可能性 88
   3.3 双対写像とノルムの微分可能性(2) 95
   3.4 nonexpansive写像の不動点定理 102
   3.5 写像族に対する不動点定理 109
   3.6 増大作用素 116
4.Banach空間における収束定理 123
   4.1 Resolventの収束 123
   4.2 Resolventの収束(2) 129
   4.3 Banach空間での非線形エルゴード定理 135
   4.4 線形作用素に対するエルゴード定理 143
5.線形位相空間における不動点理論 150
   5.1 Fan-Browderの不動点定理 150
   5.2 拡張された不動点定理 155
   5.3 minimax定理 161
   5.4 Mazur-Orliczの定理 168
   5.5 分離定理,最短距離定理 174
6.不動点理論の応用 180
   6.1 変分不等式と相補性問題 180
   6.2 ゲームのcore 186
   6.3 線形作用素への応用 192
   6.4 線形不等式と最小ノルム問題 199
参考文献 207
問題の略解 219
和文索引 236
欧文索引 238
記号一覧 240
1.非線形関数解析学を学ぶための準備 1
   1.1 位相空間 1
   1.2 Banach空間,Hilbert空間 9
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
森雅夫 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1989.7  iv, 189p ; 22cm
シリーズ名: 経営工学ライブラリー ; 4 . オペレーションズリサーチ||オペレーシヨンズ リサーチ ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1.ソフトなOR手法 〔森 雅夫〕 1
   1.1.階層的意思決定手法(AHP) 1
   1.2.過程決定計画図(PDPC) 7
2.シミュレーション 〔宮沢 政清〕 11
   2.1.シミュレーションの目的 11
   2.2.シミュレーションモデル 12
   2.3.確定的シミュレーション 16
   2.4.確率的シミュレーション 21
   2.5.シミュレーション結果の利用法 27
3.動的計画法 〔生田 誠三〕 30
   3.1.資金の配分問題 30
   3.2.多段階決定過程 40
   3.3.マルコフ決定過程 47
4.在庫問題 〔生田 誠三〕 61
   4.1.在庫問題の例 61
   4.2.在庫問題に関連する要因 62
   4.3.総在庫保持費用の計算 64
   4.4.在庫管理とは 66
   4.5.確定的モデル:EOQモデル 67
   4.6.確率的モデル:定期・定量発注方式 73
   4.7.確率的モデル:s-S政策 79
   4.8.ロットサイズ決定問題とその解法 〔森戸 晋〕 83
5.日程計画とスケジューリング 〔森戸 晋〕 91
   5.1.繰返し型スケジューリングの問題例と代表的解法 91
   5.2.繰返し型スケジューリングの類型と分析方法 101
   5.3.プロジェクトスケジューリング 109
6.待ち行列 〔宮沢 政清〕 117
   6.1.待ち行列とは何か 117
   6.2.考え方の基本 120
   6.3.単一型モデル 134
   6.4.ネットワーク型モデル 142
   6.5.待ち行列モデル利用上の注意 151
7.システムの信頼性 〔森 雅夫〕 154
   7.1.信頼性の評価 154
   7.2.システムの信頼性 159
   7.3.保全とその効果 164
8.OR実施上の諸問題とその研究 〔山田 善靖〕 170
   8.1.実施問題とは何か 171
   8.2.実施問題研究 175
   8.3.実施問題解決への新しい方向 180
   参考文献 181
   索引 187
1.ソフトなOR手法 〔森 雅夫〕 1
   1.1.階層的意思決定手法(AHP) 1
   1.2.過程決定計画図(PDPC) 7
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
宗宮重行, 守吉佑介共編
出版情報: 東京 : 内田老鶴圃, 1987.11  vii, 488p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき i
1 焼結における塑性変形の役割
   F.V.Lenel(渡辺龍三) 5
2 分散強化鉄のA3変態の研究
   今井勇之進・宮崎 享(渡辺龍三) 29
3 珪素と炭素 高機能な高温用複合材料の鍵となる元素
   E.Fitzer(安田榮一) 43
4-1 粘性流動,蒸発凝縮,自己拡散による焼結
   W.D.Kingery・M.Berg(守吉佑介) 77
4-2 液相存在下の焼結における緻密化I.理論
   W.D.Kingery(植松敬三) 91
4-3 液相存在下の焼結における緻密化II.実験
   W.D.Kingery・M.D.Marasimhan(牧島亮男) 101
4-4 液相存在下での焼結における緻密化におよぼす加圧効果
   W.D.Kingery・J.M.Woulbroun・F.R.Charvat(水谷惟恭) 109
4-5 液相存在下における焼結,酸化物および炭化物-金属組成
   W.D.Kingery・E.Niki・M.D.Marasimhan(植松敬三) 119
4-6 プロセス制御についての焼結理論の含蓄
   W.D.Kingery(笹本 忠) 133
4-7 加圧応力下における溶解-析出変形
   W.D.Kingery・M.P.Lepie(牧島亮男) 145
4-8 結晶性酸化物の焼結I.粒界と気孔の相互作用
   W.D.Kingery・B.Francois(伊熊泰郎) 147
4-9 結晶性酸化物の焼結II.UO2の緻密化と微構造の発達
   W.D.Kingery・B.Francois(守吉佑介) 163
4-10 復氷,表面拡散と氷の焼結
   W.D.Kingery(牧島亮男) 179
5-1 液相焼結の基礎機構
   G.Petzow・W.A.Kaysser(高城重彰) 193
5-2 添加物を含む焼結
   G.Petzow(高城重彰) 209
6-1 変態誘起靭性PSZセラミックスの開発の私の経歴
   R.C.Garvie(佐久間健人・吉澤友一) 233
6-2 セラミック スチール?
   R.C.Garvie・R.H.J.Hannink・R.T.Pascoe(横川善之・野間竜男・吉村昌弘) 247
6-3 CaO-ZrO2系部分安定化ジルコニアの構造および熱機械的性質
   R.C.Garvie・P.S.Nicholson(井奥洪二・野間竜男・吉村昌弘) 251
6-4 共析点以下での時効処理によるMg-PSZの昇温熱衝撃抵抗の向上
   R.C.Garvie・R.H.J.Hannink(岡野知水・野間竜男・吉村昌弘) 265
6-5 CaO-ZrO2系変態強化ジルコニアの破壊機構の研究
   R.C.Garvie・R.H.J.Hannink・C.Urbani(花上康宏・野間竜男・吉村昌弘) 275
6-6 カルシア部分安定化ジルコニアの等温時効時の微構造変化
   R.C.Garvie・R.H.J.Hannink・K.A.Johnson・R.T.Pascoe(八島正知・野間竜男・吉村昌弘) 287
7 超微粒子の結晶学
   上田良二 311
8 フェライト開発初期に現れた発想と失敗
   武井 武 333
9-1 気孔のないセラミックス
   J.E.Burke(中川善兵衛) 341
9-2 セラミックスにおける再結晶と焼結
   J.E.Burke(加藤悦朗・李 春廷) 355
9-3 焼結における粒界の役割
   J.E.Burke(加藤悦朗・李 春廷) 373
10 電子顕微鏡による粉体の研究 微粒子の形態,晶癖および微構造
   水渡英二(吉村昌弘・井奥洪二) 389
11 焼結中の気孔の成長と収縮
   O.J.Whittemore・J.A.Varela(木村脩七) 409
12 高温プロセスにおける固体の反応性
   J.Hlavac(佐多敏之) 429
13 焼結過程を支配する熱力学的ならびに幾何学的因子
   J.A.Pask(塗師幸夫) 445
14-1 金属粒子の焼結における自己拡散
   G.C.Kuczynski(渡辺龍三) 459
14-2 均質な合金を焼結させた際の偏析
   G.C.Kuczynski・G.Matsumura・B.D.Gullity(野間竜男) 475
索引 485
まえがき i
1 焼結における塑性変形の役割
   F.V.Lenel(渡辺龍三) 5
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼